« 2月19日(火)アッラーの神とチゲ鍋 | トップページ | 2月21日(木)つまらん街だ »

2月20日(水)転進

 再び熟睡に失敗、冷房がきつすぎるのかもしれない、予定より早く目覚めたのでビューバスを楽しむ。一応、海は見えるんだけれど、申し訳程度なので
「景色を満喫!」
とまではいかない。いつも不思議におもうのが、
「浴槽の周りになぜ排水を完備しないのか?」
どんなにうまく入浴したってお風呂の水がこぼれるぢゃないじゃないですか?バスルーム全てを防水工事すべきだとおもうけどね。
Vuewbastu
(朝風呂を楽しむ)


 とにかく吹き抜けとかものすごい贅沢なつくりになってるんだから、もう少しなんとかしてほしいもの。心からそうおもうけどなあ。。。。。
Fukinuke
(ラグーンの吹き抜け)
Hashira
(ロビーの吹き抜け)

 今日は、ホテルのグランドシェフとミーティング。はっきりいって今までのどのミーティングよりも興味深い話を聞くことができた。シェフはドイツ人で以前は、ブルネイ国王の2番目のシェフとして働いていた、その後バンコクのマリオットの総料理長などを経て、このホテルと契約したそうだ。

 ホテルを見たときに
「うわあ、すごいホホテル造ったなあ」
と感激してその場でサインしてしまったのが、最大の失敗だったそうだ(笑)
Shefu
(とても楽しいシェフだ)


・とにかく韓国、中国のお客さんばかりでお金を使わない
・VIP客は月に15人程度
・お酒が使えなくなっていたので、料理にならない
・地元企業のコンベンションなんかも一人3500円の予算だぜ!
・国王の元第二夫人もたまに来るけれど、1泊30万の部屋に泊まるけど、食事はピザだけ!!
・とにかく、この国にはまともな食材がない
・そして、食に関してはお金をかけないし、張り合いがない
Shefushuugou
(是非頑張ってほしい、また会いたいなあ)


 「もう俺は幽閉されているみたいなんだぜ!俺にはタイ航空のCAやっている奥さんがいるけれど、ここへはこないし、もうやってられないよ!」
とおそらく100%の本音でお話してくれたのだ。
 ちなみに、この契約が終わったあとは
「浦安のベイヒルトンからもオファーが来たけれど、タイへ戻るつもりだ。だって奥さんもいるし、実はタイでパン屋を5軒も経営してるんだぜ!」
とのこどだ、話しすぎで愉快なグランドシェフなのであった。。。。
Keshiki1
(エンパイヤホテルとお別れ)


 続いてお邪魔したのは、漁業局。はっきりいってここは小生には全く関係ないので、相手の口元に集中する必要もなく、気楽なものだ。
「あまーいミルクティーとお菓子」
がとてもおいしゅうございました。
Makunouchi
(今日もお茶とお菓子で歓待を受ける)


 ランチは
「地元風中華のお店」
これはなかなかのお味だった、中華なのでハラスでもないからイスラムの方もいらっしゃらない。
Chuukaryouri
(なんて店なんだろうか?)


「お魚のタイ風ココナッツカレー」
がとってもおいしゅうございました。これは、お魚を肉に変えれば
「メーヤウの辛口」
とほぼ同じお味になる。なんだかとっても懐かしい味に出会ったようで、心からうれしくおもったひと時であったのだった。。。。。
Ebichiri
(ちょっと甘めのエビチリ)
Curry
(このカレーが一番おいしかった)

 一応、これでブルネイにおける公式行事は全て終了、フライト時間まで観光となる。まずは、なにはともあれ
「モスク」
へ参戦、今の国王が作ったとされる最大のモスクは、なんというかディズニーランドというか、一見楽しげな外観である。
Mosuku1
(最大のモスク)


 モスクには必ず
「たまねぎというか、スライムというか、なんというか」
かわいいキャクラクターっぽいマークがあるけれど、何を表しているかは不明だ。このモククには王様専用のエスカレーターなんかも設置してある。残念ながら、リハーサル中とのことで、中を見学することはできなかったけれど、まあとにかく中もすごいのだろう。
Mosuku2
(王様専用のエスカレーター)


 お次は、王様の博物館。ブルネイの王様が何代目かは分からないけれど、歴代というよりは今の王様関係の展示物が中心の模様。ただ、感想としては
「意外と質素じゃん」
って感じ、まあだからこそクーデターなんかも起きていないんだろうね。ちなみに最も目を引いたのが、
「APEC出席のため、訪問した際の我らが総理森喜朗君の写真とサイン」
なんだかんだいっても、小生にとって彼は歴代の総理の中でも最も気になる存在であることは間違いないようだ。

 ブルネイ最後のイベントは
「ボートによる水上生活見学」
ブルネイには川の上に家を建てて住んでいる方が未だに多く存在する。どうやら、起源は
「ライオンや虎などから身を守るため」
だったらしいけれど、豊かになった今でも涼しいなどの利点が多く
「好んで住んでいらっしゃる」
とのことだ。
Boat1
(川遊びを楽しむ)


 ボートをチャーターして、まずは川を下る。結構なスピードがでてとても気持ちがよい。船長?さんに
「ピラニアはいないのか?」
と尋ねたら
「ピラニアはいないけれど、ワニはいる」
という回答が戻ってきた。
Boat2
(かなりのスピード)
Manngurobu
(マングローブ)


 
 川を下って上陸(厳密には陸ではない)した先は、
「船長さん一家のおうち」
なんと、12人家族だそうで結構な広さだ。衛星テレビなんかあるし、水上生活をエンジョイしている。ちなみに船長さんのお宅はボートを3隻と車2台お持ちだそうだ。やっぱり、こういう観光も面白いよね。
Boat3
(おうちがいっぱい)
Ie3
(いよいよ上陸?)
Ie1
(結構立派なおうち)
Boat4
(途中でエンスト(笑))
Stando
(GSもあるのだ)


 3泊4日の暑いブルネイ出張もこれで全日程が終了だ、日本へは直行便がないのでロイヤルブルネイ航空シンガポール行きへ乗り込む。まあ、二度と来たいとおもわないし、実際来ることもないとおもうけれど、いざ出国となると寂しいものだ。
Kokuoito
(開放的なコックピット)
Inori
(神へ祈る)
Kinaishoku
(こういう食事はもう飽きた)


 アッラーの神のおかげかどうかは分からないが、今回も無事着陸した。シンガポール空港には話題の
「A380」
もとまっていて、その大きさに衝撃を受けた。
「さあ、乗り継いで成田へ!」
ではなく、速やかに入国手続きを受け、市内へと向かう。まだまだ、先があるのだ。
 ただねえ、シンガポール空港の入国手続きの速やかさには感動した、待ち時間0だし、それなのに荷物取りに行ったらすでに出ていたしね。さすがの一言だよね。。。。

 今宵の宿は
オーチャードグランドコート
オーチャードストリートが銀座通りのように中心街らしいので、立地は確かにすばらしい。お部屋も結構広いけれど、なんというかビジネスホテルっぽい雰囲気が漂っている。
「銀座東武とか日航」
っていった雰囲気だね、なんでもちょうど航空ショーにぶつかってしまい、選択の余地がほとんどなかったとのことだ。でも、シャワーブースも別だし、ベッドも大きいし、128Kとはいえ一応ネットもつながるので、よしとしよう。
Heya
(広さだけは7つ星級)


 はっきりいってメチャメチャ疲れているんだけれど、時間は早いので
「街をぶらつく」
でも、いかにもつまらなそうな街並みなので香港や台湾と違って気分が盛り上がってこない。
Yakei
(つまらない街だ)


 セブンイレブンがあったので、お飲み物だけ買ったら
「東京と全く同じ値段」
もうつまんない国だよねえ。。。。なんか、がっかりしてきた。で、とどめを刺したのが
「ポッカの緑茶」
普通のお茶と思って飲んだら、
「あまーい」
のよ、よく見ると砂糖入り。緑茶に砂糖入れる味覚が信じられないよね、
「だったら紅茶でも飲めばいいじゃん!」
と思いつつ疲れ果てて就寝・・・・・・・

|

« 2月19日(火)アッラーの神とチゲ鍋 | トップページ | 2月21日(木)つまらん街だ »

海外」カテゴリの記事

コメント

ブルネイを訪れる機会なんてありえないので、
紀行、大変おもしろく拝読いたしましたです。

投稿: るい | 2008/02/23 09:33

ぜひとも、ブルネイへ参戦してください。たしかにエンパイヤホテルの設備は!素晴らしいですよ、サービスは3流ですが。。。ちなみにルームサービスに氷持ってきて、といったのですが30分経ってもこなかったので、催促したら、すぐ持っていくといったっきり来ませんでした。

投稿: うし | 2008/02/23 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/40217828

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日(水)転進:

« 2月19日(火)アッラーの神とチゲ鍋 | トップページ | 2月21日(木)つまらん街だ »