« 10月2日(火)濃厚旨ミルク | トップページ | 10月4日(木)ルノアールと談話室滝沢 »

10月3日(水)全部です

 あまり関心はないのだけれど、どうやら高校生ドラフトが行われたらしい。来年からは再び大学、社会人も含めた自然な形になるらしいけれど、どう考えてもこの分離ドラフトは理解できない。もっとも理解できないのが、まもなく退団する監督やフロントがドラフトにかかわること。当たりくじを引いた古田監督だって、
「心から当りクジを引きたいとは思えないだろう」
極論言えば参加させるべきではないと思うけれどね。ファイターズの高田GMだって全く同じ、もしも水面下でスワローズ監督を受諾しているのだったら、今回は競合していなかったけれど、複雑な気分になると思う。

 そんな意味不明の高校生ドラフトで異彩を放っていたのが、やっぱり
「ボビーバレンタイン」
やはりこういうイベントであそこまでのパフォーマンスが出来るのは、彼しかいないだろう。

 そのマリーンズは夜、ホークス相手に逆転勝ちをおさめシーズン2位を確保した。今年のパリーグは色々あったけれど、やっぱり楽天の4位というのがすごい。というか、先にいい選手だけを確保していた
「オリックスは一体なんなのだろう?」
といわざるを得ない、中村紀、谷、早川ざっと上げただけれでも放出した選手はみんな活躍しているからなあ。。。。まるでかつてのタイガースのよう。

 「若離婚」
まあ、どうでもいいのだけれど、一般紙にも盛大に記事が載っていたからなあ。まあ、この少子化の時代に子供を4人もつくったということだけでも偉大なことだ。まあ、小生若とはほとんどご縁がないのだけれど、中洲のチャンコダイニング若で見つけたときは
「おお!若だ若だ!」
と一応反応はしてしまった。しかしながら、やっぱり先日のA球団のA選手に会ったときのような感動はなかったし、現役を退いているせいか
「いわゆるオーラ」
も感じなかった。しかし、オーラといえばデパートで
「あなたのオーラを測定します」
みたいなコーナーがあったけれど、やっぱりある程度社会で成功したような人と、そうでもない人では
「オーラの出方が違うのだろうか?」
ふと思ってみた。

 花田美恵子さんのブログによると、子供4人は最後まで
「分かった」
とは言ってくれなかったとのこと。しかしながら、いつか
「ママやっぱり(離婚して)よかったね!」
と言ってもらえるように頑張りますと締めている。美恵子さんファンの小生としては応援せざるを得ない。

 しかし、こういう有名人の離婚というのは、結婚した時の映像が残っているからかわいそうだ。現 相撲記者クラブ会友の杉山さんがしきっていた共同会見の様子とか流れちゃうからねえ。。。改めてそのときのVTRを見ると
杉山「美恵子さんのどこがいいんですか?」
 若「全部です」
杉山「具体的に」
 若「全部です」
杉山「では美恵子さんは?」
 美「全部です」
会話が全く成立していないところがすごい。今話題の沢尻なんとかの
「別に」
とある意味おんなじだ。

 まあ、今なら
杉山「美恵子さんのどこが嫌いになったんですか?」
 若「全部です」
杉山「具体的に」
 若「全部です」
杉山「では美恵子さんは?」
 若「全部です」
という風に、全て同じ回答をしても会話が成立しそうなのがすごいよね。

 しかしまあ、若夫妻の言っていることは、あながち間違ってはいないのかもしれない。
「結婚なんて理屈じゃないんだろうね」
だけど、小生の周りでも離婚するときは徹底的に憎しみあって離婚するからね。
「あの女、電球まで外してもって行きましたよ」
なんて憎憎しそうに言っていた人もいたなあ。。。。

 若は
「さんまさんのように自由に生きたい」
と言っているようだけれど、
「もう自由に生きることに疲れた小生」
にとっては、なんともわがままなセリフではある。
「早く誰か自由を奪ってくないかなあ」
と思う今日この頃なのである。。。。。
 

|

« 10月2日(火)濃厚旨ミルク | トップページ | 10月4日(木)ルノアールと談話室滝沢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16656334

この記事へのトラックバック一覧です: 10月3日(水)全部です:

« 10月2日(火)濃厚旨ミルク | トップページ | 10月4日(木)ルノアールと談話室滝沢 »