« 9月29日(土)来るもの帰るがごとし | トップページ | 10月1日(月)朝一と欧風カレー »

9月30日(日)誰とよりもどこで?

 9時30分までグッスリと、朝食をパスしてスパへ。サンジャポを見ながらサウナでじっくりと汗を流す。確かに、ここの温泉は塩素入りなんだけれど、清潔でとても気持ちがよい。ポカリスエット飲み放題もうれしいサービスだ。

 お風呂上りにお部屋で、日経・日刊そして今日はブックも熟読。東京の日刊は1面がファイターズ優勝ではないらしいけれど、大阪版はファイターズだ。他紙は
「鳥谷と時津風親方」
鳥谷はご愛嬌として、時津風親方の場合はどう考えても、その後の隠ぺい工作とかが悪質だしかなり重い実刑にすべきだろう。日本大学法科大学院の板倉教授の見解はどうなんだろうか?

 チェックアウトまでの時間、ソファーに身を沈めながらボーっと地上20階からの景色を眺めるのも悪くない。大阪はちょっと見渡せば山々が見えるのが好きだ。
20070930114718
(なんとかは高い所が好き?)


 よく関西の人は、
「東京へ来ると方向感覚がなくなる」
とぼやくのを耳にする。確かに、関西は生駒山とか六甲とか巨大なランドマークがあるからなあ。空気が東京よりもいいとは思わないけれど、色々な意味で東京よりは関西の方が住みやすそうな気が最近してきた。ちゃんとパリーグの球団もあるし、
「やしきたかじん」
も全部見られるしなあ。。。。。。ただ、今日のスポーツ紙の1面が
「鳥谷」
というのは、ちょっとというか相当困るとは思う。

 小生が最近、関西を愛するようになった大きな要因であるところの
「狸狸亭(ぽんぽこてい)」
さんへ参戦。
「ああ、いつもおおきに!」
と皆さん笑顔でお迎えしてくれるのが本当にうれしい。東京でなんとなく、そういう風にお出迎えしてくれるのは

「大井町の牛車、広尾の玉海力、高田馬場のシェーキーズ、三越前のかつ吉、東京駅の但馬屋」
くらいだけれど、地方にはそういう店がたくさんあるから大いに不思議ではある。
20070930122900
(まずは豚そば!)


 とりあえず、
「豚焼きそば・カレー焼きうどん」
をペロリと平らげる。相変わらずの美味しさとしかいいようがない。正直、ここのお好み焼きはあまり評価していないのだけれど、この2つは絶品だ。大満足でお店を後にして、梅田へ。
20070930123459
(カレー焼きうどん)


 梅田では、担当者の方と喫茶店で世間話を一時間ほど。いよいよ明日から阪急と阪神百貨店が統合され、
「H2Oリテーリング」
が発足する。しかし、このネーミングっていかがなものだろうか?代理店とかが考えたんだろうけれど、こういうとこりに関西流のセンスを感じざるを得ない。

 統合前夜だけれど、現場の人には情報がおりてこないので
「なるようにしかならない」
というのが偽らざる心境なのだろう。
20070930130104
(野田のランドマーク)


 昨日、大阪に泊まったのには大きな理由がある、そうなんですスプリンターズステークスを除外されたマイネルスケルツィがポートアイランドステークスに出走するのだ。はっきりいって
「どう考えてもこのメムバーなら圧勝でしょう!」
と思い意気込んでの参戦。勿論1番人気なんだけれど、
「単勝4.5倍もつくとは思わなかった」
ちょっと信じられなかったけれど
「こんな美味しい話が世の中にあるのか?」
と思い、久しぶりに徹底的に馬券を買い込んでしまった。ただ、パドックで見た馬体はちょっとしぼんで見えて、正直
「完調ではないな」
といったところ。ただ、
「いくらなんでもこのメムバーに入れば」
と思った。。。。。
20070930145549
(なんか元気なかった)


 レース前に中山の本場場入場がヴィジョンに映されると
「スケルツィと小生が阪神にいる現実がどうしても理解できくなる」
そもそも、
「重賞2つ勝っていて、プレレーテンィングでも2位なのに。。。。。」
しかも、本賞金2850万って一昔前ならば1500万下なのね、JRAのやることは本当に理解できない。というか基本的にJRAには関心がないので、仕組みが分からないなあ。。。。

 抜群の手ごたえで直線に入り、
「やっぱり楽勝」
と思ったのもつかの間、そこからは
「アラアラ・・・・・」
まさかの3着。ちょっと信じられないけれど、これが現実なのだろう。阪神の外1600よりは、中山1200の方がはるかに適正があることは間違いないけれど、いくらなんでもねえ~

 失意のまま伊丹空港経由羽田へ、東京は大雨マリンは1時間45分遅れで試合を強行したらしいけれど、横浜のダブルヘッダーはなんと2試合共に中止。これでパリーグのクライマックスシリーズと重なることになったけれど、まあ勝手にやるのも悪くないと思うけどね。逆に、そういう試合ってすごく見に行きたくなる小生みたいな変わり者も少数ながら存在するでしょう。

 東京に帰ってきた途端に、なんとなくだけれどストレスを感じてしまう。まあ、羽田や東京駅は小生の場合非日常空間でないので、仕方がないけれどね。だけど、人生の半分をとっくに過ぎてしまった小生にとって、
「残りの人生をどこで過ごすのが幸せなのか?」
早急に結論を出さねばならないだろう、勿論
「誰と」
というのも大事なんだけれど、
「どこで」
というのが大事なような気がする今日この頃ではある、まあ
「誰とよりもどこでの方が大事」
なんて思っているから、ダメなんだなあと思う今日この頃でもある。。。。。。

|

« 9月29日(土)来るもの帰るがごとし | トップページ | 10月1日(月)朝一と欧風カレー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16633849

この記事へのトラックバック一覧です: 9月30日(日)誰とよりもどこで?:

« 9月29日(土)来るもの帰るがごとし | トップページ | 10月1日(月)朝一と欧風カレー »