« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

12月31日(月)道

 さすがに疲れ果ててきたので、朝はユックリさせていただいて9時過ぎに羽田へ。やはり昨日・一昨日に比べるひと段落といった感がある。お昼はロイヤルのイタリアンにて
「パスタとピザ」
をいただく。空港内のロイヤルは、従業員専用ランチがあって
「お飲み物・デザートまでついて1000円」
と大変お得な価格設定なのだ。通常のメニューは一般のロイホより遥かに高いだけにお得感がある。
20071231141439
(アサリのトマトスパ)

 
 空港の飲食は
「空港従業員に愛されない店は潰れる」
という大原則があるのだ。
 不思議なことに、小生はネームプレートなどしていなくても、従業員用メニューが出てくる。
「人間、名刺・肩書きがなくなった時に本当の価値が分かる」
と言われるが小生もたいしたものと言えるのかもしれない。。。。。。
20071231141806
(シーフードピザ)


 16時過ぎには、ターミナルも大分閑散としてきた、さすがに今日は引けが早そうだ。後を任せて17時過ぎには日本橋へ。車中で、
「今年最後の勝負をTCK12レースに託す」
結果は大変遺憾なものになったけれど、まあよしとしよう。なんかここのところ電話投票だからやられている実感が湧かないからだろう、実は大きくやられてしまっている。しかしながら、大晦日なのでまあよしとしよう。
20071231163612
(大分○が目だってきた)


 某神社で
「今年一年のお礼」
を済ませれば今年の全日程も終了だ。はっきりって、
「ちょっともう限界くらい疲れた」
って感じだ。。。。

 今年は、マイネルスケルツィ
「京都金杯の優勝!」
という前代未聞の好スタートを切った一年だったけれど、最後はエンジェルギフト号
「3歳180万円以上245万円未満シンガリ」
という前代未聞の終わり方となった。
 でも、馬はよく走ったし、本物の温泉にも一杯参戦したし、美味しいものもたくさん食べたし、見合いもした(爆)

 来年は激動の年となること間違いない、徐々にだけど仕込みも進んでいる。成功するか失敗するかは分からないけれど
「この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となりそのとなりその一足が道となる
迷わず行けよ行けば分かるさ」

この気持ちで進みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月30日(日)肉は値段だ!

 一応、日曜日らしいのだけれど、すっかり曜日感覚が麻痺したまま早朝より羽田へ。一説によると、昨日ではなく今日がピークという話もある、たしかに午前中は勢いがあるけれど、夕方から尻つぼみとなった感じだ。やはり旅客数としては、昨日がピークだったよう。

 一日中空港にいると、やはり知り合いに多数会うことになる。航空会社系や同業者はいいけれど、10年ぶりの再会というのも結構あるのだ。今日は、高校のクラスメートに声をかけられた。彼は、無類のファミコン好きで
「あだ名もファミ」
と命名されていた筋金入りのゲーマーだった。
 そして勤め先が
「セガ」
という、まさに
「趣味=仕事」
にしてしまった男なんだけれど、入社後に
「ファミ」
と呼ぶと、
「もうファミとは呼ばないでください!これからはメガドライブです」
というので
「メガ!メガ!」
と呼んだけれど、やっぱり今日会っても
「ファミファミ!」
と呼んでしまった、どうやら転職はしていないようでなによりだった。奥さんもお連れになっていて、
「まあ、立派なもんだねえ~」
とつくづく思う。
 余談だけれど、そのクラスは現在米国留学中の男・31日から元旦にかけて高尾山に登って初日の出を見るであろう男も一緒にいたのだ。

 空港にいていつも思うのが
「搭乗時刻ギリギリに来れば列に並ばなくてすむ問題」
これはいつも思う、ちゃんと余裕をみて早めに空港に来ると検査場や手荷物預かりの列に散々並ぶけれど、ギリギリならば優先してくれるのだ。
20071230164535
(正直者は馬鹿を見る仕組みはいけない)


 これは、いかんともしがたいとはいえ
「正直者が馬鹿をみる典型」
と認定しているのだ。確かに、15分だか10分前に空港に到着しているのだからルール通りといえばそうなんだけれど、イマイチ納得がいかないのも事実だ。
 さすがに乗せないわけにもいかないので、
「1時間前に来れば100マイル増量、ゲートで優遇された人は100マイル減量」
とかの仕組みを是非作って欲しい、と思う今日この頃ではある。。。。。

 ちょっとというかかなり疲れたのだけれど、おつかれさんの意味で
「肉を食おう」
ということになり、五反田にある
ミート矢澤
さんへ緊急参戦。ここは、先日行った
焼肉ジャンボ白金店と同じ経営者のお店なのだ」
そういえば、ジャンボの篠崎本店はZAGATTOの第一位に選ばれていたなあ。。。。
20071230214152
(ハンバーグがイシオシなのだ!!)


 3人で参戦して
「ハンバーグ・イチボステーキ・サイコロステーキ」
といただいた。勿論ステーキも美味しかったけれど、個人的には
「ハンバーグがおいしゅうございました!」
ナイフで切ると、
「ジュワーっとあふれる肉汁・・・・・」
もうもったいないくらいの感じなのよね。だって、鉄板が熱いからみんな蒸発しちゃうしねえ。。。。
20071230214226
(イチボステーキ)


 ステーキは、いきなりメニューを見せられて
「今日は松坂牛のいいのがあります、2万円からです。。」
ときたけれど、ジャンボさんの時も
裏メニューのザブトン
でやられてしまった経験がある、確かにメッチャ美味しいけれど、メッチャ高いんだよねえ。。。。
20071230214243
(サイコロステーキも十分美味しい)


 「肉は値段だ!」
というのが小生の考えだ。高ければ高いほど美味しいのは間違いない、でもやっぱり
「分相応」
というのを大事にしたい小生なので、ほどほの値段のお肉にしておく今日この頃であった。。。。。
20071230221328
(デザートもおいしゅうございました)


 さすがにそろそろ年賀状を書かねばならないのだけれど、その気力も失せて早々に就寝。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月29日(土)帰省のピーク

 今日は帰省のピークということで、3時間の睡眠でまずは東京駅へ駆けつける。駆けつけたんだけれど、これが意外にも
「昨年よりも混雑していない」
今回のお正月は休もうと思えば徹底的に休めるので、意外と分散型になるような感じがしてきた。
20071229075207
(新幹線はほぼ満席だ!)


 ということで、早々に東京駅を後にして今度は、空の玄関羽田空港へ転進。こちらも、やはり東京駅同様
「昨年よりも混雑していない」
という印象だ。
 ということで、まずは
「ロイヤルにてクラブハウスサンドイッチの朝食をいただく」
朝から1000円超とは豪勢だけれど、リッチな気分に浸れた。
20071229094558
(ボリュウム満点)


 朝食をいただいてからは、20時30分まであっという間に時間が経過した。とはいっても、日中
「エンジェルハート号出走」
という大きなイベントもある、空港内のインターネットにて結構たくさん購入してしまった。そのままネット端末前に居座り観戦したけれど、結果はあまりにも衝撃的な
「シンガリ・・・・」
今年最後の愛馬のレースがシンガリというのも厳しいものだ。とはいえ、12月29日のTCKに愛馬がそこそこ人気で出走するだから幸せ者といえるのかもしれないね。。。。。
 ちなみに東京大賞典は、あまりにも堅そうなので参戦を見送った。どうやら地方競馬史上最高の売り上げとなったらしいけれど、有馬記念から6日間空いているのが大きいと思う、そして一応土曜日だしね。しかし、よくこのメムバーで最高の売り上げがあったと思う、たいしたものだけれど
「これでTCKは復活!」
としていいのかはわからない。実際、JBCの売り上げも惨澹たるものだったしねえ。特に本場の入場人員の減少が大いに気がかりだよね。
20071229091747
(空の便も満席が続く!)


 ところで、空港では皆さん思い思いのお土産を買って帰るのだけれど、今年目だったのは
「クリスピークリームドーナッツ」
かなり多数の方が、この袋をぶら下げていた。羽田には出店していないので、新宿か有楽町で並んで購入したということになる。たしかに、今は地方の方にとっては
「まさに今東京で一番熱いスィーツ」
ということになるだろう。来年も再来年もこの状態が続いていればたいしたものだ。
20071229143720
(人気のお土産やさんには行列が)
20071229150131
(時代はこのドーナッツなのね)

 戦い済んで
「祝勝会を蒲田で開催!」
韓国家庭料理のようなお店、焼肉は注文せずに、ナムル、キムチ、ゆで豚をいただいた後
「キムチ鍋、豚とジャガイモの辛い鍋」
といただいた。ちょっと注文しすぎて最後はいっぱいになったけれど、なかなかおいしゅうございました。
20071229215139
(熱々のキムチ鍋)


 どうでもいいんだけれど、取引先のバイヤーから12月29日の夜9時に携帯に電話が入る。
「いやあ、これは120%クレームだ!」
と思ってドキっとしたら、普通に
「31日商談できませんか?」
ときた。
「そんなものできるわけねえだろう!」
まあたしかに、先方は24時間年中無休だけれどねえ。。。。。
20071229215834
(豚とジャガイモのお鍋)


 結構な降り方の雨の中、傘もささずに帰宅したら12時近く。朝は5時おきだったので、さすがに疲れ果てました。お風呂に入って速やかに就寝。。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月28日(金)台場・舞浜・銀座経由西麻布へ

 ゆりかもめに乗ってお台場へ参戦。まあ、この地へくること自体がめったにないし、ましてや車でなくゆりかもめに乗っての参戦など通算2度目くらいだ。たしかに景色はいいのだけれど、遅いしわずかな距離で330円というのはボリ過ぎ。

 お台場へは、10年くらい前に、初めての見合いでお付き合いした女性と
「葛西臨海公園でペンギンを見てから、ヴィーナスフォート散策」
という一応デートらしい行程を実践した思い出がある。もちろん、それから発展しなかったから今日(こんにち)の小生があることは言うまでもない。
20071228124049
(あまり得意なエリアではない)


 お台場では某社に勤務する先輩と久しぶりの対面、実はこの方とは30年来の付き合いになる。公立の小学校の2つ上の方で、受験して入った付属中学から大学まで一緒の方だ。中学ではクラブが一緒で、高校では生徒会で一緒になった。ちなみにこの先輩は高校の生徒会長である。
 ちょっと相談のメールを送ったら、
「早速会おう!全面協力をしたい」
というお申し出をいただいたので、早速の参戦となった。しかし、ホント同じ学校のつながりというのは一生であるとつくづくありがたく思う今日この頃ではある。
  
 ちなみにこの方も独身である。ただ、3年前に一度結婚したけれど1年半で速やかに離婚したらしい。小生へのアドヴァイスとしては
「とにかく離婚してもいいから一度結婚しろ!離婚したあとはとにかくモテル!」
とのことだ。なんだかよくわからないが、ありがたく拝聴しておいた。この方の仕事は誰もが憧れる会社の、超超花形部署なので、とにかく楽しそうでうらやましい。

 前向きな話を2時間ばかりしてから臨海線・京葉線と乗り継いで舞浜へ。さすがに年末年始のTDL周辺は活気がある。まあ、いかんせん小生はディズーランドへ一緒に参戦する女性も子供もいないので、
「ここ20年ばかしTDLはご無沙汰しているのだけれど」
老いも若いも引き付け続けるなにかが、そこにはあるのだろう。遺憾ながら、7月にいただいたTDLのパスポートは日の目を見ることなく、小生のデスクの中で眠り続けているのだ。。。。。
20071228140738
(ミラコスタでクリスマスかあ)


 東京駅経由、日本橋へ戻り雑務をこなしてから銀座へ。珍しく忘年会へ参戦となった。さすがに仕事納めの12月28日の金曜日、やっとの思いで会場を確保したのが
博多水炊き餃子と薩摩地鶏官兵衛 銀座店
まあ、はっきりいってお料理はまったく期待していなかったけれど、この時期5000円込み込みで飲み放題がつくのだから、リーズナブルといえるだろう。一応個室だったしね。

 ちょっとつながりが少ないメムバーだったのけれど、1人減って5人になってからの二次会の方が盛り上がった。ただ、終盤戦はなぜか徹底的に糾弾されるはめになったのは甚だ遺憾であった。しかしながら、
5人中4人が妙見石原荘に参戦経験があり、次は忘れの里 雅叙苑で開催しよう」
という結論が出たのだからたいしたものだ。銀行員S君には荷が重かったかもしれないが。。。。。

 しかし、本当の衝撃はお支払いの時に幻といわれる
「アメックスのブラックカード」
が登場した瞬間だ!小生も今まで3回しか見たことがないが、お客さんでない方のカードを見たのは初めて。手に持ってみると
「ズシリと重く」
なんでもチタンでできているとのことで、
「一同仰天」
したところでお開きとなった。
20071228184824
(あまり美味しいとはいえないねえ(


 しかしアメックスというのもブランド戦略がうまいよね。
「ブラックカードでは家や車、戦車も買える!」
なんていう伝説というか逸話というか
「いわゆるストーリー」
があるのだから、たいしたものだ。
「年会費10万円以上支払ってどんな特典があるのか?元はとれるのか?」
なんていうことを考えるような凡人は一生持つことはないことだけは間違いない。


 大雨の降る中、三次会は西麻布のApple-tiniさんにて、ここは最近オープンしたばかりの
「缶詰バー」
とやらなんだけれど、おつまみは頼まずにジンジャエールだけいただいてお開きとなった。まあ、結論として
「人生残り半分もないんだから、やりたいようにやるしかない!」
ということがでた。是非、鹿児島から帰京したあの方にも近々相談したいものだ。

 大雨の年末ということで、タクシーを捕まえるのに四苦八苦。まあ、年に何回かこういう日があってもいいだろう。だけど、個人タクシーは中央車線を突っ走って
「乗車拒否」
する車が結構見られた。ああいうドライバーさんは
「長年の経験でお客を見分ける力を持っているだろう」
とは思うけれど、実際のところ乗せてみないとわからないと思うけどねえ。。。。。

 まったくどうでもいいのだけれど
「新庄さん離婚」
3年前だっけ、神戸でファイターズがプレーオフ進出を決めた試合を観戦していたら近くの席に
「すごい背の高い女性がいる」
と思って注目していたら、新庄夫人だった。とにかく、その目立ちっぷりといったら尋常ではない。特に、派手な格好とかしているわけじゃないだけれど、目立ってしまうのは天性のものだろう。その試合で新庄が活躍したので
「すごく喜んでいた」
のが印象に残っていたのだけれど、やっぱり彼も
「さんまさんのような人生を送りたい」
ということで離婚に踏み切ったのだろうか?

 予断だけれど、独身時代の清原がホームランを打ったとき、バックネット裏の席でやはり飛び上がっている女性を2人目撃した
「一人は吉永小百合さんであり、もう一人は清原が当時付き合っていた国際モデルとやらの女性」
この二人もとにかく異常な目立ち方だった。
 そういえば、吉永小百合さんもかつてはらライオンズファンを公言していたが、最近はあまり聞かなくなった。やはり
「堤義明さんの終了と深い関係があるだろう」
とは思うけれど、
「石毛・工藤・渡辺・秋山・・・・」
と役者が異常に揃いすぎていた当時と今を比べるのが酷というものなだろう
「G・G・おかわり」
とか言われても心から応援できない気持ちはよく分かる。

 御昼の先輩の話じゃないけれど、新庄の場合離婚したらとてつもなくモテそうだ。やっぱり小生もモテるためには
「なんとか一回結婚して離婚する!!」
これしかない!!!!という結論が出たのだけれど、
「どうやったら一回結婚できるのか?」
という疑問に対する答えだけはまったく浮かんでこない今日この頃ではある。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月27日(木)仰天・行天・円天

 寒風の中市場へ、恐らく今年最後になるであろう浅野屋の朝食
「ミニカレー・みそラーメン」
相変わらず、みそラーメンは野菜たっぷりのスープは熱々。お箸で食べるカレーもおつなものだ、つくづくこれくらいのレベルのお店が会社の近所にあったらなあ。。と思う今日この頃ではある。
20071227123821
(前菜のミニカレー)


 しかし、さすがにこの時期の市場というのは賑わっている、特に
「野菜とみかん」
のダンボールが道路まではみ出している感じだ。
20071227124406
(メインは熱々のみそラーメン)


 羽田へ近づくと、とんでもなく厳重な警備体制。そういえば
「福田首相の訪中って今日だったのね」
この暮れの押し迫った時期に中国へ行く理由がよく分からないけれど、まあ色々とあるのだろう。
 政府専用機が2機並んでいたけれど、大統領専用機もそうだけれど、故障に備えて2機で飛んでゆくらしい。しかし、ANAやJALが
「これからは燃費のいいB777-300・B787だ!」
とがんばっているのだから、そろそろ日本国政府も少しでも燃費のよい機材へ変更すべきだろう。話題のB787とかね、というか1機はほぼ無人のまま飛んで行くんだから、嫌になるよねえ。。。。
 
 普通に
「ANAパンダジェット」
かなんかで飛んでいった方が、両国の国民にも受けると思う。いきなり、パンダジェットから総理が夫婦でパンダの着ぐるみ着て降りてきたら、日中関係もかなり改善すると思うけどね。
20071227131714
(なにも2機で行くことはないだろうに)


 しかし、ジャムボ2機でイチイチ腹を立てていたら、スケールの違う国はあるものでドバイのモハメド殿下は、競馬のブリーダーズカップを観戦するためだけに
「ジャンボ7機で参戦してきた」
というのだから
「仰天」
してしまう。たしか、A380もすでに予約済みとのことだから、是非大量のA380で来日して欲しいものだ。
 そういえば、A380は既にシンガポール航空のシンガポールーオーストラリア便で就航されている。たしかファーストクラスが完全に個室になっているとのことで、
「その個室でS○○○をするカップルがいるとのこと」
たしかに、完全に個室の上ベッドになっているので、S○○は可能なんだけれど、目撃したC/Aさんも
「仰天」
したと思う。

 しかし、仰天という単語も一般的にはあまり使わないけれど
スポーツ紙では頻繁にみるよね」
まあ、代表的なところでは20年前の
「西武仰天ドーム構想」
堤義明さんが元気だった頃の西武がお台場かプリンスタワーがある芝公園に開閉式のドームを建設するという当時としては途方もない計画だったんだけれど、冷静に考えると仰天するほどのことでもない。
 漢字が違うけれど
「沈まぬ太陽に出てくる行天」
は悪い奴だったし、響きが似ている
「円天」
とやらは、さっぱり分からない。。。。。。

 カレンダーを見ると、いよいよ今年も残り少なくなってきているのだけれど、普段と全く変わらない日々が続くので、全く実感がない今日この頃なのであった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月26日(水)福袋と監督

 お歳暮・クリスマス商戦も終わり、ひといきといった感があるけれど、早くも
「福袋」
が話題になってきている。小生、福袋を買うために徹夜して並ぶなどとても信じられないし、そもそも福袋は購入したことがないし、今後も購入することはないだろう。しかも、意味不明なのは
「年末にご予約・お渡し」
とかって、全然趣旨と違うものまで登場している。
 しかも、中身が分からないのが福袋だと思うのだけれど、事前に中身を公開しているのも多い。

 池袋東武の福袋には
「マリーンズ今江選手と一緒にプレーできる権」
というのも魅力を感じたけれど、なんといっても最も注目すべきは
「「中国[臥龍自然保護区]パンダの里親福袋」
 ようは、パンダの赤ちゃんの名づけ親になるれるのだ。60万円払って、名づけ親になって中国まで会いに行けるとのこと。はっきりいって
「これはかなり魅力的だ!」
命名札も、有名な書道の先生が書いてくれるとのこと。

 これで
「愛浜・明浜」
なんていうくだらない名前でなく由緒ある
「有浜・志浜」
という素晴らしい名前をつけることも可能になる。
 しかしよく読んでみると、
「命名期限は1年限り」
とある、サラブレッドの幼名で
「勇駒」
なんてつける感じと同じ意味合いだ。

 しかし、パンダのネーミングに制限はあるのだろうか?
勿論、
「公序良俗に反するもの」
は難しいだろうし
「反共・反中」
とかはだめだろうけれど、やっぱり漢字2文字とかの制限はあるのかしらん?

 帰宅したら、BSで
「マルサの女2」
をやっていたので、ラスト30分だけ見た。もう20年前の作品なのね、たしか渋谷東宝の先行オールナイトで見た記憶がある、当時
「なんだよこの終わり方は!すかっとしないじゃん!!!!」
と思っていたんだけれど
「あのラストは、お客さんも納得いかなかっただろうし、伊丹も後悔していた」
と主演の宮本信子さんが言っていたのは大いに納得。

 BSの映画はNHKの男性アナウンサーと山本 晋也監督のかけあいで進むんのだけれど、NHKの不朽の名作
「電子立国」
の三宅民夫アナウンサーと、格を主張していたディレクターとの掛け合いを彷彿させる。

 しかし、世の中の人に
「監督といってイメージする人物は?」
というアンケートをとったら
「星野・王・長島・長州」
とかあるけれど、結構
「山本 晋也監督」
の名前を挙げる人が多いのではないだろうか?
 とはいっても山本 晋也監督はその作品のほとんどがピンク映画であり、しかも最近はほとんど監督活動していなさそうなので、
「その作品を見た人はかなり少ないはずだ」
それなのに監督と呼ばれ続けているのだから、たいしたものである。

 あと、全く余談なんだけれど
「歌手の小金沢君」
はいきなり、何年か前にコルゲンのCMでデビューで世間に知れ渡ったけれど、いまだにヒット曲がないというのもすごい。

 まあ、小生も早く、自分の子供の名前をつけたいし、
「うしといえば、○○だ!」
のように代名詞が出来るといいと思う今日この頃ではある。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月25日(火)生きているうちに

 急用で、千葉県八千代市へ。正直いって、このあたりはかなり道路事情が悪い。木下街道・成田街道など普段から渋滞しているけれど
「12月25日ということでとんでもなく渋滞している。」
一応、都市計画道路になっているようで、ところどころ用地買収が進んでいるようだけれど、片側2車線になるのはとんでもなく時間がかかるようだ。

 勿論、地図上に行政によって勝手に線を引かれたから
「いきなり立ち退け」
といわれても困るとは思うけれど、鉄道、道路などの用地買収があまりにも進まないのは本当に困る。と思っていたら
「JR東海が5.1兆円の自費を投入してリニアを建設するという」
いきなり5.1兆円を投じるという決定をした民間企業は今まであるのだろうか?これがどこまで本気か国交省と出来レースなのかは分からないけれど、ずいぶんとスケールの大きなプロジェクトだ。東京から名古屋までどういう線を地図上に引いているかは分からないけれど、東京圏は大深度を利用するにしても、路線や駅に関しては多少の絵は描いているのだろう。なんとか、
「生きているうちに乗ってみたいとは思うけれど」
あんまり現時的な感じがしてこないのは小生だけだろうか?

 子供の頃は、
「生きているうちには無理だろう」
なんてことを考えることはなかったけれど、外環や圏央道などと共に、そう考えるようになったのは小生も年をとったということなのだろう。
 逆に、
「競馬・プロ野球」
なんて、小生が生きているうちに消滅する可能性すら出てきたからねえ。

 午後、ある方と商談していたら
「なんと、本日2回目の入籍を済ませた」
との報告を受けた。なんともうらやましい限りではある。今回の女性とは友人の紹介で出会ったときに
「意気投合」
したという。
 しかしながら、その方の会社には
「同期の女性と3回入籍した男性がいるという」
3回結婚するだけでもすごいのに、3回とも社内で、3回とも同期というのはすごいとしかいいようがない。
 やっぱり、
「社内結婚しかも同期同士」
ともなれば、同期会で盛大にお祝いするぢゃないですか!同期会が、どうなったのかまでは聞かなかったけれど。。。。。
 
 3回目の結婚といえば、
「王理恵さん」
が話題だ、いきなり婚約したと思ったら、延期ってやばいよね。まあ、こういうこともあるからひっそりと進めたかったのだろうけれど、有名人だからある意味かわいそうだ。
 報道によると
「本田医師が包茎専門医」
ということに衝撃を受けたらしいけれど、そもそも
「包茎専門医が日本に存在するとは知らなかった」
それでいて、朝青龍の主治医なんだからよく分からないよね。
 当然のことながら
「朝青龍は包茎なのか?」
という疑問がわいてくる。

 「伊勢丹と阪急が業務提携解消を発表」
まあ、これは既成事実だったから驚かないのだけれど、
 「小倉伊勢丹の閉店」
はいきなりの発表だったのでビックリした。10年契約だったので、もうしばらくはないと思っていたけれどねえ。井筒屋さんが引き継ぐらしいけれど、店舗としては離れた場所に持っても効率悪いから、困るだろうねえ。それこそホテルに作り変えるとか、キッザニアを誘致するとかくらいしないとだめだと思う。

 どうでもいいニュースだと思ったのが
「JALWAYSで食べ残しの機内食を誤って出した」
って記事、これって大騒ぎして報道することかしらん?
「些細な間違いだと思いませんか?」
まあ
「JAL+食」
ということで盛大に報道されているのだろうけれど、どうかと思うなあ。。。。。

 今晩も、盛大にクリスマスケーキをいただいてから就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月24日(月)クリスマスケーキと自己責任

 今日の朝食は当然のごとく
「クリスマスケーキだ!」
母親いわく、
「甘いものは食後に食べないとダメ!だからあんたは太るんだ!」
と酷評されたけれど、昨日の晩11時に食べるよりは100倍以上いいと思うけどね。

 クリスマス本番ということでバタバタなんだけれど、せめてお昼くらいはリッチにということで
「イースト21にてランチバイキング」
2000円で結構なメニューが食べられて満足。バイキングは毎週月曜のお昼に開催なんだけれど、祝日とくにクリスマスなんだから、もう少し値段をいただいてもいいと思う。2000円としては、かなりいい内容です。今日は、家族連れも目だって混雑していた。
 食後のデザートは帰ってから勿論
「クリスマスケーキだ!」
一日二回食べても十分おいしゅうございました。

 午後から羽田へ、三連休最終日ということで結構な賑わいだ。JALさんの合唱サークルの披露とか行われている。ただ、数年前の羽田といったら
「サンタさんがたくさんいた」
と思ったけれど、今年は帽子だけ被った地上職員がチラホラ目立つ程度だ。街へ出歩いているわけではないのでよく分からないけれど、
「昔は町中サンタさんだった」
と記憶しているし、変な鼻眼鏡かけてクラッカーのカスを肩につけているサラリーマンとか大勢いた。明らかにそういう人達減ったよねえ。
 「ワムや達郎も今年はあんまり聞こえなかったしねえ。。」
広瀬 香美さんも全く聞こえてこなった。
 なんとなく勝手なイメージとして
「ユーミン・苗場・スキー・」
とかもあったけれど、その3つとも元気あるとも思えないしね。

 あと、12月23日が祝日になったのも大きいと思う、24日よりもその前にパーティーとかやってしまう傾向があるから分散型になり、なんとなく沈静化したのでは?と思うと同時に
「ある意味、日本人もクリスマスに慣れた」
ということのような気もする。

 疲れ果てて遅くに帰宅、今日の晩御飯は勿論
「クリスマスケーキだ!」
一日三回食べても十二分においしゅうございました。

 小学生がバスから転落した後に、後方から来た車に跳ねられて死亡。この事故で
「運転していたコーチと避けられずひいてしまった運転手さんの2人が逮捕された」
まあ、人が一人死んでいるんだから逮捕されるのも仕方がないかもしれないけれど、
「ちょっとかわいそう過ぎるとしか言いようがない」
父兄で手伝いなんか出来なくなっちゃうよね。コーチが報酬をもらっていたか、無報酬かは分からないけれど、ものすごく同情してしまう。
 あと、ひいてしまった運転手さんも、どうにも避けようがなかったと思うよ。まさか、バスから子供が落ちてくるとは思わなかっただろう。
 こういうこと書くと怒られるかもしれないけれど、鍵がかかっていなかったとしても
「走行中の車のトビラを開けた子供の自己責任」
が大きいと思うなあ。。。。

 そういえば、自己責任という言葉も数年前にはやったよね。たしか
「イラクで殺された青年」
の行動に対して自己責任という言葉が飛び交った。株式などの投資に対してもリスクを認識するのが自己責任と言われた。
 ただねえ、
「東京スター銀行についても自己責任」
と言われてしまうんだろうなあ。。。。

 勿論
「ここまで独身で来たしまったのは、完全に自己責任」
ということだけは改めて認識しなおす今日この頃なんだけれどねえ。。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月23日(日)かごんまとC2

 7時30分起床、速やかにカーテンを開ける。昨晩は会えなかった桜島にようやく
「ただいま戻りました!」
とご挨拶。しばしベランダへ出て、そのあまりにも雄大な桜島の景色に見とれてから展望大浴場へ。

 それこそ
「桜島を間近に見つつ、1時間ほど温泉(塩素入)・サウナ・水風呂」
これでスッキリだ!お部屋に戻ってから、ベランダへいすを持ち出し
「日経・日刊・南日本を熟読」
本来ならばもっともっとユックリしていたいのだけれど、時節柄どうにもならず9時30分にチェックアウト。
20071223093802
(おはようございます!ただいま戻りました!!!)


 ニッポンレンタカーさんにてフィット号を借用して空港へ向かう。ところで、今回は非常に短時間のレンタカーなので、軽で予約したのに、ひとつだかふたつ上のクラスになった、スタッフの方は
「料金はそのままで結構ですから」
と送り出してくれるのだけれど、冷静に考えると
「燃費が若干とはいえ悪い。その分のガソリン代はどうなるのだろうか?これはサービスといえるのか?」
という問題が出てくる。これがまだフィットだからいいけれど、クラウンとか出てきた場合には
「ガソリンの差額をニッポンさんが負担すべきでは?」
と思うところではあるが、クーポンによって利用料が実質0円なので、今回は黙っておくことにする。

 本来ならば
「とんかつ川久さん」
に参戦したいところだけれど、時間がないので断念。
 そう、わずかな自由時間の中で選択したのは
「妙見石原荘の露天風呂」
これだけは外すわけにはいかないのだ!
20071223115930
(門の向こうは別天地だ!)


 本当に本当にここのお風呂は気持ちがいいのだ!源泉かけ流しの炭酸泉に浸かって川の流れを見ていると
「全てを忘れることができる」
そんな数少ない場所なのである。ただし、遺憾ながら今回は時節柄携帯を手放すわけにいかなかったので、メールだけはチェックしていたけどね。出たり入ったりを繰り返して
「あっという間に1時間」
がたった。本当に本当に別天地だよね!!!!
20071223113731
(先客がお一人さま)
20071223113052
(川との一体感がたまらない♪)
20071223113129
(いつまでもここにいたい!!)


 前回はお掃除中だった内風呂にも初参戦したけれど
「この内風呂がまたいいのよねえ!」
清潔感もあるし、窓も開くし。浴槽からあふれる新鮮な温泉が!!!!!!!!!
 湯上りに
「3杯ほど温泉をいただいて」
休憩してから退場。本当に本当にここは素晴らしい。しかしながら、お日帰りさまだけでは石原荘の本当の素晴らしさを理解することはできないだろう。なんとか宿泊して
「石原荘の全てを満喫したい!」
心からそう思う、今日この頃ではある。。。。。
20071223114014
(内湯も快適なのだ)


 急いで空港へ、といっても10分で到着。非常に便利のひとこと、山形屋レストランの名物
「焼きそば」
をいただけばもう搭乗のお時間だ。山形屋の焼きそばは野菜がたっぷりのあんかけスタイルで結構好みだ。かなりのボリュウムで680円は空港内としては破格だ。
20071223124149
(山形屋名物と書いてあった)


 お帰りの767もガラガラ、機材もとんでもなく老朽化しているし、C/Aさんの平均年齢も45歳くらいの感じで
「とにかく華がない」
はっきりいって、地上の対応もANAの方が断然上だし、もはや積極的にJALを選択する理由ってどこにも見当たらないよね。
 今日は窓際のお席なので、空から桜島に
「また来ます!」
と別れを告げたら、あとはひたすら熟睡。。。。。

 3時過ぎには都内へ戻り、何事もなかったように
「戦線に復帰」
あまり詳しくかけないけれど、今回のクリスマスは色々ありすぎ。なんとかあと、1日無事に終わってくれればと心から願う今日この頃ではある。

 今日は早めに10時には退場、速やかには帰宅せずに首都高へ。そう中央環状線の池袋ー新宿線の初乗りだ。箱崎から大回りのドライブが実に快適。池袋周辺から地下にもぐったけれど
「いやあ、2車線だけれど広くて明るくて実に走りやすいねえ!!」
これは非常に素晴らしいのだ、初走行なのでオービスの位置がが分からなかったので飛ばせなかったけれど、これすごく快適なトンネルだよね。4号下りへの合流がC2からは1車線に絞られるので、渋滞はするかもしれないけれど、よく実現したと心から思う。
20071223203758
(明るくて走りやすい)


 C2は新宿から南の部分、渋谷・大井まで完成しないと利用することは小生の場合ほぼ皆無と思われるけれど、小生の生きているうちに走れる日が来たことは心からうれしい。遺憾ながら外環の西側部分の完成を見ることは小生は出来ないだろうと思う。でもC2が出来ればとりあえずはなんとかなるだろう、あと個人的には、
「2号目黒線と第三京浜をつなぐことはできないのだろうか?」
これって計画もないのかしらん?といつも思う。

 身近なプロジェクトとしては来年6月開業予定の
「明治通りの地下を通る、地下鉄13号線(副都心線)」
があるけれど、拙宅から駅が遠いのでこの地下鉄を利用することはまずないだろう。逆に、渋谷ー池袋間の都バスが廃止されるので、かえって不便になることが必至だ。

 しかし、午前中鹿児島にて自然の中で
「本物の温泉に浸かり」
夜は、都内で
「最先端の技術を体験」
まあ、不思議な気分だよねえ。。。。。

 あと一日、とにかく無事に過ぎるよう祈りながら就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月22日(土)TOBに応じず!

 お歳暮も終わらないままクリスマスへ突入。早朝から大騒ぎだ、まあお仕事も大騒ぎなんだけれど個人的にもっと騒がなければならないことが発生。

 アドバンテッジとやらが
「東京スター銀行(8384)に対して1株35万でTOBを発表」
ちょっとまってふざけるな!
「IPOからのホルダーの小生としては当時の価格を下回る価格でのTOBは承諾できるはずもない!」
はっきりとこことで宣言する
「こんな価格でのTOBは絶対承服できない!」
これ本気でTOBに応じないで持ち続けるとどうなるんだろうなあ。。。とにかく納得できないのだ!!!!!

 色々な事件というか事故に対応してから羽田へ。正直、90%断念していたのだけれど、最後の最後になんとか片付いて
「17時のJAL鹿児島便に走りこむ」
この年末に期限が切れるマイルを使ってしまおうという算段なのだ。機内では当然爆睡眠、ホントあっという間に鹿児島へ帰ってきました。(笑)

 で、携帯の電源を入れると
「留守電3件+メール5通」
本来ならばバスに乗る前に対応すべきなんだけれど、今日のところは先を急ぐ。
 そうなんです
「味の丸一の閉店時刻が迫っているのだ!」
万が一これを食べられなかったら、
「なんのためにここまで無理を押して鹿児島まできたのだろうか?」
ということになってしまうので、とにかく先を急ぐ。。。。

 滑り込みセーフで美味しく
「上ロース・ひれかつ添え(爆)」
をいただいて、大満足。というか、遠来の客に大サービスしてくれるのは大変ありがたいんだけれど、
「ちょっとボリュウムすごすぎ(爆)」
もうさすがに、小生この年齢になるとここまで食べられないよねえ。。。。
20071222181441
(サービスし過ぎ。。。。)


 親父さんとじっくり話し込んだんだけれど、
「とんかつだけは無性に食べたくなるときがある!」
ということで一致する。
 そして
「鹿児島では残念ながらとんかつの地位は高くない」
とのことだ。あくまでも家庭料理で、わざわざ外食でとんかつという意識が薄いとのこと。
「しゃぶしゃぶもあるけれど、とんかつもある」
という店がほとんどで、
「とんかつ専門店はほとんどなかった」
それが、段々と地位が向上してきたようでなによりと話していた。

 たしかに、
「とんかつ=東京である、鹿児島=食材の供給源だ」
ただ、残念ながら東京に旨いとんかつやって減ったよねえ。。。という結論がでたところで退場となった。
 余談だけれど、鹿児島中央駅近くにある
「とんかつ川久」
とやらも評判がいいらしい、前々から一度参戦せねばと思っているのだけれど、さすがにハシゴはできないなあ。。やっぱり鹿児島には最低2泊で来ないとダメと思う今日この頃ではある。

 今宵の宿は
「サンロイヤルホテル」
残念ながら夜景は見えないけれど
「展望温泉・サウナ・水風呂」
を徹底的に1時間ほど繰り返すと、ふにゃふにゃになる。ここの温泉はやっぱり海沿いなので
「とてもしょっぱいのだ」
塩素は入れているけれど、循環はしていないということで、まあ許すことにする。
 ただ、お風呂全体に
「イマイチ清潔感がない」
それこそ城山なんか専属のスタッフがこまめに清掃しているけれど、ここは無人だ。たからサウナ内のマットとかも汚れっぱなしだし、桶にも水が溜まっている。

 中条辰哉著
「日本カジノ戦略」
読了。まあ、日本にカジノでカジノを解禁するとしたらどうするべき?という本なんだけれど、まあ
「恐らく日本にカジノは出来ないだろうね」
まず無理だと思う。内容的にもあまりたいしたことは書いてなかった。
 ところで、今週号の日経ビジネスにも書いてあったけれど
「パチンコ業界がかなりやばい」
とのことだ。まあ、当然だろうねえ。。。
 これからの時代は
「100円・200円で遊べる公営競技だ!」
と個人的には思っているんだけれどねえ。。。。

 疲れ果てたので、とにかく眠るしかない。。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月21日(金)俺の父ちゃんは日本一の○○

 まだまだ繁忙期は続くということで、午前中はバタバタ。せめてお昼くらいはまともに食べようということで、イースト21内の某ステーキ店へ参戦、サラダバーがメインとはいえお肉とハンバーグのまずさに衝撃を受ける。たしかに1000円前後でサラダ食べ放題がつけばお肉なんか。。。。という気もするのだけれど、ちょっと困り果てた。

 お口直しということで、
「ホテル内のラウウンジにてロイヤルミルクティ」
ここのラウンジは人も少なく、とても寛げるのだ。しかもロイヤルミルティでもポットでサービスしてくれるので、たっぷり2杯いただけるのでとてもうれしい。最近缶入りのロイヤルミルクティとコーンスープをよく買うのだけれど、缶入りはぬるくていただけない。やっぱり、
「ロイヤルミルクティとコーンスープは熱々でなくちゃね」
よく
「スープと女性は待たせてはいけない、何故なら冷めてしまうからだ」
という格言を聞くけれど、元々ぬるいのだからお話にならない。とはいえ、自販機であれ以上熱々にすると火傷というリスクがあるのだろう。
20071221133944
(お気に入りの熱々ロイヤルミルクティ)


 午後の作業の合間に盛大におやつをいただく、いわゆるこのシーズン特有の廃品なんだけれど、これがベラボウに美味しいのよね。
「女性と生クリームは鮮度が命、何故なら酸化してしまうからだ」
という格言があるけれど(殺されそう)打ち立ての生クリームは本当に美味しい。なんというか、食べていると
「とても幸せな気分にしてくれる」
あんこでは、この幸せ感は味わえないんだよねえ。。。。。
20071221142640
(見栄えは悪いけれど、味は最高!)


 夕方から突発的な事態で舞浜へ、この時期の金曜日ということで首都高は大渋滞なんだけれど、湾岸東行きは唯一といっていい程空いていて15分ほどで到着した。駐車場に車を止めるんだけれど、いわゆる
「身障者用のスペースにコーンが立っている」
恐らく、健常者が勝手に止めてしまうのを防ぐためなんだろうけれど、あまりにも情けないよね。

 先日もテレビのニュース報じていたけれど、健常者が身障者用の駐車スペースに駐車するのは
「これだけはやっちゃいけない」
ランキングのかなり上位に入る蛮行だと思う。勝手に止めちゃう健常者が多いから、施設側としてもコーンを置かざるを得ないんだろうけれど、身障者の車を止める際に一度降りなければいけないという、とんでもなく手間がかかることになる。
20071221192848
(これは深刻な問題だ!)


 余談なんだけれど、以前は
「障害者」
と漢字表記だったけれど、最近は
「障がい者」
と害がひらがな表記に変わっているとこが多くなった。確かに
「害」
という漢字はあまりいいイメージがないけれどね。

 全く別件なんだけれど、数年前までは
「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)」
とながーく新聞やテレビのニュースでも国名をあらわしていたけれど、最近はすっかり
「北朝鮮」
単体での呼称が定着した、これは
「北朝鮮が許可したのか?」
それともマスコミで誰か一人が
「北朝鮮とだけ書いたけれど、クレームがこなかったからいいや!」
となって
「赤信号だと思っていたけれど、一人が目をつぶって渡ったら青信号だった」
ということだったのか、大いに興味があるところではある。。。。。
 まあ、一例だけれどこんな風に規制したり規制が解除されたり、ということはマスコミにおいては小生が気づかないだけで日常茶飯事にあるのだと思う。

 そういえば、巨人の星で
「俺の父ちゃんは日本一の日雇い人夫だ!」
というセリフも今ではカットされているしねえ。スカパーで昔のドラマや映画を見ていると
「一部不適切な表現がありますが、作品の芸術性を尊重し発表時のまま放送します」
というテロップを見ることもある。こういう場合って逆に
「どの場面なんだろう!」
とかえって気にしちゃうことが多々あった。

 ちょっとアクシデント続きもあって疲れ果てたので、この手の問題の続きは後日として就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月20日(木)ビジネス本

 西武池袋線に乗って、仏子(ぶし)へ向かう。準急とか急行で向かってもかかる時間はさほど変わらないのだけれど、どうしても乗りたかったので
「レッドアロー号」
に乗車。ドームへ参戦するときは所沢で乗り換えなのだけれど、今日はもう一駅先の入間市まで乗れるからうれしい。横浜方面から横須賀線グリーン車に乗るときも、東京駅でなく新日本橋までもう一駅3分乗れると、すごくうれしいから不思議だ。
20071220101554
(実に快適!レッドアロー号)


 用件は、お菓子の工場視察と打ち合わせだ。当たり前だけれど、この時期は一年で最も忙しい時期。それこそ寝る時間もないとのこと。ここの社長さんは変わった経歴の持ち主で、元国税庁勤務で息子さんは某新聞の政治部の記者さんとのことだ。小泉氏・森氏の番記者を経て、現在は中川氏の担当というから
「清和会の担当なんだろう」
ということは、王道を歩んでいるようでたいしたものだ。
20071220112226
(一年で最も忙しい時期)


 帰りは特急の時間が合わずに、
「快速急行」
で池袋へ、これが急行よりも上位の電車のようでほとんど止まらず快適。

 東京駅の地下街でお買い物をしたら抽選券をいただいた。ガラポンでなく、三角クジ2枚。1枚は外れたけれど、1枚はB賞ということで期待したら
「300円のお買い物券」
こんなもの使いようがなくてガッカリ。
20071220145508
(クリスマス抽選会へ参戦!)


