« 12月15日(土)しまだやのせんべい | トップページ | 12月17日(月)3つを地道に »

12月16日(日)焼肉ジャンボへ参戦

 9時30分起床、相変わらずホテル阪神では熟睡できる。ベッドは普通だと思うので、やっぱり
「スパの効用」
ということなのだろう。勿論、塩素入りの
「まがいものの温泉」
なんだけれど、これだけ徹底的に出入りして、マッサージまで受けると熟睡できるのだ。

 日経と日刊を読んでから
「朝風呂へ参戦!」
夜のスパもいいけれど、朝風呂も本当に気持ちがよいのだ。サウナ内でサンジャポを見つつ、ゆっくりと1時間ほど。。。。。

 12時前にチェックアウトしてから環状線に乗って
「天王寺へ」
大阪環状線は勿論西の山手線と呼んでもいいのだけど、
「規模も小さいし、電車の本数も少ない」
大和路快速や関空快速の間を縫って、肩身が狭そうに走っている。
20071216132943
(関西では少ない路面電車)


 「天王寺=阿倍野」
というのは、池袋のような雰囲気と言われるけれど、はっきりいってよく分からない。むかし
「阿倍野スキャンダル」
という店があることを、トゥナイトで知っていたけれど、どうやら現存していなさそう。

 「阪堺電気軌道」
という路面電車も走っているし、まだまだ開拓の余地がありそうな街なんだけれど、イマイチ開拓しようという気がわかない街でもある。
 商談終了あと、リムジンバスに乗って、伊丹へ。定刻30分のところ20分で到着。阪神高速環状線というのは東京の環状線のように内回り、外回りでなく一方向(基本3車線)のみだ。ただ、これがすごく機能的に出来ているような印象をいつも受ける。

 まあ、なんでも画期的なものというのは、その後に作られたほうが機能では上回る傾向がある。高速道路もそうだし、
「中山競馬場なんか同じような造り阪神競馬場の方が明らかに機能的だ」
 しかし例外もあってドーム球場は明らかに
「東京ドームの方が大阪や福岡、札幌よりは色々な面で優れている」
と思う。

 機内で江副浩正著
『不動産は値下がりする! 「見極める目」が求められる時代』
を読了したけれど、あまり面白くなかった。
「江副氏のことを天才」
と認めているのだけれど、ちょっと最後までじっくり読む内容でなく、飛ばしながら読んだ。

 一度日本橋へ戻って、書類を整理してから四の橋にある
焼肉ジャンボ
さんへ参戦。かなりの人気店らしく9時過ぎにようやく入店を許可された。でね、結論から言うと
「これが大当たり!かなり美味しいですよ!!」
20071216205601
(焼肉ジャンボさんへ参戦!)

 
 カルビ・ロース共に上とかなくて、一律1200円。あと上ミノを頼み、綺麗なお姉さんの店員に
「初参戦なんだけれど、オススメないのかしらん?」
と伺うと、壁面に書かれている牛の部位を説明しだして
「肩ロースの部分がザブトンと呼ばれてまして、脂一杯で美味しいですよ!!」
とのことだったので、それも注文。そしたら
「このザブドンが絶品だった!」
20071216211450
(これがザブトンだ!)
20071216211458
(上ミノもおしゅうございますよ)

 まあ、お肉を焼く前のキムチを食べた時点で
「この店は出来る!」
と安心したんだけれどね、
「キムチが美味しくなくて肉が美味しい焼肉屋は存在しない」
というのが定説だ、大昔に札幌で入った焼肉屋さんは
「なんとキムチが売り切れ!」
という衝撃的な事態だったんだけれど、案の定肉も最低だった。食後に
「何故、あの時点で退場しなかったんだ!」
とものすごく後悔したのを今も忘れない。
20071216211508
(キムチで店の実力がはかれるのだ)
20071216211543
(鮮度がいいから5秒焼けば十分)


 冷麺、カルビクッパまでとっても美味しくいただいて精算。
「15000円也、ちょっと高いな?」
と思って、レシートを調べたら
「なんとザブトンが3300円也!!!!!やられた!」
と思ったけれど、まあ美味しかったからよしとしよう。
20071216213249
(カルビクッパは味噌味)


 ちなみに、このお店の篠崎に本店があり、白金のお店はオーナーが篠崎の店主に頼み込んで
「のれんわけ」
というスタイルをとっているとのこと。ビジネスモデルとして、大いに参考になる。

 どうでもいいんだけれど、店内での大型液晶テレビでサッカーが放送されていた。ヒーローインタビューでカカの隣にいた
「野際 陽子風の通訳のおばさん」
が非常に気になった。何語の通訳かは知らないけれど、
「もっとサッカーのこと分かりそうな通訳いないのかしらん?」
とは思う。映画の記者会見がいまだに戸田 奈津子さんなのは仕方がないけどね。大昔、夜のヒットスタジオかなんかで外人タレントの通訳をしていた若い女性がいかがわしそうな感じだったのを思い出した。

 あまり大きくは報じられていないけれど
「東急の 五島哲氏急死」
五島氏といえば、五島慶太・昇氏と続いた五島家の直系だ。東急建設の社長を退いてからは、あまり噂も聞かなかったけれど、なんとも寂しい最期だったようだ。西武は2代目の堤義明さんも終了したし、
「西武VS東急戦国史」
を読んだ小生としては、感慨深いものがある。

 当時は、箱根の山で東急の道路には西武のバスを入れないとか
「企業間の全面戦争をしていた」
という。今となっては笑い話のようだけれど、政治を巻き込んで徹底的にやった企業戦争は最近みなくなった。楽天とかライブドアとかでは格が違いすぎるしね。
 でも、
「こういう企業間の戦争が日本経済に活力を与えていたいう面も否定できないと思う」
今日この頃なのであった。。。。。。。

|

« 12月15日(土)しまだやのせんべい | トップページ | 12月17日(月)3つを地道に »

関西」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/17384804

この記事へのトラックバック一覧です: 12月16日(日)焼肉ジャンボへ参戦:

« 12月15日(土)しまだやのせんべい | トップページ | 12月17日(月)3つを地道に »