« 9月2日(日)ローズ400号 | トップページ | 9月4日(火)なぞかけばかり »

9月3日(月)地震だ火を消せ!はもう古い

 昨日テレビを見ていたら、防災の日の避難訓練が行われていた。ところが、今年から大きな変更があったとのこと。地震というと、今まで
「地震だ火を消せ!」
という風に徹底的に教え込まれてきた。ところが、最近の大きな地震で下敷きになる被害者が増えたので
「まず身の安全を確保せよ!」
正確な標語は分からないけれど、そういう内容に変更されたらしい。

 まあ、確かに言われてみると
「火を消そうとして、火に近づいて火傷したり、怪我をする」
ことも多そうだ。そして、今はガスの元栓が自動的に締まったりするので、
「まずは、身の安全を確保せよ!」
ということになったようだ。木造の家も減ったし、そんなに大火事はないということなのだろう。でも、阪神淡路大震災の時には盛大に家事になったけどね。そのときの教訓から
「地震だ火を消せ!」
が徹底して、新潟の2つの地震などは火災が少なかったような感じがしたけれどね。
といいつつ、柏崎の原発なんか火災になっているからねえ。。。そして、次の大きな地震の際に大規模な火災が起こったら、また変更がありそうな気もする。

 今日は、外部講師を招いての
「セクハラ・パワハラ講習会」
正直言って、自分を含めて思い当たることばかりだ。セクハラの場合、肩ももうが、飲みに誘おうが、
「全ては日ごろの人間関係次第」
ということが結論のようだ。ただ、そういってしまうと、それまでなんだよね。こういうのが一番難しい、ほとんどの加害者は
「相手は全然自分のこと嫌がっていない」
って思っているじゃないですか。だから、やっちゃうんだよね。しかし、相手が上司だから
「嫌がっていると見せられない」
この悪循環なんだよねえ。。。

 ゴルフの石川遼君、この人もちろん凄いんだけれど、
「あの迷彩ズボンは許されるのか?」
ルール上は許されているのだろうけれど、マナーとして誰か言ってやるやつはいないのか?

 話は戻るけれど、最近では女性の上司が加害者で、男性の部下が被害者という例も若干ではあるけれど、増えてきているとのこと。よく外国の映画なんかでは
「ホテルの部屋に書類持って来させられて、ドア開けたら女性の上司が裸で待っている」
なんていうのあるけれどね。
 会社の同じ部の10歳年上の女性と結婚して、速やかに離婚した友人もいるけれど、
「あれも一種のセクハラだったのかしらん?」
でも、まあきっとその当時は
「意気投合」
してたんだろうなあ。。。。

 小生も色々なセクハラを見聞きしているけれど、衝撃的なのがあった。詳しくは書けないけれど、地方から部長と部下の女性が一緒に出張して来ていて、
「これは、怪しいなあ。。。。」
と密かに思っていたら、その後とんでもない事態になったということを聞いた。
「やっぱり。。。」
と思ったけれど、実際に聞いてみると、やっぱりショックだった。

 週の始まり月曜日だというのに、全くもって冴えない。ちょっと打開策が見えない今日この頃ではある。
「ハゲタカ」
の中のセリフで
「人生の折り返しはとうに過ぎました。ただ、自分をごまかし続けるには残りの人生は永過ぎる」
まさに、そんな心境の今日この頃ではある。

 

|

« 9月2日(日)ローズ400号 | トップページ | 9月4日(火)なぞかけばかり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16331206

この記事へのトラックバック一覧です: 9月3日(月)地震だ火を消せ!はもう古い:

« 9月2日(日)ローズ400号 | トップページ | 9月4日(火)なぞかけばかり »