« 3月6(木)中一日 蒲田でとんかつ | トップページ | 3月8日(土)名古屋かわ村でイタリアン »

3月7日(金)学生街とアスリート

 打ち合わせでお茶の水へ、お茶の水といえば
「学生街」
のイメージが強い。勿論、圧倒的に明治大学の印象が強いことは言うまでもないけれど、それに付随する安くてボリュウムのある食堂や、今あるかどうか分からないけれどギター屋さんとか。

 駅前には魅力的な食堂が並んでいて一度入ってみたいと思って眺めているのだけれど、残念ながら今のところ機会はないし、特にダイエット中の小生にとっては
「絶対にくぐってはいけない扉」
のような気がしてならない。
001
(揚げ物ばっかし)


 小生は日吉と三田に通っていたのだけれど、共に
「そこまで学生街という感じではなかった」
三田は慶應仲通りとかあるし、日吉も雀荘なんかはたくさんあったけれど、そこまでの風情はなかった。どちらかといえば、
「高田馬場」
の方がお茶の水と並んで、学生街っぽくて小生の好みである。

 当時の日吉で唯一それっぽい店は、
とらひげ
というとんかつ屋さんだった。おなじみだったけれど、もう20年くらい参戦していないけれど、
「あるのかしらん?」
と思って検索したら健在のようでなにより、念のためにスパゲティトレンチノ大盛りでお世話になった
マリーン
も検索したらマスターも健在のようでとてもうれしい今日この頃ではある。
 地下鉄も開通するようだし、おぎさん夫妻が帰国したら
「久しぶりに日吉へ参戦しようかしらん?」
と思う今日この頃ではある。。。。。
002
(ボリュウム満点っていいねえ)


 サンダーオブハード号、追い込んで4着。まあ、1600はいかにも短いし、
「そんなものだろう」
という結果だ、それはいいのだけれど
「馬体重580キロ」
ってあんまりにも太りすぎではないのかい?このままぢゃハクレボーみたいになっちゃうよ。
 小生だって危機感感じて、少しはなんとかしようと思っているんだからアスリートなんだから、もう少しなんとかしてほしいと思う今日この頃ではある。。。。。

 アスリートといえば
「Qちゃん」
いよいよ最後の最後の名古屋決戦だけれど、小生が応援するのは似合わないと思う方も多いとおもうけれど
「やっぱり素直な気持ちでこの方だけは応援してしまっているのだ」
野茂と共に最後の挑戦を悔いなく戦ってほしいと思う今日この頃でもある。。。。。

|

« 3月6(木)中一日 蒲田でとんかつ | トップページ | 3月8日(土)名古屋かわ村でイタリアン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/40413876

この記事へのトラックバック一覧です: 3月7日(金)学生街とアスリート:

« 3月6(木)中一日 蒲田でとんかつ | トップページ | 3月8日(土)名古屋かわ村でイタリアン »