 渡邉 正裕、林 克明著
「トヨタの闇」
読了。まあ、たしかに
「トヨタ=素晴らしい会社だ」
という方程式が成り立っているけれど、
「実際のところはどうなんだろう?」
という疑問に答えた?本だ。
 
 たしかに、なんであれだけ儲かっていて
「組合はもっと徹底的に賃上げ要求しないのか?」
という疑問は以前からあった。
 あと本屋に行けば
「トヨタ式カイゼン」
「トヨタ式カンバン方式」
とかトヨタを絶賛している本ばっかりだったからねえ。。
 
 日本の企業の中で飛びぬけて多い宣伝費を使っている
「トヨタに対して批判的な報道をするマスコミは皆無だ」
というのも納得できる。

 もちろん、マスコミに対する影響力の大きさによるのだろうけれど
「脱税・申告漏れ・所得隠し」
言われてみると本質的には変わらないのだけれど、
「マスコミは相手によって表現を使い分けている」
というのも
「おっしゃるとおり」
これは小生も前々から思っていたことが。マスコミは相手でなくて、
「内容によって表現を使い分けているのだろうか?」
これは気になるところではある。こういうの読んじゃうと
「トヨタの車なんか買えるか!」
と思うのだかけれど、まあ
「日産だって同じなんだろう」
とは思う。でも、トヨタさんは関東の企業でないということもあって、知り合いもいないけれど、日産の方は就職した人も多数知っているし、協力工場に勤めている友人もいるし、なんとなく親しみはある。いかんせん、
「20年以上日産車乗ってるしね」
なんだかんだいっても
「ゴーン氏」
が登場すると注目することも事実だけれど、トヨタの社長さんの名前は知らない。

 小山薫堂監修・HRS総合研究所編著
「サービスの正体」(ホテルニューオータニのマニュアルが薄い理由)
こちらも読了。てっきり小山氏が書いているかと思ったら、なんと
「監修」
とのこと。こういう本で監修というのも理解不能だ。内容は、あんまりにもあんまりな内容だったので、ここに書くことが出来ない。そもそも
「ニューオータニって言われてもときめかないからねえ」
とはいえ、当たり前のようにリッツカールトンばかり登場するのも最近では不快な感じがする。

 寒くなってきたし、さすがに疲れが溜まってきたので、速やかに就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月19日(水)真の流行語2

 昨晩は、風邪気味なので、悪化させないためには
「今晩が一番大事だ!」
ということで、暖房と加湿器をセットしてなんと11時前に就寝。その甲斐あってなんとか踏みとどまった。
 午前中2件来客あり、早くも来年の日程調整がほとんどだ。お昼は、三越新館内の
「グリル満点星さんにて2000円のランチセット」
色々選べるやつで、ハンバーグとピラフをチョイス。ミニサラダとカップスープがついたので、まあ許すことにしよう。
20071219122439
(満点星さんにてランチ)


 食後は、これまた久しぶりに
「宮越屋珈琲にてミルクティー」
はっきりいって、ここのミルクティーは高いけれどかなり美味しい。とってもやさしいお味がするけれど、何か秘訣があるのだろうか?
20071219124745
(お気に入りのミルクティ)


 昨日の上半期につづいて、下半期の
「検索ワードランキング」
上位から
木村周一郎
・松涛幼稚園
・佐藤安香里 ANA
・双樹会 慶應 幼稚舎 小林
・ゴーアラウンド
・棚湯
・じゅうじゅう焼き
・落合福嗣
・枝光会 若葉会
・うし スケルツィ
・金沢 葵寿司
・漁師料理の店 せいもん払い
・川崎美千江
といったところが目立つ。

 年間通じて
 「木村周一郎氏」
の強さ際立っているが、週刊ダイヤモンドに掲載された
 「佐藤安香里嬢」
の美しさもやはり皆さん大いに注目しているということだろう。

 「松涛幼稚園・若葉会・枝光会・双樹会」
といった
「お受験関係の情報なら、うしのブログだ!」
ということが定着したのも何よりだろう、いかんせんその手の情報は、いわゆる
「格差社会の上の方にしか集まらない傾向がある」
しかしながら、そういう方たちはブログなんか書かないからね(笑)

 そういえば、昨日
ジャスマック 食中毒
で検索した方がいるようだ、早速自分で検索してみると、やっぱり地下の飲食店で
「ノロウイルスが原因による事故」
が発生とのこと、はっきりいって
「ノロウイルス」
は防ぎようがない面もあるから、同情してしまう。こうなったら速やかに北の大地に上陸して
「激励しにいかねばらない」
と思う今日この頃ではある。

 同じくSTVのサイトに
「洞爺湖サミットの準備が始まる」
というニュースがあった。
「国際メディアセンターと各国首脳の会見場が総工費およそ29億円かけて3月末に完成します。太陽発電や雪冷房など環境に配慮した設計となる予定です。」(引用)
 「しかし、たかだか一回こっきりのサミットに29億円かけてハコモノを作るのが環境に配慮しているといえるのか?」
と疑問に思うのは小生だけだろうか?

 スターフライヤー09年にも携帯電話OKへ
どうも同社が使用しているA320は使っている素材が違うので、携帯電話の電波の影響は受けないらしい。でも、きっとこれ国土交通省が許可しないと思うな。A社とJ社が徹底的に横槍入れるでしょう。
 だけど、小生は全くご縁がないけれど、今は携帯で音楽も聴く時代なんだから
「電話としての機能は止めるけれど、その他の機能は使ってよい」
という風にはできないものだろうか?なんでも米国ではそういう風になっているらしいけれどね。
 
 小生もたしかA300-600Rに乗って、鹿児島へ着陸する際、ゴーアラウンドを経験したのだけれど、着陸してから
「お客様の中で携帯電話を使用した方がいます、計器に異常が出ましたので絶対止めてください」
と本気で怒った機長のアナウンスがあった。
「いやあ、本当に携帯の電波ってダメなのね?」
と実感したものだ。そういえば、先日の伊丹からの帰りの便でも離陸前にメール打っている方がいてC/Aさんが懸命にお願いしても止めない輩がいた、小生も不愉快になって
「やめろよ!」
と言おうかと思ったけれど、ここででしゃばると厄介になるので自重したけれど、
「ああいう方は即刻下ろしていただきたい」
と切に思う。

 オリックスの筧裕次郎内野手が登録名を
裕次郎
に変更するという。まあ、変更するのは勝手だけれど
「名前負けしなけりゃいいけどね」
と老婆心ながら言っておく。
 まあ、こういうのも
「サブローがギリギリのところ」
だと思う、サブローだって苗字の大村が巌と二人いたから必然性があったのだ。
 しかしそのサブローも先日のオリムピック予選では
「大村」
と表記されていた、西岡の場合は国内でも球場では
「TSUYOSHI」
表記だけれど、スポーツ紙では西岡表記なので非常に紛らわしい。

 それこそ一昔前だと、ファイターズには
「田中幸雄が2名・田中富雄が1人」
と田中選手が計3人いたのだ、2000本安打の幸雄さんは
「コユキ」
と呼ばれていたけれど、表記上は
「田中雄・田中幸」
と区分あしていた。まあ、当時のファイターズは全く相手にされていなかったのでどうでもよかったけれど、苦肉の策だたっと思う。なんて昔話を思い出しながら早々に就寝。。。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月18日(火)真の流行語

 農林水産省から
農山漁村の郷土料理百選」及び「御当地人気料理特選
とやらが発表された。
 趣旨はよく分からないけれど、こんなもの役人が選定する必要など全くないだろう。そもそも実態と大きくかけ離れているような気がしてならない。具体的に書くと差しさわりがあるけれど、こんなものの選定に時間と金をかけるのならば、他にやることは一杯あるだろう。しかも気に入らないのが
「選んだのは99、残りのひとつは皆さんが選んで100選にしてください」
とのセリフ。彼らとしては精一杯シャレを利かせたつもりだろうけれど、大いに不愉快だ。

 この手のものは小生のような人達が、勝手にブログで書けばいいだけの話。
ここで、
「鹿児島の黒豚とんかつや福岡の餃子がないじゃないか!」
とかやりだすと彼らの思う壺なのでその手には乗らない!

 12月も下旬に突入し、そろそろ今年を振り返る時期になってきた。色々な振り返り方があるけれど、もっとも正確なのは
「検索ワード」
ではないだろうか?ということで、
「小生のブログにどんな検索ワードで皆さんがたどり着いたか?」
ということを、調べてみた。まずは、
「1月~6月の上半期」
上位を羅列していくと
木村周一郎 結婚
さかきばらせいと 顔写真
パワーフォーリビング

ここまでの上位3強がぶっちぎっている。

 以下
・棚湯
・うし
りくおさん
・うし りくおさん
・ゴーアラウンド
アドヴェンチャーワールド
ニューヨークチーズケーキとは?
風林会館
財津三奈
秋本ゆかり

と続く。まさにどれもこれも
「今年を象徴する言葉ばかりだ」
たしかに改めて検索し直して見ると、ヤフーやグーグルでかなり上位に登場していることが分かる。ただ、上位の3つなんか、
「小生のブログを見ても何も分からない」
ということも事実なんだけれどね。

 まあ、棚湯なんかは小生のブログから得られる情報も多いと思うけれど、冷静に考えると塩素入りだし、今後の参戦があるかどうかは微妙だ。ちなみに、ヤフーでは、
「るいさんの 5月19日(土) 棚湯かな ああ棚湯かな 棚湯かな
の方が上位に来ているようでちょっと、納得がいなかい。

 ユーキャン新語・流行語大賞
でランキングされた言葉がひとつもなかったことが、すごくうれしい。
「小生もまだまだ捨てたものじゃない」
と思う今日この頃なのであった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月17日(月)3つを地道に

 今朝の報道によるとマイネルスケルツィは放牧中とのことなので、
「根岸からフェブラリーへ」
というのが本決まりということだろう。これはこれで非常に納得できる決断だ、少なくとも門松ステークスよりは100倍理にかなっている。

 お昼過ぎに、あるみかんの紹介がテレビであったのだけれど、どうにも納得できない内容だった。百貨店の果物売場で3つのみかんを並べて試食させるという試みだ。全て産地まで出しちゃって小生に言わせれば
「ああいうやり方は最低中の最低だ!」
頭の悪いテレビ局は
「比較する・数字で示す」
ということしか思い浮かばないのだろうけれど、果物屋さんはそれをしちゃいけない。果物や生産者に対して愛情があれば、あんなことは出来ないはずだ。昔やったペプシチャレンジとは訳が違うのだ。とても不愉快な気分にさせられた今日この頃ではある。。。。。。

 小生もよくテレビのコメントを求められるときに
「前年比どれくらいですか?」
とか聞かれる、こういう当たり障りのない景気のいい話は適当に
「前年比30%増です」
とか言っておくけれど、数字というのは一人歩きしてしまうので、大いに注意が必要だ。

 最近夕方のニュースでよくやっているのが
「個人宅のイルミネーション」
残念ながら都心在住の小生は見たことがないけれど、舞浜周辺では盛んという噂も聞いたことがある。しかし、こういうのは
「地球温暖化の時代にいかがなものなのか?」
という意見批判的な見解は聞かない。

 「九州新幹線長崎ルート着工へ」
ネックとなっていた並行在来線を上下分離方式を採用して、引き続きJR九州が運行する。ということで佐賀鹿島市などが反対していた理由がなくなる。ただ、この方式を採用できるならば
「俺達も徹底して反対して、そうさせるべきだった」
と思っている、すでに3セクへ移行してしまった地域もたくさんあるだろう。そして、今後同じ問題を抱える地域にとっては、
「うちも長崎方式で」
という風になるだろうね。

 長崎新幹線は時短効果があんまりないから、小生もそんなに積極的には感じない。ただ、やっぱり日高道や鹿児島新幹線の例を見ても、
「完成して利用すると、便利を実感する」
というのが道路や、新幹線。
 ようは
「費用対効果さえ考えなければ作ったほうがいいに決まっている」
ただ、主たる目的が
「公共工事が欲しいから」
というならば断じて止めた方がいいというのは断言できる。

 先日の仙台での
100歳の男性の無免許運転(生きるため車に乗る)
でもそうだけれど、地元の方たちが生きるために必要な交通手段の充実と、都市間移動の便利さの追求。この2面を両立させるのが政治だとつくづく思う。

 「地方と都市の格差をどうすればいいのか?」
と思うけれど、確かに圧倒的に地の利がなくても、素晴らしい温泉や、美味しい食べ物には大勢出かけて行くし
頑張っている地域・人もたくさんある。ただ
 「個人の努力の範囲を超えている」
という気もする。一民間人の小生に出来ることといったら、やっぱり
・更なる遠征を重ねる
・地方へ徹底的に金を落とす
・ブログで素晴らしさを紹介する

 この3つを地道に徹底的にやっていくしかない。という結論が出た、そのためには早急に
「2008年の遠征計画を立てる必要がある」
と思う今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月16日(日)焼肉ジャンボへ参戦

 9時30分起床、相変わらずホテル阪神では熟睡できる。ベッドは普通だと思うので、やっぱり
「スパの効用」
ということなのだろう。勿論、塩素入りの
「まがいものの温泉」
なんだけれど、これだけ徹底的に出入りして、マッサージまで受けると熟睡できるのだ。

 日経と日刊を読んでから
「朝風呂へ参戦!」
夜のスパもいいけれど、朝風呂も本当に気持ちがよいのだ。サウナ内でサンジャポを見つつ、ゆっくりと1時間ほど。。。。。

 12時前にチェックアウトしてから環状線に乗って
「天王寺へ」
大阪環状線は勿論西の山手線と呼んでもいいのだけど、
「規模も小さいし、電車の本数も少ない」
大和路快速や関空快速の間を縫って、肩身が狭そうに走っている。
20071216132943
(関西では少ない路面電車)


 「天王寺=阿倍野」
というのは、池袋のような雰囲気と言われるけれど、はっきりいってよく分からない。むかし
「阿倍野スキャンダル」
という店があることを、トゥナイトで知っていたけれど、どうやら現存していなさそう。

 「阪堺電気軌道」
という路面電車も走っているし、まだまだ開拓の余地がありそうな街なんだけれど、イマイチ開拓しようという気がわかない街でもある。
 商談終了あと、リムジンバスに乗って、伊丹へ。定刻30分のところ20分で到着。阪神高速環状線というのは東京の環状線のように内回り、外回りでなく一方向(基本3車線)のみだ。ただ、これがすごく機能的に出来ているような印象をいつも受ける。

 まあ、なんでも画期的なものというのは、その後に作られたほうが機能では上回る傾向がある。高速道路もそうだし、
「中山競馬場なんか同じような造り阪神競馬場の方が明らかに機能的だ」
 しかし例外もあってドーム球場は明らかに
「東京ドームの方が大阪や福岡、札幌よりは色々な面で優れている」
と思う。

 機内で江副浩正著
『不動産は値下がりする! 「見極める目」が求められる時代』
を読了したけれど、あまり面白くなかった。
「江副氏のことを天才」
と認めているのだけれど、ちょっと最後までじっくり読む内容でなく、飛ばしながら読んだ。

 一度日本橋へ戻って、書類を整理してから四の橋にある
焼肉ジャンボ
さんへ参戦。かなりの人気店らしく9時過ぎにようやく入店を許可された。でね、結論から言うと
「これが大当たり!かなり美味しいですよ!!」
20071216205601
(焼肉ジャンボさんへ参戦!)

 
 カルビ・ロース共に上とかなくて、一律1200円。あと上ミノを頼み、綺麗なお姉さんの店員に
「初参戦なんだけれど、オススメないのかしらん?」
と伺うと、壁面に書かれている牛の部位を説明しだして
「肩ロースの部分がザブトンと呼ばれてまして、脂一杯で美味しいですよ!!」
とのことだったので、それも注文。そしたら
「このザブドンが絶品だった!」
20071216211450
(これがザブトンだ!)
20071216211458
(上ミノもおしゅうございますよ)

 まあ、お肉を焼く前のキムチを食べた時点で
「この店は出来る!」
と安心したんだけれどね、
「キムチが美味しくなくて肉が美味しい焼肉屋は存在しない」
というのが定説だ、大昔に札幌で入った焼肉屋さんは
「なんとキムチが売り切れ!」
という衝撃的な事態だったんだけれど、案の定肉も最低だった。食後に
「何故、あの時点で退場しなかったんだ!」
とものすごく後悔したのを今も忘れない。
20071216211508
(キムチで店の実力がはかれるのだ)
20071216211543
(鮮度がいいから5秒焼けば十分)


 冷麺、カルビクッパまでとっても美味しくいただいて精算。
「15000円也、ちょっと高いな?」
と思って、レシートを調べたら
「なんとザブトンが3300円也!!!!!やられた!」
と思ったけれど、まあ美味しかったからよしとしよう。
20071216213249
(カルビクッパは味噌味)


 ちなみに、このお店の篠崎に本店があり、白金のお店はオーナーが篠崎の店主に頼み込んで
「のれんわけ」
というスタイルをとっているとのこと。ビジネスモデルとして、大いに参考になる。

 どうでもいいんだけれど、店内での大型液晶テレビでサッカーが放送されていた。ヒーローインタビューでカカの隣にいた
「野際 陽子風の通訳のおばさん」
が非常に気になった。何語の通訳かは知らないけれど、
「もっとサッカーのこと分かりそうな通訳いないのかしらん?」
とは思う。映画の記者会見がいまだに戸田 奈津子さんなのは仕方がないけどね。大昔、夜のヒットスタジオかなんかで外人タレントの通訳をしていた若い女性がいかがわしそうな感じだったのを思い出した。

 あまり大きくは報じられていないけれど
「東急の 五島哲氏急死」
五島氏といえば、五島慶太・昇氏と続いた五島家の直系だ。東急建設の社長を退いてからは、あまり噂も聞かなかったけれど、なんとも寂しい最期だったようだ。西武は2代目の堤義明さんも終了したし、
「西武VS東急戦国史」
を読んだ小生としては、感慨深いものがある。

 当時は、箱根の山で東急の道路には西武のバスを入れないとか
「企業間の全面戦争をしていた」
という。今となっては笑い話のようだけれど、政治を巻き込んで徹底的にやった企業戦争は最近みなくなった。楽天とかライブドアとかでは格が違いすぎるしね。
 でも、
「こういう企業間の戦争が日本経済に活力を与えていたいう面も否定できないと思う」
今日この頃なのであった。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月15日(土)しまだやのせんべい

 本日、12月15日は父親の命日である。朝、出社してからお昼前にお墓参り。まあ、はっきりいってここのお坊さんはあまり好きではない。戒名をお願いするときも、一応作戦をたてて
「小生まだ稼ぎも少なく、たくさんお支払いすることは出来ません。だからこれくらいでお願いします」
と切り出そうとした瞬間。先手を打たれて
「○○さんだったら、立派な戒名になりますから、この金額でお願いします」
とお見積もりを出され、どうにもならなかった経験がある。

 法事の時も
「この本堂の修理にいくらかかるので」
とかばっかり言って、ありがたいお話というのを聞かせてもらったためしがないのだ。
 普通は
「この7回忌には、こういう意味があって・・・・・」
とかやるじゃないですか。そういうのないから全く尊敬していないのだ、だからというわけではないけれど、お墓を洗ってお参りだけ済ませて、速やかに退場した。

 せっかく昼時に浅草へ来たので
「大黒家で天丼」
もしくは
「うますぎて申し訳ないス」
でおなじみの
「ヨシカミで洋食」
でもいただこうと思ったけれど、時間の関係で速やかに浅草を後にした。
 しかし、
ヨシカミ=うますぎて申し訳ないス
というコピーが完全に定着している店を他に知らない、いつの時代も
「言葉の天才」
というのは存在したということなのだろう。天才コックがいたかどうかは小生には分からないが。。。。。。
20071215131844
(羽田のクリスマスツリー)


 羽田経由伊丹へ、梅田にて商談。梅田にはご存知のとおり
「阪急・阪神・大丸」
と3つの百貨店がある、ここへ2011年に三越が参戦するという。しかしよく分からないのが
「赤字が確実な地域4番手の店をこれから出す意味があるのか?」
小生が経営者だったら、それこそ20000%出ないよね。どんなに違約金が高いかしらないけれど、絶対に出ない。
 伊勢丹と提携していた阪急が、今までライバルだった阪神と経営統合した。しかも伊勢丹と経営統合した三越が阪急・阪神へ殴りこみをかけてくるのだから、非常に厄介だ。
「取引先は振り回されるばかり」
というのが率直なところだ。まあ、常識的に考えれば
「阪急と伊勢丹は手を切るだろうなあ」
というのが自然な流れだと思う。

 梅田といえば
「松葉で串かつ」
どうして、この場所でこんな営業が認められるのか?というのが昔は思ったのだけれど、今となっては
「大阪だから」
の一言で片付けられるようになった、まあ小生も大阪になじんできたということだろう。
「牛・たまねぎ・とり・ジャガイモ・カキ・エビフライ・キス」
とウーロン茶で1020円が、本日の晩ご飯となった。
20071215194232
(いかにも体に悪い)


 大阪の宿は、言うまでもなく
「ホテル阪神」
お部屋に荷物を置いて、速やかにスパへ参戦。1時間ほど
「露天風呂・水風呂・サウナ」
と徹底的に汗を流し、くつろぐ。

 そして、その後は勿論
「スポーツマッサージだ!」
ここのマッサージはベテランの男性が揃っていて素晴らしい。
「私は体を触れば、体重を誤差さわずかで当てられますよ!」
と豪語していたおじさんだったが、小生は3キロほど足りなかった。

 仕上げに再度
「露天風呂で体を温めて」
風呂上りにポカリスエットを3杯いただけば全て終了。
「泉麻人著 青春の東京地図」
を読みながら早々に就寝。。。。。。

 当然のことながら、
「三田」
とか語られると引き込まれるよね。
「しまだやでせんべいを」
とか書かれると、知らない人はどうにもならないだろう。しまだやとは、中等部とグラウンドの間に存在した、せんべいやで、勿論オフィシャルには購入が禁止されていたけれど、中等部生のほぼ全員が愛用していた店だ。
 
 クラス対抗球技大会の後、担任の命令でクラス全員分のアイスを購入しに行ったら
「こら、何やってんだ!」
と国語のHさん(中等部では教師をさん付けで呼んでいた)に怒られたが、事情を説明して釈放されたと記憶している。たしか、そのHさんも数年後に若くして亡くなったと聞いている。
 そのお店も、
「噂では殺人事件かなんかがおきて、跡形もなくなった。」
らしいけれど、本当のところは知るよしもない。

 こういう風にあまりにも身近なネタが多いので、泉氏の著作は見逃せないのだ。せんべいやの話では青春の甘酸っぱいものはこみ上げてこないけれど、
「若き日思い出はよみがえってくる」
今日この頃なのである。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月14日(金)生きるために車に乗る

 橋下弁護士の出馬で話題の大阪府知事選だけれど、とっておきの大物が出馬を表明していたのだ、そうその名も
「羽柴秀吉氏」
だ。夕張市長選で歴史に残る惜敗を記録し、昨年の参議院選挙でも北海道選挙区から立候補したので、てっきり今後も北の大地へ根を張るのかと思っていたら、やっぱり
「秀吉=大阪」
というスタンスは変わらないということだろう。

 プロ野球も来年のオープン戦の日程なども発表され、なんとなく来年へ向けて動きが出てきた。各球団のホームページを見ていたら、ファイターズさんは1階の結構いい席のボックスシートが1席15万という破格の安さなのね、あとパスとかも売っていて全試合指定席で見られてファンクラブ会員は
「なんと47000円」
で購入できるとのこと。ずいぶんとダンピングされているのに衝撃を受けた。年間予約席で47000円ってすごいお得だ、何試合あるか分からないけれど65試合で割ると
「1試合723円」
あんなにお客さん入っているのにここまで安くするというのは究極のファンサービスといっていいのだろうけれど収益の最大化という面ではいかがなものかと思うし、指定にすると空席が目立つだろうね。

 夜は会合へ出席のため麻布十番へ。麻布十番というのはなじみがあるようで、あまりないエリアだ。豆源・浪速屋総本店・たぬき煎餅・麻布十番温泉はいいけれど、おしゃれな店は得意ではない。なによりも
「ウエンディーズ」
がランドマークとして確固たる地位を確保し続けているようなイメージが小生の中にはある。たしか中学生の頃からあの店はあるけれど、入店したことはないけれど、なぜか親しみがある店だ。当時はウエンディーズもマックではない
「プレミアム系ハンバーガー」
第一号みたいな感じで、おしゃれ感さえあったなあ。。。。ある意味、よく生き残っていると感心せざるを得ない。

 帰りに久しぶりにタクシーを利用。値上げしてからは初めてだ、22時から深夜料金になったこともあって、
「ものすごい値上げ感があった」
運転手さんと話していると
「10月から一気に景気が落ち込んできた」
ということで意見が一致する。今日だって12月の金曜日なのに道路ガラガラだしね。

 道路がガラガラとはいえ
「100歳の男が無免許運転」
という記事には驚いた。だけど男性は一人暮らしで
「車がないと移動できないので、生活のために運転している」
と語っているという。年金が出ているかどうか、たくわえがあるかどうかは知らないけれど、
「生きるため」
と言われると返す言葉が見当たらなくなる。
「年金・生活保護・地方の交通手段」
考えないわけにはいかない。地方の交通手段ってバスしか思い浮かばないけれど、何時間に1本とかすれ違うバスもほとんど無人状態でどうやったって利益が出ているとは思えないしねえ。

 この原油高騰はモロに地方を直撃するよね、都会の人は
「ガソリン高い=車に乗らない」
という選択肢があるけれど、
「生きるために車に乗る」
という地方の方はどうにもならないだろう。そういえば、熊野神社へ行った時にも
「イオンまで120キロ」
という看板を見て衝撃を受けたものだ。

 だけどホント
「福田政権になってからどんどんやばくなっているなあ」
とつくづく思う今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月13日(木)グラッチェグラッチェ

 今朝の日刊によると、
「スケルツィの今後は、門松ステークスから根岸ステークス」
とのこと。他の新聞では
「予定通り京都金杯」
とでているし、ラフィアンのHPでは
「短期放牧から根岸ステークス」
とある。ここまで異なった情報が錯綜するのも珍しい、競馬マスコミの怪しさを見た気がするね。小生の理想とする
「ガーネットからフェブラリー」
という情報が皆無なのが遺憾な限りだ。

 我らがマリーンズの
「小野 晋吾投手1000万ダウンの年俸1億円で契約更改」
ダウン幅が予想よりも小さくてよかった。来期は先発陣から中継ぎ、抑えへ転出する投手も多数出るだろうから我らが小野 晋吾の出番も一層増えるだろう、是非とも来年の更なる飛躍を願ってやまない!

 消えた年金の4割が特定不能になっている事態について
「公約違反というほど大げさなものなのか」
と発言したのには驚かされたけれど、さらに
「正直申し上げて(政府の公約で)どう言っていたのか、さっと頭に思い浮かばなかった」
こういってとどめをさしたのにはもはや、驚くにも値しなかった。

 「公約を忘れた」
ってすごい総理大臣だよね、たしかにそのときの首相ではなかったけれどさあ、だったら
 「安倍さんと私の公約は違いますから、私の公約で選挙しましょう!」
といってくれれば大いに納得しますよ、是非とも速やかな解散を切に望む今日この頃ではある。

 橋下弁護士大阪府知事選出馬とのこと、まあ所詮大阪のことだから当選するのだろうけれど、
「たかじんさんからの電話が大きかった」
というのが出馬を踏み切らせた理由とのことだ。
「テレビのことは俺が全部なんとかするから」
と説得したらしい。はっきりいって関東の人間には全く理解できない人が多いと思うのだけれど、関西の方にとっては大いに納得できるというところがすごい。

 サッカーは全く分からないのだけれど、少なくともWBCや五輪予選の野球日本代表よりは
「レッズに勝って欲しいと思った」
まあ、それはいいのだけれど、カカだかネネだか知らないけれどヒーローインタビューで
「グラッチェグラッチェ」
と冒頭にコメントしていたのがうれしかった、恐らくイタリア語なのだろう。

 たしか
「ありがとう」
という意味だったと記憶している。ただ、
「グラッチェグラッチェといえば、エースコックのスーパーカップ」
を思いだす方が多いのではないだろうか?
 風間 杜夫が出ていたCMで、色々な人に食べさせて感想を述べさせるやつで、真っ黒に日焼けした水着の女性がうれしそうに
「グラッチェ・グラッチェ」
と言っていたシーンが妙に印象に残ったものだ。

 てっきり
「美味しい」
という意味だと思ったら、
「ありがとう」
という意味だと後年判明して衝撃を受けたものだ。

 「あの水着の女性ももう相当なお歳なんだろうなあ」
と思うと同時に
「小生の今年の公約はなんだたっけ?結婚するんだっけ?」
と思い出せない今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月12日(水)プレミアム戦略とKJ法

 さすがにこの時期は、毎日毎日新しいことがあるわけでなく、
「あっという間に一日が過ぎてゆく」
まあ、こういうのがいいのか悪いのかは考えるところではある。

 3年前に60歳で定年退職した方の訃報が飛び込んでくる。希望すれば65または70まで再雇用制度があるのだけれど、
「もう充分」
といって、悠々自適の生活を送っていた方だ。しかも独身だったのだけれど、58の時に突然結婚されたときは一同ひっくり返ったと記憶している。それを考えると、あまりにも早い。。。。
 しかし、考えようによっては60で退職して、ようやくつかんだ幸せなひと時を3年間過ごせてよかったね。という感じだ。
「今日一日を後悔せずに過ごせたか?」
自問自答が必要なようだ。
「やらないで後悔するより、やって後悔せよ」
とよく言うけれど、なかなか出来ないことが多い。
「前向きに・永い目で」
というキーワードもあるけれど、まずは一歩踏み出す必要があるやに思う今日この頃ではある。。。。。

 遠藤功著(早稲田大学大学院教授・ローランドベルガー会長)
「プレミアム戦略」
読了。帯には、本邦初、本格的プレミア論と書いてある。(レクサスやプレミムモルツは何故成功したのか?)

 何を隠そう実は、数ヶ月前に著者の方の取材を受けたのである、なかなか男前で格好いい感じの方だったと思ったけれど、それよりも同行してきた早稲田の院生の女性がとても素敵だったと記憶している。ハードカバー1800円なんだけれど、2日ほどで読み終えた。
 
 色々共感する部分があるのだけれど、
「プレミアムとは機能的価値と情緒的価値の融合」
と位置づけ、
「逸話=ストーリーがとても大事だ」
としている。
 まさに
「我が意を得たり!」
とひざをうった。小生も常に
「ストーリーを意識し、ストーリーテラーを担っていきたい!」
と常々思っているのだ。
 
 まあ、他にも
「日本人はよくも悪くも分相応という概念がない」
これはなるほどなあ。。と思った、たしかに
「自分へのご褒美」
というような言葉で背伸びしたりするものだ、グリーン車とかにも比較的気軽に乗ったりするしブランド物も持つ。欧州のような階級社会でないからという面が強いけれど、
「格差社会が進んでどうなるのだろうか?」
だけど、難しそうな経済学の用語を用いることは出来ないけれど、小生にも
「これくらいのビジネス本は書けるような気がする」
しかしながら、
「小生自身がプレミア化されていないので」
出版も出来ないし、誰も購入してくれないだろう。

 小生もプレミアム化するためには
「逸話=ストーリーを作り、語るしかない」
それこそ山口瞳さんや開高健さんのような優秀な宣伝部員がいたサントリーならば
「トリスを飲んでハワイへ行こう」
とか色々アイディアが浮かぶだろうけれど、小生が単独ではストーリーを作るには限界がある。

 こういう場合はやはり
「KJ法(川喜田二郎)」
を採用すべきだ。ということで、思い浮かぶ言葉を列挙していくことにする
「指宿・鹿児島・味の丸一砂蒸し・黒川・別府・ラムネ温泉・長湯・棚湯・福岡・鉄なべ餃子もつ鍋・いか刺し・出島の華みかん・あんでるせんゑびす屋カレー焼きうどん・ホテル阪神・盛岡冷麺・乳頭温泉・妙乃湯第一滝本館・北の大地・ANA・ジャスマック・メーヤウ・マリーンズ・小野 晋吾ドラゴンシャンハイ・マイネルスケルツィ・マイネルゼスト・サンダーオブハード・エンジェルギフト・りくおさん温泉教授長島昭久
 まだまだ物足りないけれど、とりあえずこんなところだろう。しかし、ここからストーリーを作っていくのは大変だ。ということは、
「まだまだ遠征が足りないのでは?」
と改めて反省する今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月11日(火)衝撃の見積もり

 朝一に行った歯医者で衝撃的な事件が発生、
「先日抜いた歯と隣の歯の今後の見積もりです」
と言って出された見積書を見ると、なんと
「合計金額が53万円也・・・・・」
あまりの衝撃にしばし声が出ず
「ちょっと待ってよナンコウさん!」(by池中玄太)
といったところだ。

 沈黙の後に搾り出すように
うし「ほ、保険の範囲ではだめですか?????」
担当「保険だと、歯の裏が金属になったりするし・・・・あーだこーだ・・・・」
うし「小生、年間予算というのがありまして、正直完全に想定外なんです。ここのところガソリンも食品も上がっているし・・・・」
担当「分かりました、先生にお伝えします」

 3分後
先生「分かりました、うしさんとは付き合い永いですし、出来る限りのことはします」
うし「お、お願いします」

 後日再見積もりを頂戴するということで今日のところは、引き取ることになった。しかし、いくらできる限りのことをしてくれたって
「半分になるわけないぢゃないですか!半分になったって大変だよねえ。。。」
これじゃいくらスケルツィやゼストががむばたってとても足りない今日この頃ではある。。。。。

 午後から某局の取材、13時に撮影して18時に放送とのこと。はっきりいって、そこまで速報性のあるネタではないと思うのだけれど、理解不能だ。それこそ一ヶ月くらい前からゆっくり掘り下げて取材すれば
「ドキュメント1時間くらい作れるネタだと思う」
まあ、小生の知ったこっちゃないけどね。しかし、
「平日の6時に誰が見てるんだろう?」
と思ったら、
「4人からメールが来た」
という事実には衝撃を受けた、しかも1通は広島を経由しているからね。

 全くどうでもいいのだけれど
「石原伸晃氏 山崎派入り」
理由が
「山崎会長のもとで汗をかきたい、意見を発する足場がほしい」
とのこと。確か彼は、加藤紘一君のところにいたんだよね、国交大臣だかやってから長い間党の役職に就いていたから気づかなかったけれど、無派閥だったのね。だけど、それこそ
「山崎拓さんを総理にしよう!」
なんて思いは微塵もななさそうなところが素晴らしいといえば素晴らしい。
 しかし、意見を発する足場なら
「まずはブログを始めるべきでは?」
と思うのは小生だけだろうか?まずは小生のようにコツコツと始めて欲しいと思う今日この頃ではある。。。。

 スケルツィ、どうやら金杯でなく休養して根岸ステークスが有力らしい。これは非常にいい選択だと思う。金杯勝っても何も生まれそうにないからね。なんて思いつつ速やかに就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月10日(月)身が引き締まる思い

 先日、試供品でいただいた
明治製菓のアミノコラーゲン
を飲んでいる母親から
「飲んで3日ほどでお肌がツルツルになってきた!」
との報告が入る。ただ、
「ステロイドのように即効性が怖い」
ということで、お問い合わせしたのだけれど、
「副作用は全くない」
との返答が来た。なんでもカカトのザラザラ感とか全くなくなったそうで、これはすごい商品と認めることにする。
 アフィリエイトするつもりもないけれど、是非お試しください!

 今日も早朝から大田へ、この時期もっと賑わってもいいと思うのだけれど、イマイチ活気がない。やはり景気の後退を明らかに感じる今日この頃ではある。

 たまにはユックリお昼ごはんを食べようと思い
「イースト21」
へ参戦。カレーでも食べようと思ったら
「マンデーバイキング2000円也」
が開催されているので、即決。2000円でこの内容ならば大いに喜ばしい、オムライスの実演とかあるし非常にお得なランチだ。やはり
「立地の悪さがサービスをよくさせるのだろう」
とつくづく思う。
 
 ところで客層なんだけれど、ビジネス客もいるけれど
「幼稚園児と若い綺麗なママさんの集団が多数」
ちょっと裕福な家庭で、お受験仲間って感じがいかにもした。といっても所詮はそんなに高級住宅街ではないので、いわゆる
「キャナリーゼ」(爆)
とやらの集団なのかしらん?なんて馬鹿にしつつも、
「小生にもあんな感じの奥さんと子供がいたらなあ」
とつくづく思う今日この頃ではある。

 どうでもいいんだけれど、
「フレッシュネスバーガーがユニマットの傘下に」
とのことだ。先日
「タリーズも伊藤園の軍門に下った」
ことだし、結局
「業界3位が生き残れない時代になった」
ということが明確になってきた。逆にもっとゲリラ的な手法がとれる小さな規模の会社の方が単独で生き残れる可能性があるということなのだろう。
「JAS<スカイマーク」
などなど。。。。

 ところで今日はなんと小生が人生の敬愛する
温泉教授こと松田忠徳先生から書き込みがあった」
あまりにうれしい出来事に驚くばかりである。小生に出来ることはわずかであるが今後も
「循環・塩素入りではなく本物の温泉」
に浸かってその素晴らしさをこのブログで紹介する。そして一人でも多くの方に本物の温泉に参戦していただければと思う今日この頃ではある、改めて身が引き締まる思いだ。
「人間まじめにやっていれば、いいことがあるんだなあ。。。。」
とつくづく思う今日この頃でもある。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月9日(日)源泉かけ流しと圧勝!

 小生の敬愛する
「温泉教授 松田忠徳氏」
の最新著書
「一度は泊まってみたい癒しの温泉宿」
を読了したからというわけではないけれど、やっぱりちょっと疲れが溜まってきたので温泉に参戦することにする。

 それこそ朝一の新幹線で熱海あたりへ行って、お風呂だけ入って出社しようかとも考えたのだけれど、思案した結果
前野原温泉 さやの湯処
へ参戦することになった。場所は板橋なんだけれど、なんと
「源泉かけ流し」
の温泉に浸かれるのだ。ただの温泉ならば平和島のクアハウスや浦安の湯巡り万華鏡などもあるけれど、みな源泉かけ流しではない。

 ここも浴槽はいくつかあるのだけれど、たったひとつだけ
「源泉かけ流しの温泉」
が存在するのだ。ということで、首都高5号線を経由し30分強で無事到着。都内の住宅街の真ん中に温泉こんなに素晴らしい施設があるとは知らなかった。

 料金は平日は800円だけれど、土日は1000円。温泉を使った露天風呂が2つ。1つは源泉かけ流しだけれど、もうひとつは循環・塩素風呂。大きさは勿論かけ流しの方が小さいのだけれど、
「まさか循環風呂の方に人がたくさん浸かっているとは思わなかった」
これは正直まさかの光景、どう考えたって
「源泉かけ流しに入るでしょう!」
まあ、小生はゆっくりとしょっぱいけれど本物にユックリと浸かって生き返ることが出来た。

 サウナもひな壇式になっていてテレビも見やすく非常に快適だ。仕上げに再度温泉に浸かってからおよそ1時間で退場。
 結論として
「源泉かけ流し・近い・安い・清潔」
と条件が揃っているので近いうちの参戦を誓う。とにかく小さな浴槽1つとはいえ
「源泉かけ流し・塩素無し」
の温泉を提供しようという経営者の姿勢がうれしいのだ。
20071209124451
(都内で源泉かけ流しが楽しめるのだ)


 お昼前に出社したら、アクシデント発生とのこと。
「FAX・コピー・プリンターの複合機が故障中」
で困っている。
 しかも画面には
「センターに通報しました。しばらくお待ちください」
という表示がずうっと出ているではないか!それなのに、センターからは全く音沙汰がない。こちらからサポートセンターへ電話しても留守電だし
「これじゃ全くサポートしてないよね?」
いまどき日曜はサポートしませんじゃ話しにならん。
 
 やっぱりコピーは
「ザ・ドキュメントカンパニー」
に一日の長があるということのようだ。そういえば、小生の父親も30年前
「これ会社でゼロックスしてくる」
と言っていただけれど、今の若い人には通じないと思うなあ。
 
 そういえば、どこかのゲーセンだかデパートの屋上だかでキャラクターの綿菓子だかポップコーンを製造販売するマシンが壊れていて
「お店の人を呼んでね!」
という声が機械から流れていたのを、妙に哀れに感じてしまったと記憶している。

 3時45分、休憩室にあるテレビの前に陣取る。そう
「ギャラクシーステークスに出走するマイネルスケルツィ」
の応援だ!好スタートから先行し一回5番手まで下げたけれど、馬なりのまま4コーナー最内をついて3番手へ。
「この時点で勝った!」
と思った。
 案の定、直線で少し気合を入れると一気に先頭に立ち
「楽勝!」
といったところだ。池添の乗り方が非常にうまかったと思う。これで、次走の選択がとても大事になった
「京都金杯・中山金杯・ガーネットステークス」
と色々あるけれど、ガーネットステークスなら、かなりの確率で勝てそうな気がするよね、そうするとその次は当然フェブラリーってなるしなあ。。。。(笑)

 良馬場で
「1.22.4は素晴らしい時計だ」
しかも最後は余裕残しているからねえ。。。
「関東でも行くから、また乗せて欲しい」
とは池添騎手のコメント。いやあ、夢が広がるよね。

 ここのところ、しばらく馬が全く走らなかったけれど、この週末はマイネルスカールも未勝利で3着して
「2勝3着1回」
だからたいしたものだ、全ての流れがここままよくなっていくことを心から願ってやまない今日この頃ではある。。。

 いつも
「うし スケルツィ」
で検索していただいている方、応援ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月8日(土)みかんを食べましょう!

 早朝から大田へ、今日もそんなに寒さは感じない。色々と終えてからいつも通り
「浅野屋で朝食」
色々悩んだ結果、本日のメニューは
「煮込みうどん 1000円也」
朝から1000円とは豪勢だけれど、これがとっても温まるのだ。ただし、朝食としてはボリュウムがすごいので滅多に食べることは出来ない。
20071208083542
(これは暖まる!)


 さすがに土曜日、首都高はスイスイ。15分ほどで無事会社へ、ここから丸一日みかんと格闘することになる。今年のみかんは
「豊作・美味しい・小玉」
と三拍子揃っている。大きな要因として
「梅雨明け以降雨が極端に少なかった」
ということにつきる。全国的にとにかくみかんが美味しい。

 ただ、こういう年は
「相場が安いのだ」
ということで
「みかんは美味しいのにお金にならない」
生産者の方はこういう矛盾に直面していることになる。
 逆に概ね
「量が少なく美味しくない時は相場が高くなる」
この矛盾を解決する方法は小生には見当たらない。
 ただひとついえることは、スーパーでも八百屋さんでもいいから
「みかんをたくさん買って食べましょう!」
これにつきるなあ。。。。。

 ところで、最近沈みがちな小生にもいいことがあるもので
「15ヶ月ぶり出走のマイネルゼスト号が見事勝利!」
確かに休み前は、ようやく障害にも慣れてきて2着だったとはいえ、にわかには信じられない。普通だったらとっくに引退させているところを粘り強く立て直した
「高橋祐師とラフィアンのスタッフにお礼を言いたい」
もうすっかり売り切れていた
「早熟の短距離馬」
とばかり思っていたのだけれど、まあ本当にうれしい誤算だ。
「中1週で中山大障害」
でも出たら相当うれしいよね。

 ところで、明日はマイネルスケルツィが初ダートに出走だ。いかんせん来週の阪神カップが今年の最大の目標だったのに、除外確実ならば仕方ないない。でも
「密かにダート1400はピッタリでは?」
と期待している。応援に行けないのがとてもつらい。
 余談だけれど、9月に結局未勝利で地方に100万円で売却された
「マイネルシーワは船橋へ移籍してC1で2連勝」
買われた方はもう元をとったということだ。中央最終が格上の500万に出て5着だったから、このくらいは走ると思っていた。なんだかとても納得いかないなあ。。。。。

 ちょっとかなり疲れたので8時過ぎには帰宅。
「川島令三著 図解 【新設】全国未完成鉄道路線 謎の施設から読み解く鉄道計画の真実」
を読了してから就寝。。。。。
 かなり分厚いんだけれど、飛ばして飛ばして読み終えた。まあ、相変わらず彼の著書は
「夢多き自己満足の世界」
まあそれ分かっていて買ったから別にいいんだけれどね、
「小生のブログと同じようなもの」
なんだけれど、向こうはそれでお金になるんだからたいしたものだ、なんて考える今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月7日(金)手締めの難しさ

 「「ザ・プラン9」浅越ゴエさんが急性肝炎で入院」
という記事が朝日コムに掲載されていたけれど、皆さん
「浅越ゴエさん知ってますか?」
小生はNGKで見て、
「なかなかやるじゃん!」
と思っていたのだけれど、どこまでメジャーか知らないけれど、
「朝日が報じることなのかしらん?」
と真剣に思った。

 同様なのが、
「フジ菊間アナ退社 司法試験勉強に専念」
これも、わざわざ報じる必要全くないとおもいませんかね?まあ、浅越ゴエさんの入院よりはニュースバリューがあるという気もするけれど、よっぽどニュースがないのだろう。

 民主党小沢氏訪中
「李源潮氏と両党間の交流を促進していくことで一致」
まあ、
「そりゃ一致するよね。それくらい」
そんなことも一致しなけりゃ問題だけれど、記事の見出しがそんなレベルということは、
「何もたいしたことは話していない」
と同じじゃないか、と思いませんかね?

 見合いの席で、
「今後お互いのことをよく話し合っていこうということで意見が一致した」
というレベルと同じだけれど、残念ながらそこからお話が進んだことが、いまだかつてないまま今日に至っているのと同じだろう。

 夜はお取引先の懇親会に出席、会場は
「ニューオータニ」
昨年に引き続き2年連続2回目の参戦であり、ニューオータニへはこのときしか参戦する機会がない。子供の頃は最上階にあるグルグル廻るレストランが憧れの的だったけれど、もう30年くらい参戦していないけれど、
「まだ動いているのだろうか?」
少しだけ気になる。

 こういうパーティーで着席式なのは珍しい、周囲の方々とすぐに打ち解けて場を盛り上げられる方はいいけれど、人見知りの小生はなかなかそうはいかない。
 当然、名刺交換から始まるのだけれど、いきなり隣の方が
「すいません、名刺を切らしまして」
ときたのには衝撃を受けた。まあ、結婚式同様席次表があるので、
「どこどこの誰」
というのは分かるのだけれど、やはり
「この手の席に名刺を持ってこないのはマナー違反だ」
 だけど、面白かったのはやはりそのお隣の方も名刺交換の機会が度々あったのだけれど、その度に
「胸やお尻のポケットを触る」
そのしぐさがかわいい。もう忘れたって分かっているけれど、一応必死に探しましたよ。というアッピールなのだろうか?

 小生は昨年と全く同じ席だったのだけれど、周囲の方全く違った。しかしいきなりコンパニオンさんから
「昨年も同じお席でしたよね?私も同じテーブルを担当させていただきました」
とこられたから衝撃的だった。ああいう方々はそれこそ毎日パーティーでお仕事されているんだろうに、よく覚えていてくれたと感激した。まあ、職業柄人のことはよく覚えるんだろうけれど、たいしたものだ。まあ、そういう風に言われて
「悪い気になる人はいないだろう」
さすがはプロということだ。だけど、彼女達の髪型もすごいよね。リーゼントというかなんというか・・・・・・

 会合の締めは手締めなんだけれど、
「関東一本締め」
というのは非常に難しい。
「ヨーポン」
と1回だけ手を叩くのか
「ヨー、パパパンパパパン・パパパンパパパンパン・パパパンパパパンパパパンパン」
と10回だけ叩くのか?これがいつも悩むのだ。案の定今回も皆さん戸惑っておられたようだ。だから音頭を取る方は是非とも
「手を1回だけ叩いてください!」
とか言うべきだよね、延々つまらん話しないでさ。

 小生はまだ見ていないのだけれど、先日指摘した
「報道ステーションのマクドナルド元副店長の映像」
これについて古館氏が謝罪したらしい、放送見ていないから分からないけれど
「あの映像みておかしいと思わないスタッフに問題がある」
と小生は断言する。しかも証言した女性はテレ朝のスタッフとのこと。
「マクドナルドさんは制服泥棒として告発すべき」
と思う、しかもネームプレートまで盗んで辞めているんだからねえ、そんな偉そうに言う資格なんてあるわけない。このレベルの低さに衝撃を受けた、今日この頃ではある。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月6日(木)沈みこむ

 早朝から大田へ、早起きするだけで
「なんか俺頑張ってるなあ・・・」
と自己満足できるのがうれしい(笑)しかし実際一日が長く使えるわけだし、冷え切った空気の中で威勢のいい人達とご挨拶するだけでも、気持ちがいいことは確かだ。

 という感じで、午前中は非常に気分よかったのだけれど、午後から公私共に不愉快な出来事が連発。一件はちょっと楽しみにしていたプライベートなことがドンデン返しを食らったことであり、
「もう一件はこの一年というか数年の頑張りが否定されたような感じがして凄くショック。」
前者はともかく、後者の件はいちいちクヨクヨしていても仕方がないのだけれど、疲れが一気に出てしまった感じだ。

 来年のパリーグの日程が発表された。開幕が3月20日の祝日なのはいいけれど、なんと翌日はお休みときた。クライマックスもそうだったけれど、こういう日程の組み方は遠征者にとっては大変つらい。
「金曜ナイター、土日デーゲームでいいじゃん」
と思うけどね。しかも移動日なしで福岡で月曜から3連戦。
 あとロッテは東京ドームでファイターズ戦4試合、オリックス主催で2試合、計6試合組まれた。ようは
「首都圏で最も動員力のあるチームはマリーンズ」
という風に他チーム営業さんが認識しだしたということなのだろう。なぜか騒がれている大宮のライオンズ戦も相手はマリーンズだしね。

 で問題は8月。ところどころ虫食いになっているけれど、オリンピック期間中ということのようだ。でも試合全部なくすわけじゃないから、どうやったってペナントレースとしてはおかしい部分が出てくるよね。
「日本のプロ野球はオリンピックで最優先」
というのは憲章でうたわれてて、
「コンセンサスができているのだろうか?」
小生は全くそうは思わない、
「サッカーの場合は全てはワールドカップのため」
という目標があるから、突然監督を横取りされたって仕方がないとチームもあきらめるんだろうけれど、野球の場合は全然違うと思うのは小生だけなのだろうか?

 今年の5月に寿退社した子とメールが来て、現在長野で幸せに暮らしているんだそうだけれど
「相手の寿命は私の料理で左右される」
なんて考えているとのこと。
「心底うらやましいなあ~」
と思う今日この頃ではある。

川島令三著
「図解 【新設】全国未完成鉄道路線 謎の施設から読み解く鉄道計画の真実」
を読みながら就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日(水)番付

 いよいよ年の瀬ということで、雑誌などにはトレンド・ヒット商品などの
「年間ランキング」
が盛大に掲載されている。こういうとき
「大賞とか金賞」
とかいう表彰もあるけれど、個人的には日経流通新聞MJなどが採用している
「番付」
が非常に分かりやすい格付け方法だと思う。
「東西横綱・大関・関脇・小結・前頭・同」
という風に独特の書体で縦に下りてくると
「格付け」
という感じがグッと盛り上がる。

 今読んでいる、小生の敬愛する温泉教授こと松田忠徳氏の最新著作
「一度は泊まってみたい癒しの温泉宿」
に掲載されているランキングも
「平成温泉旅館番付」
として番付制度が採用されている。
「松田氏は行司」
として明記されているけれど、
「行司というよりは横綱審議委員会委員長」
のような役割だと思う。ちなみに日経MJも行司を自称している。

 余談だけれど、同書には
「明治時代に作られた温泉番付」
も掲載されている誰が行司役かは分からないけれど、明治時代に
「全ての温泉に浸かることは不可能ではないだろうか?」
行事役が一体誰だか知らないけれど、何箇所の温泉に浸かったのかは気になるところではあると同時に、その時代は当然だけれど全ての温泉が
「源泉かけ流し」
という当たり前の時代だったんだなあ。。。。とは思う。

 あとのこの時期というと
「羽子板市」
も風物詩だ。よく今年にぎわした人物を描いた
「変わり羽子板」
とか紹介されるけれど、そんなもの本当に購入する人がいるのだろうか?同様の例として
「変わり雛」
も年が変われば登場するけれど、あれもよく分からない。今年でいけば
「東国春知事・ビリー」
といったところだろうか?

 あまりよく知らなかったけれど、どうやら
「サッカークジ=toto」
が廃止問題のさなかとのことだ。よく分からないのが
「500億売っていてどうして累積赤字が膨らむのか?」
この仕組みが分からない、細かい数字は分からないけれど売上の半分が配当だとしても、販売手数料を引いたって莫大な利益が生じているとしか思えなかったのだけれど、
「一体どういう仕組みになっているのだろうか?」
競馬や競輪は賞金がかかるけれど、サッカー協会とかに先に払っているという話も聞かないし、
「どうせ天下り役人がやりたい放題やっているんだろう!」
としか思えないよねえ。

 一方、
「生活保護の支払い金額を引き下げる方向」
との報道もあった、ようは給与所得者の下の方よりも年金生活者がいい暮らしをしている可能性がある。とのことだ、
「格差社会」
とやらを反映して低所得の方が増えつつ、所得も下がっているからの措置だという。
「こういう報道があるとすぐにテレビは極端な映像を流す傾向がある」
一人暮らしの老人で
「これ以上減らされたら、一体なにを節約すればいいのでしょうか?」
などと訴えかけたりするやつだ。勿論こういう方もいらっしゃるだろうけれど、そうでない方もいるのだと思う、やはり両方報道するのが筋だと思うけどね。
 
 さすがに繁忙期、寒さもあって疲れが溜まってきた。速やかに就寝するしかなそうだ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月4日(火)親の敷くレール

 今朝はテレビもスポーツ紙も昨日の試合のことが中心のようだ。小生興味がなかったのだけれど、
「野球でオリンピックに出れるということはそんなに劇的なことなのか?」
よく分からないんだけれど、てっきり普通に出てると思っていたけれど、そうでもないという現状がよく分かった。でもこのシリーズで負けてもどうやら二次予選とやらがあったようだけれど、テレ朝では
「もう後がない」
ような煽り方だったなあ。。。。。

 まあ、これ読んでて不快な方がほとんどだと思うけれど、もう少しだけ
「野球では負けられない!」
というキャッチは、
「サッカー関係者不快じゃないのかしらん?」
と思う。あと
「古田は松木安太郎路線を今後も歩むのだろうか?」
という疑問がわく。
 今後の国際試合は
「絶対に負けられない+松木安太郎風」
が基本となるような気がしてならない。

 大学ラグビー部での
「大麻吸引問題」
部員12人が吸引したことが明らかになった。今回の件で分かったのが
「大麻は吸引しても罪にならない、所持すると罪になるのだ」
この法律はよく分からない。
「覚醒剤とかも注射は罪にならないけれど、所持しちゃいけないのかしらん?」
となると、絶対に自分では打ったり吸ったりしないで、
「全部人にやってもらっていた」
となると、本人は罪にならないのね。

 動画サイトに投稿された
「吉野家 テラ豚丼」
が異常に大きな騒ぎになっている。ご本人はまさかこんなに大きな騒ぎになるとは想像も出来なかったと思う。しかし明らかに吉野家の店内で制服着て映っちゃってるからねええ。制服といえば先日報道ステーションに
「マクドナルドの制服を着た元副店長」
なる人物が色々と証言していた映像が流れていたけれど、
「なんか妙に怪しい」
と思ったのは小生だけだろうか?そもそも元なのにわざわざ制服を着て出演するということは、
「その制服は元副店長が辞めるときに盗んだのか?」
またはヤフオクで買ったのか分からないけれど、非常に怪しいと思う。

 テレビ局も
「不二家問題で朝ズバッ!」
の同様な手法があれだけ問題になったのに、つくづく懲りないと思う。

 午後から打ち合わせしたフードコーディネーターの女性はお子さんが来年中学受験とのこと。
「明らかにナーヴァスになっている」
小生も20年以上前のこの季節は最後の追い込みを徹底的にかけていた。勿論最初は
「親にレールをひいてもらって背中を押してもらった」
けれど、6年生の夏以降は
「自分で走り出した」
ような感じだった

 以前テレビで
「坂田 信弘ゴルフ塾」
のドキュメントみたいなのを放送していて無理やり親に入塾させられた小学生が
「親のひいてくれたレールを走るかどうかは自分次第だ」
みたいなことを言っていて感心させられたことを思い出した。

 しかし、さすがに
「結婚のレールはひいてくれないのかしらん?」
と思っているんだけれど、そういえば
「親同士の見合い」
というのも最近はあるそうですね、誰かまた
「レールをひいてくれないかしらん?」
といつまでたっても大人になりきれない小生なのであった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月3日(月)ビックマック指数と妊娠はしていない

 5時30分起床、首都高経由大田へ。思ったよりも寒くないので楽だ。早朝の市場は活気があってとても気持ちがよい。速やかにお仕事を済ませ、ひさしぶりにおなじみ
「浅野屋にて 味噌らーめん」
熱々で、野菜たっぷりの味噌らーめんは定番メニュ-として欠かせないのだ。調子がいい時はミニカレーも食べるのだけれど、さすがに年齢的にもう無理。
20071203084252
(熱々の味噌らーめん)


 月曜朝の都心へ向かう1号線上りは大渋滞のはずなんだけれど、今日は比較的空いている。たまたまかもしれないけれど、
「ひょっとしてガソリン高騰の影響かしらん?」
という気もする。と考えると当然のことながら
「原油高騰は地球環境に優しい=もっと値段を上げてもいいのでは?」
とならないかしらん?

 ところでガソリンの価格は当然各国で違うわけで、為替もあるけれどアメリカは80円台、日本150円台、英国230円台らしい。税金などが全然違うので
ビックマック指数
のように通貨の価値を測るわけにはいかないだろう。ビックマックはほぼ全世界でほぼ同じ品質のものが売られているので、ものさしになるという恐ろしい商品ということだ。同様に、
「スターバックス指数」
「コカコーラマップ」
とやらもあるしいけれど、
「全部アメリカの商品」
なんだよね。なんだかんだいってもまだまだ
「アメリカ アズ ナンバーワン」
「アメリカンスタンダード=グローバルスタンダード」
ということなのだろうか?

 「吉野家指数・虎屋指数」
とかはまだまだ無理そうだけれど、いつの日か
 「杏仁豆腐指数」
とかできるといいねえ。。。。

 一方で道路特定財源を活用して
「高速道の料金を下げる」
とのことだ。根本的に分からないのが高速道路会社は民営化したんだから、料金って各高速道路会社が勝手にとは言わないけれど、決めるんじゃないのかしらん?しかも税金を勝手に注入しちゃうって全然民間会社じゃないじゃん。。。。

 しかも理由が
「原油高に苦しむ業者対策」
ということなら普通に考えれば
「揮発油税下げろ!」
ということになると思うけど、役人や政治家の発想として
「再分配の権限=利権」
を手放すわけないか。

 さすがに今日から帰宅が遅くなる、23時過ぎにようやく帰宅。ネットを見ていると
「渡鬼の愛ちゃん結婚」
とのことだ。まあ、そんなことはどうでもいいのだけれど、わざわざ
「妊娠はしていないという」
との解説がつけられている。

 もう一組
「ソフトバンク馬原と元TNCの畑野優理子アナ」
このカップルは同棲していたので今更と言う感じなんだけれど、畑野アナファンの小生としてはガッカリではある。在福岡の女子アナというより全国の女子アナでも屈指の美人さんだったと思う。小生と共演しないまま引退してしまったのは彼女も悔いが残らなければいいけどなあ。。。。

 しかしながら、さきほどの愛ちゃんと違って
「妊娠していないという」
という解説はついていない、ということは
「妊娠しているのか?」
という疑問も若干湧くけれど、おそらくそんなことはないと思う。ただ、触れないし記者も質問しなかったのだろう。小生としてはこの扱いの違いがよく分からないなあ。。。。
 というかサンジャポがインタビューするならば分かるけれど、いきなりマイク向けて
「妊娠してますか?」
というのはいくらなんでも失礼ではないかしらん?と思う今日この頃ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月2日(日)コメダとマウンテン

 昨晩は力尽きて就寝したにもかかわらず、1時間おきにトイレに目覚めてしまった。とはいえ、最終的な起床が9時30分だから合格を与えることにしよう。朝食ヴァイキングは欠場し、
「日経・日刊を読みながらサンデージャポン」
なんとも幸せなひとときだ。

 ただ、今週のサンジャポは
「朝青龍再来日」
ばっかりで全く面白くなかった。最近は高橋ジョージの意見にテリー伊藤が真っ向から反論する場面が目立つが、明らかにテリーに分があるようだ。

 11時30分チェックアウト、せっかく名古屋へ来たので噂に聞く
コメダ珈琲店
へ寄って名物の
「シロノワール」
とやらにチャレンジしようと思ったけれど、場所を見つけることが出来ずに断念。名古屋を中心に300店舗あるらしいけれど、オフィシャルサイトを見てもなぜか店舗一覧がない。是非とも近いうちに参戦したいものだ。

 仕方がないので、せっかく名古屋へ来たので噂に聞く
喫茶マウンテン
へ参戦して名物の
「かき氷他」
にチャンレンジしようと思ったけれど、めんどくさくなったので断念。ファンサイトを見ると、一時休業していたが、どうやら6月末に営業を再開したとのこと、是非とも近いうちに参戦したいものだ。

 仕方がないので、お昼ご飯は
「新幹線ホームのきしめん」
確かに麺は美味しいけれど、つゆがキツイ。もっとまろやかさがあると更にいいといつも思う。
20071202115203
(オプションが高いから、かけ!)


 携帯からのエクスプレス予約で3人がけの窓側A席を確保したので、
「どう考えても隣はいないだろう」
と安心していたら、なんと二人連れが登場した、このショックってかなりのものだ。発車10分前に購入したのに、この仕打ちはないよねえ。。。。

 エクスプレス予約は便利でお得なんだけれど、是非とも早急にチケットレスを実行して欲しい。ANAの方が明らかに先を行っているよね。
 のぞみ号は実に快適そのもの。週刊文春・新潮を読み、ウツラウツラしていると
「列車はただいま定刻通り小田原を通過しました」
というアナウンスで目覚める。

 2時過ぎに出社、デスクの上は大変なことになっているので、片付けてから雑務をこなす。名古屋は暖かかったけれど、東京は夕方からぐっと冷え込んだ。
 
 まあ、最近人生を色々考えるのだけれど、やっぱり
「東京に住む意味」
って考えれば考えるほどないよね。唯一
「子供の教育」
だけは東京に住むメリットを感じるけれど、今のところその予定も全くないので、仕事さえあれば移住という選択肢は十分ある。

 なんて考えていたら、小生の敬愛するNさんからメールが到着した。ある会合のお誘いなんだけれど
「私は政局の動向があり、いけるかどうか分かりません」
とのコメントがあった。非常に生生しいメールだけれど非常に感激した今日この頃ではある。。。。。


 台湾で野球のオリンピック予選が行われているけれど、全く関心が湧かない。いつぞやのWBCもそうなんだけれど、どうもテレビの騒ぎ方とか不快感さえ感じる。だけど、この時期までやっているとピッチャーとか本当に来年のシーズンやばそうだよね。イチローとか松井とかも出てないみたいだし、なんか意味合いがよく分からない大会だ。
「しかも星野仙一が登場しちゃうととてつもなく如何わしく感じちゃうしねえ。。」
まあ、純粋に楽しめない小生にきっと問題があるのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月1日(土)イマドキ暴動ですか?

 ホテル阪神の朝といえば、いうまでもなく
「スパ」
なんだけれど、今日は10時から阿倍野で打ち合わせということで、チェックアウトをせずに環状線に乗って天王寺へ。天王寺は一大ターミナルであり、このたび近鉄百貨店が日本一高いビルを建てる計画を発表したばかりだ。天王寺(阿倍野)という街は、ちょっと違うかもしれないけれど、東京でいうところの池袋みたいなイメージだろうか?
20071201111002
(環状線内回りでGO!)


 阿倍野で1時間ほど商談なんだけれど、担当者の口から
「気をつけないと暴動が起こりますからね」
という発言が出たので衝撃を受けた。
「イマドキ暴動ですか????」
まあ、確かに新今宮に近いとはいえねえ。。。。。

 11時30分にホテルへ戻る、チェックアウトまで30分しかないけれど、意を決して
「スパへ参戦」
ゆっくり出来なかったのは残念だけれど、温泉・サウナ・水風呂でスッキリ。ありがたいことにチェックアウトを15分ほど遅らせていただいた、感謝、感謝。。。。。。

 とりあえずお食事ということで、いつもの
「狸狸亭(ぽんぽこてい)」
にて、カレー焼きうどん・豚やきそば。ここでも最近は
「いつものでいいですか?」
と笑顔で聞かれるのでうれしい限りだ。
20071201125145
(豚そばっ!)
20071201125705
(カレー焼きうどんっ!)

 梅田へ出て、ここでも商談を1時間ほど。。。。担当者と笑顔で別れて新大阪から新幹線で1時間、名古屋へ到着。名古屋の定宿いえば勿論、
「メェーリィーオットォ」
なんだけれど、前回大揉めに揉めたので、思案した挙句
「名古屋観光ホテル」
を選択。タクシーで10分ほどで到着だ。ロビーは綺麗なんだけれど、お部屋のあまりのボロさに衝撃を受ける。古いだけでなく、手入れが足りないのだ。特にバスルーム周りの感じに全く清潔さを感じられない。
「とっても残念」
まあ、お値段が安いので仕方がないといえば仕方がないのだけれど、
「まあ次回はないだろう。」
ということだ。

 1階のコーヒーショップにて商談。色々と前向きなお話をしていると、見覚えのある女優さんたちが複数入場してきた。
「音無美紀子・小林綾子・中田喜子」
の三女優。どうやら近くの御園座での舞台に出演しているらしい。だけど何も3人で歩かなくってもいいと思うけどねえ。マネージャーさん1人くらい連れていてもいいと思う今日この頃ではある。

 しかし小林綾子さんといえば
「おしん」
である。あのおしんが、こんなに大きくなったということは、小生も大きくなったということあり、歳をとったということでもある。つくづく実感する今日この頃でもある。

 夜は、K氏ご夫妻と
鳥椀さんにてコーチンをいただく」
コーチンを使ったすきやきは美味しかったといえばおいしかったけれど、そのお値段の高さにちょっとビックリ。チキン南蛮と手羽先は美味しかった。
20071201185300
(1人前3000円で2人前からとは。。。。)
20071201190841
(チキン南蛮はあたり!)

 ご夫妻は教育熱心のご様子で、色々と
「K夫妻の子育て日記」
を拝聴する。なんだも小学校2年生の男の子さんは、将棋教室に通っているとのことで、かなりの腕前とのこと。
「2枚落としてもらってもお父さんは子供に勝てない」
とうれしそうに語っていたのが印象的だった。

 衝撃的だったのは、夫妻のお子さんの通う学校ではないけれど、ある小学校で父兄会に参加した母親が先生に向かって
「今日のパート代補填して欲しい」
と難癖をつけたなんて話を聞いたとのこと。
 ようは、
「出来ることならこういう親のいない学校に子供を通わせたいというのが本音としてあるのだろう」
さすがに私立へ通わせる親はこういうことは言わないだろうしねえ。。。。
20071201194632
(ごちそうさまでした)


 締めに親子丼をいただいて、終了。
「とってもおいしゅうございました」
ホテルへ帰ると、玄関前にカウンタックなどの高級外車が並んでいる、部屋はショボくても来館客のお車はゴージャスのようだ。
20071201211651
(ゴージャスな車がたくさん)


 週刊新潮
「双樹会 主宰者も関与する慶応幼稚舎 7000万円!お受験詐欺」
 という華々しい見出しにつられてついつい購入。ページをめくっていくと
「双樹会」
「小林要助氏」
という文字が目に飛び込んでくる。
「今年は幼稚舎に19名受験して5名もの合格者を出した」
とのことだけれど、
「意外とたいしたことないじゃん!」
って気がしないかしらん?幼稚舎は合格者144名だからねえ。。。
「本当に5人しか受かっていないのかしらん?」
と思う今日この頃ではある。。。。。

 「ロッテが銀座コージーコーナーを買収」
というニュースも飛び込んできた。コージーには色々噂があったけれど、これで納得。個人的にはコージーコーナーのケーキは好きだ。特に
「100円のシュークリーム」
は特筆に価すると思うし、チーズケーキなんかのオーソドックスなケーキも大型で好みだけどね。

 夜景も見えないので、週刊新潮を読みながら早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »