« 5月30日(金)さすがにつらい朝 | トップページ | 6月1日(日)ムッシュと大阪と日経 »

5月31日(土)長湯経由博多へ

 7時起床、さすがに昨晩はよく眠れた。結構気持ちよい目覚めだ、速やかに
「棚湯」
へ向かい、徹底的に寛ぐ昨日に続いて樽湯でウツラウツラしてしまうのが凄く気持ちがよいのだ。
 計1時間ほど滞在して1キロほど絞ってから、
「日経・日刊・大分合同」
の3紙を読みながら朝食、といったところで3紙を読み終わる前に朝食は食べ終わってしまうのであった。

 早々にチェックアウトして、峠を2つ越えて向かった先はもちろん
「長湯温泉 ラムネ温泉館」
なんというか、ここへ来ると本当に生き返るよね。30分ほど、ラムネ温泉に浸かってから入る温かい温泉の気持ちよさといったらなんとも表現のしようがない。

 これを繰り返すこと計1時間30分ほど、本当ならばこれを1日に2回、最低1泊2日で湯治するべきなんだけれど、そうもいってられず速やかに退場。湯布院へ戻って大分道・九州道経由久留米。ここで一件更に西鉄沿線でもう一件商談を済ませ、天神へ。

 夜は盛大に、まずは
「せいもん払い」
にて美味しい魚をいただく。もちろん、決してお安くはないのだけれど、この店はまちがいないお料理を出してくれる。
022
(刺身盛り合わせ)
023
(タコのから揚げ)
024
(ごちゃまぜサラダ)


 ただねえ、やっぱり
「メニューに値段が書いていないのはいかがと思うよね」
もちろん、お魚が時価なのはある意味仕方がないかもしれない、でも焼き鳥やサラダまで時価なのはやっぱり不親切だと思う今日この頃ではある。。。。。
025
(透き通るイカ)


 博多へ来てここへよらないわけにはいかない、ということで引き続き
「鉄なべ」
へ参戦、いつもながら店長のMさんが笑顔で出迎えてくれるからうれしい。でも、さすがにもう十分食べてきたので
「焼き餃子3人前、焼きそば」
と軽めにしておく。
021
(軽く焼きを3人前)


 まあ、今だから書けるんだけれど、某老舗料亭問題の発端はご存知福岡の百貨店だ。その担当さんとは非常に個人的に仲がよい、今日も一緒だったんだけれど
「廃業」
を受けて、この問題の総括のような時間となった。
 
 やっぱり、
「捨ててはいけない、再利用をしろ」
というのは徹底されていたようで、従業員は何一つ勝手に捨てる事が許されなかったとのこと。それゆえ、常に冷蔵庫に保管して、腐るのを待って
「腐ったので捨てていいですか?」
と聞くような状況だったようだ。
028
(やきそば)


 ただ、行政を含めて誰もが
「こんなに大きな問題になるとは思いもしなかった」
というのが本音だろう。ただ、本当にかわいそうなのがお店に残ったのに、今日だか昨日だかに解雇された方たちだよねえ~

 今日はスタートが早かったので早めの時間に終了、でねえその後にキャナルのシネコンにて
「ラスベガスをぶっつぶせ」
をレイトショーで見る、結構ギリギリに行ったのでなんと最前列の席となってしまった。

 はっきりいって、この映画
「題材は面白いけれど、脚本がなってない」
だって、
「ブラックジャックでどうやって勝っていくのか見ていても分からないよね」
いわゆる
「ベストストラテジー・スプリット・ダブル・カウント・4デッキ・シャッフルマシーン」
とか仕組みが分からないと面白くないと思うけどなあ。。。。

 ようは、
「絵札が多く残ってきたら勝つ確率が上がるので、掛け金を上げろ」
ということなんだけれど、こんなことなら小生が
「マカオを10倍楽しむ方法」
という映画でも撮ったほうが面白いと思う今日この頃ではある。
 そもそも、
「ラスベガスがをぶっつぶせって邦題をつけるセンスもねえ」
と思う今日この頃ではある。。。。。。

|

« 5月30日(金)さすがにつらい朝 | トップページ | 6月1日(日)ムッシュと大阪と日経 »

九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/41397404

この記事へのトラックバック一覧です: 5月31日(土)長湯経由博多へ:

« 5月30日(金)さすがにつらい朝 | トップページ | 6月1日(日)ムッシュと大阪と日経 »