« 8月9日(木)最低の食生活と末期的症状 | トップページ | 8月11日(土)人々は何故ふるさとへ? »

8月10日(金)2つの顔と第一人者

 世間では、いよいよ今日の午後あたりから、
「お盆休みを故郷で向かえる人たちの帰省が始まる」
ということのようだ。なかなか最近東京では、
「きゅうりに割り箸さして・・・・・」
という風に本格的にやるご家庭は減っているだろう。しかししかし、ちょっと地方へ行くとまだまだ盛大に行っているようだ。九州などは、大きなかごに造花と缶詰がギッシリ入っているのが、百貨店でも特設コーナーを設けて販売されているようだ。

 夕方から東京駅も大混雑、とにかくすごいとしか言い様がない。今でこそ小生はこの時期東京から一歩も出れなくなってしまったが、サラリーマン時代はホントこの時期しかお休み取れなかったからね。猛暑・大混雑の中札幌競馬や、新潟競馬、かみのやま競馬なんていうのも参戦したものだ。

 とにかくクタクタになって帰宅したのだけれど、身体も死にそうだけれど、金銭的にも精神的にもツライ。
「この数日の株価の下げはなんですか?」
せっかく、塩漬けの塩を振り払っていたのに、また上からドサっと塩かけられたんじゃ、またさらに漬け込むしかないじゃないですか。。。。。。

 朝青龍問題?でモンゴルの第一人者として
「松田忠徳教授がコメントしていた」
どっかで、見たことあるし、聞いたことあるなあ。。。と思ったら、なんと小生の敬愛する
「温泉教授と同一人物だった」
温泉かモンゴルかどちらが本業かは分からないけれど、こういう風に2つの顔を持つというのは格好いいし、なんか説得力もある。

 こう考えてみると、
「小生の本業、第一人者とにしての顔というのはあるのだろうか?」
たとえば、おぎさんの場合は、
知識経営としての第一人者のようだ」
ぐんぐんさんの難癖にも懇切丁寧に対応しているしねえ。。。

 そして、りくおさんはやっぱり
意気投合の第一人者
と呼ぶのがふさわしいのだろう。ただ彼の場合
「2つの顔」
という表現にものすごく説得力があるなあ。。。。

 こう考えてみると、小生の場合
「遠征・競馬・野球・見合いなどなど」
とにかく広く浅いという印象がある、やっぱり、まずは
「見合いの第一人者」
と呼ばれるように頑張る必要があるのかもしれない。しかし、見合いの第一人者っていうと普通は、
「仲人というか仲介の人」
のことを指して、
「見合いの当事者を指すのはちょっとおかしいのでは?」
と思う今日この頃なのである。。。。。。

|

« 8月9日(木)最低の食生活と末期的症状 | トップページ | 8月11日(土)人々は何故ふるさとへ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/16095665

この記事へのトラックバック一覧です: 8月10日(金)2つの顔と第一人者:

« 8月9日(木)最低の食生活と末期的症状 | トップページ | 8月11日(土)人々は何故ふるさとへ? »