« 7月1日(日)三手の神器? | トップページ | 7月3日(火)横文字とハロー »

7月2日(火)あの戦争

 諸般の事情により、早朝5時起床。基本的に早起きは嫌いではない、特に夏はね。夏の朝独特の生温かく湿った空気というのは、なんともいえないものがある。早起きするだけで
「俺は頑張っている!」
という勘違いをしてしまう、自分は嫌いではない。

 「検証 戦争責任Ⅰ」
読了。はっきりいって、たいした内容ではなかった。このテの本は、参考文献というか引用があまりに多い、当然小生このテの本は結構な量を読んでいるので、目新しさに欠けてしまうのだ。ちなみに、この本では参考文献リストに軽く100冊以上のリストが書かれていた。

 今回、新たな発見としては、やっぱりシンポジウムでの
「保阪正康氏の講演」
氏曰く
「日本では、太平洋戦争・大東亜戦争・十五年戦争・アジア太平洋戦争・昭和の大戦・第二次世界大戦などと呼称が一本化されていない。これは、むしろ社会が健全である証拠である」
と論じている。
 たしかに小生も含めて、
「あの戦争」
についての、確固たる統一した呼称というのは教えてもらっていないと思う。戦争中は大東亜戦争だったのだけれど、戦後になった瞬間にその呼称は禁止され、太平洋戦争になったとは聞いている。
 
 ちなみに、何年か前に朝生に出演していた現役自衛官の方が
「前の戦争」
と称していたのに衝撃を受けたものだ。
 もちろん、その
「前の戦争があの戦争のことを指し続けている事を、誇りにしなくてはならないし、親の世代に感謝しなければならない」
と切実に思う。

 
 一方で、他の国は第二次世界大戦を貫く戦争感、歴史観はかなり一本化しているとのこと。
「中国では抗日戦争・ロシアでは祖国防衛戦争・英米ではファシズムとの戦いで、民主主義を守る戦いであった」
といった感じらしい。

 
 まあ、しかし考えようによって、学校や社会で
「あの戦争はこういう戦争だった」
という共通した認識を教えられていない我々というのは、
「より関心を持ち、掘り下げてゆくチャンスを与えられている」
という気も凄くするのだ。だから、もっとももっと
「あの戦争であり、前の戦争であり、日本にとって最後の戦争」
について、勉強せねばらなない。

 だけれど、明治以降日本は、大きな戦争を3つ経験したとされているけれど、日清・日露戦争については、戦争責任を問う声というのは、聞かない。ということは
「戦争責任=負けた責任」
となってしまうのかなあ。。。。。


 今日は、朝も晩も会議。22時過ぎに帰宅、録画してあった
「TVタックル」
を見てから早々に就寝。。。。。。

 社台地方申し込んだ2頭とも見事当選!一応、実績で選んでいるらしいから、小生も地方では大手になってきたということなのだろう。そういえば、いよいよ旭川で今年の2歳がデビュー予定。応援に駆けつけられないが残念。。。。

|

« 7月1日(日)三手の神器? | トップページ | 7月3日(火)横文字とハロー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/15635094

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日(火)あの戦争:

« 7月1日(日)三手の神器? | トップページ | 7月3日(火)横文字とハロー »