« 1月13日(日)温泉とは日常である | トップページ | 1月15日(火)当たり前の人生とは? »

1月14日(月)暖房無しの氷点下

 昨晩なんだけれど、一応早々に就寝態勢に入ったんだけれど、どうにもこうにも眠れないのだ
「だって、寒すぎるのよ!!」
今年一番の冷え込みとのことで、外はマイナス10度はあるでしょう。そんな極寒の中
「暖房が23時に切れるとは想定外」
というか、どうにも信じられないよ。

 暖房っていったって滝本インは我々が通っていた当時の高校と全く同じ仕組みの
「スチーム」
というやつ、個別空調どころの騒ぎではないのだ。確かにいつも23時には切れるよ、だけど
「まさか今晩暖房無しで一晩過ごすとは思わなかった」
というか、滝本インの宿直の人とか寒くないのだろうか?

 それこそ、フロントへ電話しようかと思ったけれど、不愉快になるだけだと思い踏みとどまる。仕方がないので、持参していた、
「半袖・長袖の下着を二枚重ね、下はステテコ、靴下履いて」
という体制になったのだけれど、
「それでも寒いのよ!!」
最後の最後に
「丹前までまとった」
ようやくこれで意識がなくなったけれど、どうにもこうにも不愉快でたまらなくなってしまった。

 昨日も書いたけれど、
「滝本インに、清潔なお部屋や美味しい食事なんか求めない」
だけれど、
「やっぱり、暖房は入れて欲しいよ!」
これ普通のことだと思うよ。だって日中は普通に暖房が入っているのに、より冷え込む深夜に暖房切れるなんて理不尽としかいえないぢゃないか!!!!!!

 ようやく意識がなくなったけれど、6時過ぎに
「カンカンカンカン」
というスチームが起動する不快な音に起こされる。なんやかんやで7時までウツラウツラしたけれど、なんかもう不快だよねえ。。。。。
20080114092732
(寒いぢゃないか!)


 露天風呂は露天風呂で
「熱すぎて入ってられないし」
なにより不快なのが、露天への階段が凍結しているのよ。
「本気で、危ないぢゃないか!!!!」
小生は目撃しなかったけれど、知人は
「老人の方が転倒したのを目撃した」
らしい。なんかもう、全てが不快になってきたよね。

 チェックアウトして、空港へ向かう車中に、なんと滝本インから電話がかかってきた。寒かったお詫びかと思ったらなんと
「料金を取りすぎたので普通郵便で返金します」
とのこと。ちょっとがっかりだよねえ。。。。
20080114101847
(道路が凍結して危ないぢゃないか!)


 なんて思っていたら、なんと腹痛に見舞われた。やっぱり、あれだけ寒い部屋で寝れば
「そりゃお腹も壊すよ」
給油に立ち寄ったスタンドでトイレに駆け込んだら、なんと
「いまどき汲み取り式なのよ」
完全に穴が開いているだけ、浄化槽とかも一切ないタイプ。こんなの20年ぶりくらいじゃないかしらん?携帯とかすごく怖いよね。。。。。

 しかし、更なる驚きが待っていたのだ。精算書を見て度肝を抜かれる
「なんとリッター137.50円!!!」
時代が20年前くらいで止まってるんじゃないか!真剣に思った、たしかにこの値段ならばトイレが汲み取り式でも仕方がない。
 でも、ひょっとして
「日本最安値」
の可能性すらあるよねえ。。。。と思ってサイトで調べたら
「沖縄には127円なんてのが存在することが分かった」
う~ん、とうなるしかない!!!

 空港で定番の
「味の時計台で味噌ラーメン、もやし・野菜添え」
をいただいてから、散々悩んだ挙句
「雪印パーラーにてバニラソフト」
をいただく。
 いやあ、
「完全に自殺行為」
ということで、羽田に着いてから複数回トイレに駆け込むはめになった。
20080114110651
(ボリュウムたっぷりぢゃないか!)
20080114112635
(完全な自殺行為)

 床屋経由、会社へ。明日の準備をしていると、複数回トイレへ。
「完全にやっちゃった感じ」
もう本当にツイテいない。

 しかしながら、帰宅するとマイネルスケルツィ号が
「ドバイ・ゴールデン・シャヒーン ダ1200(G1)」
「ゴドルフィンマイル 芝1600(G2)」
への登録を済ませたという情報が飛び込んできた。まだまだ先の話ではあるけれど
「大変夢のある情報である」
夢と希望が膨らむ今日この頃ではある。。。。。。。

|

« 1月13日(日)温泉とは日常である | トップページ | 1月15日(火)当たり前の人生とは? »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/17692989

この記事へのトラックバック一覧です: 1月14日(月)暖房無しの氷点下:

« 1月13日(日)温泉とは日常である | トップページ | 1月15日(火)当たり前の人生とは? »