« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

9月30日(日)誰とよりもどこで?

 9時30分までグッスリと、朝食をパスしてスパへ。サンジャポを見ながらサウナでじっくりと汗を流す。確かに、ここの温泉は塩素入りなんだけれど、清潔でとても気持ちがよい。ポカリスエット飲み放題もうれしいサービスだ。

 お風呂上りにお部屋で、日経・日刊そして今日はブックも熟読。東京の日刊は1面がファイターズ優勝ではないらしいけれど、大阪版はファイターズだ。他紙は
「鳥谷と時津風親方」
鳥谷はご愛嬌として、時津風親方の場合はどう考えても、その後の隠ぺい工作とかが悪質だしかなり重い実刑にすべきだろう。日本大学法科大学院の板倉教授の見解はどうなんだろうか?

 チェックアウトまでの時間、ソファーに身を沈めながらボーっと地上20階からの景色を眺めるのも悪くない。大阪はちょっと見渡せば山々が見えるのが好きだ。
20070930114718
(なんとかは高い所が好き?)


 よく関西の人は、
「東京へ来ると方向感覚がなくなる」
とぼやくのを耳にする。確かに、関西は生駒山とか六甲とか巨大なランドマークがあるからなあ。空気が東京よりもいいとは思わないけれど、色々な意味で東京よりは関西の方が住みやすそうな気が最近してきた。ちゃんとパリーグの球団もあるし、
「やしきたかじん」
も全部見られるしなあ。。。。。。ただ、今日のスポーツ紙の1面が
「鳥谷」
というのは、ちょっとというか相当困るとは思う。

 小生が最近、関西を愛するようになった大きな要因であるところの
「狸狸亭(ぽんぽこてい)」
さんへ参戦。
「ああ、いつもおおきに!」
と皆さん笑顔でお迎えしてくれるのが本当にうれしい。東京でなんとなく、そういう風にお出迎えしてくれるのは

「大井町の牛車、広尾の玉海力、高田馬場のシェーキーズ、三越前のかつ吉、東京駅の但馬屋」
くらいだけれど、地方にはそういう店がたくさんあるから大いに不思議ではある。
20070930122900
(まずは豚そば!)


 とりあえず、
「豚焼きそば・カレー焼きうどん」
をペロリと平らげる。相変わらずの美味しさとしかいいようがない。正直、ここのお好み焼きはあまり評価していないのだけれど、この2つは絶品だ。大満足でお店を後にして、梅田へ。
20070930123459
(カレー焼きうどん)


 梅田では、担当者の方と喫茶店で世間話を一時間ほど。いよいよ明日から阪急と阪神百貨店が統合され、
「H2Oリテーリング」
が発足する。しかし、このネーミングっていかがなものだろうか?代理店とかが考えたんだろうけれど、こういうとこりに関西流のセンスを感じざるを得ない。

 統合前夜だけれど、現場の人には情報がおりてこないので
「なるようにしかならない」
というのが偽らざる心境なのだろう。
20070930130104
(野田のランドマーク)


 昨日、大阪に泊まったのには大きな理由がある、そうなんですスプリンターズステークスを除外されたマイネルスケルツィがポートアイランドステークスに出走するのだ。はっきりいって
「どう考えてもこのメムバーなら圧勝でしょう!」
と思い意気込んでの参戦。勿論1番人気なんだけれど、
「単勝4.5倍もつくとは思わなかった」
ちょっと信じられなかったけれど
「こんな美味しい話が世の中にあるのか?」
と思い、久しぶりに徹底的に馬券を買い込んでしまった。ただ、パドックで見た馬体はちょっとしぼんで見えて、正直
「完調ではないな」
といったところ。ただ、
「いくらなんでもこのメムバーに入れば」
と思った。。。。。
20070930145549
(なんか元気なかった)


 レース前に中山の本場場入場がヴィジョンに映されると
「スケルツィと小生が阪神にいる現実がどうしても理解できくなる」
そもそも、
「重賞2つ勝っていて、プレレーテンィングでも2位なのに。。。。。」
しかも、本賞金2850万って一昔前ならば1500万下なのね、JRAのやることは本当に理解できない。というか基本的にJRAには関心がないので、仕組みが分からないなあ。。。。

 抜群の手ごたえで直線に入り、
「やっぱり楽勝」
と思ったのもつかの間、そこからは
「アラアラ・・・・・」
まさかの3着。ちょっと信じられないけれど、これが現実なのだろう。阪神の外1600よりは、中山1200の方がはるかに適正があることは間違いないけれど、いくらなんでもねえ~

 失意のまま伊丹空港経由羽田へ、東京は大雨マリンは1時間45分遅れで試合を強行したらしいけれど、横浜のダブルヘッダーはなんと2試合共に中止。これでパリーグのクライマックスシリーズと重なることになったけれど、まあ勝手にやるのも悪くないと思うけどね。逆に、そういう試合ってすごく見に行きたくなる小生みたいな変わり者も少数ながら存在するでしょう。

 東京に帰ってきた途端に、なんとなくだけれどストレスを感じてしまう。まあ、羽田や東京駅は小生の場合非日常空間でないので、仕方がないけれどね。だけど、人生の半分をとっくに過ぎてしまった小生にとって、
「残りの人生をどこで過ごすのが幸せなのか?」
早急に結論を出さねばならないだろう、勿論
「誰と」
というのも大事なんだけれど、
「どこで」
というのが大事なような気がする今日この頃ではある、まあ
「誰とよりもどこでの方が大事」
なんて思っているから、ダメなんだなあと思う今日この頃でもある。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月29日(土)来るもの帰るがごとし

 昨晩なんやかんやで就寝したのは4時過ぎ。しかしながら、起床は8時10分。何故ならば
「どんど晴れ」
の最終回の放送日だからである。まあ、今までの例から言っても最終回というのはすでに全てが決着ついていて、おまけみたいなものなんだけれど、今回もまさにおまけそのものであった。

 眠い目をこすりながら早々に支度を整えチェックアウト。勿論日航福岡は大浴場はないのだけれど、シティホテル独特のリッチさは持ち合わせている。今後も引き続き福岡での宿の選択肢のひとつとしては生き残っているようだ。

 さてさて、今日も愛車?フィット号に乗り込み、都市高速・九州道・大分道経由九重インターにて下車。ひたすら山道を登って下って
筋湯
に到着。まずは狙いを定めていた
山あいの宿 喜安屋
さんの門を叩くが、なんと
「今はまだお湯が溜まっていなので・・・・」
とのつれない返事。まあ、毎日お湯を抜いて清掃している証拠だから仕方がないかしらん、と思うしかない。なんでも、移転して黒川温泉の指導を受けたというので、次回入浴するのを楽しみにしておこう。

 次善の策として共同浴場
うたせ湯
に参戦、日本一のうたせ湯を自称するだけあって確かにすごいのだけれど、はっきり言ってとにかく顔にかかるので長時間打たれるわけにはいかないので、通常の入浴に切り替えざるを得なかった。まあ、でも本当に湯量豊富で気持ちが大変よろしゅうございました。
20070929113240
(うたせ湯に参戦)
20070929111800
(湯煙も日本一?)

 九州湯めぐり?はまだ終わらない、なんと
長湯
に戻って再度
「ラムネ温泉」
に浸かるのであった。もうねえ、ぬる湯と熱湯と交互に入って温泉を飲む、これやってると最高の幸せだよねえ。。。
「本当に本当にいやなこと全て忘れちゃうんですよ!!!」
温泉教授は
「温泉では体を洗うな!」
と啓蒙しているけれど、実際のところはどうなんですかね?
「やっぱり、ある程度垢を落として浸かった方がより温泉成分を吸収すると思いませんかね?」
一応、小生も源泉かけ流しの本物の温泉ではさっと流して浸かるだけにしているけれどねえ。。。。
20070927142152
(温泉教授の書が!)


 大地の恵みに心から感謝をして長湯を後に、一路大分空港へ向かう。途中、わさだショッピングセンターで食べた
「とり天」
がとても美味しかった。

 しかしですよ、最近本気で
「九州への移住を考えるようになってきました」
九州に住むことって、仕事さえあればメリットばかりでデメリットとほとんどないと思う。数少ない欠点と挙げると
「やっぱり教育」
だろうね、勿論子供どころか奥さんもいない小生は全く心配する必要ないけれどね。
20070929144141
(わさだのとり天は旨い!)


 本屋も映画館もあるし、東京には存在しないパリーグのチームもある。食べ物は圧倒的に美味しくて安い、車でちょっと行けば温泉がいくらでもある。東京から箱根なんかに行くよりも圧倒的に気楽にすばらしい温泉にふらっと行けるから幸せだよねえ。。。よく北海道は食べ物が美味しいというけれど、勿論否定はしないけれど
「やっぱり九州のほうが上」
と断言できる。

 ひとつ忘れていたけれど
「サンジャポが見れない」
まあ、でもそのうちこれもなんとかなりそうだしね。

 そんなこんなで、愛しているというか
「溺愛している九州を後にする」
普通ならば羽田へ一直線なんだけれど、小生が乗ったA320は伊丹空港へ着陸。急いで急いで梅田へ出て、軽く打ち合わせを済ませ、くたくたになって大阪の定宿ホテル阪神へチェックイン。

 散々本物の温泉に浸かってきたのだけれど、やっぱり移動で汗をかいたので、温泉に浸かる。まあ、これはこれで必ずしも否定しない。係りの方が
「いつもどうも今日は早いですね」
と笑顔で迎えてくれるのがうれしい。

 お食事は、外出する元気もなくなり、コーヒーショップでパスタを軽く。ここでも
「○○さん、スパはもう入られたんですか?」
と来るからうれしい限りだ。やっぱり定宿というのはうれしいよね。

 どんど晴れでも
「来る者帰るがごとし」
がキーワードになっているけれど、まさにその通りの対応と言えるだろう。ただひとつ残念なのが、いつまでたっても
「新聞は覚えてくれないし、枕2つも覚えてくれないだよねえ。。。。」
せめて、それくらいそろそろなんとか覚えてほしいなあ。。。。

 そういう意味でも、九州はいつどこへ行っても、まさに
「来る者帰るがごとし」
を100%感じることが出来る。

 ファイターズ連覇、たしたものだといわざるを得ない。ダルビッシュばかりが騒がれるけれど、どう考えても稲葉のすごさが目立った。稲葉しか打たないけれど、ここぞという場面ではほぼ100%打つからなあ。。。昨日Aさんも
「なんか、必ず稲葉さんが絡んでるんですよね」
としみじみと言っていたけれど、まさに実感がこもっていた。
 
 投手では、やっぱりマイケルにつきる。結局、馬原も小林雅も終了した中、最後まで安定していたのが彼だろう。K氏は
「日本人にとって今の試合数は多すぎるのでは?」
と問題提起をしていたけれど、ようは試合数に合った戦い方、戦力を整えていないということなのだろう。

 温泉にたくさん浸かって、長距離移動をしてさすがに疲れたので早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月28日(金)一生忘れない日

 7時まで熟睡、最高の目覚めだ。まあ、とにかく温泉へということで
「杉の湯」
へ、ここは家族風呂なんだけれど空いているときは勝手に使ってよいというシステムなので、これ幸いと
「温泉を独り占め!」
バシャバシャやったりしちゃったりして。。。。。
20070928073712
(杉の湯を独り占め)


 ここで20分ほど寛いでからは、お隣の
「樹彩の湯」
へはしご。ここも目の前に川が流れていてとても気持ちがよい。湯上りテラスで座って川を見ていると、なんだかいやなことも全て忘れてしまいそうだ!
20070928075820
(こちらも独占だ!)
20070928080025
(湯上りはここで寛ぐ)
20070928080003
(勿論川の流れを眺めながら・・・・)


 晩ごはんも盛大だったけれど、朝食も結構な量が登場。給仕してくれた若い男性は昨日の晩
「大分お疲れのようですね」
と言っていたけれど、今朝は
「ずいぶん元気になりましたね!」
と笑顔で話しかけてくる。
「そりゃそうでしょう。だって黒川温泉に泊まったんだから!」
それも、これも皆さんのおかげなんですよ!ホント・・・・・・
20070928080515
(朝から盛大に・・)


 今日も結構な移動があるので、早々にチェックアウト。黒川で他の露天風呂に入ろうかとも思ったんだけれど、車を東北へと走らせること、およそ50分で
壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋
へ到着。ここの露天風呂はかなり強烈だ、300年前に川を仕切って作ったとされるけれど、あながち嘘じゃなさそう。ホント川と一体になっているのよ。お湯はぬるいんだけれど、なんというかやっぱり素晴らしいよね。
「ぬるいので最低30分は入ってください」
とご案内には書いてあったけれど、まあ20分ほどで退場。でも、ここは先週の
「妙見石原荘」
とはまた違った意味で川と一体感があってとても素晴らしい。
20070928095904
(この温泉は強烈だ!)


 あんまりゆっくりもしていられないので、ここからは急いでフィット号を西へ走らせること200キロ。目的地は佐世保周辺、ハウステンボスの近くといったほうが分かりやすいだろう、残念ながら今回は
「あんでるせん」
へは寄らない。

 みかんの出荷が今日から始まるというので、今年から導入された選果機の具合も気になるし、12月の出島の華みかんの出来映えも気になるので、4ヶ月ぶりの訪問となったのだ。
 まずは腹ごしらえということで、
一魚一会
にて、イカ料理をいただく。まあ、厳密にいうイカはここで採れたものでなく、佐賀県呼子から運んできたものだ。でもでも、とにかく今朝とれたヤリイカは透き通っていて
「歯ごたえがあって、甘い」
これで1杯1500円というのだから、信じられない安さだ。
20070928125102
(やっぱイカでしょ!)


 ゲソの部分は勿論、天ぷらにしていただいていただく。
「やっぱり九州だよねえ~」
とつくづく思う。温泉もあるし、みかんもあるし、お魚もあるし、東京に住んでいるのが馬鹿らしくなっちゃうよねえ。。。
20070928130426
(これが柔らかいんだ!)


 ところで肝心のみかんなんだけれど、やっぱりここのところ雨が全く降らないので
「小玉傾向で甘い」
というのが一般的な見解だ、出島の華もまだまだ真っ青。これから2ヶ月でどれだけ成長するのか?本当に楽しみである。
20070928142958
(早生系はまだ真っ青)


 導入された選果機といのは7億円もしただけあって、さすがに凄い。みかんひとつひとつに、糖度・酸度・大きさ・キズと全部瞬時に見て選別するんだからねえ。。。。。
20070928135446
(これが7億だ!)


 せっかくここまで来たので、佐世保市内へ向かい
「佐世保バーガー ログキットさん」
に立ち寄ることにする。なんだかんだいって、スペシャルバーガーを平らげてしまった。。。。。
20070928152336
(やっぱり来ちゃいました)
20070928153022
(食べちゃいました)


 これで佐世保でのお務めが終了、ヴィッツ号は福岡へと向かう。諸般の事情により、結構なスピードで西九州道、長崎道、九州道、都市高速と乗り継いで5時過ぎに日航福岡へチェックイン完了。急いで急いで天神へ出て、校正、打ち合わせを済ませ、19時過ぎに福岡ドームへ到着。そうなんですよ、今日は偶然にもダイエー×ロッテ戦が行われているのよねえ~
20070928182630
(来ちゃいました)


 場内は80%程度の入りといったところ、インボイスでライオンズが5点のリードという報にスタンドが大きく揺れたが、その次の経過ではあっさりとファイターズが逆転していて一同ガッカリといったところ。試合は延長10回に馬原が打たれて、マリーンズが勝利。なんとか、クライマックスのファーストシリーズをマリンで迎えられそうだ。
20070928194229
(およそ8割の入り)

 
 ただねえ、
「馬原の使い方ってあんまりじゃないですかね?」
王監督もともと、古くは鹿取、ホークスでは篠原を初めとして一杯いるけれど、ちょっとねえ。。。。

 ただし、今日は試合はどうでもいいといったら大げさなんだけれど、もっともっと大事なイベントが控えているのだ、はやる気持ちを抑えつつ某所へと向かう。先に先輩であるところのKさんと飲みながら待つこと1時間。

 ようやく主役の登場、さきほどグラウンドでその雄姿を応援していた
「A球団のA選手」
と一緒に飲む機会に恵まれたのだった!はっきりいって、小生芸能人はたくさん見ているし、話したこともある。ユースケサンタ○○○・草○○・○栗○・井上○○・高田課長(福岡では有名)・マミーゴ・田中みずきさん(福岡では有名)等など。。。。

 でもね、
「やっぱりプロ野球選手は別格なんですよねえ。。」
とにかく体が大きいからか、オーラが全然違うのよ。でね、この方いかにもいい人っぽいんだけれど
「実際に話すと本当に本当にいい人なんですよ!!!!!!!」
元々ファンなんだけれど、
「大大大大ファンになってしまった」
 だって、いきなり
「ああ○○屋さんですか、僕杏仁豆腐大好きなんですよ。マンゴーとかメロンとか、勝つとご褒美に嫁が買ってくれるんですよ!」
だって、もうどうしましょう。。。。。。。
「100個でも200個でもお届けしちゃおうかしらん」
まあ、そんなことは置いておいて、本当は一杯書きたいんだけれど、差しさわりの少ないことだけ少々。

Q「キャッチャーって結局A選手になったんですけれど、B選手とどっちが投げやすいんですか?最近のA選手のコメントとか見ていると不愉快だし、リードも???なんですけど」
A「はっきりいって、Bの方がリード断然上だし僕らも投げやすいです、でもバッティングで差が出たでしょ。まあ、世界一ですからねえ。。。。」

 ああ、ちょっと差し障りありまくりですね。。。。どうしよう、では本当に障りのないところを
Q「セとパでストライクゾーンの違いってどうなんですか?」
A「セの方が外が全然広いです。一説によると、1ストライクごとに狭くなるらしいです」
なるほどね、これは非常に分かりやすい説明だ。他にも一杯一杯お話を伺ったんだけれど、ちょっと書けない。。。。。
20070928235707
(なんか塩が一杯登場しました)


 これは、A選手でなく、同席したスポーツ紙の記者情報なんだけれど、今日はAチームのA選手とBチームのB選手が合コンしている。しかも一人は抹消中だし、一人も成績不振で今日は試合に出てない。って、これも差し障っちゃうねえ。。。主力中の主力がこんなんだから、2位と3位なんですよねえ。。。。。
 余談中の余談なんだけれど、某球団の次期監督は、消滅した球団の元監督説が濃厚らしい。Aコーチは上からも下からも評判悪いので絶対ないそう。。。

 まだまだ一杯お話させていただいたんだけれど、このあたりで。。。。
 
 最後は握手までしてもらっちゃったし、 お世辞でも
「いつも店にいらっしゃるんですか?必ず寄りますから」
なんて言ってくれたりして、本当に本当に感激したし、興奮してしまった。
「今日は一生忘れない日になった」
ホテルに戻ったのは2時過ぎなんだけれど、今夜はまたまた眠れそうにない。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月27日(木)飲むなら温泉

 6時起床、昨晩はもんもんとしてしまって
「眠りについたのが4時」
だったので相当ツライ。
 8時のANA大分行きは58番搭乗口なので、出発口Cが利用できる。あまり意味はないのだけれど、なんとなくうれしいから不思議だ。ただし、一番南にあるシグネットは狭い割りに利用者が多くてあまり居心地がよいとは言えず。
20070927075252
(羽田は雨)


 2時間しか寝ていないのだから熟睡したかったのだけれど、寝たり起きたりを繰り返し。結構ツライまま大分空港へ着陸、ニッポンレンタカーさんにてフィット号を借用し大分市内へ。
中2日で九州へ戻ってきたわけだ
 市内の百貨店トキハさんでは、全国うまいもの大会のようなイベントが開催されていて大盛況のようだ。
20070927112155
(地方ではまだまだ百貨店は少ない楽しみのひとつ)


 遅い昼食に
「とり天定食」
をいただいたけれど、これは大外れ。どこで食べてもはずれが少ないような感じがするけれど、やっぱりお店は選ばないとだめだ。
20070927120359
(やっぱり店は選ばないと。。。)
20070927122038
(車に近づいてきたので・・・)


 業務終了後、普通なら別府へ向かい
スギノイにて棚湯を満喫!」
と思うのだろうけれど、思うところあって北ではなく、西へ向かう。
 そう
「ラムネ温泉の長湯」
へと参戦するのだ、道中ところどころ先日の台風の傷跡が残っており、片側交互通行が5~6箇所あったので、想定よりも大分時間がかかっての到着。
20070927141344
(心を洗いにきました!!!)


 なにはともあれ、
「ラムネ温泉へじっくりと浸かる」
32度と体温よりも低い温度なのに、じっくり浸かっていると体が温まってくる。血の巡りが飛躍的によくなった証拠なのだろう。なにもかも忘れて浸かっていると、心の底から寛げる!30分ラムネ温泉に浸かったあとは、内湯で温まる。勿論、源泉かけ流しなので
「のどが渇いたら温泉を飲む!」
なんて幸せなんだろう。温まったら、再度ラムネ温泉へ。この繰り返しでおよそ1時間、正直
「世の中にこんな素敵な場所があるんだなあ♪」
と心から思った。
20070927142225
(本当に本当に素晴らしい温泉だ!)


 長湯温泉といえば、名物はこのラムネ温泉のほかに
「ガニ湯」
がある、川のほとりにある温泉で自由に入っていいのだけれど、さすがにここへ入っている人は前回も存在せず。
20070927142537
(これがガニ湯だ!)


 代わりといってはなんだけれど、
「御前湯」
さんへはしご湯。ここは、通常の炭酸泉の露天。至る所に飲泉場があるのがうれしい。
「飲んだら乗るな、飲むなら温泉」
なんて素敵な標語なんだろう。温泉の鮮度によほど自信があるのだろう。
20070927145526
(飲泉場がたくさんある)
20070927143312
(ドラえもんも温泉も飲んでいる?)


 正直、寝不足もあり寝ていたい気分なんだけれど、フィット号を更に西へ向けて走らせること40分で、
「黒川温泉へ到着」
今宵の宿は、別府、長湯、黒川などなど一杯候補があったのだけれど、前回同様
黒川温泉 湯峡の響き 優彩
に落ち着いた。ある意味、最も黒川らしくない選択ではある。ただ、中規模のリゾートホテルといった感じでとにかく清潔で、洋室もあり前回大満足だったので。。。。。。
20070927154906
(和テイストの洋室がうれしい)
20070927154929
(お部屋からは滝が見える♪)


 黒川温泉といえば、
「入湯手形」
となる、この手形を1200円で購入すると3つの旅館の温泉に入浴することが出来るのだ。24箇所の温泉から
まず小生が選んだのが
お宿 のし湯
女将さんが門の外に立ってお迎えしてくれるのがうれしい。

 肝心の露天風呂なんだけれど、日本庭園でなかなかよい。お湯に浸かっていると全てを忘れてしまう、ただし風呂底にカエルの死骸が沈んでいたのには驚いたけれど。。。。
20070927181617
(入湯手形を購入)


 お次は、
いこい旅館
ここの滝の湯は、
「日本名湯秘湯100選」
に選ばれているだけあって、素晴らしかった。たまたま他に入浴者がいなかったので、
「名湯を独り占め!」
とにかく徹底的に満喫してしまった。他にもよさげなお風呂が一杯あるらしいが、それは宿泊者専用なので、是非とも次回は宿泊してみたいものだ。
20070927164606
(さすがに100選だ!)
20070927164702
(リラックス♪♪)
20070927164619
(実は二層になっているのだ)


 正直、このあたりでもう湯あたりというか、疲れ果ててしまっただけれど、まだ一箇所残っている。HPの写真がよかったので、
旅館わかば
へ参戦。正直言ってなんというか、
「プロのカメラマンってすげえなあ!!!」
というのが第一印象だ。これ以上語るのは止めておこう。。。。。。
20070927181639
(スタンプが一杯になりました)


 浴衣着て、下駄をカランコロン鳴らして温泉街を歩くというのは非常に気持ちがよい。黒川では旅館でお土産を売らずに、
「なるべく宿泊客を街へ出そう」
という戦略を明確に打ち出している。第一滝本館は館内に飲・食・遊・土産全て揃えて一歩も外へ出さない。というスタンスとは180度反対ではある、どちらがということはここでは言わないでおこう。どちらもよい面、悪い面があるとは思う。。。。。
20070927172820
(夕方の温泉街というのは素晴らしい)


 お部屋で一休みしてから、お食事だ。和室の方はお部屋食らしいので、大広間は結構閑散としている。ご丁寧に、
「○○様・乗務員様・黒川温泉と阿蘇めぐりツアー様」
という看板が書かれていた、ようは一般のお客さんは小生だけの模様。

 お料理は、とにかくボリュームが凄い。はっきり言って小生でも残してしまうのだから、ほとんどの方が残してしまうのだと思う。
「いくらなんでも?????」
と思う。量が多ければいいってもんじゃない。
20070927190504
(ちょっとやり過ぎ)


 余談だけれど、小生の隣の卓では、バスの運転手さんとガイドさんが向かい合ってご飯をいただいている。勿論お部屋は違うに決まっているけれど、やっぱり色々想像するよね。
「セクハラがないわけない!」
と思いませんか???

 再び一休みしてから、
「竹林の湯」
で本日最後の入浴。このお風呂は、かつてANAのポスターにも使われていたんだけれど、とにかく素晴らしい。
「これぞ和!」
って感じ、子供の時から
「落ち着きがない」
といわれ続けている小生でも落ち着いてしまうようなテイストだ。
20070927204944
(最高!!)


 さすがの小生も睡眠時間2時間で、お客さんのところへ行って、レンタカー200キロ運転して。。。。温泉にこれだけ入れば11時前には就寝。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月26日(水)住めば都はるみ

 海外からの来客、オーストラリア発のビジネスで世界各地でFCとして店舗を広げているらしい。とうとう次は日本に上陸したいので、
「是非日本でのパートナーに当社を」
とのオファーだ。
 オーストラリア人の弁護士さんが来社されたんだけれど、いきなり流暢な日本語で
「はじめまして」
と来られたから度肝を抜かれた、なんでも日本とオーストラリアと半分半分でお仕事をされている方らしい。本当に日本語がうまい方で、下手すると
「デーブスペクターより上手いんじゃないか?」
と思ったくらい。

 デ-ブスペクターといえば、実は小生の尊敬する人物のベスト5に入る。日本語が上手い外国人はたくさんいるけれど、
「ギャグまでとばす外国人はそうはいない」
 小生の知り限り、最初に飛ばしたギャクが
「デーブさん、日本は住み心地どうですか?」
「う~ん、やっぱりねえ、住めば都はるみですからねえ」
というらしい、
「住めば都はるみって、相当面白いと思いませんか?」
小生は、これを10年以上前に聞いて、すっかりファンになってしまった。

 東スポが1面で大きく、
「スクープ デーブスペクターは埼玉生まれの日本人だ!」
とういうのも、
「あながち嘘ではないのでは?」
と思ったほどだ(嘘)

 日本語が上手い外国人といえば、誰かの結婚式で登場した神父。いきなり、さんざん英語でペラペラしゃべっておいて突然
「あんしんしてください、ここからはにほんごで!」
とやって、出席者の心をわしづかみにした。
 
 恐らく、毎週同じネタでやってるんだろうけれど、
「なかなかやるじゃん!」
と思い、小生もその後の披露宴で予定していた主賓スピーチで、散々英語でしゃべった挙句
「あんしんしてください、ここからはにほんごで!」
とやろうと思ったけれど、小心者の小生はリッツカールトン(大阪)でそれをやる勇気は持ち合わせていなかったことが今となっては悔やまれる。。。。 

 夜は、新宿の電気代をけちってカウンターが廻っていないお寿司やさんのカウンターに陣取る。いわゆる、接待というやつだ。ただ、はっきりいって小生接待というか、ご馳走になる会食はあまり好きではない。
「こちらがご馳走するほうが圧倒的に好きだ。」
昼くらいならばいいけれど、どうも夜は好きじゃない。勿論、夜も頻繁にお客さんと会食するけれど、それはかなり仲のよい人たちに限定される。

 ご馳走になっていうのもなんだけれど、お寿司やさんカウンターで両隣からタバコの煙でいぶされるとは想定外だった。小生は特に煙が嫌いだけれど、やっぱり最低限のマナーとして
「寿司屋のカウンターでタバコを吸うな!」
といいたいよ。

 「サンダーオブハード号勝利!」
かなり手薄なメムバーで勝って当然といえば当然なんだけれど、昨日の例もあるし終わるまでは安心できない。勝つには勝ったけれど、もっとあっさりかと思った。ここを勝って放牧ということなので、リフレッシュして戻ってきて欲しい。

 鳩山邦夫君は、小生の嫌いな政治家ランキングでかなり上位に入る。しかしながら、今回の死刑執行における問題提起は必ずしも否定しない。(これについては、書くと長くなるのでまたの日に)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日(火)背水の陣

 所用で大手町へ、ちょうどお昼時になったので、サンケイビル地下2階
「多々美」
さんへ参戦、もうここは建て直す前のサンケイビルからある、とっても古いおそばやさんだ。なんというか、食券とか買っちゃって、おばさんが白衣で登場しちゃったりして、最先端のビルの中で異彩を放っている。とはいえ、浮き沈みの激しいオフィス街の昼食市場において、永年生き残っているということは、なんかしらを持っているということになる。味、値段、接客、色々と考えられるけれど、ここの場合は
「量とお値段」
となる。もりそばに天ぷらがついた、
「天もり」
がウリのひとつ、大盛りにしなくても、通常の店の大盛りくらいの量が提供される。

 うどん好きの小生は
「カレーうどん」
をご注文、相変わらずのボリュウムに安心、しかしながらまあお味は・・・・といった感じだ。

 ところで、カレーうどんというのは非常にリスクの高い昼食だ。あれだけYシャツを汚しやすい食べ物もないだろう。今日もおっかなビックリ食べたけれど、
「是非ともエプロンを用意してほしい」
と思う。
20070925113950
(カレーうどんは好物のひとつだ!)


 ところでナイフとフォークが出される店では、エプロンではないけれど、ナプキンが出される。あれはよだれかけのように使うのではないく、ひざというか太ももに置くものだけれど、
「足元へ落とすより、胸元に汁がはねる可能性の方が圧倒的に高い!」
と思いませんか?だから焼肉屋のようにエプロンとは言わないけれど、よだれかけのように使う方が合理的だとは思う。

 根本的に小生お子様なので、
「ひざに置いても必ず落としてしまう。」
必ずボーイさんに拾われてしまうのだ、
「貧乏ゆすりやめろ!もっと落ち着け!!」
といわれるとその通りなんだけれどね。

 まあ、ナイフとフォーク使う店に行くことは、それこそ見合いの際ホテルのコーヒーショップでお茶してから、
「じゃあ、軽くお食事でも!」
といって、ホテル内のレストランでお食事するときくらいだから、さすがにそこで涎掛けすることは出来ないからなあ。。。。しかし、冷静に考えるとナプキン落とすような小生だから、女性はそういうところを常に見ているからご縁がないのかもしれないですねえ。。。。

 4ヶ月ぶりに出走のドラゴンシャンハイ号終了、たしかに80%の出来だったとは思うけれど、このメムバーで5着では正直いって重賞路線ではかなり厳しいのではないだろうか?ちょっと、というかかなりがっかり、明日のサンダーオブハード号は背水の陣で臨むしかない。

 背水の陣といえば、福田氏自ら
「背水の陣内閣」
と任命したとのこと。残念ながら、今回の組閣には全く関心が湧かなかったなあ。。。小生の愛馬も背水の陣、福田氏も背水の陣、一緒なんだけれどもっともっと大事な
「小生の見合いも背水の陣で臨まなければならない」
のだけれど、最近は見合いのお話すらこなくなったしまった。

 見合いといえば、阿川佐和子さんであるけれど、彼女も
「30過ぎたらパタっと話が来なくなった」
と回顧していた、断られたよりも
「自ら断った話の方が圧倒的に多い」
と自慢していたけれど、小生の場合は全く逆だからお話にならない。見合いというよりも
「人生そのものを背水の陣で臨まねば」
と思う今日この頃なのである。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月24日(月)飛行機代使ってでも

 昨晩は11時過ぎには、携帯の電源も切ってベッドに入った。そして、8時過ぎまで完璧な熟睡、ホントすべてが解決した模様。とりあえず、朝風呂ということで、そそくさと出かける。

 京セラの温泉には熱湯とぬる湯がある、熱い方は42~43度、ぬるい方は40~41度と思われる。皆さん、とりあえず熱つ湯に足を入れるが、断念してぬる湯に浸かるようだ。小生の場合、
「ぬる湯・熱湯・水風呂・熱湯・水風呂」
という感じでローテーションを守りながらの入浴を繰り返すのが常だ。朝は体温が低いせいか、熱湯に永い時間浸かっていられる。サウナ・水風呂を取り混ぜて1時間ほど。。。。。
20070924085342
(この清潔感が素晴らしい)


 ここの温泉は
「とにかく清潔・人が少ない」
というのが最大の利点だと思う。毎晩お湯を抜いて浴槽を洗っているのがわかる、塩素については明確な表示はないのだけれど、あの臭いからはほぼ間違いなく黒だと思う。ぬる湯は循環させる吸い込み口がある、しかし熱湯にはそれがない、しかも一応お湯が溢れているんだけれど、まさかお湯が2種類あって、熱湯は塩素不使用とは思えないしねえ。。。。。
 まあ、それでもここの温泉はすごく好きであることは間違いない。以前よりは、インチキっぽくなくなってきているような感じもする。

 朝風呂の後は、日経・日刊・南日本の3紙を読みながらの朝食。まあ、正直ここの朝食は特筆すべきものはないのだけれど、太陽の光が差し込む会場での朝食はリラックス。日経はさほど読むべきところがなかったのだけれど、日刊には
「フィターズ高田GMの辞任」
が報じられていた。島田本部長のコメントによると、残留は五分五分とのことだけれど、これっておかしくないですか?
「GMを慰留できるのは、オーナーだけじゃないのかしらん?」
オーナーに代わって球団のことを事実上すべて任されるのがGMだと思っていたけれど、このあたりの役割分担とかで高田氏も思うところがあったのではないだろうか?ファイターズは昔からフロントの内部抗争がお盛んで
「小島派と大沢派の争いは凄かったらしい」
 結局、とりあえず北海道移転が成功して、チームが優勝すると
「誰が成功させたのか?」
という手柄の問題や、
「利権も多数発生してくるだろう」
まあ、かつてG馬場さんが言った
「UWFは成功してからの方が大変だ」
といったら、まさにそのとおりになったようなのと類似しているのかもしれない。。。。。
20070924093426
(吹き抜けにガラスのチャペル)


 南日本新聞は、
「西郷隆盛没130年の記念日」
ということを大々的に報じている。130年前の9月24日に城山にて西郷隆盛が亡くなり西南戦争が終結したとのことだ。ということは、日本では130年間内戦が起こっていないということになる。今日から始まった南日本新聞の連載のタイトルは
「義あり」
と大文字で書かれている。じっくり読んでみたいが、そのためには鹿児島に移住せねばならないだろう。

 食後はお部屋にて
 「アサデス九州・山口」
を見れるのがうれしい、小生、関西や九州のローカル番組は大好きだ。特に今日は
「九州各地の百貨店この夏の売れ筋」
という企画だったので、注目した。ただ、不思議なのが一応山口もネットしてるのに、そちらはまったく無視だよね。ドォーモもそうなんだけれど、KBCの番組はブロックネットしているわりに、放送している地域を無視する傾向がある、絶対的な視聴者数の違いと力関係なんだろうけれどね。

 全くの余談なんだけれど、宿泊している本館から朝食会場の新館へは動く歩道が設置してある。そこを
「逆の方向に走ってくる子供がいた」
すかさず小生
「ここは、そうやって遊ぶところじゃない、危ないよ!」
と言って方向転換させたら、なんか横の歩道を歩いていた母親が不愉快そうな顔でこちらを見ていた、まあどうでもいいけどね。。。

 10時30分にチェックアウト、空港へは向かわずに
妙見石原荘
へ参戦する。ここは、小生の敬愛する温泉教授こと松田忠徳氏が絶賛して、満点をつけているお宿だ。早速、露天というか、野天風呂に参戦する。なんといっていいのか
「ホント別天地だよ!」
川のほとりにあって、緑も豊富だしとにかく自然のままって感じだ。お湯はもちろん源泉かけ流しなんだけれど、お湯を冷ますのにも、大変気を使っているようだ。お湯に浸かったり、ねっころがったり本当にすばらしい。
「これで、癒されなかったら嘘!」
といった感じだ。
20070924114950
(趣のある旅館だ!)
20070924110433
(眼下には川が流れる)


 比較的新しく作られたお宿らしいけれど、なんともとにかく幸せな気分にさせてくれるお宿。是非ともお泊りしたいのだけれど、いかにもご予約大変そうだ。
妙見石原荘
是非とも、お奨めしたいお宿である。温泉教授は
「飛行機代を使ってでも行くべし!」
と書いてあったけれど、まったくもっておっしゃるとおりということだ。
20070924114040
(坂道を下ったところに野天風呂が!)
20070924110843
(撮影・掲載許可済みです(笑))
20070924111842
(温まったら椅子に座って寛ぐ)
20070924111905
(本当に素晴らしい温泉だ!)


 だけど、ホントこの1泊2日の鹿児島は、本当に心からくつろぐことができた。しかも、小生の場合は
「航空券代も使っていない」
というのが大きい。せめてもの感謝の意味で、こうして広く鹿県のすばらしさを伝えていきたい。
20070924114631
(飲泉とはうれしい!!)


 すっかり元気になって羽田へ降り立ったのだけれど、やっぱり何か物足りない!
「そうなんです、丸一のとんかつを食べてないんだよねえ~」
しかしながら、鹿児島の丸一には参戦できなかったけれど、
東京大森にも味の丸一はあるぢゃないか!」
ということで、急遽大森へ直行。
20070924175249
(鹿児島の代わりに?大森へ参戦)


 お店に入ると、オヤジさんでなく若旦那?がカツを揚げている。まあ、こればかりは仕方がない。とりあえず上ロース1700円也をいただく。
「たしかに美味しい、美味しいけれど物足りないんだよね~」
そうなんですよ、鹿児島の店は勿論黒豚なんだけれど、大森の店は黒豚でないらしい。
20070924173637
(勿論十分美味しいのよ!!)


 決して大森のとんかつがダメだと言っているわけじゃないんだけれど、やっぱり鹿児島へ戻りたくなっちゃったなあ。。。。。。。と思う今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月23日(日)南へ

 昨晩、東北から帰京したばかりなのだけれど、今朝は南へと向かう。JAL無料航空券を利用しての鹿児島参戦だ。理想は、昨日もう一晩仙台に宿泊して、北か南へ向かうのがベストだったんだけれど、仙台のホテルがものの見事に満室だったので断念。一度帰京とあいなった。

 で、北か南か大いに迷ったのだけれど、結局南国鹿児島へ向かうこととなった。JAL便のご利用は本当に久しぶりだ、とはいえJAS仕様のA300-600Rの前方非常口座席に陣取ると、昔取った杵柄ということでやっぱり落ち着く。日経、日刊読んで眠っているうちに、無事着陸。鹿児島はちょっとご無沙汰していて
「およそ4ヶ月ぶりか?」
 覚悟をしていたけれど、かなり暑い。

 空港についたのが、11時。事前の予定では、まずは市内へ出て
味の丸一
にて、上ロースかつ定食を食べようと思っていたのだけれど、レンタカーへ乗り込んだ瞬間に
「今日が日曜で定休日だ!」
ということに気づいてしまった。念のためお店に電話したけれど、当然の如く応答はなし。

 仕方がないので、ドライブスルーで購入したモスを食べながら指宿へ直行、およそ90分のドライブだ。いつ来ても、この指宿へのドライブは気分爽快。ただ、4車線という気は全くないけれど、追い越しポイントくらい増やして欲しいと思う。余談なんだけれど、空港からの九州道で3台スピード違反で確保されている車を発見。いくら交通安全週間とはいえ、凄い光景ではあった。
20070923144128
(いつ来ても雄大な景色だ!)


 砂蒸し温泉砂楽は、三連休の中日ということで大変賑わっている。いつもは見られない若い女性客が多いのがほほえましい限りだ。元々外気が高いので、あっという間に汗ダクになる。
「ここのところの疲れ他が全て流れ出るといいなあ」
と思いながら、およそ25分、じっくりと汗を流す。。。。やっぱり、最高だよねえ。。。。。
20070923135102
(汗と一緒にストレスも流す!)


 市内へ戻る車中のラジオから福田氏勝利の報が聞こえてきた。せっかくの鹿児島なので、一応市内でご挨拶周り。皆さん温かく迎えてくれるから、うれしい。今宵の宿は、およそ1年半ぶりの
「ホテル京セラ」
フロントの皆さんが、
「おひさしふりですね!」
と声をかけていただけるのが、うれしい。とりあえず、お部屋で
「東アジアの終戦記念日 敗北と勝利のあいだ」
を読んでから、お昼寝。。。。。。
20070923181735
(鹿児島における小生の原点)


 お昼寝の後は、プールでひと泳ぎ、ここはお客さんも少ないし、お水も綺麗なので
「泳ごう!」
という気持ちにいつもなる。軽く30分ほどで退場、温泉とサウナと水風呂を繰り返しておよそ1時間。。。。。。

 「いち・にい・さん」
にて、黒豚をたっぷりといただく。黒豚とうふ、バラかつ、メインは勿論シャブシャブだ!正直、言ってここのお店は雰囲気はよいのだけれど、お味は絶品とはいえない。黒豚しゃぶしゃぶも、とんかつももっと美味しい店はある。まあ、平均点が高いということでは認めている。。。。
20070923182446
(黒豚とうふ)
20070923183556
(バラかつ)
20070923184653
(黒豚しゃぶしゃぶ)

 ホテル京セラはお久しぶりなので、やっぱり色々変化が見られる。以前は無線LANで接続できず困ったのだけれど、全室有線LAN対応になったし、懸案のお部屋着というかリゾートウエアが導入され温泉などへは着ていくことが許されるようになった。ホテル前の橋もようやく完成したようだ。
20070923181655
(ソニ-への橋もようやく完成)


 しかし、小生の鹿児島の原点ともいえるこのホテル京セラは素晴らしい。黒川紀章も最近でこそ、選挙マニアになって怪しくなったけれど、こういう素晴らしいホテルを設計できるのだから、尊敬しないわけにはいかない。二回目の入浴を済ませ、早々に就寝。。。。。久しぶりのストレスフリー????やっぱり、ここへ戻ってくれば全て解決するんだなあ。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月22日(土)ボンズと湖山荘

 11時ギリギリにチェックアウト、仙台駅へ。今日は仙石線の地下ホームへは向かわず、新幹線ホームへ。しかも、上りホームではなく下りホーム。エスカエーターを上ったところで、ホームが大混乱になっているのに気づく。黒づくめのSPとマスコミ、そして花束を持った女性なんかもいる。
20070922113413
(ホームは大変な騒ぎだ)


「そうか、自民党総裁選のお二人が仙台へ来るのか!」
当然の如く、グリーン車の近くで待っていると、屈強なSPにすぐさま排除される。ただね、今日はグリーン車じゃないけれど、小生がグリーンのお客さんだったらどうするのよ!なんて考えているうちに、はやて号が到着。
「おお、麻生さんじゃないですか!」
と思い、相方の福田氏も探したけれどこちらは見当たらず。
20070922113725
(麻生氏を発見!)


 そんなこんなで撮影していると、発車ベルが鳴り響く。小生はこまち号にご乗車なので、慌てて移動して飛び乗る。やはり3連休の初日ということで、デッキには立ち客がいる。ただ、どう考えても仙台からは空席が目立つんだから
「勝手に座っちゃえばいいのにね。」
はやて号の仙台ー盛岡間というのは、レールもほぼ一直線だし、最もスピードを実感できる区間だ。いつも書いているけれど、本当にあっという間に盛岡へ到着。

 ホームに降り立った瞬間
「おお、空気が違う。涼しい!」
と感激。空は
「どんど晴れ」
とはいかなく、小雨模様。まずはお仕事ということで、レンタカーで市内の某百貨店へ。まあ、商談はたいしたことなかったのだけれど、面白いことがひとつ。立体駐車場のエレベーターには中と外にモニターがついていて、中の様子が映し出されている。犯罪防止のためなんだろうけれど、プライバシーの問題もあると思うけれどねえ。。。
20070922172502
(こんなの初めて)


 商談の後は、お昼ごはん。盛岡でのお食事は
「ダイニングボンズ」
と決まっている。二ヶ月ぶりにお邪魔したのだけれど、相変わらず素晴らしいお店だ。店の雰囲気も接客も勿論お味も素晴らしい。
20070922130107
(ドミグラスソースが美味しいですよ♪)


 前菜に、ハヤシライスをいただき、メインは勿論盛岡冷麺、デザートにハンバーグといった完璧なメニュー構成、おつまみ代わりのキムチも甘さが出ていてとても美味しかった。大満足そして大満腹(笑)で店長のWさんに近々の再訪を約束して退場。
20070922130047
(やっぱり、ここのハンバーグは美味)
20070922131030
(お目当ては冷麺に決まっている)
20070922131343
(シコシコのツルツル)


 岩手は素晴らしい温泉がたくさんあるのだけれど、今日のところはボンズのW氏お薦めの
つなぎ温泉 湖山荘さん
へ参戦することにする。道中、先日の台風による崩落で通行止めの箇所があり遠回りしたけれど、20分ほどで無事到着。
20070922154928
(湖山荘さんへ参戦)


 久しぶりに大きな露天風呂に浸かったのだけれど、これが素晴らしいのよ。飲泉まであったので、恐らく源泉かけ流しと思うのだけれど、加温はしてそう。のびのびとゆっくりと温泉を楽しむ。余談なんだけれど、真剣に覗こうとするれば女性用が完全に見えるのよ。何故か奥では完全につながっているしねえ。。。。まあ、色々な意味でも楽しい温泉でもあった。
20070922154825
(足湯もある)


 湯上りのひと時を、テラスにあるデッキチェアーに身を任せながら、湖を眺めて涼んでいると深い眠りについてしまった。なんとも至福のひと時だ。ちょっと動けなくなってしまった、是非とも今度はお泊りでの再訪を決意。。。
20070922150504
(湯上りの寛ぎ)


 東北での仕上げに、駅前
「盛楼閣さん」
にて、軽く焼肉と冷麺。。。たしか、以前はカード使用不可だったはずだけれど、いつの間にか使用可になっていた。まあ、それはともかく焼肉は元々イマイチなんだけれど、正直冷麺もガッカリ。ボソボソと舌触りが悪いし、スープも味に深みがない。改めて
「ボンズさんの冷麺が日本一」
であることを確認しただけでもよかった。。。。。
 ニューヨークには美味しい冷麺はないだろうしねえ。。。。
20070922175752
(冷麺に梨が入っていることは評価できるが・・・)


 こまち号は、予想に反して仙台で満席となる。近所を見回すと、なんとマリーンズの選手もいるではないか。選手全員グリーン車かと思ったらそうでもないのね。あっという間に寝こんでしまい、気づいたら大宮というのは、凄い幸せ。
「まあ、A社、J社の機内ではこうはいかない」
と思うしかない、今日この頃なのであった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月21日(金)成田の代わりに大宮?

 大変遺憾ながら通常通りの出社、当初の予定では成田空港からNYへ向けて機中の人となっているはずだったのに、無料航空券はÅ社J社、F・Cクラス全て
「お取りできました」
というお電話を頂戴することは出来なかった。

 まあ、本当の満席ならば納得もいくのだけれど、実は昨日の夜見たらA社、J社共にCには空席があるようだ。
「だったら、なんとかしてくれてもいいじゃん。。。。」
と思うんだけれど、恐らく当日になればアップグレード確実の方とか多数いらっしゃる関係なのだろう。大変遺憾ながら、スケジュールおよび航空券戦略の再考が必要のようだ。

 お昼前に、重要な来客。ランチをご一緒にいただきながら、1時間30分たっぷりとミーティング。初対面の方なんだけれど、
「お会いした瞬間に好感を持てる方」
ということを直感的に感じた、ご紹介いただいた方に感謝したいし、是非とも永く実のあるお付き合いをさせていただきたいと切に思う。

 先客と入れ替わりに参戦してきたのが、高校以来の友人K氏。奥さんと娘さんが2人いて、転職し年収もUP、順風満帆の生活を送っていると思っていたら、色々と事件や悩み事、ジレンマなどあるようでかえって安心する。しかし、大阪でそんな大事件が発生していたとは夢にも思わなかったなあ。。。。。

 成田の代わりといってはおかしいけれど所用で、久しぶりに上越新幹線に乗って大宮駅へ。相変わらず元祖エキナカのエキュートは盛況のよう。しかし、よくよく見るとホームからエスカレーター上がるとお店の中にいるという状況は凄いなあ。。。。
20070921155549
(エキナカ第一号、エキュート大宮)


 JAL・ANAの代わりといってはおかしいけれど、こまち号に乗り換えて仙台へ向かう。
「大宮からだと本当に近く感じる、というか実際に近い。」
何故か大宮駅で売っていたお気に入りの高崎の鳥めしを食べて、ゲンダイを読んでいるうちに到着だ。
20070921162316
(大好物の鳥めし)


 仙石線に乗り換えて、今年4回目のフルスタへの参戦。
20070921180844
(ここは、今一番のお気に入りの球場だ)


 しかしねえ、
「いくらなんでも先発吉井っていうのは、この大事な試合でないと思いませんか?」
個人的にはすごーく好きな選手なんだけれど、この状況での先発起用では他の選手もファンも納得しないだろう。結果は、予想通りのノックアウト。恐らく、これが吉井の現役最後の登板となるのだろう。
20070921194821
(お疲れさまでした、吉井投手)


 トドメの山崎武で満員の三塁側も大喜び。どう考えても打たれそうな場面で、藤田が外角へ投げて打たれるんだから、お話にならない。しかし、山崎はホント内角は打てないけれど、外角は強いよね。
「多分、インコースは完全にとは言わないけれど、捨てているじゃないのかしらん?」
 しつこいけれど今日の先発は吉井でなくて小宮山だった方がファンは納得したと思う。リリーフで若干は打たれたけれど、山崎に投げた超スローのシェイクとか最高に格好よかった。恐らく現役続行と思うけれど、来年も是非頑張って欲しい。
20070921202938
(大盛況の三塁側)


 今宵の宿は、ドーミーイン仙台アネックス。ゆっくりと温泉に浸かってから、大きめで硬めダブルベッドに身を沈めれば早々に就寝。。。。。。これだけはビジネスクラスでは無理だよね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月20日(木)カルチャースクール

 昨晩は、比較的早めにベットに入ったのだけれど、結局は眠れず。なんだかんだで意識がなくなったのは4時を過ぎたあたり。当然のことながら相当眠い。

 午前中は銀座へ、何故かというと航空系の会社のカルチャーセンターでのお話。江戸の歴史を学ぼうみたいな講座で、先生のお話が1時間、あとを引きついで小生のお話が1時間、場所をお店に移してお食事と店内見学というコースだ。

 講師の先生というのは、作家で慶大でも教えている
「林えり子さん」
と言う方、お年は分からないけれど、(おそらく60後半)とても明るくて、しゃべり方が素敵な感じ。お打ち合わせの段階で大ファンになってしまった。先生曰く
「今の慶大生は、とにかく幼稚でお話にならない」
まあ、そういわれても小生が学生の頃は、年齢的にはかなり大人だったけれど、実質子供だったので、
「そうですねえ。。。」
と生返事をするほかなかった。

 なんだかんだ言っても、人前で1時間お話するというのは最近は慣れてきたとはいえ、大変だ。今回は広く浅くだたったので、特別に新しい資料を作ることはなかったけれど、笑顔で1時間しゃべるのは非常に疲れる。しかしながら、皆さんわざわざお金を払って何かを学ぼうという方々なので、人のお話をよく聞いてくれるのから、やりがいはある。積極的に質問もたくさんしてくれたしね。

 しかし、こういうカルチャースクールは、予想通り圧倒的に女性の参加者が多いのだけれど、中には少数ながら男性もいらっしゃる。やっぱり、居心地はあまりよくなさそうだ。ただ、女性20人に対して男性2人だから、
「やっぱりうれしいのだろうか?」
男を巡って揉め事とかあると楽しいけれどねえ。。。

 小生の敬愛する、作家であり競馬評論家の山野浩一さんのブログを愛読しているのだけれど、どうやら奥様が脳梗塞だか脳溢血だかで大変な状況であるらしい。生死の境目をさまよっている状況らしいが、その模様を毎日ブログで更新されている。もともとは毎日更新されているブログではなかったのだけれど、ここのところ毎日更新されている。
「人間の極限状態での行動、考え」
などが書かれているようで非常に興味深い。恐らく氏はブログに記することが最大の愛情表現なんだと思う。非常に考えさせられる。

 どうでもいいけれど、入院中の安倍君は、
「テレビも新聞も見ないようにしているという」
って一体この方なんなんだろうか?こんな無責任を総理大臣にもってしまった我々は本当に不幸だ。理論的には間接的にそんな人を総理に選んだのは我々自身なんだけれど、選んだつもりないんだけどなあ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月19日(水)賞味期限切れ

 なんだかんだいっても、我が家の自分のベッドというのは熟睡できるようだ。9時まで途中で目覚めることはなかった、今日は10時に予約してある歯医者へ。結局、前歯の差し歯を外して交換ということのようだ。今日からしばらくは仮歯になる、子供の頃から何度となく仮歯を経験しているのだけれど、とにかくすぐ外れてしまうのだ。それも一度や二度じゃない
「突然外れて、飛び出してしまい」
周りの人をビックリさえることがしばしばあった。これからまたその恐怖との戦いが始まると思うととてもつらい。今日は治療台に1時間30分ビッシリと。。。。

 まあ、座っているだけといえば座っているだけなんだけれど、グッタリしてしまう。まだまだ体調も優れないので、元気の出る食べ物ということで
「メーヤウさん」
へ参戦を決意する。お店に到着したのが11時40分なんだけれど、開店10分後にもかかわらずなんと階段上までビッシリと行列が出来ているのよ。入店を許されたのは12時なんだけれど、最近は当たり前のように列ができているようだ。
「壁際に沿って並んでください」
という張り紙を発見した。注文は、勿論
「辛口両方大盛り」
両方というのがルーとライスのことを指すことは言うまでもない。いつもならペロリと平らげるんだけれど、今日はライスを残してしまった。ちょっと体調の悪さは深刻だ。。。
20070919120302
(メーヤウで残すことになるとは。。。。)


 午後からは久しぶりに講師としてのお仕事。はっきりいって、もう3年目に突入したので、マンネリ感は否めない。所詮そんなに日進月歩進化しつづけている業界でもないので、話すネタがつきてしまったのだ、こんなんでお金をもらうのは非常に心苦しいのだけれど、なんと来年以降も継続のオファーをいただいた。正直、言ってちょっと困惑。。。。

 講師のお勤めの後は、懇親会に参加。小生のような者でも下に置かない扱いをしてくれて、心から感謝。お話は多岐に渡ったのだけれど、やっぱり時節柄賞味期限の問題などになる。ちょっと考えさせられたのが、缶詰の賞味期限は一般的に2年、その賞味期限が切れる1ヶ月前に開封して、保存性のあるゼリーの原料として使う。そのゼリーの賞味期限が1年だとすると、その時点で賞味期限は35ヶ月に延びるわけじゃないですか。

 それはいいけれど、賞味期限の切れた缶詰を使うと大変な騒ぎになる。そもそも賞味期限というのは、自主的に設定するものだから、だったら
「より長くつける」
方がいいという風潮になったりする。

 そのほかにもたとえば冷凍食品は一般的に1年なんだけれど、なぜかアイスクリームには賞味期限がない。これ
「どう考えてもおかしくないですかね?」
まあ、どういういきさつでそうなったかは分からないけれど、へたすると業界団体と政治家とのつながりなんかあった、とかそんなレベルなんだろうと思う。

 スワローズ古田監督辞任、および現役引退。まあ、結論として久しぶりの兼任監督は大失敗に終わったということだ。そもそもまだ現役で出来る選手に監督を要請するのはどうもすかない。古くは西武の石毛氏とかね。とにかく中途半端に最後の2年がなってしまってとても残念。

 古田といえば、神宮、広島および東京ドームで見せる汚い打球のホームランというイメージがある。狭い球場になると突然、そういうスイング見せるからかしこいのだろうけれど、あれはあまり好きじゃなかった。ちなみに綺麗なホームラン第一位は、今でも秋山(現ホークスコーチ)この人の打球は本当に美しかった。

 まあ、古田との思い出は、なんといっても野村監督3年目で甲子園での胴上げ。野球場で心の底から
「生きて帰れるのか?」
と思ったのは後にも先にもあのときだけだ。おととしの日本シリーズの時は、そうでもなかったからね。

 今日は、早めにベッドに入ったのだけれど、全く寝付けず。再びモンモンとした夜を過ごす。。。。。。。やっぱり、賞味期限のことを考えたら
「まさに自分の賞味期限が切れてしまった」
という現状に気づいてしまったからかしらん。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日(火)学校に放火

 やはり、昨日のりくおさんの思わせぶりな日記のこともあって、熟睡できず。ただ、今日はお部屋でゴロゴロできるので、うれしい限りだ。日刊スポーツを読んでいると、気になる記事がいくつか。ファイターズ ヒルマン監督が昨日の王采配に対して、糾弾しているようだ。ようは5点差ついているのにスクイズしたり、盗塁したりするのはひでえじゃねえか。という趣旨だ。

 こういうことが、いつも議論されるんだけれど、暗黙のルールというのを明確に公開してほしいと常に思う。
「確かに10対0なら、いかがなものか?」
と思うのだけれど、5点差ならいいのでは?と思ったりもする。盗塁の件も一塁手がベースに着かないときは、
「常に盗塁しちゃいけないのか?」
まあ、ベースボールをやった者でないと分からない言語と言うものがあるのだろう。
 
 同様にして、よくプロレスで
「バンプをとっことのない人間には分からない」
と言われると、返す言葉がないのだけれど、まあ素人には分からない世界というのはどこにでもあるのだろう。

 もうひとつは、昨日打たれた小林雅に対する里崎のコメント
「要求通りに見えますか?僕はサインを出すだけで、投げられないですから」
ちょっとというか非常に不愉快。いったい何様のつもりなのだろうか?確かに打たれたのは小林だけれど、キャッチャーにこんなことを言われたら、ピッチャーがかわいそうだ。こういうのひとつとっても、今年のマリーンズは優勝する資格がないことは明々白々だ。

 真夏の陽気の天神に出て
「いずみ田さん」
にてランチのお寿司をいただく。1000円きっかりで、前菜はでて、寿司11貫、味噌汁、茶碗蒸し、シャーベットまでつくんだから、破格だ。まあ、よくこんな値段でやってられるよねえ。。。。どうやら、東京にも支店があるようなので、今度行ってみることにしよう。
20070918115525
(一週間の締めはお寿司!)


 食後に福岡市役所前を歩いていたら、なぜか車にマスコミが群がっている。なんだか分からないが、車が植え込みに突っ込んだよう。
20070918122126
(なんじゃこりゃ?)


 三連休明けのせいか、東京便は満席が続く。なんと
「間(あいだ)のお席しかとれません」
と言われたので、ポイントを使ってスーパーシートプレミアムへアップグレード。ジャンボの真ん中の1つだけ独立している席は両隣不在ですごく快適。。。。ウツラウツラして、お菓子をいただいている間に無事着陸。。。。。
20070918160437
(決してジャムボは嫌いじゃない)


 1週間ぶりの東京は、
「涼しいじゃない!」
福岡と全然違ってすごくすごしやすいのよ。。。。やっぱり、福岡は台風とか来ているから暑かったのかしらん?しかし、今度の台風がまた北朝鮮とか直撃したら、それこそ大変だよねえ。。。。

 さすがに一週間空けるとデスクは大変なことになっている。まあ、とりあえずひとつ、ひとつ片付けてゆくしかない。そんな中衝撃的なニュースがいくつか舞い込む。
 来週のスプリンターズステークスに登録しているマイネルスケルツィ、なんと賞金25番目で、除外濃厚とのこと。重賞2つ勝っていて、出られないってちょっと衝撃的だ。この秋最大の目標で唯一チャンスがあるGだったのに。。。しかも、代わりに出走を予定しているのが、ポートアイランドステークスって言われてもねえ。。。。

 マリーンズ、今日は2軍落ちの小林雅に代わって薮田が登場、であっさりと終了。。。。。しかも、10・11回と小宮山が抑えたのにねえ。。。里崎は今日はなんていうのだろうか?
「今日も、僕はリードしただけ」
って言うのだろうか?本気で聞いてみたい。

 最後のニュースなんだけれど、
火事になれば夏休みが長引く、と学校に放火
これねえ、はっきりいって学生の頃小生も考えましたよ。特に高校の時とか、ただ小生の場合休みが長引くという理由でなくて、
「試験がなくなって全員進級にならないかしらん?」
ってところが大きな違いだった。ただ、そもそも我が母校の校舎は戦争末期に、連合艦隊司令部として使用されたという強固な建物だったから、ちょっとやちょっとじゃ焼けないだろう、とあきらめたものだ。。。。。

 帰宅後、録画してあったサンジャポを見てから力尽きて就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月17日(月)戦い済んで深まる謎

 泣いても笑っても今日が最終日、最後の力を振り絞ってがんばるだけだ。今日も弟子達のご配慮があって朝はゆっくりめの出動だったので、多少は元気。なんだかんだいって、ゴールが見えてくると元気になるものだ。目先の目標もあったので、なんとか頑張れたと思う。

 しかも、思いもよらないゲストのお客様まで登場して感激。とにかくこのシリーズは、入れ替わり立ち代りゲストの参戦が多かった。まあ、こういう東京以外の場所でゲストの訪問を受けるというのは非常にうれしい限りだ。

 お昼ごはんは、こういう体調の悪いときは避けたかったのだけれど、弟子たっての希望で再度
「天ぷら ひらおさん」
へ参戦。大食漢の弟子1号はいたく喜んでくれたようでなにより、なんでも初日にひらおを訪れた際は、小生の目撃情報が福岡地方で出回ったらしいけれど、今日は大丈夫のようだ。まあ以前はファミリーマートでもお声がけをいただいたし、やっぱり小生は東京より福岡の方が受け入れられているようだ。

 午後6時を持って無事全日程を終了、片付けを2時間ほどですませて打ち上げへ。打ち上げは、
「魚が食べたい」
というリクエストが多数あったので、再度
「せいもん払いさん」
へ参戦となった。さすがに祝日とあってスンナリと参戦を許される。いつものおば様たちを含めて大いに盛り上がる。弟子1号も初めて体験する、透き通ったイカ刺しなどに驚嘆の声を上げていた。まあ、このお店の数少ない欠点は、
「メニューに価格が表記されていない」
ということだろう。まあ、お魚なんかは許されるけれど、焼き鳥の値段くらい明示して欲しいとは思う。
20070917204509
(透き通るイカ)
20070917205540
(お刺身がたまらない!!)
20070917205719
(絶品!ごちゃまぜサラダ)

 食後のデザートに、キャナルシティ博多内ラーメンスタジアムさんへ参戦。散々迷った挙句、京風とかいう濃厚しょうゆ味のラーメンをいただいたけれど、正直これは。。。。。。。普通ならば、再度中洲へということになるのだけれど、いかんせん体調不良なので速やかにホテルへ戻る。
20070917221931
(濃厚なしょうゆ味に閉口)


 入浴後、一息ついていると、今日来たというお客様から
「おいしかった。また是非来てください」
というお礼のメールをいただいき、大いに感激する。

 感激した勢いで、りくおさんの日記を見ると、なんと久しぶりに更新されていた!どうやら、誕生日でスペシャルウイークだったらしい。
「今年の誕生日に學んだこと。
大事なことは、「愛するコト」「信じるコト」「思ひやるコト」「話し合ふコト」「氣持ち良いコト」。たくさん傳はりました。」

 と非常に思わせぶりな文章が書かれていた。しかしながら、
「いつ誰をどうやって愛するのか?」
「誰を信じるのか?」
「誰をどうやって、思いやるのか?」
「誰と、いつ何を話し合うのか?」
「気持ちよいこと??????」
とにかく、本質的な部分については全く明かされていない。

 「こんなんじゃ、悩んでしまってますます眠れないじゃないか!」
と大いに困ってしまう今日この頃なのであった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月16日(日)水面下

 諸般の事情により、朝は弟子たちに任せてホテルにて雑務をこなす。日曜の午前中といえば、勿論サンジャポなんだけれど、残念ながら福岡ではネットされていない。TBS唯一のまともな番組をネットしないのは本当に理解に苦しむけれど、RKBなりのつらい事情もあるようだ。ただ、サンジャポ見ないと日曜って感覚ないよねえ。。。

 お昼近くになっての出動。こういう時、ある程度任せられる弟子が出来たというのはうれしいものだ。三連休の中日ということで、まずまずの入り。しかし、この暑さと野球があるので、人出はどうしてもイマイチのようだ。なんとか頑張って、ようやく8時30分過ぎに終了。

 今日も直帰したいのだけれど、まあ弟子に食べさせないわけにいかないので
「もつ鍋 やまだ家さん」
に参戦することにする。ただ、お席が空いているのになかなか案内していただけない。どうやら、スタッフが圧倒的に足りないようだ。お客さんが帰っても、お片づけができないようなのだ。まあ、普段ならば他の店へ転進するところであるけれど、その元気もなく30分ほど待機した後、ようやくお席へ。

 やまだ家さんの売りは、当然
「シャブ味」
薄めのお出しで煮たもつを、あっさりとポン酢でいただく。これは、よっぽどもつの鮮度がよくないと出来ない芸当だ。越後屋さんは、もつに仕事を施してあるけれど、こちらはピュアな状態のもつが登場する。全く違う両店だけれど、こちらも美味しい。
20070916215652
(まずはシャブ味でいただく)


 シャブ味でもつをピュアに楽しんだ後は、辛口のもつ鍋をいただく。勿論、これもおいしいけれど、やっぱり
「やまだ家さんで、食べるならばシャブ味がベストだろう」
ただ、やっぱりシャブ味だけだど物足りないことも、また事実ではある。締めは勿論チャンポン麺。。。。。。
20070916221759
(つついで辛口)


 就寝前に、ちょっと気になるコラムを発見。コンサドーレ札幌の担当の方のよう。ようは、コンサドーレサポーターの中には、日本ハムアレルギーがあるけれど、そんなのやめてもっと仲良くしようや。ということのようだ。

 一方、コンサドーレのサポーターの方のブログでは、
「あの野球チームが札幌に移転が決まったとき、「同じ札幌を本拠地とするクラブ同士、さまざまな面で協力していきましょう」とHFC側からの提案に対し、日ハム球団の態度がどうであったか、スポーツ専門紙の記者ともあろうものが知らないというのは罪です。

コンサドーレの成功は札幌に野球がないからであって、日ハムが移転してくる以上、札幌にはもうサッカーは要らないでしょう?
 という態度だったのですから。
 協力ではなく、同じ札幌を本拠地とするクラブなら商売敵であるとの日ハムの態度。
 日ハム球団の傲慢な態度を僕は生涯かけても絶対に許せそうにありません。
 それが狭量だというのであれば、あるいはそうかも知れません。
 しかし、僕にとって一番大切なものを否定されたのに、こちらから再度握手を求める理由は何もありません。

 僕自身は日ハムを歓迎し応援しようと思っていたのですが、この話をある関係者から聞いた時からそれは無理な相談となりました。」

 なるほどねえ、やっぱり色々とあるのね。。。

 札幌のホテルでは、以前はコンサドーレのファンクラブのパンフレットがあったのに、ファイターズに切り替わった例も多いとのこと。まあ、所詮奇麗事いったって、
「野球とサッカーの共存というは不可能」
ということなのだろう。ファイターズの成功ばかり語られるけれど、水面下では色々とあるということなのだろう。
 
 ただし、決して小生は日本ハムさんを否定しているわけではない。少ないパイの奪い合いには仁義なんてなくていいし、そもそもセレッソ大阪も日本ハムさんが親会社だしね。
20070916223851
(締めは勿論チャンポン)


 水面下といえば、りくおさんの日記も依然として更新されない。
「ただ、恐らく水面下で色々とあるのだろう。」
ということは想像できるけどねえ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月15日(土)安倍心臓、腎臓、肝臓

 今朝も最悪の目覚め、というかあんまり寝たという感覚がしない。それでも朝はやってくるのだから、つらいものだ。そもそもこのお部屋は、入った瞬間からいい感じがしない。使っている消臭剤が安っぽいのか、臭いが凄く不快なので、しかもベッドは広いけれど、シーツにもぐりこむタイプなんだよね。これが凄い苦手なの。。。。

 色々考えると、ドーミーインというのは究極のビジネスホテルだとつくづく思う。気を取り直して、今日は土曜日。三連休の初日ということで、気合を入れなおすしかない。と思ったのだけれど、ホント土曜日なんだけれど、この暑さのせいなのか?思ったより人出が少なく苦戦が続く。本当に、永くつらい一日がようやく終わったのは9時30分近くなってから。とにかく、暑くて暑くてねえ。。。。。。

 正直、今日も直帰したかったのだけれど、弟子2号たっての希望があり
「鉄なべさん」
へ再び参戦。3人で焼き餃子12人前というのは、いくらんでもやりすぎでは?と思ったりもする。。。。。
20070911203114
(今シリーズ2回目の鉄なべ参戦)

 
 とりあえず急いでホテルへ帰って塩素風呂に入ると、お肌がカサカサになってかゆくなるし、もう最悪。。。。しかもどうでもいいメールとか一杯くるし、もうホント勘弁して欲しいよね。お部屋の空調はイマドキ珍しく温度調節できないしねえ、ちょっとイライラして本を読む気も起きず、とにかく不快なベッドにもぐりこんで目を閉じるしかない。

 しかも冷静に考えると、無料航空券のキャンセル待ち期間も本日で終了、J・A共に遺憾な結果になったようである。ちょっといまさら、どうこうジタバタする気も起きず残念ながら今回の海外遠征は中止ということになったようだ。まあ、もはやどうでもいいけどね。。。。

 とことで、新聞の首相の動向は当然のごとく
「慶応病院に入院中」
と書かれている。しかしだよ、
「こんなに空白作っておいて首相代理を立てないという理由は何なのだろうか?」
 
 戦争が起きる可能性はないとしても、地震とか災害は起きる可能性は大いにあるし、
「国会って開かなくてもいいのだろうか?」
開かなくても一日1億とかかかるっていうじゃないですか、安部君に是非自腹で払ってもらいたいものだ。そして、自民党の総裁選とやらも、どうせ福田で決まりなんだから、もうすぐにでも決めて国会を再開して欲しいと思う。時間とお金の無駄使いとしかいいようがない。

 しかし、現実問題として安倍君はどこが悪いのだろか?かつて真紀子氏が
「安倍、心臓だか腎臓だか肝臓だか知らないけれど・・・」
と言って大いに受けた記憶があるけれど、真紀子さんでも分からないなら仕方ないけれど、まあそのうちのどれかなのだろうか?まあ、真紀子節とやらも、ここまではよかったのだけれど
「小渕さんは、お陀仏さんになっちゃった・・」
というのは個人的には相当受けたけれど、怒りたくなる気持ちもよーく分かると思った。そんなどうでもいいことを思い出しても気が晴れない今日この頃なのであった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月14日(金)体調悪し

 大変遺憾ながら昨晩も熟睡できず、それどころか1時間おきに目覚めてしまう。はっきりいって、もともと相性がよい
「部屋=ベッド」
ではなかったけれど、今回は完全に破綻してしまったようだ。

 最悪の体調で戦いに参戦しても、よい結果が出ることはまずない。確かに、この暑さではなかなかお買い物に出かけようという方も少ないだろうし、つらい戦いが続く。まあ、こういうときこそ責任者のあり方が問われるのだろうけれど、正直この体調と一連の精神状態ではどうにもならず、とにかくごまかしごまかしやるだけだ。

 やっとのことで、業務も終了して、ホント今日は直帰したかったのだけれど、明日の朝帰京する弟子2号と、今日から参戦してきた弟子1号と皆さん揃って食事する唯一の夜なので
「もつ鍋 越後屋さん」
へ参戦する。越後屋さんは、ご存知小生が
「もつ鍋日本一」
に今のところ認定しているお店である。予約困難なため、今回も2週間前にご予約しておいたのだ。9時過ぎに入場したのだけれど、ギンギンに店内が冷やしてあるのが大変うれしい。
 
 しかも、ビールの冷え方もハンパじゃない。こういう姿勢ひとつとっても、うれしい限りである。とりあえず。4人なんだけれど、
「もつ鍋7人前」
が登場。ここでは余計なおつまみを注文せず、もつ鍋一本やりだ!しかし、7人前がひとつのなべで登場するとたいした迫力ではある。
20070914213420
(なんと7人前の大鍋)


 とはいえ、とにかくハフハフいいながら、一心不乱にお鍋をいただく。
「もう、たまらなく美味しい!」
いかにも、いい仕事をしているもつと、コクがたっぷりのスープが最高だ。あっという間に7人前をペロリと平らげる。
20070914214411
(ハフハフいただく)

 
 仕上げは、勿論
「ちゃんぽん麺」
と決まっている。うどんでなく、このちゃんぽんは本当に鍋にピッタリだ。最近東京で、うどんではなくチャンポン麺を置く店が増えてきているけれど、これは正解だ。
20070914220109
(ちゃんぽん麺がなんともまた。。。)


 そして、そしてデザートに
「雑炊」
をいただけば、全日程終了!もう大満足のひと時なのでした。。。。。
20070914221429
(デザートは勿論雑炊だ!)


 もつ鍋といえば、大橋にある、
「やま中」
なる店も聞こえが高い、なんとか早期に参戦せねばらならいだろう。

 幸せ、幸せなんだけれど、きっと今日も眠れないんだろうなあ。。。。。。ちょっとノイローゼにでもなりそうな博多の夜ではある。。。。

 だけど、今の自民党で総理総裁を決める力があるのは、なんだかんだいっても森喜朗君と小泉純一郎君の2人だけということなのだろう。森君としては、
「福田ー安倍の順番を狂わされたから、こんなことになったんだ」
と心から思っているのだろうし、あながちそれも間違っていない。その流れを崩すのは
「常に小泉氏が自ら出馬する」
しかないところが凄い。今回、突然の飯島秘書の辞任が発表されたけれど、これはきっと飯島は小泉再登場を真剣に描いていたのに、小泉が乗らなかったことに起因するのだと思う。

 となると、今後も再登板はなさそうだから、福田が短期、選挙管理内閣になるとすると
「次の次は町村氏?」
ということになるのが、森構想であり、普通に考えればそうなるだろう。いかんせん、ちょっと他に自民党内に思い当たる候補者がいないところが末期的症状ではある。まあ、そのあたりが自民党最後の総理大臣になりそうな気配する、なんて思う今日この頃ではある。。。。。まあ、小生も心身共に末期的症状ではある。

 それに比べて、りくおさん
「今週がスペシャルウイーク」
であるらしい。早急な日記の更新が望まれるところではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日(木)麻生から福田へ

 当たり前のように、昨晩も眠れず。正直言って、これはかなりつらい。しかも、日中は予想外の勢いのなさで、これまた困り果てた。というか、
「これは、やってしまった・・・」
という敗戦を覚悟した一日でもある。

 疲れ倍増どころか、3倍といった感がある。疲労困憊で、そのままホテルへ戻りたかったのだけれど、昨日とは別のゲストが東京から参戦してきたので、今夜も一献。お店は
「あらんどろん」
を選択。はっきりいって、このお店にあまりいい思い出はない。昔、参戦したときはイカ刺しに感動したけれど、最近はいついってもイカが売り切れなのだ、そしてなにより許せないのが
「カード支払い5%UP」
という言語道断の政策をひいていることだ。こういう店たまにあるけれど、ちょっと許せない。和田金さんのように平均単価3万くらいもしそうな店なのにカード不可というのも論外だけれど、カード加算も論外。

 お店はともかく、諸般の事情により場は異常に盛り上がり場所を移して2時過ぎまで大いに盛り上がった。それはいいのだけれど、小生を待っていたのは
「ユニットバス」
これ、相当つらいよねえ。。。。とにかくどうやって体を洗っていいのか分からない。立ったまま足とか洗うのも大変だし、絶対汚れ落ちないよね。体洗ったあとお湯貯めるのも、どういう姿勢をしたらよいか分からないしねえ。。。。。
「浴槽の大きさを半分にしてもいいから、洗い場を作って欲しい」
と思うのは小生だけだろうか?

 しかし、朝出動する前は
「麻生氏で決まり」
と思っていたのが、深夜帰宅すると
「福田氏が圧倒的に有利」
という流れになっている情勢を理解するには、相当な時間がかかる。こんな大事な政局で流れに乗れないのは本当につらいものだ。何のために、日本人やっているんだかわかったもんじゃない。

 とりあえずネットで出来る限りの情報を収集してから、就寝。。。。しかも、何故かパソコンから送ったメールが全て未達ということが判明、ホテルのLANってたまにこういうことがあるんだけれど、八百治さんでは今までなかったので、大変遺憾。。。。。3時過ぎに寝たけれど、いかにも眠れそうにない。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月12日(水)鴨なんばとドォーモ

 いよいよ今日から
「秋の陣IN福岡」
が開幕、ということで気合を入れて起きる。というよりも、前夜なんとか寝よう寝ようと頑張ったのだけれど、全く熟睡できず。それこそ、1時間に1回は起きてしまった感じがする。こういう長丁場の出張の際は、初日の夜に眠れないと最後まで眠れないという最悪の流れになることがままある。
「結局、八百治ホテルは自分にあってないんじゃないか?」
と思ってしまうのだ、でもホント1週間ユニットバスもとても考えられないし、これは永遠のテーマになりそうだ。

 真夏を思わせる暑さの中、戦いは始まった。まあ、初日の感触としては
「なんとかなるんじゃないかしらん?」
といったところで一息つく。お昼は、外へ出る時間はないので
八起庵さんで、鴨なんば
をいただくことにする。なぜかわからないけれど、鴨南蛮でなく、鴨なんばなのである。

 てっきりそばかと思っていたら、稲庭うどんのような麺。そして、山椒が効いたス-プと
「これでもか!」
とばかりにたっぷりと乗ったネギ、そして勿論鴨肉もふんだんに。。。。。
20070912151934
(鴨とネギで麺が見えず!)


 「さすがに美味しい」
まあ、はっきりいって麺は普通なんだけれど、鴨は噛めば噛むほど味が出るし、たっぷりのネギがまた美味。そしてなにより、ダシの効いたスープが本当に美味しい。思わず飲み干してしまった。京都の本店ではコース料理の最後に出るらしいので、是非とも京都の本店へ行ってみたいと心から思う。
20070912152128
(うどんに意表をつかれる)


 本日は、東京からゲストが参戦してきたので
「せいもん払いさん」
にて福岡のお魚、お肉などなどをたっぷりといただく。皆さん初参戦なので、えらく喜んでいただけた。イカ、お刺身、佐賀牛などなど。。。。。
20070912213314
(まずはイカ!)
20070912214506
(そして刺盛り!)


 まあ、はっきりいって小生はこれで撤退したかったのだけれど、お付き合いで
「一蘭のラーメン」
で締めた。どうでもいいけれど一蘭の780円というのは、かなり高いといわざるを得ない。ラーメン580円、演出料200円といったところだろうか?
20070912223857
(前から四角かったっけ?)


 ところで、なにもこんな一日、パソコンもテレビも見れない日に
「安倍総理辞任」
しなくてもいいのにねえ。。。。完全に乗り遅れてしまった。ありきたりだけれど
「なんでこの時期に???」
と思うよね。まあ、普通に考えれば麻生太郎君が有力ということで間違いないだろう。ところで、是非とも前回選挙まで持ち込めなった河野太郎君には今回こそがむばって欲しいものだ。だけど、麻生銘柄として、漫画関係の株が買われたとのことだけれど、麻生君が総理になると漫画が売れるのか?イマイチ分からないなあ。。。。。

 福岡の夜というと
「ドォーモ」
を見てしまう。深夜の12時過ぎに放送するKBC発の九州6局のブロックネットの情報番組だ。この番組最近は知らないけれど、福岡では支持が高いとのことなんだけれど、どうしても面白いと思えないんだけれどねえ。。。今日は急遽安倍総理辞任の特集に差し替えたようで、結構ビックリ。

 どうでもいいけれど、
「今日は熟睡」
でも、無理なんだろうなあ。。。と思いつつ一応早々にベッドには入る。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月11日(火)天ぷらと餃子

 今日は出社せず、直接羽田へ向かう予定。11時に到着すればよいので、朝はユックリできるはずなんだけれど、こんな朝に限って携帯及びメールで徹底的に追われるはめになる。まあ、そんなものといえばそんなものなのだろう。なんやかんやで、結局ギリギリの時間に羽田に到着。

 弟子2人と合流して、ANA福岡行きへ乗り込む。特割7で16800円はかなりお得だ。3人がけの通路を確保、窓側に弟子1号を配置したので、見事に真ん中はいらっしゃらず実に快適。一応、ゆずだか、かぼすだかと梨のジュースはいただいたけれど、終始ウツラウツラ状態で、あっという間に着陸。

 速やかに天神へ移動、とりあえずお昼ごはんということで、
「漁村でお寿司でも」
と思ったら、なんとお店が移転してしまったとのこと。ちょっと遠くなってしまったので断念。次善の策を即決
「天ぷら ひらお」
さんへと向かう。お昼時はいつも一杯だけれど、さすがに2時ともなるとすんなりと入場を許される。弟子たちはお好み定食、小生はえび天定食を注文。
20070911142257
(お漬物と塩辛食べ放題がうれしい!)

 
 決して小さくないエビ天が4本、野菜が3点、すべて揚げたての熱々。これにご飯に味噌汁、そしてなんと、
「イカの塩辛と3種類の漬物が食べ放題!」
これで、830円なんだから相当にお得といえる。極論いえば、塩辛とお漬物だけでも十分ご飯1膳はいただける。こういう店でいつも思うのだが
「よくこの内容をこの値段で出せるよなあ~」
と心から思う。東京、特に日本橋周辺って、こういうお店って皆無だよねえ。。。。。

 3時前から8時までビッシリと明日の準備、その間にも携帯とメールが頻繁だから結構大変と言えば大変。しかしながら、全国から集まったお仲間と再会のご挨拶を交わすだけでもうれしい限りだ。

 小生は8時になっても、まだお腹がすかないのだけれど、弟子2人はペコペコだという。やっぱり、基礎代謝が違うのか?小生だけ働きが鈍いのか?まあ、その両方なのだろう。しかしながら、弟子1号たっての希望ということで
「鉄なべ」
さんにて盛大に餃子をいただいてしまう。弟子1号、2号共々大感激のご様子。まあ、ここで2人の若者に負けず劣らず盛大に食べてしまうから現在の小生の体型があることは間違いない。
20070911203114
(いつものやつ)


 言うまでもなく福岡の定宿は八百治博多ホテル、速やかに入浴するが、すっかりお肌が塩素でやられてしまう。ユニットバスだけではとても長期滞在には耐えられないし、塩素入りの温泉によるダメージも相当なものだ。結構というか相当悩んでしまう。
20070911203739
(これも、いつものやつ)


 しかし、相撲協会も末期的症状をみせてきたよね。
「杉山邦博さんの取材証をとりあげた」
というのは、あまりにも衝撃的だ。その理由がすごいよね
「協会を批判した」
ちょっとビックラコイテしまった。。。。是非とも横綱審議委員会のメムバーの方々がこういうときにどういう対応をするのか大変楽しみじゃないですか、読売の方とか元NHKの方とか作家の方とかいらっしゃるからねえ。。。。

 葛西敬之著
「国鉄改革の真実」
読了、なかなか面白くて一気に読みきってしまった。この方、国鉄のキャリアで分割民営化に尽力し、分割後は東海に所属、後にJR東海の社長さんになッたお方。国鉄末期の政治との絡みや、組合問題などがよく分かった。しかしながら、氏は資産分割などにかんしても
「徹底的にJR東日本が優遇されている」
ということを徹底的に糾弾しているまあ確かに、どうせ民営化は成功しないんだから、東日本を看板会社として、せめて東日本だけでも成功させたい。という当時の思惑があったことは想像に難くない。
 
 あと、東海は借金を増やしてでも長期的な視野に立って投資した結果、こんなに大成功しました。それに対して西日本は経営者が馬鹿だからリストラをして、投資をせずに上場を急いだ。と暗に車両や設備の老朽化などについても論じ、間接的にだけれど例の事故の原因ともとれることまで論じている。まあ、いかんせん勝ち組だから何でも言えるよねえ。。。

 だけど個人的には
「最後まで食堂車に固執し、ひかりレールスターなどを導入、新快速などでも頑張っている西も応援したいけどね」
まあ、なかなか面白い本でした。

 ちょっと一杯仕事を持参してしまったので、早々には就寝できず。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月10日(月)巨人軍は永久に不潔です

 珍しく朝、とくダネを見ていたら、小倉氏が昨日行われた北海道マラソンに出場した
のり子大好き
というゼッケンをつけている平沢さんというランナーのことを語っていた。実は小生も昔からかなり注目していたのだけれど、昨日は優勝した加納さんという女性のランナーのそばで、盛大にテレビに映っていたらしい。 
 小倉氏は
「ディレクターから、彼については絶対に触れないでください」
と言われていたらしく、陸連からもかなり嫌われているようだけれど、
「まあいいじゃない、それくらいは。。。。」
って感じがするけどなあ。。。。しかも、氏のHPを見るといつも2時間20分~30分の間で走っている、とんでもない力量の持ち主なんだから、それくらい許してあげてほしいとは思う。

 まあしかし、男子のセミプロと女子のトップクラスが一緒に走れるというのが、マラソンのすごい面白いところではある。全く実力ないのに、最初の1キロくらい全力で走ってリタイヤしちゃう輩と違って、40キロくらいまで併走するんだから、たいしたものだと思うけどねえ。。。

 全く脈絡がないのだけれど、昔広島市民球場で、バックネットによじ登って
「巨人軍は永久に不潔です」
という垂れ幕を掲げたおじさんはその後どうなったのだろうか?突然思い出した。

 これも脈絡がないのだけれど、一応スポーツネタで。ANAの中国線キャンペーンかなんかの商品で、中国ツアーというのがあって、その中身が
「たとえば福原愛選手トークショーに参加できる」
と表示してあった。
「たとえば」
っていう表記もすごいけれど、
「そもそも福原愛選手のトークショーってどんなことを話すのだろうか?」
というか、普通にしゃべれるのか?そっちのほうが心配だし、あまり皆さん聞きたいと思わないけどなあ。。。
 
 大昔なんだけれど、JASで札幌から帰る便の一番最後にジャージ姿で乗ってきたのを目撃した記憶がある。当時は中学生だかだったのだろうけれど、なんだかんだいっても日本の卓球の第一人者になったのだからたいしたものではある。ミキハウスに所属していたときに、吉本興業が狙っているといった説もあったけれど、中国に力を入れているANAが獲得したのは記憶に新しい。

 週末の巨人×阪神三連戦
9/07(金) 10.5% 日本テレビ
9/08(土) 12.8% NHK 19:30-21:00
       *7.1% NHK 18:10-18:45
9/09(日) *9.6% 日本テレビ
という視聴率をどうとればいいのか?まあ、先週のヤクルト戦だか横浜戦だかは6%強だから多少は上乗せがあったということ。ただ、いくら巨人と阪神が天王山でこれ以上ない好試合をやっても、こんな数字なんだから
「もうテレビで野球中継は不要ということなのだろう」
 そもそもクライマックスシリーズだって、中継があるのだろうか?相当疑問だよね、なんだかんだいったって、セカンドステージが中日×阪神戦になったら中継局は青ざめるだろう。

 東関道を東に進んでマリンへ参戦。先週の日曜から6連続の参戦となった。今日からの1週間はパリーグ天王山の第一幕となる。
「きっと、昨日までの巨人×阪神みたいに壮絶な試合になるんだろうなあ。。。」
と思い足早にマリンへ急ぐ。
 
 気合入れて見に行ったんだけれどねえ。。。一人の先発ピッチャーがブチ壊したよねえ。。。5点取られた直後に大粒の雨が降ってきたので、ノーゲームまで考えた。なんか、締まらん試合になってしまった、結局今年ダメな選手は最後まで徹底的にダメであり、今年活躍した選手は最後まで徹底して活躍するのである。

 前者は清水であり、福浦である。後者は稲葉であり早川である。
「マリーンズで唯一光っていたのは早川」
攻守で執念を感じられた。中断明けの際も5点取られた後に、真っ先にベンチからセンターへ全力疾走で守備位置へついていた。その直後にファインプレーが出たからねえ、ようは姿勢の問題なんだろう。
20070910185829
(今日も雨で中断)


 惜しかったのはズレータのホームラン性の当たりが、ものすごい逆風に押し戻された打球。あれが入っていれば4点差だったけれど、まああの風がマリンの売りであり、自然や天候も野球のうちである。まあ、なにはともあれ明日からはさらに負けられない試合が続く。

 ところで、ようやく待望のりくおさんの日記が更新された。
「なんと、結婚式の二次会へ出席して楽しかったらしい
ただ、いつもながら謎がいくつかある。
「一体、誰の二次会で、りくおさんとはどんな関係なのか?」
「主役抜きで三次会、四次会と盛り上がったらしいけれど、一体誰と盛り上がったのか?」
そのあたりの肝心なことが全く分からない、ちょっと考えこんでしまって、眠れそうにない今日この頃ではある。。。

 また、りくおさんは同時に
自分は親であり、子供でもある
という風に、子育て論で文章を締める傾向が最近多い。たしかに、おっしゃるとおりである。全くもってうらやましい限りだ、遺憾ながら小生の場合
「まだまだ子供である」
としか書けないのが、あまりにも寂しい今日この頃なのでもある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月9日(日)山崎でらうまカレー

 こんなに熟睡できたのはいつ以来だろうか?7時過ぎに一度目が覚めたものの、10時30分までじっくりと眠ることができた。やっぱり、
真の名湯の効果ということなのだろうか?」
しかしながら、喜んでばかりはいられない。世界陸上のため2回も飛ばされていた
「サンジャポを途中まで見逃してしまったのだ」
しかも、なんと
「ゲストは中尾. 彬」
これは悔しいとしかいいようがない。ハゲタカでも最も好きな役者は、銀行の副頭取を演じた中尾. 彬だったし、なんと突然、朝ドラのどんど晴れにも、いかにも胡散臭い役柄で登場してきて興奮しているのだ。チェックアウトの準備もあってユックリ見れなかったけれど、家に帰ってビデオで確認しよう。

 12時過ぎにはフルキャストスタジアム前に到着。球場前のデイリーヤマザキに立ち寄ったのだけれど、とんでもない混雑だった。レジは3台あったのだけれど、オーナーと思わしき初老の男性がフォーク並びを見事にしきって、トラブルもなく販売していた。
「なかなか見事な采配」
と大いに感心した。余談だけれど、このコンビニいつからあるか知らないけれど、楽天が来るまえからあったとしたら、それこそ
「宝くじに当たった」
ようなものだよねえ。。。。
20070909121550
(なんとかのお父さんがお出迎え)


 しかし、その5分後に並んだチケット売り場は
「フォーク並びどころではない」
いまどき公共施設で、こういうダメな列の並ばせ方も見たことないけどね。
20070909121623
(この子もお出迎え)


 とりあえず、お昼ごはんということで
「山崎でらうまカレー」
をいただく。1000円で、カツと大きなエビフライがついたいる。まあ、それはいいのだけれどカツには山崎の刻印があり、エビフライには金粉がまぶしてあった。しかし、どう考えても体に悪い取り合わせだよねえ。。。。当たり前だけれど、思いっきり胃にもたれた。
20070909123500
(巨大えびフライ入り)
20070909123557
(焼印と金粉が意味不明だ)


 試合の方は、昨日とうって変わって厳しい展開。ようやく一時逆転したものの、再逆転を食らっての敗戦。ファイターズとホークスが負けているだけに、どうしても勝っておきたかったけれど、まあ仕方がないといえば仕方がない。渡辺6回の福浦との連携ミスと、自らのバント処理ミス。これが結局響いてしまったようだ。

 とはいえ、試合としては接戦で、昨日よりははるかに見ていて面白かった。大差で勝つよりも、いい試合して僅差で負ける方が試合としても満足度は遥かに高い。
20070909125641
(着ぐるみが一杯)


 しかし
「深刻なのは福浦」
昨日は2安打、今日も内野安打1本打ったけれど、チャンスでカラキシだめだし、守備でもいいところなかった。ちょっと厳しいよね、打てそうな気配が全くないところが凄い。こんな福浦見るのは初めてだ。ズレータが復活したのはすごくプラス材料だけれど、あとは福浦次第だよね。
20070909144916
(今日も、なかなかの入り)


 なんだかよく分からないけれど、着ぐるみもたくさんいたし、非常に楽しい仙台遠征ではあった。猛暑の中駅まで歩いて、ご飯を軽く食べてから、19時26分のはやて・こまちに乗ろうと思ったら、考えが甘かった。なんと上りは、4本先まで満席。

 覚悟を決めて、ホームへ上がったら、グリーン車周辺は黒い軍団に占拠されている。しかも、妙にガタイのいい方ばかり。その中央にはスキンヘッドの福浦が・・・・・・まあ、せっかくなので立ちを覚悟で同じはやて号に乗車。
 一応立ちだったのだけれど、福島通過あたりで空席に勝手に座ったことは言うまでもない。東京駅では、福浦たちが京葉線ホームへ向かったのを見逃すことはなかった。まあ、いい遠征ではあった。。。。。
20070909192118
(福浦の復調を祈るだけだ)


 昨日、共産党の大会かなんかで、志位委員長が
「全ての選挙区に候補を立てる戦術を転換する」
と表明。いくら赤旗の売り上げでお金があるといっても、いくらなんでも供託金没収などもあって厳しくなってきたということなのだろう。是非、これを機に社民党も比例のみの戦いにシフトしていただきたい。
「どう考えても民主党には朗報だよね」
共産党も現実的な対応になってきたようで、素晴らしいの一言。

 安倍氏曰く
「燃料補給が継続できなければ辞任する」
と表明したとのこと。やめるのはいいけれど、ここで総辞職されると総選挙がまた遠のいちゃうじゃないですか
「是非とも、我々に民意を問うべき」
と思うし、その責任があると思うけどね。

 帰宅したら、なんとまた巨人×阪神戦が異常に白熱している。
「この3連戦共にすごい試合内容」
明日、発表される視聴率が楽しみではある。
「久しぶりに2桁いくのかしらん?」
なんてことを考えつつ、熱中症気味なので冷たいシャワーを浴びてから早々に就寝。りくおさんの昨日分の日記を早く読みたいなあ。。と心から思う今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月8日(土)真の名湯は多くを語らず

 お休みの土曜日、7時30分に起床、速やかに東京駅へ。こまち・はやて9号は指定席は全てご予約済みのようだ。珍しく小生も昨晩のうちにお座席の指定を受けている。土日切符利用なので、前日までに購入する必要があるのだ。こういういかにも混みそうな場合は、常に
「2-3列の3列側の通路側C席を指定する」
3にんがけの真ん中B席は最後の最後に売るので、両隣が空いている可能性が最も高いのだ。しかし今日のように満席の場合は仕方がない。
 
 大宮で隣に男性が乗ってきたのだけれど、自分の席を確認した時のせつなそうな顔が印象的だった。まあ、言いたいというか心の中で言っていることは小生も痛いほど分かるので、通路側の方になるべく体を寄せるよう心がけた。しかしながら、目が覚めたら、あと10分で仙台というお時間だったので、どこまで効果があったかは定かではない。

 仙台で1仙山線に乗り換えて作並へ向かう。1時間1本(途中駅までは2本)の単線のくせに、電車は4両編成。座席はちょうど埋まり、若干の立ち客もいる。そこそこの需要はあるようだ、しかしながら地元の方に伺うと仙台ー山形間は100%バスとのこと。
20070908104631
(仙台ー作並間は日本初の交流電化区間だ)


 快速山形行きは途中で行き違い待ちもあったけれど、軽快にとばしておよそ30分強で無事作並駅に到着。驚いたことに、ここは無人駅だった。厳密にいうと民間委託かなんかで、おばさんが切符を売っているのだけれど、下車の際に切符を渡すことはない。ちなみにスイカ対応の自動改札もないので、下車の際おばさんに降車証明をもらうことになる。
20070818135518
(無人駅とは予想外)


 お迎えのマイクロバスに乗って、およそ5分
岩松旅館
に到着。お泊りでなく、お日帰りで源泉かけ流しの露天風呂を満喫しようというのだ。1500円御支払いして、川沿いにある露天風呂へと向かう。
20070818132536
(岩松旅館さんへ参戦)


 長い木の階段をおりきったところに脱衣所が2つ並んでいる、そうなんですよ
「ひさしぶりの混浴なんですよ!」
脱衣所には
「異性を好奇の目で見るような輩は退場を宣告します」
という警告ポスターが貼ってあった。
20070818121637
(木造の階段を下りてゆくと)


 早速、お風呂に入場すると
「いきなり、夫婦連れがいらっしゃった」
ちょっとあせったけれど、好奇の目で見るわけにもいかないので、なるべく遠くの岩風呂へ入場。
20070908122054
(異性を好奇の目で見てはいけません)


 渓流沿いの源泉かけ流しの露天風呂は
「本当に素晴らしいとしかいいようがない」
最高の温泉に漬かりながら、昨日の台風の影響で水はにごっているとはいえ川と緑を見る。こんな贅沢はちょっとないねえ。。。。出たり入ったりをおよそ40分、すっかり癒されてしまった。ちなみに最も川沿いにある岩風呂は、台風の影響で川の水が混じってしまったようで閉鎖されていた。御風呂には、いかにも慣れている方が多くいらっしゃって、出たり入ったりユックリと名湯を楽しんでいらっしゃった。
20070908114222_2

(昨日の台風の影響で濁流が)


 湯冷ましに川に飛び込みたいような衝動にかられてしまうくらい、川と露天風呂が一体となって素晴らしい感じだ。作並駅にあった岩松旅館の看板に
「真の名湯は多くを語らない」
とあった。まったくもって、素晴らしいとしかいいようがない。
20070908123840
(オリオンズ観光って言われてもねえ)


 まあ、ある意味自ら十分語っているような気もしないでもないけれど、岩松旅館さんが語らないならば
「小生や温泉教授が代弁するしかないだろう」
ここの温泉も勿論、温泉教授が絶賛している、ここを紹介してくれた松田先生にも心からお礼を言いたい。だけど、仙台からわずか30分で、こんな素晴らしい温泉に入れるんだからうらやましい限りだ。
「仙台、作並に名湯 岩松旅館あり!」
すっかり、幸せな気分になった。
20070908125317
(代わって小生が多くを語ろう)


 とんぼ帰りで、仙台経由フルスタ宮城へ参戦。たしか、フルキャストは一連の騒動でネーミングライツを辞退したとのことなので、この名称もあとわずかだろう。土曜ののデーゲームということで、結構な入りだ。このフルスタは基本的に横移動が可能なので、内野Bを購入してカニさん歩きだ。ただ、なかなかお席を探すのが大変だった。
20070908171646
(すごくいい感じのスタジアム)


 実は、小生この球場かなりお気に入りなのだ。まずはファールゾーンが狭いからプレーがよく見えるし、椅子もトイレも綺麗になったので凄く快適。そして、なにより鳴り物の応援が最低限なのがよい、欲を言えば叩くプラスチックのやつも止めて欲しいものだ。
「小生、基本的に楽天=三木谷氏は好きではない。」
(仕事ではお世話というか、儲けさせてもらっているけどね)、ただTBS問題については大いに応援しているし、この球場の運営についても評価している。千葉マリンもそうだけれど、やっぱりチームが指定管理者となって球場を運営すると、全然見違えるよね。
20070908143401
(結構な入りでうれしい限りだ)


 試合のほうは、珍しくマリーンズが打ちまくって19安打、10点。やっぱり、打線にズレータが入ったのがおおきいよね、厚みがグッと増した。投げては久保が見事完投勝利、はっきり言ってど真ん中のボールが多数あったけれど、打ち損じも多数だ。まあ、しかしロッテにとっては申し分ない試合だった。

 ホークスも勝って、ファイターズ敗れて3チームが2ゲーム差に最接近。いよいよ面白くなってきた、しかし明らかにマリーンも上昇気流にあるよね。まあ、どうでもいいのだけれどヒルマン監督今年限りで退団とのこと。それはいいのだけれど、
「なぜ今日発表なのか?」
どうしても分からない、幸雄さんに関してはまあ許す。ただ、誰も来年も現役だとは思っていなかっただろうからね。勿論、明日からは一部のファンが残留要請のボードとか掲げるのだろうけれど、そういうためなのかしらん?

 余談だけれど、桑田の現役続行もよく分からないなあ。。。一番心配なのは、マリーンズ黒木。球団としても対処に困ると思う。いまだに圧倒的な人気を誇っているしねえ。。。。。
20070908171137
(昔、あのマンションに住みたいと思わなかった?)


 仙台駅
「北辰寿司さん」
にていつもの、ちらしをいただく。いつもながら1600円でこのボリュウムはうれしい限りだ。今日しか時間がないので、駅前の床屋で散髪。
20070908182509
(これはお得だ!)


 お泊りはこれまた、いつもの
「ドーミーイン仙台駅前」
ゆっくりと、じっくりと温泉とサウナと水風呂で汗を流す。なんか、このホテルもマリーンズファンばっかりの模様。さすかに今日は、考え事を忘れる楽しく充実した一日だった。早々に就寝。。。。。。。

 今日のりくおさんの日記は、本当に本当に楽しみなんだけれど、きっと更新されないんだろうなあ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月7日(金)深夜にセコム

 昨晩は早めに就寝したのだけれど、とにかくちょっと記憶にないくらい強い雨と風の音が怖いくらいだった。とりあえず寝付いたところで
「セコムの警報音」
が盛大に鳴り響く。慌てて点検すると
「強風でトイレの窓が開いてしまったのだ」
慌てて閉めて再度就寝する。

 このときに全ての窓を点検しなかった小生は愚かだった。深夜3時過ぎに
「今度は、もう一箇所のトイレの窓が開いてしまったのだ」
深夜にサイレンが鳴り響くと、精神上とてもよくない。恐らく侵入者ではないとは思うけれど、暗闇の中窓を確認しに行くのは心細いものがある。

 今日も一日気が重かった。せめてお昼に美味しいものでも食べようと、ロイヤルパークホテルのランチバイキングを奮発したのだけれど、正直がっかりといったところ。依然として浮上のきっかけが見つからず。

 夕方、不本意な形で会社を去った方の訪問を受ける。かなり遺憾な形で会社を去ったのに、気にかけてくれて訪ねてきてくれるというのは、本当にうれしいことだ。新天地で頑張っているようだけれど、志があって年収が下がってまで来てくれたのに、中途半端な形で去ることになってしまったのは本当に残念。
その志と能力、知識を活かしきれなかった責任を痛感。。。。。

 アドベンチャーワールドの8頭のパンダのうち
「隆浜・秋浜の双子が中国に帰る」
とのことだ。まあ、年末に双子がまた生まれちゃったから仕方がないところではあろう。10月下旬にも中国へ旅立つとのことだから、なんとかお別れに行きたいものだ。

 どうでもいいんだけれど、NHK朝ドラの
「どんど晴れ」
前にも書いたけれど、後継社長と筆頭株主を別にする、ってありえないと酷評したんだけれど、今度もやってくれた。その筆頭株主さんが、
「なんと他人に株を譲渡しちゃうのよ」
あまりにもありえない展開に衝撃を受ける。百歩譲って大馬鹿者が株を勝手に譲渡しようとしたって
「非上場会社における株式の譲渡って、普通取締役会の議決が必要」
としておくのが普通でしょう。

 ドラマの脚本家が世間を知らないと一気につまらなくなるよね。勉強不足もいいところだ。勿論フィクションだからある程度のことは許されるけれど、ちょっと度が過ぎる。

 母親は
「NHKの朝ドラと大河ドラマがつまらないと人生つまらない」
とまで言っている。今年は大河も見る気しないからねえ。小生にとって、そこまで言える楽しみって何だろうか?
「野球・競馬・遠征・サンジャポ・政局・楽しい本との出合い・りくおさんのブログの更新」
ってところだろう。野球はともかく、京成杯もスケルツィが出ないし、サンジャポも世界陸上で2週もない、本もなかなか選べないし、りくおさんのブロクの更新もないし、諸般の事情で遠征の予定もままならない。
 こんな状態じゃ元気でるはずもない、残された選択肢は早々に就寝するだけだろう。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月6日(木)助六と手巻き寿司

 今日は一日台風ばかりに気が行ってしまう。まあ、来る以上は
「どの時間に直撃するか!」
ということに関心が集中するのだけれど、どうも翌朝のようだ。個人的には
「一番つまらないなあ~」
って感じになる。どうせなら真昼間に直撃して、盛大にやってほしいなあと思ってしまうんだよねえ。。

 夕方に外出したのだけれど、とにかく雨はさほどじゃないんだけれど、風がすごい。傘は飛ばされそうになるし、いくら雨脚は弱くても結構ビショ濡れになる。

 ちょっと色々と思うところあって、いつもは軽快なやり取りになる某大手コンビニのバイヤーとの打ち合わせも、なんだか空回り。
「元気ないけど、大丈夫ですか?」
と心配されてしまった。お昼に初めて入った店で食べたチャンポンも、イマイチだったし、ホントついてない。

 さすがに今日は早く帰宅、とはいっても晩御飯はないので、
「景気づけにメーヤウ」
と思って信濃町へ寄ったら、当然のように7時30分の時点でシャッターが降りていた。まあ、当然だよねえ。。。

 仕方がないので、晩御飯はセブンイレブンで
「助六と、カップヌードルカレー大」
小生子供の頃なら、太巻きと稲荷のセットである助六なんか絶対購入しないところだけれど、大人になったら
「たまには助六でも食べるか」
となるから不思議なものではある。特に関東人の小生にとっては
「巻き寿司は細巻きであり、太巻きではない」
ちなみに、手巻き寿司というのも邪道中の邪道だ。しかし、助六というのは当然歌舞伎からそのネーミングが来ているのだろうけど、幕の内弁当、助六寿司、歌舞伎揚げというように小生の知っているだけで3つも歌舞伎に起因している食べ物があるというのは、歌舞伎の偉大さを現しているということなのだろうか?

 しかし大阪寿司といえば、
八竹の茶巾寿司
これは、本当に上品なお味で大好きなんだけれど、そういえば何年も食べてないなあ。。

 平沼赳夫君が自民党に復党の見込みとのこと。ただ、平沼君は
「刺客をたてられて落選した前議員も一緒に復党させろ」
と迫っている。安倍君は
「それはだめだ」
みたいなことを言っているようだけれど、当選した議員は復党させるけれど、落選した議員は何故だめなのだろうか?理由を明確にしてほしい。まあ、色々あるけれど
小生すっかり
「平沼赳夫君のファンになってしまった」
やっぱり、いざというこきに、
「いかに筋を通せるのか?」
というのは政治家としては勿論のこと人間としてとても大事なことだと思う。

 ホッカイドウ競馬が、来年一杯で旭川から撤退、2010年に黒字化を達成しなければ競馬そのものを終了させると発表。旭川から撤退するのは全く問題ないのだけれど、だったら
「何故、今年で廃止しないのか?」
と考えるのが普通だろう。採算が非常に悪いから廃止するんだったら、即刻廃止するのが普通の人間のやることだと思う。役人のやることは、どうにも理解できないことが多すぎる。所詮自分の金じゃないから危機感というか切迫感がないのだろう。

 小生は、危機感というか切迫感一杯なんだけれどね。手巻き寿司嫌いといっても、いつかは一家で
「手巻き寿司パーティーでもやれる日が来ればいいけどなあ~」
と思う今日この頃ではある。。。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月5日(水)台風近づくマリンへ

 朝一で歯医者さんへ、前回歯磨きの指導を受けてから徹底していた甲斐があって
「全然前回と違いますよ、見違えて歯茎がしまってます」
とお褒めの言葉をいただいた。まあ、いくつになっても先生と名がつく方から褒められるのはうれしいものである。実際、出血がほどんどなくなったから、効果があったということなのだろう。
「歯と歯茎の間に毛先を入れる」
まあ、当たり前の話なんだけれど、今更ながらその効果を確認した。

 歯医者から帰宅したらS急便の不在通知があった、今日・明日と家には小生しかいない。そして、小生も当然のごとく速やかに出社するので、
「今すぐ持ってきてください」
と電話したら、
「15時以降でないとだめです」
とのお返事、ヤマトさんとかだとドライバーダイレクトですぐに持ってきてくれるのだけれど、これでは正直厳しいと言わざるを得ない。たまにこういうことがあると
「ヤマトさんの偉大さを再認識する」
たしかに若干高いけれど、やっぱり格が違う。そして仕事上お付き合いがかなりあるのだけれど、
「変な集配の人が来たことがない」
皆さんすごく感じのいい方ばかりだ。まあ、うちが大口のお客さんだからというのもあるだろうけれど
「社員教育のすごさを再認識せざるを得ない」
つくづく思う。

  夕方の雑務を早めに切り上げ、東関道を東へ進む。
「中0日でのマリン参戦を決意」
とにかく、日々体調も含めて深く沈んでいるので、それを解決する手短な手段としては
「マリンまたはTCK」
しかないのだ。馬インフルエンザで船橋など他場の所属馬の参戦が認められていない競馬など、面白くもなくとても参戦できない。すると、マリンしか残っていないのだ。

 しかも、来週以降不在が続くので、下手すると今シーズンの最終参戦となりかねないのだ。とはいえ、強い台風9号が近づいているので、強い雨が降ったり止んだりしている。若干のためらいがあったけれど、連夜の参戦となった。
20070905201304
(台風が近づく中、傘をさしての観戦)


 道中は降っていたが、マリンに到着した時は、ちょうど止んでいた。ライオンズは4回まで7安打、しかも1回は3安打で無得点という拙攻が続く。こういう試合はえてして、ヒットの少ないロッテが均衡を破るものだけれど、先取点をとったのはライオンズ。小野にとっては不運な内野安打だった、西岡が握りなおした分だけ送球が遅れたのだ。
20070905191717
(愛想をふりまくリーンちゃん)


 7回表終了時点で突然の雨、この突然の雨の中今まで危なげない投球を続けてきた西口が崩れた。マリーンズ一気に逆転。ここで勝負は決まった。薮田・小林雅とつないでの勝利。しかし、西武はなんでもビジター10連敗とのこと、一気に最下位まで見えてきたよね。にくいくらい強かったライオンズを知る者にとっては、寂しい限りだ。
20070905210630
(今日参戦している西武ファンは本物だ)
20070905211328
(今日のヒーローは小野と早川)

 京葉道経由、速やかに帰宅したようとおもったら、追い越し車線をパトカーが制限速度で走行中。
「京葉道路の制限速度はなんと60キロ」
皆さん、抜くに抜けない状況となり、
「渋滞してしまったのだ」
パトカーが篠崎で退場した瞬間に、皆さんいっせいに120キロ近く出したのが面白かったけれどね。あのパトカーは実はおとりで、長後に覆面がいたら一斉に捕まっただろうねえ。。。。
20070905214411
(パトカーが60キロで走行すると。。。。。)


 内田博騎手がJRAへ移籍の可能性大。JRA活性化のためには、いいことなんだけれど
「南関東ファンとしてはつらい」
下手すると
「的場さんの時代に戻るのだろうか?」
一応、リーディング2位なんだけれど、それはちょっと厳しいよねえ。。。。

 日経トレンディ20月号
「出張の秘技50連発」
まあ、こういうのは非常にマニアックで読み応あるんだけれど、あまりこういうのは書かないで欲しい。秘技じゃなくなっちゃうからねえ。。。しかし、エクスプレスカードよりもJ-WESTカードを推奨していのが、我が意を得たり。

 大雨の影響でスカパー映らず。
「つくづく、スカパーは悪天候に弱い」
と改めて思う。小生も悪天候というか、つくづく打たれ弱いと思う。
 なんだかんだいっても、りくおさん
自分が親にしてもらったことを、子供にしてあげるのがせめてもの恩返しだ
と書いていらっしゃるのを読むと、うらやましいとは思う。高尾山の初日の出とか、早慶戦観戦とかもきっとそういう深い意味があるんだろうなあ。。。と思う今日この頃ではある。。。。。

 小生も子供に親にしてもらったことをしてあげたいけれど、ちょっと予定がが見えないのが甚だ遺憾ではある。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月4日(火)なぞかけばかり

 午前中はバタバタと、時間がないのでお昼は三越にてお弁当を購入。最近すっかりはまっているのが
「沈菜館(キムチカン)さんのから揚げ弁当」
はっきり言って、ここのキムチは辛さが際立っていて、野菜の甘さというかコクみたいなのを感じないので、そんなに評価していない。しかしながら、ナムルは結構美味しいし、このから揚げ弁当のから揚げは甘辛く煮ていて、とても美味、しかもボリュウムもありながら、お値段も600円以下とお安い。週に1回は食べるようになってしまった、ただ数量限定なので12時30分前には参戦しないといけないのが難点。。。。
20070904120526
(最近お気に入りなのだ)


 夕方の会議を早めに切り上げ、東関道を東へ進む。
「中1日でのマリン参戦を決意」
とにかく、日々体調も含めて深く沈んでいるので、それを解決する手短な手段としては
「マリンまたはTCK」
しかないのだ。馬インフルエンザで船橋など他場の所属馬の参戦が認められていない競馬など、面白くもなくとても参戦できない。すると、マリンしか残っていないのだ。
20070904195044
(やっぱり、いい席で見ると面白い)


 マリンは事実上横移動が不可能なので、購入可能な試合はSS指定を購入することになる。4500円は相当厳しいけれど、TCKで大敗するよりことを考えれば安いものだ。マリーンズの先発は成瀬、となると負けるわけにはいかないだろうし、実際かなりの確率で勝つだろう。

 暑くて暑くてもの凄い汗をかきかき観戦。両チーム無得点で迎えた4回裏。ノーアウト1・3塁から2死1.2塁となり、もうだめか?と思ったときに
「竹原の3ランという奇跡が起きた」
竹原といえば、イースタンで2年連続ホームラン王という、かつての大森みたいなイメージ。しかし、今日突然DHで登場して3ランだから、こういうところは
「ボビー恐るべし」
ということなのだろうか?
20070904195705
(夏休みが終わっても火曜日は花火だ!)


 1点差に追いつかれた7回裏に突然大雨が降ってきて中断。このままコールドゲームになって欲しい気持ちが半分、せっかく見に来ているのだから再開して欲しい気持ちが半分といったところだ。とても再開できないと思っていたところが、突然止んでしまうところが面白い。
20070904203803
(雨で中断とは。。。。)


 中断中暇だったので、
「ライオンズの岩崎はフォームが凄く不快なんだけれど、一体何者だ?」
と、りくおさんにメールしたところ、
「小生も嫌いです」
とすぐに返事が返ってきた。珍しく意見が一致して驚く。。。。。
 8回を薮田、9回を小林雅が無難に抑えて、なんとか勝利。とにかく、この2人に全幅の信頼を置けないところがつらいよね。
20070904204407_2
(雨脚がかなり強くなったが)


 帰りは、京葉道経由30分で帰宅だ。小生、東関道よりも何故か京葉道の方が圧倒的に好き。覆面が少ないというのもあるけれど、道幅が広すぎない方が走りやすいという好みの問題だろう。

 「瀬島 龍三氏死去」
いかんせん、この方大本営参謀だからねえ。。。陸軍大学校主席卒業と言われると、ちょっと小生の手に負える相手ではない。

 久しぶりに更新された、りくおさんのブログを読む。
相性といふか、理解といふか
という文章については、大いに考えさせられた。

 しかしながら、
「確保した貴重な時間を一体誰と、どこで、どうやって過ごしたのか?」
ある人の影響により子育ての考え方が変わったようだが、そのある人とは一体誰なのか?」
ということについては、明らかにされていない。

 こう毎日なぞかけばかり日記でされても、悩んでしまうばかりで、かえって気が重くなり楽しめない今日この頃なのであった。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月3日(月)地震だ火を消せ!はもう古い

 昨日テレビを見ていたら、防災の日の避難訓練が行われていた。ところが、今年から大きな変更があったとのこと。地震というと、今まで
「地震だ火を消せ!」
という風に徹底的に教え込まれてきた。ところが、最近の大きな地震で下敷きになる被害者が増えたので
「まず身の安全を確保せよ!」
正確な標語は分からないけれど、そういう内容に変更されたらしい。

 まあ、確かに言われてみると
「火を消そうとして、火に近づいて火傷したり、怪我をする」
ことも多そうだ。そして、今はガスの元栓が自動的に締まったりするので、
「まずは、身の安全を確保せよ!」
ということになったようだ。木造の家も減ったし、そんなに大火事はないということなのだろう。でも、阪神淡路大震災の時には盛大に家事になったけどね。そのときの教訓から
「地震だ火を消せ!」
が徹底して、新潟の2つの地震などは火災が少なかったような感じがしたけれどね。
といいつつ、柏崎の原発なんか火災になっているからねえ。。。そして、次の大きな地震の際に大規模な火災が起こったら、また変更がありそうな気もする。

 今日は、外部講師を招いての
「セクハラ・パワハラ講習会」
正直言って、自分を含めて思い当たることばかりだ。セクハラの場合、肩ももうが、飲みに誘おうが、
「全ては日ごろの人間関係次第」
ということが結論のようだ。ただ、そういってしまうと、それまでなんだよね。こういうのが一番難しい、ほとんどの加害者は
「相手は全然自分のこと嫌がっていない」
って思っているじゃないですか。だから、やっちゃうんだよね。しかし、相手が上司だから
「嫌がっていると見せられない」
この悪循環なんだよねえ。。。

 ゴルフの石川遼君、この人もちろん凄いんだけれど、
「あの迷彩ズボンは許されるのか?」
ルール上は許されているのだろうけれど、マナーとして誰か言ってやるやつはいないのか?

 話は戻るけれど、最近では女性の上司が加害者で、男性の部下が被害者という例も若干ではあるけれど、増えてきているとのこと。よく外国の映画なんかでは
「ホテルの部屋に書類持って来させられて、ドア開けたら女性の上司が裸で待っている」
なんていうのあるけれどね。
 会社の同じ部の10歳年上の女性と結婚して、速やかに離婚した友人もいるけれど、
「あれも一種のセクハラだったのかしらん?」
でも、まあきっとその当時は
「意気投合」
してたんだろうなあ。。。。

 小生も色々なセクハラを見聞きしているけれど、衝撃的なのがあった。詳しくは書けないけれど、地方から部長と部下の女性が一緒に出張して来ていて、
「これは、怪しいなあ。。。。」
と密かに思っていたら、その後とんでもない事態になったということを聞いた。
「やっぱり。。。」
と思ったけれど、実際に聞いてみると、やっぱりショックだった。

 週の始まり月曜日だというのに、全くもって冴えない。ちょっと打開策が見えない今日この頃ではある。
「ハゲタカ」
の中のセリフで
「人生の折り返しはとうに過ぎました。ただ、自分をごまかし続けるには残りの人生は永過ぎる」
まさに、そんな心境の今日この頃ではある。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月2日(日)ローズ400号

 サンジャポのない日曜日というのは、まったくもってしまらない。午前中はゴロゴロと。。。。。今週もJRAは一見何事もなかったように開催されているけれど、佐賀競馬では開催が中止されたり、大井競馬も開催が短縮されたりしている。ようやく今週から、条件付ながら美浦・栗東での入・退厩が再開されるとのこと。
 
 いよいよ来週からは秋競馬がスタート、京成杯オータムハンデ、セントウルステークスというスプリンターズステークスのステップレースも組まれている。キンシャサノキセキ、オレハマッテルゼ、フサイチリシャールなどなどおなじみのメムバーが登録しているのだけれど、肝心要のマイネルスケルツィの名前がない。
「こんな馬鹿な話ってないよねえ!」
この秋最大の目標はスプリンターズステークスだったのに、ぶっつけになっちゃうなんて。。。。。ホントついてないとしかいいようがない。まあ、所詮競馬なんて運がない馬が勝つことはないんだけれどねえ。。。

 午後は、
「新婚さんいらっしゃい・アタック25」
って、ちょっとこんな見ているのヤバイよね。しかし、いまだに
「イエスノーまくら」
って健在なのね。。。。(笑)

 ファイターズ×ホークス戦、ファイターズの逆転サヨナラ勝ちは立派。勿論打った方を褒めるのは当然。だけど、王監督、いくら昨日打たれたからって
「頭から馬原を使わなかったのは悔いが残らないか?」
こういう使い方って好きじゃない。勝ったとしても馬原も気分よくないだろうにねえ。。。

 夏休み最後のマリンへ参戦、この週末はデーゲームへ戻っている球場がほとんどだけれど、マリンは花火ナイター。東関道のオービスが光ったのが大いに気になったけれど、40分ほどで到着。今日は神戸だか大阪だかからネッピーとリプシーも遠征してきている。
「しかし、オリックスバファローズというのは、合併してファンは増えたのだろうか?」
どうにも1+1=2にはなっていないような気がする。
20070902175523
(ネッピーとリプシーも帯同)
20070902200153
(Tシャツ1枚では肌寒いくらいだ)


 昼間ファイターズが勝っているので、マリーンズとしては絶対に負けられない試合。はずなんだけれど、とにかく空回り。スクイズも思いっきり読まれたり、ようやく同点に追いついたのに、あっさり勝ち越されるしねえ。。。
20070902194010
(夏休み最後の花火)
20070902194029
(やっぱり花火はみんな好きだよね!)
20070902194041
(屋外球場の醍醐味♪)


 9回に打たれた
「ローズ400号」
これは勿論打ったローズを褒めることが先決なんだけれど、歩かせてもよかったと思う。ただ、完全に薮田はへばっている。ここへ来て、武田久、馬原、薮田、小林雅、パリーグの中継ぎ、抑えは揃って厳しくなってきた。敵味方問わず、こういう絶対的な存在として頑張ってきた投手が打たれるのは、見ていてとてもつらい。昨日は打たれてけれどマイケルが健在なファイターズが断然有利なのは間違いなさそうだ。
20070902205625
(ローズ400号ってかなり凄いと思う)


 「遠藤武彦農相辞任の意向」
ちょっと末期的症状だよねえ。そもそもこの方、
「農林水産大臣だけはやりたくなかった」
って平気で就任会見で言っちゃうしね、
「任命責任とやらは問われないのかしらん?」
ってもうどうでもいいか!

 色々な意味で展望が開けない。読書さえも未読のハードカバーが5冊もあるけれど、どれから読んでいいのか決断できない。なんか本当に元気が出ない、日々本当に楽しくなくなってきた。ブログも毎日りくおさんネタばっかりだしねえ。。。これを解決するには
「解散・総選挙」
くらいインパクトのある出来事がないとダメだろう。なんて、とにかく冴えない日々を思う今日この頃なのである。。書いていてもつまらないけれど、読むほうももっとつまらないだろうなあ。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月1日(土)告訴しますか?

 出社、何故か分からないが今日は日本橋周辺の人出も少ない。暑さも過ぎ去ったし、電話も少なく非常に落ち着いて雑務をこなす。たまには、美味しいお昼でも食べようと思いパレスホテルへ。ビーフカレーとミルクシェーク、やっぱりホテルのコーヒーショップというのは落ち着くし、美味しい。

 先日のイースト21のカレーもそうだけれど、たまねぎをじっくり炒めたルーはコクがあって美味。ホント、カレーというのも高いなりにも、安いなりにも作れるメニューだよねえ。。。。

 先日、お父様が92歳で亡くなった方と話していたのだけれど、デイケアで食べ物を喉につまらせたのが死因らしい。亡くなった場所が病院でない場合は、必ず警察が介入してくるようで、第一声が
「告訴しますか?」
とのことだったとのこと。遺族サイドとしては全くそんなつもりはない、
「感謝こそしても、告訴なんて微塵も考えていない。」
と搾り出すように答えても
「とにかく、解剖だけでもしませんか?焼いてしまったらもう全て終わりますよ!」
と繰り返し解剖を勧めてきたとのこと。

 まあ、警察の立場も分からないではないけれど、
「こんなことで訴えられていたら、介護とか誰もしなくなっちゃうのでは?」
思っちゃうよね。少なくとも介護していた方は、目の前で毎日接していた方が突然亡くなったわけじゃないですか?そのショックだけでも想像に絶すると思うけれどね、それでいきなり訴えられたりしたらねえ。。。。。

 あまりにも疲れて、元気がないので、何か元気がでるものを食べようと、るいさんお薦めの
神保町 SANKOUEN 三幸園
へ参戦。
20070901201004
(この値段で美味しいふかひれは無理)


 たしか、前回はりくおさん同伴で火鍋コースをいただいたと記憶しているが、鍋も美味しかったけれど、普通のカルトメニューが美味しかったと記憶しているので、思い立ったのだ。
20070901201040
(エビチリはまあ普通かしらん)

 
 改めてメニューを見ると結構リーズナブル。ふかひれスープが800円、激辛マーボー豆腐が1400円と唯一1000円を超えたけれど、ほとんどが1000円以下のメニューで、とにかくお安い。
20070901201336
(春巻はパリパリで中は熱々)
20070901201629
(山椒がピリっと)

「正直、ふかひれスープだけは800円で飲むものではないなあ。。。」
とは思った。この値段で、まともなものを出せるはずないのである、他は十分満足する内容。特に、チャーシューチャーハンはすごーく美味しかった。ついでに、デザートのマンゴープリンもなかなかのお味。。。。。。
20070901202940
(締め第一弾は五目焼きそば)
20070901203355
(このチャーハンは絶品だ!)

 たしかに、美味しい物を食べて一瞬は元気になったのだけれど、とても回復しない。しかし、これで早くも1年の2/3が経過したけれど、
「何か残せたのか?充実した毎日を過ごせたのか?」
と問われると、残念ながら自信は全くない。りくおさんのように、お子さんの成長が手に取るように分かると、実感できるのだろうけれど、小生の場合は
「売り上げとか、馬の獲得賞金とか数字だけ」
ちょっと寂しいよねえ。。。
20070901204815
(デザート第一弾)
20070901204950
(オオトリは胡麻団子!!)


 残された3ヶ月をどのように過ごすかで小生の残りの人生も決まってくるような気もするけれど、今のところ明るい見通しは全くたっていない。
りくおさんのように、永い目でみる」
わけにもいかないし、ちょっと本格的に疲れた。疲れをとるのはあとは寝るしかないので、早々に就寝。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »