« 10月31日(水)最高相談役 | トップページ | 11月日2日(金)米沢牛のステーキ »

11月1日(木)米沢牛のすきやき

 昨日の日本シリーズの視聴率は12.1%(関東)ちなみにテレビ東京系で放送された
「いい旅夢気分の視聴率が12.8%と発表された」
まさか日本シリーズが夢気分に負ける日が来るとは思わなかった。
 
 まあ、実は昨日は小生も夢気分を見ていたのだ。内容は
「米沢~赤湯~蔵王 出演者  坂田利夫・間寛平・沢田亜矢子」
という出演者は、なかなか豪華版ではあったけれどねえ。。。。。

 夢気分が日本シリーズに勝ったからではないけれど、
「小生も米沢へ向かうことになる」
午前中、新宿での打ち合わせを終えて東京駅からつばさ号に乗り込む。車内はガラガラ、速やかに
「二段とりそぼろ弁当」
をいただいてから、持ち込んだ書類に目を通し、日刊・日経・ゲンダイなどなどを熟読。大宮・宇都宮・郡山と止まってゆくのだけれど、車内はどんどん閑散としてゆく。そもそも大宮の次は福島でもいいと思うのだけれど、何故か需要があるのだから仕方がない。福島出発時点で車内は6名というとても寂しい状況となった。
20071101130145
(速達つばさが欲しい)
20071101131146
(旅の友はいつものやつ)


 およそ2時間20分で米沢へ到着、まさに昨日の夢気分の出発地点だ。小生はお出迎えの車に乗って協力工場へ向かい、工場内にて打ち合わせを2時間ほど。まあ、とにかくこのご時世だから色々と確認などしなくてはならないことが山積している。

 お仕事が済めば今夜の宿である、
「白布温泉」
へと向かう、結構な標高を登ってゆくのだけれど、真っ暗でとにかく寂しい。白布温泉には西屋・東屋・中屋と3軒の宿があるのだけれど、まずは
中屋別館不動閣
にて日帰り入浴、ここのお風呂は
「オリンピック風呂」
と命名されており、たしかにスケールが大きかった。しかも湯の花が浮いていて、とてもいい感じ。館内には東京オリンピックの山形地区の聖火台があったりして、よく分からないけどお湯がいいからよしとする。ちなみに館内は赤じゅうたんが敷き詰められていて、独特の雰囲気がある。しかし田舎の旅館へ行くと
「必ずかび臭い赤じゅうたんが敷き詰められている」
のがとても不思議ではある。
20071101174952
(館内に何故か聖火塔が)


 お泊りは中屋ではなく
西屋
ここはお日帰り入浴で2回お邪魔しているが、お泊りは初めてだ。
20071102100507
(創業250年!)


 とにかくこの旅館は古く
「創業は250年前」
というから只者ではない。しかも、浴衣にはエスペラント語の文字が描かれていたり、とにかく奥が深そうだ。
 まずはお夕飯なんだけれど、勿論
「米沢牛のすき焼き!」
お皿一杯の米沢牛を見ると、血湧き肉踊るものがある。ここのすき焼きは、なぜかみそ味。勿論、米沢牛美味しいのだけれど、とにかくボリュウムが凄くて、凄くて。。。。。若い頃ならばペロリと平らげるだろうけれど、40も近づいてくると、さすがにこたえるのか、最後は一杯一杯。それでもとにかく
「おいしゅうございました」
。。。。。。。。。
20071101181646
(よ、よねざわ牛だ!)
20071101182130
(味噌味のすき焼き)

 
 通常ならば早速
「源泉かけ流しの 湯滝」
へ参戦なんだけれど、お部屋にて日本シリーズを観戦。本日はテレビ東京系による中継なので、視聴が危ぶまれたのだけれど、BSのおかげで助かった。しかし、そのときはまさか
「こんな歴史的な場面を目撃するとは思わなかった・・・・・・」
けどねえ。。。。

 問題の山井なる投手が8回までパーフェクトを続けた、裏の攻撃ツーアウトになってもキャッチボールに出てこないので
「まさか!いや!でも!だやっぱり!けどもねえ!」
と色々な考えが浮かんだけれど、最後森コーチと話しているシーンで岩瀬の投入を確信した。結果は岩瀬が抑えてドラゴンズが継投によるパーフェクトを達成し見事日本一になった。

 色々な意見があるのは分かるけれど、
「小生は納得できる采配だった」
これは全く根拠がないのだけれど、山井は勿論全てのドラゴンズ関係者、そしてドラゴンズファンの多くは納得したんじゃないかな?
 
 とおもっていら、その直後から解説者たちの落合攻撃が始まった。勿論パーフェクト偉大さはよく分かるのだけれど、あの時点における落合監督の選択は、そんなに簡単に
「球界内部の人間が批判すべきではないと思う」
勿論、外野はなにいってもいいけどね。

 しかし完全試合といえば、小生の長い間野球をみているけれど、唯一記憶にあるのが福岡ドームでの槙原、ただし
「抱きついた長島一茂が不快だった」
という記憶が最も鮮明に残っている。

 MVPは中村紀、勿論嫌いな人もたくさんいるのは分かるけれど、小生にとっては大好きな選手の一人だ。
「とにかくおめでとう」
と心から言いたい。
20071101215013
(勿論源泉かけ流し!!)


 「源泉かけながし」
の温泉にたっぷり浸かってから就寝。今日は色々と考えさせられた一日であった。。。。。

|

« 10月31日(水)最高相談役 | トップページ | 11月日2日(金)米沢牛のステーキ »

東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16956382

この記事へのトラックバック一覧です: 11月1日(木)米沢牛のすきやき:

» 宮城の温泉 源泉掛け流し かおりの湯 [宮城のおんせんめぐり]
大崎市三本木にある「花おりの湯」を訪ねた、三本木は昭和30年代まで亜炭を産出していたところで亜炭産出の古い施設が街のあちこちに見られます。「花おりの湯」は豊富な湯量で源泉かけ流しを 温泉の目玉にしています毎分1500リットルの湯量を誇り贅沢にそして大胆に使っている天然・源泉かけながしの温泉なのです。又シャワーも源泉かけ流しでシャワーを浴びても温泉の効能がとれることもありません。そしてもう1つ「花おりの湯」にはワンちゃん専用の天然温泉がありますこのペット専用の温泉も源泉かけ流し...... [続きを読む]

受信: 2007/11/12 10:28

« 10月31日(水)最高相談役 | トップページ | 11月日2日(金)米沢牛のステーキ »