« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

10月31日(水)最高相談役

 慶応高校野球部、関東大会準決勝戦にて見事勝利。これで
「来年春の選抜出場を確実なものとした」
ベスト4では過去に選考からもれた高校もあったけれど、これで100%甲子園行きの切符を勝ち取った。まあ、たいしたものであるが、報道では全て
「力道山の孫 甲子園へ」
という見出しとなり、慶応高校よりも力道山の文字の方が明らかに大きい。

 本人は
「じいちゃんはじいちゃん、自分は自分」
という非常に冷静なコメントを出している。普通、力道山の孫ならば
「苗字は百田(ももた)さんではないのか?」
と思うのだけれど、どうも力道山の娘さんの息子さんらしい。慶応高校野球部といえば、原君とか淡口君とかかまやつ君とかビッグネームのご子息がいたけれど、やっぱり力道山の孫しかも主力選手というのが凄い。

 戦後のスターといえば
「力道山・美空ひばり」
というところがビッグネームだけれど、もうその孫の世代になった来たと思うと思うところがある。

 ホッカイドウ競馬から大井へ転入してきた
「エンジェルギフト号」
の緒戦は3着。大敗も予想されたけれど、なんとか3着に入ってくれたので、めどがたった。どうやら跳びが大きく完全な芝向きのようだけれど、依然として中央交流再開のめどがたっていないのがつらいところだ。まあ、運も実力のうちということが勝負事にはあるけれど、普通にJBCが行われているのだからイマイチ納得いかないところもある。
 
 「いい旅夢気分」
でも見ようかと珍しく早めに帰宅している途中に、社長から飲みのお誘いがかかり西麻布へ急遽参戦することになった。ちなみに
「社長といってもあだ名で氏の役職は課長である」
社長を襲名したのは中学一年生の時だから、それから20年以上社長に君臨していることになるのだから、この浮き沈みの激しい社会でそれなりの評価を得続けているということなのだからたいしたものだ。
 願わくは将来本当の社長になって欲しいものだけれど、部長で終わっても社長・会長・最高相談役(彼の会社の実在の役職)になったとしても、我々にとっては生涯社長である。
 しかし冷静に考えると最高相談役というのは奇妙な役職だ、
「最低相談役とかいるのかしらん?」
よくある上級副社長というのも意味不明。下級副社長も当然いるのだろうけど、なんかなあ。。。。

 なんでも今日はハロウィンとやららしく、街中は仮装した女性がたくさんいた。メイドさんていうのが多いようだけれど、なんてといっても仮装が似合うのは
「うまたせ君」
が一番だ。愛想もいいし、本当に愛くるしいやつだ。
20071031133447
(相変わらずかわいいやつだ)


 珍しくお酒を飲んでしまい、いい気持ちになって12時過ぎに帰宅、小生は近いけれど社長はこれから京急に乗って横浜の先まで帰宅するのだから大変だ。

 ところで、鳩山邦夫君の
「友人の友人はアルカイダ」
とのことだ。昔あったブロック崩しの進化形みたいなのは
「アルカノイド」
なんだけれど、それとは違うよう。先日死刑執行についての発言では珍しく彼を認めたけれど、
「やっぱり彼はおかしい」
としかいいようがない。一瞬でも彼を評価した小生を悔いる今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月30日(火)情報管理の甘さ

 今日は朝から来客が続く。うち取材が1本なんだけれど、ちょっとなんともいいようがなく不快になったしまったので、大人気ない対応に終始。こういうのが本当に小生のいけないところなんだけれど、
「まあ結婚も出来ないんだから、大人ではないのだろう」
と割り切ることにする。
 
 続いて登場したのがアポ無しなんだけれど某新聞の女性。これが妙に気があったようで、本題もそこそこに1時間ほど話し込んでしまった。ようは
「こちらから相手に聞きたいことがあるか」
ということに尽きる。ろくに勉強して来ないうえに、面白い話題もない。となるど、やっぱりこちらも、積極的に話そうというサービス精神を発揮できないのだ。

 興味深かったのが某経済新聞について、
「彼らはとにかく企業の決算予想を抜くことだけ生きがいにしている。これは外国では考えられないことだ。こういうのが漏れることが投資家への日本売りを招き、この国の地盤沈下を招いている」
と論じていた。
 まあ、なるほどなあと思う。確かに山一破綻やJAL・JAS統合、伊勢丹・三越統合なんかも事前に日経がすっぱ抜いたわけだけれど、正式に決まる前に漏れるというのは
「情報管理の甘さの極致」
と言われると全くそのとおりだろう。
 
 福田氏と小沢氏が会談。小沢氏は
「総理から話したいといわれて断わる?」
といっているけれど、たしか
「安倍君の時は門前払い」
したと記憶しているけれどねえ。。。
 まあ、会談してもいいのだけれど
「明日の党首討論を中止」
というのはいかがなものだろうか?
「まさか、この人たち本気で大連立とか考えてるんじゃないのだろうねえ」
だとしたら、大変恐ろしいといわざるを得ない。

 東京六大学では慶大終了、日曜日にパレードの準備を完了させていた方々は本当にお疲れ様だと思う。しかし慶応は加藤投手三連投はないよねえ。。。
 高校野球関東大会、本日の試合に慶応高校勝利。これで来年春の選抜への出場をほぼ確定させた。素晴らしいとしかいいようがない。

 日本シリーズ第3戦も序盤から大差がついてしまった、珍しくプロ野球を中継したフジテレビもこれでは頭が痛いだろう。どう考えても視聴率悪いだろうしねえ。
・全く分からないのだけれど、中日の応援ゲストみたいなタレントさんが野球に詳しかったので、よかった
・中日の二遊間は素晴らしいとしかいいようがない
・是非とも中村紀にMVPをとってもらいたい。ただ、彼来年の年俸はいくらになるのだろうか?
・武田勝の防御率が135.00というのはいくらなんでも凄すぎる。

 「ズバリ言うわよ」
今日のゲストは、有森也実。かつては小生の最も好きな女優さんだったのだけれど、今日見たら凄い年とって輝きがなくなっていて衝撃を受ける。
「キネマの天地」
でデビューした頃は本当によかったけどなあ。。。。いかにも、それからの芸能界での生き方に輝きをなくすなにかがあったのだろう。
 なんてことを思いつつ、早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月29日(月)スゴカと風速0.5

 朝刊に出ていた老舗料亭Kの記事に驚く。その後行われた記者会見の内容も含めて、あまり詳しく書けないのだけれど、とにかく言葉も出ない。ただ、ちょっとこのままでは終わりそうにないよねえ。。。

 同じ九州のニュースなんだけれど、JR九州のICカード乗車券の名を
「SUGOCA スゴカ」
と命名したと発表した。
 まあ、なんでもいいんだけれどスゴカは、
「スマート・アーバン・ゴーイングカード」
の略称とのことなんだけれど、
「明らかに略称にあう正式名称を後からこじつけた」
感が否めない。どうせ正式名称なんか誰も使わないなんだから、無理して付ける必要もないと思うけどねえ。

 まあ、こういう例は他にもあってたとえば
「APA」
これも
「Always Pleasant Amenity」
とかとってつけたような感じがするなあ。。。

 日本シリーズ視聴率、土曜が17.6、日曜が9.2%と出た、土曜は台風で皆さん家にいたというのもあるだろうけれど、日曜はヤバイ。
 いくら
「テレビ東京・大差」
と悪条件が重なったとはいえ、
「史上初の一桁」
というのは相当深刻ではある。1億円払ったTXもやってられないだろう。以前はテレビ東京で放送すると見れない地域がたくさんあるので問題になったけれど、今はそんな事問題にもならない。ただ、北海道では帯広とか北見とかではテレビ北海道は見れないので、困った方も結構いらっしゃるだろうに。

 守屋氏の証人喚問、あまりよく見ていないのだけれど、防衛庁長官経験者の接待に同席しているとのこと。まあ、個人的にはどうでもいいのだけれど、
「久間氏が昨日から入院」
というのが、なんとも漫画みたいで面白い。

 あと、マージャンについて
「レートは0.5」
とのことだ。0.5とは1000点50円ということで、小生の高校時代と同じレートである。ただ、0.5のあとにゴットウ、とかワンツーとかいわゆる
「ウマがいくらか」
というのが大きな問題になる。ちなみに、我々は
「ゴのゴットウ」
というのが基本ではあった。その位のレートだと、負けても5000円とかで、本当にかわいいものだった。

 ただ、守屋氏のレートが
「ゴのゴットウ」
というのは考えにくい、5も50円でなく、500円で、最低でも1万、2万のウマがついていたと想像できる。

 まあ、公営競技以外の賭け事が認められていない日本では、1000点10円でも賭博行為で捕まってしまうのだけれど、よく雀荘の看板でも
「風速0.5」
とか堂々と掲げている。ちなみに母親は
「この国では1000点50円までなら認めらいるはずだ。だから守屋氏は捕まらないのだ」
と言い張って譲らない。あまりにも無意味な議論なので、それ以上はしなかったけれどねえ。。。。

 まあ、風速0.5も厳密に言えば罪だし、ソープランドで売春が行われていないと思っている人は、まずいないと思う。しかし、麻雀でも
「東尾修さんのように突然捕まってしまう人もいるし」
(いかにも1000点5000円くらいでやっているんだろうなあ)
「いきなり営業停止になるソープもある」
このあたりは、非常にあいまいだ。

 それこそソープの場合は
「警察への付け届けは大前提で未成年を雇わないと覚醒剤などを使用しない」
このあたりが許される大原則としてあるのだろう。
 ただ、そうしてゆくと
「警察の裁量がとんでもなくある」
ということになる。警察の気分次第でどうにでも出来るのだ。
 まあ、広義の意味で全ての役所にこういう裁量があるから
「天下り・汚職」
が絶えないのだけれどね。

 だけど、小生幸か不幸か
「接待麻雀というのはしたことも、受けたこともない」
やっぱり、当然のごとく
「守屋氏が勝つように他の3人が組むのだろうか?」
守屋氏にリーチがかかったら、店の店員がお茶を入れるふりして待ちを盗み見して
「サインで教えたり」
とかやっているのだろうか?

 あと、余談なんだけれど、小生が7ピン単騎で待っていたとき、他の人が4ピンを捨てたときに
「なんだ、4ピン通るのかあ」
とわざとらしくつぶやいたら
「なんだ、うしさん7ピンで待ってるんでしょ!」
とあっさり見破られて恥をかいた経験を思い出したけれど、今となってはいい思い出ではある。

 まあ、そんな風に麻雀とかゴルフなんていうのは純粋に気のあった仲間とのコミュニケーションを楽しむ手段であって欲しいとは思う。それこそ接待なんで、料亭Kとかで済ませて欲しいなあ。

 しかしながら、ここのところアクセス数が急増している、原因は完全に
佐藤安香里さん
であるから恐ろしい。なんて思いながら早々に就寝。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月28日(日)出会いと出会い系

 マリーンズ
「藤田・吉井に戦力外通告」
まあ、吉井については異論を挟む余地がないと思うけれど、藤田については意見がある方もいるようだ、ただ個人的には仕方がないと思うし、それ以前に終盤の大事な場面で
「うわあ、この場面で藤田かよ?」
と思うことがしばしばあった。
「ボビーは徹底的にこの2人かわいがっていた、十分チャンス与えたと思う」
だから仕方がないだろう。
 
 球団は
「藤田は功労者だからコーチ就任を要請したけれど、断わられた」
とのことだ。ここがよく分からない、
「功労者だからコーチ?」
出来ればコーチや監督という指導者には
「卓越した野球理論を持った方」
になって欲しいものだ。ちなみにヒルマン監督とか選手としてメジャーの経験がないからねえ。。

 ちなみに今日から秋季練習が始まったということなので、一応これで戦力外通告は終了ということでよろしいのだろうか?勿論ドラフトの結果なんかもあるだろうけれど、やっぱり
「各球団統一の時期にして欲しい」
と思う今日この頃ではある。

 起床後、スパへ参戦。10時きっかりにサウナへ入ってテレビをサンジャポの合わせる。で、身体を洗って露天風呂に浸かってから、
「さあサンジャポ見るぞ!」
とサウナへ戻ったら、なんとチャンネルが波乱万丈のよみうりテレビへ変えられてた。室内には6人ほどいらっしゃって、テレビをご覧になっているのでさすがに再変更は出来ず、かなりショック。。。。
「なんか大きな人生の楽しみを奪わた」
感じすらしたもんねえ。。。

 天気もよくせっかくなので、寄り道。本来ならばアドヴェンチャーワールドへでも寄ろうかと思ったけれど、昨日早朝双子ちゃんが中国へ旅立ったばかりなので、さすがにタイミング悪し。とはいえ、実は
エンペラーペンギン
が生まれたというので、これを見に行く手もあったのだけれど、南紀白浜からだと飛行機代がとんでもなく高いので断念。
 
 ということで何故か
「交通科学博物館」
へ参戦することになった。大宮へ移転した交通博物館へは神田時代に数回参戦したことがあったけれど、ここは初めて。
20071028123542
(実車が一杯)


 展示内容は
「まあこんなものか?」
って感じだ。ただ、思いのほか車両が一杯あったので迫力はある。
20071028123917
(デゴイチ)
20071028123555
(C62)

 梅田へ出て、
「堂島ロール」
で注目されている
モンシュシュ
さんへ参戦。前々から注目していたのだけれど、昨日の日経土曜版で紹介されていたので、参戦することになった。梅田からは徒歩で8分ほど、やはりお店の外まで行列が出来ている。しかしながら、5分ほど待って
「堂島ロール」
の購入を許された。
20071028132629
(お店の外まで行列が)
20071028133540
(派手なクールバッグは550円)


 NH30便にて帰京、伊丹ー羽田便は
「東京のうまい店とCWニコルさんの自然を守ろう番組」
が流れる。もう何回も見ているのだけれど、うまい店の方は凄く美味しそうな店ばかりなので結構注目してみてしまう。中国編とかはつまらないけれど、今回のは実用的で素晴らしい。

 こういう機内ビデオでいつも思うのが、国際線の場合は入国審査の受け方とか実用的なのやるじゃないですか。国内線も上りだったら羽田からの交通のご案内とか、帰りのための
「羽田でのお薦めのお土産やレストラン」
という手もあるし、なにより希望するのが
「来年度のANAマイレージクラブの変更点」
について細かく説明して欲しい。なんかゴージャスなご案内が送られてきたけれど、イマイチよく分からないよ。


 帰宅後、早速
「堂島ロール」
をいただく。1本1050円なんだけれど、正直かなり美味しかった。結構なボリュウムもあるし、スポンジもちょうどいい柔らかさだしクリームも上品な甘さだ。これで1000円ならばお安い、さすがは日経土曜版のお墨付きということなのだろう。そういうば、この日経土曜版のコーナーでは来週だか再来週に老舗フルーツパーラーがご紹介されるらしい、そちらも注目だ!
20071028175057
(おいしゅうございました)


 帰宅すると、昨日のマイネルスケルツィの惨敗は
「落鉄が原因」
との報が入る、しかしいくら落鉄とはいえ負けすぎだと思うけどねえ。。。

 本当にここのところよいことがなく、冴えない日々が続く。出会いもさっぱりないしねえ。。出会いというのは、非常に素晴らしい響きなんだけれど、これが
「出会い系」
と系がつくだけで、途端にいかがわしくなるから日本語の使い方は難しい。

 りくおさん一家?は、ポケモンセンターへ参戦したらしい。
車中でしりとり
とは楽しそうでうらやましい。

 早慶1回戦は慶大が0-0の延長12回裏にサヨナラ勝ち、優勝へ王手。塾高野球部は関東大会の緒戦を勝利、選抜へあと2勝?となった。

 目標のある方たちがうらやましく思う、今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月27日(土)凄い確率とカタカナ

 大雨の中羽田へ、NH21便の乗って伊丹へ向かう。非常口座席に座って日刊を読んでいると、どうやら今日からペリエが来日しているらしい。ペリエのコラムを読んで一人で笑ってしまう
「日本のみなさんコンニチワ」
と挨拶で始まるのはいいのだけれど、なぜ
「コンニチワ」
と突然カタカナになるのだろうか?他にも
「競馬場に足を運んでくださいネ。」
「いいスタートを切りたいですネ。」
と語尾にカタカナのネを連発している。ペリエがフランス語だか英語だかでどういう表現をしていうのか分からないけれど、本人の意とするところではないと思うのだけれどねえ。。。

 まあ、これは活字だけの話ではなく、テレビの吹き替えでもよくある。今でも記憶に残っているのが、野茂がアメリカで衝撃的なデビューをした時のアメリカ人へのインタビュー映像。
「あなたは野茂を知っていますか?」
という問いに対し
「ああ、勿論しってるさあ。彼の球はとても速いんだ。日本人は彼のことをもっと誇りにもってイイネ」
と語っていた男性に対しては
「大きなお世話だ!」
と思ったものだけれど、
「本当にそんなこと言っているのかしらん?」
と今となっては思う。しかし、自分でかいていても
「イイネ」
と突然カタカナになるのだから、やっぱり外人さんには日本人にはない
「語尾がカタカナになるなにか」
を持っているのだろう。

 なんてことを考えていたら、遠くに見えるC/Aさんに目が止まった。
「あれ、まさか!」
と思ったけれど、よーく見ると間違いなかった。そう今話題の
○○さんだ!」
ちょっと遠かったので、まじまじとは見られなかったけれど、凄い確率だとは思う。
20071027161901
(おけいはんは凄い色だ!)


 一人で勝手に感動しながら、伊丹空港へ着陸。モノレール、京阪と乗り継いで淀へ。なんだかんだいって、着陸後1時間30分かかって京都競馬場へ到着。
 そうスケルツィが出走するスワンステークスへの参戦となったのだ。
「京都の1400、しかも1枠」
これ以上の条件はないという中での出走、しかし前走があまりにも情けない結果だったので、正直半信半疑だ。ただ、
「パドックでの出来は文句なし」
だったんだけれど、大変遺憾な結果に終わってしまった。
「はっきり言ってピークが過ぎた」
としか言いようがない。いくらハイペースの逃げ馬を追いかけたとしても情けなさ過ぎダヨネ。
20071027151410
(出来はいいと思ったのだけれどねえ。。。)


 本場場入場の際
「とっても綺麗な虹がみえたし、機内で遠くからだけど、○○さんも見えたし」
絶対今日はツイテいる。と思っていたんだけれどなあ。。。。。
20071027153521
(虹も出たんだけれどねえ。。。)
20071027154513
(京都のターフヴィジョンも新しくなった)


 京阪、御堂筋線と乗り継いで梅田へ、急遽舞い込んだ商談へ臨む。ただし、これはちょっと条件が合わずに今回は見送ることに。やはり商売で大事なのは
「信義を守る」
ということに尽きる。これがない相手とはお付き合いできないのだヨ。

 水曜日にチェックアウトしたばかりの
「ホテル阪神」
へ戻る。ここは本当にいいホテルなんだけれど、いつまでたっても
「日経・日刊・枕2つ・バスタオル2枚」
というのを覚えてくれない。顧客情報管理とか一切していなさそうだ。まあ、このあたりが
「阪神らしいというか、タイガースらしい」
といった感じなんだけれどねえ。

 一休みしてからスパへ今日は時間がたっぷりとあるので、
「露天風呂・水風呂・サウナ」
を徹底的に、今日は日本シリーズが見れるのでサウナに長時間入れる。

 スッキリした後は、贅沢にも
「本格的スポーツマッサージを1時間」
小生は覚えていないのだけれど、マッサージ師さんいわく
「ちょっと太ったんじゃない?背骨も少し曲がり気味ダヨ」
といわれてしまった、恐らく1年はここでマッサージしていないんだけれど、覚えているとは天晴れ。やっぱりマッサージとか床屋さんとは一度担当するとかなり覚えているようだ。直接身体に触れるということは、そういうことなのだろうカナ。

 今日は盛大に馬券で負けたので、おとなしくホテルのコーヒーショップでお夕飯
「シーフードマカロニグラタン」
は300円引きの1050円だけれど、魚介がたっぷりと入ってなかなか満足。
20071027221338
(なかなかおいしゅうございました)


 日本シリーズの雑感をいくつか
・ダルビッシュは確かに凄い、ただ6回あたりから明らかに乱れてくる
・今年も結局、京楽シリーズとなった模様。CMの度に
「松崎しげるが出てきて、パチンコ黒ひげ危機一髪2」
とやるのは、いかがなものだろうか?京楽といえば、昨年だか一昨年だかの日本シリーズをTBSの時にジャックしてしまいNPBからクレームが付いたと記憶している。その後、亀田中継へ転進していたと思っていたらまた日本シリーズへ戻っていたのね。
20071028005615
(素晴らしい夜景)


 結局
「野球中継を見る人=パチンコする人」
というマーケティングが成り立ってしまうのだろうか?きっと成り立つから、ネット裏には
「マルハン(パチンコチェーン)」
の広告まで出されるのだろう。ネット裏の広告といえば、今回も5社だか6社だかの看板が設置されているけれど、
「あれはどこまで許されるのだろうか?」
恐らくNPBからの制約はないので、主催球団の判断なんだと思う。ただ、明らかに年々増える傾向があるからきっとそのうち、全面広告になってしまうんだろうなああ。。。

 今夜はとにかくスパで寛いだので、ヨーク眠れそうなので早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月26日(金)売名行為いいじゃん

 昨晩は、小生にしてはたっぷりとお酒を飲んだのでかなりつらい目覚め。午前中は、おなかの中にまだアルコールというか大量の水分が残っている感じが気持ち悪い。

 お昼から、昨日オープンした東京駅エキナカ
グランスタ
へ参戦。まあ、予想通りものすごい人出。だけどねえ、今までのエキナカのお店と根本的に違う点がある。エキュートとかは一応仕切ってあって、
「ここは違う空間ですよ」
という感じで純粋な通路とは異なった空間になっているのだけれど、今回のはあまりにも通路通路しているというか、動線の真っ只中にお店が存在しているのだ。

 正直、
「これはいかがなのか?」
と思う。所々に駅員さんが立って
「心配そうな顔で見ているのだ」
1階コンコースから地下へ降りるエスカレーターも細いし非常に怖いと思う。まあ、駅という施設の本質を誤らなければいいなと思う。
20071026150523
(銀の鈴も装いも新たに)


 日経ビジネス
「ホテル経済論 サービス立国の夜明け」
定期購読しているので自動的に読むことになるのだけれど、はっきりいってつまらない週も多い。大体こういう雑誌でホテルとかエアラインというのは定期的に特集されるのだけれど、偶然かわざとかは不明だけれど週刊ダイヤモンドと同時期になったようだ。
 週刊ダイヤモンドのすごいところは、
ANAの佐藤安香里さん
の写真が掲載されていることだ、やはり皆さんその美しさに注目しているようで、実際ここ数日間
ANA佐藤安香里
での検索で小生のブログへたどり着く方が多くいらっしゃる。しかし、何かを期待して小生のブログへたどり着いた方はがっかりするんだろうなあ。。。。

 ところで、先日伊丹から帰ってきた際、C/Aさんに
「この美しい方は実在するんですか?モデルさんでしょ?」
と尋ねたら、
「えっ、こんなの載ってるんですか?見せてください。」
と言ってはしゃいでいた。なんでも、よく知っているそうで
「出発前の非常ガイドの映像にも出ているそうだ」
一応お世辞で
「いやあ、この方がANAで一番綺麗だと思ったけれど、もっと綺麗な方がいるんですね!」
と言ってやろうかと思ったけれど、きっといやみになると思いやめておいた。

 で、ホテル特集なんだけれど、相変わらずランキングが掲載されているだけで、小生にとって目新しい記事というのはなかった。ビジネスマンが選ぶベストホテルというのもあったけれど
「1.ホテルオークラ2.インターコン3.リーガロイヤル4.ロイネット5.ニューオータニ」
とあったけれど、なんか信憑性に欠けるなあ。というのが実感である。

 「敗軍の将兵を語る」
は前西武ライオンズ監督の伊東氏、とにかく徹底的にフロントの悪口を言っていたのが印象的。まあ、恐らく実際誰が見ても昨年の松坂の穴を補強していないのは明らかなんだから、言いたいことは分かる。でも、あんまり言い過ぎると次によその球団から声がかかりにくくなると思うけどなあ。。。

 横綱若乃花で実業家、花田勝氏(36)と離婚した美恵子さん(38)との不倫関係が報じられた俳優、青木堅治さん(27)が芸能活動を自粛
とのこと。なんか、かわいそうだ。
 とにかく、この青木堅治なる人物とにかく評判が悪い。
「売名行為だ!」
「不倫を告白するなんて男として最低だ!」
もう言われたい放題言われている。
 しかしねえ、芸能界とか芸能人なんて皆さんそんなものなんだから仕方がないでしょ。美恵子さんだってモデルとかやってるんだから
「素人です」
とは世の中通用しない。
 徹底的に売名行為と批判するんだったら
「相手にしない」
というのが最も効果的だと思うけどねえ。。。

 明日はスワンステークス、1枠1番というのは先行するスケルツィにとっては、プラスだろう。ドラゴンシャンハイが終了してしまった今となっては、とにかく
「明日が大事だ」
たまには、いいことないとやってられないから、
「とにかく明るい未来に期待して、今日を生き抜くしかない」
今日この頃なのである。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月25日(木)銀座でほろ酔い

 連日連日、
「食の問題」
の報道が続く、赤福に続いて、比内鶏、そして宮崎地鶏ときた。宮崎地鶏の場合は、鹿児島の老舗百貨店山形屋さんだけにショックも大きかった。結構知っている方々がテレビカメラの前で頭下げている映像というのは見ていて決して気持ちよいものではない。

 さすがに今日は朝から来客が続き、夕方は会議。諸般の事情で結構熱くなってしまう、後から
「あんたは一言多い、喧嘩売っているようだ」
とたしなめられるたけれど、まあこれはこれで一生直らないから仕方がないだろう。
 
 よく対北朝鮮なんか
「対話と圧力」
というけれど、何年経っても解決どころか進展しないのが現実だ。そうこうしているうちに、関係者の方々は年齢を重ねてしまう。

 対話も圧力もだめならば武力行使が現実的でないこの国にとっては
「お金で解決」
ということしかないと思う。それでもダメならば、残念ながらそれで解決しないならばもう道は残っていないのだろう。

 我々が現在直面している問題も全く同じなのだと思うけれど、周囲にどれだけの危機感と覚悟があるのかが分からないから難しいところではある。

 夜は銀座にて会食、一次会は
しぇりークラブ
さんへ参戦。文字通り、シェリー酒を飲みながらメインでスペイン料理を楽しむお店だ。シェリーというと
「ドライで食前酒にピッタリ」
といわれているけれど、なかなかご縁がない。しかも酒精強化ワインなので、とにかくアルコールが強い。ということで小生は実質初体験に近いのだ。
20071025200014
(かなり急な階段を昇ってゆくのだ)
20071025183129
(見るからにアルコール度数が高そうだ)

 シェリーは1杯で十分なんだけれど、ここのお料理は美味しかった。前菜の生ハムから始まって大粒のカキの焼いたやつとか、ブタのロースト、そして締めのパエリヤまで大満足。シェリーはなかなかご縁がないけれど、是非スペイン料理を楽しみに再戦したいと思う。
20071025185910
(このカキは絶品だ)
20071025192743
(豚の皮までトロトロだ)
20071025190549
(スペイン料理といえばパエリア)


 二次会は
「銀座ミリュー」
さんにてフルーツカクテル。これがまた素晴らしかったのだ、いい感じのベテランバーテンダーさんが、フルーツをジュースにしてお酒とシェイクする。全身を使ってのダイナミックな技がなんとも見ごたえがあったし、とても美味しかった。調子に乗ってワインも含めて3杯も飲んでしまい、珍しく盛大に酔っ払っていい感じで帰宅とあいなった。
20071025203558
(まずジュースをつくる)
20071025204546
(すごい迫力!!)
20071025211843
(出来上がり!!)


 ところで本日の船橋A3以下戦で
「ドラゴンシャンハイ大敗」
しかも喉がヒューヒューいっているとのこと。あんまりにもあんまりな事態にショックを受ける、今週末のスケルツィは出走にはこぎつけたけれど、
「こちらもいかにも売り切れていそう」
で望み薄といった感がある。すっかり下降気味の日々が続くのだった。

 しかしながら、今日でなんと
「日記が1000回目」
を記録したのだ。一口に1000回といってもたいしたものだ。今までの人生の仲で飽きっぽい小生は
「1000回続けたことってあまり記憶にない」
まあ、日刊スポーツとかゲンダイは1000日以上続けているけれど、それよりはたいしたことのような感じがする。最近は大きな出来事や遠征もめっきり少なくなったので、ネタがとにかくないのだけれど、是非ともいつかは
「自らの結婚式のレポート」
を徹底的に書いて
「疲れ果てたけれど、今日からは一人ではないので、早々に就寝。。。。」
と締めくくってみたいものだ。

 しかしながら残念ながら今のところ、
「その予定は全くない」
大変遺憾ながら、今日は珍しく酔っ払ったので早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月24日(水)ヒレとヘレ

 今日は12時にチェックアウトすればよいので、いくらでも眠れるのだけれど、8時前に起きてしまうのが悲しい性ではある。二度寝もかなわず、日刊と日経に目を通し、景色をしばしボーッと見てから、雑務を少々。

 10時になったので、早速
「朝スパ」
さすがに平日の10時となると貸切状態だ。やりたい放題できるのだけれど、体調が思わしくないので早々に切り上げる。12時チェックアウト、梅田へ出て弟子と合流、お土産なんかを物色してから昼食。梅田の地下街には魅力的なお店がたくさんある。真昼間から立ち飲みやさんも盛大に営業しているところがすごい、このあたりが東京と大阪の大きな違いであるといえよう。
20071024114624
(またまたトワイライトエクスプレスが)


 でも明らかに東京駅の地下街よりは、どの店も美味しそうだ。散々悩んだ挙句に入った店も、洋食屋さんなんだけれど、まずまず合格だ。ところで東京ではヒレかつなんだけれど、大阪では
「ヘレ」
となる。
「ヒレとヘレ」
なんか違うんだよねえ。

 あと、東京ではビーフカツって滅多に見ないけれど、大阪の串カツは
「ビーフ」
が目立っている。とにかく、東京と大阪で
「これでもか!」
ってくらい違うから楽しいといえば楽しいのだ。

 百貨店めぐりをしてから、大阪空港交通のリムジンに乗って伊丹へ、衝撃的にも15分ほどで到着。しかしなんで
「リムジンバスというのはこんなに高いのだろうか?」
620円って破格に高いと思う、伊丹も10年後、20年後存続させるのか?廃止するのかなどを明確にして、御堂筋線を延長させるとか、阪急伊丹線を延長させるのか?とかなんとかアクセスを改善して欲しいとは思う。とはいえ、結局梅田からだとバスが距離的には近そうなんだよね。

 本当は今日は、アドベンチャーワールドへ寄って今週末中国へ旅たつ
隆浜・秋浜
にお別れをしてこようと思ったのだけれど、なんと今日は休園日ということで断念。あの双子のパンダ(サンアンドサターではない)にもう二度と会うことが出来ないと思うと本当に寂しい。
 代わりというわけではないが、王子動物園へ行こうと思ったら、なんとこちらも休園日だった。
「動物というのは水曜日がお休みなのだろうか?」
なんか不動産屋さんみたいだね。

 15時発の羽田行きは結構空いている、窓側非常口座席で隣がいないとラクチンだ。久しぶりに窓の外を見ていたら、結構他の飛行機も見えるし、なにより富士山がとても綺麗に見えていた。戦時中
「B29が富士山を目標に飛んできた」
というのも大いに納得。

 会社へ戻ってデスクを片付けてから速やかに帰宅。ちょっと疲れ果てたので、10時過ぎには就寝。。。。。色々と頑張ったので、そろそろいいことがあってもいいと思うんだけれどなあ。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月23日(火)阪神・大鵬・玉子焼き

 いよいよ今日は最終日ということで、お昼に弟子を伴って
「狸狸亭(ぽんぽこてい)」
へ参戦。一人だと3品は食べられないけれど、二人だと
「お好み焼き・焼きそば・カレー焼きうどん」
とフルコースをシェアできるからうれしい。しかも、ランチタイムはご飯と味噌汁までセットでついてくる。小生は当然のごとくご飯を残したけれど、弟子は当然のごとくご飯をお代わりしていた。
20071023134845
(豚焼きそば)


 なんかねえ、基本的に
「粉モノとか麺類をおかずにしてご飯は食べられない」
当然、ラーメンライスなんかも好きではないのだ。だったら大盛ラーメンの方がうれしいのである。
20071023135416
(カレー焼きうどん)


 ちょっと時間があったので、催事場で行われている
「近くて懐かしい 昭和なんでも博」
へ参戦、ようは昭和20年代から30年後半のを懐かしもう、という企画だ。まあ、はっきりいって展示自体はたいしたことなかったのだけれど、衝撃を受けたのが
「懐かしい昭和のスター通り」
文字通り、昭和のスターの映画の予告編なんか上映しているのだけれど、
「美空ひばり・力道山・村山実」
ときたもんだ。前の2人と並列で村山実さんを持ってくるというのは、東京の人間というか関西以外の人間には大いに違和感があるのだろうけれど、
「この一角では当然ということなのだろう」
しかしねえ。。。。。
20071024180536
(500円も払ってしまった)


 ということは
「阪神・大鵬・玉子焼き」
という合言葉が、このあたりの地域では使われていたのだろうか?少しだけ気になる。

 同時開催されていた
「阪神百貨店50年の歩み展」
もみたのだけれど、まさか50周年で宿敵阪急百貨店に経営統合されたというのは、あまりにもあんまりである。

 最終日ということで、夕方からは長い長い行列ができた。本当にありがたいの一言。後片付けを終えて、一度ホテルへ帰ってスパへ行くと、ここのところの疲れが一気に出てきた。どうにもこうにも動けなくなってしまったのけれど、弟子にご飯を食べさせないといけないので、梅田へ出て
焼肉どんどん
さんへ参戦する。まあ、歌舞伎町にもあるのだけれど、お手軽なので参戦となった。

 まあ、なんだかんだいって焼肉というのは、食べ初めてしまうと食べられてしまうものだ。まさに
「どんどん注文」
してしまう。最終日だから仕方がないだろう。本来ならば徹底的にに飲まなければならないのだろうけれど、今日のところは勘弁していただく。
20071023233842
(ネギタン塩)
20071024000908
(シャブ焼き)


 お部屋へ帰って
「1時30分からマッサージ」
はっきりいって、ホテルのベッドでマッサージしても絶対にいいことないのだけれど、今日だけは我慢できなかったのだ。
20071024015450
(夜景も綺麗だ)


 普通ならばマッサージの途中で寝てしまうのだけれど、今日は全く眠れず。終わってからもなかなか寝付けない、23階からの夜景をしばし見入ってからようやく就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月22日(月)自主返上はダメ

 5日ぶりの出社ということでデスクの上は大変なことになっているし、待っていたかのように電話で追い掛け回されるはめになる。しかも先方は
「今日中とか、明日の午前中まで」
とか勝手なことばかり言ってくるから困ってしまひます。

 お昼を食べる間もなく、午後一から構想3ヶ月、実施までの事前調整に2ヶ月かかった
「セミナー」
へ参戦。小生が講師というわけではないのだけれど、黒子としては結構大変であったので無事に終わったあとは感無量。

 3時過ぎに終了、会社へ戻るとやはり
「机の上は大変なことになっている」
仕方がないので17時の便を18時へ変更してから、ひとつづつこなす。これが、意外と速やかに対応できたので羽田へ急行したら、17時の便に間に合ってしまった。

 昨晩は熟睡できたので、機内では全く眠くない。
「週刊ダイヤモンド エアライン&ホテル全評価」
をペラペラと。衝撃的だったのは、
「JAL&ANA徹底比較」
サービス対決で、なんとANA全勝とのこと。まあ、スーパーフライヤーズで、株主である小生としてはうれしい限りだ。
「客室乗務員 超美人対決」
でも、ANAの○さんが圧勝(小生の判定)していたけれど、この美人さんは只者ではなさそう。

 ついつい機内のC/Aさんと見比べてしまうと、あくまでも雑誌に載っている
「佐藤さんは例外中の例外」
ということが分かった。

 大阪空港交通に乗って梅田へ、いつも思うのだけれど、同じ梅田でも
「新阪急ホテル・丸ビル・ハービス大阪」
と行き先が3つもあるのが厄介だ。まあ、どれに乗っても歩いてたいした距離ではないので、来たバスに乗るのだけれど、なんか意味が分からない。

 梅田へ戻って戦線へ復帰、今日・明日二日間限りということで、意気が上がる。終了後、ホテル阪神へ戻って早速スパにて汗を流す。昨日は泊まらなかったのだけれど
「ああ、お帰りなさい」
と迎えてくれるのがうれしい。

 軽くスパゲティを食べてから
「おでん 花くじら」
さんへ参戦。このお店、結構有名で大阪の皆さんが誰しもお薦めするお店なので、過去に数回覗いたのだけれど、いつもブックフルで断念。
20071022231421
(まあ、屋台に毛が生えたようなお店なんだけれど)


 今日は閉店間際ということで、入店を許されるけれど、残念なのはおでんのネタがかなり限定されていたこと。でも、どれも関西風の味つけではなく、関東風の濃い目の味付けで美味しかった。とはいえ、思いっきりNBメーカーのダンボールとか山積みされていると寂しい気持ちはする。
 で驚いたのがお値段、
「2人で1900円」
って破格だ。どうもおでんは、1本100円からとのこと。まあ、屋台に毛が生えたようなお店とはいえ、あまりに良心的な価格設定に脱帽。。。。
20071022224820
(お鍋はすっからかん)
20071022224757
(スジは1本100円也)
20071022224806
(大根とタマゴ)


 ところで、防衛省の守屋前事務次官の問題が連日報道されている。守屋氏が昨日自宅前でインタビューに応えていたけれど
「組織に迷惑かけた、組織に報告してから」
との談話をだした。ようは
「大臣と相談してからだよ!」
ということのようなで、で一体なにを相談しているかというと
「どうなんだよ、どこまでしゃべっていいんだよ?全部しゃべっちまったらえらいことになるぞ。」
というご相談なんだろう。

 これは以前にもあった光景で
「道路公団の藤井総裁」
の時と全く同じだ。当時、藤井氏はご丁寧に
「徹底的にしゃべった場合、公務員の守秘義務違反になるのか?」
とどこかの役所にお問い合わせをだしていたと記憶している。

 当時やっぱり
「総裁ともなると、只者ではない」
と妙に感心したものだ。一口に総裁といっても、なんだか分からない
「全てを裁く人なわけじゃないですか」
社長、理事長、委員長、会長とかいるけれど、
「やっぱり総裁ともなると、日本でも数人しかいないだろうなあ」
とつくづく思った。

 だけど、守屋氏の目つきっていうのはただ事ではない、まあ
「一線を越えている目だ」
極論言うと
「人を殺せる目」
といったら言い過ぎだろうか?政治家でいうと古賀誠君と同種のような感じ。ただ、まあ一概にそれだけではいえないのが
「竹下登君」
彼は、そんな目ではなかったけれど。。。。。

 ところで石破氏は
「退職金の自主返上」
という意味不明な提案をしているけれど、社会保険庁の賞与自主返上もそうなんだけれど、
「こういうの絶対おかしい」
ちょっとたとえが違うけれど相撲協会の理事達も
「給与を自主返上」
するけれど、処罰じゃないんだよね。
「あくまでも自主なんだよね」
こういうのは非常に不愉快。全然自主じゃないからね。こういう意味不明なことで決着つけようとする姿勢が続く限り、公務員の不祥事は続くだろう。
「悪いやつは牢屋に入ってもらう」
舛添氏のおっしゃるとおりである。まず、そこから始めることだ。なんて思う今日この頃なのであった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月21日(日)大阪でマフラー?

 今朝も素晴らしい目覚め、やっぱり素晴らしいホテルと温泉があれば全ての問題は解決するということなのだろう。しばし景色を見ながら
「ボーっと」
してから早速スパへ。ところがここでアクシデントが発生
「なんとサンジャポがお休みなのだ!」
サウナ内のテレビでサンジャポを見るのが至福の瞬間(とき)なので、とってもガッカリ。仕方がないのでサンプロを見ることにしたけれど、やっぱりサンプロは夜、朝日ニュースターで見るべきものだ。
20071020114742_2
(たまには景色に見入るのも大切だ)


 とはいえ、
「露天風呂・水風呂・サウナ」
と楽しめば、気分はすっきりするというものだ。とってもとっても気分よくチェックアウト。いつも思うのだけれど、東京にもホテル阪神のようなホテルがあれば、毎週でも利用したいと思うけどね。つくづく東京というのは魅力に乏しい街だと思う。パリーグもなければ、美味しい店もなければ、いいホテルもないんだからね。

 梅田で頑張る合間に街を散策、
「梅田といえば阪急東通り商店街」
がメインストリートだ。HEP5の裏側にある
「北野屋」
にてお昼ごはん、この店以前からとっても気になっていた定食屋さんだ。いつも行列が出来ていたので入店できなかったのだけれど、念願かなっての参戦となった。
20071021133155
(前々から気になっていたのだ)


 とても綺麗とはいえない店内は満席、結構若い女性もいるようだ。小生が注文したのは
「北野定食」
これは、エビフライとチキン南蛮のセット。ものすごいボリュウムに衝撃を受ける、お味はまあまあって感じかな?しかし、若い女性が食べるものではないと思うけれど、大阪の女性というのはそういうものなのかしらん?
20071021132254
(すごいボリュウム)


 お口直しというわけではないけれど、
梅ダコ
さんにてたこ焼き、8個で250円は確かに安いけれど、お味もそれなりだった。やっぱりNGK横の
「わかな」
のたこ焼きが大阪では好きだ。
20071021130624
(梅ダコ本店さん)
20071021125808
(まあお値段通り)


 ところで、りくおさんのブログによると

「大阪にはマフラーをしている女性が多い」
との報告があったけれど、遺憾ながら小生には確認できなかった。やっぱり、夜の街のお話なのかしらん?

 夕方一足先に帰京、お土産は勿論
「神宗」
さんの塩昆布。勿論小生は佃煮なんか食べないけれど、
「大阪土産といえば神宗さんの佃煮」
というのが一般的だろう。

 ユックリ寝たり、文藝春秋を読みながら帰りたかったので、久しぶりに東海道新幹線を選択。携帯でエクスプレス予約画面を開くと、ちょうど
「N700系」
のお時間だ。これ幸いと通路側席をゲット。初めて乗るN700系は、たしかに新しいので綺麗だし、
「車内の香りも新車そのもの」
なんだけれど、眠ってしまえば全く同じだ。座席が若干広くなっているとの説だけれど、実感は湧かなかった。しかしよく眠れたね、京都から名古屋まで熟睡だからね。ということは、やはり快適な車内空間ということなのだろう。
20071021145020
(なんで800系とか900系ってしないのだろうか?)


 ところで驚いたのが
「500系が東海道から退場」
しかも、なんと
「山陽こだまへ転用」
というニュース、まさかこんな時代がこんなにも早くやってくるとは思わなかったなあ。しかも16両編成は論外なので中ほどの車両は廃車されるらしい、あんまりにもあんまりだよねえ。。。

 スワンステークスの登録みたら、なんと38頭。明日のブック見ないと分からないけれど、
「これじゃまたスケルツィは除外になっちゃう」
今週の福島も除外対象だったのであきらめたけれど、これじゃマイルチャンピオンどころか永遠に出走できないよ。なんで今年の金杯勝ち馬がこんな目に遭うのかどうしても理解できない。

 競馬といえば、名古屋競馬の女性騎手山本茜さんが、セクハラで調教師を提訴。なんと調教師は全裸になって「お前も全てを見せてみろ」
と迫ったという。凄いのが調教師が裸になったことを認めているということ。ということは
「調教師は一体なにを争うのだろうか?」
という疑問がある。争うまでないんじゃないと思うけどねえ。

 古い話だけれど、かつて大井競馬に所属していた松沼緑騎手の大変不幸な事件があったけれど、
「今回のようなことがあったのではないか?」
というのが普通に想像できる。

 これ全くの余談なんだけれど、
「完全に景気の山は越えた」
ような感じがする、とくに10月の消費の冷え込みはすごいのではないだろうか?色々な値上げとかで雰囲気悪くなってるしね。だけど、
「この時期にタクシー値上げっていかがなものだろうか?」
かえって消費者離れが進んでドライバーさんの年収が下がるような気がするけどなあ。。。

 NHKスペシャルを見てから早々に就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月20日(土)基本変わらず

 徹底的に熟睡、目が覚めたら9時30分だった。午前中は弟子に全てを任せて、早速スパへ。
「露天風呂・水風呂・サウナ」
と徹底的に汗と疲れを搾り出す。熟睡した後のスパというのは本当に気持ちがよい、お風呂上りのポカリスエットですっかり元気を取り戻す。阪神のスパもすっかりスタッフの方と顔なじみになっていて、
「今回は何泊ですか?」
と温かく迎えてくれるからうれしい。

 お部屋に戻ってしばしパソコンに向かう、月曜までにこなさねばならない雑務を少々。今回のお部屋は19階なんだけれど、ここの景色は凄く好きだ。高層ビル・高速道路・淀川・山々・飛行機・電車まで見える。高層ビルの遠くに山が見えるというのがとても好きだ。いつもながらしばし見入ってしまう。
20071020114742
(ここの景色は好き)


 12時前にちょうどトワイライトエクスプレスが入線するところも確認できたのが、凄くうれしかった。小生に絵心があればスケッチでもしたいところなんだけれど、それはかなわないのでしばし見入る。
20071020114721
(久しぶりに乗りたいねえ)


 お昼から阪神電車で1駅、梅田へ。さすがに土曜日ということで賑わっている、しかしいつ来てもここの
「食品売り場というのはワクワクする。」
お惣菜とお魚が目玉なんだろうけれど、とにかく凄い。東京の高島屋・伊勢丹・三越なんかの食品売り場とは全く違う雰囲気。普段は絶対にお魚買いたいなんて思わない小生も
「お魚買って家で食べたいなあ」
と思ってしまう何かがあるということなのだろう。とにかく今の百貨店は格好つけすぎですかないけれど、ここにはまだまだ小生の好きな百貨店が残っている。

 一日がむばって成果も出たので、夜は
「串の坊」
さんにて串揚げをいただく。いきなりマツタケなんか登場して驚かされたんだけれど、全体としては
「あれっ?」
っていう感じだった。やっぱり、いつも行く
「串かつ 活」
さんの方が揚げ方もネタお美味しかった。
20071020212017
(今年初のマツタケ)
20071020213144
(両刀使い?)


 今日もスパの時間に間に合わなかったので、お部屋で温泉に浸かる。しばし夜景を楽しんでから就寝。。。。。

 ところで広島がFA問題で揺れている、新井はともかく黒田は意味不明だ。昨年あれだけ騒いで残留したのに

、「今年FAというのは同義的に許されるのか?」
3年だか4年だかで契約しておいて、いくらメジャー移籍については一文入れてあったとしても、昨年安心したファンに対する冒涜ではないだろうか?これじゃあ、複数年契約の意味が全くないじゃないか。ボビーなんかは昨年はオファーがなかったろうけれど、今年ヤンキースから声がかかれば移籍も仕方がないだろうけれど、黒田の場合は昨年と今年って何にも状況変わってないからね。

 巨人終了なんだけれど、またまたウッズに打たれたようだけれどランナー1・2塁だったから敬遠も許されなかったのだろう。そういえばかつてブライアント4連発の2本目の打席は満塁だったのだけれど
「森監督は敬遠OKの指示をだした」
といわれている、しかしさすがに4点差で敬遠というのは郭泰源のプライドが許さず超特大弾を打たれたと記憶している。

 その後は、左のブライアントに対して右の渡辺久がワンポイントに登場して、再び打たれたっけねえ。。あのときの渡辺の死にそうな顔は今でも覚えている。その渡辺久もいまやライオンズの監督なんだから時代は流れているよねええ。。しかし髪の毛なくなったよね。
 小生は当時学校をさぼって西武球場にかけつけたけれど、今年は札幌にかけつけている小生は基本的に変わっていないあなんて思う今日この頃ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月19日(金)帰阪

 さすがに起きたのは11時、本来ならばチェックアウトの時間なんだけれど、そこをなんとかしてくれるからうれしい。速やかに露天風呂・水風呂・サウナで徹底的に汗を流す、今日は
「出しても出しても汗が止まらない」
こういうのは非常に身体に悪そうだ。でも、温泉で身を清めると心身ともにさっぱり。

 チェックアウト前に一応、
小野晋吾ブログ
をチェックすると、なんとすでにお礼のメッセージがアップされているではないか!まったくもってさすがとしかいいようがない。小生よりもすばやく更新するのだから、本当にたいしたものだ。

 とりあえずお昼ということで、久しぶりに元祖みそラーメンでおなじみの
味の三平
さんへ参戦。お昼時は結構店の外まで並んでいるのだけれど、今日は空いている。
20071019132607
(セントラルの4階で元祖みそラーメンは誕生した)


 元祖みそラーメンなんだけれど、勿論美味しいのだけれど、今となってはパンチに欠ける。しかもチャーシューも入っていないのに850円は破格に高い。まあ、元祖だから仕方がないのだろうけれど、ラーメンというのは700円止まりにして欲しいものだ。
20071019131448
(まあ今となっては特筆すべき味ではないけれどね)


 千歳空港までの快速エアポートでは熟睡、どうせならスーパーかむい型の乗ってみたかったけれど、依然として小樽から来た快速が幅を利かせている。雪印パーラーでバニラソフトを食べれば
「ヨドバシカメラクライマックスシリーズ パ」
の全行程は終了だ。
20071019144509
(しめはコレ!)


 ちなみに今日の札幌ー伊丹・関空・神戸便はJ社・A社共に全便満席、いくらなんでも
「なんでこの時期に???」
と思うけれど、カウンターで尋ねても明確な答えが返ってこなかった。たしかに修学旅行生もいたけれど、いくらなんでも朝から晩まで全便満席って常識外だよねえ。。。

 ウツラウツラして、文藝春秋を読んでいるうちに
「あっという間に到着」
というのが普通なんだけれど、さすがに千歳から関空というのは結構遠い、しかも思いっきり逆風のようでなんやかんやで2時間30分ほどかかった。ご丁寧に
「関空は滑走路が混んでいるので速やかに着陸できません」
とのアナウンスまであった。たしか第二滑走路も運用し始めたと思ったんだけれど、よく分からないなあ。ところで今月号の文藝春秋はここ数ヶ月で最も面白い、よって飛ばすページが少ないのでまだまだ持ち歩かなければならないのがツライといえばツライ。
20071019183636
(かなり激しく揺れたのだった)


 しかも、これまたご丁寧に盛大に揺れたのよね、2時間30分でベルトサインが消えたのが30分もなかったんじゃないかな。どうでもいいのだけれど、途中
「佐渡上空です」
とアナウンスがあった。実は小生の母親は先週佐渡へ行ったのだけれど、お土産やでジェンキンスさんせんべいだか饅頭を買い、ご本人と記念写真を撮ったと自慢していたっけ。

 関空からは
「はるか」
に初乗り。これが予想以上に快適だった、関空の次は天王寺までノンストップ、日根野とかりんくうタウンとか止まらないで突っ走るのがうれしい。そして西九条に止まるのも素敵だ。ここで環状線に乗り換えて梅田へ。なんかそのうち西梅田みたいな駅が出来るらしいけれど、それまでは西九条に止まるのはよいサービス。
20071019184507
(一日も早く梅田に停めるべきだ)


 そして、梅田の百貨店に戻ってきたのであった。さすがに金曜夕方ということで、盛大に混雑している。まあ、とにかくありがたいことである。一仕事終えてから、弟子を伴って
狸狸亭(ぽんぽこてい)
にて夕飯。今日のメニューは、豚玉、やきそば、カレー焼きうどん、カキのバター焼き、モダン焼き。
20071019195909
(阪神の食品売り場はとにかく凄い)
20071019215957
(お好み焼きはまあ普通だ)


 普通ならば、ホテル阪神のスパで長旅の疲れを癒すところなんだけれど、実は入場が22時までとされている、今日は間に合わなかったので、お部屋で温泉を楽しむ。そうなんですよ、
「このホテルは各部屋で温泉が楽しめるのだ。」
ただ、勿論洗い場が別にないので、一度身体を洗ってからお湯をためなければならないんだけれど、まあそれでもありがたいことはありがたい。とりあえず温泉を溜めて湯船に浸かろうと思うからねえ。

 昨日の試合の視聴率、関東ではセ13.8%、パ8.3%というのはある程度納得の数字。しかしながら、パの優勝決定戦がこの数字だと来年以降の中継はかなり厳しいだろうなあ。なんだかんだいっても、
「ダルだ成瀬だ」
なんて盛り上がっているのはごく一部の地域と人たちなんだよね、ということを改めて実感した今日この頃ではある。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月18日(木)負けて悔いなし

 午前中がむばった後、全てを弟子1号に託して関空快速に乗って関空へ。梅田からは勿論伊丹が圧倒的に近いのだけれど、千歳便はA社・J社共に大部分が関空だ。どうやらある程度距離の長い便は関空へ、という政策なのだろう。

 日本で第二の都市大阪と札幌を結ぶ便はそんなに多くないし、機材もM90なんかの小型機も飛んでいる。それを考えると
「羽田ー新千歳がいかに特殊な路線か?」
というのがよく分かる。
 しかし、航空運賃高すぎ。今回は無料航空券だからいいけれど、片道およそ40000円というのは尋常な価格ではない、特割もエアドウやスカイマークが飛んでないから全然安くないしね。そもそも航空運賃の決まり方というのはよく分からない、距離だけではなさそうだ。伊丹や関空よりも羽田から近いと思われる南紀白浜便の普通運賃なんかとんでもなく高いしね。

 やっぱり連日の長距離移動で疲れているのか、離陸前から熟睡。お飲み物のサービスも全く気づかずにあっとういう間に北の大地へ戻ってくることが出来た。とりあえず腹が減っては戦は出来ないので、久しぶりに
「福家さんにて ちらし寿司」
をいただく。いただいたんだけれど、
「あれ、こんなものだっけ?」
って感じだった。最近食べなれている、
「仙台駅北辰鮨のぼんてんまる」
の方が迫力が上かもしれない。
20071017123535
(あれ?って感じ)


 とりあえず、荷物を置きためにジャスマックへチェックイン。手続きをしていると、奥から予約係の菊地さんがわざわざご挨拶に来てくれる。
「いつでもメールいただければ何とかしますから」
との力強いお言葉を頂戴するけれど、まさか小生が道民球団を倒すために来ているとは夢にも思っていないだろう。

 まさか更新していないだろうけれど、一応
小野 晋吾ブログ
を確認すると
最高の声援をお願いします
と更新されているではないか、小野 晋吾さんに頼まれたら声援するしかないではないか!

 いよいよ最終決戦のプレーボール。先発は成瀬とダルビッシュという今最も注目されている投手どうしの直接対決だ。これをこんなに間近で見られるのだから、小生つくづく幸せ者だと思う。
 中4日のダルビッシュと中7日の成瀬、はっきりいって
「共に立ち上がりよろしくない」
ダルは明らかにボールが荒れているし、コントロールもイマイチ。しかしながらそれ以上に成瀬のキレが厳しそう。というか成瀬は雰囲気に飲まれているのがよく分かる。
20071018195845
(今日もすごーくよい席だった)

 
 試合が動いたのは3回、試合を分けたセギノールの3ランが出るのだけれど、ストレートを続けてから最後に投じたのがインコース低めへのスライダー。決して悪いボールではなかったと思う。低めのあのボールを態勢を崩しながらバックスクリーンへ打ち込んだセギノールを褒めるべきなんだと思う。
 しかし、打った瞬間は
「まさか入るとは思わなかった」
完全なイージーセンターフライと思ったんだけれどねえ。。悔やまれるのは前打者稲葉のキャッチャーゴロ内野安打、完全に打ちとっていたんだけれどねえ。。。。。
20071018181121
(成瀬で負ければ悔いなし!)


 結果論かもしれないけれど、ここで成瀬は終わったいた。あれ以上ひっぱるのは見ていてかわいそうな感じすらした、
「全身から動揺していたからなあ。。。。」
でも3ラン打たれたのが初めてというのは凄すぎる。

 雑感をいくつか、ダルビッシュは7回先頭打者のところで、明らかに握力も落ちていた。球数は90なんだけれど、
「やっぱり中4日ってダルでもキツイのね。」
というのが率直な感想。
「現代野球の中6日の必然性」
を実感した。あと、いい悪いは別として一年間頑張ってきた武田を使わず、マイケルも最後の最後にようやく出したというのは
「厳しい監督だなあ」
と思った。セギノールは打った結果で
「彼は責任感が強いから打つと思っていた」
とか奇麗事いうけれど、
「だって他にいないじゃん、じゃああんただったら誰四番にするの?」
というのが本音だろう。実際他にいないじゃん。
20071018211324
(改めて本当に素晴らしい応援でした)


 ボビーはなんだかんだいっても、小林雅かわいがっているようだし、サブローも4番で使い続けてきた。吉井も何回もチャンスを与えたし、何気に温情があったと思う。惜しむべくは
「ズレータを使えなかった」
のが残念ということかな?まあ、とにかく
「成瀬で負けたのだから仕方がない」
悔いはないというのが本音だろう。

 負け惜しみではないけれど、結果ファイターズでよかったと思う。やっぱりパリーグ優勝して日本シリーズへ出れないのは
「国民が納得しないだろう」
まあ、ここまでドキドキワクワクさせていただいたのだから、それだけで十分感謝した。そして、やっぱり対セリーグの日本シリーズよりも顔なじみのパリーグ同士の対決の方が緊張感あるよね。かつて加藤哲郎が言っていた
「日本シリーズはオープン戦みたいな感じで緊張感なかったですよ。我々パリーグで凄い戦いやってきましたからね。ロッテの方が・・・・・・」
というのは、きっと心からそう思ったんだろうし、見ている方もそうだった。

 優勝チームへ敬意を表して、胴上げ表彰式を拍手で見届けたのだけれど、やっぱり
「クライマックスシリーズ優勝」
というタイトルなのね。だからアジアまで勝つと4冠なのね。あと余談なんだけれど、やっぱり12回表終わって同点の場合、12回裏の攻撃は行われたらしいけれど、これはツライよねええ。。10.19の10回裏の近鉄の守りは仕方がないとしても、今回はねえ。。。
20071018212923
(おめでとうファイターズ)


 最後の最後にマリーンズの選手も出てきたのだけれど、そこで両チームの選手が健闘をたたえあっていたのが凄くうれしかったというか、感動して思わず涙を流してしまった。なんか、最後の最後まで
「無理して見に来てよかったなあ」
と心の底から思わせてくれたヨドバシカメラクライマックスシリーズ パなのであった。

 とりあえずジャスマックにて露天風呂・水風呂・サウナでヨドバシカメラクライマックスシリーズ パ の疲れを癒す。1時間ほどスパにいるとふにゃふにゃになる。氷いちごを食べてお部屋に戻れば速やかに就寝。
 というのが普通なんだけれど、なんとなく今日は速やかに就寝する気になれずに、フラフラとマリーンズが宿泊しているエクセル東急周辺を散策、なんとなく入った店で珍しく一人で焼酎ウーロン割を飲んでいるうちに、周囲にいた黒い人たちと飲むはめになり結局ホテルへ戻ったのが6時近かった。仕方がないので、朝風呂に入ってよやく就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月17日(水)評価は第三者に委ねる

 7時起床、速やかに入浴をすませチェックアウト。札幌経由千歳空港9時15分着。9時50分発のANA関西空港行きは
「なんと満席」
なんだか分からないけれど、札幌ー大阪・神戸・伊丹の便は連日満席が続いている。この便もキャンセル待ちでなんとか確保できたのだ。
20071017095549
(雨は朝方上がったようだ)


 昨晩は試合の興奮からか、全く眠れず。ほぼ徹夜に近い状態だったので、快速エアポート・ANA機内・関空快速全ての車内でとにかく眠った。

 お昼過ぎに梅田に到着、今日から一週間の戦いへ若干遅れての参戦となる。しかし、
「とにかくこの街勢いがない」
タイガースがあの状態だと仕方がないのだけれど、ここまで露骨に人がいないとは思わなかった。
「阪神名物いか焼き」
の行列もまばらなのにビックリ。

 とはいえ、昨日の
「晋吾コール」
に負けないくらい大きな声を出してがむばっているうちに閉店のお時間。さすがに疲れ果てたのでお食事にも行かずに、ホテル阪神へ直行。軽く温泉に浸かって早々に就寝。。。。。

 ところで今日、気になるニュースがあった。ANA長崎ー羽田便が乗客の携帯電話の電源が入っていたため無線が使用不能になり、引き返したとのこと。携帯電話が機器に影響を与えることは言われているけれど、まさか航空無線が使えなくなるというのは衝撃的だ。それこそ悪意を持った集団が複数台電源を入れっぱなしにしたら、それこそ本当に怖いよね。

 ここまで札幌ドームで行われたヨドバシカメラクライマックスシリ-ズは
「4戦全て42222人」
と発表されている。だけれど
「これおかしくないですかね?」
勿論チケットは完売しているけれど、招待券の枚数だって日によって違うだろうし、実際空席が0ではなかった。結局、入り口でカウントしてないし、半券を数えているわけでもないということだろう。勿論、今でも各球団正確な実数を発表しているなんて思っている人はいないだろうけれど、どうせ嘘つくんだったらもっともらしい嘘つくべきだと思うけどね。

 あと、稲葉の時のジャンプは一瞬だから許すけれど、セギノールのバナナはなんとかならんかね?
「前が見えないぢゃないか!」
やっぱりS席5500円とか払ってるんだから、そういうのは勘弁して欲しい。逆に素晴らしいと思ったのが拍手、味方のピッチャーがストライクが入らないと手拍子で後押ししていた。これ非常にいいと思う、そうなんですよ
「プラスチックを叩くより拍手の方が数倍素晴らしい」
と思うのはロッテファンだけなのだろうか?ストレス解消にはなるかもしれないけれど人工的な音よりも、拍手の方が心がこもっているような気がするけどな。。。

 いよいよ泣いても笑っても明日が最終戦だ、両チーム無得点のまま引き分けでファイターズが日本シリ-ズ進出なんていったら、それもまた歴史に残るよね。
「しかし、明日ロッテが勝った場合胴上げはあるのだろうか?」
別に優勝したわけでもないしねえ、
「そもそもエクセル東急ホテルでビールかけとかするのだろうか?」
なんかとにかく微妙なルールだよねえ。

 今日が一日お休みなのは
「サッカーが理由」
とのこと。あんまり関係ないと思うのは小生だけだろうか?これによってダルビッシュが中4日で投げられる、小生はこれを残念とは思わない。
「本当に明日の対決が実現してうれしいのだ」
だた、気になるのは明日はセリーグもセカンドステージが始まり、なんと2試合ともテレビ中継があるのだ。非常に厄介だけれど、下手するとパの方が数字高かったりしてねえ。

 「沈まぬ太陽」
読了、5巻まで一気に読みきった。これねえ、どこまでが本当なんだか分からないよねえ。JALが今も昔もトンデモない会社というのは全く変わってないんだろうけれど、とにかくすさまじい。ほぼ実在の人物をモデルに描かれてるのだけれど、日航機123便墜落事故のところだけ明らかに作風が変わり、被害者など実名で登場している。
そのあたりの意図がよく分からない。まあ、JALのやばさの根源が分かったことはよかったし、ますますANAびいきになるのだけれど、とにかくこの小説は賛否があって当然だろう。
 作者の山崎豊子さんはあとがきで
「作家生活40年にして、はじめて手がけた技法であるが、その小説的技法の評価は第三者に委ねる」
と結んでいる。

 本日の小生のブログで用いた技法の評価は第三者に委ねる。何故か、本日は複数の方から
「今日はどこにいるんだ?」
というメールと電話が何故か舞い込んできたことだけは書いておくことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月16日(火)たまらない緊張感

 午後の予定だったお菓子の会議を急遽午前11時に繰り上げる、いつもは4時というお菓子を食べるには最適の時間なんだけれど、11時というのはお菓子を盛大に食べる時間としては適していない。クリスマスケーキの最終確認、初冬の新作の試食などなど。今日は試食量が多かったのでさすがにお昼はパス。
20071016112638
(朝からヘビーに)


 TCATから羽田行きのフレンドリーエアポートリムジンに乗ることおよそ20分で1タミに到着。無料航空券のご予約より2便前のキャンセル待ちに滑り込みセーフ、3人しか呼ばれなかったうちの1人だから凄くラッキー。なぜかこの便は本当に満席、一体皆さん北の大地へ何をしに行くのだろうか?

 お座席はひさしぶりの窓側、ウツラウツラしてお外を見ると早くも下北半島。ここからまっすぐ千歳へ向かうと思ったら今日は北東へ向かい、北から滑走路へ進入。5分くらいは余計にかかった計算になる。脱兎のごとく地下ホームへ駆け込み、出発間際の快速エアポートへ飛び乗る。到着ロビーの電光掲示板は15分後の列車を表示していたのだけれど、ここは発車5分前に表示が消えてしまうので走れば前の列車に乗れることがままある、一人がけの席もゲットしたし非常にラッキー。

 札幌駅構内の
「味の時計台」
味噌ラーメンの遅いお昼ご飯。店員さんの対応が非常によろしい。
20071016153115
(今日は味噌らーめん)


 一昨日チェックアウトしたアートホテルズ札幌に再度チェックイン。パソコンを開いて、今夜先発予定である小野投手のブログをチェックすると、なんと
行ってきます!」
というタイトルでブログが更新されている。この緊張感の中でもファンへメッセージを送るという小野投手の人柄が分かるブログだ。
「応援しないわけにいかない!」
ということで開始直前に札幌ドームへ到着。
20071016175958
(もう後がない!)


 諸般の事情により、今日はバックネット裏のかなりいい席。しかも初戦と違ってネットがないので、恐らくこの球場でベストの場所だと思われる。
20071016185554
(かなり見やすいお席だ)


 小野投手は、とにかくヒット打たれながらも
「我慢と粘りの投球」
でゲームをつくる。4回ピンチでのダブルプレイが最高にかっこよかった。とにかく前半戦は異常な緊張感の中でゲームが進む。
20071016181257
(頑張れ小野!)


 5回途中で小野投手は降板、シーズン中ならば早いと思うけれど、今日に関しては全く文句はない。当然の交代だと思う。1点は奪われたものの直後の6回に
「里崎がやってくれた!」
諸般の事情で里崎はあまり好きではないのだけれど、この大事な場面で逆転2ランを打つとなると認めざるを得ない。
20071016182639
(胸を張っての降板)
20071016200305
(里崎値千金2ラン!)

 そして7回まで抑えた川崎は見事の一言だ。ファイターズは武田勝がリリーフに回ったのは分かるけれど、その後にでてきた
「萩原だか荻原だか分からない人」
とか出すなら、武田久を先に使ってもよかったと思うけどね。

 しかし7回まで川崎を引っ張ったということは
「8回薮田」
これは分かるけれど、
「まさか9回はあの男の登場か?」
というやりとりのメールが盛んに飛び交ったことは言うまでもない。
 
 で、案の定8回は薮田登場。なんとか無失点に抑えるのだけれど、この回は2つのミスがあった、ひとつはファーストゴロを自分でベースに入ってセーフとしてしまった福浦。もうひとつは、ピッチャーゴロ、ダブルプレイの際セカンドへ入るのが遅くて一塁に残してしまった西岡またはオーティズ。
 ただ、ショート後方への小飛球をサードとショートが追ってがら空きになったサードへ薮田がカバーに入って金子をアウトにしたのがとてつもなく大きい。
「バックアップやカバーの大切さ」
を実感した。

 9回1点負けていてもマイケル登場、彼こういう場面では打たれることが多いのだけれど、案の定1アウトもとれずノックアウト。これで4点差なんだけれど、その裏登場したのは
「やっぱりあの男」
彼はいかんせん、2年前のプレーオフ4点差を同点にされたという前科を持っている。しかもそのとき幼稚園くらいの娘さんに
「パパのバカ」
とののしられた映像がテレビで流されていたと記憶している。
「歴史は繰り返されるのか?」
と思ったけれど初球で
「これはなんとかなるのでは?」
と一安心、今日は明らかに
「いい時の小林雅だった」
下位打線だったとはいえ、全く危なげないピッチングで見事勝利!
20071016215124
(今日はスライダーが切れていた)


 なんともいえない緊張感たっぷりの試合に幕を閉じた。とにかく
「ナイスゲーム」
としか言いようがない。里崎のヒーローインタビューをに声援を送ってから帰路についたんだけれど、ナイスじゃないのが札幌ドーム。
20071016215955
(勝利!)
20071016220536
(今日は里崎だ!)
20071016220556
(サポーターもよく頑張った!)

 どうして歩道橋まであんなに渋滞するのか?もう移転して3年だか4年もたつのだから、抜本的な対策を打たないとだめでしょう。案内が
「福住は混むのでシャトルバスおよびタクシーをご利用ください」
と叫んでいる。バスはいいけれど、タクシーをご利用くださいっていうのは反則でしょ?
20071016222341
(非常に危険な状態)


 まあ何はともあれ、試合中は4時間もの間飲まず食わずで一球に集中していたので、
「だるま」
にてジンギスカンをいただき温泉で汗を流し、ラウンジで氷いちごをいただき一息つく。
20071016230510
(だるまさんにて祝杯)
20071017002259
(一日のしめ)


 で、一応念のために小野投手のブログを確認すると
よっしゃー!!」
というタイトルで小生のブログより先に更新されているではないか!
「本当に素晴らしい」
としかいいようがない。今晩、小野選手の気迫のこもったピッチングを見れた応援できたことは心からうれしく思う。

 これで明後日は第5戦が行われることになった。先発は
「ダルビッシュ・成瀬」
という現在の最高のピッチャー二人が雌雄を決するわけだ。この追い込まれた状況の中でこの対決が実現するということは日本のプロ野球にとっても凄い財産だと思う。これが実現しただけで満足するのはおかしいかもしれないけれど、もうどっちが勝とうが負けようが関係ないと思う。明後日が本当に本当に待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月15日(月)明日は小野晋吾

 さすがに北の大地では長袖着用だったけれど、今日は半袖でちょうどよい。暑くもなく寒くもなく非常に気持ちがよいのだけれど、この時期は日が沈むのが早くて寂しい。

 ここのところめったに東京にいないので
「医者のはしご」
内科はお知り合いなので速やかに診察していただけるのだけれど、耳鼻科ではかなり待たされた。鼻は小生のウイークポイントのひとつである、子供の頃から数回入院もしている。最近とにかく、飛行機に乗る際
「右耳が抜けないのだ」
ツバを飲めば左耳は抜けるのだけれど、右耳が本当に抜けない。こんなツライことはないのだ。ちょっと風邪気味の時に飛行機に乗ったりすると降りるまでダメでもう最悪だ。C/Aさんは航空中耳炎が職業病というけれど、まあ小生も年間60回以上のるのだから、職業病といえるのかもしれない。

 といっても、飛行機に乗らないわけにはいかない。勿論耳のせいではないだろうけれど、飛行機嫌いの人って結構いる。前ベイスターズ監督の牛島氏は、仙台から札幌への移動に一人だけ北斗星を利用していたし、江川卓氏にいたっては宮崎キャンプの取材に、のぞみ号とにちりんシーガイヤ号を乗り継いだとのこと。

 江川氏は浪人中に米国へ行く際に乗ったJAL機内でガタガタ震えているのを看病してくれたC/Aさんと結婚したというが、小生も今度飛行機乗るときに
「耳が痛い痛い」
といって震えるべきなのかもしれない。。。。

 昨日の中日×阪神戦の関東地区の視聴率は7.5%、小生の予想もほぼ完璧ということだ。いくら真剣勝負でもこのカードでは関東では厳しいのは当然だ。日ハム×ロッテの5.4%(デーゲーム)とあんまり変わらないところが恐ろしい。

 夜は
「京橋 ドンピエール
さんにて会食。ドンピエールさんは、いわゆる
「洋食」
というジャンルに分類される。カレー、ハヤシ、オムライス、ハンバーグ、ビーフシチューって感じ。5000円のプリフィクスコースを選んだのだけれど、かなりのボリュウムで遺憾ながら残してしまった。今日はお昼が遅かったので全部食べられなかったけれど、是非次回はお腹をすかせてリベンジしたい。
20071015195540
(大きなハンバーグ)
20071015201312
(ビーフカレー)
20071015202232
(デザートって別腹って知ってる?♪)


 ファイターズに王手がかかってしまったけれど、
「明日の先発は我らが小野晋吾だ!」
必ずややってくれるであろう、信じるだけだ!!

 後がないのだから中5日で成瀬という気もするけれど、明日勝っても木曜ダルビッシュに勝つには成瀬しかいないという判断なのかもしれない。勿論とらぬ狸のということもあるけれど、ボビーのこの判断は支持したい。そして小野晋吾を信じたい。ただ、
「不思議なのは誰の先発がなくなったのか?」
ということ。まあいいけどね。

 明日ロッテが勝って、ダルと成瀬で勝った方が日本シリーズ出場権が得られるならば、負けても大いに納得だ。是非とも後がない状態でそんな対決を見てみたい、それにはとにかく明日小野晋吾にやってもらうしかない!

 今朝、ネット上では
「桧山戦力外通告」
とあったんだけれど、その数時間後に自身のHP
一部報道は誤報です。球団からは来年もやってくれと言われました
と誤報を嘆いている。まあ、あまり興味はないけれど
「便利な時代になったなあ」
と思う今日この頃ではある。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月14日(日)あなぶきんちゃんもビックリ

 目覚ましは8時30分にセットしておいたのだけれど、8時10分に目が覚めた。熟睡したようで非常に快適な目覚め、速やかにスパへ移動して
「温泉・水風呂・サウナ」
をたっぷりと1時間。徹底的に気持ちがよい、ジャスマックの朝風呂は9時退場なんだけれど、アートホテルズの朝風呂は9時までに入場すればいいようなので、非常にありがたいサービスだ。朝風呂が快適だと一日が非常に快適に過ごせる。

 あまりお腹が空いていなかったのだけれど、とりあえず日経を読みながら朝食ヴァイキングをいただく、野菜炒め、エビフライ、カレー、串かつ、焼きそばなどがあり予想外に健闘している。ピークの時間が過ぎたようで比較的会場が空いているのもまたよし。

 10時からは日曜のお楽しみサンデージャポン。今日は徹底的にボクシングを特集している。なんとゲストは
「チャンピオンの内藤選手」
しかしねえ、いくらなんでも節操なくないですか?この番組徹底的に亀田親子をヨイショしてきたのに、負けた途端に手のひら返したような感じだよねえ。。。。先週は亀田兄が出てたくらいだよ、まあ出演者自ら
「手のひら返し、勝ち馬に乗れ!」
といっていたし、まあとにかくアントニオ猪木じゃないけれど
「サンジャポなら何をしても許されるのか?」
「そうだよ!(笑)」
ってところではある。

 でもとにかく内藤選手って、人間的な素晴らしさが伝わってくるよね。
「本当に国民的ヒーロー」
になってしまったなあ。。。。

 今日のお席は昨日と打って変わってライトのビジター指定席。このエリアへの参戦は2年前の甲子園以来だ、ユニフォームを着て、タオルをかざし、旗を振ったり大変だ。とはいえ、内野だとロッテのチャンスでもおとなしくしてしてないとならないので、精神的には楽ではある。
20071014132104
(今日はビジター応援席)


 1点取られた2回の表に2本のホームランで逆転、肝心なのはその後の早川のタイムリーがとてつもなく大きかったと思う。直後のオーティズと今江のファインプレーも見逃せない。
20071014151402
(結構よく見えるけれど、やっぱり遠い)


 小林宏が故障?で降板したのは、あんまりだった。本人も期するところが大きかったと思う、それだけに残念。一度引っ込んで、マウンドへ戻ってもダメ。再びベンチへ戻る際の涙を見逃さなかった。6回1死満塁のピンチに幸雄さんが登場、場内本日一番の歓声ではあったけれど、
「全く打つ気配がない」
厳しい言い方だけれど、この場面で引退予定の選手を代打で出すのは厳しいと思う。
 なにはともあれ、ほぼ完璧な形でマリーンズが勝利、1-1のタイへ持ち込んだ。最終的にどうなるかは分からないけれど、第5戦でダルビッシュと成瀬の防御率1・2位対決が実現すれば、どちらが勝っても負けても納得がいくだろう。
20071014161500
(サブローも打った)
20071014163455
(あなぶきんちゃんもビックリの5本のホームラン)


 福住から千歳空港へはバスで1時間、もっと渋滞しているかと思ったらそうでもなかった。一眠りしている間に無事到着。味の時計台さんで豪勢にチャーシュー麺、このお店は鈴木店長以下女性スタッフのみで大いに頑張っている。とても雰囲気がよろしい。いつもながら、店長のかもし出す雰囲気に感心。デザートの雪印パーラーのソフトクリームをいただけば全日程が終了。
20071014182943
(ここの鈴木店長は偉大だ)
20071014184458
(おいしゅうございました)

 JAL無料航空券は20時のご予約だったけれど、1本前のジャムボへ変更。クラスJへUG出来なかったけれど、まあよしとしよう。機内でうれしいことが一件、JALのジャムボに乗ったので沈まぬ太陽4巻を読もうと、読書灯をつけたら、勝手に隣のおじさんが微妙な向きを調整してくれた。なかなか出来ない小さな親切に感激。
20071014184915
(東京行きはまだまだあるのね)


 今日は飛んだりはねたり、旗振ったり、大声出し続けて大変疲れた。昨日実質2つのエラーをしたサブローとキーマンに挙げた早川が打ったのが大きい、最終回の小林雅はなんともいえないけれどね。本当に余談なんだけれど、
「セリーグの中日×阪神戦の視聴率が気になる」
今日この頃ではある。予想としては7.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月13日(土)883マイル

 6時30分起床、7時チェックアウト。なんだけれど、これがまたうまくいかない。先日のマリオット同様ちょっとしたトラブルが発生、そんな大変なことではないと思うんだけれどなあ。。。睡眠不足もあって、結構不愉快になる。そういえば、マリオットさんからは型どおりのお詫び状が来ていたけれど、その反省の内容が全然ピントはずれだった。まあ、そんなことだからトラブルになるんだけれどね。
 やっぱり一流ホテルというのはサービス業においては最高峰のレベルだと思うんだけれど、意外とたいしたことないよね。勿論、人のこと言っている場合ではないのだけれどね。。。。
20071013074333
(福岡ー札幌は遠い)


 かなり眠い状態で福岡空港から乗り込んだ767の行き先は羽田ではなく勿論
「札幌 新千歳空港」
だ。長時間といっても2時間10分なんだけれど、熟睡が必要なのでポイントを使ってのアップグレード。1番前の通路側に陣取ったら、なんとお隣には
「MのTシャツの男性」
がいらっしゃる。思わず
「ロッテファンですか?」
と話かけ、軽く盛り上がる。氏も福岡の方ではなく大阪の方で、昨日出張で福岡へ入っていたとのこと。いかんせんお互い熟睡している時間がほとんどなので、会話はあまり成立せず。

 快速エアポート経由で札幌へ、まずは関係各所へご挨拶周りを済ませ昼食。すすきので密かに注目しているのが
「吉野家と松屋」
これがほぼ同じ大きさの店舗同士が隣接しているのよ。いつもいりをチェックしているのだけれど、今日は
「6−4で松屋だった」
たしか、松屋は今牛めし50円引き中だったと思うので、そのせいかしらん?
20071013115953
(いつも入りが気になる)


 小生はとりあえず、ロビンソン地下の回転寿司
「魚一心さん」
にて7皿ほどいただく。たしかに回転としては美味しいと思う。
20071013114532
(生ホッキ)
20071013114119
(タラバ)


 やって来ました札幌ドーム。久しぶりというか、今年初参戦になる。地下鉄のホームから地上に上がるだけれでも大混雑で一仕事だ。予想外の寒さも含めて
「非常にアウエィを感じる」
 今日のお席は、諸般の事情でバックネット裏の豪華なお席。スーパーシートみたいな座席にテーブルまで付いている、なにより自分の前の通路が異常に広い。しかも、意味もなく
「専用ラウンジ」
なんかもご利用できるのだ。小生、
「部屋とかラウンジなどなど」
特別扱いは大好きなのだけれど、さすがに野球を生で見れないラウンジに滞在するほど暇ではない。
20071013155845
(諸般の事情により素晴らしい席に陣取る)


 試合開始前に
「ファイターズの優勝の表彰式」
これ一体いつやるのかすごく気になっていたのだ。クライマックスシリーズで勝てば最後にやってもいいけれど、負けたらみっともないしね、と思っていたらやっぱり今日の試合開始前だった。

 初回、西岡の芸術的なプッシュバントと盗塁でセカンドまで進んだものの、後続がなく無得点。しかし、この西岡にはしびれた。ファーストステージから輝きまくっている。一方、
「だめなのが早川」
まあ、こういう突然今年ブレイクした選手って、いわゆる
「逆日本シリーズ男」
とかになりやすいんだけれど、早川がまさにそれだ。
 かつての古田、和田(西武)なんかも初出場の時はかなり見苦しかったと記憶している。
20071013145442
(意味不明なラウンジ)


 先発久保は初回のピンチは乗り切ったものの、2回の4失点であっさり終了。はっきりいって、この時点でもはや負けを覚悟した。ただねえ、この試合エラーにはなっていないのだけれど、
「サブローの守備があまりにもいただけない。」
普段のサブローだった普通にとっているライトフライを2つともタイムリーにしてしまった。追い方が凄く違和感あったけれど、東京ドームのデーゲームばりに打球を見失っていたっぽい。
 サブローは昨日の夜、某所で焼肉を食べていたという情報が入っているけれど、なんとか明日以降取かえしていただきたいものだ。

 一応今日は完敗なんだけれど、そんなに尾を引く負け方ではないと思う。今日の先発が成瀬でなくなった時点である意味今日は捨てゲームに近いでしょう。問題は明日の小林だよね、前回の負けを取り返してくれることを信じるだけだ。あとは個人的には
「早川だと思う」
彼にかかっているといっても言いすぎではないだろう。今日で清水はある程度使える見込みがたったので、とにかく勝ちパターンの継投を一度見てみたいものだ。

 あと、やっぱり今年は曲がりなりにも優勝は決まっているので、どうも乗ってこない。もうファーストステージ勝ったので十分という気持ちが少なからずあることも否定できない。とはいえファイターズとは最後2ゲーム差ということは1つの勝ち負け差だったからなあ。。。直筒対決は互角だしね。一応、少しは色気も持っているということ。

 だるまさんにはあまり行きたくないので、数年ぶりに
「めんよう亭」
さんにてジンギスカンをいただく。
20071013200950
(お肉は美味しいけれどタレがイマイチかな?)


 締めは
「高麗亭さん」
にて冷麺というフルコース。ただ、ここで予期せぬハプニングが発生。
店長「いらっしゃい、お久しぶりですね。冷麺でいいですか?」
うし「いつも冷麺だけですみません」
店長「最近よくテレビ出てますね、いつも見てますよ」
うし「えっ。。。。。。」
店長「果物のアレでしょ?」
うし「えっ。アレでしょって??」
そのあとは、色々とここにはかけないお話をじっくりとしてしまった。ありがたいことではある。
 まあ、とにかく
「悪いことは出来ないなあ」
と痛切に感じる今日この頃ではある。
20071013203353
(アレって言われてもねえ)


 今宵の宿は、これまた久方ぶりのアートホテルズ札幌。以前のLANは衝撃的な遅さだったけれど、改善されたようでなによりなんだけれど、1泊500円とは信じがたい仕打ちだ。まあ、余談だけれどLANはビジネスホテルなどリーズナブルなホテルは無料だけれど、宿泊代が高いホテルになるとLANが有料になる傾向があるから不思議だ。

 まあ、なにはともあれスパへ、
「温泉・水風呂・サウナ」
を徹底的に、1時間30分ほど繰り返すと嫌なことも忘れてしまう。湯上りラウンジにて氷いちごミルクをいただいてから早々に就寝。。。。。。

 巷では日本シリーズの先行予約だかが始まっているようだけれど、特にパリーグなんかクライマックス終了後でも十分時間があるのに、なんでこんなに早く販売するのだろうか?今日のチケットだって1ステージ終了後に販売したのは外野ビジター応援席のみだ。
「ビジターファンは内野に来るな」
ということなのだろうけれど、やっぱり不親切だと思う。全部1シリーズ終了まで売るなとは言わないけれど、もう少しやり方ってあると思う。なんでもかんでもオークションっていうのも嫌だなあ。。。。

旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

10月12日(金)お土産に週刊新潮

 早朝5時50分起床、6時20分出発、7時羽田空港着。7時40分の北九州行きスターフライヤー便に乗るのは大きな仕事だ。1タミには24もスポットがあるのだから、1番は常にスターフライヤーに使わせてもいいと思うのだけれど、当然のようにバスでのご出発だ。

 とはいえ、スターフライヤーの座席、サービスは気に入っている。革張りの座席はゆったりしているし、お水を注文すると
「日田天領水のペットボトル」
をくれるのがとてもうれしい。機長のございさつが、ボビーばりのインチキくさい日本語だったのはご愛嬌、揺れることもなく熟睡したまま無事北九州空港に着陸。
20071012073005
(黒い機体へはバスにてご案内)


 ここからバスで35分かけて小倉へ向かう。しかし、これだけ遠いと北九州空港の存在意義って疑問になる。便数の多い福岡空港から博多へ出て新幹線で小倉へ向かった方が断然便利かもしれない。結構近くまでJRが来ているので引き込む計画があるらしいけれど、どう考えても採算割れするので進まないというのが現実らしい。
 鹿児島空港も割と近くをJRが走っているけれど、かなり勾配がきつそうなので空港までひっぱってくるのは厳しそうだ。

 小倉で打ちあわせを1時間ほど、かなりいい待遇を受ける。年末にかけてかなり大きなお取引となりそうな気配。商談終了後K氏と合流して昼食。色々悩んだのだけれど、小倉といえばやっぱり
「田舎庵のうなぎ」
と決まっている。
20071012114831
(ふーふーしながらいただく)


 せいろ蒸しをいただきながら、しばし談笑。
「王監督が来年も続投するのはいかがなものか問題」
「福岡ドームでのPVに人がこなかったのは、当たり前だろう問題」
「新垣問題はいくらなんでも2億円はないだろう問題」
「しかし板倉教授の次を担う人材はいないのか問題」
「ヒーローインタビューで監督の物まねが出来る時点でチームとして格が違うのでは問題」
「新時津風親方って、新加勢大周みたい」
などなど旬の話題に終始するが、結論として
「きん○○蹴れ、目に指つっこめ!」
という声を拾ってしまったTBSは大いに問題があるのでは?
 と同時に、昨日のNEWS23で
「いきなり亀田批判を繰り出すのはいかがなものか?」
という結論がでたところでお開きとなった。

 100系こだま号、地下鉄、西鉄と乗り継いで久留米へご挨拶。久留米といえば松田聖子であり、チェッカーズであり、孫正義氏、堀江氏の母校である附設である。しかしながら、この街の地盤沈下というのはいかんともしがたいようだ。たしか、人口当たりの医者の数が日本一であり、植木職人さんでお金持ちも結構いるらしいけれど、普通お買い物は天神へ出るだろうし、せいぜいダイヤモンドシティだろうから、駅前が閑散とするのは防ぎようがない。
20071012130207
(100系こだま号健在!)

 ちょっと時間が出来たので、りくおさんお薦めの冷泉公園近くの
「スパイスさん」
にて鳥煮込みカレーをいただく。老夫婦でやっているカレー専門店なんだけれど、これが大当たり。お味もよかったけれど、素晴らしい人柄のご夫婦の接客も感激した。
20071012145359
(おいしゅうございました)

 西中洲の
「藤よし」
さんで美味しい焼き鳥をいただき、仕上げに
「鉄なべ餃子」
をいただけば福岡の夜は更けてくる。
20071012205104
(レバーが美味しい店は全て美味しい)
20071012221141
(食べてばっかし・・・)


 ところで、東京土産といえば、杏仁豆腐が最も喜ばれるのだけれど、今回持参したのは
「週刊新潮3冊」
今週のトップ記事に前述した
「新垣 17歳の少女に訴えられる!」
があるからだ、しかしながら東京では木曜発売の新潮がこちらでは土曜日と2日遅れなので、重宝された。しかし、ただでさえ速報性が低い週刊誌でさらに2日遅れると存在価値ってほとんどないよね。しかし新垣ってたしかTNCの高山アナと付き合っていると思っていたけれど、巻髪の高山アナとは大丈夫なのだろうか?

 今宵の宿は、博多全日空ホテル。実は2ヶ月くらい改装のため休業していのだけれど、10月から営業を再開したので、久しぶりのお泊りとなった。ただねえ、普通2ヶ月も改装していれば
「全面改装と思うじゃないですか?」
それが見た目は全く分からないのよ、フロントでたずねると
「空調関係の入れ替えです」
とのことだけれど、本当かしらん???

 まあいいけれど、探偵!ナイトスクープ、ラブちぇんを見てから早々に就寝。。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月11日(木)藤川球児156キロ

 スポーツ紙の1面は、揃って
「マリーンズ・成瀬」
となった。勿論、それに不満はないのだけれど、
「そんなに大事なニュースなのかしらん?」
という気もする。今年のパリーグは昨年までと違って、すでにファイターズの優勝が決まっているのだらねえ。しかも、まだ所詮ファーストステージに勝っただけの話だし、あくまでもファイターズ有利は変わらないと思う。ちなみに視聴率は7.1%。この数字については、大いに悩まされる。ある意味すごいともいえるしなあ。。。

 報知までも1面がロッテの中、独自の紙面構成を徹底しているのが、
「勿論デイリーだ!」
フェニックスリーグとやらに参加している
「藤川球児が自己最速156キロ!」
のボールを投げたということを盛大に報じている。まあ、これはこれで決して否定するものではない。報知も
「原巨人 紅白戦をナイターで開催」
とかぶち上げた方がらしくていいと思う。

 電車の中吊り広告につられて久しぶりに週刊文春を購入、お目当ては勿論
「政治広報センター社長 宮川隆義氏による 総選挙大予測」
に決まっている。普段は冠に
「日本一早い」
とつくことが多いのだけれど、今回は日本一早くはないということなのだろう。結果は
「自民下野」
ということのようだ、もっとも大きな原因はやはり
「共産党が全選挙区に候補者を立てるのを止める」
という戦略によるところが大きい。
 ただ、個人的には
「勿論自公は議席が大幅に減らすだけろうけれど、過半数割れはない」
とふんでいる。

 議論が分かれる解散時期だけれど、なんかここへ来て米軍などへの給油について
「国民が肯定的」
な流れになってきた感じがする。内閣支持率も高いし、
「年内解散もありえない話ではない」
という説もあるけれど、どうなんだろうか?
「絶対的に現有議席を減らす解散って勇気いるよね」
年内に解散するくらいの勇気があれば福田氏もたいしたものだ。

 久しぶりに亀田家の試合を見る。
「意外とやるじゃん、もっとだめかと思った」
というのが正直な感想だ、しかし12回のフロントスープレックスばりの投げには衝撃を受けた。
 ポイントであそこまで大差がつくと
「協栄+亀田一家+TBS」
をもってしてもどうにもならなかったのだろう。しかしチャンピオン内藤選手は、いじめにあったり、極貧で苦労したり、負けても這い上がってようやく世界チャンピオンになったという
「最も日本人好みのボクサー」
だよね、本当に
「国民的スター」
になってしまった感がある、本当に素晴らしいのひとことだ。

 ライオンズの監督に
「渡辺久氏就任」
渡辺というとブライアント4連発の3本目を打たれたシーンがいまだに目に焼きついているのだけれど、かなり格好よかったのに、年齢だって小生とたいして変わらないのに、
「あんなに髪が薄くなっちゃうんだからねえ。。。」
まあ、それはいいとして
「打撃コーチに大久保氏が就任」
というのは呆れてものがいえない。
「西武のフロント大丈夫かよ????」
氏に卓越した野球理論があるとは思えないけどなあ。。。。

 我らが小野投手のブログによると、
「セカンドステージでの先発はなさそう」
とのこと。となるとやっぱり清水・久保・俊介・小林・成瀬となる。ひょっとして小林を先に使うかもしれないけれど。やはり、ファイターズ断然有利だ。

 週間文春、新潮、文藝春秋を読みながら早々に就寝。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月10日(水)最後だの意気込みで

 今日は10月10日、一昔前なら体育の日だ。いわゆる気象の特異日ということで
「晴れの確率がかなり高い」
との理由で東京オリンピック開会式の日に選ばれたという。朝方は雲っていたけれど、お昼前には快晴となった。

 昨日、テレビ東京系で放送されたヨドバシカメラクライマックスシリーズの視聴率は
「5.3%」
とでた。まあ、所詮こんなものだと思う。今から気になっているのが、中日×阪神戦の視聴率とどちらが高いのか?ということ。なんだかんだいってほぼ同じような数字だと思う。

 ちなみに関東地区の巨人戦の年平均は9.8%しかも徹底的に裏番組が強い日とかは削って、ビジターでの試合もほとんどなしにこの数字だから、来年はさらに放送試合数が減り、さらに視聴率が下がるという悪循環が徹底的に続きそうだ。
 関西地区の阪神戦ナイターの平均視聴率は12・2%。05年は16・4%、06年は13・5%ということは、あの大阪の阪神戦でさえかなり微妙なところまで落ちてきているということ。

 余談だけれど、NHK橋本会長が日テレが巨人の優勝決定試合を放送しなかったことについて苦言を呈している。ただ、ここで注目される発言があった
「急遽放送したBSは通常の10倍近い2.2%の高視聴率がを獲得した」
いやあ、BSの視聴率って普段は1%以下なのね。。。。ということは、BSのの普及率ってスカパーよりははるかに高そうだから
「野球ファンは地上波なんか見ないで、BS・CSで見てるぜ」
という方程式は成り立たないということだ。

 そもそも、野球ってテレビに全くそぐわないコンテンツだ。試合開始と試合終了どちらも放送しないスポーツ中継って他に例を見ないよね。
20071010181303
(競馬研究の読者なのかしらん?って分かるかな?)


 今日はどうしても試合開始から見たかったので、早々に仕事を切り上げマリンへ。成瀬は立ち上がりが全てだと思っていたので、先頭の川崎に打たれた瞬間に嫌な予感がしたのだけれど、本多のバント失敗で
「これはいける!」
と確信。
 完全な投手戦が動いたのは6回裏、フォアボール3つで満塁から
「サブローがやってくれた!」
本当に、この人普通の場面では全く打たないけれど、本当に本当に大事な場面では打つから凄い。スタンドリッジは福浦の場面で交代だったよね、王監督明らかに一昨日に続いて交代時期を誤った。新垣は使われないと思ったら、交際していた女性に訴えられえいたし、和田は怪我かどうかは知らないけれど、ベンチにも入っていなかったしなあ。。。
20071010201601
(ここ一番でサブロー!)
20071010201717
(やってくれた!)


 ソフトバンクの度重なるバント失敗、ダブルプレーにも助けられたけれど、この大事な試合での完封は
「見事の一言」
只者ではない。

 ちなみにMVPは5打点あげたサブロー、そもそもファーストシリーズでMVPがあるとは思わなかった。しかしながら賞品は
「52型の液晶テレビ」
とのこと。52型って巨大だよね、ちょっと聞いたことがない。
「サブローのおうちがそれくらい大きければいいなあ」
と余計なお世話を考えた。

 なにはともあれ、第二ステージへ進むのはマリーンズ。福浦もどん底から這い上がってきたようだし、ズレータは第二ステージに間に合うかどうかは分からないのと、勝ちパターンの継投に大いに不安はあるけれど、
「チーム状態は今年一番」
というのは疑いようがないだろう。
20071010212324
(優勝したわけじゃないんだけれどねえ)
20071010212337
(勝利の花火)

 やっぱり、勝ち負け以前に
「いい試合見ると、とても楽しい」
リーグ戦とは違うトーナメントの緊張感はたまらないよね、やっぱり明日がない戦いというのは壮絶だ。小生も
「これが最後だ位の意気込みで見合いに臨まねばならないのかしらん?」
と思う今日この頃であった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月9日(火)議員に向いていない

 昨日、録画しておいたサンジャポを見ていたら若と美恵子さんの離婚問題について、若のお母さんであるところでの
「花田憲子さんが大いに語っていた」
しかしながら、語ったといっても、はっきりとは言わずに
「まあ、こういう場合は全て男が悪い。といっておけば丸く収まるんでしょうねええ」
となんとも思わせぶりな発言を連発している。どう考えても
「美恵子さんに男が出来たんだ、若は被害者なんですよ」
ということを言いたくて言いたくて仕方がないようだ。しかも明らかに
「ワイドショーに出るのがうれしくて仕方がない!」
というのがモロに出ているからねえ。。。。

 午後から水道橋で打ち合わせがあったので、お昼は東京ドームホテル内シズラーにて
「ハンバーガー」
をいただく。メインは勿論ハンバーガーなんだけれど、前菜のサラダバーが目的といっても過言ではない。ハンバーガーといっても単品で1200円もするので、いわゆる
「グルメバーガー」
というやつ。こんなの食べてたら体悪くしちゃうだろうけれど、やっぱり美味しいよね。ちょっとグルメバーガーを極めたくなってきた。
20071009134139
(ちょっとパンが焼きすぎ)


 クライマックスシリーズ2戦目、ホークスが勝ってタイ。全ては明日の第三戦となった、マリーンズの先発は成瀬なんだけれど、今日の小林は8月はよかったけれど、明らかにーズン終盤は下降期に入っていた。成瀬も同じどちらかといえば下降気味だろう。昨日の渡辺俊介は明らかに終盤尻上がりに調子が上げてきていた。明日のマリーンズは断然有利とは思えない。
 松中、福浦の今シーズン絶不調組が復調してきたようだ、
「やはり合コン効果なのだろうか?」
まあ、いずれにしても明日は今日のような大味な試合にはならず接戦の好ゲームになるだろう。

 本当にどうでもいいのだけれど、明日の試合が引き分けの場合は、2位のマリーンズがセカンドステージ進出となる。ということは延長12回表終了時に同点の場合、12回裏の攻撃は意味がなくなるけれど、
「一応やるのかしらん?」
10.19は公式戦だったから仕方がないけれど、今回の場合は本当に意味がないからなあ。。。。

 これ現時点で語ることは全く意味ないけれど、明日マリーンズが勝った場合、土曜日にダルビッシュと対戦するのは、
我らが小野晋吾投手
の可能性が出てきた、これもかなり楽しみなんだけれどまずは明日勝つことだ!

 自民党の木村隆秀衆院議員が今期限りでの引退を表明、理由はなんと
「政治家に向いていない」
とのことだ。驚いたのが、
「なんと彼が4期目ということ」
代議士10年やってようやく向いていないということが分かったというのは、なんとも情けない。
「普通2~3年やれば分からないかしらん?」
しかし、そんな気持ちで10年も議員やっていたというのは、甚だ遺憾だよね。どうやら議員辞職するつもりはないらしいけれど、向いていないなら
「即刻議員辞職すべきだと思う」
と思うのは小生だけだろうか?とにかくこんなふざけた輩はお話にならない。

 小生も最近
「独身に向いていない」
ということをようやく分かってきたのだけれど、こればっかり簡単に辞職できることも出来ず無念の日々を過ごす今日この頃ではある。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月8日(月)大雨のち晴れ

 結局寝付いたのは6時だった、5時30分に扉の下から新聞が入ってきたので、就寝前に朝刊を読んでしまった。ゆっくり寝ていたいところだけれど、9時起床。速やかに仕度を済ませ、チェックアウト。なんだけれど、ここで大変遺憾な事件が発生した。
20071008091748
(名古屋は朝から雨)


 今回のご予約は、楽天トラベル(旧旅の窓口)からなんだけれど、支払いの一部に楽天スーパーポイントを使用したのだ。ところが、そのポイントを1桁間違えて記載されていた。当然のことながら、抗議すると
「間違いありません、楽天さんから送られてきた数字です」
と力強くいうので、小生が間違えたのだろう。と思って言われるがままの金額の支払いを済ませた。しかしどうにも腑に落ちないのでレッツノートを開いてメールを確認すると、やっぱり小生の言い分が正しかったのだ。

 「これが動かぬ証拠です!」
とメールを見せてもフロント氏は納得がいかない模様。
「パスワードがかかっていて見られないんです」
意味不明な発言を繰り返す。このあたりで、小生も切れ始める
「いい加減にしろ、責任者出せ!」
となってしまったのだ。ようやく、その時点で少しえらそうな方が出てきて裏へ入り込んで確認。
「申し訳ございませんでした」
となった。

 小生サービス業の方にクレームを言う気は全くない、勿論
「人のふり見て我がふり直せ」
という言葉もあるしね。でも今回だけはブチ切れてしまったのだ。人間間違いは絶対あるから、それはいい。そのあと
「客の言い分をはなから否定したのだ」
これがなんとも許せなかったのだ。しかもその後
「見られないんです」
とか散々言い訳していたけれど、結局はそれも嘘だった。新幹線の時間がなかったので早々に引き上げたけれど、こんなに納得しなかったのは初めてだ。
20071008113034
(やっぱり500系はワクワクする)


 すっとんでホームへ上がって500系のぞみ号に乗り込むと、ここでも大変遺憾な事態に直面してしまった。小生の席は3にんがけの通路側なんだけれど、なんと座席がひっくり返されている。しかも親子連れが盛大にやっているのよ。
「おいおい、まさかここに座るのかよ!」
しばし呆然。。。。。座席はエクスプレス予約でゲットしたのだけれど、まさかこんなことになるとは思わなかった。飛行機のように座席表から選べないし、ましてや周りのお子様の状況もわからないけれどねえ。。。。

 しかも、その一家も
「勝手にそこへ座れば!」
って感じ。あまりの事態に周りのお客さんも哀れんでくれて
「ここ空いてますよ」
と言ってくれたので、車掌さんにお願いして座席を移りひといきつく。

 お気に入りの
「特製とりご飯」
をいただいてから徹底的に東京まで就寝。京葉快速に乗り換えて海浜幕張へ。結構な雨が降りしきる中歩いてマリンへと向かう。
20071008095759
(お気に入りの弁当)


 そう!
「ヨドバシカメラ クライマックスシリーズ」
への参戦だ。いかんせん小生傘を持っていないので、入場待ちの際の雨がかなりつらかった。

 ようやく入場したのだけれど、2階席なので屋根がついていると思ったらなんと前から2列目で屋根がないのでビショ濡れに、しかもネットが目の前にあるのでプレイもかなりみずらい席だった。
「渡辺真知子さんの君が代」
にて試合開始。
20071008125745
(ヨドバシカメラクライマックスシリーズへ参戦)


 しかし、渡辺真知子もバブルみたいなものだよね、20年くらい前の曲のおかげでこうやって千葉県の一部の地方では注目されるんだからねえ。。。。
「まあ、人生何が起こるかわからない」
最たる例だろう、ルー大柴とかと一緒か?

 線審がつくだけでも
「特別な試合」
であることを改めて認識させられる。
20071008142757
(かなり厳しい席だった)


 1・2回見る限り、
「バリバリの投手戦」
になるだろう、と思ったら一転して3回にホークスが3点先制。しかし、その裏すぐにマリーンズが同点に追いついた。ベニーの好走塁と2死から出たサブローのタイムリーが見事の一言。マリーンズは4回に逆転、その後も加点、一方のホークスは5回以降はランナーすら出せず。完投勝利の渡辺俊介は1つアウトをとるたびに、
「自分を落ち着けるようにしゃがんでロージンを使っていた」
のがとても印象的、まあなにはともあれ
「マリーンズ先勝」
ということだ。
20071008154119
(ホークスファンも予想より多い)


 明日、明後日どうなるかは分からないけれど。両チーム共にシーズン終盤の勢いというか流れのままきていうような感じ。マリーンズは次のステージへ進んだとしても
「西岡と渡辺俊介が鍵を握りそうだ。」
一方のホークス、全力疾走でマウンドへ上がる斉藤和巳相変わらずプレーオフでは。。。。。。それにしてもコントロールがこんなに悪い斉藤初めてみた。
 今日は俊介が完投したけれど、崩れていた場合はどういう継投を予定していたのだろうか?大いに気になる。

 ジャンボバスで幕張本郷へ出て、総武緩行線で1時間かけて帰宅。TVタックル、録画しておいたサンジャポを見てから早々に就寝。。。。。。西岡のバントヒットが
「セーフティーのサイン」
だったとは衝撃的だ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月7日(日)スガシカオとは?

 所用を済ませてから東京駅へ16番線ホームへ。乗り慣れた東北新幹線でなく、東海道新幹線のホームだ、キオスクで旅の友を購入しようとしたら、当然とはいえスイカが使用できない。会社が違うんだから仕方がないとはいえ、同じ東京駅なんだからあまりにも不親切だ。

 今日は日曜なので通常は東スポはお休みなんだかえれど、競馬変則開催のため発行されている。見出しに大きな文字で
「猪木 安田は最悪」
という文字が躍る。ようは一昨日自殺未遂をした安田忠夫氏のことを批判しているようだ。まあ、たいしたニュースがない証拠なんだけれどね。
20071007140537
(やはり東スポに猪木はよく似合う)


 大きく掲載された猪木の写真を見ていたら、なんと目の前にご本人が。。。。。。そうなんです、
「アントニオ猪木先生を発見!」
周囲は異様な雰囲気が漂っていた。さすがに正面から撮影する勇気はないので、後ろへ周ってこっそりと撮影しておく。
20071007135823
(A猪木先生登場とは。。。。)


 700系のぞみ号は味も素っ気もない電車だ、つまらないのひとこと。東スポを読み、新幹線の友であるスジャータバニラを食べ、ウツラウツラしている間に
「列車は豊橋を定時に通過」
トイレを済ませ、身支度を整えると名古屋へ到着。時間的には仙台とほぼ同じなんだけれど、なんとなく名古屋の方が東京から遠いような感じがする、まあ慣れの問題なのだろう。
20071007135007
(もう700系も飽きたね)


 ホーム真上のマリオットにチェックイン、宴会の案内を見ると、JT将棋日本シリーズは開催されているようだが、結婚披露宴はほとんど開催されていない、
「もしや仏滅かしらん?」
と調べると案の定仏滅だった。やっぱり、仏滅だと結婚式はしないのね。まあご本人たちは気にしないだろうけれど、周りの方はやっぱり嫌なんだろうね。
20071007175020
(名古屋のお宿は勿論マリオット)


 栄へ出て打ち合わせを一件済ませてから名駅へ戻る。高島屋をざっと見てから、
「中日ドラゴンズ応援セール開催中の」
名鉄百貨店へ。上の階では九州展が行われており、おなじみのメムバーへご挨拶。名鉄さんは伊勢丹の支援を仰ぐようになってから少しは立ち直ってきたようだけれど、
「隣の高島屋とあまりにも条件が違うよね」
特に地下の食品売り場の分かりにくさといったらただ事ではない。ただ、個人的には高島屋よりも名鉄の方が雑多な雰囲気がして好み。
20071007174311
(ドラゴンズ応援セール開催中!)


 6時から中部地区のおなじみのメムバーが集まっての会食。場所は
座座はなれ
さんだ。このお店個室が50室もあるし、広々清潔でとても好感が持てる。お料理は、どて焼き、エビフライ、コーチン鍋、きしめん、味噌煮込みうどん、ひつまぶしなどなど、いわうる名古屋らしいメニューが盛りだくさんなのがうれしい限りだ。
20071007214031
(なかなかいい雰囲気)


 中部地区おなじみのメムバーが久しぶりに集うので、大いに盛り上がる。しかしながら、今回は
「大人の会話が多かったので」
あまり詳しいこと書けないのが大変遺憾である。10時に場所をマリオットさんに移して二次会。5時間のロングラン開催にもかかわらず話題が尽きないのがたいしたものである。
20071007192100
(ひつまぶし)

 
 結論らしい結論はでなかったのだけれど、
「九州には本物があるので移住したい」
 しかしながら
「ピザのCMで落合福嗣さんとウッズが共演しているような名古屋は本物ではない」
という結論が出かけるが、最後の最後になって
「小生がスガシカオを知らないのは話にならない」
という結論が出たようだ。
20071007181746
(何故か名古屋のエビは開いている)


 知らぬは一生の恥なので、ウィキペディア(Wikipedia)にて調べたけれど、全然分からなかった。小生こう見えても知らないことは凄く嫌いなので、なんか奥歯にモノが挟まったような感じがして寝付けず。
20071007160943
(寝付けず)


「沈まぬ太陽3巻」
を読み終え、結局意識がなくなったのは6時を過ぎてから。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月6日(土)大統領暗殺

 3連休初日の土曜日だけれど、諸般の事情により出社。雑務をこなしてから銀座経由日比谷へ、帝国ホテル1階の
「ユリーカ改めパークサイドダイナー」
にて早めのランチを食べようと思ったけれど11時30分の時点でなんと満席。おば様たちの長いウエイティングが出来ている。ハンバーガーでも食べようと張り切ってきたのに残念。

 仕方がないので周辺を物色していると、普通のラーメンやさんなのに3~4人の待ちがいる店を発見
謝謝ラーメン
さんだ。散々迷った挙句意を決して入場。まあ、本当に普通のラーメンやさんなんだけれど、メニューや近隣のテーブルを見ると、野菜いため、しょうが焼きといった定食類がいかにも美味しそう。味つけもこそうだしね。まあ、小生はそこまでガッツリ食べようと思わなかったので、
「もやしラーメン」
を注文、結論から言うとまあ
「あたりの部類に入るだろう」
勿論、特別おいしいわけではないけれど、この味でこの値段ながら大いに満足。次回は、是非定食をいただこうと思った。
20071006124259
(一応合格だ!)


 ところで、もやし麺といえば横浜では
「サンマー麺」
と呼ばれることがある、どうやら横浜が発祥のメニューらしいけれど、なぜサンマー麺と呼ばれるのかは定かではない。

 もやし麺は、らーめんに茹でたり、炒めたりしたもやしが載るだけの店もある(喜楽等)が、根本的には今日のようにあんかけ麺になっている方が好みだ。やっぱり、熱々じゃなくっちゃね。

 何故会社を抜け出して日比谷くんだりまで来たかというと、話題の映画
大統領暗殺
を見るためだ。初日の2回目ということで、キャパ200席前後の小さい小屋とはいえ90%の入り。ブッシュ大統領暗殺事件への関心の高さが伺える。
20071006123343
(あまりにもリアルで・・・・・)


 しかしねえ、
「いくらなんでもこんな映画いいのかしらん?」
っていうのが第一印象だ。あそこまでドキュメントっぽくやってしまうとねえ。。。。本人だって気持ちが悪いだろう。だけど、よくできてるよねえ。それこそ今読んでいる
「沈まぬ太陽」
みたいに、徹底した取材でモデルがある小説はあくまでもフィクションとして許されるけれど、実在の大統領の映像を使って、その人を殺しちゃうんだから、とにかくすごいとした言いようがない。

 「基本的には反戦というか反ブッシュ」
みたいなメッセージの映画なんだけれど、心中複雑なまま映画館を後にした。

 暑くもなく、寒くもなくとても気持ちがいいので、日比谷から銀座・京橋・日本橋と中央通りをテクテク歩いて北上。せっかくなのでジャイアンツセール開催中であり、食料品売場をリニューアルオープンした三越さんへ参戦。さすがに、連休初日かつ天気もよいので、珍しくにぎわっている。
20071006172247
(ライトアップが綺麗だけれど・・・)

 
 ただ、やっぱりここにはあまり欲しいものが見当たらない。ちょっと小腹が空いたので
豊島屋さんにて、鳩サブレー
を購入、本当に昔からあるお菓子なんだけれど、今でもたまに無性に食べたくなる。
「鳩サブレーには牛乳がとてもよく合う」
ということで、メグミルクとともにおやつにいただいた。

 不思議なのが、この鳩サブレー。三越でもそうなんだけれど、羽田空港なんかでも
「洋菓子に分類されている」
どう考えても和菓子でなく、洋菓子だと思うのだけれど、これいかに?しかしながらHPを見ると他にも商品あるようなんだけれど、事実上このサブレ一本でやっているのだから偉大だ。
20071006162530
(なぜ和菓子なのかしらん?)

 早々に帰宅、739プロ野球ニュースを見ていたら、6年前の今日横浜スタジアムでスワローズが優勝。若松監督と古田が抱き合っていたシーンが流された。まあ、それはいいけれど思い起こすと、その年の日本シリーズの対戦相手は
「大阪近鉄バファローズ」
だったような気がしてならない、たしかあのシリーズは神宮で2試合観戦したはずだ。
「大阪近鉄バファローズ、そんなチームもあったよなあ~」
なんて思いにふけながら早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月5日(金)福嗣君から福嗣さんへ

 諸般の事情により仕事の合間に、東武伊勢崎線に乗車。東武伊勢崎線といっても、今では半蔵門線と直通運転しているので、三越前から乗り換えなしだ。東急と東武というとカラーとしては正反対なような気がするけれど、半蔵門線を介して直通するとはすごい時代になった。

 10年ほど前仕事で越谷に通っていた頃は、準急が無料優等列車の代名詞だったのだけれど、いつの間にか急行と名称が変わっていた。当時は特急スペーシアは勿論、急行、快速も別料金の優等列車で憧れたものだ、事情は分からないけれど、東急では急行が無料なので混同するといけないから、名称の変更が行われたのかもしれない。

 西新井で急行から各駅に乗り換え、京急などでは反対側のホームに必ず各駅停車が待機しているものだけれど、複々線の伊勢崎線では待ち合わせもなく、各々の線路を勝手に走っているようだ。西新井駅の下りホームに
「西新井らーめん」
という立ち食いラーメンを発見、時間が昼時だったとはいえ、ものすごい人だかりだ。せっかくなので、食べて見たかったけれど、時間の関係で断念。帰社後に、ネットで調べたらやっぱり有名なお店のようだった。
20071005124527
(人だかりにビックリ)


 目的地は谷塚駅から徒歩で20分ほど。老人ホームにいる祖母のお見舞いに参戦ということだ。ちょっとご無沙汰してしまったので、心苦しかったのだけれど、個室に入るとお昼寝の真っ最中だった。しばらくして起きたけれど、うれしそうにしてくれたのがなにより。今年で91歳になるのだけれど
「ちょっと長生きしすぎた」
というつぶやきには、なんとも考えさせられた。しかしながら、91歳で一応手押し車を押せば歩けるし、そんなにボケてもいないのだからたいしたものだ。ただ、
「いったいなにを楽しみ、生きがいにするのか?」
というのは痛切に思う。

 持参した杏仁豆腐を美味しそうに食べてくれたのがとてもうれしかった。お昼は食べられなかったようだけれど
「おいしい、これなら食べられる」
と1つを残さず食べてくれるというのは感慨深い。
 
 きっと、病人の方でご飯は食べられなくても
「これならのどを通る」
という方が他にもいらっしゃるのだとしたら、
「小生の仕事も少しは役に立っているのでは?」
と思うと心からうれしく思う。

 夜は、小生が冷麺日本一と認定している盛岡のDBの店長さんが上京しているので、会食。店は散々悩んだ挙句
本とさや
さんを選択、いかんせん焼肉のプロを焼肉屋さんへお連れするのは勇気がいるけれど、小生自身がどうしても食べたかったのと、この店がどう評価されるのか知りたい意味もあった。

 結果は大正解、前菜の上タン塩に感激していただいたようだ。小生が
「タン塩日本一」
と認定していているのを認めていただけたようで何より。自分の好きな味がプロに認められるというのはうれしいものだ。とにかくここのタン塩は冷凍でなくチルド状態で出てくる、あの食感と美味しさは絶品なのだ。
20071005212309
(お口の中でとろける)


 続いて、上カルビなんだけれど、
「うちの店より厚切りで出てくる」
とこれも感動していただいたようで、なにより。
20071005214357
(厚切りのカルビ)


 締めは上ロースはっきりいって、この店では
「カルビよりロース」
と小生かねてから思っているのだけれど、同調していただいたようですごくうれしい。

 本とさやさんは、店員さんがTシャツとトレパンをまとい、テーブルを片付けるときお盆でなく、
「桶というかタライにぶちこんでいく」
勿論、こういう芸風が嫌いな人もいるだろうけれど、ある意味
「一種の演出だ」
ということで意見が一致。
20071005215259
(締めはロース)


 細かいことなんだけれど、ウーロン茶の他に緑茶もあってソフトドリンクも
「大・中・小」
と3種類のサイズを用意している、周りのテーブルでもウーロン茶大をジョッキで飲んでいる人も多く見かけた。こんな些細なことなんだけれど
「お客にしてはうれしいものだ」
ということで意見が一致。
 上品なサービスのDも焼肉、本とさやのサービスも焼肉ということだろう。まあ、なにはともあれ飲食談義で夜は更けていった。余談なんだけれど彼の偉大なところは
「試食無しで2枚2000円のハンバーグを売る」
いかに説明がうまいか、ということなんだろうけれど、小生にはとても出来ない芸当だ。

 古賀誠、自民党選挙対策委員長だっけ?が
「衆院で過半を割れたら議員辞職を宣言」
ってことなんだけどさ、この方自民党が過半数を割れるような厳しい総選挙でも
「自分は絶対に落ちない」
と宣言しているところがすごい。しかも、受かってもすぐ辞職するって言っているわけだからすごいよね。人相もそうだけれど、小生が生理的に受け付けない政治家のお一人である。
 
 何年か前に、この方の奥さんがテレビで
「うちのダンナは極道だったら、とんでもない親分になっていた」
とか意味不明の発言をしたけれど、おっしゃるとおりで
「政治家になんかならないで、極道やっていて欲しかった」
とほとんどの方が思っているということを理解していないのだろうなあ。。。。

 パリーグも全日程が終了、いよいよクライマックスシリーズに突入。マリーンズは最後5連勝という最高の形で締めくくり、われらが小野投手も見事7勝目をあげた。しかし、おととしの勢いは感じられない。どう考えても1ステはともかく2ステはファイターズだと思うねえ。。。。

 落合監督丸刈り、まあこれはいいのだけれど、なぜかご子息である
落合福嗣さんも一緒に丸刈り」
この方、とにかく不思議で、国士舘に通っていたはずなんだけれど、どうやら中退した模様。敬称も
「以前は福嗣君だったのが、福嗣さん」
とさん付けになっているようだ、ただ、お仕事は何をしていらっしゃるのかは誰もわからない。どうせ
「落合企画専務」
とかそんな肩書きなんだろうなあ。。。。

 なんて考えながら、
「沈まぬ太陽3巻」
を読みながら3時過ぎに就寝。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月4日(木)ルノアールと談話室滝沢

 山形から商談で上京した方とランチ、小生のブログに愛読者ということで
「味の丸一」
をご希望され、大森へ参戦することになった。午前中バタバタして11時30分のお約束が12時近くになる。
「これは行列か?」
と思ったけれど、なんとか最後の2席を確保。案の定我々の後はお待ちの方が数名発生したようだ。

 本日は、
「とんかつ定食1300円」
をいただく、前回に引き続いてオヤジさんでなく、若旦那が揚げているのが残念。肝心のかつも、なんというか油のキレが悪いし、なにより豚肉に旨みというか味が全くないのだ。ちょっとというかすごーく残念。やっぱり、早急に鹿児島の丸一へ参戦する必要がありそうだ。
20071004120455
(肉の旨みが全く。。。。)


 食後に
「ルノアール」
さんへ参戦、古きよき時代?の遺物のような喫茶店だ。とにかくだだっ広い店内には古いながらもリラックスできるソファーが置いてある。しかも、通路幅が異常に広くとってあり、周りを気にせず商談が出来る。よく見ると、周りは英会話の教材販売や、保険の勧誘といった怪しげな2人連れが多い。一方で一人用のソファー席では競馬、競艇新聞を読んでいるか、熟睡しているサラリーマン達の姿が見られた。
 今はなき、
「談話室滝沢」
もこんな感じだったと記憶している。滝沢の恐ろしいところは、店に入らないとコーヒーの値段が分からないうえ、実際入ってみると1杯1000円に衝撃を受けるという点と、
「周囲の客がとにかく怪しい」
この2点、しかしながら女性の接客態度は素晴らしいから、手に負えなかった。

 ルノアールさんの場合は、紅茶1杯480円だからかなり良心的といえるだろう。しかも驚いたのが
「30分後に日本茶のサービスがある」
これは、相当うれしい。昔、ある会社に商談に行った際、初めにお茶が出て30分だか1時間後にコーヒーが出たことがあるけれど、
「出きた会社だなあ」
と思ったものだ、しかもそういう会社でお茶を運んでくれる女性はたいてい美人さんだ。

 本当に余談だけれど、今までで受付嬢美人ランキング1位は、丸井さんだ。ここの受付は代々本当に美人さんが座っているから行くのがとても楽しい。超一流会社の役員秘書とはまた違った美しさを感じる。

 打ち合わせ後、銀座三越さんへ参戦。なんと
「ジャイアンツセール」
真っ最中で結構にぎわっている。しかしながら、昔のように店員がさんがオレンジのハッピに、紙のサンバイザーをまとい、店内にはエンドレスで
「とおこんこーめえーてー♪」
の曲が流れているような雰囲気はなかったのが残念。

 比べること自体無理があるのだけれど、日常の阪神百貨店の賑わいにも遠く及ばない。やるなら、徹底的にやらないと意味がない。

 銀座から京橋方面へ歩いていると、
「サンデーモーニング」
のインタビューにぶちあたった。どうやら、力士死亡問題を含めたいじめに関する内容。適当に答えてしまったので、おそらくオンエアはされないと思う。それは、小生のコメントが明らかに先方の欲しいモノとは違った内容だったからだ。先方は
「とにかく、いじめが増えてきて悪質になってきた、深刻な問題だ」
みたいなコメントが欲しかったのだけろうけれど、そうは答えなかったからね。

 小生に言わせれば、
「いじめの構図なんか大昔から何も変わっていない」
それこそ昔から国内問題としても差別があるわけだし、対外的にも差別というかイジメというかそういうものがあったから植民地をたくさん持っていたのだと思う。
 それこそ軍隊なんか、いじめの総合商社だったろうし、今でも昔でも会社や学校にはいじめがある。沈まぬ太陽を読んでいるとよく分かる。極論いうと3人人間が集まると、
「2対1になっていじめが始まる」
というのは言いすぎではないと思う。
「まあ、それが公になるのか否か?」
ということなのだろう
「少なくとも今は昔よりは公になる確率が高まったのだから、進歩してるのだとは思う。」
なんていうのは暴論だろうか?

 全く意味のない清水直の完封を見て、沈まぬ太陽を読みながら早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月3日(水)全部です

 あまり関心はないのだけれど、どうやら高校生ドラフトが行われたらしい。来年からは再び大学、社会人も含めた自然な形になるらしいけれど、どう考えてもこの分離ドラフトは理解できない。もっとも理解できないのが、まもなく退団する監督やフロントがドラフトにかかわること。当たりくじを引いた古田監督だって、
「心から当りクジを引きたいとは思えないだろう」
極論言えば参加させるべきではないと思うけれどね。ファイターズの高田GMだって全く同じ、もしも水面下でスワローズ監督を受諾しているのだったら、今回は競合していなかったけれど、複雑な気分になると思う。

 そんな意味不明の高校生ドラフトで異彩を放っていたのが、やっぱり
「ボビーバレンタイン」
やはりこういうイベントであそこまでのパフォーマンスが出来るのは、彼しかいないだろう。

 そのマリーンズは夜、ホークス相手に逆転勝ちをおさめシーズン2位を確保した。今年のパリーグは色々あったけれど、やっぱり楽天の4位というのがすごい。というか、先にいい選手だけを確保していた
「オリックスは一体なんなのだろう?」
といわざるを得ない、中村紀、谷、早川ざっと上げただけれでも放出した選手はみんな活躍しているからなあ。。。。まるでかつてのタイガースのよう。

 「若離婚」
まあ、どうでもいいのだけれど、一般紙にも盛大に記事が載っていたからなあ。まあ、この少子化の時代に子供を4人もつくったということだけでも偉大なことだ。まあ、小生若とはほとんどご縁がないのだけれど、中洲のチャンコダイニング若で見つけたときは
「おお!若だ若だ!」
と一応反応はしてしまった。しかしながら、やっぱり先日のA球団のA選手に会ったときのような感動はなかったし、現役を退いているせいか
「いわゆるオーラ」
も感じなかった。しかし、オーラといえばデパートで
「あなたのオーラを測定します」
みたいなコーナーがあったけれど、やっぱりある程度社会で成功したような人と、そうでもない人では
「オーラの出方が違うのだろうか?」
ふと思ってみた。

 花田美恵子さんのブログによると、子供4人は最後まで
「分かった」
とは言ってくれなかったとのこと。しかしながら、いつか
「ママやっぱり(離婚して)よかったね!」
と言ってもらえるように頑張りますと締めている。美恵子さんファンの小生としては応援せざるを得ない。

 しかし、こういう有名人の離婚というのは、結婚した時の映像が残っているからかわいそうだ。現 相撲記者クラブ会友の杉山さんがしきっていた共同会見の様子とか流れちゃうからねえ。。。改めてそのときのVTRを見ると
杉山「美恵子さんのどこがいいんですか?」
 若「全部です」
杉山「具体的に」
 若「全部です」
杉山「では美恵子さんは?」
 美「全部です」
会話が全く成立していないところがすごい。今話題の沢尻なんとかの
「別に」
とある意味おんなじだ。

 まあ、今なら
杉山「美恵子さんのどこが嫌いになったんですか?」
 若「全部です」
杉山「具体的に」
 若「全部です」
杉山「では美恵子さんは?」
 若「全部です」
という風に、全て同じ回答をしても会話が成立しそうなのがすごいよね。

 しかしまあ、若夫妻の言っていることは、あながち間違ってはいないのかもしれない。
「結婚なんて理屈じゃないんだろうね」
だけど、小生の周りでも離婚するときは徹底的に憎しみあって離婚するからね。
「あの女、電球まで外してもって行きましたよ」
なんて憎憎しそうに言っていた人もいたなあ。。。。

 若は
「さんまさんのように自由に生きたい」
と言っているようだけれど、
「もう自由に生きることに疲れた小生」
にとっては、なんともわがままなセリフではある。
「早く誰か自由を奪ってくないかなあ」
と思う今日この頃なのである。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月2日(火)濃厚旨ミルク

 10時に歯医者、と思ったらなんと予約時間は9時30分だったらしい。
「今日の治療は1時間30分かかってしまうので、今回はいじらないでおきましょう。」
ということで、退場を余儀なくされる。次回の予約はすぐには取れずに、月末になってしまった。自らの勘違いとはいえ3週間も、前歯が不安定というのはツライものだ。別に痛くはないのだけれど、
「いつ取れるのか?」
と心配でならない。見合いの席なんかで取れたら結構シャレにならないからね。まあ、見合いの席での失態といえば、スラックスのお尻の部分が切れてパンツが丸見え状態になってしまったことがある。小生全く気づかずに仲介の方に指摘されて気づいたのだけれど、そのときは本当に恥ずかしかったものだ。勿論、だからというわけではないけれど、その時のお相手とはご縁がなかったことは言うまでもない。

 お昼ごはんのデザートに、今最も気に入っている
「赤城乳業さんのプレミアム 濃厚旨ミルク」
をいただく。まあ、ただのバニラアイスなんだけれど、とにかく濃厚。トルコアイスを彷彿させる粘りもすごいし、小生はとにかく気に入っているのだ。ただ、ホントいかにもカロリーが高そう。やっぽり、小生のような人間というのは自然と高カロリーのものを好むように出来ているのだ。
20071002114930
(牛柄もお気に入りだ)
20071002115039
(サイズは小さくてお値段は少々高い)


 夕方からクリスマスケーキの試食。やっぱりというか、当たり前なんだけれど作りたては本当に美味しい。生クリームがなんともいえない。
「しかしなんで突然、クリスマスになるとケーキを食べるのか?」
さっぱり分からないなあ。。。。12月20日~23日というのはイチゴの値段もその翌週の3倍くらい高値がついてしまうし、結構甘くなくヘタに近い部分が白いものまで平気で流通する。とはいえ、やっぱり皆さんにとって、クリスマスというのは特別な日なのだろう。
20071002162200
(1年は早いですねえ。。。)


 昔は、それこそクリスマスというと慶應が早慶戦で使うような三角形の帽子を被って、クラッカーに入っている細い紙テープなんかを付けたオヤジの酔っ払いが繁華街で見かけることができたけれど、最近はすっかりそのお姿を見ることが出来なくなった。
「あれこそ、日本の正しいクリスマスの風景」
のような気がするので、すごく残念だ。高級ホテルに泊まったり、友達とホームパーティーを開いたりするのはあくまでも邪道のような気がしてならないけどねえ。。。。

 巨人軍優勝はいいのだけれど、
「地上波での中継はなし」
まあ仕方がないだろう。まだクライマックスシリーズがあるけれど、普通に考えると日本シリーズは巨人×日本ハムになりそうな気がする。

 「ジョニー黒木に戦力外通告」
まあ来年もバレンタイン体制が続くのだから大変残念だけど仕方がないだろう。でもいまだにマリーンズでは圧倒的一番人気の選手だから、反響めちゃめちゃ大きいだろう。今日あたり
「抗議の横断幕」
とか盛大に出るかもしれない。ファームで30試合以上投げているのだから恐らく状態は悪くないと思われる。本気で楽天あたりに獲得してもらいたいものだ。

 東京に戻ってすっかり楽しくなくなってきたので、
「沈まぬ太陽」
を読みながら早々に就寝。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月1日(月)朝一と欧風カレー

 いよいよ、10月に突入。郵政民営化がスタートし、年賀状の申し込みも始まった。しかしながら小生の方は東京に戻ってきてしまったこともあり、さえない日々がしばらくの間続くことになる。午前中は会議、午後一から四谷にて商談。
 しかし、午後一といえば13時というのが当たり前なんだけれど、
「朝一というと何時なのだろうか?」
小生の感覚でいえば、9時なんだけれど、相手と時間を決める際、
「朝一が10時になることがある」
確かに勤務時間は9時からなんだろうけれど、打ち合わせの朝一というと10時なのかもしれない。

 2時過ぎに、遅い昼食。せっかくなので一番町にある欧風カレー
「 プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」
さんへ参戦する。実は、小生前職はこの近所だったので、10年前はよく行ったものだ。ランチタイムは行列が出来ているけれど、この時間になればさすがに速やかにご案内。
20071001142521
(非常に入り口が分かりにくい)


 ビーフカレーは生クリームとバターをたっぷりと使用してあり、非常にコクがある。辛さは3段階あるのだけれど、もっとも辛い、辛口は予想外に辛くて
「シャックリが止まらなくなった」
じつは、小生最近辛いものを食べるとシャックリが止まらなくなるのだ。COCO壱で4辛を食べたときも、なれるまではシャックリが止まらなくなる。横隔膜だかどこかは分からないけれど、ビックリしているのだろう。
20071001141255
(欧州でカレーって一般的なのだろうか?)


 この店は前菜に
「ふかしたジャガイモが2つ出される」
これを食べながらカレーを待つのだけれど、意外とこれでお腹一杯になってしまうので要注意だ。まあ、でもおいしゅうございました。
20071001140647
(前菜のじゃがいも)


 夕方、羽田にて打ち合わせ。飛行機に乗る日も乗らない日も羽田に行くから不思議だ。空港内は、紺のスーツを着た男女の姿が目立つ。10月1日だから内定式へ出席するために全国から東京へ学生さんが参集しているのだろう。ひときわ背の高い美女軍団がいたけれど、航空会社なのだろうか?

 歴史の教科書から
「沖縄の集団自決を軍が強制した」
との表記が削除された件で揉めているけれど、実際のところは小生が現場にいたわけではないから分からないけれど、我々の感覚からすれば
「当然、軍による強制もあっただろう」
と思う。従軍慰安婦の件だって、恐らく国や軍の直接的、間接的含めて関与があったと思う。後者はともかく前者の件について、わざわざ削除するという神経が信じられない。いまだに米軍基地問題などで常に過度の負担、犠牲を強いられている沖縄の方々の神経を逆なでするだけだと思うけれどなあ。。。。

 東京に帰ってくると、何もいいことがないので早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »