« 6月4日(水)アメリカへようこそ! | トップページ | 6月6日(金)This is the baseball !!! »

6月5日(木)オーマイゴッド

 ボストンの宿は、おぎさん宅に隣接するという交通至便な理由で
「マリオットコートヤード」
に陣取ることに。お部屋は確かにアメリカサイズで広い、ベッドも大きくて硬くてよく眠れる。ただねえ、冷蔵庫とセキュリティボックスがないのは1泊3万円のホテルとしてはいかがなものかしらん?と思う今日この頃ではある。。。
105
(コートヤードマリオットさん)


 しかしながら、昨晩も長旅の疲れがあったとはいえ熟睡できたのだから
「ホテルとは眠るための場所」
と割り切れば最高のホテルということが出来るのだ。

 今日は7時起床、8時おぎさん号にて出発。
 車中で
「朝食のベーグル」
をいただきながら車を走らせる。(おぎさんはアメリカ人っぽくピーナッツバターなんかたっぷり塗って、指をペロペロしていた)
Photo
(朝食はベーグル)


 目的地は全米第3位の規模を誇る
フォックスウッドカジノだ!」
車で走ることおよそ2時間、なんというか森の中にその建物は見えてきた。本当に本当に周りに何もないのだ。
 そしてそして、まあ平日の午前中だから当たり前なんだけれど
「思いっきり場末感が否めない」
かなり建物が古いせいもあって、カジノ特有の
「ハレ」
を感じないんだよねえ。。。。

 とはいえ、とにかく参戦。参戦はいいんだけれど、小生米ドルを持っていないので、とりあえず両替をしなければならない。係りのお姉さんに両替を聞くと
「多分、あっちでやっていると思うよ」
となんだか頼りない返事。
092
(アーケードを通ってカジノへ)


 まあ、とりあえずキャッシャーへ行って1万円札を数枚差し出すと、いきなり衝撃的な質問が返ってきた
「これは日本のお金か?」
場末とはいえ、一応ここはカジノ。観光客だって来るだろうしねえ。。。まさかそれにしても
「キャッシャーさんが日本円を見たのが初めて」
というのは衝撃的なカジノである。

 しかも、マカオだったら1枚1枚赤外線みたいなのを当てて、すかしを確認したりするけれど、それも全くなし。まあ、それ以前の問題として
「1万円を見たことないのに両替してくれるんだから、偽札持っていけるよね」
と誰だって思う今日この頃ではある。。。。。

 まあ、なにはともあれ両替も済んだので、とりあえず
「ブラックジャックへ参戦」
ちなみにミニマムは15ドルなので、マカオとほど同じだ。しばらく戦ったんだけれど、なんか調子が出ない。
 アメリカは5とか25の国らしく
「10ドルのチップがなく、5と25ドルチップばかりなのだ」
だからかどうかは分からないけれど、ミニマムベットの際は、5ドル×3枚賭けたりして非常にめんどくさいし、今どれくらいの収支なのかも判明しずらいから嫌だ。

 どうもアメリカって国は
「25単位」
の国らしいけれど、
「そうすることによって計算しやすいのか?」
と思ったけれど、とてもそうではないことがのちほど判明する。

 なんというかスタンハンセンみたいディーラーと戦ったんだけれど、小一時間ほどやって中敗、ちょっと雰囲気というか流れが非常に悪いので、2ヶ月前にオープンしたというマカオでもおなじみの
「MGMグランド」
へ足を延ばす。

 さすがにこちらはオープンしたばかりとあって、非常にゴージャスな雰囲気だ。俄然闘志が沸いて来る、でなんとかここで3時間30分ほど戦ってほんのわずかな額だけれど、
「小勝利」
というところまでもっていたので終了。まだ時間はあったのだけれど、なんというか時差ぼけなのか?メッチャメチャ疲れちゃったんだよねえ。。。。

 でねえ、ここのカジノなんだけれど
「とにかく客の年齢層が高い」
完全に老人の初心者ばっかりという感じだ、まあ特に低いレートの卓だったからだと思うけれど、老人二人で座って小さな紙をいちいち確認しているかと思ったら、なんと
「ベストストラテジーのコピー」
ちょっとこれには衝撃を受けた、しかも確認するのに結構な時間を要するけれどディーラーも怒らないんだよねえ。。

 あとは、皆さんとにかく陽気、そして
「オーマイゴッド・ワオ・オーシット・ジーザス」
などを連発するのよねえ、だからこっちもつられて悪いカードだと
「オーマイゴット」
を発してしまうのだった。

 しかしながら、そんなに悪い意味ではなく、たとえば親が16から5を引いたときなんかに
「オーマイゴッド」
とやるような感じだ。

 でねえ、ディーラーさんは
「みんなとにかく明るくていい人ばかり」
こちらのカード1枚1枚に
「グッド!ベリーナイス20!ワオ21!コングラチュエーション」
とかやって笑顔で対応してくれるからなあ、こちらも凄くゲームというか空気を楽しめるのだ。

 しかしながら、まだなれていないのか、ちょっと迷うとマネージャーにイチイチ確認とるし、
「挙句の果てに小生負けたのに間違えて払ってきたのよ」
これは初体験だ。
「ディーラーは絶対に間違えない」
というのが大原則だと思ったんだけれど、ここではその常識は通用しないようで凄く楽しい。

 とにかく、イチイチ全てのプレーヤーの手を頑張って暗算している必死な姿がなんとも微笑ましかったのだった、
「結論としてアメリカ人のディーラーはマカオの中国人ディーラーとは暗算のレヴェルが違いすぎる」
これはディラーに限ったことかどうかはわからないけれど、そのあたりは今後の米国滞在中に吟味していきたい今日この頃ではある。。。

 まあもう二度と来ることはないだろうけれど、万が一機会があったら立ち寄ってみたいとは思う今日この頃であった。ちなみに、おぎさんの戦績については残念ながら今日ここでは触れることが出来ない今日この頃ではある。

 ボストンへ戻り、今日の夕食はおぎ夫妻イチオシの
ターナー・フィッシャリーズ
でシーフードを楽しむ、名物のクラムチャウダーは熱々でベリーグッド、そしてジャンボロブスターもお醤油をつけていただいたらベリーグッド、とってもとってもおいしゅうございました。
096
(名物のクラムチャウダーは絶品だけど、一人前とは思えない量だ!)
097
(新鮮な魚介の盛り合わせ)
098
(小さいのって頼んだのにい)


 ただねえ、ロブスターには
「溶かしバター」
がついていたのよ、それも大量の。これに浸して食べろということなんだろうけれど、はっきりいってそんなことしたら風味もなにもなくなっちゃうじゃないかねえ。
 まあ、海原雄山がカモの血のソースを使わないで
「しょうゆ」
を使ったのと同じでルール違反かもしれないけれど、お醤油で食べた方がはるかにおいしいよね。つくづく、日本人にとって、
「しょうゆは魔法の調味料」
であることを再認識する今日この頃ではある。。。。。
099
(楽しい夕食)


 デザートのバナナタルト、カラメルアイス添えをいただけば、もう何も入りません。。。。。
103
(おいしいデザート)


 今日は疲労のピークのようで、ホテルへ戻り早々に就寝。。。。。。

|

« 6月4日(水)アメリカへようこそ! | トップページ | 6月6日(金)This is the baseball !!! »

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/41449378

この記事へのトラックバック一覧です: 6月5日(木)オーマイゴッド:

« 6月4日(水)アメリカへようこそ! | トップページ | 6月6日(金)This is the baseball !!! »