« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

5月31日(土)長湯経由博多へ

 7時起床、さすがに昨晩はよく眠れた。結構気持ちよい目覚めだ、速やかに
「棚湯」
へ向かい、徹底的に寛ぐ昨日に続いて樽湯でウツラウツラしてしまうのが凄く気持ちがよいのだ。
 計1時間ほど滞在して1キロほど絞ってから、
「日経・日刊・大分合同」
の3紙を読みながら朝食、といったところで3紙を読み終わる前に朝食は食べ終わってしまうのであった。

 早々にチェックアウトして、峠を2つ越えて向かった先はもちろん
「長湯温泉 ラムネ温泉館」
なんというか、ここへ来ると本当に生き返るよね。30分ほど、ラムネ温泉に浸かってから入る温かい温泉の気持ちよさといったらなんとも表現のしようがない。

 これを繰り返すこと計1時間30分ほど、本当ならばこれを1日に2回、最低1泊2日で湯治するべきなんだけれど、そうもいってられず速やかに退場。湯布院へ戻って大分道・九州道経由久留米。ここで一件更に西鉄沿線でもう一件商談を済ませ、天神へ。

 夜は盛大に、まずは
「せいもん払い」
にて美味しい魚をいただく。もちろん、決してお安くはないのだけれど、この店はまちがいないお料理を出してくれる。
022
(刺身盛り合わせ)
023
(タコのから揚げ)
024
(ごちゃまぜサラダ)


 ただねえ、やっぱり
「メニューに値段が書いていないのはいかがと思うよね」
もちろん、お魚が時価なのはある意味仕方がないかもしれない、でも焼き鳥やサラダまで時価なのはやっぱり不親切だと思う今日この頃ではある。。。。。
025
(透き通るイカ)


 博多へ来てここへよらないわけにはいかない、ということで引き続き
「鉄なべ」
へ参戦、いつもながら店長のMさんが笑顔で出迎えてくれるからうれしい。でも、さすがにもう十分食べてきたので
「焼き餃子3人前、焼きそば」
と軽めにしておく。
021
(軽く焼きを3人前)


 まあ、今だから書けるんだけれど、某老舗料亭問題の発端はご存知福岡の百貨店だ。その担当さんとは非常に個人的に仲がよい、今日も一緒だったんだけれど
「廃業」
を受けて、この問題の総括のような時間となった。
 
 やっぱり、
「捨ててはいけない、再利用をしろ」
というのは徹底されていたようで、従業員は何一つ勝手に捨てる事が許されなかったとのこと。それゆえ、常に冷蔵庫に保管して、腐るのを待って
「腐ったので捨てていいですか?」
と聞くような状況だったようだ。
028
(やきそば)


 ただ、行政を含めて誰もが
「こんなに大きな問題になるとは思いもしなかった」
というのが本音だろう。ただ、本当にかわいそうなのがお店に残ったのに、今日だか昨日だかに解雇された方たちだよねえ~

 今日はスタートが早かったので早めの時間に終了、でねえその後にキャナルのシネコンにて
「ラスベガスをぶっつぶせ」
をレイトショーで見る、結構ギリギリに行ったのでなんと最前列の席となってしまった。

 はっきりいって、この映画
「題材は面白いけれど、脚本がなってない」
だって、
「ブラックジャックでどうやって勝っていくのか見ていても分からないよね」
いわゆる
「ベストストラテジー・スプリット・ダブル・カウント・4デッキ・シャッフルマシーン」
とか仕組みが分からないと面白くないと思うけどなあ。。。。

 ようは、
「絵札が多く残ってきたら勝つ確率が上がるので、掛け金を上げろ」
ということなんだけれど、こんなことなら小生が
「マカオを10倍楽しむ方法」
という映画でも撮ったほうが面白いと思う今日この頃ではある。
 そもそも、
「ラスベガスがをぶっつぶせって邦題をつけるセンスもねえ」
と思う今日この頃ではある。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月30日(金)さすがにつらい朝

 9時前に起床、滅多に二日酔いなどにならない小生だけれど
「さすがに気持ちが悪い」
もう少し眠っていたかったけれど、いかせんn10時にアポがあるのでそうもいかないのだ。
 小腹が空いたので、散々悩んだ挙句
「資(すけ)さんうどん」
なんだかよく分からないけれど、かしわうどんにも2種類あるようだ。二日酔いには、とにかくこのおツユがおいしい、一気に飲み干すとなんとなく身体が始動してきたようだ。
005
(今朝もかしわうどん)


 本来ならば、商談終了後にニッポンレンタカーさんにて移動の予定だったのだけれど、さすがにこの状況での長距離ドライブはつらいので、急遽ソニック号に変更。1時間30分ほどユックリと寛ぐ。
 日刊によると、昨日の観衆が
「17000人超」
とのことだけれど、
「(爆)」
とだけ書いておくことにする。
015
(小倉城)
016
(青いソニック)

 大分では商談2件の後、なぜか小生を追って?北九州から来た女性と遅いランチ。もちろん
「とり天・氷いちご」
大分の夏を先取りって感じかしらん?
018
(とり天)
017
(氷いちご)

 ニッポンレンタカーさんにて杵築へ、ある生産者の方とミーティング。ちょっとまだ明かすわけにはいかないんだけれど、将来的には凄く期待しているプロジェクトなのだ。

 今宵の宿は、散々悩んだ挙句
「杉の井」
となった。
 お部屋は当然のごとく
「古く汚い本館から綺麗なHANA館へアップグレード」
なんというか、これを見越してはじめからHANA館へ行ってしまう小生なのだった。
 山側の和洋室は、それこそ8人くらいは泊まれそうな広さ、なんだか知らないけれど、いつもこのお部屋だから不思議だ。とりあえず
「棚湯」
へ参戦。
 展望サウナと樽湯にて盛大に汗を流す、ようやく昨晩の水分も出し切った感じ、樽湯の中で居眠りしてしまったのはご愛嬌。ただねえ、当たり前なんだけれど、アジア系のお客さんばっかりなのよねえ。。。。
020
(別府湾を臨む)


 今回はバイキング付きプランなので、とりあえずいただく。まあ、とりあえずいただいたんだけれど、元からコメントに値しなかったんだけれど
「今回はグレードダウン」
したような感じだ、しかしながらこういうバイキングに参戦すると、まずいと分かっていながらも食べてしまう。こういうところで摂取するカロリーが一番もったいないんだけれどなあ。。。。。

 今までだったら、食後にショーがあったんだけれど、
「なんとショーは終了」
ちなみにプールも休業中なので、正直言ってなんのためにスギノイに来たのか分からないのだった。再び軽く棚湯で寛いでから、さすがに疲れ果ててナイトスクープを見ながら12時前には意識が遠のいたのだった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月29日(木)結論 シオはかなり可愛い

 ANA福岡行きはポケモンジェット。午後一の比較的閑散の時間帯なので、当然ジャムボは比較的空席がある。とはいえ、 たまったポイントを使うならばジャムボのプレムアムクラス。ということで、プレムアムクラスヘアップグレド。
 軽食はあまりにもお粗末だったけれど、今日アップグレードしたのは大正解。山口上空を通過したあたりから延々と大回りをはじめ、最終的には30分延着となったので不幸中の幸いだっただった。
003
(CAさんのエプロンはポケモンではなかった)
002
(お粗末な軽食)

 博多経由小倉へ、だったら最初から
「北九州空港へスターフライヤーを使えばいいぢゃないか!」
と思うんだけれど、いかんせんスカイマークのおかげで福岡便の特割1はかなりお安い、地下鉄と新幹線を使ってもまだ安いんだから仕方がないのだ。

 今宵の宿、西鉄イン小倉に荷物を置いて、まずは
「資(すけ)さんうどん にて かしわうどん」
をいただく。基本的に西へ行くとうどんは美味しい、ただこれが福岡になると、
「うどんが やわく なる」
ところが、資さんうどんは腰があっておいしいし、かしわも独特でお気に入りなのだ。
001
(小倉といえば資さんうどんだ!)
004
(デザートはもちろんぼた餅)

 そして、商談を一件ほど。この街は百貨店が少しいびつな形で2つあったのだけれど、この4月から事実上1つになった。こういうのは形だけでも2つにしておかないと、その街自体が更に衰退しておくと思う。ということで、ライバルの撤退した跡地に地場の百貨店がそのまま入ったんだけれど、
「引くも地獄、進むも地獄」
とはまさにこのことだろう。どうやったって、2店の違いはだせないだろうし、コストだけ余計にかかるだけだろう。

 そんな厳しい街にも明るい話題がある
「日本生命セパ交流戦 横浜ベイスターズ対福岡ソフトバンクホークス戦がやってきた!」
個人的には、ベイ主催のホークス戦をこの地で開催するのは
「岐阜県営長良川球場で行われる広島主催の中日戦」
とならなんで、
「いくらなんでもプライドはないのか?金になればいいのか?」
という気もするんだけれど、地元の方にとっては年間2試合しかないホークス戦が3試合になるのだから、
「主催者さま様だろう」
とは思う。
006
(なぜか参戦)


 始球式の時間には間に合わなかったのだけれど、始球式を終えて記者に囲まれる
「オグシオこと潮田玲子嬢を発見」
正直、いままで全く気にならなかったのだけれど、実際に生でみると
「かなりかわいいよね!」
ちょっとビックリ。まあ、現金といわれればそれまでなんだけれど
「すっかりファンになってしまった」
今日この頃ではある。
007
(超かわいいのだ)


 はっきり言わせてもらうと
「試合には全く興味がない」
特に、ベイの選手はほとんど知らない人ばかりだ。とにかくいきなりホークスが6点先制しちゃったので、大味になるかと思ったけれど、後半あと一歩までベイが追い込んだのがせめてもの救いだった。
009
(ホッシー君と)


 しかしねえ、ホームランがたくさん出るとは思っていたけれど
「まさか大隣とは思わないぢゃないですか!」
まあ、松中でなかったのがせめてもの救いと思う今日この頃ではあるけどね。。。。。
010
(豪華なお弁当)
011
(外野は満員、内野は8分の入り)

 試合終了と同時に、ライトとレフトからグラウンドへ乱入あり。まあ、そこまでは予想通りなんだけれど
「警備担当のバイトに囲まれて蹴られまくっているのよ」
そりゃ、たしかに不法侵入は悪いんだけれど、
「公衆の面前であれはまずいんじゃないのかしらん?というか見ていて気分が悪い」
完全な刑事事件だと思う今日この頃ではある。
012
(公開リンチ)


 小生も学生時代神宮でバイトしていたとき、一度だけ盛大にやられたことがある
「岡田(現タイガース監督)がオリックスへ放出される」
となったとき、当時の岡田会の面々が
「岡田さんに会わせてください!!」
と泣きながら暴れたり、グラウンドに飛び込もうとしてもみ合いになったのだ。
 幸いにも小生は制服のボタンが引きちぎられただけだったけれど、仲間の中には盛大に顔を殴られて慶應病院へ参戦した者もあった。
 翌日の超一流スポーツ紙の東京スポーツにもみ合いのシーンが盛大に掲載され、これまた衝撃を受けたのを今でも覚えている。
 そのほかにもごくたまにグラウンドに飛び降りた輩がいたけれど、たいてい速やかに捕獲され、
「首根っこつかまれひきずりだされたうえ、事務所で正座させられていた」
のを思い出す今日この頃ではあった。

 しかし、
「グラウンドに乱入した輩には何をしても許されるのか?」
と今なら思うよね、思いっきり誰も見てないニュースバードとはいえテレビで全国中継されたわけだし、
「まあ、このあたりが田舎なんだと思う」
そして、
「何をしても許されるのは、アントニオ猪木だけだ」
ということをもう一度認識しなおす必要があるのでは?と思う今日この頃でもあった。

 実は、この他にも係員とのトラブルがあって、試合終了後遅くまで盛大に揉めているのを目撃している。正直、このあたりが地方開催の難しいところで、主催者側にも非がないとはとても言えないと思う。

 諸般の事情によって主催者のご好意により打ち上げに参戦。A球団のマスコットの中身にお肉を焼いていただいたり、大いに楽しませていただいた。ただ、遺憾だったのは普段徹底的にB球団の悪口を言っているAさんが
「いきなり、B球団の若手フロントのところへご挨拶に行って ヘラヘラ」
していたのは甚だ遺憾だった(笑)

 なんというか普段尊敬しているお父さんが、小学生の子供と街を歩いているときにチンピラに絡まれて
「土下座して謝っている」
のを目撃した子供の心境と言ったら言い過ぎだろうか?

 引き続き、主催者のご好意により小生もスナックで開催された二次会へ参戦。今度はB球団の方たちだけだったので、とても楽しく飲ませていただいた。
 もっぱら小生は
「元C球団に在籍していて故あってB球団へ移籍してきた方とお話」
実はこれをかなり楽しみにしていたのだった、カラオケがとってもうるさかったのだけれど、C球団に17年間お勤めしていたとあって、
「小生の気になる核心について」
大いに語り明かさせていただいた。
 あまりにも差し障りがあるので、細かくは書けないけれど
「C球団の移転問題の真相」
「A投手失踪事件の真相」
「B選手引退の真相」
「フロント派閥の真相」
「親分は実は。。。」
など徹底的に聞くことができたけれど、ようは結論として
「やっぱりあの元通訳が全ての元凶だ」
ということで意見が一致したのだった。
014
(あの方と朝4時に)


 余談だけれど、こういう小箱のスナックへ参戦すると必ず
「カウンターの中へ入っちゃう客」
というのがいるものだ、今回も案の定いらっしゃったのだけれど、いかんせんその方は全国制覇した方だからなあ~と大いに考えさせられる今日この頃ではあった。。。。

 でもでも、とにかく色々ディープなお話しが出来て、本当に感謝なのだ。結局ホテルへ戻ったのは4時前、お風呂へ入って沢木耕太郎の日記246を読みながら、ようやく5時過ぎに就寝。。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月28日(水)気が重くなる

 来客あり、ちょうどお昼時なので、
「せっかくなのでお昼でもご一緒に」
ということになる。とはいえ、12時10分ともなるとめぼしいお店はことごとく満席。

 ということで、ちょっとお高いけれど三越内
「筑紫楼さん」
へ参戦、さすがにお安くないのでこの店だけは行列がないようだ。
001
(シウマイはふつう)


 ということでいつも通り
「フカヒレそばセット」
そして、せっかくなので初挑戦の
「五目チャーハン」
をいただくことに。
 正直なところ、
「チャーハンはとりたててコメントすることはない」
先日マカオのウインカジノでいただいたチャーハンがいまだに忘れれられない今日この頃ではあるけれど。。。。
002
(まあ、これも普通かしらん?)


 で、肝心のフカヒレそばだけれど、前回はとりたてて感じなかったけれど
「やっぱり、おいしいねえ~」
色を見て分かるとおり、かなりしょっぱいんだけれど、スープを飲み干してしまいそうになるくらい美味だ。
003
(やっぱ美味しいよね)


 デザートの杏仁も濃厚で
「とってもおいしゅうございました」
まあ、なんでもそうだけれど
「この店は、これがイチオシだ!」
という
「看板商品・看板メニュー
がある店は強いよね。なんでも屋さんというのは、これからの時代厳しいと思う今日この頃ではある。。。。
004
(ミルクが濃厚な杏仁)


 所用で某社の秘書室へ、
「秘書室」
というのは、なんとも魅力的な響きだ、それこそ
「大奥」
のような雰囲気、でねえ昔から思うのが
「やっぱり大きな会社の秘書室には、素敵な女性が多い」
と確信しているのよ。
 なんというか、もちろん容姿もいい女性が多いし
「縁故入社で氏素性がはっきりしている」
ような気がするし、やっぱり会社の顔だから厳選しているのだと思う今日この頃ではある。。。。

 老舗料亭の廃業、この問題に関してはあえてあまり触れてこなかった。もう100%料亭が悪いし、廃業も遅すぎたと思う。でも、いざ今日の記者会見を見てしまうと
「なんというか、ものすごく気が重くなる」
なんかうまく表現できないけれど、
「70歳を過ぎた女性に全てを背負わせ、みんなで袋叩きする」
とっても気が重くなってしまったので早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月27日(火)おフランス料理参戦!

 今朝の日刊、
「読売ゴンザレス問題」
が大きく報じられているけれど、いま在籍しているゴンザレスはドーピングだけれど、同じ日にかつて在籍していたゴンザレスさんが亡くなったというのもビックリだ。

 ページをめくっていくと、
「小宮山 登板回避の清水にカツ」
との見出しが躍っている。なんと清水は怪我ではなく、急性胃腸炎での登板回避だったようだ。
「俺から言わせれば緊張感が足りない」
とぴしゃり。
 なんだけれど、自信の先発ではぴしゃりといかなかった割には、相変わらず
「格の違いを見せている」
さすがは小宮山である。

 そして、
「致命的になっている中継ぎ陣を改善していかないと上にはいけない」
と敗因をずばり指摘した。
 ずばり指摘するのはいいけれど、
「ご本人も、その中継ぎの一員であり、防御率が9.22であることには本人も触れないし、日刊にも触れさせないところが」
さすがは小宮山としかいいようがない。

 朝一、新宿の某百貨店にて商談。何故かというか当然のごとく、ここでも
「木村結婚」
の話題が出る、先方からは
「で、うしさんは?」
と当然のご質問が出るけれど、
「いやあ、私はあきらめてますから」
と笑顔で答えるのが精一杯な今日この頃ではある。。。。

 所用で新宿から羽田へ移動、普段移動は車での移動が多いけれど、今日は時間がタイトなので電車での移動が続く。自動車での移動も
「完全に一人の空間になり、好きな音楽も聞ける」
という寛ぎの時間になるけれど、電車での移動は読書が出来るのが利点だ。

 夜は、会食。場所は、なんとできたときにはいっせいを風靡した、
「アランデュカスでおなじみの ブノワ東京さん
非常に小生にはふさわしくないお店である、そもそもフレンチなんか食べるのって何年ぶりだろうか?
 なんだかよく分からないけれど、
「フードフランス」
というイヴェントが開催中で、週替わりにシェフが来日して競演するようだ。
 本日のシェフは
ヨウニ・トルマネンさん
とのことである、プロフィールによると、
「オリーヴオイルや柑橘類、パスタなどを使用した、地中海の香り漂うフランス料理。シンプルな調理法と斬新な食材の組み合わせで、常に驚きと発見を味わわせてくれる。その完成度の高さは、絶え間ない探究心と素材に対する真摯な姿勢の賜物。また色彩の美しさは、太陽に光り輝くコート・ダジュールの海を感じさせてくれる。」
 とのことだ、コートダジュールって言われても小生にはピンとこないんだけれど、まあとりあえず
「出てきたお料理を食べるしかない!」
と緊張気味の小生である。。。。。
004
(ボルロッティ豆のスープ)
005
(ウサギのコンフィのア・ラ・プランチャ 茄子のコンポートケッパー風味)

 正直なところ、小生
「豆が苦手である」
ボルロッティ豆って言われても、小生には手におえそうもない。ウサちゃんとかも出てきちゃうしねえ。。。。
 メインは子羊だったんだけれど、小生どうしても
「ジンギスカン以外の子羊というのは苦手だ」
やっぱりマトンほどではないにしろ、独特のクセがあるしねえ。でも、
「どれもみんなおいしゅうございましたよ」
とくに
「イカ墨のフレッシュパスタ アオリイカとブロッコリー」
これが絶品でございました。まあ、小生のような素人でも分かりやすいお味なんだろうねえ。。。。
006
(イカ墨のフレッシュパスタ アオリイカとブロッコリー)
007
(スズキのスナッケ フヌイユとパニス)
008
(子羊のロティ フォンダンポテトとパブリカのマリネ ガーリックのエマルジョン サリエット風味のジュ)


 ただねえ、フランス料理とか食べると、
「どうしてもパン食べ過ぎちゃうよね」
これが欠点といえば欠点だし、小生の弱いところである。前菜やスープが出る前に既に
「パンを完食しちゃうんだよねえ」
だから、追加してくれちゃうわけで、またパン食べちゃうのよ、だから計4つとか食べちゃうから、お腹パンパンになるのだ。
002
(パン)
009
(デザート)

 デザートのムースを満喫した後は、
「シェフと記念撮影!」
まあ、せっかくお見送りに出てきてくれたので
「はっきりいいって、こちらがサービスしていよう」
そして、ブログ用ね。
 あと、どうでもいいけれど、やはり関係者の試食が多いようで、
「男性の一人客」
が多かったことを記しておく必要がある、あとこのお店カフェをうたっているようだけれど、フレンチのフルコース食べさせるには
「テーブルが小さすぎる」
と思う今日この頃である、まあそんなに滅多に参戦する店ではないけれど、とってもいい経験をさせていただきました。。。。。。。
010
(シャフと記念撮影)


 六本木へ場所を移して、二次会。なんだか怪しげな外から店内が丸見えな
「ガールズヴァー」
というカテゴリーに入る店らしい。カウンターL字形のカウンタに席は10席、そしてカウンターの中にはデニムをまとったお姉さん達が
「なんと5人もいるのだ」
どうでもいいけれど、
「デニム=ジーパンではないのか?」
さっぱり分からない今日この頃ではある。

 正直言って、このお姉さん達がやる気なさそうだった。まあヴァーだから仕方がないのかもしれないけれど、
「こちらから気を使わないと話が続かない」
まあ、お姉さんとお話する店じゃない、
「ヴァーはお酒を楽しむところなんだよ!」
といわれると返す言葉がないだけれど、なんかなあ~

 なんでもママさんは、元某ビールメーカーのキャンペーンガールを初めとして芸能界で幅広く活躍されていたとのこと。
「富士写真フイルム(死語)で藤原紀香とCMで競演した」
というので、
「当時の富士の宣伝部長のOさんのご子息を俺は知ってるぞ!」
といったけれど、話が全く通じなかった。。。。。

 10時30分に終了、せっかく滅多にこない街六本木に来たので
「西麻布の中年飲食業」
を呼び出そうと電話したけれど、なんと応答なし。仕方がないので徒歩にて帰宅。
 どうでもいいけれど、あの旧防衛庁の前あたりって、
「黒人さんの呼び込みばっかりだよね」
みんながみんな
「社長さん!」
って話しかけてくるから手に負えない、
「あれは逆効果なのでは?」
と思ってしまう今日この頃ではある。。。。。。

 帰宅すると、昨日に続いて今度は名古屋から
「私もなんで、二次会に行かないのか?不思議に思いました」
というメールが届いた。

 大変ありがたいメールなんだけれど、
「だったら皆さん、ご紹介案件はないのかしらん?」
と思う今日この頃ではある。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日(月)己の道を究める

 まあ、正直言って関心があるといえばあるし、関心がないといえばないのだけれど、朝から
「○○結婚問題」
に引きずられる。
 二次会に出席した、西麻布の青年飲食業者からは
「某政治家も出席していて盛会でした、お食事も美味しかったです」
との報告が入る。
 まあ、さすがは
「人生の成功者の結婚式には次期総理候補まで出席するのか!」
と恐れ入るしかない。

 それにしても
「なんで、小中学校と同じ塾へ通い、高校・大学と同じなのにこんなに差がついてしまったのかしらん?」
と改めて考えていたら、小生のブログの愛読者であるところである
「世界最大2090戸のワールドシティタワーにお住まいの」
えみさんから、
「こんにちは。ブログ読んで、びっくりしました。やはり結婚式の二次会は独身者の活躍の場ではないでしょうか?差なんて誤差ですよ。きっといい出逢いが待ってます!」
という励ましのメールが到着した。

 まあ
「なんともありがたい」
としかいいようがない!と思うと共に、
「引きこもっている場合ではない」
と意を新たにする今日この頃ではある。。。。。

 早々に仕事を切り上げ、東京ドームへ参戦。前回参戦したのは、やはり日本生命セパ交流戦だったから、およそ1年ぶりではある。
 カードは
「読売×北海道日本ハム」
まあ、正直いってどちらにも勝って欲しくないカードである。
 というか
「両方負け!」
を望みたいようなカードというのも珍しい。
001
(大変素晴らしいお席で)


 しかしながら、人格者であるところの大井町さんのご招待とあっては、参戦しないわけにはいかない。ちょっと遅れてドームへ向かっている最中携帯で
「なんと小宮山4年ぶり先発!」
の報に接し衝撃を受ける
「うわあ、なにも広島でそんな面白いイベントやらなくたって!」
と思うと同時に、
「なんとか、シャレで3イニングは抑えて欲しいなあ!!」
と思って再び携帯を操作すると、
「1回2失点で降板」
という衝撃的というか、あまりにも順当な結果が飛び込んできた。

 まあ、肝心な?試合のほうは、正直なところ
「両チーム知らない選手ばかりで困った」
というのが本音だ。
 そんな試合でもいくつかの収穫があった、小生基本的にエンドレスのチャンスパターンの応援というのはあまり好きではないのだけれど、日ハムファンの
「男女交互に応援するやつ」
あれは、いつから始まったか知らないけれど、ああいうのはオリジナルでなかなかよい。しかし
「よくまあ、東京で若い女性ファンがあれだけできたねえ」
というのが本音ではある。

 日ハムの外野の女性ファンといえば、一時期いたポンポンふっていたチアガールがある事件で終了して以来、ホント見なくなったからなあ。と思い出す今日この頃ではある。

 あと、ドームの外野には読売の選手の永久欠番が貼ってあるのだけれど、
うし  「そういえば最近は永久欠番に値する選手って出ないよねえ」
大井町「ロッテの26番は?」
 こういう切り返しが出来る友人と野球を見に行くことが出来る
「小生は幸せものだなあ」
とつくづく思う今日この頃でもある。。。。

 見る人が見れば面白い展開なんだろうけれど、いかんせん勝ち負けに興味がないので早々に退場、ドームホテル内のシズラーに会場を移して二次会。
 いかんせん、シズラーはブッフェが充実しているのでメインを注文する必然性は全くないのだけれど、
「ブッフェ2200円に300~400円つければメインがついてくる」
ので鶏のモモ肉のなんとかというのを注文、一口だけいただいた。
002
(サラダバーを満喫)


 相変わらずシズラーは決して安くはないけれど、
「満足できるお店だ」
ただ、ちょっとメニューでカロリー表示を見て愕然とする、小生が頼んだチキンは520キロカロリーだけれど、
「ハンバーガーとかは1000キロカロリー超」
なのね、意外とステーキが低カロリーなのにも驚いた今日この頃ではある。。。。。。

 大井町さんとも話していたけれど、たしかに同級生で木村も凄いけれど、なんといっても
勝間和代氏も凄い」
正直な話、小生ほとんど記憶にないんだけれど、プロフィ-ルを読むと
「ウォールストリートジャーナル紙から「2005年に注目したい50人の女性」の1人に選んでいただきました」
とのことである、なんだかよく分からないけれど
「凄そうなことは間違いない」
と思う今日この頃ではある。。。。。
003
(お肉はひとくちだけ)


 まあ、
「世の中上を見ればキリがなく、下を見てもキリがない」
ということで、上ばかり見てしまったので、大井町さんに
「同級生で誰か、これは悲惨だ!っていう人はいないのか?たとえば、3回離婚したとか、刑務所に入ったとか、3回会社が倒産したとか?」
と伺ったところ、
「ちょっと知らないねえ。。。。。。。」
とたしなめられてしまった。

 まあ、こういうマイナス思考になっても仕方がないので、
「人は人と割り切り、己の道を究めるしかない!」
と思う今日この頃ではある。
 そのためにはまず
「味のとんかつ丸一の上ロース、やま中・越後屋でもつ鍋、鉄なべで餃子、狸狸亭でカレー焼きうどん、ダイニングボンズで盛岡冷麺」
そんな身近なことからコツコツと歩んでいくしかないのでは?
 と思う今日この頃ではある、
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月25日(日)人生の成功とマカオへは成功旅行社で

 昨日からの雨が降り続く中、ベランダの木が真っ赤に色づいてきたので
「さくらんぼの収穫」
を断行。
 さくらんぼは、ひとつの品種だけでは実がならないので、我が家のベランダには
「佐藤錦・ナポレオン・高砂」
と3本の苗木がある、それを本来ならば異なった品種とおしべとめしべを交配するのだけれど、今年は自然の摂理に任せていた。
001_2
(真っ赤に色づく)


 やはりそんなにうまくはいかないようで、昨年・一昨年よりも少ない収穫となった。とはいえ、やっぱり
「我が家のさくらんぼは格別だ」
完全無農薬だしね(笑)
002_2
(おいしゅうございました)


 首都高経由で舞浜
「イクスピアリ」
へ参戦、東京ディズニーリゾートは25周年ということで、一帯は盛大に盛り上がっているようだ。
003
(25周年はたいしたものだ)


 ただ、以前は結構頻繁にあった
「ランドの入場制限」
はめっきり少なくなったようだ。入場者の平均年齢も上がる一方で、磐石に見える状況も今後どうなるかは流動的な部分もあるだろう。全ての源である、
「キャストさんも集まりにくくなっているのでは?」
と余計な心配をしてしまう今日この頃である。。。。
006
(アンバサダーホテルも大盛況の模様)


 帰りにイースト21へ参戦、
「ベーコンと完熟トマトのスパゲッティ」
をいただく、まあ正直パスタは半分だけいただいて、サラダバーが実質メインなのだ。オークラ運営のホテルでサラダバー、コーヒーがついて1680円ならば、お得といえるだろう。
008
(パスタは控えめに)


 食後の紅茶を飲んで寛いでいると、異様に大きな初老の外国人男性と取り巻きが入場してきた、そう昨日テレビで見た方だ、
「琴欧洲のお父様だ!」
全く関心はないけれど、近づいていって
「コングラチュエーション」
と声をかけ、ブログ用に一緒に写真を撮ってもらおうかと一瞬考えたけれど、周囲に屈強な男達が大勢いたので断念。。。。。
007
(サラダバーを3回お代わり)


 本日は、8時からウエスティンにて友人の二次会が行われるとのこと、一応オファーは来たけれど
「日曜8時といえば、小生の唯一の楽しみ篤姫の時間だ」
まあ、そんなものは22時からBSで見ればいいぢゃん、というご意見もあるだろうけれど、いかんせんこの歳になると結婚式の二次会に出るのも、ちょっと億劫な今日この頃ではある。。。。。。

 しかしながら、先週あたりから一気に
「○○結婚」
の検索が急増している、
「やっぱり、人生の成功者は違うなあ」
と思うと同時に、
「なんでこんなに差がついたのかしらん?」
と思うと同時に
「やっぱりマカオのクーポンは成功旅行社で購入すべきだったのかしらん?」
と思う今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月24日(土)ひきこもる

 一度7時過ぎに目が覚めたんだけれど、起きられず。大変申しわけないのだけれど本日は
「完全休養日」
とさせていただくことにする。

 で、次に目が覚めたのが
「なんと2時30分過ぎ(笑)」
こんなに寝たのは、それこそ学生の時以来という感じだ。
 ブログの検索キーワードを見ると、案の定
「VSすいか」
が急上昇している。日経土曜版は前から決まっていたけれど、今日放送の王様のブランチでも紹介された影響だろう。

 このVSすいかの生産者のお二人とは、もう10年来のお付き合いだけれど、
「農業は土づくり」
を実践している方だ。こういう方たちが評価されるというのは、心底うれしく思う今日この頃である。。。。。。

 なんて思いながら横になって、本を読んでいたら再び眠ってしまった。で目覚めたら、
「もう晩御飯のお時間」
ということで、
「おうちでお夕飯を食べたのは何ヶ月ぶりだろう?」
なんて思っているうちに、もう就寝のお時間となってしまった。ということで、本日は一歩も外出することなく
「完全なひきこもり」
のまま一日を終えてしまったのだった。。。。

 たいてい、こういう日中徹底的に寝てしまった夜というのは、夜寝付けないというのが定番なんだけれど、そんな心配も杞憂に終わり早々に就寝。。。。。。

 先日の
「レベルエックス号優勝の写真」
が送られてきた。愛馬の勝利をうれしく思うと同時に、己の痩せた写真を見て、さらにうれしく思う今日この頃である。
009
(喜びもひとしお)


 日経ビジネスを定期購読しているのだけれど、毎回1社が持ち上げられるのだ。
「先週号はスバル、今週号はANA」
が特集されていた、ANAはともなくスバルというのも余りご縁がない。
それこそ、
「昔、原 辰徳さんがCMに出ていた」
というのと土曜朝の
「SUBARU OFFTIME CRUISE(スバルオフタイムクルーズ)」
新宿駅西口の
「スバルビル」
しか印象がない、どうでもいいけれどFMの番組は、
「スポンサー企業の色を全面に打ち出すよなあ」
という気がしないでもない、今日この頃である。。。。。

 どうやら
「トヨタグループ入りした・軽の生産を終了した」
というのが二大トピックスらしいけれど、あまりにもご縁がないからなあ。。。なんて思うので、是非とも近々福岡で関係者の方のお話を聞いてみたいと思う今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月23日(金)銀しゃりと旨み牛

 金曜日にしては珍しく通常業務、昼前に某銀行へ手続きへ参戦。まあ、恥ずかしいお話しなんだけれど、7年くらい前にお付き合いで口座をつくり
「キャッシュカードにクレジット」
が付いていたんだけれど、そんなカードは使うはずもないのに無駄に年会費だけ払っていたのだ。
 毎年、請求書が来るたびに
「早急に手続きせねば」
と思い続けていたんだけれど、ようやくお手続きとなったのだった。

 別に、どこの誰と名乗らなかったのだけれど、いきなり
「どうぞこちらへ」
とお二階の個室へ拉致されて続々と名刺交換が始まり
「あーだこーだ」
言われてしまった、一応最近ほとんど死語となったメインバンクなんだけれど、私は経理担当者でもないし勘弁してほしかった。。。。。

 帰りにセブンで、以前から気になっていた
直巻おむすび 銀しゃり(塩)」
を購入、味噌汁とともにいただいたんだけれど
「いやあ、これは美味しい!」
セブンのおにぎりは、基本的に美味しいと思うけれど、
「具のないおにぎりが、ここまで美味しいとは思わなかった」
税込み100円で、この味は衝撃的だ。

 ただ、不思議なのがカロリー、これ具がないのに
「182キロカロリーもあるのだ」
ちなみに、
「手巻きおにぎりネギ味噌は176キロカロリー」
この数字には、どうしても理解できない今日この頃である。。。。。

 夕方から要人のお見送りをかねて羽田空港へ、超割期間中のため結構な混雑だ。根本的な疑問なんだけれど、
「なぜ、2ヶ月前とか早くに買うと航空券は安いのか?」
どうも航空券の価格設定は、難しいことが多い。
 直前に空席があった場合、
「安くして需要を喚起するということは無理なのだろうか?」
以前、ANAで突然割引みたいなやつやったけれど、定着しなかったしなあ。。

 夜は、弟子2人を伴って、なぜか大井街の
「しゃふしゃぶ温野菜」
へ参戦、大井町といえば当然
「焼肉 牛車」
が定番なんだけれど、
「焼肉よりはしゃぶしゃぶの方がカロリーが少ないのでは?」
ということで、この選択となったのだった。。。。。
001
(しゃぶしゃぶ温野菜へ参戦)


 牛角をはじめとする、レインズだかレックスホールディングさんのお店では、厳しそうな感じがするけれど、この
「しゃぶしゃぶ温野菜」
だけは、まれに参戦している。なんといって、
「野菜を単品で追加できるのがうれしい」
これは、とても大切なことである。しかも、お鍋が2つに分かれていて2種類のお鍋を楽しめるのもいいよね。

 ただねえ、いつも思うんだけれど
「旨み牛(豪州産・加工牛)」
これだけは、なんとも怪しい雰囲気一杯だ。
「旨み牛って凄いネーミングだ」
と常々思う、別にこんな加工する必要ないと思いませんかね?食べ放題だと最初に出されるのだけれど、この肉だけは弟子にお任せしてしまうのだった。
002
(怪しすぎる)


 あと、飲み放題をつけたんだけれど、弟子達は当然最初はビール
「1杯目はジョッキが凍っていて、いかにも美味しそうだった」
ところが2杯目以降は、全然冷えてなくて美味しくなさそう、こういうのは理解できない。

 ちなみに、ビールの銘柄はメニューには
「キリン一番絞り」
と書いてあったけれど。。。。。。。

 しかし、米国で判定に納得のいかないイチローが
大豊さんの気持ちが分かった
と語っていたけれど、まさかその主審が
「ディミューロ氏だったとは。。。」
と思ったのは小生だけではないだろう、と思う今日この頃である。

 と同時に、当時星野氏と大豊氏に囲まれたら、
「日本の野球は危険だ」
と言い残して帰国してしまったのも仕方がないのでは?と思い出した今日この頃でもある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月22日(木)一日中食べる

 朝一で、歯医者へ参戦。治療もいよいよ山場を向かえ、今日は治療台に1時間ほど座らされる。まあ、座って口あけているだけなんだけれど、朝から大変疲れる今日この頃ではある。。。。

 日本橋三越本店にて開催中の
「第4回世界のホテル 逸品グルメフェア」
へ参戦、首都圏中心の有名どころのホテルが集まっての旨いもの大会のような趣旨。イートインとかもあるんだけれど、結構なお値段なので断念。とはいえ、ホテラー愛好家である小生としては
「食べたいものばかりで困ってしまう」
ということで、盛大に買い込む。

 お昼は、
「帝国ホテルのブルーベリーパイ」
800円という高額商品なんだけれど、さすがにおいしゅうございました。
001
(帝国といえばブルーベリーパイとパンケーキだよね)


 スイーツを一杯買い込んだのには理由(わけ)があって、
「今日はお菓子の試食会の日なのだ」
ということで、帝国ホテル、ホテルオークラ、ニューオータニ、西洋などなどのケーキを盛大にいただく。実は他の担当者も盛大に買い込んできたので、とんでもない量になってしまったのだ。
「ダイエット中の小生にとってはかなりつらい仕事である」
とはいえ、お仕事だからと割り切って盛大にいただいてしまう今日この頃である。。。。。
002
(ホテル西洋)
004
(マンダリンオリエンタル東京)
005
(ニュウーオータニ)


 まあ、色々いただいたんだけれど、個人的には
「やっぱりケーキの王道はシュークリームだよねえ」
とつくづく思う。お値段も手ごろだし、ついつい買ってすぐ食べちゃうよね。世の中色々なケーキがあるけれど、やっぱり
「シュークリーム・ショートケーキ・チーズケーキ・モンブラン・アップルパイ」
という王道中の王道がやっぱり美味しいよね、
「ただ定番だけにそのパティシエの実力差がでるのも間違いない」
と思う今日この頃ではある。。。。。

 もうおなかパンパンなんだけれど、福岡からのお客さんが上京しているので、某ケーキやさんのオーナーパティシエと合流して、吉祥寺の
竹爐山房
へ参戦。

 昼間に盛大に甘いものを食べてから
「夜に中華」
というのは、まさに自殺行為なんだけれど、スポンサーがいるので仕方がない。
 8000円のコースをいただいたんだけれど、
「なかなかおいしゅうございました」
中華といっても、
「北京・広東・四川」
とか色々あるのだろうけれど、無学な小生には違いがイマイチ分からない。
010
(前菜)
011
(ジュンサイ入りふかひれ芙蓉仕立て)

 何年か前に、香港で中華を食べた後に、
「やっぱり中華のしめはチャーハンだろう!」
ということで、流暢な英語で
「ドゥ ユウ ハブ フライドライス?」
と聞いたんだけれど
「ノー」
という答えが返ってきた、それは小生の英語に問題があったという説もあるけれど、日本の中華料理店のように
「どこへ行っても、マーボー豆腐、エビチリ、北京ダック、チャーハン、焼きそば」
があるということではない、ということを30過ぎにして悟ったものだ。
012
(カニ肉、アスパラ入りアユ巻き揚げ)
013
(マコモダケの唐揚げチリパウダーがらめ)

 まあ、どの料理も美味しかったんだけれど、特に
「ジュンサイ入りふかひれ芙蓉仕立て」
が絶品だったと書いておこう。でもねえ、お子様味覚の小生としてはやっぱり
「中華行ったら、くらげとあわび、蒸し豚ニンニクソース、エビチリ、マーボー豆腐」
なんていう、
「バーミヤンでもありそうなメニューがいいなあ」
と思う全く進歩のない今日この頃ではある。。。。。
014
(大エビの切り身とナッツの唐辛子炒め)
015
(牛肉のやわらか煮通菜添え)

 正直、吉祥寺という街はなかなかご縁がないけれど、機会があればまた
「竹爐山房」
には参戦したいと思う今日この頃ではある。
 昔から不思議に思っていたのが
「中央特快は吉祥寺に停車すべきではないのか?」
ということ、いくら三鷹に車庫があるからといっても、明らかに吉祥寺の方が乗降客多いだろうしね。でも、快速の停車駅問題とか結構根深そうな気がする今日この頃でもある。。。。。
016
(海の幸入りさっぱり冷麺)
017
(五目チャーハン)

 吉祥寺というと
「小ざさの羊羹」
「サトウのメンチカツ」
「シェーキーズの大型店」
「熱中時代の小学校」
というイメージが強いけれど
「行列が出来る羊羹とメンチカツはご縁がないんだけれど、美味しいのだろうか?」
一度食べてみたい今日この頃ではある。。。。
018
(ジャスミンティーのシャーベット)
019
(マンゴーとタピオカのデザート)

 しかし、熱中時代といえば
「水谷豊ブームだよね」
今更といえば今更なんだけれど、彼の代表作は熱中時代なんだろうけれど、個人的には
男たちの旅路
を強く推したい今日この頃ではある。。。。。


 新宿でお茶して、1時過ぎに帰宅。水分を徹底的にとったこともあって、寝付けない。小生
「遅く帰ったときは眠つけない法則」
というのが存在するのだ。案の定、今日も3時には床に入ったけれど、モンモンと明け方まで。。。。。。。。

 ホッカイドウ競馬へ短期移籍の
「ドラゴンシャンハイ号、まさかの2着」
いくら落鉄とはいえ、
「このメムバーで負けているようでは交流重賞では通用しないのでは?」
色々な意味で先の見通しが立たない今日この頃ではある。。。。。。。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月21日(水)プロとアマの差

 拙宅の隣にはセブンイレブンがある、そのセブンで毎朝日刊を購入することが日課なんだけれど、今朝8時にいつものように参戦したら
「なんと売り切れ」
今朝の日刊の一面が何だったかは分からないけれど、衝撃的な出来事だ。なんか、気勢がそがれてしまった感があり今日の日刊はパス。

 8日ぶりの会社は、さすがにデスクがにぎわっている。午後一まで、その処理に終われる。まあ、その間に昨日の千葉対読売戦の視聴率が
「6.6%」
という衝撃的な数字だったという情報が入ってきた。

 いくら
「裏でバレー・中継局がテレビ東京」
という悪条件があったにせよ、いくらなんですもねえ。。。。
 結局
「交流戦というのもネガティブな要因」
ということになりそうな気がする、所詮パリーグ・マリーンズというのは
「関東広域圏では(でも)広島カープ以下ということなのかもしれない」
なんて思う今日この頃ではある。。。。
 まあ、しかし昨日の低レベルの試合見せられたら
「普通、途中でチャンネル変える」
ような気がしないでもない。。。。。

 ところで、また
「味のとんかつ丸一ネタ」
なんだけれど、
「味の」
ってなんだかおかしくないですかね?ちょっと東京では見ないですよね、気になった店主に伺ったら
「この、味のがいいんだよ(爆)」
というお答えが返ってきたけれど、イマイチ納得がいかなかった。

 でねえ、市内を散策していると他にも
「味のくろいわ ラーメン」
「味の四季」
「味の八坂」
とか出てくるわけですね、この
「味の問題」
については、大いに気になるなので、
「鹿児島に詳しい方からの情報をお待ちしたい」
今日この頃ではある。。。。。

 小生の敬愛する、競馬ライター
須田鷹雄氏の日記が更新された
年齢が近いこともあって、非常に共感できる部分がおおいのだけれど、日記がなかなか更新されないのが困りもの。これが、ひさしぶりに更新されると
「いきなりマカオ遠征記」
となっている、いかんせんつい先日参戦したばかりなので、非常に興味深い内容だ。

 感銘を受けると当時に、
「さすがにプロのライターの文章だ」
とつくづく思う、文字数制限があるらしいけれど、
「非常に簡潔にまとまっている」
いい文章・話というのは
「短いこと」
というのが鉄則なんだけれど、コンパクトにまとめることが一番難しいのだ。
 
 その点、小生の場合は延々と書いてしまうから、
「だめな文章の典型」
なんだと自覚している、とはいえ向こうは仕事の一環、こちらは完全な趣味なんだから、いいといえばいいのではないか?と思う今日この頃ではある。。。。。

 ただ、紀行文の場合は
「読んでいて、行ってみたいなあ」
と思わせるのがいい文章だと思う、須田さんのマカオ紀行は
「すぐにでもマカオへ行きたい」
と小生に思わせるだけでも凄いと思う今日この頃ではある。。。。。

 と思いながら、自分の書いた
香港・マカオ・鹿児島の日記」
を読んでみると
「速やかに香港・マカオ・鹿児島へ戻りたいなあ~」
と自分で思ってしまうから、
「自分にとってはいい文章なのだろう」
まあ、ブログなんか所詮自己満足なんだから
「これでいいのだ!」
と思いつつ早々に就寝・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月20日(火)さらば桜島・黒豚横丁

 今日はいつもより早い7時30分起床、速やかに
「展望温泉」
に向かい、たっぷりと汗を流す。まあ、サンロイヤルは埋立地に建てられているので、温泉は思いっきり
「しょっぱい」
んだけれれど、塩素は入っているけれど循環ではないので、城山よりはお肌に優しいから好きだ。これが、城山からサンロイヤルへの移籍を決めた最大の理由である。入浴が深夜1時まで許されることも大きなポイントだ、ちょっと飲んで帰っても十分間に合うしね。
010
(おはようございます)

 
 あとは、城山はとにかく海側になるとお部屋の値段がとてつもなく高くなるのだ、山側のお部屋は安いけれど景色は勿論、お部屋も狭くて長期滞在には不向きなのだ。
 しかもネット接続はできても、
「なぜかメール送信ができない」
そしてそして、朝食はもちろん城山に分があるんだけれど、いかんせん朝食食べないからなあ。。。。。

 1時間ほどたっぷり桜島と温泉・サウナを楽しんでから、お部屋に戻る。テラスにソファーを出してゼロコーラを飲みながら桜島を眺めつつ
「日経・日刊・南日本」
の3紙を熟読。非常に贅沢なくつろぎの時間である、正直
「こんな幸せでいいのかしらん?」
と思ったけれど、冷静に考えると
「こんなことを幸せに感じていいのかしらん?」
とも思う今日この頃である。

 だって、とうとう
「木村周一郎だって結婚するみたいだしね」
しかし彼は事業でも成功したし、お相手は庭球部出身らしいし、なんでこんなに差がついてしまったのか冷静に考える必要がある今日この頃ではある。

 しかも、米国では
「おぎさんがMBA主席卒業」
との情報も届けられた。高校の時、物理だか化学だかのテストの際、ともにある秘策を試みた仲とは思えない差のつきようである。なんてこんなに差がついてしまったのか真剣に考える必要がある今日この頃ではある。。

 1週間お世話になったサンロイヤルに別れを告げ、中央駅へ向かう。ここからリムジンでなく
「九州新幹線つばめ号」
に乗り込むのだ、コンコースにて改めて
「黒豚横丁 味のとんかつ丸一」
の巨大なポスターを見て、
「あまりの大きなに衝撃を受ける」
ちなみに、お店にも飾ってあるのだけれど、額縁だけで3万円する代物だそうだ。
012
(目立ちすぎ)


 ホームから
「桜島に最後のお別れを告げよう」
と思ったのだけれど、かすんでほとんど見えず。そして、今更どうにもならないんだけれど
「南国日生ビル邪魔だよね」
勝手なお願いだけれど、
「JR九州に買い取ってもらって更地にしていただけないかしらん?」
と思う今日この頃ではある。。。。。。
014
(おしいなあ)


 つばめ号にのって15分。下車した駅は一駅目の
「川内」
在来線はここから、肥薩オレンジ鉄道になってしまう分岐である。だけど、この問題も深刻だよね。
「オレンジ鉄道が鹿児島中央まで乗り入れを開始」
って報じられていたけれど、そんなの当たり前じゃん。ほとんどの地元民は特急もなくなったし、不便になっただけだよね、地方切捨てもいいところだとつくづく思う。
015
(川内駅にて下車)


 どうでもいいけれど、川内駅には
「イタリアントマト カフェジュニア」
なんかあったりしているけれど、
「よく出店したなあ~」
と思うと共に
「誰が利用しているのかしらん?」
と不思議に思う今日この頃ではある。。。。。

 ここで、レンタカーを借りて、3号線を北上すること50分で、その店が見えてきた
A-Zスーパーセンター あくね」
先日、NHKで特集されていた店だ。阿久根なんていう商圏人口の圧倒的に少ない街にふさわしくない巨大な店だ。
016
(3号線を東シナ海沿いに進む)


 平日の昼だというのに、
「噂通り、結構お客さんがいるし、車が止まっている」
とにかく、店内は広いので全て見ることは不可能だけれど
「とにかく何でも揃っているのではないだろうか?」
 それこそ、
「車も仏壇も売っているからねえ~」
しかも結構お安く売っているのよ、東京のスーパーではいくらで売っているか分からないけれど、
「ハーゲンダッツ198円は安い!」
と思ってしまった。
017
(わざわざ参戦)
018
(軽トラまで)
019
(ひろすぎ)


 先日のテレビでは
「毎日、テレビを見に来るおじいちゃん」
がインタビューに応えていたので、お会いするのを楽しみにしていたのに、なんと不在のご様子。
 店員さんに尋ねると
「ああ、そういえば今日はいないですね。珍しいなあ~」
とのお答えが返ってきた。
020
(安いの?)


 結局、どんな場所でも
「アイディア次第で商売は出来る」
ということなんだろうけれど、残念ながら小生には阿久根で商売を出来る資質は持っていないなあ、と思う今日この頃ではある。
021
(凄いサービス)


 阿久根からは1時間ほど山道を経て、空港へ到着。1便前にも乗れたけれど、せっかくなので
「妙見石原荘」
にて1週間分の汗を流す、なんというかここの温泉に浸かりながら、川の流れを見ていると
「全く何も考えない状態」
になることは間違いない。本当に別天地だよねえ、さすがに最近は覚えていただいているらしく
「ああ、いつもどうも」
となるから余計にうれしく感じる今日この頃ではある。無理かもしれないけれど、なんとか1回くらいは結婚して奥さんとこういうところへ来てみたいなあ、と思う今日この頃ではある。。。。。。
023
(鹿児島のしめはここ)
024
(無になれるのだ)
025
(幸せもの)


 帰宅後、珍しく野球中継。
「千葉対読売」
あまりのレベルの低さに驚く、なんというかボビーも強情だよね。ずうっとこのパターンで負けているんだから昨年の読売のように
「先発から誰か抑えにまわす」
という発想が出ないのかしらんねえ?

 しかししかし、どうでもいいけどテレビ東京での放送ということもあるし、
「いかにも今日の視聴率低そう」
と思うのは小生だけだろか?録画しておいたサンジャポを見てから就寝。。。。。。。

 余談だけれど、今日借りた
「カローラの燃費は15キロ!」
うなるしかない今日この頃でもあった。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月19日(月)4回目の丸一参戦(爆)

 どうやら台風も近づいているようで、朝から雨が降っている。桜島もなんとか見える程度だ、7時30分に起床して1時間たっぷりと入浴してから最後の出勤。
001
(おはようございます)


 まあ、この一週間は正直なところ
「久しぶりの大惨敗」
となった、歯車がかみ合わなかったというか、これが実力というか、まあ反省材料は色々あるんだけれど
「まあ、もういいや、こんなものだろう」
というのが本当のところだ。
 なんか
「もう色々言うのもめんどくさくなってきた」
って感じの今日この頃である。
006
(歴史を感じる建物だ)


 一応打ち上げなので、通常ならば
「あぢもり・華蓮 あたりで黒豚しゃぶしゃぶ」
なんだろうけれど、なんだか黒豚しゃぶしゃぶっていうのも、お肉もたいしていい部分でないし、肉の旨みを全部捨ててしまうような気がして、食指が動かず。

 ということで、今シリーズ4回目の
「味のとんかつ丸一へ参戦(爆)」
まあ、こんなことやっていると1週間で体重が2キロ弱増えてしまうのも大いに納得。
007_2
(尋常じゃない)


 しかも、なんというか
「尋常じゃない量の肉の塊」
そして、なぜか
「大きなエビフライ」
までついてきちゃうからねえ(爆)
008
(中はほんのり赤く)


 一応、今日は防衛として
「黒烏龍茶」
を持参したんだけれど、効果はあったのかしらん?
 だけど、これだけこの店に通って、毎回上ロース食べていても
「毎回味が違う」
もちろん、お肉の状態・揚げ方の微妙な差なんだろうけれど、
「だから面白い」
と思う今日この頃である。。。。。。
009
(ソースをたっぷりとかけていただく)


 黒豚横丁に別れを告げ、普通ならば
「天文館 サザンクロスグループ」
へ転戦というところなんだろうけれど、そんな気にはならず早々にサンロイヤルへ戻り展望温泉へ参戦。

 サウナ内で、NHKスペシャルを見ていたら、ロンドンがロシア・中国他国ののマネーで大変なことになっていることが分かった。
「こんなことに今頃驚いているようでは、お話にならない」
ということなんだろうけれど、思わず見入ってしまった。
 サウナ内でテレビに見入ると、結果的に
「長時間サウナで絞れるのでうれしい」
今日この頃ではある。

 しかし、日本でさえも
「味のとんかつ丸一」
のように、まだあまり知られていな強豪がいるんだから、世界にはまだ見ぬ強豪がたくさんあるのだろう、そろそろ本格的な
「海外遠征を始める時期が来たのでは?」
と思う今日この頃ではある。

 せっかく九州にいるので
「ドォーモ」
を見たけれど、あまりにもつまらないので早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月18日(日)食べてばっかし

 今日はさすがに疲れてきたので、朝一は弟子にお任せしてお部屋で雑務。残念ながら鹿児島ではサンジャポが見られないので、
「サンデープロジェクト」
菅さんとか出ていた部分はおいておいて、とにかく興味深かったのが
「今の経済は、資本主義の限界に直面しているのか?あえて今、資本主義限界論」
という田原さんのコーナー。
001
(おはようございます)


 この話題でおよびするゲストといえば、もちろん
「日本共産党の志位和夫委員長」
と決まっている。これが、とにかく志位さんうれしそうに
「マルクス」
とか語りだしちゃうんだよねえ。
 結局、彼らはこういうの議論するのが生きがいみたいなところがあるからね、もちろん志位さんもいいんだけれど、是非とも
「新しい理論を追求するため」
といって政界を引退した、我らが上田 耕一郎先生を呼んでほしいと思う、今日この頃であると同時に
「上田耕一郎先生と不破氏は実の兄弟なのになぜ苗字が違うのか?」
という根本的な疑問が謎に包まれたままであるので、
「誰か教えてくれないかしらん?」
と思う今日この頃ではある。。。。

 上田耕一郎先生といえば、朝生で
「あんたは、いつも朝日新聞の引用ばっかりじゃないか!」
と罵倒されたんだけれど、すかさず机の下からうれしそうに
「今度は読売新聞です!」
とやった時の、あの
「してやったり!」
の表情と会場の盛り上がりは、今だに朝生史上最高の見せ場だったと個人的には思っている今日この頃ではある。。。。。

 まあ、確かに小泉・竹中の
「全ては市場に任せる」
という、いわゆる
「新自由主義路線は極端すぎたのでは?」
と思っている国民も多いことが否定できないとは思う。今日この頃でもある。。。。

 お昼は、さすがに少し控えようと思い山形屋のファミレスにて
「オリジナル白熊」
これ食べているの自分以外にもいらっしゃって、普通のおばさんたちが美味しそうに食べているのが非常にうれしい。こういうのは凄く大事なことである、皆さん
「地元の名物をもっと愛すべきだ」
と思う今日この頃ではある。。。。。
004
(今日のお昼は白熊くん)
005
(山形屋屋上から)

 天文館を散策していたら大きな
「黒豚横丁」
の横断幕が見られた、まあいいんだけれど、普通の観光客は
「黒豚横丁ってどこにあるんですか?」
と思うよね。もちろん実在しないんだけれどね。
 ただ、こうなったら
「実際につくっちゃえ!」
と思うけどなあ、期間限定でもいいけどそれこそ百貨店の催事でもいいしね、その隣には当然
「白熊通り」
もつくって一気に街興ししちゃうべきだと思うのは小生だけなのかしらん?と思う今日この頃でもある。。。。。
003
(黒豚横丁はどこ?ある意味街全体か?)


 夜は、通勤の際毎日気になっていた
「菜園ブッフェ ピソリノ」
さんへ参戦、とにかく夜10時頃でも駐車待ちの車があったりして大繁盛の様子なのだ。

 システムはというと
「ピザとパスタはオーダー制」
その他に
「サラダや惣菜、お飲み物、デザート」
などが時間無制限食べ放題というシステムなのだ。日曜の夜だとこれで
「1780円」
なんだけれど、はっきりいってこれはお安い!
006
(惣菜ブッフェ)
007
(ピザ1)
008
(パスタ1)
009
(パスタ2)
010
(パスタ3)
011
(パスタ4)
012
(ピザ2)


 これならばお客さんたくさん来るのもよく分かる。お味の方は、
「パスタは普通、ピザは好みが分かれる」
といったところ。3人でパスタ8人前とピザ2人前、そしてバイキングも盛大にいただいてしまった。でもねえ、とにかく惣菜、デザートが意外と普通だったのがよかった。
013
(パスタは過半数を制覇)
014
(パスタ5)
016
(パスタ6)
017
(お皿をかかえて)
018
(ピザはオープン厨房で)


 早々にホテルへ戻り、BSにて篤姫を見てから、サウナで徹底的に汗を流し就寝・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月17日(土)すいか街道経由黒豚横丁へ

 西鉄グランドホテルの朝食ヴァイキングは、あまりにもお粗末なので今回もパス。その代わりに昨晩のうちに購入しておいた
「ホテル自家製シュークリーム」
をいただく。個人的にはここのケーキはオーソドックスなんだけれど、
「安くて美味しい」
ので好きだ。
 とくにシュークリームが絶品なのよね、シュークリーム食べればそのケーキ屋の実力が分かるんだけれど、さすがは西鉄グランドホテルである。
004
(絶品!シュークリーム)


 なんと満席の有明号に乗って、南下。1時間ほどで玉名駅へ到着、ここでお迎えの車に乗って、小生が日本一と認定している
VSすいか
の生産者を訪問。もう10年来の付き合いなんだけれど、小生が推薦して来週土曜の日経で紹介されるのだ。その取材の立会いということでの参戦となったのだった。

 記者さんは、もちろん初めて食べたんだけれど、絶賛していた。味の丸一もそうなんだけれど、自分が本当にオススメしたものを他人に認められるのは心からうれしいものだ。
005
(家族総出で出荷作業)


 2人の生産者の方でやっていらっしゃるのだけれど、
「農業は土づくり」
を実践しているのだ、その姿勢にはうなるしかない。いまどき、一家総出で出荷作業をしているのを見ると、なんともほほえましくなる。
007
(皮の際まで甘いのだ)


 熊本まで送っていただいて、1件商談をすませ。定番の
紅蘭亭にてちゃんぽん」
ちゃんぽんといえば長崎なんだけれど、個人的にはこの店が一番美味しいと思っているのだ。ほかのお料理も安くてボリュウムがあって、上品でとてもいいお店なのだ。
008
(熊本らしい風景)


 なによりうれしいのが
「ザーサイ食べ放題」
お料理を待っている間に、ザーサイとジャスミン茶をいただくのが大好きなのである。なんでも、以前のように黙っていても出すことはなくなったのだけれど、お願いすればザーサイをポットに入れて出してくれるので、是非とも言ったほうがいいですよ。
009

(お茶とザーサイ)
010
(大好きなちゃんぽん)

 リレーつばめ・つばめと乗り継いで鹿児島へ戻る。8時過ぎまで戦線に戻った後は、今晩も
「味の丸一」
へ参戦、ポスターの話題で大いに盛り上がる。正直、夜9時にこんなにたくさんお肉を食べるといいはずないんだけれど、仕方がない。
011
(ホームからはうっすらと桜島が)
001
(いつもの上ロース)
002
(絶妙の揚げ方と厚み)
003
(ヒレも美味しいですよ)

 展望温泉にて、恐る恐る体重計に乗ると、
「やはり、大変なことに・・・・・・」
もう完全に自業自得なんだけれど、とんかつは削れないので他で我慢するしかない、と思う今日この頃ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月16日(金)黒豚横丁からもつ鍋横丁へ

 起床、速やかにカーテンを開く。
「今日も快晴とはいかない」
南日本新聞を読むと、
「桜島噴煙・・・・・」
の文字が躍っている、確かに噴煙は出ているけれど、そんなのいつものことかと思っていただけれど、そうでもないのね。
028
(おはようございます)


 少しは早めの昼食に、先日やきそばがおいしかったので今日は限定ヴァージョンの
「特選やきそば」
をいただく、なにが特選かというと具がさらに大盛りだし、御酢も三杯酢ではなく黒酢だった。この手の百貨店内大食堂というのはすっかり廃れてしまったけれど、小生嫌いじゃない。百貨店の上が高級レストランだけというんじゃつまらないなあ、と思う今日この頃ではある。。。。。
010
(デパートの食堂らしくてよい)


 だって、デザートには
「オリジナル白熊」
とかもいただいたし、色々選べてなんだか楽しいよね。ちなみに、この白熊は美味しかった、白熊といえばもちろん
「天文館むじゃき」
さんなんだけれど、蜜が上品でなかなかおいしゅうございました。むじゃきの場合、シャレになっちゃうんだけれど、これなら普通に食べたいと思う今日この頃ではある。。。。。
011
(意外とおいしい白熊)


 午後から弟子に託して、中央駅からつばめ号に乗り込む。どうでもいいけれど、駅についていきなり度肝を抜かれた、噂には聞いていたけれど
「黒豚横丁のA1大のポスター」
が盛大に貼ってあるのよねえ、しかもそこに写っているのは、
「味の丸一」
さんなんですよね、異様に写真写りがよくてビックリした今日この頃ではある。ちなみに博多駅でも盛大に掲載されていて衝撃を受けた今日この頃ではある。。。。。
012_2
(衝撃的)
013
(つばめでそれっ!)
014
(リレーつばめも快適)


 そう福岡への移動となったのだ、天神にて商談というかご挨拶というか、お詫びというかなんというか。。。。でもまあ大歓迎を受けるので、非常にうれしく思う今日頃ではある。やっぱり、福岡というか博多というか天神というか、
「ここへ来ると落ち着くよね」
あまりにも勝手知ったる街というか、普通だからねえ~
029
(博多駅で再会)


 夜は、前回大橋の本店へ参戦した
「もつなべ やま中」
さんの赤坂店へ参戦。だめもとで参戦したんだけれど、予想に反してあっさりとご案内を許可され拍子抜け。でねえ、なんというか店内の雰囲気は
「高級カラオケ」
というかなんというか、とにかくホールが巨大なのよ。でねえ、席数を聞いたら
「なんと220席!」
あまりの数字の衝撃を受けた。

 いくら人気絶頂のもつ鍋店とはいえ
「大丈夫なのかしらん?」
と思ったけれど、きっと大丈夫なのだろう。と思う今日この頃である。。。。

 前回は、4人だったで
「しゃぶ味・みそ・しょうゆ」
と3種類全て食べ比べたけれど、みそは越後屋さんの方がおいしいし、しゃぶ味は微妙に合わなかったので、今回は2人ということで厳選して
「しょうゆ味」
を選択。
033
(はっきりいって美味しい!)


 前回はさほどでもないと思ったけれど、
「やっぱり美味しいよねえ~」
とにかく、
「もつのプリプリ感がたまらない~」
スープも味が深いし、これは病みつきになるよね。なんか、あきらかに前回よりもおいしく感じた。
034
(もつが違う)


 そしてそして、締めの
「雑炊」
がこれまたおいしゅうございました。
 ただねえ、雑炊頼んで
「ネギとたまごが別料金」
というのは、いかがなものかいな?という気がしないでもない今日この頃ではある。。。。。。
035
(ご馳走様でした)


 諸般の事情により早めに切り上げてホテルへ。
「探偵!ナイトスクープ・ラブちぇん」
とANA地方局制作の人気番組をハシゴして就寝。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月15日(木)す、すごすぎ。。。

 今朝の桜島は
「雲がかかっていて、はっきりとはみえない」
ご機嫌斜めなのかもしれない。

 7時起床、桜島にご挨拶をしてから速やかに
「展望風呂」
を満喫、満喫はいいんだけれど案の定体重は昨日より増えている。
029
(これではスッキリした朝は迎えられない)


 まあ、
「自業自得」
としかいいようがない、とはいえ福岡や鹿児島に来ている以上、ある程度は仕方ないのでは?と思う今日この頃ではある。ただ、やっぱり昨日遅かったのでなかなかつらいよね。でも、睡眠不足でも温泉・サウナがあると大分楽。これがあるとないとでは、一日がまったく異なるからね。

 お昼は混雑するので、早めに
「味のとんかつ丸一」
さんへ参戦、11時30分に参戦したんだけれど、目を疑った
「もういきなり行列なのよね」
開店が若干遅れたようだけれど、この行列には度肝を抜かれた。
025
(衝撃的!!)


 ほどなく入場を許され、当然のごとく
「上ロース」
を注文、たしかに上ロースを注文したんだけれど、15分ほどして目の前に出された皿を見て、わが目を疑った。
「こんな凄いの・・・・・(爆)」
初めてエビフライも食べたけれど、これもおいしいよね。ブラックタイガーとかではなく
「大正エビ」
の旨みと食べ応えにも参った。。。。
027
(こ、これは。。。。。)


 でねえ、発見したのがおととい食べたのと比べて
「同じ上ロースだけれど、今日の方がおいしい」
まあ、日によって違いがあるのは当たり前だけれど、今回は露骨に違いを感じたのだった。。。。。

 遠来のお客さんを見送って戦線へ復帰。復帰したんだけれど、かなりつらい戦いだったのだった。9時前に終了したんだけれど、本来ならば弟子達を伴って
「おつかれ様」
すべきなんだろうけれど、いかんせんお昼の丸一さんがあまりにも凄すぎたので、
「本日これ以上カロリーを摂取することは出来ない」
ので、大変申し訳ないのだけれど、小生だけお先に失礼したのだった。。。。。

 今日は
「ラブちぇん」
の日なので、かなり頑張って起きていたんだけれど、さすがに1時過ぎまではつらい。見ながら寝てしまったのだった。しかし、なんだかんだいって東京では放送されていないラブちぇんを月に2回は見ているだからたいしたものだろう、と思う今日この頃ではある。
 しかし、東京以外ではこれだけ人気がある番組なのに
「東京ではなぜ放送しないのかしらん?」
と不思議に思う今日この頃ではある、不思議だったのは先日出てきた妻は、東京の人だったのよ。この番組収録は東京で行われているし、よく分からない今日この頃ではある。。。。。
 
 しかしもっと分からないのが
「ほっかほっか亭・ほっともっと戦争」
まあ、小生にはご縁がない店なのでどうでもいいとはいえ、こういうFCの親と子の争いというのは、決して嫌いではない。
 なんとなくだけれど、
「プレナス=ほっともっと」
の方を応援しようかと思うのだけれど、イマイチ根拠がないし、だからといってホカ弁を買うような愚行はとらない。

 そういえば、
「海原雄山と山岡さんが仲直りしたと」
報じられていたので、一応スピリッツを立ち読みしたんだけれど、てっきり巻頭カラーと思った美味しんぼは、なかなか登場せず
「なんと巻末での掲載だった」
しばらく休んで秋から連載を再開するそうだけれど、この巻末での扱いには色々と思うところある今日この頃ではあった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月14日(水)黒豚横丁

 7時起床、お部屋のカーテンを開ける瞬間がドキドキだ。
「桜島が綺麗に見えるかどうか?」
これによって一日が左右されるといっても過言ではない。
004
(オーシャンビュー)


 でねえ、おかげさまで
「今日は快晴だ!」
ということだからではないけれど、速やかに
「展望露天風呂」
にてたっぷりと汗を流す。当然のごとく体重計に乗るんだけれど
「案の定、増えているよねえ」
丸一だけでなく、その後に焼酎ヴァーに参戦して飲まないまでも、色々とつまんだし、水分摂ったからねえ。。。。こういう翌朝は露骨に数字に反映されるから恐ろしい今日この頃ではある。。。。

 で、諸般の事情によりあまり緊張感のないまま迎えてしまった一年ぶりの鹿児島シリーズ初日。結論から書くと
「大惨敗というか記録的大敗」
財津三奈さんとの再会も楽しみにしていたのに、会えずじまいだしなあ。。。。。

 でもお腹はすいてしまうので、お昼は
「山形屋名物の焼きそば」
野菜たっぷりで、空港で食べたのよりおいしかったような気がする。よく見ると周りの方も皆さんこれを食べているようだ。
008
(野菜たっぷりがうれしい)


 3時になっても事態は改善せず、厳しいまま。だからというわけではないけれど、今日は福岡からのお客さんがいるので市内をご案内。ご案内といっても、市内にはたいして行くべき場所はないので
「城山から景色を堪能」
これにはお客人も喜んでいただいた。
019
(日本一だ!)


 せっかくなので、もっと近くで見ましょう。ということになり
「ドルフィンポート」
まで降りていって更に大きな桜島にご挨拶。
「本当に本当に雄大なその姿は、いつまで見ていても飽きないよねえ」
小生も日本中行っているけれど、
「ここの景色は日本一」
と断言することが出来よう。
016
(雄大な)
018
(潜水艦も景色見たいのかしらん?)

 晩御飯は、丸一のオヤジさんに相談した結果
しゃぶしゃぶ亭 福わらじ
さんをご紹介していただき、即参戦決定。

 このお店は、JR九州の
「黒豚横丁」
ポスターに盛大に紹介されているお店である、ちなみに丸一編と2ヴァージョンあり、明日からは丸一のオヤジさんが登場するとのこと。
021
(黒豚しゃぶしゃぶ)


 天文館から徒歩10分ほどで、お店へ到着。決っして素晴らしい立地ではないけれど、にぎわっている様子だ。すき焼きとシャブシャブがあるんだけれど、とりあえず2種類ある黒豚しゃぶしゃぶの中から
「バラ」
をいただく、バラと肩ロールと2種類あって
「バラの方がおいしいけれど、500円安い」
といわれてしまうと普通バラ選ぶよね。
020
(まずはバラ肉から)


 たしかに、1枚のお肉の60%くらいが脂のようだ。タレはポンズとゴマダレの2種類なんだけれど、
「やっぱりタレが勝っちゃうよね」
なんというか、かなりキツくてお肉の味が消されてしまう。もちろん、おいしいよ。おいしいんだけれど。。。。。。

 まあ、せっかくなのでお次は
「肩ロース」
も1枚追加でいただく、個人的にはこちらの方が好きかもしれない。タレが大分薄まったからというのもあるかもしれないけれど、赤身のおいしさが味わえた。
022
(続いて肩ロース)


 まあ、結論から書きますと、
「こんなものでしょ」
という感じはする、今日は豚のみでシャブシャブしたけれど、これに黒毛和牛が参戦してしまうと、
「やっぱり牛が圧勝」
してしまう気がしたので、今日のところは豚さんだけにしておいた今日この頃ではある。。。。。。
024_2
(しめは雑炊で)


 実は実は、今日はその後鹿児島在住の超大物を招いて飲んだんだけれど、遺憾ながら詳細を書くことは出来ない。ただねえ、ほとんど独演会のごとく
「約5時間ほど徹底的に気持ちよくしゃべってくれた」
のでこちらもとても楽しかった。
 しかし、
「俺はサイドカー乗ってるんだ」
と言ったのに対して
「ああ、小里さんが乗っているようなやつですか?」
と切り返され
「そうそう、よく分かるねえ」
という会話になれば、お互い楽しいはずだ。結局、会話って
「おお、やるな!」
と思わせるのがひとつあると、大分楽なんだよね、と思う今日この頃ではある。。。。。
 3時30分過ぎにようやくホテルへ戻り、そのまま就寝。。。。明日朝の体重がとても心配な今日この頃である。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月13日(火)田中義剛恐るべし!

 5時45分起床、6時30分出発、7時30分羽田空港着。正直、久しぶりの大雨に参りながらもなんとか羽田にたどりついた。機内に傘を持ち込むかどうか大いに悩んだけれど、結局持参。ところが、伊丹に着いたら
「まさに晴れて薄日が差してきた」
ということで、ビニール傘は機内へそのまま置き去りに。。。。。。

 阪神高速は予想に反してスイスイ、20分ほどで梅田へ到着。10時の開店前に百貨店の玄関前に立っているのはなんだか恥ずかしい。
「こんなに多くの人が開店前からなにを目的にしてるんだろう?皆さん暇だねえ」
と思っていたら、ほとんどの方が走って走って
「北海道物産大会」
へ参戦している模様、今日は最終日なのに
「一体なにが目的なのかしらん?」
と思っていたら、なんと
「田中義剛の花畑牧場 生キャラメル」
噂には聞いていたけれど、これほどまでとは思わなかった。
001
(開店前から行列が!)


 だって、開店と同時にお待ちの列が
「7階から1階まで延々と延びちゃうんだもの」
小生も色々な催事に参戦したり見てきたけれど、
「こんなの初めてみた」
もちろん一過性のものとはいえ
「田中義剛恐るべし!」
と言わざるを得ない、でも日持ちする商品だし
「とんでもなく儲かるんだろうなあ」
ととてもうらやましく思う今日この頃ではある。。。。。。
002
(この列が1階まで続くのだ)


 梅田で2件ほど商談を済ませ、再びリムジンに乗って伊丹へとんぼ帰り。
「シグネット改めANAラウンジにて昼食とお仕事」
ラウンジってホント仕事がはかどるから不思議だよね。

 今度乗るのは東京行きでなく、
「ANA鹿児島行き」
767は当然のことながらガラガラだ、ここからは1時間程度なのであっという間に到着。いかんせん、大阪ー鹿児島間は直線距離の方が断然短いので、新幹線全通後も飛行機のシェアはたいして落ちないのだはないだろうか?
003
(本日2回目のご搭乗)


 市内へはもちろん、リムジンバスなんだけれど、これが衝撃的にも
「補助席を含めて満席」
篤姫ブームかどうかは知らないけれど、結構なことではある。。。。。。
005
(かえってきたよ桜島さん!!)
006
(夕方はよ~く見えるのだ)

 先乗りしている弟子達と合流して向かった先はもちろん
「味のとんかつ丸一」
に決まっている。ひとつきぶりの参戦だけれど、オヤジさんはいつにもまして舌好調。定番の上ロースも
「これでもか!」
というくらいおいしい部分のお肉を出してくれるし、おいしくいただいたうえに延々と話しこむ。
007
(やっぱりこれだよね♪)


 おいしくいただいた後は、
「山形屋直営の焼酎バー」
にて、森伊蔵さんをいただく。さすがに地元、あるところには普通にあるのだ。ただ、もちろん小生のような酒の味の分からない人間にとっては、何飲んでも分からないけどね。

 気持ちよくいただいてから23時過ぎに鹿児島の定宿
「サンロイヤル」
展望風呂にてたっぷりと汗を流す、いかんせんあれだけ飲み食いしたら、無駄な抵抗とはいえ少しはサウナで絞らないとそのまま寝るわけにもいかないだろう。

 すっかり忘れていたんだけれど、先日収録した番組のオンエアだったようで、3名様から
「見たよメール」
を頂戴する、再現VTRのなくなったあんなフジの番組なんか誰も見ないと思ったんだけれど、意外といるのね。
 ただ、皆さんから
「また痩せたよね!」
と温かいお言葉を頂戴すると、大いに励みになる今日この頃ではある。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月12日(月)成田とマカオ雑感

 今日はデスクの上が大変かと思ったけれど、そうでもなく一安心。しかし、昨日成田からかえってきてつくづく
「成田は遠くて不便」
と改めて思ったね、今度新しい鉄道ができれば少しは改善されるんだろうけれど、やっぱり
「上野だ日暮里だ」
って言われても正直困ってしまう、やっぱり東京までのNEXが15分間隔くらいで出てくれないとだめだよね。
「空港から電車乗るのに、いちいち時刻表見なけりゃならないのは論外だ」
しかも
「全席指定なんてこと自体がお話にならない」
と思う今日この頃ではある。。。。。(下りは全席指定でいいですよ)

 リムジンバスだって、色々なホテルへ出るのはいいけれど、目的地によっては
「2時間近く空く来ないのもあるからね」
こんなのどうやったって利用できないじゃないですか、香港では存在する
「全てのリムジンが30分毎に出ていた」
これなら利用しやすいよね、ちなみにエクセルシオール・マンダリンオリエンタル行きは前回も今回も利用者は5名ほどと需要が少ないのかもしれないけれど
「常に30分ヘッドであることが大事だと思う」
今日この頃ではある。。。。。

 まあ、仕事もあるんだけれど、やっぱりまだまだ
「マカオ雑感を」
まあ、基本的にカジノのお客さんは中国人の方なんだけれど、とにかく彼らの
「賭け方はうまい」
とは思えないよね。

・まず 
 「エニーペアが好きだよね」
エニペアとはエニーペアは2枚のカードが同じ数字であれば配当(11倍)があるサイドベットゲームなんだけれど、そんなことより、
「本体のゲームに集中した方がいいと思う」
とつくづく感じる。

 そして、
「他人のカードに乗ってくるやつ」
これがとにかく理解できない、いくらツイテイルヤツがまわりにいたって、
「引くか引かないか自分で決められないとゲームの意味がない」
とつくづく思う。小生は、他人の乗ってこられるだけで思いっきり不快になって席立つからね。

 あとねえ、
「空いている席の分も3箇所当時に賭けたりするやつ」
これも理解できないよね、リスクヘッジのつもりかなにか分からないけれど
「とにかく自分のカードに集中しようよ!」
と大きなお世話だけれど、思わざるを得ない今日この頃ではある。

 正直言って、別に周りの人と戦っているわけではないけれど
「こんな奴らには負けられない」
と心から思ったし、なんとかなったのではないかと思う今日頃ではある。。。

 でさあ、恐らく実際、そういうおばさんたちは
「ほとんどが大敗して帰る」
んだろうけれど、
「その資金はどうやって稼いでいるのだろうか?」
中国におけるお金の稼ぎ方と、貧富の差の発生過程を知りたいと思う今日この頃ではある。。。。。

 そしてそして
「すっかりマカオの魅力に取り付かれたので、早急にマカオへ戻りたいなあ~」
もうはっきりいって、
「香港って用事ないよね、なんとか羽田ーマカオのシャトル便をANAに就航してほしいなあ」
と心から思う今日この頃でもある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月11日(日)一喝される

 現地時間6時起床、天気もわるいためまだ夜は明けきっていないんだけれど
「早朝よりウインカジノへ参戦!」
そう帰国前の最後の一戦に臨むのだ。
036
(ちょっとカジノの時間じゃないよね)


 この時間にスっと起きれるんだから、小生のたいしたものだと思う。そして、朝もやの中最終決戦へ向かうのもなんというか
「小生も好きだねえ」
としかいいようがない。
 勿論カジノは24時間年中無休なんだけれど、
「さすがに人気は少ない」
エリアを区切って清掃中のようだし、プレイ中の皆さんも当然のごとく徹夜のようで
「けだるい空気が流れている」
そんな中で、
「熟睡して万全の体制で戻ってきた小生に分がある」
のは自明の理だ。

 しかし、笑っちゃうのが周囲の人たちは
「ほどんど昨日の夜と変わってないんだよね」
はっきりいって、皆さん勝っているとは思えないけどなあ~

 さすがに席はガラガラだ、ディーラーが一人で寂しそうにしているテーブルもたくさん見受けられる。ただ、小生のセオリーとして
「ディーラーと一対一の勝負には臨まない」
というのがある、これはあまりにもテンポが速く進んでしまうので、面白くないからだ。

 2人ばかりやっているテーブルへ参戦、1時間ほど。。。一進一退を続けた頃に、隣の中国のおばさんが
「徹底的にこちらへ乗ってきた」
のが嫌になって、離席。

 ここで退場も検討したんだけれど、まだ時間があるのでセオリーを無視して仕方なく
「ディーラーとマンツーマン」
のテーブルへ陣取る。しかし、これがいけなかった。それこそ、あっという間にチップが飲み込まれていったのだった。

 区切りのいいところで、頭を冷やすべく朝食
「ピータンと豚肉の中華粥・エビシウマイ」
なんというか、とにかくお粥がめっちゃおいしゅうございました。とにかく、最近はご飯を必ず残すようにしているんだけれど、思わず全部平らげてしまひました。
033
(朝粥は美味)


 一応、先ほどは負けたとはいえ、まだ十分勝っているので勝ち逃げも考えられたんだけれど、時間もあるし負けたまま帰国するのは嫌なので、再度参戦。

 普通はここでさらに負けて
「勝ち分を全て戻して退場。やんなきゃよかった、やっぱりカジノはよくできているよなあ~」
となるところなんだけれど、これが30分ほどの間に
「先ほどの負け分を全て回収!」
昨日終了時点での勝ち分まで見事に戻した。
034
(エビ餃子も最高!)


 ここで、
「さらにイケイケなのか!」
それとも
「引き時」
として考えるのかがわかれるところなんだけれど、まさにそのタイミングで小生の苦手なおばさんが隣に座ったので、撤退を決意した。
035
(ブランド物でも買って帰ろうかしらん?)


 まあ、大げさな話だけれど
「このあたりが小生の限界なんだと思う」
はっきりいって、飛行機の時間もまだ十分間に合うし、ここからが賭け事の醍醐味なんだと思うよ。

 それこそ
「熱中して飛行機の時間に乗り遅れる」
とかやるくらいでないと心から楽しんだとは言えないんだと心から思うと同時に、
「だから、小生も浮き沈みの激しい世の中でなんとか生き抜いているのかしらん?」
とも思う今日この頃ではある。。。。

 お部屋で一休みしてから、チェックアウト。この滞在中はかなり
「マカオを満喫させてもらったよね」
決して安いお部屋代ではないけれど、マンダリンにして本当よかったと思っている。

 ほとんどウインにいるんだから
「ホテルもウインにすればいいじゃん」
と思うこともあるけれど、やっぱりホテルとカジノは有る程度離れていた方がいいと思う今日この頃である。マンダリンも3階にカジノがあることはあるけれど、事実上開店休業状態だし、とにかく落ち着いていていいのだ。
037
(やっぱりホテルはマンダリン)


 日本人スタッフの
 「またリラックスしにマカオへ帰ってきたください」
なんとも素敵な言葉に見送られてマカオを後にしたのだった。台風が近づいているせいか、
「船は徹底的にゆれた」
時折、徐行とかしていたりしたしね。
 香港駅から電車に乗って、香港空港へ到着。本来ならば、マカオから空港行きの船に乗りたいところなんだけれど、3時間に1本くらいしか船が出ていないので、時間が合わず断念。やっぱり
「ANAに羽田ーマカオ便を就航して欲しい」
と心から思う今日この頃ではある。。。。。。
038
(さらばマカオよ!)
039
(船内食)

 行きはファーストだけど、帰りはビジネスクラス。お隣もいないので
「これで十分快適だ」
とはいえ、行きに負けないくらい機内食はひどかった。ホント
「どうしてあんなお食事になってしまうのだろうか?」
つくづく思う今日この頃ではある。
044
(さらば香港!!)
Photo
(う~ん。。。)

 予定より15分ほど早く成田へ着陸したんだけれど、入国審査の列に並んでいるときに事件は起きた。
「いきなり隣の窓口が開いたのだ」
係員が手招きして小生の後ろの列を誘導しだしたので、おもわず
「そんなことするんじゃないよ!」
と怒鳴ったしまった。。。。

 初老の係員氏は訳が分からず
「こっちへ並んでいいですよ!」
と言っている。
 だから、私が言いたいのは
「先に並んでいる人を損させることをするな!」
といいたかっただけなのよ、香港便が到着して混雑する時間って毎日変わらないんだから、あと10分前に開いておけば済む問題だと思う今日この頃ではある。。。。

 ただ、小生が叫んだあと、となりのとなりの列に並んでいる怖そうな関西風のオヤジが
「アホな係官のすることなんだから、だまっとけ!」
と小生が一喝されてしまった。

 まあ、確かに小生も大人気なかったと反省する面もある。ヤフー占いを見ると
「興奮しやすいために、トラブルを起こしてしまいがちな日です。ちょっとしたことでカーッと頭に血が上り、相手に非難を浴びせることのないよう気を付けましょう。人はそれぞれの事情を考え合わせた上で行動していることを、肝に銘じておいてください」
おっしゃるとおりである、ただもう少しうまくやって欲しいとは心から思う今日この頃ではある。。。。。

 NEX・スカイライナー共に時間が合わず、渋谷までリムジンバスにて帰宅。香港なんて15分おきに列車が出てるからね
「やっぱり日本は遅れてるなあ」
とつくづく思う今日この頃ではる。。。。。

 ビデオでサンジャポ、
「亀田一家の協栄ジム離脱について、何もコメントしないのはいかがなものだろうか?」
なんて考えつつ早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月10日(土)勝ちを増やす

 日本時間10時、現地時間9時起床。カーテンの遮光性が優れているのか、ぐっすり眠れた。速やかに
「朝食ヴァイキング」
へ参戦、まあはっきりいってここのヴァイキングはそこまで凄いものでもないんだけれど、
「その雰囲気が好きだ」
朝食以外はマンダリンで食べる機会がないので、滞在中に1回は食べることにしている。日経を読みながら、久しぶりにたっぷりといただいてしまった。
009
(天気悪し)


006
(海外へ来たことを実感するのだ)


 余談だけれど、
「ここのソーセージはなぜかビーフだった」
ビーフのソーセージといえば、ブルネイのホテルと同じだ。ただ、ブルネイの場合はイスラムの国だから仕方がないけれど、マカオの場合はあえてビーフを選択しているのだろう。
 ただ、やっぱり
「ソーセージはポークの方がおいしいのでは?」
と思う今日この頃ではある。
007
(ソーセージはポークでしょう!)


 とりあえず朝食が済んだら、
「ウインカジノへ参戦だ!」
小雨降る中、徒歩で駆けつける。
008
(入りびたり)


 土曜とはいえ、さすがにまだ午前中なので混雑はしておらず、
「好みのシートでじっくりと勝負」
とりあえず2時間ほど戦って、
「小勝利」
を確保したところで昼食。

 昨日同様、カジノ内のレストランだ。大分、懐に余裕が出来たので
「豪勢に北京ダック」
といきたいところなんだけれど、そういうことをやるとツキが落ちそうなので前回とってもおいしかった
「チャーハンとエビシウマイ」
まあ、この2つのメニューは中華料理の王道というか、定番中の定番なんだけれど
「共に今まで食べた中でもっもとおいしゅうございました」
まず、チャーハンなんだけれど
「とにかくパラッパラッ」
で長粒米なんだけれど、お米自体もおいしかったのだと思う。
012
(絶品チャーハン!!!)


 エビシウマイも
「プリップリッ」
っていう感じの歯ごたえが最高なんですよ。まあ、もちろんBJの調子がいいことも食事を楽しめる一因であることも、たしかだけどね。
013
(最高においしゅうございました)


 一旦、ホテルへ引き上げて
「今日もプールへ」
プールへ参戦したんだけれど、昨日とうってかわって
「寒くて寒くて・・・・・」
ほとんど他のお客さんがいないなか、とりあえずジャグジーで温まってから30分ほど、ここが限界。
031
(さ、さむい)


 サウナとジャグジーで
「じっくりと暖をとり」
ようやく一息ついた。風邪ひかなければ、いいんだけれどねえ・・・・・・

 お部屋で一休みしてから、
「ウインカジノへ戻る(笑)」
さすがに土曜の夕方ということで、にぎわっている。ただ、よく見ると午前中とメムバーほとんど変わってないんだよね。
 
 結果から書くと
「ここでも小勝利」
を獲得したのだ。
 まあ、ここで自分なりの流儀をまとめると、いくつか明確になってきた。
「向かって一番右に座る」
これは、一番最初にカードの選択が来るので、他の人のカードに左右されない
「嫌なメムバーがいたらすぐ撤退する」
とにかくマカオでは、後ろから乗ってくる人はまだしも、自分も座っているのにこちらへも賭けてくる人が多い。これ凄く嫌なので、これがあるとすぐ撤退することにしている
「連勝中でも連敗中でもお休みを入れる」
冷静になる意味でも、これは重要だ
「引き際が最も大事」
普通にやっていれば、BJってそんなに大きく勝ちもしなければ負けもしない。原点を基準にして一定の範囲内で勝ったり負けたりしているから、勝ちのうちに一度撤退する
「いちいち現金化せよ」
あるていど勝ち分を確定して現金にして簡単には使えないようにするのだ
017
(おなじみのショー)


 まあ、他にも色々あるんだけれど
「自分の決めたルールを厳守すること」
これが最も大事なことだと思う。あとは
「基本はBSを守るけれど、勘が大事。そしてダブル・スプリット・倍賭けなど 行けると思ったときは徹底していく」
これやらないと楽しくないしね。。。。。

 晩御飯は、昨日お隣の人が食べていておいしそうだった
「鳥の紹興酒煮とエビタマ丼」
エビタマ丼はおいしかったけれど、鳥の方は
「鳥の上に凍った紹興酒が乗っていて」
結構面白かったというか、上の部分は食べないではがしてしょうゆをつけて食べてしまった。
014
(凍っている紹興酒)
015
(やっぱエビが絶品)
016
(から揚げはおまけ)


 外に出たら、
「大雨が降っているので」
タクシーで200円かけてホテルへ。比較的早く就寝したんだけれど、やっぱり
「今日も興奮している」
ようで、なかなか寝付けず・・・・・・・・

 余談だけれど、小生が先日指摘した
ANAプレミアムクラス詐欺問題
やっぱり報じられたようだ、ただ実は数日前にあるドメインからの検索で
「ANA プレミアムクラス 詐欺」
でアクセスがあったので、なんとなく
「記事になるような気がしていた」
ことも確かなんだけれどね、やっぱり小生だけじゃなかったと安心すると共に、表示を明確にするようで一安心の今日この頃ではある・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月9日(金)衝撃!パスポート紛失

 さすがに疲れ果てていただけあって、朝まで熟睡できた。カーテンを開けると素晴らしい景色が飛び込んできて
「香港を実感する」
エクセルシオール近くの人気店
「海皇粥店」
にて朝食。
023
(やっぱ景色がいいよね!)


021
(ホテル徒歩0分)


 ピータンと牛肉の粥と、腸粉、おまけに焼きそば。前回の飲茶もおいしかったけれど、
「中華粥は凄くおいしい」
なんか、とっても身体に優しい感じがするよね、熱々のやつを日経と読みながらフーフーいただく。ただ、ひとつ難をいうならば
「なぜかお茶がなかった」
周りのみなさん、甘そうなミルクティーとか飲んでいるけど、なぜお茶がないんだろうかしらん?
018
(朝はお粥に限る)
019
(これよくあるよね)
020
(ごめんなさい)

 お部屋に戻って食後のデザートはホテル名物の
「エッグタルト」
と決まっている、またまた香港を実感する瞬間なんだけれど、海外なのに普通に携帯がガンガンかかってくるのには閉口。なんか、一瞬にして現実へ戻されるよね。
022
(名物エッグタルト)


 あまりにも暑いので、海外遠征の定番
「街を歩く」
は遠慮して、地下鉄経由速やかにマカオフェリーターミナルへ。
 ターボジェットは、最近混雑が著しくてエコノミーは30分くらい待たされることがおおいので、今日もスーパーシートを選択、1500円くらい高いんだけれど、船内食とフリードリンクもあって、意外とリラックスできるのだ。
 そういえば、初めてマカオへ参戦したときは
「船の中でスクラッチくじ」
みたいなの売っていたけれど、最近は見なくなった気がする。
024
(船内食)
025
(戻ってきましたマカオへ!!)

 特に揺れることもなく、1時間ほどで無事マカオへ到着。いつもながら徒歩なんだけれど、さすがに今日は暑いのでシャトルバスを使ってホテルへ。マカオの定宿は言うまでもなく
「マンダリンオリエンタルマカオ」
に決まっている、ここでも日本人スタッフの方が
「うしさん、お帰りなさい!またリラックスしていってください!!」
と笑顔でお出迎え。
026
(素晴らしいお部屋だ)


 なんか、世界各地(笑)でお帰りなさいされると、とってもうれしい今日この頃ではある。ちょっと早めの到着だったので、お部屋の準備ができるまでロビーで座っていたんだけれど、これが大事件の引き金となった。
 15分ほとでお部屋へ入場を許可されたんだけれど、そこであることに気づいた
「パスポートがない!!!!!」
ちょっとあまりの事態に衝撃を受けた、ただチェックインの際に提示したので
「どうせ、ロビーで誰か拾ってくれるだろう。まさか帰れないなんてことは・・・・」
と思っていたら、その数分後に、日本人スタッフが慌てて
「うしさん、大丈夫ですか?パスポート落ちて落ちてましたよ。大分お疲れのようですねえ~」
う~ん。。。とうなるしかない今日この頃ではある。。。。。。

 スーツケースの口をあけるのも惜しんで向かった先はもちろん
「永利(ウインカジノ」
と決まっている、いやあ
「戻ってきましたねえ~」
って感じなのよ、マカオにはたくさんカジノがあるんだけれど、個人的にはここの雰囲気が最高に好きだ。もちろん、
「前回勝った」
という要素が大きいけれど、凄く落ち着く場所である。
027
(他のカジノには用がない)


 早速、いつものテーブルでひと勝負。ひと勝負っていっても
「約2時間ほど、みっちりと。。。。」
2時間の間かなりデコボコがあったけれど、最終的にはほぼイーブンで一時撤退。

 なんというか、
「このカジノの雰囲気がたまらない」
今日この頃ではある。さすがにもうベネチアンとかMGMグランドを見学する気はないけれど、一応
「リスボアの地下」
だけは3周ほど巡回しておく。なんというか、
「リスボアの地下へ行かないとマカオへ来たって実感わかない」
今日この頃ではある。。。。。

 とりあえずホテルへ戻って、
「プールへ参戦」
さすがに今日は暑いのでプールサイドは結構にぎわっている。
029
(プールでエンジョイ)


 冷たい水が心地よい、ここのプールは水も綺麗だし凄く雰囲気がよいから好きなのだ。1時間ほど泳いで、サウナで汗を流した後はもちろん
「マッサージ」
タイ式、スポーツ、指圧とか色々あるんだけれど、
「オイルを使わず比較的強いやつ」
を選択したら、これが本当に気持ちがよくて、途中からすっかり眠り込んでしまった。で、実際腰とかの痛みも和らいでいるし、なんというか
「究極の癒しの空間」
とはここではないかとつくづく思う。
030
(結構にぎわってるから不思議だ)


 お部屋でひと休みしてから、再度カジノへ。さすがにお腹が減ったのでカジノ内で晩御飯を先にいただく。
「名物のチキンライスとなんとか麺」
チキンライスといってケチャップいためではなく、白いご飯の上に焼き鳥がのっているやつ。前回も食べたけれど、これおいしいですよ。焼き豚とのミックスもあって、それをチョイスしている人も多い。
002
(みなさん食べているチキンライス)
003
(古式ラーメン?)
005
(中身はカスタードでアツアツ!!)

 さてさて、いよいよ腰をすえて戦いに挑む。3時間戦ったんだけれど、結果からいうと
「小勝利!」
ってところですね、金額は少ないけれど3時間も遊ばせてもらって持ってきた金額よりも財布の中身が多くなっているんだから、
「小生にとっては最高」
って感じでだ。
001
(ちょっとここは敷居が高すぎる)


 時間はまだ現地時間10時と早いんだけれど、
「もう十分」
って感じでウインカジノを後にした。マンダリンホテルまでの帰り道は徒歩で10分ほどなんだけれど
「夜風がとっても気持ちがよい」
とりあえず横になったんだけれど、カジノのあとってやっぱり神経が高ぶっているので、なかなか寝付けず。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月8日(木)JALファーストクラスで行く香港出張

 7時15分のNEXにて成田へ、深夜の地震などを含めてさまざまな要因があいまって、昨晩はほとんど一睡も出来なかったのだ。しかし、こういうときってかえって徹底的に目がさえてしまうもので、遺憾ながら車中でも眠れず。

 4ヶ月ぶりの香港出張なんだけれど、諸般の事情により
「JALファーストクラス」
のご利用となったのだ、もちろんそんなものにお金を払うはずもなく特典航空券なんだけれど、なぜかビジネスだけ満席だったので、仕方がなくJALファーストクラスのご利用となったのだった。

 チェックインカウンターも当然別なんだけれど、JGCカウンターよりもかえって混雑しているようで意味不明だ。ただ、さすがに手続きはものの1分で終了、専用身体検査場もほぼスルー。空港に着いてから出国手続きするまで15分もかかってない雰囲気だ。
006
(全然違いが分からないラウンジ)

 
 ラウンジも当然別なんだけれど、これも全くたいしたことなかった。食べ物はビジネスと全く同じだしね、どうせやるなら
「シェフが目の前で卵を焼く」
とか
「寿司カウンター」
とか
「ローストビーフサービス」
くらいやれば、いいのにねえ。と思う今日この頃ではある。
 ただ、ラウンジが結構混雑しているのに驚いた。もちろん当日ファーストご利用の方ばかりではなく、ダイヤモンド会員の方もご利用されているんだろうけれど、それにしても驚き。
 ちなみに、
「マッサージ無料サービス」
というのだけ心引かれたんだけれど、なんと9時30分営業開始ということで、その時間は既にご搭乗のお時間なので断念。

 だけど、ファースト名乗るならば
「せめて、もう少しおいしいおにぎり提供してほしいなあ。」
と思う今日この頃ではある、セブンレベルとはいわないけれど、あれじゃローソン以下だよねえ・・・・・
007
(いざファーストクラスへ)


 いよいよご搭乗なんだけれど、
「相変わらずダメなシートだった」
実は、昔一度この路線のファーストは乗ったんだけれど、それ以来全く進歩がないようだ。まあ、小生は隣が来なかったからいいけれど、隣が来たらファーストの意味が全くないような空間ではある。

 当日は、12席中8席埋まっていて隣が来ないんだからラッキーなんだけれど、通路挟んだお隣は
「オヤジと愛人のカップル」
なんというか、もう誰がみてもそういうのわかるよね。とはいえ、小生も人生の成功者となって、
「将来的には、こういうオヤジになってみたいなあ~」
と思う今日この頃ではあるけれど、それにはまず正妻を獲得する必要の重要性を改めて感じる今日この頃でもある。。。。。。

 で、お食事なんだけれど、はっきりいって
「もう全然ダメ!」
先日乗った、キャセイのビジネスよりもヒドイ。特に前菜がまずいし、メインのステーキの焼き加減なんか
「ウエルダンっていったのに、中は真っ赤か」
なんというか、普通に崎陽軒のシウマイ弁当とかだせないのかしらん?とつくづく思うよね。
009
(超ダメな前菜)
010
(スープがぬるいんだぜ!)

 まあ、今更なんだけれど、JALファーストクラスなんか乗っちゃうと
「シンガポール航空の素晴らしさを再認識」
させられるよね、格が20枚くらい違う雰囲気だった。
011
(レアレア)


 まあ、細かいことなんだけれど
「ワインのぶどう聞いても分からないし」
「ワイン注ぐときの瓶の持ち方も逆だし」
「料理出すときも、一切説明しないし」
まあ、それがJALファーストクラスといってしまえばそれまでなんだけれどね。。。。。
012
(デザートは一口で終了)


 なんか、それでもファーストクラスに興奮しているのだろう。なかなか寝付けないので映画を見ることに
「最高の人生の見つけ方」
日本ではたしか今週末公開予定で、是非見たいと思っていたのでこれ幸いと。。。。まあ、安っぽいといえばそれまでなんだけれど、機内で楽しみには丁度よろしゅうございました。

 お食事をいただいて、映画を見終わったらもう着陸だ。
「さすがに香港は近いよね」
ほんとあっという間だ、たださすがにエコノミーだとつらいだろうなあ。。。。。
 香港は飛行機降りてから入国までがえらく遠いんだけれど、
「ファーストクラスはカートにてご案内」
これは楽チン、15分くらいはかかるところを、ものの3分で到着。ただし、当然のことながら入国審査は一緒なので、ここで20分くらいは行列に加わることとなるのだった。いつも思うけれど、途中から窓口が増えたりするんだけれど、もう少しならんかいな?
013
(カートは快適)


 空港からホテルまでは電車とバスがあるんだけれど、楽チンなのでバスを選択。1時50分にカウンターに着いたのに、
「次のバスは2時30分だという」
たしか、30分おきなので交渉すると
「じゃあ、一緒に走りましょう」
ということで、無事2時のバスに乗せていただいた、こういうのって知っているのと知らないのではえらく違うよね。
014
(やってきました香港へ)
015
(快晴!)

 前回は渋滞していて1時間超かかったけれど、今回はスイスイと45分でホテルへ到着。香港のホテルといえば、当然
「エクセルシオール」
と決まっている。フロントで女性の市原さんが
「お帰りなさい!」
と笑顔でお出迎えしてくれるのが、心底うれしい。

 前回はデラックスハーバーヴュー(35平米)だったんだけれど、お一人様ではそこまでの必要は全くないと思い、今回は
「スーペリアサイドハーバーヴュー(30平米)」
のお部屋なんだけれど、かろうじてヴューもあるし、お部屋の広さは十分過ぎるほど広い。
016
(ひとりには十分過ぎるお部屋)


 決して安くなく、遅いけれどネットもつながるしね。アポまで時間があるので、海を見ながらパソコンへ向かってから、ひと段落。だけど、いつもながら日本のネット接続環境の素晴らしさって再認識するよね、速度が全然違うもんなあ。。。。。
017
(ビューを楽しみながらパソコンへ向かう)


 銅羅湾周辺は、相変わらず凄い人だ。そごうさんも、日本では考えられないくらいにぎわっているようで、なにより。地下鉄を乗り継いでチムへ。前回は駅の改札までお迎えに来てもらったけれど、今回は一人でオフィスへ参戦できた。
018
(とにかく暑い)
019
(いかにも香港)

 3ヶ月ぶりの再会なんだけれど
「熱烈歓迎」
をうける、1時間ほどオフィスで商談した後、お食事へ。
 お店はビクトリアハーバーを一望できる
「王子飯店(プリンスレストラン)」
たしかに景色は素晴らしいんだけれど、なんというか
「いかにも、るるぶに広告だしてそうなお店」
ただ、日本人しかいないのかしんらん?と思ったけれど、そんなこともなく意外にローカルの方も多かった。
 だけど、
「お店の名前からして、いかにもだめそう?」
と思うのは小生だけだろうか?(笑)
020
(景色は素晴らしい)


 正直な感想を書いてしまうと、ご馳走していただいてなんなんだけれど
「う~ん」
ってところだ、唯一面白かったのが
「鳩のロースト」
これは癖もなくおいしゅうございました、ただ正直鶏でいいのかしらん?といったところだ。。。。。。
 結局、福臨門などの超高級店へ参戦すればそれなりのことはあるんだろうけれど、そこそこの店だったら絶対日本で食べた方がおいしいと思う、これがもっと庶民的なお店だと参戦する価値が大いにあるんだけれどね。
021
(チャーシューはおいしい)
022
(鳩に挑戦)
025
(スブタは普通だね)


 帰りは、いつも通りスターフェリーに乗って100万ドルの夜景を楽しみつつホテルへ。
「とにかく暑くて暑くて」
体力をすっかり消耗してしまったので、シャワーを浴びてから早々にベッドへ入る。
030
(夜景は最高)
034
(スターフェリーは必須の交通手段)
035
(超高層ばっかし)

 読みかけだった週刊文春
政治広報センター社長・宮川隆義氏による
「衆院全選挙区大予測」
を熟読、まあ予想とおり自公大惨敗はいいんだけれど、氏は
「この予想によって、かえって劣勢だった陣営が引き締められ結果が逆になることがままある」
と結んでいる。
 以前、劣勢を予想した海部俊樹氏から
「いやあ、おかげで陣営が引き締まったよ、ありがとう!」
と礼を言われたという。
 まあようは
「俺の予想は、すげえ影響力あるんだぜ!」
というのと
「外れたときにも、それなりの理由があるんだ」
と言っているわけだ。
040
(散策してホテルへ)


 まあ数多くある選挙予想の中でも
「格の違いを見せつられた」
わけだけれど、だったら
「落としたいやつには、逆に圧勝予想をして陣営を油断させろ」
と一瞬思ったけれど、その場合
「勝ち馬に乗れ」
と一気になだれを起こす可能性もあるので、
「選挙は小生のような素人には難しすぎる」
と思う今日この頃ではあるが、
「政治広報センターの本業は、選挙のお手伝い」
なので、
「落選予想した議員から、泣きつかれたりするための営業活動の一環も出来るなあ」
と思う今日この頃ではある。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月7日(水)ニコマートと両足肉離れ

 大型連休明けということで、今朝はアポが複数。結構、興味深い打ち合わせばかり、1件目は
「某高級系宿泊サイトの運営会社」
ってバレバレなんだけれど、ようは
「新しく始めたモールに出店してくれ」
といことだ、まあこの手のお誘いはそれこそ毎日のようにかかってくるんだけれど、実際に会ってお話を伺ったのは数年ぶりだろう。

 高級宿泊に特化している、このサイトだったら
「ブランド的にもいいのかしらん?」
と思ったのだった。それに、とにかくホテラーの小生としては
「話を聞いてみたい」
と思うぢゃないですか。

 想像通り、そっちの話で盛り上がったんだけれど、確かに
「高級ホテル・旅館に限定している以上、売上は伸ばしようがない」
というのは大いに理解できた。
「扱うホテルの基準はあるんですか?」
と聞いたんだけれど、
「明確な基準はない。一応ルームサービスとかベルボーイとかはなんとなく、あるんですけどね」
とのこと。

 当然のことながら、
「ホテル阪神」
の話題で盛り上がった、
「あそこは、とにかくコストパファーマンスが優れてますよ」
と会話が成立するだけて、とってもハッピーだったのだった・・・・・

 午後は、某番組の収録。
「なかなか、いいお話ができたのではないからしらん?あとはうまく編集してね!」
といった感じ、少しは痩せて見えるとうれしいんだけれどねえ、と思う今日この頃ではある。

 夕方に会った某飲食店の社長さんのお話には衝撃を受けた
「うちの従業員がお金をちょろまかしていることはありえない!」
と言い切ったのだった。まあ、正直な話、私が知っている社長さんもかつてそう思っていたら、5店舗あるお店で全て不正が行われていて、
「人間不信に陥った」
という話を聞いている。
 だけれど、なにより
「そこまで人を信じきれる」
というのが素晴らしいと思ったね、またそういう風に徹底的に信じないと、商売は成功しないんだろうなあ、とつくづく思う今日この頃ではある・・・・・

 普通の会社では、こうはいかないけどね。以前、超大手コンビニの方は
「店長時代は、とにかくバイトの万引きがひどかった。これをなくすようにしたら、粗利がだいぶ改善した」
と語っていたけれど、大いに納得したものだ。

 今だから話すけれど、小生の友人も学生時代に今はなき
「ニコマート」
というコンビニでバイトしていたんだけれど、深夜勤務が一人ということで
「まさにやりたい放題やっていた」
その彼は、お店のオーナーの娘さんの家庭教師までしていたようで、信頼されていたんだけれど、まあ所詮こんなものである。。。。

 そのせいか分からないけれど、その数年後に
「ニコマートは倒産した」
と聞いている、友人については詳細は知らないけれど、風の噂では
「企業相手に講演」
なんかしているらしいけれど、是非一度聞いてみたいと思う今日この頃ではある・・・・・・・

 プロ野球ニュースで
「金本の頭部死球そして、次打席でのホームラン」
には衝撃を受けたけれど、
「ライオンズがダルビッシュからサヨナラ勝ちはともかく、デーブ大久保コーチの両足肉離れ」
には、衝撃を通り越して理解できない今日この頃ではある・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月6日(火)公式と非公式

 大型連休最終日である。ただ、冷静に考えると
「5月6日って何で祝日なの?」
と思い、会社の日めくりカレンダーを見ると
「振り替え休日」
とだけ書いてあった。

 どうやら、祝日法の改正により
「憲法記念日やみどりの日が日曜日と重なった場合、こどもの日の翌日が振替休日になる」
ことになったとのことである。確かに冷静に考えると
「月曜以外で振り替え休日は初めて」
であるらしい。

 まあ、画期的なことで何よりなんだけれど、だったら昔から思っているだけれど
「土曜日が祝日の場合、月曜を振り替え休日にする」
を是非とも実施してほしい、と思う今日この頃ではある・・・・・・

 今日も、せめてお昼くらいはおいしいもの食べようということで、
「イースト21」
へ参戦、1680円のスパゲティランチは、サラダバー、お飲み物がついていて非常にお得だ。

 スパゲティは2種類あって、本日は
「3種のチーズ入りトマトソーススパゲッティ・海の幸 和風スパゲッティ」
ある、前者がおいしそうだったんだけれど、なんと
「カロリーが1100と550!とおよそ2倍の開きがあったのだ!!!」
どう考えてもトマトの方がカロリーあると思ったけれど、ここまで違うとは。。。。。
004
(カロリー高いほう)
005
(カロリー低いほう)

 ということで、小生はもちろん和風、弟子はトマトをいただいたけれど、共においしゅうございました。でも、なによりおいしかったのが
「サラダバー」
昨日のフォルクスより品数は少なかったんだけれど、お味は全然違う。
003
(連日のサラダバー)


 まあ、このあたりが
「格の違い」
ということなんだと思う、今日この頃ではある・・・・・・

 来日中の胡錦濤国家主席は
「日比谷松本楼で、福田首相が主催した非公式の夕食会に出席した際、パンダの貸し出しを表明」
とのこと、まあ一般的には
「パンダ貸してくれてよかったね」
ということなんだろうけれど、小生はそんなこと気にしない、というか上野にパンダは要らないと思うんだけれど。そもそも白浜だったら環境いいけれど、上野じゃ空気も水も悪そうでかわいそうな感じがする。

 なぜ会場が
「松本楼なのか?」
ということが大いに気になる、まあ自分なりに考えると
「いかにも警備が楽そう」
と思うんだけれど、だったら普通に迎賓館でやればいいじゃん。と思ったりもする、そういえば小泉氏は
「権八」
でブッシュだかを接待したんだよね。

 そして、松本楼といえば
「10円カレーで有名だ!」
メニューにカレーは含まれていたのか?少しだけ気になる。

 あと、よく分からないのが
「非公式夕食会」
どんなのが公式な夕食会で、どんなのが非公式なのかが分からないなあ。まあ、迎賓館が公式で、松本楼だと非公式なのかもしれないけどね。

 で、よくあるのが
「公式訪問と非公式訪問」
調べてみたら、公式訪問は
「かかる費用を日本が全額負担する」
とのことだ、一方非公式訪問はその逆とのこと。
 ただ、
「まさか今日の夕飯の費用を中国が全額負担した?とは思えないなあ。。」
と思う今日この頃である・・・・・・

 そして、小生も
「公式でも非公式でもいいから結婚披露宴を開催したいなあ」
と思いつつ早々に就寝・・・・・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月5日(月)なぞばかり・・・・

 5月5日は子供の日なんだけれど、あまりというか全く関係ない。羽田や東京駅はひと段落なんだけれど、実は
「母の日が迫っているのだ」
ということで、そちらの部隊も実は大忙し。数多くあるイベントの中でも、母の日というのはかなり大きなシェアを占めるのだ。
 しかも、お中元・お歳暮なんかと並んで
「ネット通販に適したイベント」
ということもあるだろう、誕生日やクリスマスって直接渡すだろうし、なかなか食べ物っていうわけにもいかないだろうしね。

 お仕事はしていても、せめてお昼くらいユックリということで
「フォルクスへ参戦」
フォルクスっていったて、お肉が食べたいわけではなく、お目当ては
「勿論サラダバーだ!」
小生が野菜を食べたい時に、かけこむ店は他にも
「松屋・但馬や」
とあって、全てお肉料理専門店なのが面白い。
001
(お野菜をたっぷりといただく)


 サラダだけたっぷり3皿いただいて、メインのバンバーグを1口だけいただいて、後は弟子に託す。はっきりいいって
「これで880円は安い!」
どうやって儲けているんだろうか?と不思議で仕方がない。はっきりいってハンバーグは食べれたもんじゃないんだけれど、そんなことはどうだっていいことである・・・・・
002
(ハンバーグは弟子へ贈呈)


 食後に、同じ敷地内にある
「クイーンズ伊勢丹」
へ参戦。オープン記念とかで
「バナナ1房100円」
で売っていたので思わず買ってしまった。他にもなんだかんだと買い物をしてしまう、たまにスーパー行くと衝動買いしてしまうよね。

 そういえば、
「柏餅の食べられない葉っぱを子供が食べてしまった」
という記事が出ていた、どうも表示には
「本物です、食べられます」
とあったらしいけれど、
「そんなのちょっと触ってみれば分かるんじゃないかしらん?」
とは思う、勿論メーカーに100%責任はあるんだけれど、なんというかなあ~

 思うところあって夕方から
「オフィスのデスク周りとお家の整理」
会社では、ダンボール6箱分の廃棄物がでた。さすがに10年分となると、凄い量だ。まだまだ出そうだけれど、疲れたので終了。我が家でも古いスーツとが10着くらい廃棄処分。

 就寝前にふと、りくおさんのブログを確認すると
連休なのに倒れる
と記されている。
「4月から生活を大變革したため、2kg増の效果が現れてゐる。發作を抑へるために食べ續けてゐるのに加へ、心理的にも安心してゐる面があるからであらう。しかしこれはまづい。朝も晝も夜も、運動しなくてはならない(笑)。さういふ環境をつくることが大事である」
とのことだ。

 非常に思わせぶりな記述であるが、
「生活の大変革とは???」
「発作とは???」
「何故、心理的にも安心しているのか?」
「運動とは?特に夜の運動とは????」
さっぱりわかないことばかり、
「そういえば彼は毎年GWといえば、逗子だか葉山へ行っていたような気もするしなあ」
なんて思いつつ早々に就寝・・・・・

 しようとしたら、スカパーで
「太陽にほえろ」
をやっていたので、ついついみてしまう。番組の案内を見ると
「○話と○話は諸般の事情により放送しません」
との但し書きがあった、こういうのを調べるにはネットに限るということで検索したけれど、
マニヤの方でも分からないようだ
よく、ウルトラセブンも再放送自粛の回があるとのことで話題になっているけれど、自粛されるとかえって気になってしまうのが常だよね。

 前にも書いたけれど、巨人の星で
「俺の父ちゃんは日本一の日雇い人夫だ!」
というセリフがカットされているけれど、まあ
「当時に比べて人権意識が高まった」
といえばそれまでなんだけれど、
「俺の父ちゃんは日本一のスポット派遣社員だ!」
とやっても、なかなかイメージわかなしなあ。。。なんておもいつつ再度就寝・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月4日(日)1LDKと時給1100円とコブサラダ

 今朝も羽田へ、予想通り午前中から閑散としている、普段の土曜日より少ないくらいだ。完全に、今回の繁忙期は終了の様相を呈している。仕方がないので、ブラブラしてから
「ロイヤルにてランチ」
空港といえば、なんといってもロイヤルさんである。千歳空港から鹿児島までほぼ全国の空港でお会いすることが出来るからうれしい。

 空港のロイヤルは街中のロイホよりも、かなり高い。しかしながら、スタッフメニューというのがあって、
「1000円で食べることが出来るのだ」
メニューは、日替わり・ハンバーグ・パスタ・丼セットとあり、全てにお飲み物と小さなデザートがつくからお得感はある。
 成田でも羽田でも、出店する店は
「スタッフに愛されない店は絶対に繁盛しない」
という法則があるけれど、まさにロイヤルさんは空港を知り尽くしているのだ。

 で、今日いただいたのは
「シェフのきまぐれハンバーグ・コブサラダ」
メニューに、
「きまぐれ」
って書いてあったので、
「気まぐれで作られたら困るんだよねえ~」
とぼそっとつぶやいたら、お姉さんが
「今日は、和風大根おろしです」
と即答してくれたのが素晴らしい、まあ材料の加減なんだろうけれどね。
002
(気まぐれねえ)


 野菜が全くないので、
「コブサラダ」
を追加、
「コブサラダとは一体なんじゃいな?」
と思って調べたら、
「コブさんが作った、まかない料理で色々入っている」
とのことだ、たしかに野菜のほかにたんぱく質系も一杯入っていてボリュウムたっぷり。カロリーも決して低くはなさそうだけれどねえ。
001_2
(コブさんだったのね)


 1タミを歩いていたら、
「とうとうマクドナルドが羽田へ進出」
というポスターを発見、進出はいいんだけれど
「関空並みの価格設定をするのだろうか?」
まあ、高かろうが安かろうが今の小生にはご縁がない店なんだけれど、少しだけ気になる。

 ところが改めてビックリしたのが、
「バイトの時給 一般1100円 高校生1000円」
はっきり言うけどね、
「その金額じゃ来ないよ!」
羽田のバイトの時給相場ってもはやそんなレベルではないのだ。実勢価格は、ちょっとここでは書けないくらいの値段になっているのだ。
 ただ、マックならばこの時給でも来るんだとしたら、
「さすがはマック」
ということが出来るだろう。
003
(時給1100円で来るのかしらん?)


 その後、東京駅へ転戦するも、やっぱり閑散としている。ちなみに日本橋周辺はそれなりの人出があるけれど、路上駐車で道路がふさがれてしまうまではいかない感じ。

 今日は、早々に撤収して西新宿へ向かう。ちょっと気になっているマンションのモデルルームへ参戦だ。
新宿・44階建タワー・プール・温泉・サウナ・黒川紀章先生
と売り文句が一杯ある、はっきりいって
「小生のニーズを全て満たしてあるのだ。もう、これ以上の物件は出ないのではないだろうか?」
そんな気持ちで予約もせずに参戦したのだ。

 現地へ着いてみると、ビックリ。
「なんともう既に完成していて、一部入居している世帯もあるという」
えみさん一家がお住まいの
ワールドシティータワーズ
を見に行って以来のモデルルーム参戦なんだけれど、当時は物件完成にはほど遠い状態だったのだ。
004
(モデルルームへ参戦)


 でねえ、ちょっとというか
「ひとけはないし、一応1億円超の物件なのにモデルルームに豪華さがないのだ」
WCTの時は、もの凄い綺麗なコンパニオンさんが受付にいたりしたんだけれど、ちょっと今回はねえ~

 しかも、案内してくれた方が
「こいつ素人じゃないかしらん?」
という雰囲気まるだし、1階から27階までは賃貸にまわったり地権者さんが持ったりして非分譲とのことで、
「じゃあ、売却住居は保留床なんですか?」
と聞くと、
「保留床って何ですか?」
と返されてしまった、たしかに40階の角部屋なんかは
「もうこれ以上のヴューは望まない」
ってくらい素晴らしいことは間違いないんだけれど、とにかく高いよねえ~

 ちょっと食指は動かない、ただ
「賃貸は20万円からある」
とのことなので、
「とりあえず借りて住んでみる」
という選択肢はあるかもしれない、だって温泉だって入ってみないと身体にあうかどうか分からないしねえ~

 あと、いかんせんこの歳で
「1LDK」
とか買うのも、ちょっと躊躇してしまうしなあ。。。。
 なんて思いながら早々に就寝・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月3日(土)GW後半初日

 いよいよゴールデンウイーク後半戦開幕、ということで早朝から羽田へ向かう。確かにJAL・ANA共に電光掲示板には
「満席の×が続いている」
確かに満席の様子なんだけれど、出発口はそんなに混雑していないし、各お土産売店も行列は出来ていない。
001
(たしかに満席が続いているのだが)

 
 満席でないのなら分かるんだけれど、一応満席表示が続いているだけに不可解なところはある。ただ、とにかくこのゴールデンウイークは日程が悪いし、景気も一気に冷え込んで
「人が動かないのでは?」
と以前から大いに気にしていた。昨年なかった羽田のP4が出来て収容台数が増えたとはいえ最後まで満車にならなかったのも、それを証明している。
002
(ずいぶん空いてるなあ)


 小生の記憶では、以前はゴールデンウイーク期間中には設定がなかった
「特割1」
とかも平気で設定しているという事実からみても、航空各社も弱気なんだね。

 羽田で御昼を食べるときは、ロイヤルが定番なんだけれど、さすがに待ち時間があるようなので、従業員食堂へ転戦。ただ、いくら景気が悪いとはいえ、どうにも食指が動かない。小生は断念して、弟子にだけ食べさせることに。
「好きなもの何でも食べていいよ」
と1000円を手渡したら、なんと
「エビカツカレー・牛丼・ボンゴレ」
と3つも喰いやがった、全盛期の小生でも食べられないと思うんだけれど、食べられる若者を見るとうれしく思う今日この頃ではある・・・・・
003
(若さは素晴らしい)


 午後から東京駅へ転進したんだけれど、こちらも
「新幹線は全て×表示」
こだま号・なすの号まで含めて全席満席だから、本当に満席なんだろう。コンコースやお土産店も確かに、空港よりは混雑しているようだ。

 やっぱり、今回は遠出よりも近場へ行かれる方が多いのだろう、そして4連休しかないから
「帰省しないで行楽に専念」
という風潮なんだと思う。
004
(新幹線も満席だ)


 一仕事終えてから、入院中の祖母を見舞い。普段は、いわゆるホームに入っているんだけれど、最近何回目だか分からないけれど、入院することになった。もう10年前に余命3ヶ月と言われてから、10年生き続けている生命力というのは、
「凄い」
としか言いようがない。ただ、さすがに今回ばかりは厳しそうだ。なんていうか、死臭みたいなのも出てきているからなあ。ただ、とにかく90年以上生きているんだから、たいしたものと言わざるをえない。

 そういえば、とうとう
「札幌ロビンソン閉店」
あそこは、大昔は松坂屋だったのを引き継いだお店のはずだ、ヨーカドーというか伊藤さんは、
「どうしても百貨店が欲しくて」
かつては、伊勢丹株の問題なんかも起きたけれど、西武・そごうを傘下におさめたし、もう用はなくなったのだろう。まあ、近々札幌西武だって危ないだろうしね。

 だけど、一応すすきのの交差点の一等地なんだけれど、
「後継テナントに困るだろうなあ」
とは思う。さすがに、江戸城をはじめとした風俗ビルにするわけにもいかないだろうし、あまりにも大きいからなあ。それこそ、パチンコ店としても大きすぎるしなあ。商圏が駅前へ移っていった旧繁華街の地盤沈下は名古屋なんかをはじめとして、今後も続くんだろうなあ。と思う今日この頃ではある・・・・・・

 だけど、ロビンソンは閉店してもいいけれど、
魚一心とてもみん」
だけは、閉店しないで欲しいなあ。と思う今日この頃でもある・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月2日(金)皆さん色々あるようで

 出勤前に歯医者さんへ、9時30分からの予約で治療を終えて退場したのが、なんと11時25分
「2時間も治療台に座っていたことになる」
いくら口を開けて座っているだけなんだけれど、
「とんでもなく疲れる」
麻酔・レントゲンとか身体にいいとは思えないしねえ・・・・・・

 午後一に池袋へ、池袋という街は一大ターミナルなんだけれど、あまりというかほとんごご縁がない。駅から歩いていける距離に、立教からサンシャイン、ソープランドからラブホテルまであるから懐が深い街といえるのかもしれない。
 あるお客さんと商談なんだけれど、実に
「なんと7年ぶりの再会だ」
第一声がお互いに
「痩せたねえ~」
だから凄い、ただ衝撃的だったのは小生は勝手にダイエットした結果なんだけれど、その方は
「2年前にがんを患ったとのこと」
しかも、喉頭がんから目の方へ転移していていわゆる
「ステージ4=末期がん」
だったらしい、それが手術ではなく放射線治療と抗がん剤で完治したんだから、奇跡といえるだろう。

 死の淵から生還してからは、当然のごとく
「人生観が変わった」
とのことだ。

 帰社してから、アポが2件ほどあったんだけれど、衝撃的だったのが2人とも
「実は、離婚しました」
との報告があったのだ。お一人は、披露宴にも出席させていただいていたので、衝撃も大きかった。まあしかし考えようによっては
「離婚するということは、少なくとも結婚は出来たわけではある」
ということは、少なくとも小生よりは人間として合格ということなんだと思う。

 夕方、高島屋にて
「紳士服イージーメード2着セール」
へ参戦、よく分からないけれど2着で58800円からあったけれど、小生は2着で88000円の生地を選択。はっきりいって生地の違いって全然分からないんだけれど、どうやら
「高い方が、糸が細いので見栄えはいいけれど、弱い」
ということのようだ。

 小生、いつもスーツは高島屋なので、当然体型のデータが残っている。当然ながら、今回は全て計りなおしたんだけれど、想像以上に数値の変化が見られたのがとてもうれしゅうございました。。。。。。

 このGWは天気には恵まれると思っていたんだけれど、いきなりの雨。明日からは稼ぎ時なんだけれど、ちょっと心配。なんて思いながら早々に就寝・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日(木)じゃがポックル?

 朝までグッスリ、本当の熟睡というのはこういうことなのだろう。
「とっても快適なお目覚めだったのだ」
とりあえず、7時30分から温泉へ参戦。

 まあ、参戦はいいんだけれど、その時間に既にチェックアウトしている団体さんが結構いるのよね。勿論、外国の方なんか色々まわらなければならないから仕方がない部分はあるんだけれど、やっぱり
「ここでは、ゆっくりしたいよね」
とつくづく思う。

 およそ9時まで1時間30分ほど、たっぷりと
「大自然の恵みを満喫!」
なんというか、足だけつかっていても心が安らぐよね。当然のことながら朝食はパスにて、チェックアウト。ところで以前は千歳空港まで無料送迎バスがあったのだけれど、
「なんと3月末で廃止!」
とのことだ、まあ有料の道南バスが同じ時間帯で走っているから問題ないといえば問題ないけどね、ただできればサービスダウンになるので、無料バスチケットでもくれるとうれしいよね。

 とりあえず、空港で
「味の時計台さん」
しょうゆラーメンに野菜ともやしをたっぷりと入れていただく、最後に舌に若干化学的なお味が残るけれど、それを言ったら空港でラーメンなんか食べられないよね・・・・・・・
036
(まあ、他に選択肢がないので)

 ラーメンの後は、勿論
「雪印パーラーでバニラソフトクリーム」
をいただく、20円値上げしたようだけれど、まあ仕方がない。食べ終わったんだけれど、もう少し食べたくなってしまったので
「ロイヤルスペシャルバニラアイスクリーム」
をいただく、皇室のために作られた北海道限定の最高級というのがうたい文句だけれど、確かに美味しいと思う。
037
(大好きな味だ)
039
(皇室用らしい)

 珍しく、お土産でも買おうと思い散策。とりあえず
「幻のじゃがポックル」
を探してみるが、丸井さんなどでは
「売り切れ」
の文字が躍っている。

 ブタブラしていたら
「JAL BLUESKY」
にて、
「じゃがポックルを発見!!」
お一人様3個までということなので、とりあえず制限枠一杯まで購入・・・・
040
(幻のじゃがポックル発見!)


 ところで北海道土産といえば
「白い恋人」
復活したのはなによりだけれど、まだまだ生産量が少なく、枚数制限が行われている模様だ。
041
(まだまだ完全復活には時間がかかりそう)


 モリモトさんの
「トマトゼリー」
にいたっては、昨年、一昨年と容器の製造が完全に破綻してしまい、業界では話題となったのだった・・・
042
(容器業界でも話題となった)


 そしてそして、
「ロイズのポテトチップチョコレート」
も昨年の、いわゆる全国で行われる北海道物産展はとにかく飛ぶように売れて、大変なことになったことは記憶に新しいところだ・・・・・・
038
(どんな味なんだろうか?)


 ところで、会社で早速
「じゃがポックル」
をいただいたんだけれど、
「確かに美味しいような気がする」
ただ、ちょっと騒ぎすぎではないのかしらん?という気もしないでもない、上手く出荷調整して煽っているのだろう
「商売うまいぞカルビー」
って感じだ!!!

 出社すると、なんと
芝田山親方からお電話がかかってきた」
先日のお礼にお品物を贈ったんだけれど、まさかご本人からかかってくるとは衝撃である。話しっぷりも非常に好感がもてて
「すっかりファンになってしまった」
今日この頃である・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »