« 4月16日(水)オマリーの日本語教室 | トップページ | 4月18日(金)暴風雨と違憲判決 »

4月17日(木)グラウンドが土だから?

 窓の外は大雨だ、だからというわけではないけれど、伊丹経由帰京。どうでもいいけれど、伊丹のシグネットはは
「ANAラウンジ」
へと名称が変更されていた。係りの方に理由を聞くと
「プレミアムシートの方が利用できるようになったので」
とのことだけれど、イマイチ理解できないけれど、まあ
「ラウンジ」
と名づけた方が分かりやすいからなんだろう、でもそれはプレミアムクラスのお客さんに限ったことではないとおもうけれどね。

 羽田行きは完全な満席だ、通路側にこだわったら54列目になってしまった。機内ではとにかく眠るだけだったからいいんだけれど、とにかく機外へ出るのに時間がかかって仕方がない。

 所用にて蕨へ、この蕨という駅も
「一生書けない漢字だと思う」
別に書けなくても全く問題ないと思うんだけれど、書けないし書く機会もないと思う。地名の由来はおそらく
「昔、わらびが採れた」
ということなんだろうと思うけれど、浦和の地名なんかからも想像できるとおり、このあたりの地盤はあまりよくなさそうな気がしないでもない、なんて思う今日この頃でもある。

 大きな打ち合わせを済ませてから、日本橋へ戻るとデスクの上が大変なことになっている。まあ、ほとんどがどうでもいい書類なんだけれど、
「一体なにから手をつけていいのか分からない」
仕方がないので、こういうときは
「交通費などの精算から始める」
につきる、カード払いが多いので領収書と共にカードのお控えで財布が膨らんで仕方ないのだ。。。。。。

 まあ、まだまだやることは一杯あるのだけれど、早々に切り上げて
「西麻布の缶詰バー CANCAN」
へ参戦。正直なんだかよく分からない飲み会だったんだけれど、
「19歳で結婚、子供が出来て 24歳で離婚。25歳で起業 そして大成功」
とのこと、詳しく書くと簡単に特定出来てしまうんだけれど、物腰も柔らかくて大した物と言わざるを得ない。

 この方も松涛幼稚園出身ということで、小生とご縁があるんだけれど、松涛幼稚園というと
「私の履歴書 扇千影」
にも登場している、扇さんの息子さん二人が松涛幼稚園から慶應幼稚舎へ行かれたということが書いてあり
「松涛幼稚園・林先生・慶應幼稚舎」
という単語が登場すると、なんとなくというか、かなり親近感が沸いてくるものだ。

 だけど、ほとんどの人が不愉快になってしまうのではないかと心配してしまう、今日この頃ではある。ただ、あの文章でおかしいのが
「グラウンドが土だからたまたまま気に入って幼稚舎受けた」
とか書いているけれど、実は某有名な慶應専門の塾、双○○に通わせていたのは、かなり有名な話である。

 深夜、久しぶりに帰宅したら、ネットで申し込んだ
「ザ・プレムミアムモルツ」
のプレゼントキャンペーンに当たって6本届いていた。こういうのに応募することは滅多にないんだけれど、とってもうれしい今日この頃ではある、自分では飲まないんだけれどね。宅配物、郵便物を整理してから就寝・・・・・・

|

« 4月16日(水)オマリーの日本語教室 | トップページ | 4月18日(金)暴風雨と違憲判決 »

関西」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/40913295

この記事へのトラックバック一覧です: 4月17日(木)グラウンドが土だから?:

« 4月16日(水)オマリーの日本語教室 | トップページ | 4月18日(金)暴風雨と違憲判決 »