« 7月8日(日)シウマイ弁当と上田耕一郎君 | トップページ | 7月10日(火)理解することが大事? »

7月9日(月)別れ目?

 お中元真っ盛りだというのに、早くもお歳暮の打ち合わせが本格化してきた。もう少したつと、バレンタインなんかも始まってしまう。季節感も何もあったもんじゃない。夜は、山形からのお客さんI氏と東京駅にてしゃぶしゃぶ食べ放題。メニューは肉の質によって上から3種類あるけれど、躊躇なく最も安いお肉をオーダー。
 
 下と中の間は500円の差しかないので、一般的には中を頼みがちだし、そう誘導する作戦なのだろうけれど、こういう場合その真ん中のクラスが店にとって最も利幅があることが多い。しかも、今までの経験から肉質は上となれば違うけれど、そんなに差がないことが分かっているので、下で十分だ。

 しかも、すごーくいい肉というのはそんなにたくさん食べれるものではないけれど、食べ放題で
「今日は肉食うぞ!」
というときは、そこそこのお肉で十分だ。鹿児島で極上のしゃぶしゃぶを食べたときも、いつもは徹底的に食べる弟子が
「こんなに美味しい肉は、お代わりとかしちゃいけない」
と発言したのには驚かされたものだ。

 
 普段は徹底的に飲むI氏も、すごーくお疲れの様子。家の揉め事でとにかく大変らしい、実は小生も昨日母親が車から降りる際転んで手をついて、痛い。とのことで、今朝ほど一番で病院に連れて行ったのだ。幸い骨には異常がなかったようだけれど、ある程度の年齢になると
「転ぶことが命取り」
になる。まあ、とにかく親のことで心配しなければならない年齢になってきたということを痛感する。

 とはいえ、まだまだ小生は親に結婚問題などで心配をかけつづけているので、先方にとっては
「大きなお世話」
ということなのだろうけれどね。いい加減、小生も
「心配かけないようにな人になりたい」
と思うのだけれど、まだまだ心配かけつづけそうなのが甚だ遺憾ではある。

 
 なんて考えながら帰宅して、ゲンダイを読んでいたら
「もてるデブ・もてないデブ 別れ「目」」
という見出し、よーく読んでいくと
「丸顔に切れ長の目は「大仏」のイメージに近い。逆に彦摩呂のようにクリッとした目の男性は、感情的、衝動的な印象を与えがち」
とのことである、これが疲れている現在女性にとって
「癒し」
を与えるらしい。

 はっきりいって
「小生、目の細さにはいささか自信がある」
子供の頃プールで泳いでいても、いくら目を開けていても
「目を開けろ!」
と怒られたし、母親からは
「見合いの時は、目の細さを隠すときに伊達めがねをかけろ。そんな簡単なことも出来ないから、あんたは結婚できないんだ!」
とののしられ続けたけれど、
「ようやく時代が小生に追いついてきた」
と思える今日この頃なのである。。。。。。。

|

« 7月8日(日)シウマイ弁当と上田耕一郎君 | トップページ | 7月10日(火)理解することが大事? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/15712003

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日(月)別れ目?:

« 7月8日(日)シウマイ弁当と上田耕一郎君 | トップページ | 7月10日(火)理解することが大事? »