« 9月26日(水)住めば都はるみ | トップページ | 9月28日(金)一生忘れない日 »

9月27日(木)飲むなら温泉

 6時起床、昨晩はもんもんとしてしまって
「眠りについたのが4時」
だったので相当ツライ。
 8時のANA大分行きは58番搭乗口なので、出発口Cが利用できる。あまり意味はないのだけれど、なんとなくうれしいから不思議だ。ただし、一番南にあるシグネットは狭い割りに利用者が多くてあまり居心地がよいとは言えず。
20070927075252
(羽田は雨)


 2時間しか寝ていないのだから熟睡したかったのだけれど、寝たり起きたりを繰り返し。結構ツライまま大分空港へ着陸、ニッポンレンタカーさんにてフィット号を借用し大分市内へ。
中2日で九州へ戻ってきたわけだ
 市内の百貨店トキハさんでは、全国うまいもの大会のようなイベントが開催されていて大盛況のようだ。
20070927112155
(地方ではまだまだ百貨店は少ない楽しみのひとつ)


 遅い昼食に
「とり天定食」
をいただいたけれど、これは大外れ。どこで食べてもはずれが少ないような感じがするけれど、やっぱりお店は選ばないとだめだ。
20070927120359
(やっぱり店は選ばないと。。。)
20070927122038
(車に近づいてきたので・・・)


 業務終了後、普通なら別府へ向かい
スギノイにて棚湯を満喫!」
と思うのだろうけれど、思うところあって北ではなく、西へ向かう。
 そう
「ラムネ温泉の長湯」
へと参戦するのだ、道中ところどころ先日の台風の傷跡が残っており、片側交互通行が5~6箇所あったので、想定よりも大分時間がかかっての到着。
20070927141344
(心を洗いにきました!!!)


 なにはともあれ、
「ラムネ温泉へじっくりと浸かる」
32度と体温よりも低い温度なのに、じっくり浸かっていると体が温まってくる。血の巡りが飛躍的によくなった証拠なのだろう。なにもかも忘れて浸かっていると、心の底から寛げる!30分ラムネ温泉に浸かったあとは、内湯で温まる。勿論、源泉かけ流しなので
「のどが渇いたら温泉を飲む!」
なんて幸せなんだろう。温まったら、再度ラムネ温泉へ。この繰り返しでおよそ1時間、正直
「世の中にこんな素敵な場所があるんだなあ♪」
と心から思った。
20070927142225
(本当に本当に素晴らしい温泉だ!)


 長湯温泉といえば、名物はこのラムネ温泉のほかに
「ガニ湯」
がある、川のほとりにある温泉で自由に入っていいのだけれど、さすがにここへ入っている人は前回も存在せず。
20070927142537
(これがガニ湯だ!)


 代わりといってはなんだけれど、
「御前湯」
さんへはしご湯。ここは、通常の炭酸泉の露天。至る所に飲泉場があるのがうれしい。
「飲んだら乗るな、飲むなら温泉」
なんて素敵な標語なんだろう。温泉の鮮度によほど自信があるのだろう。
20070927145526
(飲泉場がたくさんある)
20070927143312
(ドラえもんも温泉も飲んでいる?)


 正直、寝不足もあり寝ていたい気分なんだけれど、フィット号を更に西へ向けて走らせること40分で、
「黒川温泉へ到着」
今宵の宿は、別府、長湯、黒川などなど一杯候補があったのだけれど、前回同様
黒川温泉 湯峡の響き 優彩
に落ち着いた。ある意味、最も黒川らしくない選択ではある。ただ、中規模のリゾートホテルといった感じでとにかく清潔で、洋室もあり前回大満足だったので。。。。。。
20070927154906
(和テイストの洋室がうれしい)
20070927154929
(お部屋からは滝が見える♪)


 黒川温泉といえば、
「入湯手形」
となる、この手形を1200円で購入すると3つの旅館の温泉に入浴することが出来るのだ。24箇所の温泉から
まず小生が選んだのが
お宿 のし湯
女将さんが門の外に立ってお迎えしてくれるのがうれしい。

 肝心の露天風呂なんだけれど、日本庭園でなかなかよい。お湯に浸かっていると全てを忘れてしまう、ただし風呂底にカエルの死骸が沈んでいたのには驚いたけれど。。。。
20070927181617
(入湯手形を購入)


 お次は、
いこい旅館
ここの滝の湯は、
「日本名湯秘湯100選」
に選ばれているだけあって、素晴らしかった。たまたま他に入浴者がいなかったので、
「名湯を独り占め!」
とにかく徹底的に満喫してしまった。他にもよさげなお風呂が一杯あるらしいが、それは宿泊者専用なので、是非とも次回は宿泊してみたいものだ。
20070927164606
(さすがに100選だ!)
20070927164702
(リラックス♪♪)
20070927164619
(実は二層になっているのだ)


 正直、このあたりでもう湯あたりというか、疲れ果ててしまっただけれど、まだ一箇所残っている。HPの写真がよかったので、
旅館わかば
へ参戦。正直言ってなんというか、
「プロのカメラマンってすげえなあ!!!」
というのが第一印象だ。これ以上語るのは止めておこう。。。。。。
20070927181639
(スタンプが一杯になりました)


 浴衣着て、下駄をカランコロン鳴らして温泉街を歩くというのは非常に気持ちがよい。黒川では旅館でお土産を売らずに、
「なるべく宿泊客を街へ出そう」
という戦略を明確に打ち出している。第一滝本館は館内に飲・食・遊・土産全て揃えて一歩も外へ出さない。というスタンスとは180度反対ではある、どちらがということはここでは言わないでおこう。どちらもよい面、悪い面があるとは思う。。。。。
20070927172820
(夕方の温泉街というのは素晴らしい)


 お部屋で一休みしてから、お食事だ。和室の方はお部屋食らしいので、大広間は結構閑散としている。ご丁寧に、
「○○様・乗務員様・黒川温泉と阿蘇めぐりツアー様」
という看板が書かれていた、ようは一般のお客さんは小生だけの模様。

 お料理は、とにかくボリュームが凄い。はっきり言って小生でも残してしまうのだから、ほとんどの方が残してしまうのだと思う。
「いくらなんでも?????」
と思う。量が多ければいいってもんじゃない。
20070927190504
(ちょっとやり過ぎ)


 余談だけれど、小生の隣の卓では、バスの運転手さんとガイドさんが向かい合ってご飯をいただいている。勿論お部屋は違うに決まっているけれど、やっぱり色々想像するよね。
「セクハラがないわけない!」
と思いませんか???

 再び一休みしてから、
「竹林の湯」
で本日最後の入浴。このお風呂は、かつてANAのポスターにも使われていたんだけれど、とにかく素晴らしい。
「これぞ和!」
って感じ、子供の時から
「落ち着きがない」
といわれ続けている小生でも落ち着いてしまうようなテイストだ。
20070927204944
(最高!!)


 さすがの小生も睡眠時間2時間で、お客さんのところへ行って、レンタカー200キロ運転して。。。。温泉にこれだけ入れば11時前には就寝。。。。。。。。

|

« 9月26日(水)住めば都はるみ | トップページ | 9月28日(金)一生忘れない日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16616873

この記事へのトラックバック一覧です: 9月27日(木)飲むなら温泉:

« 9月26日(水)住めば都はるみ | トップページ | 9月28日(金)一生忘れない日 »