« 6月15日(金)米沢へ | トップページ | 6月17日(日)ザ・モーニング・ジャポン・プロジェクト »

6月16日(土)元○○

 お昼ごはんを食べようと、仙台駅へ。相変わらず利久さんは、店の外まで行列が延びている。まあ、たまには他の店に入場するのもいいだろうと思い、今日は
「伊達の牛たん」
さんへ入場。たんが薄い普通のと厚い、
「芯たん」
がある。せっかくなので芯たん定食1575円也を注文。


 はっきりいって、これは美味しかった。利久の厚みも凄いけれど
「なんか、怪しいぢゃないですか!」
あのゴムみたいなの。。。。。。こちらは、
「ホンモノって感じでおいしゅうございました」
20070616123332
(肉厚で美味でした)


 とはいえ、小生にとっての牛タン日本一は
浅草 本とさや
の上タン塩なんですよねえ。。。。そういえば、最近行ってないなあ。。。。。。

 
 ところで、
「何故仙台で牛たんなのだろうか?」
どうも、
「牛たん・回転寿司・冷やし中華」
の3つが仙台発祥とのこと。後の2とは全国的に広まったから、仙台名物ではなくなっちゃったけれど、
「牛タンは完全に仙台名物だよね」
しかし、地元の牛の舌を使っているわけでもないのに、名物にしてしまうのだから凄い。博多もつ鍋や、明太子なんかも地元の食材ではなさそう。こういう例って全国的にいくらでもありそう。

 
 「盛岡冷麺」
も平壌と緯度が同じ理由で名物になったらしい。という意味では、
「まちおこし」
の素材、チャンスはいくらでも無限に広がっているという証拠だろう。小生がプロデュースするとしたら、やっぱり
「カレー・カレーうどん・カレー焼きうどん」
っていったところだろう。焼きそばは富士宮が当てちゃったしね。

 
 どうでもいいけれど、仙台のアーケードは、
「ドラッグストアーが多い」
それこそ10メートル毎に点在している。あれだけあって、よく共倒れにならないなあ。と感心してしまう、どこにそんな需要があるのだろうか?少なくとも小生が子供の頃の大き目の薬局っていったら
「渋谷駅前の 三千里薬局」
しか存在していなかった。よくあそこで何千円か買うと
「天津甘栗」
を頂戴できて、母親が楽しみにしていたと記憶している。今、ドラッグストアーで買ってものは、昔はどこで買っていたのだろうか?コンビニもなかったし、やっぱり近所の薬局なんだろうねえ。。。。ホントどうでもいいけれど、薬局でしか買えなかった時代って、スキン買うのも大変だったろうなあ。。

 これほ究極のどうでもいいこともないのだけれど
「三原じゅん子離婚」
ダンナの肩書きが
「元コアラ」
っていうのが凄いよね。普通元って、
「元衆議院議員とか、元大関○○の○○親方とか、元巨人軍の○○選手」
とかじゃないですか。元コアラさんは、一応まだタレントで
「ハッピーハッピー」
とやらに改名したらしいのに、
「元コアラ」
って表現される時点でおはなしにならないよねえ。。。。

 
 小生の場合
「元○○って何かあるのだろうか?」
ちょっと、見当たらない。一日も早く
「元最後の大物独身」
と呼ばれる日が来ることを切に思う今日この頃なのであった。。。。。。

 

|

« 6月15日(金)米沢へ | トップページ | 6月17日(日)ザ・モーニング・ジャポン・プロジェクト »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/15476634

この記事へのトラックバック一覧です: 6月16日(土)元○○:

« 6月15日(金)米沢へ | トップページ | 6月17日(日)ザ・モーニング・ジャポン・プロジェクト »