« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

8月31日(金)ディナーショー参戦

 所用で成田空港へ、香港・マカオ遠征以来だから2年以上ぶり。車・フレンドリーリムジンバス・京成・JRと選択肢がある中。新日本橋から快速エアポートを選択。いかんせん長時間の乗車になるのでグリーン車を選択。イコカで事前に登録しようとしたらエラー。

 イコカはJR西日本版のスイカなんだけれど、乗車券は購入できるけれど、なんとグリーンの登録は出来ないことが発覚。お買いものも出来ないし、結構不便だ。

 まあ、めったに乗らないけれど普通列車のグリーンというのも快適だ。ただ、東京ー横浜間ではちょっと勿体ないので躊躇してしまう。大船あたりだと、かなりの確率で選択肢にはいってくる。今日は、躊躇なく乗車。

 やっぱり、空いていて心地よい空間だ。すごーくリラックスできる、ウツラウツラして、ちょろっと新聞読んで、お外を見ていると千葉。ただ、ここからは結構ゆっくりと進む。最後は、ちょっと飽きた頃にようやく到着だ。
20070831134257
(エアポート快速グリーン車で成田へ!)


 羽田は慣れているけれど、やっぱり成田というと緊張する。いきなり身分証明の提示なんか求められるからね。お土産やさんは勿論、レストランをみてもやっぱり羽田とは全然雰囲気が違う。歩いている人が外人さんが多いし、C/Åさんも色々な制服の方がいて、とても華やかな雰囲気。

 ちょうどお昼時だったので、物色するもどれもイマイチ。外国の航空会社のC/Aさんたちはフードコートにたくさんいらっしゃたけれど、いかにもまずそうなのでパス。大変遺憾ながら
「結局、世界の言葉を選択」
なんだかんだいっても、国際空港では世界の言葉は頼りになる。ビッグマックセットにフィレオフィッシュ。
20070831154323
(やっぱり羽田と成田は全く違う)


 およそ2時間の滞在で都内へ、帰りは
「京成スカイライナーにて日暮里」
京成に乗るのも数年ぶりなら、日暮里駅というのは下手するとはじめての利用かもしれない。しかし、京成って線路幅がJRよりも広いのだから、横2・2のシート幅はもう少し広いのかと思ったら、さにあらず。あれじゃ外人さんはキツイと思うなあ。。。。
20070831155041
(お帰りはスカイライナーで!)


 夜は南浦和のベルヴィ武蔵野なる結婚式場へ。なぜ、平日の夜に結婚式場なのか?残念ながら事前打ち合わせではない。
「お取引先の会社の社員慰労会」
へのゲスト参戦。といっても、ただの慰労会ではなく、ここの会社の社長さんはなんと昨年、57歳にして演歌歌手としてデビューしているのだ。

 だから、
「デビュー一周年記念ディナーショー」
というサブタイトルがついているのだ。サイン入りCDはいただいているので、よく聞いているのだけれど、実際に生で聞くのは初めて。ということで、勇躍参戦となったのだ。

 いかんせん、
・まず会場に度肝を抜かれた。はっきりいって、この手の結婚式場へは初参戦だったのだけれど、ステージに向かってテーブルがひな壇に並んでいるわ、階段がついているわで衝撃を受けた。いまどきこんなのあるのねえ。。。。。
・後で聞いたら、なんと従業員は毎月2000円×12回積み立てていて、有料とのこと。
・パート、アルバイトさんは3000円
正直、まさか有料だとは思わなかったなあ。。。。

 ちょっと最近食べたことのないようなお食事を食べてから、ショーは始まる。小生、出されたお食事を残すことは滅多にないのだけれど、さすがに大量に残してしまった。。。。

 いきなり大量のスモークと共に社長が登場。CDの両面2曲を歌い上げた後
「改めまして、VAPレコードの●●です、今日は私のデヴュー一周年記念のディナーショーへようこそ!」
とマイクパフォーマンスが始まる。
「ヴァップレコードの」
というところが誇らしげだ。実際、なかなかメジャーデヴュ−ってそう簡単に出来ないからねえ。。。。

 持ち歌の後は、北島三郎メドレーと続く。まあ、正直そこまではよかったのだけれど、その後
「社長の娘さんのお歌が2曲」
これには、心底度肝を抜かれた。。。。。いかんせん、素人だからねえ。。。。。
20070831191955
(熱唱に聞き入る)


 お次は、宮田陽・昇のご両人の漫才。怪しい手品、津軽三味線の第一人者とやらが二曲。まあ、正直言って
「やりたい放題の2時間だった。。。。。」
たしかに、社長さんは持ち歌が少ないけれど、一応プロなんでもっと歌ってほしかった。ちょっと娘さんが出てくるとはねえ。。。小生はご招待だからいいけれど、有料の方は・・・・・・・
 
 「すごいなー」
と思ったのは、司会のナナオさん
「これぞプロの司会者!」
って感じ。社長さんは、9月末のNHKラジオ サンデージョッキーとかいう生番組にゲスト出演するとのこと。お暇だったら聞いてみようかしらん。。。。。

 まあ、社長はプロなのでやっぱり上手いし、
「世の中には、こういう世界があるんだなあ。。。」
ということで小生は大いに楽しめたけれど、隣の納入業者さんなんか、思いっきり寝てたからねえ。。。ただ、こういうのを楽しめる余裕っていうのは常に欲しい。

 大昔、歌舞伎町を歩いていたら
「Y談パブ」
っていう看板があったので、呼び込みお兄さんに、おもわず
「Y談パブって何ですか?」
と聞いたら、真顔で
「皆さんで、ワイワイやっていただくお店です」
とのお答え、
「当然のごとくそのお店に入ったけれど、とてもワイワイやる雰囲気ではなかった」
というのを思い出した。まあ、何でも楽しむという姿勢が大事なのだ。

 何でも楽しむということで、思い起こすのは
やっぱり、りくおさんだ
自分のブログでも
・8月はB型の型に振り回された。
・もっとほっとできるとこへ行きたい
・深刻な状況
・なかなかスツキリできず惱みも多いですが、前向きに
・。まつたく、いろいろなかなかスツキリいたしません

 と書いてある。これだけ読むと、
「大変だなあ〜」
と思うのだけれど、文章全体を読むと
「いかにも楽しそうで、うらやましい」
ただ、周りの人全員が楽しければいいなあ。。。と心底思う今日この頃なのである。。。。また、小生もいい加減そろそろ本当に幸せになりたいな〜と思う今日この頃でもある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月30日(木)ひさしぶり!元気だった?

 朝からO様のブランチのロケ。この番組は、とにかくご縁があって、今までに何度も撮影、放送に立ち会ってきた。今日来たレポーターさんも、たしか3年くらい前に一度ご縁があったと記憶している。浮き沈みの激しい社会で3年だか4年だかレポーターとはいえレギュラーを張り続けているのだから、それなりのモノをもっているのだろう。

 たしかに、パッと見綺麗で
「素人とは明らかに違う」
ただ、こういう人たちに共通するのが
「お人形さんみたいで、性的なものを全く感じない」
ということ。たしかに目が合うと
「ドキッ」
とすることは間違いないけれど、なんかただそれだけだよね。

  大昔だけど、高校の時東横線の車内で毎日、日吉在住の富田 靖子と一緒になった。やっぱり、当時としては
「富田 靖子だ!」
と騒いで、じいっと見ちゃうじゃないですか。そのときに目が合うと、ものすごく緊張して目を反らしたのを覚えている。見つめ返されると
「こいつ俺に気があるんじゃないか?」
と一瞬でも勘違いした小生は今思うと、微笑ましかった。キャバクラとかにはまらなくて、つくづくよかったと思う。。。

 余談だけれど、大昔りくおさんと歌舞伎町のキャバクラに参戦した際に
「あの子、ずうっとこっち見てるんですよ。手とか握ってくるし。。。」
とうれしそうに語っていたのを思い出した。

 今回のレポーターさんを見て、若手の女子社員二人が、たまたま
「知り合いの知り合い」
ということで、はしゃいでいる。せっかくだから、と思い話しかけさせると、いかにも覚えてないのに
「ひさしぶり〜〜」
と満面の笑みで返したくれたけれど、
「これぞプロ!!」
と心底思った。このあたりが
「浮き沈みの激しい社会でとりあえず生き残っいくための何かをもっている」
という証なのだろう。

 小生も何を隠そう、突然道端などで
「ひさしぶり!元気だった。。。こないだ、ぷっすまでてたよね!」
なんていわれることが多々ある。そういうときに、彼女のようにごく自然に
「ああ!久しぶりぃ、そっちこそ元気だったぁ!!」
と笑顔で返せないからだめなんだろうねええ。。いかんせん、小生は色々な意味でインパクトが強いらしく、相当覚えていただけるようだけれど、とにかくこちらは記憶力悪すぎだからなあ。。。。前も書いたけれど
「田中角栄は一度会った人を絶対忘れない」
とのことだけれど、人間コンピューターとは言わないけれど、
「角さんの1%くらいの記憶力があればなあ」
とは常々思う。ただ、一方で
「余計なことに関する記憶力はすごい!」
と常々言われる。まあ、小生の場合は人気商売でないので、人の顔と名前よりももっと大事な事を頭の中で自動的に取捨選択しているということなのだろう。

 第1回ブリーダーズゴールド・ジュニアカップに出走した
「エンジェルギフト号大敗」
JRAへの参戦がならずに、無理やり出走したのだから仕方がない。ただ、翌週京成杯オータムハンデから再始動を予定していたマイネルスケルツィも入厩が出来ないので、出走できそうにない。こんな状態で勝手に重賞を実施されても、納得できないよね。
「せめて重賞だけでもストップさせて、改めて日程を組みなおすべきだと思う」
こんな不公平なことを、まかりとおさせちゃ断じていけないのだ。実際TCKは大井所属馬の単独開催になったので、重賞は行わないしね。。。

 帰宅後、ライオンズ×マリーンズ戦をスカパーにて観戦。9・10回を抑えた
「小宮山にしびれた!」
あの急速で、左右に投げ分けて三振とるんだからすごい!結局試合は負けたけれど、表情ひとつ変えずに淡々と投げる小宮山が最高に格好よかった!

 民主党、横峯、姫井両参議院議員
「共に下半身がらみのスキャンダル」
こういうのが議員になった途端に噴出するんだから、世の中公平にできているというか、自民の底力ということなのだろうか?

 今回気になるのが横峯議員の代理人を務める
「谷沢弁護士」
この方、徹底的にやるようだけれど、年金問題でも最近話題だ。
「たけしのTVタックル!」
でもものすごい迫力で糾弾していたで
「こいつは只者じゃないけれど、応援しよう!」
と思っていたのに、残念ながら今後応援できなくなってしまった。。。。

 小生の場合、万が一議員になったとしても残念ながら?下半身スキャンダルが噴出する心配はないけれど、
「心配なのは、りくおさんだ
ただ、彼の場合
あいつなら、仕方がない・・・・
で済んじゃいそうだ。こういう場合、
「ぶれない姿勢が大事なのだろう、そしてなにより徹底的にやること」
これが最重要なのだと思う。

 しかし
「ぶれない・徹底的にやる」
ちょっと小生には難しいなあ。。と思う今日この頃なのである。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月29日(水)袋小路へ入る

 出社前にお隣の歯医者へ立ち寄る。前回は、急患だったので、応急処置だったのだけれど、改めて本日ゆっくり診察してもらった。先生いわく
「う~ん、これは大変だ!!」
とのこと。
「完治まで一ヶ月くらいですか?」
とたずねると
「数ヶ月はかかるよ」
と衝撃的な返答が返ってきた。結局のところ、歯茎にちょっと触れるだけで血が出ちゃうんですよ。
「まあ、歯の磨き方がなっていない」
ということらしい。
「ようは毛先がを歯と歯茎の間に入れる」
というのがとっても大事らしい。実践したら、とにかく大量の出血があり少々ビビル。

 お昼は、
「メーヤウ」
で辛口両方大盛り。開店少し前に到着したら、結構な数の先客がいらしてビックリ。多分一月ぶりくらいに食べたんだけれど、
「やっぱり、美味しいよねえ。。。。」
しかも、カレー・ご飯共に大盛りにしても880円という安さ!しかも、かなりお腹一杯になる。本当に本当に良心的なお店だと思う。
20070829112849
(食べると元気になるカレーだ!)


 高校生の頃は、なにを隠そう
「メーヤウで両方大盛り食べてから、デザートにホープ軒」
とか食べていたから、とんでもないよねえ。。。まあ、今でも十分とんでもないのだけれど、レベルが違った。

 日本橋三井タワーの横を歩いていたら、車両出口のところにテレビカメラ数台を含む、マスコミ。および携帯を構えた一般人の群れが出来ていた。
「これは、マンダリンに有名人が泊まっていたのか!」
と思い野次馬に参戦するが、一向に有名人とやらは登場せず。周囲の方に聞いても誰も
「知らない」
との答えだ。10分くらい待機していたけれど、早々に退散。
20070829121432
(マスコミの多さにビックリ)


 あとで、聞いたらなんと今話題の
「朝青龍とのとだ!」
しかしながら、誰も脱出するところを目撃した者はいなかったとのこと。秘密の通路があるのか、それとも業者のワゴンなんかにまぎれていたのかは分からないけれど、
「さすがは超一流ホテルだ!」
ということなのだろう。しかし、マンダリンに泊まっていたということは、ホテルの1・2階にある果物やさんでお買い物とかされたのだろうか?少しだけ気になる。。。。。

 帰国した朝青龍の監視役として高砂親方が同行するというのも凄い。小生としては、医師が
「精神的に参っている。その治療にはモンゴルへ帰るのがベストだ」
と言っている以上、帰国するのは問題ないと思う。ただし、それでは
「なんのためのペナルティか?」
という意見もごもっとも。だから
「帰国してもいいけれど、その間は謹慎期間にカウントしない」
というのは落としどころだと思うけれどねえ。。。
 だけどモンゴルで遊んでいる姿を撮影しようと、マスコミ各社必死なんだろうなあ。。。。(笑)

 夜は、Iさんと新宿にて会食。
「黒豚料理 すきずき」
という店だったけれど、これがなかなかよかった。お料理も美味しかったけれど、店員さんの対応が非常に素晴らしい。一例として、隣のテーブルに運ばれてきた料理が美味しそうだったので
「何ですか?」
とお問い合わせすると、笑顔で
「肉じゃがグラタンです。気になったら、是非後ほどお声がけください!」
ときた。なかなかいえるようで、いえないセリフと感心した。
20070829193429
(美味しい、黒豚しゃぶしゃぶ)


 氏はご両親のことで苦労されているのだけれど、
「勿論、子供とか親とか奥さんとかいるけれど、最も大事なのは自分に決まっている」
と見事に言い切られた。そして
「子供をかわいがるのも、全ては自分のためだ」
とも言っていた。独身の小生としては
「う~ん」
とうなるしかない。

 まだまだ日々勉強する毎日だけれど、てっきり結婚して家族をつくるということは
「自分より大事な何かを得るため」
と偽善的に思おうとしていた自分が大甘だったようだ。
「今後は全て自分のためと割り切ろう」
と心新たにしようと思ったのだけれど、
「それは、今までと全く変わらんじゃないか!」
と再認識する小生なのであった。

 でも、
「それじゃだめだから、今まで結婚できなかったんだよなあ。。」
と袋小路に入り込んでしまった小生なのであった。
「是非、りくおさんにじっくり話を聞いてみたいと心から思う」
今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月28日(火)ぶれない姿勢

 朝一で、日テレOテレビの収録。
「さあ、今日も俺の軽快なトークでバッチリ決めてやるぜ!」
と思い、普段は使わないムースまで使っちゃって行ったら、ディレクターに
「スーツじゃなくて制服の方がいいのですが・・・・・」
と言われてしまい、出鼻をくじかれる。でも、みんな嫌がっちゃって、なかなか決まらない。最後は無理やり出てもらったのだけれど。、それこそ
「おもいっきり(笑)撮りなおしが続出した」
でもまあ、最終的にはいい画が撮れたんじゃないかしらん。。。

 お昼は近所にある、今話題の百貨店に勤務する友人と会食。やはり心なしか元気がなさそうだ。しかしながら、住んでいる豊洲のマンションは5000万で買ったのが、今なら7000万でも売れるとのことだ。
「奥さんはキャナリーゼか?」
と聞いたら、
「一応そういうことになる。。。」
とうれしそうではあった。

 同級生氏も言っていたけれど、
「当時両方受かったら、絶対こちらの会社に入っていた」
その判断は間違っていなかったと思う。しかし、ホント10年もすれば
学生の入りたい会社ランキング
なんてコロっと変わりそうだよね。

 たとえば、JALとANAにこんなに差がつく時代が来ると思っていた人がどれくらいいるか?ということだろう。でも、もっともっとこういう下克上というか逆転があるのが活力のある社会だと思う。
「たとえば野球だって、読売の凋落を予期した人がどれくらいいるのだろうか?」

 人気企業ランキングとは違うけれど、そんな世の中で
「300年も続いている虎屋さんを筆頭とした老舗、山本海苔さんなんかね」
こういう企業は本当にすごいと言わざるを得ない。

 小生の身近なところで、思い起こすと、やっぱり
りくおさんのことが思い起こされる」
この浮き沈みの激しい世の中で、
常に意気投合では他の追随を許さない!」
という状況は、たいしたものだと認めざるを得ない。

 やっぱり、今の世の中小生のように(笑)全てが平均で小さくまとまった人物よりも
「何か一点に秀でている人間」
が評価されるのだろう。

 しかも彼の場合、高校生の頃から姿勢が一貫していて
全くぶれない
というのがすごい。時代に流されず常に独自の価値観を貫いているからすごいのだ。他人の目や意見にばかり気をとられる小生とは格が違うということである。
 張本 勲さんのメジャー、特にイチローに対する評価なんかまさにそれ。政界ではちょっとニュアンスが違うけれど、小泉純一郎、平沼 赳夫、鈴木宗男氏(笑)なんかもそんな感じだから、一定の評価を得ているのだろう。

 小生のことを考えてみると、やっぱり
「遠征、野球、競馬」
という感じで、
「全くぶれていない」
と一見思うのだけれど、ファンのチームが変わったり、利用航空会社が変わったりと一貫していないように感じるけれど、前者は事実上全く別のチームになったし、JASも消滅しちゃったから仕方がない。

 しかしながら、こういう
「ぶれない姿勢」
が見合いの席で女性には受け入れられないのだと思う。色々な事柄にももっと柔軟に対応して見合いなどにも臨みたいが、なかなかそう簡単には出来ない。そういう自分が情けなく思う今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月27日(月)同業から認められる

 実は、一昨日あたりから右上の歯茎が腫れて痛いので、朝一で歯医者さんへ参戦。
 歯医者を選ぶポイントとして
「家の近くか、職場の近くか」
というのがあるのだけれど、小生の場合は学生の時から自宅の隣の歯医者さんへ通っているので、社会人になってからも継続参戦している。
 
 しかも、前の会社に勤務していたとき、一度だけ別の歯医者へ参戦したら
「ずいぶん丁寧な治療してますね、この歯医者さんはすごいですよ」
と言われたのだ。同業他社から褒められるというのは、なかなかの歯医者さんであるという証拠なのだろう。

 しかし三越と伊勢丹が経営統合するとは、夢にも思わなかった。三越が単独ではもう無理だというこは誰でもわかっていたけれど、最近の動きからして
「イオンに助けてもらう」
というのはストーリーだと確信していた。伊勢丹と三越って、両方知るものにとっては
「ここまで体質が違う会社もないなあ」
と思っていたからね。だけど、同じ救済されるならば
「スーパーよりは百貨店」
というのが最後の最後のところでの選択となったのだろう。

 ただ、一見そうは見えないけれど、同じ地域に競合店としてかなりあるのだ。伊勢丹は名乗っていなくても伊勢丹が主導するADOという全国の百貨店連合の店では思いっきり競合している。
 
 札幌の丸井今井・仙台の藤崎・新潟伊勢丹・銀座松屋・池袋東武・高松天満屋・福岡岩田屋・鹿児島山形屋など。このあたりの店とは、
「たとえばほとんどの店舗でお歳暮やお中元のカタログも一緒になったりするのだ。」
百貨店サイドから見ればスケールメリットが出るのだろうけれど、
「消費者からは違いが分からず、つまらなくなる」
といわざるを得ない。
 
 あと、伊勢丹は阪急と提携しているわけだけれど、三越はその阪急の目の前に店を構えることになる、銀座三越も総力を挙げて改装するといっているけれど、
「じゃあ松屋はどうなるのか?」
といった問題もあることはある。まあ、全体からみれば些細なことかもしれないけれど、業界内にいる人間にとってはこれからの動きが気になる。やっぱり、まだまだ再編というのは続きそうだ。

 ただ、たしかに今は伊勢丹の時代だけれど、
「あと10年経ったら分からないからねえ。。。。」
とはいえ、基本的に伊勢丹を好きでない小生でさえも、伊勢丹メンズ館スーパーメンズコーナーを利用しているように、他の百貨店にない商品がある。ということは、やっぱり現時点では他の百貨店とは格が違うということなのだろう。

 内閣改造、まあだからどおってこともない。これほど関心のわかない組閣も珍しい。人心一新っていったって、結構留任しているしね。そもそも、
「ある程度事前に誰が入閣するかというのが洩れるところがつまらない」
 土曜あたりから
「幹事長はバレバレだったし、増田氏、桝添氏とか事前に流れていたからね」
こういうところが、つまらないんだよねえ。。。。

 しかし、入閣できずに
「安倍氏に電話で25分猛講義した矢野氏とは何者なのだろうか?」
参院は露骨に順番で入閣するらしいけれど、それにしてもねえ。。。はっきりいって、抗議するのは勝手だし、そういう人は個人的には嫌いではない、むしろ好きなくらいだ。しかし、
「そういう情報がすぐさま報じられてしまうのはいかがなものかと思う」
おそらく、入閣濃厚だったのでテレビのクル-なんかが待機していたからだろうけれど、こういうのは情けないねえ。。。。

 夜は、若者2人と伴って
「シェーキーズ高田馬場店へ参戦」
何故、シェーキーズなのか?と問われるけれど、
「好きだから!」
としか答えようがないのだ、イタリア料理店の本格的なピザとは全く別物のジャンクフード的なピザがすきなのだ!しかも、
「今はなんと2000円オーダーバイキングを実施中」
なのだ、これを見逃す手はない!!
「サラダ、チキン、ソフトドリンクがついてピザ、ポテト、スパゲティはオーダーし放題!!」
弟子たちは、これに1200円のアルコール飲み放題をつけていたけれど、とにかく安いのだ!!!
20070827210935
(まずはサラダ)


 はっきりいって、ピザはランチバイキングに毛が生えたような感じのメニューなんだけれど、まあ食べ盛りの我々にとっては、これでよし。隣のテーブルでは中学生だか高校生だかがジュース飲みながら合コンみたいのしちゃっていて、非常に健全ですばらしかった。
20070827211459
(チキンとポテト)


 実はここの店長さんとは、すっかり仲良しになっていて、色々おしゃべりする。経営がキリンからロイヤルに変わって
「いかに今まで甘かったのか!」
というのを痛感したそうである。とにかく厳しいけれど
「シェーキーズが好きなので意地で続けていきます!」
と笑顔で答えてくれた。
20070827211548
(ピザを色々と。。。。)


 小生が、帰り際に
「あー楽しかった」
というと、
「そういってもらえるのが一番うれしい」
とのことだ。
「美味しかったよりも、楽しかった」
のがうれしい、というのはすばらしい限り。ちょっとイライラが続く毎日なんだけれど、同じ飲食業者としても応援したいと心から思う店であり、店長さんだ。
20070827213918
(デザートに?パスタ。。。。)


 冷静に考えると、40前の男が弟子を2人伴ってシェーキーズで食べ放題、しかも
「あー楽しかった」
というのは、
「ちょっとというか相当やばいのでは?」
と思うけれど、まあ仕方がないのだ。。。。

 しかし歯医者さんもそうだけれど、
「同業に認められる」
というのは大切なことだと思う。小生の場合も、まずは同年齢の独身男性に認められる必要があるということだろう。お見合い相手の前にねえ。。。なんてどうでもいいことばかり考えているから、男3人でシェーキーズに行かなければならないということを痛感する、今日この頃なのであった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月26日(日)限界費用

  8時起床、速やかに露天風呂へ。ここの露天風呂の温度は、41.7度、特別に高いとは思わないのだけれど、いつもすごく熱く感じる。よってあまり永く浸かっていられないのだけれど、朝は体温が低いせいか夜よりは長時間湯船に浸かれる。これは、サウナも全く一緒だ。とはいえ、昨日の滝本もそうなんだけれど、やっぱり夜の方が浴場にいる時間は圧倒的に永くなり、くつろげるのだ。

 入浴後は、朝ヴァイキングなんだけれど、さすがに昨日の夜食べ過ぎたのでオレンジジュースのみ。たた半年振りなんだけれど、メニューはかなりグレードアップしていたようだ。館内も至る所に手を入れたようで、意気込みを感じる。ホント唯一といっていい欠点は
「部屋が少ないので予約がとりにくい」
ということだけだと思う。

 普段ならばサンデージャポンを見ながら、チェックアウトまでのひと時楽しむのだけれど、なんと世界陸上とやらのおかげで放送がない。仕方がないので、再度就寝してからチェックアウト。フロントでは、わざわざ外山さんが
「いつもありがとうございます」
と出口まで見送ってくれるからうれしい、というかかなり恥ずかしいけれどね。

 実は、今回の札幌はクローバー賞に参戦する予定だったエンジェルギフト号の応援が主目的だったのだけれど、ご承知のとおり馬インフルエンザの影響で出走がかなわなかった。ということで、日程の大幅ば変更を余儀なくされたのであった。今週はJRA開催したけれど、馬の入れ替えの目処も全くついていないし、いったいどうなることかいまだに分からない。ちょっとというか、相当困った事態だ。

 いつもの
「魚一心」
さんでお寿司をいただくも、まだおなかが一杯なのと、突然の歯痛により5皿で早々に退場。ウインズでマイネルシーワ号の終了を確認し、札幌を後にする。
20070824132047
(旅の締めはコレ!)


 お帰りの便は20時30分。それまでは満席便が続くのだけれど、そこはスターアライアンスゴールドメンバーの底力。10分後の便に無事乗ることができた、しかも一応恐縮したふりをして
「わがままは言いませんけれど、なんとか通路側に・・・・」
とお願いしたら、無事6列目の通路側を頂戴することが出来た。
 
 そのまま検査場を通過して、ゲートへ行くと。まさに優先搭乗が始まった瞬間で、そのまららくらく機内へ。ただ、小生通路側なので後から必ず人が乗ってくるので、
「先に乗るのが本当にいいのか?」
という気もしないでもないけれど、荷物棚が空いているのは楽。
20070826141406
(空席待ちで、あっさり席をゲット!)


 そして、いかんせん小生は人間が小さいので、
「特別扱いは大好きなのだ」
優先的に空席待ちをさせてくれたり、ラウンジだったりも好きだし。グリーン車も好きだし、馬主席ななんかも好きだし、ホテルで融通してくれるのも悪くないし、飲食店で声をかけられるのも大好きなのだ。まあ、その程度の人間ではある。

 しかし、航空運賃が高く、しかも満席の便にタダで乗せてくれるというのはすごくありがたい。
「航空産業というのは限界費用がかなり低い」
結局、空で飛んでも、満席で飛んでもお飲み物代くらいしかコストが変わらないから、無料航空券というサービスが可能なのだろう。しかも、こういう繁忙期に全く取れないと、これまた逆に客離れになっちゃうから難しいところではある。(限界費用とは生産量をわずかだけ増加させたとき、総費用がどれだけ増加するかを考えたときの、その増加分を指す)
20070826142152
(やっぱりJよりAの方が上の感じがする)


 今回もJAL・ANA共に無料航空券を調べたら、JALの方は全く論外の状況であった。ところがANAは所々空席があり、しかも刻々と状況が変わっていた。

 これだけで論じるのは早計だけれど、やっぱり色々な意味でANAの方が進んでいるし、顧客満足度も高いと思わざるを得ない。そういう意味では、旧JASも大手2社より常に50円安い金額設定をしたりして、すごく楽しかったのに、残念といわざるをえない。この統合を認めた根来氏の罪はとんでもなく大きい。

 限界費用といえば、りくおさんの場合は航空産業同様かなり低そうだけれど、小生の場合はかなり高い。というか、とても無理。
「だから、たった一人でいいのだけれど、そこが難しいんだよねええ。」
なんて、ことを考えながら早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月25日(土)千歳・帯広経由札幌へ

 目覚ましは7時30分にセットしておいたのだけれど、7時に起床。夕べは11時30分に就寝したので、十分だ。颯爽と
「第五回入浴」
を1時間たっぷりと。。。。。澄み切った空の下で入る源泉かけ流しの露天風呂(加水あり)は
「最高・天国」
というほかに言葉が見当たらない。本当に本当に本当に名残惜しいのだけれど、滝本の湯を後にする。。。
20070824154255
(地獄まつりへ閻魔大王が出動!)


「次はいつ戻って来られるのだろうか?」
ここを後にするときは、本当にいつも思う。ホテル前から空港まで直行バスでおよそ1時間、これまた快適のはずなんだけれど、途中からお腹が痛くなってしまい、やっとの思いで到着後、トイレに駆け込む。。ひさしぶりに
「やっちゃったか?」
と思ったほどつらかったのよぉ。。。。

 まあ、出すもの出しちゃえば今度は食べたくなるのが人情だ。早速
「雪印パーラーでバニラソフトクリーム」
をいただく。ホント、
「休暇中」
って感じのお味がするのよ。
20070824132047_2
(濃厚っ!)


 快速エアポートに乗り込むけれど、1駅目の南千歳で下車。スーパーおおぞら号にお乗換え、一路帯広へと向かう。ここからおよそ2時間、ホントなにもない山の中を列車は進む。ウイルコムは論外だけれど、ドコモもほとんどの区間で圏外だ。雄大な景色を見ながらウツラウツラ繰り返すのも悪くない。空港駅で買った豚丼弁当だけはちょっといただけなかったけどね。
20070825122120
(冷めると食べられない。。)


 ソフトバンク系列の運営になってから、はじめての帯広競馬場への参戦。まずは場内を散策する、やっぱり明らかに綺麗になっているのがうれしい。肝心のトイレも手が入ったようだし、売店なども若干だけれどアップグレードしている。屋台も焼肉やビアガーデンなんかも出ちゃって結構な賑わいだ。

 子供向けの遊戯もあったし、なによりうれしかったのは
「マルタカのマッサージ機」
10分100円なんだけれど、予想しながら20分もやっちゃったからねえ(笑)
20070825144813
(マッサージ機とはうれしい)


 そして、特別観覧席が出来たのも素晴らしい。1000円でビールとソフトドリンクもつくらしいしね、ただ席の位置があまりにゴールから遠かったので入場は断念。でも、
「その意気やよし!」
だよねえ。。。場内にソフトバンクの携帯の出店があったのはご愛嬌。まあ、福岡ドームと同じだよねえ。。。。
20070825143410
(1000円の特観席)
20070825144737
(ホワイトプランはご愛嬌)

 肝心なレースのほうは、中荒れといった内容が続いて手ごわい。負け犬の遠吠えと言ってしまえばそれまでなんだけれど、全くと言っていいほど当たらず。しかしながら、ゴール前でかなり際どい争いをするレースが続いたのは好印象。大敗はしてしまったけれど、とにかく
「ばんえい帯広には頑張って欲しい」
心からそう思う。ただ、やっぱり帯広っていうのは遠いし、商圏として小さいよね。これが岩見沢くらいだったら、もっと盛り上がるだろうに。それこそ、そんなに敷地も要らないんだから、羊が丘くらいの場所にばんえい専門の新競馬場作ってくれないかしらん?
20070825144145
(熱戦が続く!)


 帰りの時間の関係でナイター開始前に帯広を後に。是非今後は泊りがけで参戦したいものだ。帰りのスーパーおおぞら号は、およそ2時間30分で札幌まで直行。グレードアップ車両らしく、非常に快適だ。これ以上は難しいし意味もないだろうけれど、札幌から片道2時間くらいで帯広に行ければうれしいよね。。。

 お腹も空いたので、まずは晩御飯。ジンギスカン日本一の
「さっぽろジンギスカン本店」
は閉店している時間なので、仕方がなく
「だるま支店さん」
へ参戦、例の事件で大々的にその実態が報じられてからは初の参戦となる。勿論、東京で食べるよりは全然おいしいのだけれど、抵抗感がない。といえば嘘になるよねえ。。。
20070825223323
(例の件は気にならないといえば嘘)


 口直しというわけではないのだけれど、高麗亭さんにて
「盛岡冷麺」
をいただく。お店の方も
「いつも、すみません。本当に冷麺お好きですね!」
と笑顔で出迎えてくれるからうれしい。。勿論美味しいのだけれど、今日は麺がちょっと堅かったようだ。
20070825230949
(発酵スープが美味)
20070825231003
(シコシコのツルツル)


 札幌の宿は、言うまでもなく
「ジャスマック」
と決まっている。今回も直前なんだけれど、なんとかしてくれた。やっぱり持つべきものは
「いきつけの店であり、いきつけの宿」
ということなのだろう。露天風呂に入って、長旅の疲れを癒し、仕上げは勿論氷イチゴミルク。

 しかし、小池大臣っていうのはなんですかね?自分でいきなり
続投しないし、他の大臣にも就任しません」
って。そんなことは総理大臣以外の人間には決める権限がないし、もしも話しが来たらそのときに勝手に内緒で断わればいいだけのこと。
 しかも、この間
「マダム スシ」
とか言ってはしゃいでたし、色々外遊もしてたしねえ。。。辞める理由も
「次官人事で揉めた責任をとる」
ってはっきり言えばよい。まあ、しかしながらあそこで官邸に乗り込んだ次官の言い分を聞いてしまう
「官邸サイドに愛想つかしました」
っていうのが本音だろから言えないか。

 しかし、さすがに今日は早起きしたし、結構な距離を移動したし、馬券はやられたし、ちょっと疲れたなあ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月24日(金)地獄?温泉天国?極楽?

 11時のANAで北の大地へと向かう。無料航空券は19時の便だったのだけれど、なんとかお休みをとれたので、早い時間への変更。つくづく
「当日空席があれば前の便へ変更可能」
というチケットはありがたい。小生の場合、まず普通運賃で乗ることはないので伊丹便の回数券を使うときは、変更可能だけれど、あとは無料航空券のときくらいだ。
20070826141952
(寝ている間に無事到着!)


 ちょっと心身共に盛大に疲れているので、盛大に眠る。スペシャルドリンクの
「マンゴージュース」
も終了しているようなので、盛大に眠る。気がつくと大きく左に旋回している、ということは一度札幌方向へ抜けてからの着陸だ。これの時は、少なくとも5分くらいは余計にかかる。結局10分強遅れての到着となる。

 まずは、お昼時なので
「味の時計台さんにて、辛味噌ラーメンもやし、野菜増し」
をいただく。何度も書いているけれど、特に美味しいというわけではないのだけれど、他に美味しい店がないからの選択だ。背の高いお姉さんがホールを仕切っているけれど、今日も当然のように動き回っている。こんな些細なことでも、いつ来ても、いつものように迎えてくれるから、北の大地はうれしいのだ。
20070824130305
(真っ赤かな辛味噌ラーメン)


 ラーメンと同時にビニールエプロンが配布された。なんでも、
「辛味噌は赤いのではねたときに困るだろう。」
ということらしいけれど、だったら味噌でも醤油でも小生はよく飛ばしてしまうので、希望者には常に配布して欲しいものだ。しかし、心にくいサービスといえるだろう。

 食後のデザートといえば、
「雪印パーラーのバニラソフト」
と決まっている。いつもは、これを食べて北の大地を後にするのだけれど、全く順番が逆なのも新鮮だ。
20070824132047
(濃厚っ!)

 一歩空港の外へ出ると
「雲ひとつない澄み切った大空、そして、湿気の少ない空気」が
飛び込んでくる。生き返った瞬間。。。。。
 
 道南バス、室蘭行き
「はやぶさ号」
に乗車、一路登別へと向かう。登別インターで登別温泉行きのシャトルバスへお乗換え。空港から温泉への直行バスは少ないのだけれど、これならば直行便と同じで非常に便利。しかし、はやぶさ号ってJRだか国鉄が商標もっているわけじゃないのね?
20070824133807
(はやぶさ号で登別へGO!)

 
 インターからおよそ5分、第一滝本館前で下車。
 速やかに、りくおさんご愛用の第一滝本館の目の前にある
「滝本インへチェックイン」
まあ、こればっかりは仕方がない。普通ならば速やかに第一滝本館の温泉へ参戦するのだけれど、今日は思いっきり時間があるので、温泉街を散策
祝いの宿 登別グランドホテル
さんのお日帰り入浴にて参戦を果たす。なぜ、祝いの宿に参戦したかというと、HPの写真を見ると、結構御風呂楽しそうなんですよね。
20070824160335
(相変わらずショボイ 滝本イン)

 
 で、実際入浴してみると
「しかし、プロカメラマンというのは偉大だ!」
ということだろう。ホテルの客室なんかも
「ものすごーく広くて、豪華に見えたりする」
けれど、それにしてもねえ。。。でも、写真の見栄えとの比較であり、どうしても滝本を基準にしてしまうからであって、それなりに悪くはない。ただ、そんなに長時間の滞在は難しいかもしれない。

 しかしながら、
「祝いの宿」
というのはどういう意味なのだろうか?
「還暦や銀婚式なんかにピッタリの宿」
という意味なのかもしれないけれど、どうにもお日帰りさまだけでは理解できなかった。やっぱり宿泊してこそ
「祝いの宿の意味が分かるのだろう」
けれど、残念ながら宿泊することはないだろう。
20070825093544
(祝いの宿とは?)


 前座を速やかに済ませ、いよいよ本番
第一滝本館 温泉天国
へ参戦を果たす。8月とはいえ、やはりお盆後の平日となると空いているようだ。非常にのんびりとのんびりと寛ぐこが出来る。
 「滝本の露天風呂を独り占め」
って最高の贅沢だ。およそ1時間ほど滞在して、無事第一回入浴を終える。
20070824154335
(りくおさんご愛用の第一滝本館)


 冷たいお茶を飲んでから速やかに
「フットマッサージ」
当初30分のつもりが、お姉さんの甘い言葉につられて
「40分+ハンドマッサージ20分」
と盛大にやってしまった。ハンドマッサージはフットマッサージと同時に施術されるので別名
「ハーレムコース」
とも呼ばれるらしい。ヘッドマッサージもあるので、同時に3人の女性に揉まれることが出来るらしい。

 結論から言うと、フットマッサージは今後も受けるだろうけれど、ハンドマッサージをお願いすることは二度とないだろう。。。。冷たいお茶を飲んでから
「第二回入浴を30分ほど。。。。。。」
さすがにフラフラに。。でも、気持ちがよいフラフラなんだよね!

 たっぷりと入浴した後は、勿論
「旅のもうひつのお楽しみである夕食」
ところが、ちょっとアクシデントがあったのだ。旅窓から予約した際に、なんと間違えて素泊まりにしてしまったのだ。慌ててお食事をつけてもらったけれど、こういう場合、お食事だけ頼むと3000円とかとられることがままある。と思ったら、なんと
「プラス1000円でオーケイ!」
まあ、冷静に内容を考えたら
「1000円は妥当」
なんだけれど、それにしても安い。これを2000円にしてもいいから
「多少のグレードアップを。」
と思う人はどれくらいいるのだろうか?しかし、まあ、いつものとおり鳥のから揚げや、チキンソテー、冷凍エビフライ、スパゲティなど
「これぞ北海道の味!」
というお料理が並んでいてうれしい限り。だけど、グラタンとかビーフチシューとかなくなっちゃって、密かにかなりグレードダウンをしていたようだ。まあ、どうでもいいけれどねえ。。。。。。。

 お部屋でひと休みしてから、
「第三回入浴」
を1時間ほど。。。。なんか浮世の垢をおとしたよね!

 入浴の後は、勿論
「氷いちご」
と決まっている。至福の瞬間だよねえ。。。普通ならば、この後はラーメンなんだけれど、晩御飯を一杯食べてしまったで断念。衝撃的だったのはラーメンやのおじさんが笑顔で
「今日は氷だけ?」
と聞いてきたのには、衝撃を受けた。常連さんとして認知されているのだろうか?(笑)
20070824210224
(やっぱこれでしょ!)


 「第四回入浴」
を済ませてから、ハゲタカ
「最終回 新しきバイアウト」
ホント、再放送なのに感動しちゃうよねえ。。。
 鷲津が
「社長には芝野健夫氏を考えています」
とタンカを切ったときが個人的には痛快で好きなシーンだ。家に帰って早速ビデオをもう一度見よう。

 温泉旅館に一人で泊まって、テレビドラマの再放送を見て
「一人で泣く」
というのは、相当怪しい39歳であることは間違いない。
「祝いの宿の写真を撮ったカメラマンに見合い写真を撮ってもらいたいなあ~」
と思いつつ、力尽きて早々に就寝。。。。。。。極楽極楽♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月23日(木)勉強せねば

 午前中、女性誌の取材対応。なんでも毎日スイーツのブログを更新する女性のことを取材する企画とのこと。どんな方が来るのかと思ったら、思いっきり地味でやせた普通の女性だったので拍子抜け。

 続いて午後からは韓国のテレビ取材の対応、どうやら韓国では人気のある番組のようで今回の企画は
「がんばれ韓国農業」
というような内容とのこと。日本における企業の取り組みを取材に来たらしい、和民の農園やトヨタの学校、静岡県知事、岩手県知事などへのインタビューも含まれているらしい。
20070823144035
(おそろいのポロシャツで来日)


 番組のレポーターだかコーディネーターの方が、超大手電機メーカーSの研究所で農業を専門にしているとのこと。韓国の大学を出て、東大へ5年間留学したことがあるので、日本語はペラペラ(笑)だ。プロフィールをみるとかなり有名な方のようで、著作もたくさんあり、大学も2つつくったとのことだ。ちなみに同行している方は、ノキアの名誉会長さんで、なぜか今農業をやっている方とか、とにかくスケールが大きい。

 ほぼ半日ご一緒させていただいたのだけれど、
「とにかく勉強になった、この人はすげえなあ〜」
と心から思ったね。色々興味深い話ばかりだったのだけれど、この方の生い立ちに衝撃を受けた。

 お父さんは早稲田大学出身なんだけれど、戦後戸籍を見て初めて自分が韓国人だと分かった。その瞬間
「俺は、絶対に祖国へ戻らなくちゃいけない」
と思い、両親を説得して一家で韓国へ戻った。(ご両親は自らの意思で戦前から日本へ来ていた)しかしながら、韓国語はしゃべれないので、ものすごい苦労をする。ただ、英語がしゃべれたのでアメリカ系の企業に就職することができた。
 
 そうしているうちに、朝鮮戦争が始まり。北に捕まって、アメリカに協力しているという罪で
「死刑の宣告を受ける」
そこへ、生き別れて北にいるお兄さんが登場して
「なんとか釈放される」
ところが、今度はお兄さんが南に捕まってしまうのだ。そこで今度は弟の計らいで減刑され
「17年間拘置された」
とのことだ。あまりにも衝撃的なお話に声もでなくなってしまった。

 これが隣の国で起こっている現実というのがすごい。あと、分かっていて聞いたのが
「やっぱり慶大は嫌われているとのこと」
これは小生が在学中の時にも留学生から聞いたのだけれど、
「うちの会社にも日本の大学へ留学した人はたくさんいるけれど、慶応はたった1人。勇気あるよね」
と改めていわれてしまうと、愕然としてしまう。

 このあたりの要因である
「征韓論・脱亜入欧」
については、福沢は誤解をされている部分が大いにある。そのあたりをうまく説明できない自分が情けない限りだ、ちょっと落ち込んでしまった。もっと福沢を勉強しなければならない、とも思う。といっても、小生が知る限りではかなり苦しいよね。このあたりは、ぐんぐんさんにでも解説してもらいたいとことだ。

 ところで、先日テレビでもやっていたけれど、とにかくウォンが高くなってしまったので、われわれが韓国へ行っても少なくとも安いという実感はまったくない。逆に、韓国の方は
「ゴルフなどは日本で安くできるから、頻繁に来る」
とおっしゃる。家電なんかも完全に韓国の方が上という評価もあるし、車だって韓国車が走っていないのは世界中で日本くらいだしなあ。。。。。
20070823180556
(玉川高島屋さんでも撮影)


 日本ブランドで唯一評価されているのが、
「なんとレクサス」
だという。トヨタだということは知っているけれど、ベンツやBMWよりもブランドとのことで、お医者さんなどは競ってレクサスを買うとのことだ。このあたりはトヨタの戦略が功を奏しているかは分からないが、たいしたものなのだろう。

 ちなみに、サンジャポで
「韓国ナンバーワンコメディアンと紹介されている ヘリョンさん」
んついては、実際のところは
「まあまあ、人気あるよ」
とのお答えが返ってきた。

 ホント半日であったけれど
「勉強になったし、すばらしい方とお知り合いになれた」
と実感したのだ。もっともっと外国の方と色々なお話をしたいと心から思ったのであったし、外国にも行かねばならないと痛感した。やっぱり、まずはニューヨークボストンへ参戦する必要があるのかもしれない。。。。。

 帰宅後、ハゲタカ
「第5回ホワイトナイト」
このドラマの好きなシーンのひとつが
「それはあなたですよ」
と鷲津の参謀役が三島につぶやく場面。この場面は、巻き戻して何回も見ちゃうんだけれど、
「見せ場だよねえ〜」
もう、しびれるくらい最高。いよいよ明日は最終回、半年前に見たのだけれど、なんでこんなに明日が待ち遠しくなてってしまうのだろうか?

 ところで、昨日東電が大口消費者に
「電気を使わないで」
とお願いしたとこと。普段はオール電化とか言っているくせに情けない。あと
「電気を大切に!」
とも広告しているけれど、彼らの本音はどっちなんだろうか?やっぱりたくさん使った方が売り上げや利益も上がると思うしねえ。。。。。

 小生の場合も、繁忙期に
「発注ミスによる在庫切れ」
を起こしたことがたびたびあり、空のケースの前に情けなく立ったことは一度や二度ではない。その時のせつなさと情けなさというのは尋常ではないのだ。

 一方であの話になると
「我こそは」
という女性が大勢押し寄せる必要は全くなく、
「先着お一人様限りで十分」
なんだけれど、なかなか登場しないのは、もっと切ないものである。なんて思う今日この頃なのである。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月22日(水)弘法筆を選ばず

 なみじゃない暑さの中、午前中から打ち合わせが続く。なぜか今日はテレビが多い、朝一で某局の通販番組の担当者と。テレビの通販というのは、数年前に一度試みたのだけれど、残念ながら時代が我々についていけなかったようで、ビリーのようにブレイクすることはなかった。いずれリベンジしたいと思っていたのだけれど、今度は慎重に試みなければならない。

 続いて同じ局の週末の大型情報番組。基本的には関東ローカルなんだけれど、部分部分で地方局でも放送がある。何回もお付き合いがあるのだけれど、はっきりいってあまりいいイメージがない。今回は、当店のある商品を紹介したいというのだけれど、なんとこの商品を食べたことがないとのこと。その言葉を聞いた瞬間
「食べたことないのに、なんで放送したいの?まず勝手に食べて美味しかったから紹介したい、というのが筋じゃないの?」
と悪態をついてしまったのだ。

 なんか、最近自分でもいけないとわかっているのだけれど、結構というか相当
「タカピーになっている」
のがよーくわかる。しかも最悪なことに相手によって態度を変えることがままある。たとえば、某経済紙やWBSなんかの取材には
「はい、はい、はい、なんでもやりますよ。協力しますよ!」
となるのだけれど、知らないような媒体だとそうはいかない。

 きっと対お客さんにも、そういう姿勢が伝わっていると思う。
「猛省せねば」
と日々思うのだけれど、
「とにかく全て平等に対応する人と時間の余裕がないので」
と自分に言い訳するのだけれど、そのうち天罰があたることは間違いない。というかもうすでにあたっているような気がしないでもない。。。。

 午後は、局を変えて9月で番組が終わるという、健康や人生相談なんかもやっている長寿番組の打ち合わせ。こちらは、すごく丁寧な取材を重ねているようで、かえってこちらが勉強になるくらいだった。これくらい丁寧に番組を作ってくれるならば、
「こちらも丁寧に対応しようという気持ちになる」
というのも本音としてあるのだけれどね。

西成活裕/著
「渋滞学」
読了。もっと交通渋滞のことばかりかと思ったら、さにあらず。余計なことが多く書いてあったので、飛ばし飛ばし読んでしまった。なんかもっと徹底的に
「首都高は阪神高速のように内回り一方向にするとか」
などの具体的な交通渋滞の解決方法を提案してくれるのかと思った。

「昨日の巨人×中日戦の視聴率6.9%」
まあ、別にだからどおってことないのだけれど、一応セリーグの首位攻防戦だからねえ。。。そもそも
「思い出したように、たまに放送するくらいなら一切放送しなければよい」
と思ったりもする、習慣で見ていた人も完全に撤退しちゃったぽいしね。

 昨日書いた、
「警官の無理心中事件」
完全なストーカーで、一方的に交際を迫っていたことが判明。だからどう考えても
「単なる現職警官による罪もない人を殺した殺人事件」
なんだけれど、無理心中という表現はおかしい。殺された女性のご遺族の方もたまったもんじゃないだろうに。

 警官の不祥事といえば、
「警察手帳を見せてキセル」
していたのが発覚、訓告だか戒告処分になったという。これってそんなあまい処分でいいの?
「完全に詐欺じゃないの?」
これ相当悪質だと思うよ、懲戒免職の上、逮捕しなきゃおかしくない?
「絶対警察は身内に甘い!」
としかいいようがない。

 本当に、この2つの事件は警官である地位、特権(銃・警察手帳)を利用した悪質極まりない犯罪であり、
「法治国家を根底から崩壊させる事件だと思う。」
なんて思っているのは小生だけなのだろうか?

 そういえば山本モナと不倫旅行した際に議員パスを使用したとされる民主党の議員も絶対許せないよね、民主党の議員といえば、
「横峯良郎議員」
これも見苦しい、議員にさえならなければ愛人に告白されることもなかっただろうに。。。。。

 ハゲタカ
「第4回 激震!株主総会」
を見てから早々に就寝。。。。再放送なんだけれど、とにかく引き込まれる。今日から登場した菅原文太氏の気迫というか迫力はすごい。勿論例外はいるけれど、このドラマに出演している役者さんたちは
「皆さんすごい!」
の一言。多分、安っぽいドラマと違って、演じるほうもやりがいがあるのだと勝手に思ったりもする。やっぱり役者を、より光らせるには
「よい舞台を用意することが重要」
ということのようだ。勿論、もともと役者さんに技量がないとだめだけれどね。

 そういう意味でも、小生も見合いが今までことごとく失敗に終わってきたのは、
「よい舞台が用意されていなかった」
ことが大きな原因と考えられる。やっぱり、H氏がプールを愛用しているパシフィックホテルなどからは足を洗い、三井と三菱による買収合戦が噂される帝国ホテルや、フォーシーズンなどに舞台を変えることを検討する時期が来ているのかもしれない。。。ただし、それは小生が
「一流」
ならばのお話だけれどね、もっとも
「弘法筆を選ばず」
という言葉もあるけれど、やっぱり
「見合いの達人と呼ばれるようにはなりたくない」
と思う今日この頃ではある。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月21日(火)臭覚を磨く

 イースト21ホテルにて昼食、ビーフカレーにサラダバー、アイスティーがついて1600円也。もちろんランチの予算は大きくはみ出るのだけれど、やっぱりオークラだけあって
「美味しい」
たまねぎをじっくりといためて煮込んであるし、大きなお肉もゴロゴロ入っている。サラダバーも、フォルクスよりアイテム数は全然少ないのだけれど、ポテサラは手作りだし、マカロニサラダもソーセージなんか入っている。ドレッシングも美味しかった。アイスティもやっぱり濃さがちょうどよい。

 やっぱり、ホテルというのは多少高いけれど、それなりのリッチ感を味あわせてくれる。このホテルは、勿論鹿島施工(笑)だし、立地があまりにも悪いのでそんなに混んでいないのがうれしい。。。。

 午後から新商品の打ち合わせ、女性のアドバイザーの方とお話していたら、お子さんが小学校6年生で来年中学受験とのこと。やはり、この夏は早稲田アカデミーの合宿で猛勉強中とのことだ。かなりセレブな方なので
「当然、早慶の付属が第一志望かしらん?」
と伺ったら、なんと御三家の一角を志望しているとのこと。理由を尋ねると
「大学受験をしたい、ここで付属に入ってしまうと将来行きたい学部がなかったら困るから」
とのこと。この回答にかなり衝撃を受けた。。。。
「すげえ、小学6年生だよねえ。。。。」
この子が特別かもしれないけれど、ちょっとビックリ。

 小生も中学受験をしたのだけれど
「とにかく、大学の付属に入って楽したい!!」
完全にこれだけがモチベーチョンだったけれどね。だから3校受けたけれど、全て大学の付属校だった。まあ、めでたく第一志望の中学に入ってのだけれど、そこで完全に
「燃え尽き症候群」
になってしまって、今日に至っていることは周知の事実だ。是非、小学六年生君には燃え続けていただきたいものだ。

 早めに切り上げて、マリンへ参戦。とにかく
「まだまだ暑い!」
終わってみればマリーンズ大勝のスコアなんだけれど、エラーあり、バント失敗ありのとても褒められた内容ではなかった。
20070821183408
(氷メロンをいただきながら観戦)


 今日のマリンは、とにかく風が強くて強くて、選手は大変だったと思う。フライが露骨に戻されてゆくのがよーく分かる。花火も風で流されてくるので、明らかにいつもより近くに見えた。
20070821194443
(すごい風で打球が全て戻される)


 帰りの湾岸が工事で渋滞していたので、車中で
「ハゲタカ 第3回終わりなき入札」
を見ながら、帰宅。
20070821194905
(夏休みは毎試合花火だ!)


 ところで、勤務中の警官が女性を銃で撃ち殺して無理心中をはかったという。無理心中ってことは
「単なる殺人だよね」
それも勤務中の警官が拳銃を使って。。。こんな大事件ちょっとないのでは?少なくとも朝青龍の問題なんかより1000倍くらい大きな事件だと思うのだけれど、そんなにマスコミ騒いでいないよね。
「やっぱり警察とマスコミの癒着なのか?」
それとも、
「そんなに大騒ぎするほどの事件と思っていないのか?」
ちょっと遺憾。しかも、どうやら退職金も支払われるらしい、
「これってちょっと異常だと思うのは小生だけなのかしらん?」
だって完全に犯罪者じゃん、ちょっとというか大いに納得いかない!

 サンダーオブハード3着。はっきりいって、まあこんなものだろう。日刊など◎が並んでいたけれど、ちょっと買いかぶりすぎだ。しかし、
「チャンスはあった」
だけに残念といえば残念。だけど、冷静に見れば飛ばし頃ですよ。長年競馬やっていると、さすがにそういう臭覚だけは磨かれてくるようだ。

 まあ、競馬や野球での臭覚は磨かれているかもしれないけれど、
「見合いでの臭覚というのは、何歳なっても磨かれないようだ」
いつも
「今回は大丈夫だろう!この人だ!」
と思うのだけれど、さにあらず。なんでもキャリアを積まなければならないのだけれど、結構見合いもキャリア積んでるんだけれどねえ。。。。
「やっぱりキャリア積めばなんとかなるものと、なんとかならないものがあるのかしらん?」
ということを実感する、今日この頃なのでhあった。。。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月20日(月)パシフィックホテル

 お昼から、生命保険加入についての問診を受ける。身長・体重・胸囲・胴囲を測り。タバコ検査、検尿、そして医師の診察となる。これが、非常に感じが悪いとしか言いようがない医師だった。そもそも診察はともかく、体重測定なんかは看護師さんがやった方が、お互いのためだったとは思う。

 当然のごとく
「いい体格してますけど、何かやってますか?」
「はあ、昔柔道を少々・・・・」
なんて低レベルの会話を少々。。。。

 当社から生保までは徒歩でおよそ10分なんだけれど、その程度歩いただけで汗びっしょりになる。小生、基本歩くことは好きなんだけれど、ここまで暑いととにかくきつい。それにしても連日
「熱中症で死者が出る」
というのは衝撃的だ。それもお外ならまだ分けるけれど、皆さん室内なのね。
「冷房嫌いな方って予想以上に多いようだ」
実際、会社にも
「冷房は嫌いだから絶対につけない」
と言い放つ方も結構いらっしゃる。まあ、こういう方はよろしいけれど、
「本当に生活に困っていて冷房がつけられない方」
もいるのだろう。10年くらい前だけれど、
「生活保護を受けていた老人が冷房を買ったら保護を打ち切られた」
というのがニュースになったけれど、今こんなことしたら完全に老人虐待だよね。

 夜は、大井町さん、H氏と会食。場所はもちろん
大井町 牛車
さんに決まっている。諸般の事情はあるけれど、基本的には同級生なので状況は似たりよったりなのだけれど「小生だけ独身」
といういかんともしがたい隔たりはあるようだ。
 しかも、皆さん着実に大人になっているようで、大井町さんのお子さんは小学校に入学し、ご自身も取締役に就寝するなど、まさに順風満帆の人生だ。
20070820192525
(いつもとおりの、安くて美味しい焼肉)


 H氏も浮き沈みの激しい世界で独自の価値観を元に、頑張っているよう。美味しい焼肉を食べながら大いに話は盛り上がる。
「やはり、中小企業にとって所有と経営の分離はありえない、うしさんの土曜日の日記は正しい」
「パシフイックホテルは家族でプールなどで楽しく過ごす場所であって、見合いの場所としてはいかがなものか?」
「牛車のカルビうどんは美味しい」
という結論が出る。

 しかしながら、あまりにも暑いのでコージーコーナーさんに場所を移して
「それは、きっとさぐられているんだ問題」
「都心のオフィスビルの賃料はとんでもなく高騰している問題」
「ニューヨークのホテルは高い問題」
「トップが旦那になってしまうのは困る問題」
などでさらに盛り上がるのだか、実際は近くのテーブルで男性1人、女性3人がみな一様に押し黙っている、
「いかにも揉めている集団」
に関心がいってしまい、お話がが上の空だったようだ。
20070820211906
(氷いちごも美味)


 小生は絶対男女間のトラブルと確信していたのだけれど、H氏は店長とバイトだ。と意見が全く分かれた、だけどどう考えたって
「あれは男女間のもつれの相談だけれど、解決の糸口が見えない」
って感じだったけどねえ。。。。

 あちらのテーブルが気になったからというわけではないのだけれど、最終的に話題の中心になるのは
「やっぱり、りくおさん
になってしまう。
「何故、小生のブログでりくおさんだけ顔を出しているのか?問題」
に始まって
「いくらなんでも、最近の日記は思わせぶりな表現が多すぎないか?」
という結論がでたところで、氷いちごと空調によって冷えすぎたのでお開きとなった。

 余談だけれど、小生の日記のリンク元がダウンしているらしく、ブックマークに入れていない読者が独自の検索でたどりついているようだ。
うし・ばんえい競馬・参戦
棚湯・ぷっすま
「うし・よろぴく」
うし・ブログ・遠征記
などなど、どれも
「なるほどなあ~」
と思ってしまう。まあ、そんなことはいいのだけれど、とにかく頭が痛くて、気持ちが悪くて、体調不良のため、
「ハゲタカ第2回 ゴールデンパラシュート」
を見て、早々に就寝。。。。。。

 しかし、ホント小生も一刻も早く
「パシフィックホテルを見合いの場ではなく、家族でくつろぐ場所にしなくては!」
と改めて心に誓う今日この頃なのであった。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月19日(日)ハゲタカ再び

 日曜の朝は、もちろん
「サンデージャポン」
朝青龍の状況について語っていた、朝青龍のマネージャーのご兄弟という方が
「サンデージャポンが好きなので、他の局・新聞には一切コメントしない」
とうれしそうに語っていた。

 小生も全く同じなのだけれど、なぜか同じTBSの、朝ズバッ・はなまる・ブランチなどは何回も取材依頼があってコメントしているのに、大変遺憾ながらサンジャポだけはない。もう、なんとかしてサンジャポに出たいと思う、サンジャポに出れればもうこの仕事辞めてもいいと思っているくらいだ。

 ちょっと心配だったのが、今日は21日分の船橋競馬の出走確定の日なのだけれど、11時過ぎに無事サンダーオブハードの出走が確定した。おそらく月曜日の開催が無事行われれば、南関東についてはなんとかなるのだろう。

 マリーンズ成瀬、小生は昨年浜スタで初勝利を観戦したのだけれど、こんなに急激に成長するものなのね。防御率1.82で始まって、普通に完封して1.70まで下げる。スピード表示はたいしたことないのだけれど、手元での伸びがあるのだろう。

 ライオンズ涌井も今日勝って15勝目を挙げた。この二人は横浜高校で1学年違い、ホント
「横浜高校恐るべし!」
と思う。

 どうも巷では、24時間テレビの熱湯風呂に入ったのに、全く熱がらないで
「実は熱湯ではない」
というテレビの裏事情を見せてしまい、スタジオ中をドンビキさせた
「小島よしお」
なる芸人の今後の人生のことで話題がモチキリらしい。当然のことながら小生は24時間テレビも見なければ、小島よしおなる芸人さんも知らないのだけれど、一応ユーチューブですぐに確認できるのだから、いい時代?になったなあ、とは思う。

 VTRといえば、拙宅の録画機は
「いまだにVHSだ」
どうも巷ではDVDやHDなんかが主流らしいけれど、全く対応できず。もちろんテレビも思いっきりブラウン管の29インチかなんかだからねえ。確かにドーミーイン仙台駅前で見たシャープのアクオスは綺麗に見えたし、民放のBSもみえた、それにしても民放のBSっていうのは誰か見ている人いるのだろうか?いかにも今ではお荷物になっているっぽいよねえ。。。

 しかし、
「よくシャープの亀山工場はすごい」
といわれている。大体、自ら
「亀山モデル」
なんて名乗っているしね。でも、よく日経ビジネスなんかで特集される
「偽装請負」
で登場することもままある。なんかトヨタのカンバン方式とやらと共に、鼻につく小生なのである。

 夜は待ちに待った
「ハゲタカ」
再放送。実は3月の放送の際、第一回目の初め10分は見ていなかったので、今回はとても緊張していた。オープニングだけ見てもさっぱり分からないけれど、それがドラマ後半につながるのよね。再放送のくせに、こんなに楽しみになるドラマは久しぶり。あと5日間堪能したい。。。。。

 深夜になってようやく、りくおさんのブログが更新された。夏休みを満喫されたようでなによりだけれど、やっぱり今のお子さんは
「ポケモンなのねえ」
日本橋高島屋の前にもポケモンセンターみたいなのがあって、昨年は大行列していたけれど、今年は列がなかった。張り紙を見ると、どうも撤退したらしい。
「ブームも終わりか?」
と思っていたら、そうではなかったらしい。結構、知らずに来た親子連れが呆然としていたからなあ。。。。

 おぎさん夫妻も週末はカナダで過ごされた模様。学がない小生は、カナダがフランス語圏ということすら知らなかった。本当にまだまだ知らないことばかりだ、やっぱり
「休みをとって、どこかへ行くことは勉強にもなるのだ」
ということを痛感。早速
「温泉教授・松田忠徳の新・日本百名湯」
を熟読して今後の予定を検討したい。 しかし、皆さんご家族連れで夏休みを満喫しているけれど、こうやって日記を書くと、テレビと本ばっかりの小生であることを確認。

 早く、一緒にカナダや温泉に行ける人を探して、子供を連れてポケモンに行きたいなあ。。。と思う今日この頃なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月18日(土)過剰包装

 土曜の朝といえば
「今週のどんど晴れ」
最初はこのドラマは見なかったのに、最近はすっかりまとめて見るようになってしまった。今週はどうしても納得できない展開に
「旅館の跡継ぎは長男の息子なのに、持ち株は次男の息子へ相続する」
という決断を大女将が下す。はっきりいって
「こんな最低な決断はない」
これで
「将来もめないと思っているのかしらん?」
百歩譲ってこの世代はもめないとしても、後々大きな火種になることは間違いない。非上場企業で株を持たない社長って基本ありえないと思う。上場を控える三池工業のように大きな会社ならばそれもありえるけれど、これは例外中の例外だと思う。

 開催予定の大井競馬、開催は行うけれど、大井在厩のみの開催とのこと。ようは、小林分場・浦和・船橋・川崎の馬は競走除外。こうなると、2鞍ある5頭立ての新馬は共に4頭立てになって、
「馬主さんはおいしいけれど、馬券売れないだろうなあ」
なんて思っていたら
「結局中止!」
1頭怪しいのがいたのが原因らしいけれど、中止したあとにシロが判明した。。。。。月曜からの船橋は開催するようだけれど、ちょっと今後が思い切り不安。火曜はサンダーオブハードも出走予定だしね。

 中央の場合は、
「どうなったら開催するのか?」
というのが見えてこない。思い切って全部感染しちゃって治っちゃうのを待つしかないのか?ただ、当然トレセン外との入れ替えがあるから、キリがないねえ。。これが長引くようだと、小生もエサ代だけは払い続けるわけだし、パンクしちゃう人が出てくるだろう。
 いかにも自転車こいでそうな
「専門紙業界」
とか危険だよねえ。。。新潟のホテルなんかも、ただでさえ地震の影響もあるだろうし。。。。

 昨晩見ていた爆笑問題の番組で、
「過剰包装」
のことが語られていた。この問題は、ちょっと深刻に受け止めている。はっきりいって、我々は
「究極の過剰包装みたいなもの」
だからねえ。。よって、今後突然過剰包装税みたいなのかけられてしまったら、一気に死んでしまうだろうし、結構真剣に考えていかなければならない問題ではある。

 たしか、韓国ではコンビニのレジ袋も完全有料だったし、ホテルのヒゲソリやハブラシもとんでもなく高い値段だったと思う。ホテルのアメニティに関しては、ほとんど使わないから
「廃止または有料」
にしてもらって全然かまわない。たしかに石鹸とか1回使ったらホテルとしては捨てるしかないわけだから、相当もったいない。

 もったいないといえば、
「もったいない知事」
が連想される。新幹線の栗東新駅だかは結局お流れになりそうだけれど、これに関しては
「あそこまで進んでやらないのは、かえってもったいない」
と思ったりもするけれどねえ。。。まあ、いずれにしても出来たとしても一生使わないだろうから、関係ないけどね。

 北の大地へ遠征中のM夫人よりメールが入る。小生がお奨めした
「丸駒温泉で入浴、すし善、六花亭、雪印パーラーでソフト」
と満喫しているとの報告だ。小生が推奨したコースをほぼそのまま実践し、満足していただいた。というのはこちらとしてもうれしいものである。

 本来ならば、小生も来週参戦するはずなんだけれど、いかなせん札幌競馬が開催されととしても、エンジェルギフト号の出走はなくなってしまった。ちょっとモチベーションがなくなってしまったなあ。。。。。

 文藝春秋
「証言 父と母の戦争」
ほとんど全てが読み応えあるのだけれど、
「佐藤優の母 十四歳の沖縄戦 ……佐藤安枝」
これが一番衝撃的だった、民間人を巻き込んだ地上戦というのは、沖縄以外日本国内ではほとんどなかった。それだけに
「いかに、とんでもない事態なのか?」
ということを私たちに伝えてくれる文章だと思う。もちろん、ご本人は書くどころか思い出すのもつらいのだろうけれど、勇気をだして書いてくれた筆者に心からお礼を述べたい。(もちろん、片時も忘れたくても忘れられない経験だろうけれど)
 民間人を巻き込んだ沖縄戦の前に戦争をやめられなかった責任はとてつもなく大きいと思う。

 りくおさんのブログでも読んでから就寝しようと思ったけれど、一向に更新される気配がない。他の人のブログはともかく、りくおさんのブログが数日更新されないと、
「かつての堀江氏のブログが更新されないのと同じ位心配なのは小生だけだろうか?」
今夜も心配で眠れない、ちょっと寝不足が続く今日この頃なのである。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月17日(金)分散投資

 朝一で日経の取材。今年は、とにかくあの商品についての取材が多いのだけれど、本格的なシーズンが終わっても続々と依頼が舞い込む。昨日も共同通信に電話でお答えしたばかり、共同の場合どの新聞でいつ記事になるか分からないので、ヤフーやグーグルなどで自分の名前を検索すると、突然地方紙のサイトで自分の名前を発見することがあるから厄介だ。

 日経といえば、
「三越・伊勢丹の経営統合」
今回の衝撃的な事件?も日経がスッパ抜いた。過去にもブルーウエーブ・バファローズ合併、日航・日本エア経営統合などのスクープがあったけれど、やっぱり
「山一證券終了」
というのが小生の記憶に中ではもっとも衝撃的だった。

 たしか北の大地へ遠征する早朝のJAS機の中だか、湯元第二名水亭の湯上りラウンジだかで見出しを発見して衝撃を受けたと記憶している。そして、翌日だか翌々日だかに、いまだに資料映像で流れる
「社員は悪くありませんから!!」
と泣きじゃくる社長さんの記者会見へとつながるのであった。

 今では完全に私人なのに、歴史の一こまとして、あの映像が1年に1回はテレビで流される元社長さんはかわいそうである。同様に
「内閣支持率の低下」
というニュースの資料映像として流れるのが我らが
「森喜朗君が、ナイキの帽子を被ってゴルフしている映像」
これと共に
「国会議員ラグビーで転んじゃうシーン」
もうしばらくは、この2つの資料映像が流れそうだから、いくら公人であり首相の後見人(爆)であるとはいえ、かわいそうな気も少しはする。

 明日の中央競馬、
「一転開催中止」
まあ、これは当然であり仕方がないところ。ただ、主催者であるJRAはギリギリまで開催する方向で努力するのは当然のこと。これを
「はじめから中止に決まっているだろう!JRA迷走」
などという批判は的を得ていない。
 2頭出走予定だった小生は、
「競走とりやめ金」
を頂戴することになる。規定ではあるのを知っていたが、まさか頂戴することになるとは思わなかったなあ。。。

 明日の土曜は、普段は開催しないTCKが開催予定だ。今のところ開催する方向らしいから、こうなったときに
「どれだけ売り上げが伸びるのか?」
大いに気になるところだ。

 「東証大暴落」
いかにも今日の下げでトドメを刺された。おそらく今のシステムって、買値よりも20%下がったら問答無用で売却とか社内規定なんかもあるので、下げが下げを呼ぶのだろう。今までの経験則からいくと、下げが続いて最後に
「ドカン」
と下がったら、基本的には底値。あとは、ジリジリ戻してゆく。つまり
「ここが絶好の買い場!」
と確信しているのだけれど、いかんせん手元不如意なので手も足も出ないところが情けない。やっぱりいざというときに動かせる
「現預金そして分散投資というのも必要ということなのだろう。」

 まあ、これに関しては投資だけでなく、賭け事でも同じで、小生の場合あくまでも基本は地方競馬だけれど、中央も少々参加したほうがいいし、今回のような事態に備えて競輪などの勉強も日々していたほうがよいのかもしれない。

 そして、肝心なあっちの方も、見合いに専念せずに
「友人の紹介、オーネット、ノッツエなどへも分散投資する必要があるかもしれない」
なんて積極的だか消極的だか分からない今日この頃なのである。。。。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月16日(木)生涯現役

 72歳になる高校のクラブの大先輩の訪問を受ける、もう20年来のお付き合いだ。
「この方は偉大な方で大変尊敬しているのだ」
日本有数の商社を定年後、子会社の副社長を65で再定年、普通はここで終わりなんだけれど、同業他社からお声がかかり役員待遇で移籍、70歳で3回目の定年を迎えた。

 普通ならば、どう考えてもここで終わりだろう。ご本人もシルバー人材センターなんかに登録したり、ライフワークである三田会活動に専念していたら、72歳の最近になって再び同業他社からお声がかかり、先週から勤務を開始したという。

 三田会活動に週2日使うので、週3日の勤務で新入社員の初任給よりは多い金額での契約とのこと。厚生年金が20万前半、そして企業年金が30万前後あるわけだから、働く必要って全くないのだけれど、やはり、いくつになってもお声がかかるのはうれしいようで、現役復帰となったとのこと。

 正直、尊敬せざるを得ない。商社マン特有の
「押しの強さ」
もすっかり影を潜めたけれど、生涯現役というのは本当に凄い。

 先日乗った個人タクシーの運転手さんも、たまたま72歳で、現役バリバリだった。毎日7時から5時まで乗って2万の稼ぎをノルマにしているらしい。月20日乗って、手許に30万残る。こちらも年金があるから、かなり生活は裕福であることは推測できる。
「孫が6人いて、全員大学に入る際に100万づつ配給した」
とうれしそうに語っていたのが印象的だ。

 「出来る限り仕事をする」
というのが健康法であり、金銭的にも余裕が出来るから精神的にも余裕がでるので、好循環が生じるのだろう

「小生が70過ぎて人から必要とされるか?」
というと相当自信がない。もちろん、今後の生き方次第なんだろうけどね。

 「JRAの理事長に初の生え抜き」
かなり衝撃的なニュースなんだけれど、今後の農水次官の再就職先はどこになるのだろうか?おそらく農林漁業金融公庫とかは、JRAに比べて目立たないから、そちらの方のポストはまだまだ温存されるのだろうけれど。

 そんな日に
「馬インフルエンザ発症」
とはJRAもついてない。まだまだ流動的だけれど一応、今週末の開催は行うとのことだ。小生の愛馬も2頭出走予定なので、なんとか無事開催して欲しいものだ。しかしながら、地方との交流は一切禁止になったので、来週のエンジェルギフト号の出走はなくなってしまった。これには、相当がっかりだ。無料航空券も宿も抑えちゃったしねえ。。。。。

 憂さ晴らしというわけではないのだけれど、情報収集を兼ねてTCKへ参戦。とにかく暑い、暑すぎる。。。
 とりあえず、なにをおいても確認しなければならないのが、
「コロちゃんコロッケ」
ある意味当たり前なんだけれど、お店のの形跡はすっかりなくなっていた。
20070816184500
(コロちゃんコロッケ跡地)


 お盆開催ということで盛況の場内では、イベントも盛りだくさん。
日本唯一の着ぐるみ専門ダンスチーム
「マイキーゴーゴー」
のショーに始まり、
「ザ・たっち」
のトークショーなんかもあったりして、豪華そのもの。

 マイキーゴーゴーとやらは、
「とにかく暑苦しい」
の一言。
20070816184700
(なんで真夏にこんなのブッキングしたの?)


 ザ・たっちのお二人は、とにかく
「あまりのしらけ方に衝撃を受けた」
二人とも、いかにも人はよさそうなんだけれどねえ。。。。
20070816192011
(ドンビキ)


 肝心の馬券の方も、遺憾な結果が続く。ブリーダーズゴールドカップもホッカイドウ競馬所属馬初勝利って言われてもねえ。。。。ようやく、最終で三連単まで的中して悪い流れを断ち切る。。。。。

 さすがに小生は、
「熱中症で死んだりはしないだろうけれど」
とにかく、暑さでバテバテ。なんだか気持ちが悪くなってきた。皆さん神宮花火とか見ていてつらくないのかしらん?仕込み、撤去のシミズオクトさんも大変だろうに。
「文藝春秋を読みながら就寝」
といきたいけれど、株も大幅に下げたしそんな気力も。。。。。。。
20070816190153
(馬も暑くて大変だろうに。。。)


 小生も70歳になって必要とされるかを心配する前に、
「今、女性に必要とされるようになる必要があるのでは?」
と心底思う今日この頃なのである。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月15日(水)大九州展参戦

 午前中、所用で新宿伊勢丹へ。開店直後だったので運良く目の前の駐車場に止めることが出来たけれど、すでに満車寸前の大盛況。本当にたいしたものだ。せっかくなので、メンズ館内にあるスーパーメンズコーナーへ参戦、ついつい半袖シャツ数枚を購入してしまった。

 実は、先日日本橋高島屋で購入しようとしたら、なんと小生の条件である
「首周り44cm、半袖、綿100%」
という商品が存在しなかったのだ。まあ、
「小生の首が太過ぎるからいけない」
といえば、そうなんだけれど、
「伊勢丹メンズ館にはしっかりと在庫があるのになあ。。。。。」
とは思う。

 本日初日の
「夏の大九州展に参戦!」
昨年も参戦したので、2年連続2回目の参戦となる。ここ2週間ほど九州からご無沙汰しているので、懐かしいお店ばかりだ。
20070815112126
(結構な人出)


 昨年は16区の三島シェフ自ら参戦していたので驚いたけれど、今年は三島シェフの系列である福岡チョコレート発祥の店
「チョコレートショップ」
などが目玉のようだ。小生はチョコレートを食べないのでパス。お隣にあった
「オペラ」
さんにてアップルパイを購入。こちらも三島シェフと関係がありそうで、とにかく福岡の洋菓子界は三島氏の息のかかった店が多そうだ。
20070815113223
(ホントはシュクークリームが美味しいらしい)


20070815210152
(アップルパイはまあ、普通かな?)


 とにかく魅力的な店や顔なじみの店多いので、どれも気になる。その中でも最も気になったのが
鉄なべ
さんに決まっているだのけれど、なんとイートインでなく冷凍餃子の販売のみ。試食もやっているんだけれど、電気で焼いているのよね。これじゃ、なんのために出店しているのか分からないよねえ。。。。
20070815112534
(冷凍餃子の販売のみとは。。。。)


 イートインのお店。ラーメンは福岡なのでいつでも食べれるということで
ログキットさん
にてスペシャルバーガーをいただくことにする。ちょっとカロリーが怖かったけれど、相変わらずのボリュウムと蜂蜜を使った甘めのソースがうれしい。
20070815113508
(ご挨拶されてしまった)


 デザートに
天文館むじゃきさんの しろくま
と思ったけれど、おかみさんが参戦していないようなのでパス。まあ、これはいつでも食べれるか?(笑)

 午後から羽田へ、今日は
「お盆をふるさとで過ごした家族連れのUターンのピーク」
ということで出発よりも到着ロビーの混雑が凄い。駐車場も満車で、ようやくP1の屋上に停めれたけれど、2時間ほど駐車している間に車内はとんでもない温度になった。

 涼を求めてロイヤルさんにて
「氷マンゴー、ストロベリー」
ロイヤルも窓際のカウンター席はかなり暑そうだ。
20070815135850
(涼を求めて)


 やはり昨日の
「ぷっすま」
の影響力は大きいようで、各所でお声がけをいただき、メールも複数頂戴した。しかし遺憾ながら
「我こそは!」
という独身女性からの声は今のところテレ朝に届いていないようである。やはり
「名前が間違っていたのがいけないのだろうか?」
ちょっと早急に原因の究明を急がねばならない。。。。。

 株価の下落も著しいし、少しでも取り返そうとTCKに連日参戦しているがかすりもせず、大敗を続けている。
「我こそは!」
も登場しないし、暑いし、いいことがさっぱりない今日この頃ではある。
 
 大九州展ではとても満足できない!
「早急に九州に帰らなければならない」
と思う今日この頃でもある。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

8月14日(火)お問い合わせ先

 午後から秋の新作メニューの試食。お昼を軽くして万全の体制で臨んだのだけれど、10品目もあり最後は一杯一杯になってしまった。仕事とはいえ、命がけだ?3時から4時だったのだけれど、すっかりおなか一杯になってしまい、夕食は食べず。

 コロちゃんコロッケ倒産。いくらなんでも
「1個50円は安すぎたのか?」
大井競馬場でも愛用していたからな。。。。。

 「白い恋人」
の石屋製菓さんも大変なことになってしまったようだし、新千歳空港のお土産やさんとか、市内の百貨店とかまさにお土産商戦のピークなのに、その打撃ははかりしれない。へたすると補償という問題すら発生しかねない。

 帰宅後、NHKスペシャル
「パール判事は何を問いかけたのか ~東京裁判・知られざる攻防~」
誰がどう考えても、この方の考えは正しいと思う。あとから出来た法律で前の出来事は裁けないからねえ。

 とはいえ
「日本は戦争に負けたのだから仕方がない」
そしてサンフランシスコ講和条約でこの裁判を受け入れたからね。
 そして、平和に対する犯罪といえば
「軍事施設以外への無差別爆撃」
「原子爆弾の投下」
などはまさに
ハーグ条約違反
そのものなんだけれど、結局のところ遺憾ながら
「勝てば官軍」
ということのようだ。

 そして、当時は
「戦争=悪」
という概念もなかったのだから、日本における戦争責任とは
「負ける戦争をしてしまった責任」
というのが基本だと思う。それを日本国民自身の手で総括してこなかったから、今日までスッキリしないのだと思う。

 就寝準備を完了してから
ぷっすま
この番組基本的に見ないのだけれど、
「なんで、こんなに永く続いているのか不明」
の一言。とはいえ、結構みんな見ているだよねえ。。。。放送直後にメールが殺到。。。。。。。
「密かに名前間違えられたのだけれど」
さすがにこれを指摘した方はいらっしゃらなかった。
 
 なんだかんだいっても、放送前は緊張するので、
「ほっとした」
ことは事実だ。せっかくなら、名前もいいけれど
「39歳 花嫁募集中 お問い合わせはここまで・・・・
とでも紹介してくれれば、よかったのに。と後悔しきりの小生なのであった。

 しかし、ホント
「われこそは!」
と思って
「テレ朝に問い合わせてくる方はいないのかしらん?」
と思う今日この頃なのであった。。。。。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

8月13日(月)何を書かないか

 今日はさすがにひと段落と思っていたら、さにあらず。まだまだ午前中は
「お盆を故郷で過ごす人たちで、各交通機関は・・・・・」
ということのようだ。ただ、夕方になると落ち着いてきた感じで、ようやくいった平静をとりもどしつつある。不思議なもので、
「一方、東京の空の玄関羽田空港は、昨日までと打って変わって普段と変わらない感じとなった」
やはり、さすがにこの時期の高い飛行機代を払って遠征する人は最低3泊くらいはするのかしらん?って感じがする。

 皆さんどういうチケット買っているか知らないけれど、この時期は特割もないため
「羽田ー福岡 片道35800円!」
となる。一家四人で帰省したら20万はかかっているわけだよね。それでも帰省するということは、やはり
「お盆を故郷で過ごすため」
ということなのだろう。故郷のない小生にとっては、とても理解できない状況だ。やっぱり
「盆と正月が一緒にやってきた!」
という言葉が成立するくらい、おめでたいイベントということなのだろう。

 昨日の日経によると島田繁太郎 海軍大臣の日記が発見だか、公開されたとのこと。とにかく、この方は評判が悪く、東条の腰巾着とまで言われ、陸軍と渡り合える人物でもなかったようだ。日記が出てきてさらに酷評されている。小生の敬愛する保坂正康氏は
「責任感が全く感じられない」
と酷評しているようだ。そして
「日記は、何を書いているかも大事だけれど、何を書かなかったのかも大事だ」
とも述べている。

 まったくもって、おっしゃるとおりである。小生など包み隠さず書いているけれど、肝心な部分をオブラートに包んで、思わせぶりな表現に終始している方もいらっしゃるようだ。これについての評価は
「後世に譲りたい」
と思う。

 帰宅後、そうめんを食べながら
NHKスペシャル
「A級戦犯は何を語ったのか~東京裁判・尋問調書より」
を見る。この週のNHKはこの手の番組が多く放送されるから見逃せない。しかも日曜からは、あの
「ハゲタカ」
の再放送もあるから、忙しくてたまらない。

 しかしながら、一方の民放も負けていない。明日8月14日23時45分から放送(一部地域を除く)
ぷっすま
もかなりレベルの高い内容と聞いている。こちらも見逃せないところだ。

 こうして書いているとテレビばっかり見ていると後世の方に判断されるのも困るので、一応読書も。。。こういう疲れているときは、楽しい本が欠かせない。ということで
「温泉教授 松田忠徳著 温泉旅館格付ガイド」
を熟読、この秋以降の遠征プランを練りつつ就寝。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月12日(日)1馬と朝の茶事

 今日は昨日よりは勢いが落ちると思っていたけれど、さにあらず。報道2001が始まる時間には大変な混雑となったのであった。とにかく時間がドンドン経過するだけなのであった。。。。とにかく暑いし、夕方までにペットボトル6本を飲んでしまった。JR東日本オリジナルのミネラルウォーターが1本110円とお得なのがうれしい。余談だけれど、伊藤園の
「朝の茶事」
という緑茶も140円というこで10円安いので結構買ってしまう。しかし、この10円の意味というのはどうなのだろうか?
「おーいお茶」
は一応キオスクでは150円で売っているからねえ。セブンでは120円だけれど。。。。。。

 こういう10円下げるなどの価格競争でもっとも評価しているのが、
「1馬」
だ。中央競馬の競馬新聞なんだけれど、他紙が一律410円なのに、1馬と同社から出ている競友は400円を守っている。シェアは1位なんだけれど、
「他の新聞よりも掲載レース数を多くする」
「早い時間に印刷する」
「紙質を落とす」
などの独自の戦略は出色だ。浮き沈みの激しい競馬社会で常にシェア1位というのはたいしたものだ。ちなみに小生は中央では新聞を滅多に買わないけれど、競馬ブックを愛用している。少なくとも小生にとっては10円の差は消費動向に影響がないということなのだろう。
 多分、500円になっても買うときはブックだと思う。おそらくほとんどの人がそうだと思うけれど、きっと新規参入の読者獲得競争からは脱落するのだろう。

 でも、新聞は嗜好性が強いから10円は影響が少ないけれど、お茶は嗜好性が弱いので?10円の差が選択に影響を与えるのかもしれない。

 競馬といえば、今日はマイネルスカール号のデビュー戦。サクラバクシンオーの肌に、マイネルラブという
「誰がどう考えても1200向き!」
と思える馬がを芝1800に使って大敗させる中尾秀師というのは何者なのだろうか?さっぱり理解できない、送球に転厩必要があるのだろう。っていうかどうしても納得できない。

 今日は、他にもどうしても納得のいかないことがあったので、早々に退場。憂さ晴らしで歌舞伎町へ。知らない焼肉屋に入場したのだけれど、
「タレでなく塩とレモンが中心だという」
まあ、それはいいのだけれどレモン汁がなくなったので、追加したら
「なんと追加のレモンは有料だという」
こんな不愉快な日は久しぶりだ。しかも、生ビール1杯と焼酎1杯で疲れているせいか気持ち悪くなっちゃうしねえ。。。。

 いまどきVHSに録画しておいたサンデージャポンを見てから早々に就寝。。。。
 それはいいのだけれど、サンデープロジェクトではわれらが森喜朗君が
「福田・谷垣・古賀君などを重用すべきだ」
と後見人気取りで人事についての持論を展開したという。しかし、こういうの聞いて
「さすがは森君だ、いいこというなあ。安倍君は後見人の言うことを聞くべきだ!」
と思う人はどれくらいいるのだろうか?

 今回はどんな人事やったって
「お友達人事・派閥均衡人事」
とどちらかにとられるに決まっている。そう考えると、小泉氏は暇さえあれば自民党の議員名簿を熟読して人事に情熱を注いでいたという。

 まあ
「自民党をぶっ潰す」
といって、地方の自民党をぶっ潰されたり、人事の天才と比較されたり、安倍君も同情の余地はある。さすがに森喜朗君に対して
「これしかないんだよ」
といって、外国のビールと干からびたチーズしか出さない、っていう芸当も出来ないだろうしねえ。。。。だけど、今考えて
「何故、森君が握りつぶした空き缶をわざわざ持って出てきたのか?」
というのが不思議ではある。
「官邸にリサイクル用のゴミ箱はなかったのだろうか?」
最近は、ああいう面白いシーンが政界から少なくなったなあ。。。。

 小生もお盆は働いてばかりだけれど、いつの日か子供を連れて、
「ポケモンスタンプラリーにでも行ってみたい」
と思う今日この頃だけれど、その前に
「母親にでも連れられた見合いラリー」
にでも参戦する必要があるような気がする、今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月11日(土)人々は何故ふるさとへ?

 今日は帰省のピークということで、早朝から東京駅へ。
「とにかく人・人・人」
こんなに人がいていいのかしらん?と思うくらい大勢の人がいる、しかもとにかく暑さも半端じゃないから、
「どうして、皆さんこんなつらい思いしてまで・・・・」
と思うけれど、まあ
「お盆だから」
ということなのだろう。しかし、電車に乗る前の段階で具合が悪くなる方ってたくさんいると思うよね。東京駅の医務室なんて、フル稼働なのではないだろうか?

 とにかく一日がすごいスピードで流れてゆくので、あっという間というかなんというか。とにかく、暑いし疲れた。駅構内には臨時の切符売り場なんか出来ているけれど、JRの社員のすさまじい。よーくネームプレートを見てみると、首都圏各駅からの応援社員であることが分かる。中には白いジャケットをまとった駅長さんもいらっしゃったようだ。しかし、この暑さの中ジャケットを着るのも大変だろうけれど、上着って絶対みたい。

 だけど、こういう普段第一線で接客していない方というのは、こういう時お客さんから聞かれて明確に対応できるのだろうか?先日も地震で新幹線が止まったとき、仙台駅の駅長さんも改札で対応していたけれど、
「いかにも慣れてなさそう」
って印象を受けた。まあ、それこそ仙台駅長さんなんてJR東の中でもかなり偉い方なんだろうけれど、まあ非常時に現場で指示だけでなく接客する姿勢はよしとすべきだろう。

 ちょっと気づいたのが、若者で楽器持っている人が多い。やっぱり肌身離さず楽器って持ち歩くべきなんだろう。もちろん、毎日練習しなきゃならないからね。まあ、小生がレッツノートを持ち歩くのと一緒なんだろうけれどね。そう考えると、昨年かなんかに東京駅のコインロッカーで高いバイオリンが盗まれた事件というのは、かなり狂言っぽいよね。

 お疲れさんで、
「ビール1杯 30分だけ!」
と思い、坐和民さんへ。たしかに、時間は40分くらいだったのだけれど、お値段は
「2人で7800円」
どうしてこんなことになったのだろうか?さっぱり理解できない。。。。。。。

 ちょっとグッタリしたので温泉教授松田忠徳著
「温泉旅館 格付ガイド」
を見つつ就寝。。。。。。。

 しかし、故郷がある方が故郷へ行くのはよーく分かるけれど、小池防衛大臣というのは
「いったい何しにアメリカへ行ったのだろうか?」
全く分からない。まあ、
「そこにアメリカがあるから」
と言われたら、何も反論は出来ないけどねえ。。。。総理総裁の目も全く0ではない雰囲気まで出てきたけれど、ちょっと小池氏が総理になったら困るよねえ。それには、まず時期総選挙で
「小林興起氏に頑張ってもらうしかないのだろうか?」
とはいえ、先日の参院選でも全く相手にされなかったからなあ。。。。

 まあ、
「小生もいつも見合いで、全く相手にされていないので」
人のことは全く言えないなあ。。と思う今日この頃なのである。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月10日(金)2つの顔と第一人者

 世間では、いよいよ今日の午後あたりから、
「お盆休みを故郷で向かえる人たちの帰省が始まる」
ということのようだ。なかなか最近東京では、
「きゅうりに割り箸さして・・・・・」
という風に本格的にやるご家庭は減っているだろう。しかししかし、ちょっと地方へ行くとまだまだ盛大に行っているようだ。九州などは、大きなかごに造花と缶詰がギッシリ入っているのが、百貨店でも特設コーナーを設けて販売されているようだ。

 夕方から東京駅も大混雑、とにかくすごいとしか言い様がない。今でこそ小生はこの時期東京から一歩も出れなくなってしまったが、サラリーマン時代はホントこの時期しかお休み取れなかったからね。猛暑・大混雑の中札幌競馬や、新潟競馬、かみのやま競馬なんていうのも参戦したものだ。

 とにかくクタクタになって帰宅したのだけれど、身体も死にそうだけれど、金銭的にも精神的にもツライ。
「この数日の株価の下げはなんですか?」
せっかく、塩漬けの塩を振り払っていたのに、また上からドサっと塩かけられたんじゃ、またさらに漬け込むしかないじゃないですか。。。。。。

 朝青龍問題?でモンゴルの第一人者として
「松田忠徳教授がコメントしていた」
どっかで、見たことあるし、聞いたことあるなあ。。。と思ったら、なんと小生の敬愛する
「温泉教授と同一人物だった」
温泉かモンゴルかどちらが本業かは分からないけれど、こういう風に2つの顔を持つというのは格好いいし、なんか説得力もある。

 こう考えてみると、
「小生の本業、第一人者とにしての顔というのはあるのだろうか?」
たとえば、おぎさんの場合は、
知識経営としての第一人者のようだ」
ぐんぐんさんの難癖にも懇切丁寧に対応しているしねえ。。。

 そして、りくおさんはやっぱり
意気投合の第一人者
と呼ぶのがふさわしいのだろう。ただ彼の場合
「2つの顔」
という表現にものすごく説得力があるなあ。。。。

 こう考えてみると、小生の場合
「遠征・競馬・野球・見合いなどなど」
とにかく広く浅いという印象がある、やっぱり、まずは
「見合いの第一人者」
と呼ばれるように頑張る必要があるのかもしれない。しかし、見合いの第一人者っていうと普通は、
「仲人というか仲介の人」
のことを指して、
「見合いの当事者を指すのはちょっとおかしいのでは?」
と思う今日この頃なのである。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月9日(木)最低の食生活と末期的症状

 8月8日ということで、
「フジテレビの日」
と昔は盛大に騒いでいたようだけれど、まあフジテレビなどほとんど見ないからだろうけれど、勝手に騒がなくなったようだ。今は27時間テレビを放送する7月下旬の方が大騒ぎなのだろう。

 しかし、冷静に考えてみれば
「母の日って、8月8日の方が適してませんか?」
やっぱり真夏だと、さすがに暑すぎて消費に直結しない。ということなのだろうか?それとも5月の第三だか第二だかの日曜には意味があるのだろうか?

 あとどうでもいいのだけれど、今年から
8月10日は焼き鳥の日
焼き鳥の業界団体が決めたらしいけれど、そんな業界団体があったとは知らなかった。ということは、勝手に居酒屋とかで焼き鳥を始めると、
「モグリは困るよ、ちゃんと登録してくれなくちゃ」
とか業界からクレームがついたりするのだろうか?JASRACみたいに
「串1本につき、いくら払いなさい!」
って通知が来たらすごいよね。
 あと、焼き鳥サミットが5月に東京で開催されたとのことだけれど、サミットって言われてもねえええ。

 いわゆる首脳会議以外でのサミットといえば、スーパーのサミットには1度参戦したことがあるし、あとは
「日米レスリングサミット」
かつてWWF(現WWE)が日本初上陸した際に、全日本、新日本も交えて行った興行のタイトルだ。当時は、天龍×ランディーサベージの一戦に熱狂したものだ。

 あんまりにも暑いので、お昼はココ壱にて
「メンチかつ・野菜ミックス・4辛・ゆでたまご・らっきょう」
をいただく、なんだかんだいって小生ココ壱へは週に2回は参戦している。カレー専門店ってなかなかうまくいかないのだけれど、その中では圧倒的な存在に成長している。京王線沿線のC&Cやレインズのカレキチ、吉野家のPOT&POTなどへ参戦することはまずない。
20070809131227
(いかにも身体に悪そう)


 9時過ぎに退社、むしょうにピザが食べたくなったので
「シェーキーズ高田馬場店へ参戦」
昼は一杯なのに、夜はいついってもガラガラだ。でも、小生こういうジャンクフード的なにおいのするピザ好きなんですよねえ。シェーキーズは昼はすごく安いと思うのだけれど、夜は高い。と常々思っていた。しかしながら、なんと
「2000円オーダーバイキングが登場!」
これは、ピザ・パスタ・ポテトが食べ放題。ワンドリンク・サラダ・チキンまでついて、税込み2000円だから相当お得といえる。
20070809211312
(ピザとポテトは前菜)


 まあ、はっきりいって頼みすぎて、終了してしまったのだけれど、個人的には大満足。しかし、昼ココ壱で、夜シェーキーズって、一応飲食業に従事する40前の食生活とは思えないよねえ。。。。。
20070809211530
(なんて言われようがすきなのよシェーキーズのピザ)


 明日からに備えて早々に就寝。。。。と思ったのだけれど、9月になるだろうけれど、今年はしっかり休みをとろうと思う。色々な意味でちょっと限界を超えている。
「たまにはニューヨークでも行ってみようかしらん?」
しかし、小生とニューヨークって似合わないよねえ。。。。
 
 おぎさんに相談したら、なんとニューヨークのホテルは1泊3万するという。しかも小生の必須条件である
「有線LAN・朝食バイキング・大浴場・衛星版日経」
これを満たしてくれるホテルは、とても見つからないという。全然話にならないよね。ホテルの値段といえば、東京だとリッツとか、ハイアットって6万するじゃないですか!それが、大阪だとリッツだって運がよければ2万で泊まれるからなあ。。。物価というのは、場所場所によってえらく違うものなのね。

 ということで、小生にとって米国はあまりにハードルが高そうなので、再考する必要がありそうだ。いずれにしろ
ラムネ温泉で心を洗った
はずなんだけれど、疲れが全くとれない。とにかく遠征が必要なのだけは間違いない今日この頃なのである。。。。

 ここまで書いたのだけど、実は今日は8月9日だったのね。ちょっと末期的症状。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月8日(水)格差社会を実感

 昨晩放送の
「ズバリ言うわよ!スペシャルの視聴率 なんと23.4%」
とのこと。まあ、小生も含めてなんだかんだいっても
「他人の不幸は面白い」
ということなのだろう。梅宮父は
「もう8年も前のことだから、関係ない。羽賀のことで度々皆さんが来るのは不快だ」
というのはすごーく理解できる。何年たっても言われるから、確かに不快だし、
「忘れたい」
の一心だろう。

 しかしながら、アンナ本人は
「私は給料制でなく完全歩合制」
と言っている、今回の出演だって
「羽賀が逮捕されなければ、なかったでしょう」
ともっとも分かっているのが、アンナさん自身なのだから、そのあたりのプライバシーを切り売りして視聴者に
「かわいそうだなあ。。。でも馬鹿だよねえ」
と思わせて、楽しんでもらうのが仕事と割り切っているのだろう。

 扇千影著
「決断のとき」
読了。読了というか、1時間もかからず読めてしまう本。ご本人が書いている?部分はすごーく少なく、当時の国交省の次官や秘書官などが、
「このときの大臣はすばらしかった」
というちょうちん文章が延々と掲載されている。外環とか羽田の国際化とか、北朝鮮の不審船とか色々と活躍したようだけれど、役人がみんな口をそろえて
「扇大臣だから何十年も進まなかったことが進みました」
みたいに書かれると、ちょっとねえ。。。。
 そもそも
「役人に絶賛される大臣って国民には評価されないでしょ普通」
と思うけれどね。

 テロ特措法への協力要請に来た、米大使を待たせたうえ
「協力要請を拒否」
米大使が野党党首のところへ来た、というだけでも大きなニュースなのに、お待たせしたうえ、
「事実上の門前払い」
にするというのは、たいしたものだ。会場も会議室みたいなところが写っていたけれど、応接とかないのかしらん?とにかく、米大使の
「なんでこんな奴のところへ頭下げに来なきゃなんないんだ!」
という屈辱的な表情が画面を通じて伝わってきた。

 ただ、最終的にこれ
「どう落としどころを見つけるのだろうか?」
完全に通さなかったら、前原氏みたいな勢力が黙ってないでしょう。そして、言っていることがあまりにも正論なので、いざって言うときに、これを撤回するのは難しいと思う。

 今のところ、この夏も特に予定がないのだけれど、米国在住のおぎさんが
「交通事故の処理をしていた」
というのは驚きだ。高校の時は同じクラスだったのに、いつの間にか
「結婚はするし、米国でご活躍だしなあ」
なんで、こんなに差がついたのか知りたいところではある。

 これまた同じクラスのりくおさん
海に行ったり、プールへ行ったり、花火を見たり
と盛大に夏を満喫している。ホント、なんでこんなに差がついてしまったのだろうか?

 小生だけ取り残されてしまったようで、なんとも切ないものだ。
よく格差社会について、
「スタートラインが違うのだから競争にならない。それ以前の問題だ」
といわれるけれど、小生の場合は
「スタートラインが全く同じで、こんなに差がついてしまった」
というのは、100%本人に責任があるのだろう。
 
 やはり、もう一度冷静になって自分を見つめなおす必要があるのだろう。それには
鹿児島へ行って砂蒸しにはいり、黒豚を食べ
大分でラムネ温泉に浸かり
福岡でもつ鍋や、鉄なべ餃子を食べ」
大阪でカレー焼うどんをいただき「北の大地で、第一滝本館の湯につかる」
などなどの癒しが必要である、
「早急に現実逃避の準備をしなければならない」
と思う今日この頃なのである。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日(火)松涛幼稚園とズバリ言うわよ!SP

 自民党代議士会で安倍首相退任を求める声が相次いだという。以前、高知空港からの飛行機にご一緒した中谷元防衛庁長官、高校の先輩でもある石破元防衛庁長官など、小生となじみの深い方々だ。ほかにも数名いらっしゃったようだけれど、中でも小坂前文部科学大臣は出色だった。

「首相は、安倍か小沢かで投手(党首)戦を挑み、敗れた。国民はピッチャー交代を求めているのだから、自ら続投を求めるのでなく、監督に意見を求めるべきだ」
と発言、まあ
「党首と投手」
をかけたわけだ。ご本人は考えに考え抜いて
「やった!」
と思ったのだろうけれど、ちょっと場違いなノリだっただろう。小坂氏のプロフィールを見ると、慶大法学部法律学科卒、日本航空勤務とある。まあ
「赤字幅が縮小したとはいえJALの限界・沈まぬ太陽」
を見たような気がした。

 サンデー毎日によると
「名門松涛幼稚園が閉園」
とのこと。これはちょっとショック、なにを隠そう小生の通って幼稚園なのだ。名門とあるように、今で言うところのセレブのご子息が多く、小生は完全に場違いで浮いていたと思う。交通の便が悪い場所にあり、基本母親運転の車による送り迎えが必須。お車は当然のことながら、ベンツやBMといったセレブ御用達のお車ばかりで、国産車の方が少ないくらいだった。

 授業には英語なんかもあったけれど、全く役に立たなかったと記憶している。今でも忘れられないのが母親が元ミス日本のご子息、いつも運転手付きの黒塗りで登園していた。たしか夏休みの宿題で水族館をテーマにした工作があったのだけれど、彼の作品は
「どう考えても幼稚園生の作品ではなかった」
運転手さん4人ががりで運び入れちゃってさあ。。。もちろん、小生もお手伝いというか実質全部作ってもらったのだけれど、
「ものには限度があるでしょ!」
と子供ながらに思ったものだ。

 そして当然なことに、大勢のお友達が幼稚舎に受かるわけですよ。まあ、小生はご縁がなかったのだけれど、このときのせつなさというか、寂しさは6歳のいたいけな子供にとっては到底耐えうるものではなかったなあ。。。ホント、人生最初の選別を受けたと思った。

 結局彼らというか彼女らとは中学で再会することになるのだけれど、こっちは全く覚えていないのに向こうは覚えているようで
「久しぶり、受かったんだ」
とこられたときは、びっくりしたものだ。こちらはまったく記憶がなかったのでねえ。。だけど、6年も経っていて幼稚園のおともだち覚えてますかね?やっぱり、そのあたりが小学校受験の勝者と敗者の大きな差とも思えたものだ。

 名門幼稚園といえば
「松涛・若葉会・枝光会」
が御三家と認識していたけれど、この一角が終了するとなると勢力図も大きく変わってくるのだろうか?ただ、そもそも若葉会って松涛からお嫁に行っているし、まあどうでもいいけれど。ただ、小生の人生設計としてやっぱり
「子供を松涛幼稚園に通わせる」
というのが計画に入っていたのだ、まあ普通ならとっくに結婚して、子供ができて、とっくに通っていなければならないのだから、自業自得といえるのだろう。だけど、自民党は麻生太郎君の時代が来たようだし、なんとかならんかいな?

 まあ、しかし今の時代の
「お受験」
というのは、小生の時とは比べ物にならないくらい大変なんだと思う。とはいえ、
「なんとかそういう苦労も少しはしてみたい。」
と思う今日この頃ではある。

 帰宅後
「ズバリ言うわよ!スペシャル」
ゲストは梅宮アンナさん、たしかにスペシャルにピッタリの人選だ。話題は当然羽賀容疑者ことばかり、泣きじゃくるアンナに対して
「先生に会いたかったんだろ?」
とか
「いい、もう羽賀のことは終わったことだから言わなくていい」
ってそれを言わせるために呼んだんだろ。それ以外のことなんか誰も聞きたくないでしょ。というように、まあやりたい放題、言いたい放題。しかし、最後に登場した娘さんは、かわいかった。ちょっとあれだけかわいい娘さんもいないよね。すぐにでもモデルで稼げるだろう。なんだかんだいっても、視聴率高そう。。。。。

 どうでもいいけれど、先日の参院選で当選した小林議員の秘書が逮捕。選挙の大学生アルバイトに金払ったっていうんだけれど、
「これは、あまりにもひどい逮捕」
これで逮捕するのなら、徹底的に逮捕しないとダメでしょう。もちろん、世の中にはボランティアで選挙手伝っている人も大勢いるだろうけれど、現実はねえ。。。。まさか、これで議員辞職に追い込まれたらちょっと怖いよね。
「もちろん、単純に買収だったら論外だけれどね」
でも、そもそも3人区の神奈川で、多少のことしたって意味ないと思うけどなあ。。。

 ただ、そうなった場合は
「公明対民主」
で補欠選挙になるのだろうか?

 公明といえば、
「領収書1円から提出しよう法案」
を独自でも提出する可能性があるという、これ相当楽しい流れだよね。ますます、楽しくなってきた参院選後の国会である。

 鹿児島が
「ロッテキャンプ拒否」
拒否ってことは、やっぱり鹿児島県だか市がお金払ってるのかしらん?マリンの広告は
「歓迎 キャンプ地 鹿児島」
って二箇所にあるけれどね。

 そういえば、鹿児島にもしばらく行ってない。真夏の砂蒸しというのも、死にそうに暑そうだけれど、そろそろ行かねばならないだろう。大分・福岡へは行ったけれど、北の大地への参戦プランも本格的に練らねばならないし、そろそろ
「再チャレンジ」
の時期が来ているのかもしれない。とはいえもちろん
「見合い」
も再チャレンジしないといけないと思う今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月6日(月)ソリューション

 4日振りの出社、デスクのパソコンが変わっている。前のパソコンはずいぶん永く使っていて、とにかく調子が悪かったので新規購入。OSは当然ビスタでなくXP、基本的には何も変わらないのだけれど、モニターも19インチになってすごく快適。

 のはずなんだけれど、いろいろと厄介なことも生じる。まずは
「パスワード」
これ全てクリアされてしまうのね。前のパソコンには公私あわせて数多くのID・パスワードを覚えさせていたので、かなり困ってしまった。ただ、もっともこまるのがミクシも見れなくなったので
りくおさんの動向が把握できなくなったこと」
これに尽きる。
「えっ、りくおさんにはブログがあるじゃない?」
といわれると、そうなんだけれどねえ。。。。まあ、それだけでは分からないことも世の中にはあるということなのだろう。。。

 家電のP社から電話、
「今、当社ではX社と組んでソリューションのご提案をさせていただいております」
とのこと。X社でソリューションといえば米国留学中のあの方である。門前払いにしたけれど、小生のような低レベルの人間に売り込む場合まず
「ソリューション」
という意味不明の横文字でなく、もっとわかりやすく説明してほしい。
「システム屋さん」
ということなのだろうか?
 
 なんか、支店などの現場に監視カメラを設置して本部で全て見られるようにする仕組みのご提案らしい。社員の不正対策や、現場の把握などが目的なんだろうけれど、どうなんだろうかねえ?ちょうど今週号の日経ビジネスにヤマダ電機の記事があって、ヤマダはまさにこのやり方で業界首位を奪取したらしいけれどねえ。。。

 おぎさんは、
ナレッジマネジメント
についてご自身のブログで説明されているようだけれど、このあたりについても教えてほしいものだ。

 日経ビジネスといえば、
「敗軍の将 兵を語るスペシャル」
と称して、片山氏をはじめとした参院選落選組みの敗戦の弁が掲載されていた。どうでもいいけれど、テレビで落選した議員に
「安倍続投をどう思いますか?何か言いたいことはありますか?」
とインタビューしていたけれど
「敗軍の将 兵を語らず」
とのお答えだったけれど、それを言うならば
「敗軍の兵、責任をとららない将を語らず」
ではないだろうか?

 朝青龍問題なんだけれど、
「横綱の品格ってなんだろうかね?」
そもそも
「相撲に品格ってあるのだろうか?」
協会の幹部をはじめとした皆さんはお持ちなのだろうか?年寄り株の問題とか、本気で税務署がつついたら色々大変だと思うけどね。

 このまま引退したら、彼絶対
「八百長問題について語ると思う」
個人的には、大鳴門親方や板井さんのように是非とも徹底的に語ってほしいものだ。

 しかし、朝青龍を診察した医師が、包茎手術の専門家だったというのも驚き。とりあえず一回モンゴルに帰ってもいいから
「その間は謹慎期間に含めない」
という妥協案はどうですかね?やっぱりこのまま謹慎させて本当におかしくなったら
「責任問題というか、国際問題になっちゃう」
と思うのだけれどねえ。。。。

 しかし、内閣支持率もとうとう20%まできてしまった、
「選挙で民意を示しても辞めないのだから、当然世論調査なんで気にしない」
どう考えても
「これから状況が一気に好転するとは思えない」
けどねえ。。。。

 まあ、小生もまったく同じで
「いくら見合いしたって状況が好転するとは思えない」
のだけれど、
「ひょっとしたら!」
という切ない願いを持って生きる今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月5日(日)マリンへ参戦

 別府に引き続き、福岡の夜も眠れず。ラムネ温泉に浸かって心まで洗われたはずなんだけれど、思うに血液の循環がよくなりすぎたような感じがする。
「とにかく火照って火照って・・・・・」
冷房を強くしようとしても古いホテルなので個別に強くならないしねえ、なんか毎日眠れないよねえ。。。。。

 朝食をパスして、午前中は
「ぼーっと」
すごす。九州はサンジャポも見られないし元気がでない。外はものすごく暑いのだけれど、意を決して天神へ、いつもの
「大福うどんさん」
に参戦、ここも
「あら、久しぶり!」
と皆さん笑顔でお出迎え、いつもの
「お手軽うどんすき」
を汗をかきかき、いただく。もちろん大変美味しいのだけれど、なんか感動がない。体調のせいかしらん?
20070805121229
(うどんすき食べてもスッキリせず)


 帰りの便はもちろんANA、機材がジャムボ、しかも満席でのご案内だったので
「スーパーシートプレミアムへアップグレード」
小生はポイントを使用したけれど、普通に買ったら4万円だからね。いくらなんでも高いよねえ~

 お酒を飲まない小生はあまり得をしないけれど、お隣の方は
「ビール2本、缶チューハイ」
と盛大にやっている。こういう方はいいなあ、小生は帰りの便ももちろんマンゴージュース。いきなりANAのスーパーシートプレミアムでこれみよがしに開くのはどうかな?とも思ったのだけれど、
「日経トレンディ JAL×ANAどっちに乗る?」
を熟読。まあ、結論から言うと
「ANAの方がいかにも良さそう」
ということが書いてある。正直言って、このあたりの感覚は皆さん同じではないだろうか?JALは旧JASと旧JALが一緒に乗るようになってからは、旧JASのよさもまったく消えたし、すっかり小生もAの付く航空会社を優先するようになってしまった。

 体験レポートみたいなのを読んでいて、驚いたのがJに乗って、機内食の際
「卵がだめなんです、何かないですか?」
と尋ねたら、C/Aさんが困ったように
「では、かつ丼はいかがでしょうか?」
とやっていたこと。これいくらなんでも
「ホントかよ!」
と思うよねえ。。。。。

 王監督でおなじみの和菓子メーカーさんのお菓子は、ちょっと疑問符がついたけれど、やっぱりスーパーシートプレミアムはリラックスできる。すっかり元気になって羽田へ到着。

 湾岸経由、幕張まではおよそ20分。メッセ駐車場は、ポケモンかなんかをやっている関係か大混雑。かなり奥というか手前に止めることになった。ポケモンといえば、JRもスタンプラリーだかですごいよね、羽田にもお子様がたくさんいたけれど、ちょっと勘弁してほしい。
20070805193711
(マリンへは今季初参戦!)


 なんと8月になって、ようやく今年初のマリン参戦。指定が売れきれなら不参戦だったけれど、福岡空港のラウンジでネット経由でS指定をゲット。これは楽チンだ。とにかく
「暑い、暑い、暑いよマリン!」
ただ、上空には強い風が吹いているので、それが救いだ。

 ファイターズは、先日京セラドームで見たときに
「なんで、これで首位なの?まったく打てないじゃん」
と思っていたとおりの内容。あのヘンチクりんな外国人が奇跡的に打ったけれど、よくあんなの使ってるよね。よくしらないけれど、田口そっくりの31番が三塁守ってるしねえ。。。そもそも幸一に2安打されているようでは、話にならない。
 
 これは両チームに言えることなんだけれど、理解できない投手継投が多かった。ファイターズ先発の吉川は風邪を引いていたからか知らないけれど、とにかく高めに抜けるボールが多くてアップアップ。5回福浦に打たれたところで、交代だと思った。次のサブローに打たれてようやく橋本に交代したけれど、ワンテンポ遅い。もっと理解不能なのが、8回2死からのマイケル投入、登板間隔が開いているからだろうけれど、武田が抑えているだけに流れが断ち切られた感じ。
20070805194612
(花火がきれいでした)


 マリーンズは、逆に小野を代えるタイミンングはちょっと早いし、なにより防御率18点の藤田の投入には場内どよめいた。薮田の投入も一人早かった感じだ。しかしながらまあ、、なによりマー君の誕生日を勝利で祝えたし、花火も見れたし、真夏のマリンのナイターも悪くない。9時30分に試合が終わって、10時30分には自宅に戻るのだから、こういうときは車は便利。
 
 りくおさんは、やっぱりお子さんの夏休みということで盛大にやっているらしい。そんな中で
忙しいといふのは言ひ譯にしか過ぎません。しかしながら、物事がいい方向に轉ぶのはとても氣持ちいいものです。」
と記されているけれど、
「何がどう、いい方向に運んでいるのか?」
これがさっぱりわからない。

 そして、
今日の名言
鳴かぬなら あたしが鳴かう ホトトギス
「鳴かぬなら いつしよに鳴かう ホトトギス」
これも、
「あたしが誰?いっしょというのは誰と誰?」
さっぱりわからない。

 今日にいたっては
いろいろ自信を無くすこともありますが、前向きに永い目で決斷することが大事です。」
なんだか、思わせぶりな言葉ばかり並んでいて、さっぱりわからない。

 悩んでもさっぱりわからないので、熱めのお風呂にゆっくりと入り
「完熟の清水白桃」
をいただいて、早々に就寝。。。。。。

 しかし、なんか九州に行ってもスッキリしないよね。そろそろ北の大地へ向かう必要があるのだろう。というか、あまりにもいつも同じ場所へ行っても飽き始めているのも確かだ、そろそろ今回の
「長湯温泉 ラムネ館」
のように新規開拓をする時期に来ているのかもしれない。温泉教授の本でも購入してユックリ遠征のプランを練る必然性があるのだろう。
 まあ、しかし遠征のプランもいいけれど、
「見合いのプラン」
も練らないと、いい加減人生やばいよねえ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月4日(土)体を洗わず心を洗うラムネ温泉

 夕べは結局4時過ぎまで眠れなかった、とにかくいびきで
「イライラ」
してしまい、どうにもならず。しかも、あれだけビールを飲んでいるから当然トイレに起きるわけですよ、その隙に寝ようとするのだけれど、トイレから戻るとこちらが就寝する前にもうイビキが再開しているのだから手に負えない。ということで、いつもは早起きなのだけれど、9時にようやく起床。とりあえず
棚湯
に浸かったのだけれど、いつものように心底リラックスすることができず。朝飯も隣で弟子はご飯3杯も喰ってるしねえ。。。。。。

 いつもならリラックスして、生き返ってチェックアウトなんだけれど、すっかりストレスが増幅されての退場となったのであった。さすがに、このままの状態では東京に帰ることができないので、かねてから注目していた
長湯温泉 ラムネ温泉館」
に参戦することにする。大分道を湯布院で降りて、あとは一般道を延々と進むのだけれど、おとといの台風の影響で所々通行止めの区間もあり、木が道路をふさいで、辛うじて通れる箇所もあり、台風のすごさを見せ付けられた思いがした。
20070804113840
(台風の傷跡が!)


 大分は日田天領水もあるくらいだから、名水がたくさん湧いているのだろう。所々、ポリタンク持参で水を汲んでいる家族連れの姿が目立った。小生もせっかくなので、ペットボトルに汲んでいただいたけれど
「こりゃうまい!」
って感じはしなかったけれど、冷え冷えで飲みやすかった。
20070804113510
(湧き水をいただく)


 別府からおよそ90分かかって、ようやく長湯温泉に到着。この長湯温泉は町全体で
「源泉かけ流し宣言」
をしたことでも知られている。たしか、温泉教授も絶賛していたと記憶している。

 早速、
ラムネ温泉館
へ入場、なんとも雰囲気のある建物。小生、ラムネ温泉に関しての予備知識はほとんどなかった。
「泡が出ている温泉らしい」
という程度におもっていたのだけれど、ビニールハウスの中に露天風呂があり、温度は30度くらいととても冷たい温泉なのだ。そこに30分程浸かることになる。体温よりも低いのだから、身体が冷えるはずなんだけれど、入っていると身体中に泡がついてくる。そして
「ポカポカしてきて気持ちがよい」
とてもリラックスできるのだ!正直、いくらでも入っていられるのだけれど、初心者は30分程度に。と書いてあるので、30分で退場。今度は、42度の内湯に浸かる。これまた、気持ちがいいんだよねえ~
 泡の正体は炭酸なんだけれど、どれくらいの濃度かというと
なんとバブの12倍!」
との表記がある。よくわからないけれど、とにかくすごそうだ。
20070804125222
(日本じゃないみたい)


 ちなみに、ラムネ温泉では石鹸などを使って体を洗っている人はいない。入り口に大きく
「体を洗わず心を洗うラムネ温泉」
「石鹸は使わないでください」
と書いてある。確かに、心まで洗われたようで、すっかり気持ちよくなった。

 湯上りに
「湯上りラムネ」
をいただけば、本当に心まで洗われたよう。
「温泉教授・松田忠徳が絶賛した」
だけのことはある、小生もぜひ近い内に再び訪れたいものだ。
20070804124658
(湯上りはやっぱりラムネ?)


 小生は助手席で昨日の睡眠不足を取り戻していたのだけれど、弟子は道を間違えたようで福岡までは2時間以上かかってしまった。しかし、九州の山道を気分よくドライブしたと思えば、それもまたよし!マーチ号は3日間で570キロも走ったのだから、よくがんばった。
20070804132601
(牧歌的な景色が続く)


 一足先にスカイマークで東京へ戻る弟子と別れて、小生は再び日航ホテルへチェックイン。天神へ出向き打ち合わせを済ませ、
鉄なべさん
に参戦、3人で餃子10人前、焼きそばほかをたっぷりといただく。本当に、本当にここの餃子は美味しいよね~。。。。。
20070804182950
(餃子日本一宣言!)
20070804184830
(焼きそばもメチャ美味しいのだ)


 濃い温泉にも入ったせいか、今日は大いに疲れた。早々に就寝することにする。。。。。
「やっぱり九州は最高!」
つくづく再認識させられた今日この頃なのである。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月3日(金)棚湯満喫できず

 普通、台風一過の朝というのは
「雲ひとつない快晴」
と思っていたら、さにあらず。まだまだ小雨が降っている、日経・日刊・毎日を読みながら朝食をいただく。相変わらずここの朝食バイキングはいただけない、スタッフは結構な数がいるのに補充もままならないよう。建物は古いけれど、こういう点は全日空ホテルに分があるように思う。

 今日は大分への移動、九州道・大分道経由なんだけれど、なんと大分道は
「日田インターから先が通行止め」
との表示、さすがに雨風は止まっているので、下手すると土砂くずれかしらん?結局、日田から延々と国道を走るのだけれど、これが結構きつかった。ところどころ激しい渋滞も発生しちゃって、普段の倍の時間かかってようやく大分に到着。

 中心部と郊外にてお打ち合わせをすませる。郊外というのは、わさだという場所のショッピングセンターなんだけれど、これが予想外に立派な設備でびっくり。結局、これじゃあ皆さん中心部へ行かないで、車で行けて色々な専門店や遊びの施設のある郊外のショッピングセンターへ行くのも頷ける。。

 2時過ぎに遅いお昼ご飯、
「大分名物 とり天」
とり天とは、その名のとおり鳥のてんぷらなんだけれど、あまずっぱい天ツユにカラシを入れたものにつけて食べる、これ大好きだ。しかも、ここのお店はうれしいことに、大分の野菜を使ったお惣菜が食べ放題なのだ。かぼちゃの煮付け、ひじきなどたっぷりいただく。
20070803142717
(大分名物とり天)


 大分の宿といったら、もちろん
棚湯
でおなじみの
「別府杉の井ホテル」
に決まっている。ただ、大きな問題が発生。さすがに夏休みということで、お部屋がひとつしか確保出来なかったのだ。その中でも救いは
「和洋室」
ベットが2つの洋間と6畳くらいの和室がセットになっているやつだ。小生が洋室に、弟子が和室に陣取る。

 なにはともあれ、
棚湯
へ参戦、参戦したのはいいのだけれど、とにかく混雑している。ここまで多いと結構ツライ。しかも、サウナにはものすごく芸術的な方々が3名も陣取っているし。。。。。あとねえ、
「温泉がとにかくぬるいのよ。」
多分、アジアの方々への配慮となんだろうけれど、樽湯なんてぬるくて入っていられない。はっきりいって、ちょっとがっかり。。。。。お客さんの8割くらいが外国の方だから仕方がないのだけれど、なんとなくマナーというか雰囲気もねえ。。。。
200605311724001
(これが棚湯だ!)


 いつもならば、1時間は
棚湯
に滞在しているのだけれど、今日は40分ほどで退場。7時過ぎからバイキングをいただく、まあこれについては
「まあ、こんなものだろう」
ってところ。
20070803191249
(夏休みはお子さんで一杯)


 お食事の後は、楽しみにしていた
「アメリカンスーパーマジック&レビューショー」
ただ、先日のプリンセス天功のアクシデントの影響で中止になるのでは?と密かに心配していたのだけれど、8時キッカリに、無事アメリカンスーパーマジック&レビューショーの幕が上がった。。。。
20070803200455
(美女が輪切りに!)


 まあ、内容っていうのは
「美女?が消えたり、輪切りになったりするやつ」
ばっかり。なんだけれど、小生としては大いに楽しめた。あっという間の1時間なのであった。。。。
20070803210049
(観客10人も消えた!)


 ショーを楽しんだ後は、もちろん再度
棚湯
なんだけれど、とにかく混み方が尋常じゃない。ホントゆっくり入っていられないよねえ。。。。。もちろん、こんな夏休みの繁忙期に参戦するほうが悪いのだけれど、もう少し温泉はゆっくり入りたいよねえ。。。まあ
「そういう人はそういうところへ行ったらいい」
と言われると返す言葉がないのだけれどねえ、まあ今後の課題だ。

 早々に退場して弟子と一献。弟子はなんと生ビール飲み放題を注文。大ジョッキ(800CC)2杯、中ジョッキ(500CC)を飲んだだのだけれど、彼は晩御飯の時にも中ジョッキを2杯飲んでいるから、
「計3リットル」
ビール飲んでいるわけだよね、どうにもこういう人は理解できない。。。。お腹一杯にならないのかなあ。。。。
20070803214749
(ビールばっかり)


 後は寝るだけなんだけれど、大変な事態が発生。とにかく
「弟子のイビキがすごいのだ」
ちょっと尋常な音じゃない。とにかく眠るどころでなく、聞いているだけで不愉快になってくるのよ!もちろん、小生のイビキが凄いことも認識しているのだけれど、凄すぎるのだ。
20070803220744
(小生はもちろん、氷)


 眠れないので、マッサージを頼む。普通ならは気持ちよくなって眠れるのだけれど、それもかなわず。結局3時過ぎまでモンモンとしてしまった。。。。。まあ、小生のイビキでいかにご迷惑をかけていることが分かっただけでもよしとしなければならないのだろうか?あんまりいい一日でなかったなあ。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月2日(木)台風の博多でもつ鍋

 どう考えても、これから台風が直撃するであろう場所へ、わざわざ向かうというのは他人から見れば理解不能だろう。しかしながら、どうしてもこの日程でしか動けないので、9時過ぎの便で北九州空港へ向かう。

 北九州といえばスターフライヤー、2度目の参戦である。しかしながら、6月からANAとのコードシェアが始まったので、マイルも加算されるし、搭乗回数も加算されるのだ。今回の九州出張は色々なルートが想定されたのだけれど、繁忙期なのに特割もあるし、なんといってもスターフライヤーの機材・乗務員による運行なので北九州インを選択。

 いきなり、
「バスによるご案内」
という手荒い歓迎を受けるが、スターフライヤーの機体は格好いいし、シートも快適。動き出してエアコンが入った瞬間に
「機内が真っ白になったのはご愛嬌」
お飲み物のミネストローネと日田天領水もセンスがある、特にお水をペットボトルでくれるのはなかなか気が利いている。機内で飲まなくても頂戴してお持ち帰りすべきだろう。
20070802090610
(黒い機体で台風に向かって進む!)


 当たり前だけれど、台風が接近しているので結構派手に揺れる。そもそも同時刻の宮崎・大分便は欠航しているのだ。ただ、小生は思いっきり眠っていたので全く気にならない。いつもの羽田空港の混雑により出発が遅れたのに到着が定刻より早まったのはすごく不思議。もともとダイヤに余裕があるのだとしたら、素晴らしいことだ。

 北九州空港は確かに風は強いけれど、雨は降っていないし降った形跡もない。マーチ号にて北九州市内へ向けて出発。およそ40分で無事到着したのだけれど、ここから雨が降ってきた。慌ててビニール傘を購入、まずはランチということで、うなぎで有名な
田舎庵さん
に参戦。セイロをいただく、タレがご飯にしみていて美味しい。蒸してあるのでとにかく熱々。2000円のをいただいたのだけれど、まずまず満足。ただ、以前柳川でいただいたセイロの感動が強烈だったので、それほどは。。。
20070802121022
(熱々のせいろをいただく)

 北九州といえば、なんといって先の参議院選挙で見事国民新党から当選した
自見庄三郎先生のご城下」
として有名だ。まずはなにをおいても
「当選のお祝い」
と思い事務所を探すも見つからなかったので、断腸の思いで断念。。。。。
 
 市内で商談を2時間ほど、北九州は人口100万人を切ったとはいえ、政令指定都市。まだまだ元気は残っている、お互いにメリットがあるお付き合いができればと思う。当たり前だけれど、台風がドンドン近づいてきているので、雨脚は強くなる一方だ。早め早めにマーチ号にて福岡へ移動。当たり前なんだけれど、九州道の北九州から鳥栖の間の通行量はかなり多い、雨と風も強いので小さいマーチ号では怖い。

 なんとか天神にたどりつき、いつものメムバーにご挨拶。平均年齢50歳前後の女性たちが群がってくれるのが、うれしい。。。。とにかく、雨風が強くなる一方なので、早々に退場。早めの夕食を
京風もつ処 越後屋さん
にていただく。

 はっきりいって、このお店そう簡単にご予約が取れないのだけれど、早い時間の2人ということで、1時間限定で入場を許可されたのだ。
20070802174627
(味噌味にお野菜たっぷり)


 日本全国鍋物は色々あるけれど、ここのもつ鍋は小生の中では
「ベスト3には間違いなく入る」
とにかく
「メッチャ美味しいんだよねえ~」
普通もつ鍋って、醤油ベースがおおいのだけれど、ここのは白味噌仕立て。こんな美味しいスープもちょっと他にないし、モツも
「いかにも仕事してるな!」
ってお味に仕上がっている。キャベツ・ニラなどのお野菜と三位一体となって本当に美味しいもつ鍋となっているのだ。
20070802175117
(グツグツ煮込んで)


「ホントいくらでも食べられるよ!」
弟子と2人で、もつ鍋4人前、ちゃんぽん2人前、雑炊2人前をペロリと平らげてしまった。。。。。はっきりいって、
「このもつ鍋を食べにくるだけでも、福岡に来る価値はある!」
そう断言できる逸品である。
20070802181335
(ちゃんぽんもうまっ!)


 とにかく今週は、夏休みということもあって福岡のホテル事情は非常に悪い。色々チャレンジした結果小生はなんとか日航を確保できたのだけれど、同行の弟子は結局日航ホテルの隣の
「サウナに雑魚寝」
というあんまりな事態となった。台風直撃のためカプセルをキープすることも出来ず、足の踏み場もない大広間に押し込められたとの連絡が入る。毛布が一人二枚まで貸与されるのだけれど、ダニだらけで閉口したとのこと。しかも外国人の方が多くてうるさいわ、イビキがすごいわで。。。。。。。。
20070802182125
(雑炊もなんともいえない!)


 小生の方は申し訳ないのだけれど、バアで一杯やってお仕事、お夜食に
「アメリカンクラブハウスサンドウイッチ」
までルームサービスでいただいて結構寛げた。なんやかんやで遅くまで台風速報を見ながらキーを叩いていたら自然と眠くなり就寝。。。。とにかく外は尋常じゃない雨音、新幹線もJRも西鉄も全て止まったからね。不思議だったのが夜行バス、
「京都発福岡行き以外は全て運行中止」
との情報、これって
「一体どういう判断なのだろうか?」
非常に不思議。。。。。。
20070802205058
(お夜食までいただいちゃいました)


 ところで、昨日になって29日の夕方
「森・青木・中川の3氏が会談して 首相は辞めるべき」
ということで一致していたとのこと。まあ、このテの情報リークというのは意図的かどうかはともかく
「ほぼ100%森喜朗君発信だろう」
誰でもそう思うのではないだろうか?ひょっとしたら
「本当は安倍続投で決まっていたけれど、また密室談合と言われるといけないので」
辞任すべきと進言したのに、
「総理がどうしても辞めない」
と言ったので仕方がなかった。という流れを作りたかったのではないだろうか?

 まあ、どうせそのうち我らが
「森喜朗君がうれしそうに真相を話すだけろう」
けどね。まあ、もはや死に体内閣なのでどうでもいいけどね。

 あと青木参院会長は辞任するらしいけれど、前回の参院選では
「選挙に負けて幹事長から会長に昇進したんだよね」
となると、今回は
「名誉会長にでもなるのかしらん?」
そもそも、参院の幹事長とか会長ってどんな役職なのか全然意味不明だ。なんてどうでもいいことを考えながら就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

8月1日(水)キャナリーゼと投票率

 今週は、みのもんた氏が夏休みなので出勤前は
「朝ズバッ!でなく、やじうまプラス」
8時前の占いでは、なんと
「パーフェクト!しかもラッキーブルーベア」
まで登場しちゃったりして、
「どう考えても今日はいいことあるぞ!」
と思って出社したら、とんでもない。夕方からは不愉快なことが連発で、
「大変不愉快になってしまった」
些細なことといえば、些細なことなのだけれど、どうしても許せないことはある。

 まあ機嫌直しにネットにてTCKの馬券を購入するも
「当然のごとく大敗」
何をやってもだめなときはダメなようだ。

 しかも大型で強い勢力の台風5号が明日、九州北部または四国に上陸するとのこと。何を隠そう小生も
「明日九州北部に上陸予定なのである」
下手すると飛行機も飛ばないだろうし、正直やってられない。しかも結構直前に日程が決まったのでホテルの確保もままならない。これが小生単独だったら、行き当たりばったりで勝手に出来るのだけれど、弟子同伴だからそうもいかない。とにかく不愉快だ。

 「朝青龍出場停止」
大相撲で出場停止っていう単語が登場するとは思わなかった。ホントどうでもいいのだけれど、キーパーにセーブされたとはいえ、
「あのヘディングはたいしたものだ」
と思ったのは小生だけだろうか?

 なんでも豊洲周辺の高層マンションに住む主婦を
「キャナリーゼ」
と呼ぶらしい。
「とうとう日本人もここまできたか!」
って感じでガッカリ。まあ、所詮有権者の40%が国政選挙にも行かない国だからなあ。。。。。

 ここへきて俄然
「石破氏の発言に注目せざるをえなくなってきた」
ただの軍事オタクかと思っていたら、なかなかの論客だ。
「さすがは塾高・慶大ということなのだろうか?」
 だけど、ホント今回の自民大敗の本質が年金などでなく
「大臣一人辞めさせられない安倍氏のリーダーとしての資質のなさ」
ということを安倍氏ご本人は理解していないのだろうなあ。。。。

 だけど、なんだかんだいって政界において
「小沢一郎君ほど見事な復活をとげた人は過去にいないのではないだろうか?」
これについては、心から
「たいしたものだ」
と祝福する。

 小生としてはなんとしても、
「加藤紘一君の復活を望む」
のだけれど、ちょっと外見もみすぼらしくなってきたし、家も焼かれちゃうし、どうにも浮上のきっかけすら見えない。一応、加藤氏も
「安倍辞めろ」
って発言しているのだけれど、石破君の方がよっぽど注目されているしねえ。。。。。

 小生もちょっと復活の見通しがたたない
「小沢君のように復活するのか?それとも加藤君のように終了してしまうのか?」
今が大きな分かれ目のような気がする。
 そんなことを考えつつ、明日の準備をしてから早々に就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »