« 8月7日(火)松涛幼稚園とズバリ言うわよ!SP | トップページ | 8月9日(木)最低の食生活と末期的症状 »

8月8日(水)格差社会を実感

 昨晩放送の
「ズバリ言うわよ!スペシャルの視聴率 なんと23.4%」
とのこと。まあ、小生も含めてなんだかんだいっても
「他人の不幸は面白い」
ということなのだろう。梅宮父は
「もう8年も前のことだから、関係ない。羽賀のことで度々皆さんが来るのは不快だ」
というのはすごーく理解できる。何年たっても言われるから、確かに不快だし、
「忘れたい」
の一心だろう。

 しかしながら、アンナ本人は
「私は給料制でなく完全歩合制」
と言っている、今回の出演だって
「羽賀が逮捕されなければ、なかったでしょう」
ともっとも分かっているのが、アンナさん自身なのだから、そのあたりのプライバシーを切り売りして視聴者に
「かわいそうだなあ。。。でも馬鹿だよねえ」
と思わせて、楽しんでもらうのが仕事と割り切っているのだろう。

 扇千影著
「決断のとき」
読了。読了というか、1時間もかからず読めてしまう本。ご本人が書いている?部分はすごーく少なく、当時の国交省の次官や秘書官などが、
「このときの大臣はすばらしかった」
というちょうちん文章が延々と掲載されている。外環とか羽田の国際化とか、北朝鮮の不審船とか色々と活躍したようだけれど、役人がみんな口をそろえて
「扇大臣だから何十年も進まなかったことが進みました」
みたいに書かれると、ちょっとねえ。。。。
 そもそも
「役人に絶賛される大臣って国民には評価されないでしょ普通」
と思うけれどね。

 テロ特措法への協力要請に来た、米大使を待たせたうえ
「協力要請を拒否」
米大使が野党党首のところへ来た、というだけでも大きなニュースなのに、お待たせしたうえ、
「事実上の門前払い」
にするというのは、たいしたものだ。会場も会議室みたいなところが写っていたけれど、応接とかないのかしらん?とにかく、米大使の
「なんでこんな奴のところへ頭下げに来なきゃなんないんだ!」
という屈辱的な表情が画面を通じて伝わってきた。

 ただ、最終的にこれ
「どう落としどころを見つけるのだろうか?」
完全に通さなかったら、前原氏みたいな勢力が黙ってないでしょう。そして、言っていることがあまりにも正論なので、いざって言うときに、これを撤回するのは難しいと思う。

 今のところ、この夏も特に予定がないのだけれど、米国在住のおぎさんが
「交通事故の処理をしていた」
というのは驚きだ。高校の時は同じクラスだったのに、いつの間にか
「結婚はするし、米国でご活躍だしなあ」
なんで、こんなに差がついたのか知りたいところではある。

 これまた同じクラスのりくおさん
海に行ったり、プールへ行ったり、花火を見たり
と盛大に夏を満喫している。ホント、なんでこんなに差がついてしまったのだろうか?

 小生だけ取り残されてしまったようで、なんとも切ないものだ。
よく格差社会について、
「スタートラインが違うのだから競争にならない。それ以前の問題だ」
といわれるけれど、小生の場合は
「スタートラインが全く同じで、こんなに差がついてしまった」
というのは、100%本人に責任があるのだろう。
 
 やはり、もう一度冷静になって自分を見つめなおす必要があるのだろう。それには
鹿児島へ行って砂蒸しにはいり、黒豚を食べ
大分でラムネ温泉に浸かり
福岡でもつ鍋や、鉄なべ餃子を食べ」
大阪でカレー焼うどんをいただき「北の大地で、第一滝本館の湯につかる」
などなどの癒しが必要である、
「早急に現実逃避の準備をしなければならない」
と思う今日この頃なのである。。。。。。

|

« 8月7日(火)松涛幼稚園とズバリ言うわよ!SP | トップページ | 8月9日(木)最低の食生活と末期的症状 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16055731

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日(水)格差社会を実感:

« 8月7日(火)松涛幼稚園とズバリ言うわよ!SP | トップページ | 8月9日(木)最低の食生活と末期的症状 »