« 1月12日(土)さ、寒すぎ・・・ | トップページ | 1月14日(月)暖房無しの氷点下 »

1月13日(日)温泉とは日常である

 8時起床、速やかにスパへ。露天風呂に行くと
「うわあ、雪降ってるじゃん!」
ということで、盛大に
「雪見風呂を満喫」
でも、お風呂に入っていると
「頭に雪積もってくるのよ」
でも、本当に気持ちがいいんだよね。循環・塩素入りとはいえ、やっぱり雪の中の露天風呂はやめられない。
 「露天風呂・サウナ・水風呂」
を1時間ほど。。。。

 ところで、ジャスマックのスパスタッフは以前は、夜の部は男性、朝の部は女性だったのだけれど、いつの間にか昼夜問わず女性になったよう。
 定期的に行われるサウナのマット交換も甚平と短パンをまとったおばさんが頑張っている。今朝も頑張ってたんだけれど
「あつあつあつあつ」
と熱さに耐えられなくて途中で一度非難していた。

 朝風呂のご利用は9時までなので、9時に退場。日経、日刊、道新を読みながらたっぷりと朝食をいただく。相変わらずジャスマックの朝食は充実している。おかずの種類が豊富だし、魚も目の前で焼いてくれる。
「大根おろしや、ねぎがとり放題」
なのが個人的にはとてもうれしい、まあどうでもいいことなんだけれど、この2つはとても重要なのだ。勿論、オレンジジュースは4杯ほど。。。。。
20080113133233
(札幌の街は雪化粧)


 お部屋に帰って
「サンデージャポン」
旅先で見るサンジャポは特に面白く感じる。

 しかし、民主党も
「姫には困ったよねえ」
勝手に
「姫の告白」
なんて本出版しちゃうし、なによりピンクの生地に大きく
「姫」
と書かれたTシャツなんかまで売られてるしねえ。(このTシャツりくおさんは購入済みなのだろうか?)片山虎之助君が哀れでならない、と同時に次期衆院選に岡山5区から出馬予定のH氏も本音では
「たまったもんじゃない!」
と思っていると思う。

 チェックアウト時刻を少しまけてもらうのは、いつものこと。サンジャポ見終わってから、
「ロビンソン内のてもみん」
何故か、ここにはかかりつけのお兄さんがいる。そして、小生が受けた施術の中でもベスト3に入る腕の持ち主なのだ。だから、来札の際は時間が許せば施術を受けるようにしている。

 電車まで時間があるので
大丸で開催中の
「全国ぐるっと!人気の味めぐり」
を冷やかす、うまいもの大会ではおなじみのメムバーだけれど、まあ超一流ではなく1.5流どころが多い。この手の催事では
「高島屋の味百選」
のメムバーが秀でているようだ。顔見知りが数名いたので、ご挨拶を交わす。
20080113143755
(前が見えなくなってきた!!)


 電車の時刻までもう少々あるので、駅構内にある
「味の時計台でラーメン」
でも食べようかと思ったら、なんと閉店してお蕎麦屋さんに変わっている。しかも、
「かけ550円と高いので」
入場をあきらめて、ホームの立ち食いそばで昼食を済ませた。氷点下のお外で食べる熱々の立ち食いもなかなかおつなものだ。

 室蘭行きの特急ライラックはホワイトアローのお下がり車両が使われている、お下がりといっても今までの国鉄型のボロボロ車両とは大違いで非常に快適。今回は自由席だったのだけれど、この時期の指定席はなんと700円だか750円。いくらなんでもボリ過ぎだ。車内で
「文藝春秋 わが辞任の真相 安倍晋三」
確かに病気の真相は分かった、だけど
「徹底的に言い訳して、もう大丈夫だから、これからもよろしく!」
と言われても、
「そりゃよかった、これで安心だ」
とはなかなかいえない。小生だって、一日に大8回、小10回はトイレに行くからねえ。。。。小生もこのおかげで、どれだけ苦しんできたか!
20080113154907
(JR九州のハイパーサルーンのような存在に)


 3ヶ月ぶりの
「登別 滝本イン」
フロント氏が、いらっしゃいませでなく
「ああ、うしさん。いつもお世話になってます」
と出迎えてくれるのがとてもうれしい。とはいえ、別にビジネスのお付き合いをしているわけではないんだから、一歩進んだご挨拶ならば
「お帰りなさい」
とかでもいいと思う今日この頃ではある。。。。。。

 速やかに浴衣に着替え、丹前を羽織って
「いざ、第一滝本館へ!」
第一滝本館は滝本インの目の前にあり、徒歩1~2分なんだけれど
「とにかく、寒くて死にそうだ!!!」
この寒さはなみじゃない。。。。
20080113162115
(浴衣と丹前では凍死しそうだ)


 やっとの思いで温泉にたどり着く。
「いやあ、たまらんねえ。。。この露天風呂が!!!!!!」
昨日のジャスマックもよかったけれど、もう格が1000枚くらい違う
「源泉かけ流し、塩素無添加の本物の極上温泉」
を徹底的に満喫する。
 雪と外気温のおかげで、普段は熱めの温泉が
「ちょうどよい温度になっている」
出たり入ったり、いくらでも入っていられるのだ。およそ90分滞在して、すっかり癒されてしまったのだ。。。。。

 お部屋に戻り、ひと段落してから晩御飯。これについては多くを語る気も必要もないけれど、さすがに三連休ということで家族連れなんかで賑わっている。一人でお食事いる小生を訝しげに見ている家族連れなんかもいるけれど、
「滝本インへ家族連れで来る方がおかしいと思いませんか?」
二人以上だったら、絶対第一滝本館へ泊まるでしょう普通。。。値段はほとんど変わらないと思うし、お子さんだって滝本インじゃ
「晴れの家族旅行」
という感じがしないとおもうなあ。。。はっきり言って
「滝本インは湯治場なのだ!」
ただ、第一滝本館の温泉で癒されるためにだけ存在する施設だ。
 
 ミラーマンこと植草氏もかつてWBSで小谷さんから
「植草さんは、温泉がお好きと伺いましたが」
と振られると、一瞬ニヤっと笑ってから
「資本主義社会は、心も身体も痛めつけられる。それを癒すには温泉が最高だ!」
と真顔で語っていた。
「なにも温泉と資本主義を結び付けなくても・・・・・」
と思ったけれど、ひょっとしたら彼は他の目的で温泉へ参戦していあのかもしれないねえ。。。。

 食後テレビを見ていると、テレビ朝日で
「米沢 西屋旅館」
テレビ東京で
「湯治の宿 玉川温泉」
が紹介されていた。いくら湯治といっても玉川のようなことはないが、温泉は小生にとって生きていくために欠かせない日常のものなので、決して
「特別な晴れではない」
と改めて思う今日この頃ではある。。。。。

 8時過ぎから第二回入浴、それはいいのだけれど、入浴中に
「なんと知人と再会」
東京ではなかなか会わない方と、札幌に続いて登別で再会というのも奇遇だ。。。。。。
20080113214833
(しめは勿論!)


 露天風呂を1時間ほど満喫してから
「氷いちご」
をいただき、本日の全日程が終了したのだった。。。。。。

|

« 1月12日(土)さ、寒すぎ・・・ | トップページ | 1月14日(月)暖房無しの氷点下 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/17685160

この記事へのトラックバック一覧です: 1月13日(日)温泉とは日常である:

« 1月12日(土)さ、寒すぎ・・・ | トップページ | 1月14日(月)暖房無しの氷点下 »