« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

5月31日(木)関東人でよかった

 全国どこへ行っても、ドーミーインは熟睡できる。原因にはいくつか心当たりがある
・やっぱり温泉または大浴場
・ベットが大きくて凄くよい
・個別空調
・作務衣
などなど、理由を挙げていけばキリがないけれど、今回は作務衣に注目したい。いまだに普通の浴衣を置いてある宿が多いけれど、この作務衣は凄くよい。上下別になっているのが凄くよいし、肌触りもすばらしい。なにより、就寝中に裸にならないのが助かる。

 そもそも
「浴衣が朝まで整っている人っているのだろうか?」
凄く疑問。しかも、整ったままにするためには、帯をしっかり締めなくてはならないじゃないですか。と、なるとやっぱり苦しいよね。作務衣というと、最近ではすっかり
「細川 護熙さんがロクロをまわしているときに着ているやつ」
というイメージがあるのだけれど、今後是非小生も積極的に活用したい。しかし、いわゆるジンベイとどう違うのだろうか?

 あとですね、ドーミーインは一応、靴を脱ぐスペースが明確にあるのですよ。だから、そこから先の室内は裸足でもオーケイ。
「皆さん、普通のホテルってベットまで靴で歩いていくのだろうか?」
どうにも理解できないなあ。。。。まあ、なにはともあれ、すっかりドーミーインの共立メンテナンスのファンになってしまったので、出資を検討中だ。

 朝風呂で、スッキリしてお部屋に届けていただいた日経に目を通してからチェックアウト。速やかに市内2ヶ所へご挨拶周り。一応これで用事は終了、そごう3階のバスセンターから空港行きのリムジンに乗り込む。所用時間53分のところ58分かかって、やっとのことで広島空港に到着。しかし
「いくらなんでも、遠すぎないかい?」
なんとか市内から40分くらいのところに作って欲しいなあ。。。JRの差し金か、亀井君の策略か?
 亀井君といえば、市内に
「自民党はもう古い、これからは国民新党だ!」
というポスターが若干枚貼られていたけれど、なんとも痛々しい。。。。

 空港内の
「みっちゃん にてお好み焼き」
1000円くらいしたけれど、市内にも複数店舗あるらしく結構おいしかった。お食事後、ラウンジでお仕事。はじめはガラガラだったけれど、最後には満席になってしまった。しかし、この時間の東京便は767、他の便の777よりも定員が少ないのだから、もう少しキャパを増やさないと意味なしおちゃん。
200705311305000
(みっちゃんは美味)


 快晴の広島空港を飛び立った767-300は順調な飛行だったのだけれど、房総半島の手前あたりから雲行きが怪しくなって揺れだした。どうやらお外は大雨の模様、ちょろっとだけ揺れたけれど、なんとか無事着陸。着陸はいいのだけれど、滑走路はA、つまりJAL側。そこから68番ゲートまではかなり遠い、しかも降りたはいいけれど、そこからお出口までがなんと800メートル以上もあるのだ。これANAもそろそろ北と南に出口造らないと、やばいよねえ。。。。
200705311422000
(澄み切った空)


 どうもでいいけれど、
「藤原紀香vs陣内智則』(日本テレビ)の視聴率は24.7%(ちなみに前夜の巨人vsオリックスは8.1%)
関西では、なんと40%とのこと。昨日の時点では、
「一体誰がこんなものみているんだろうか?」
と思っていたけれど、皆さんごらんになっていたのね。。もちろん、関東では
「陣内WHO?」
なんだけれど、とにかく関東と関西ではこんなに数字違うのね。正直、なんだかんだいっても
「関東人でよかった」
と思う今日この頃ではある。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

5月30日(水)小宮山3勝

 朝一で羽田空港にて打ち合わせ、ちなみにこの場合の朝一とは10時を示す。1時間ほどのミーティング。一応前向きなんだかそうでもないんだか分からないけれど、覚悟を決めて進めるしかない。

 12時のANAにて伊丹へ、お席は前方非常口通路だったのだけれど、窓側に座った輩が凄く不愉快だった。部下を連れているのだけれど、
「いつもは、スーパーシートなんだけれど、満席だから不愉快だ」
とか言っちゃって、C/Aさんに
「今日はシステム大丈夫なのか?」
とか問い詰める。こういうのも言い方次第なんだけれど、とっても周囲まで不愉快になる言い方だった。挙句の果てに着陸態勢になってもテーブルをしまわないので、C/Aさんにお願いされると。目配せで、
「お前がしまえ!」
C/Aさんもビックリ。笑顔でしまっていたけれど、とにかく言ってやろうかと思った。多分、大きな会社の部長だか取締役だかなんだろうけれど、ああいう人間にはなりたくないものだ。と切に思うというか
「人のふり見て我がふりなおせ!」
としなければならない。。。。。

 リムジンバス・御堂筋線・中央線と乗り継いで、堺筋本町へ。小生、自分で言うのもなんだけれど、土地勘があるというか、迷子になることはめったにない。逆に、福岡でも札幌でも鹿児島でも、大阪でも道をよく道を聞かれる。ただ、この堺筋本町だけは、いつも迷ってしまうから不思議だ。今日も分からなくなってしまい、道を尋ねてしまった。
 まあ、無事打ち合わせは終了したのだけれど、なんだか納得いかない。梅田へ戻って阪神百貨店へ立ち寄る。なんだか、ここもすっかりおなじみになってしまった感がある。
「テレビよう出てますねえ~」
を色々な方に連発される。

 滞在時間3時間ほどで大阪を後に、のぞみ号に乗ってさらに西へ。エクスプレス予約というのは本当に便利、山陽新幹線なら、ひかりレールスターに決まっているのだけれど、タッチの差で間に合わず、携帯で後続ののぞみ号へ変更だ。500系のぞみ号は、予想外に混んでいる。絶対に隣が空いているだろうと、3人がけの通路席を指定したのに、思いっきりお隣いるしねえ。。。
200705301628000
(やっぱり500系に乗るとワクワクする)


 しかししかし、夢の超特急500系は本当に速い、うなぎ弁当を食べ、ゲンダイ・大スポを読んでウツラウツラしている間に無事広島に到着した。確かに時速300キロというのは凄い。誇らしげに車内の電光掲示板に
「ただいま300キロで運転中です」
と赤文字で表示されていた。
200705301635001
(うなぎはやっぱり冷めるとゴムみたい)


 2年ぶりの広島市民球場、今日は交流戦のロッテ戦だ。相変わらず、老朽化著しく手が全く加えられていないけれど、すばらしい球場だ。狭さと急勾配で、選手がよく見える。ちょっと寒いくらいだけれど、屋外の天然芝球場でのナイター観戦というのはすばらしい。
200705301811000
(ボロいけれど、ここは好きだ)


 5回までパーフェクトに抑えたれていたロッテに対して、広島はイマイチ攻めきれない。大差がついてもおかしくない内容なのに3点差、そこから2点づつとってマリーンズが4対3で逆転勝ち。
 勝ち投手は
「なんと小宮山!」
しかも早くも今年3勝目だ。1点差に追いついた時点で登場し、マリーンズファンから
「おお~」
というどよめき。。。。一人抑えて、次の回逆転。そしてもう1人右打者を抑える場面で、しっかりヒットを打たれての降板。まあ、なにはともあれ、小宮山の勝利を見られたのだからうれしい限りだ。
200705302044000
(やっぱり屋外・天然芝・ナイターはすばらしい)

 
 驚いたのは、カープ前田。今日ヒット1本打って2000本まであと45本と迫った。ビジョンで大きく
「45!!!」
とやるのはいいのだけれど、続いて
「衣笠祥雄氏の持つ球団記録まで あと588本!」
とやるのはいかがなものだろうか?はっきりいって45本というのも、先は結構長いと思うけれど、あと588本って誰か意識しているのかしらん?

 まあ、でも冷静に考えると、なんと今年初観戦。でも、やっぱり屋外で見るナイターは楽しかった。しかも堀の好走塁とか東出のセーフティーとか、小宮山の3勝目とか見所満載だったしねえ。。。。
200705302052000
(マー君も遠征に帯同)


 いつもの、
「八昌さん」
200705302127000
(やっぱり広島焼きじゃけん)


にてお好み焼きをいただいてから、ドーミイン広島へ。準天然温泉で汗を流し、ダブルベットに身を任せればあっという間に眠りに落ちた。。。

 まあ、どうでもいいんだけれど
「黒川紀章夫妻参院選出馬表明」
都知事選で、すっかり選挙の魔力にはまってしまったようだ。まあ、金も地位も名誉も全てもっているから、なにしてもかまわないんだけれど、やっぱり一度出ると選挙というのは、相当面白いんだろうねえ。。やっぱり
「人生一度は、選挙」
もあるけれど、その前に小生は
「人生一度は結婚!」
なんだろうねえ。。。。。なんか、まだ選挙の方が可能性ありそうな気配。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月29日(火)IKOって呼んでね!

 ミスユニバースのチャンピオンに日本人が選ばれたという。よく分からないけれど、今年の世界一の美女が日本人というのは、すごいことだ。小生このテの話は詳しくないのだけれど、たしかミスインターナショナルというのもあったはずだ。
「ミスユニバースとミスインターナショナルはどちらが格上なのだろうか?」
こういうものの権威を表すときに昔は
「プロレスだとNWAとWWFそしてAWA」
「ボクシングだとWBCとWBAそしてIBF」
みたいなものだ。という表現をよく使ったものだ。同じようなものだとしたら、
「両団体はとっても仲が悪いのだろう?」
そして
「第三の団体というのはあるのだろうか?」
すこーしだけ気になる。

 そして、国内には
「ミス日本」
というのも存在するのだけれど、ミス日本はあくまでもローカルチャンピオンであり、国際的な評価は得られないのだろうか?
 ミスといえば、日本国内には、どれくらいの
「ミスコンテストが存在するのだろうか?」
そういえば、昔はミスコンの女王白石なんとかさんっていうのもいたなあ。。。

 もちろん、日本全国
「おらが街のミス」
がたくさんいてもいいのだけれど、
「真のミスを決定するグランドチャンピオン大会」
みたいのがあっても盛り上がるだろう。是非、興行として成立させたいけれど、あまりにも利害関係がありすぎて成立しないだろう。

 「おぎ夫妻一時帰国オフ INちゃんこ玉海力さん」
が開催される。まあ、開催まで水面下で交渉があったのだけれど、当日はおぎ夫妻を含め6人が集まり旧交を温めた。
200705292018000
(おいしいちゃんこをいただきながら、大いに盛り上がる)

 
 いかんせんもう20年来の集まりだから、1年降りということを感じさせず大いに盛り上がる。いくちゃんさんリクエストである、みそ・しょうゆちゃんこ・焼き鳥をつまみながら
「米国に行くのなら、世界最大の水族館に行かねばならない問題」
「ボストン三田会問題」
「松坂夫人、そっとしておいて欲しい問題」
「時差が18時間あるということは、米国ではまだ松岡大臣は生きてるのでは問題」
「いくら米国でやることがないからといって、小生のブログの更新だけを心待ちにして、日々すごすのはまずいのでは問題」
などなどを討議する。
 話題が尽きないが
「夫婦間でスカイプを使って会話をするのがいいが。さあ、脱いでごらん。とかやるのはまずいのでは」
という結論がでだところでお開きとなった。

 しかしながら、今日もっとも驚いたのがかつては
「気が利かない・電話もとらない・お茶も入れない」
と言われていた、いくちゃんさんが米国に行ってから社交的になり初対面の女性にいきなり抱きつき
「はあ~い、私はいく。これから、私のことを IKO って呼んでね。お友達になりましょう、きっと私たちは親友になれるはずよ。あなたのご主人も今度紹介してね!」
とやったのにはおどろかされた。人間変われば変わるものである。ということを今日初めて知った。

 まあ、せっかくここまでステップアップしたならば、あと一息
「ブログの開設をすべきである」
書くことがないと言っているが、たしかに
「今日も主人が帰ってきません、寂しい。。スカイプで話してくれる方募集します」
なんて書かれても困るから、やめておいたほうがいいかもしれない。。。。なんて思いつつ就寝したのであった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

5月28日(月)慶応病院とメーヤウ

 ドコモショップさんから、早くも修理完了の一報をいただいたので、速やかにかけつける。結果から書くと、
「データは全て消滅、しかし修理は完了」
ということのようだ。まあ、仕方のないところだろう。驚いたのが、今回の対応。とにかく、早い。店頭の対応もすばらしいし、修理代も無料というのには驚いた。水に濡らしたなどの、
明らかにお客様の過失でない場合以外は原則無料」
であるらしい、たしかにこれをきっかけに他社へ移られると困るからだろうけれど、ちょっとビックリ。

 所用で品川付近を車で走っていたら、レクサスを発見。せっかくなので、
「突然ですけど、試乗させてください」
と乗り込んだら、奇麗なお姉さんが快く対応してくれた。男性の社員さんも皆さんビシッと決めているし、なんだか高級感満点。はっきりいって
日産レッドステージとは雲泥の差がある」
とりあえず、最も安いISというのに試乗したのだけれど、内装や重厚感はすばらしいのだけれど、走りはたいしたことない。てっきりエンジンはクラウンと一緒かと思ったら、マ-クXと同じらしい。
 色々とお話を聞いたけれど、やっぱり割高感は否めないよねえ。。。所詮マークⅡだからなあ。。。。。。

 お昼過ぎに、新橋周辺を走っていたら、ヘリコプターがやけに上空を飛んでいる。ラジオをつけると
松岡利勝氏自殺」
の一報が流れている。
「衝撃的だ」
とはいえ、
「ああ、やっぱりなあ。。。。」
と妙に納得してしまった。マスコミの論調も、さすがに今回ばかりは
「死んだ人を悪く言わない」
という風潮ではなさそうだ。全くその通りだと思う、そして
「安倍首相の任命責任というか、辞めさせなかった責任は相当重い」
といわざるを得ない。
 どうでもいいけれど、小生彼を生で見ているしお話も聞いているから、身近な政治家?の一人でもあった。

 しかも、安倍氏、彼いきなり
「検察から捜査を受けたりしている状況はない」
なんていっているけれど、これすごく問題じゃないかしらん?
「こうなったらどうするの?世耕さん考えて考えて!」
って感じだねえ。。。

 だけれど、ZARDさんもおそらく自殺だろうし、慶応病院は大変だっただろう。
「周辺のコンビニや飲食店はバブルが来たのだろうか?」
心当たりある店が2店舗あるけれど、すくなくとも1店は影響なかったようだけれど
「我らがメーヤウはどうなんだろうか?」
そういえば、もう3週間くらい食べてないなあ。

 まあ、なにを隠そう慶応病院とは小生浅からぬ縁がある。自分でも2回ほど入院したことがあるし、父親もお世話になった。そして同級生の医者も一杯いるし、高校の時の家庭教師が今や助教授でいたりする。遺憾ながら当時教えてもらったことは、学校では結果が出なかったけれど、
メーヤウを教えてもらった恩人ではある」
先日、偶然会った際も
「何かあったらいつでも言ってくれ」
とのことだったけれど、
「出来る限りお医者さんにお願いするような事態にはなりたくないものだ」
もうメーヤウを紹介してもらっただけで十分ではある。

 なんだかんだいっても、自宅から一番近い総合病院であるし、知り合いも一杯いるけれど、
「万が一奥さんが出来ても、そこで子供は産んで欲しくないよねえ。。」
なんて、ずうっと思っているけれど、どうやらそんな心配は無用の小生なのであった。。。。。

 夕方、しゅうめいさん夫妻および、しゅうめいさんの弟夫妻が緊急来店。相変わらずのご兄弟のそっくりさに衝撃を受ける。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月27日(日)結婚?

 在宅の日曜といえば、もちろん
「サンデージャポン」
相変わらずすばらしい、としかいいようがない。普通に考えれば、福岡でもう1泊して今日の午後帰京というのが当然なんだろうけれど、いかんせん九州ではサンジャポが見られないので、仕方がない。これは福岡でも鹿児島でも一緒のことである。

 あくまでの推測であるけれど、小生のほかにも
「サンジャポが見られないから早く帰る」
というの人は推定で年間100万人はいるのではないだろうか?そしてこれに伴う、宿泊・飲食などの損失は
「年間数千億円にのぼるのではないだろうか?」
これは、あくまでも大袈裟な試算ではないと思う。そういう面からも、RKBをはじめとするJNN九州各局は早急にサンデージャポンをネットすべきである。

 5年に1度の免許更新。小生、優良なので会場の選択肢は豊富なんだけれど、行きつけている鮫洲を選択。今は、写真を撮ることもなく凄く楽チン。試験場といえば、近くにある
「代書屋さん」
というのは一体なんだったのだろうか?完全に詐欺だよねえ。。。

 ゴールド免許ということもあって、とにかくスイスイ進む。実質
「15分程度のビデオとお話で終了」
このビデオなんだけれど、ナレーターというかレポーターは福留アナだった。まあ、豪華なキャスティングである、もう20年も前になるけれど、教習所で散々ビデオというか映画を見た。実は結構知っている役者さんが出ていたりして、大いに楽しめたものだ。今でも覚えているのが、
 
 若いカップルがドライブしていて、
「ひろし(仮名)スピード出しすぎ危ないよ!」
「全然平気だよ!」
「キャー」
場面が替わって、葬式の場で
「申し訳ありません・・・・・」
となるやつ。たしか若かりし日の林寛子さんかなんかが出ていたと思う。

 小生が通っていた、二子玉川のコヤマドライビングスクールは、いち早く女性教官を導入したりして、とにかく若者に迎合している雰囲気があった。待合室で、ナンパとかしている奴もいたしなあ。。。女性教官で思い出すのが
「女性は助手席でお化粧直すから、そんな急ブレーキは踏んじゃいけません」
なんて、よく言われたものだ。
 
 当時は、
「そんなものかしらん?」
と思ったけれど、遺憾ながら助手席にほとんど女性を乗せたことがないので今だに、そういう場面には遭遇していない。少なくとも母親は車の中で化粧直ししないからなあ。。。。

 余談だけれど、教習所はある方の紹介で行ったのだけれど、春休みだったのでなかなか予約が取れない。しかしながら、担当の方がパソコンをチョロっといじると、予約が取れるのだから凄いと思った。なんでも、
「とりあえず些細なコネでも使って参戦した方がいいぞ」
と当時学んだものだ。まあ、よく考えてみると、きっと紹介者のコネは些細ではなかったのだろうけれどねえ。。。

 珍しく、自宅で巨人対オリックス戦をみていたら、ローズの超特大弾に衝撃を受けた。打たれた上原の表情が
かつて、ブライアントに打たれた渡辺久とかぶって見えた。10.19の翌年のたしか10月11日くらいだったと思うけれど、ブライアント4連発の3発目の出来事だった。。。。

 就寝しようと準備していたら、ブログのアクセス数がとんでもない勢いで上がっている。
「木○」
「木○ 結婚」
の検索でたくさんの訪問者がいるのだ。グーグルで木○を検索すると
「なんと3番目に小生の日記が登場する」
845件中3位だからたいしたものである、ちなみにその日の日記のタイトルは
ドラゴンシャンハイ大敗と木○見合いと藤野真紀子氏出馬
となっている、はっきりいって意味不明。。。。

 しかし、なぜ突然
「木○・木○結婚で検索が激増したのか?」
真相の究明が急がれるべきである。

 念のために書いておくが、グーグルで
「うし 結婚」
と検索しても何もでてこないのは寂しい限りである。。。。。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

5月26日(土)同じ価値観を持つ方

 昨日は和定食だったけれど、今朝はバイキングへ参戦。堅めのオムレツをチーズたっぷり入れて焼いてもらい、ソーセージ、サラダ、トースト、デニッシュをたっぷりといただく。日経・日刊・西日本を読んでいると、
例の訂正記事を発見
まあ、割と早く決着したなあ。。。といったところだ。

 天神へ出て顔見せを行なってから、福岡空港経由、羽田へ。土曜日の上り便はやはり空いている、横一列を独占状態。非常に快適なフライトであった。

 ところで、先日小生の師から教えていただいた本を購入するために、天神の本屋へ参戦した際。
「1972年のアントニオ猪木ってありますか?」
結構、これだけで恥ずかしかった。
「えっ。ああああ」
店員さんに先導されて売り場へ
「1976年のアントニオ猪木でよろしければありますが?」
「それですそれ!」
まあ、無事希望の書籍を購入できたのだけれど、なんだかとても恥ずかしかった。店員さんの
「1976年でよろしければ」
というのも意地悪ないい方ではあるよねえ。。。。

 ハードカバー1800円+税。やっぱり重いし、高いよねえ。。でも、相当面白い。というか
「よくここまで書けたなあ、取材したなあ、皆よくしゃべったなあ。。。」
まだまだ途中だけれど、なるべく早めに読み終えたい。

 いよいよ明日はダービー、とりたてて興味がわくわけでもないけれど、今年は
「皇太子と安倍首相が観戦するとのこと」
皇太子はいいのだけれど、どうにも安倍氏の最近のいけすかない。先日15歳で優勝したゴルフの石川遼君をいきなり官邸に呼びつけたり、どうにも不快だ。どうせ世耕氏あたりの入知恵なんだろうけれど、ああ嫌だ嫌だ。

 しかし、この石川遼君っていうのは、
「なんともいえない素敵なキャラだ」
早大の斉藤投手は、あまりしゃべったところを見ないけれど、石川君の場合はしゃべりがすばらしい。いきなり
「1年1組の・・・・」
という自己紹介は計算していた上だとしたら、天才だ。そして
「天狗になりたくない」
なんて言えないよねえ。。。挙句の果ての、好きな女性のタイプには驚かされた。

 小生が彼の立場だったら
「首相官邸にはいかないで、いきなり小沢氏を表敬訪問する」
これ当たり前。
「好きな女性のタイプは、同じ価値観を持つ方。美しいものを見たときに、ああ美しいなあ。。と共感しあえる方。しかし、ニューヨークのティファニーでバンバン買われるような方は困る」
と言うだろう。

 しかしながら、小生の好きな女性のタイプも20年間同じことを言い続けているけれど、
「さすがにこのネタで笑ってくれる人も減ってきたなあ。。。」
まあ、可能ならばこれで笑ってくれる人がいい。というのは本音であるけれど。。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

5月25日(金)ネクタイと質屋

 博多全日空ホテルはかなり老朽化している、しかしながら腐ってもシティホテルではある。お荷物はお部屋へ運んでくれるし、新聞はお届けしていただけるし、何故か寛げる。やっぱり、部屋の雰囲気がビジネスとは違うのだろう、椅子の違いも大きいと思う。色々な要素があるのだろうけれど、とにかく熟睡できたのだからよろしい。

 朝食は、1階のコーヒーショップでのバイキングと10階の和定食の二種類。ここのバイキングはたいしたことないので、珍しく和定食をチョイス。まあ、たいした内容ではないけれど、こういうのもたまにはいいだろう。
200705250928000
(たまには朝定食もよい)


 日経・日刊スポーツ・西日本新聞を熟読してから、館内を歩いていると宴会場の前に
「バッテリーミーティング会場・野手陣ミーティング会場」
の看板があった。夜の試合でミーティングの成果が出たかどうかは小生の知るところではない。

 天神にて100人を前にして一言。テレビよりも生身の人間の相手の方が100倍緊張する。午後は時間に余裕が出来たので、久しぶりに
「キャナルシティ博多へ」
200705251434001
(キャナルとは浅からぬ縁がある)


 平日とはいえところどころお客さんはいる模様だ、遅いお昼を食べようと思い
「ラーメンスタジアム」
色々物色した結果
「札幌ラーメン 白樺山荘さん」
をチョイス。まあ、とりたてておいしくもないけれど、麺が西山なのでよしとする。とにかく、細麺というのはすごく抵抗がある。ラーメンも太くないといやだし、もちろんうどんも、稲庭うどんよりきしめん。邪道だろうけれど、スパゲティも田舎っぽい太麺が好きだ。
200705251445000
(決して嫌いな味ではない)


 夜は、平均年齢50歳を超えるおば様たちと会食。まあ、こちらもゴールデンウイークの打ち上げというか、感謝の夕べの予定だったのだけれど、逆にお礼と言われて
「バーバリーのネクタイ」
を頂戴してしまった。なんとも感謝の言葉もない。
200705251810000
(かめやまんえもん?)


 しかしながら、ネクタイほど好みが出るものもない。いくらバーバリーでも、大切な方からいただいたにしろ
「好みじゃないんだよねえ~」
いただきもので、1回しか使用しないネクタイもたくさんある。もちろん自分で12000円払って買っても、実際したら気に入らない。というのある、当然逆にお気に入りで徹底的に愛用しているものもある。

 ほとんどファッションにこだわりがない小生でさえ、こうなんだから
「女性もプレゼントでいただいても、全く利用しないのがあっても当然だろう」
よく質屋やなんかに持ち込む女性がテレビで紹介されているけれど、まあ仕方がないだろう。

 博多全日空ホテルは、サウナが無料というのがとてもうれしい。しかしながら、夕方4時~7時は有料で2500円(税別)となる。このあたりはイマイチ不明だけれど、恐らくメムバーの利用が最も多い時間なのだろう。しかし我々ビジターにとってはもちろん無料はありがたいけれど、メムバーさん達にとっては不快だと思う。500円でもとった方が、誰でも来なくなるしいいと思うけどね。

 福岡は、当然のことながら
「探偵!ナイトスクープ」
が放送されている。と、思ったらなんと先週鹿児島で見た内容。鹿児島は同時ネットなのに福岡は1週遅れなのね、このあたりの事情というのは小生には全く分からない。この番組、西日本では常に20%を超えるお化け番組だけれど、正直そこまで面白いとは思わないけれどねえ。。。

 朝まで生テレビ、テーマが
「憲法」
だったので、久しぶりに朝まで見てやろうかとおもったけれど、いつの間にか就寝してしまった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月24日(木)人のつながり

 今週からしばらくは、デスクワークが比較的暇な、日々が続く。ちょろっと雑務をこなしてから、羽田へ。運がいいときは、日本橋から快速エアポート一本で快適なんだけれど、今日は西馬込行きに乗って、泉岳寺で下車。ここで快速三崎口行きに乗り換え、そして京急蒲田で羽田空港行きにまたまた乗り換えた。銀座線を含めて4本の電車に乗り継いだわけだ。
 全ての乗り継ぎが同じホームで待機していたとはいえ、ちょっとこれは不親切なダイヤだ。普通1本後の、
「急行羽田空港行きをご利用ください」
ってはずなんだけれど、どうやらこ乗り継ぎが正解だった。

 「そもそも羽田空港行きはなぜ急行ばかりなのだろうか?」
糀谷などの羽田空港線内に小生の想像以上に利用者がいるということは理解できる、だから品川・京急蒲田と止まって後は空港まで各駅停車。こういうダイヤを組むべきではないかと思う。

 羽田での打ち合わせが予想以上に時間がかかり、15時30分のANA福岡行きに飛び乗る。5・6月の特割はスカイマークの値下げに伴い、かなり下がった。しかしANAは小刻みな料金設定をしていて、この次の便の特割1は3000円上がってしまうのだ。だからかは不明だけれど、この便はなんと満席でのご案内。

 小生は、前方通路を確保しているの。諸般の事情で昨晩眠れなかったこともあって、完璧な熟睡を確保できた。
「定刻より10分早く到着いたしました、皆様のご協力に感謝します」
というアナウンスとともに目を覚ました。
200705241705000
(定刻の10分前着はすごい)


 今宵の宿は、
「博多全日空ホテル」
どうも玄関が騒がしいと思ったら、
「カープご一行様」
がお泊りらしい。エレベーターでも頻繁に大男たちと一緒になった。
200705251413000
(八百治ホテルは目の前)


 博多座近くの焼き鳥やさんにて、
「ゴールデウイーク企画の反省会兼打ち上げ」
参加メムバーがすごくよいので、大いに盛り上がる。焼き鳥屋で4時間30分、しかも最後は退場をそくされてしまった。メムバーの一人は
「小生の人生の師である」
もう20年来の付き合いであるが、直接ではないにしろここ数年は福岡関連で大変お世話になっている。当然今回のゴールデンウイークの偉業達成も、師抜きでは語ることができない。

 なんだかんだいっても、
「仕事は人のつながり」
これに尽きると思う。そういう意味では、本当に自分は恵まれているということを改めて思う。そんなことを思いながら、珍しく黒霧島をロックでグビグビやっていたら、かなり一杯になってしまった。でもまあ、たまにはこんな日があってもいいだろう。

 でも、確かに仕事は人のつながりで、なんとかうまくいっているけれど、
「お嫁さんのほうは、なかなかうまくいかない」
まあ、
「人のつながりでもうまくものはいく、いかないものはいかない。」
ということなのだろう。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月23日(水)負け組とプリン

 週刊ダイヤモンドで、
「負け組」
と酷評されている、日本橋三越さんにて開催中の
「第3回 世界のホテル 逸品グルメフェア」
に参戦。ホテル好きの小生としては、とりあえず欠かせない催事である。
 
 帝国・オークラ・ニューオータニの旧御三家はそろっているし、マンダリンオリエンタル・ペニンシュラなんていうのも登場している。まあ、よく考えてみると不思議なのは、
「ペニンシュラって、まだ東京に出来てないよなあ~」
って感じ。あと、ハイアット・リッツカールトンがないのは寂しくもあった。
200705231349000
(国内の一流ホテルが勢ぞろい)


 会場内には、イートインコーナーも併設してあって、カレーや中華、挙句の果てにローストビーフなんかも食べられるのだけれど、お昼時にしてはちょっと寂しい感じ。やっぱり
「ホテルのお食事というのは、雰囲気も含めて味わうもの」
よって、デパートのハイカウンターでさっと食べるものでもないだろう。

 せっかくなので、何か買おうと思ったので
「ニューオータニでプリンを購入」
なんと800円也!早速持って帰って食す。
「たしかにおいしい~」
プリンとかシュークリームとか基本的なお菓子というのは、その実力が分かる。どうでもいいけれど、
「おいしいプリンを食べると幸せな気分になるから不思議だ」
と思う今日この頃ではある。
200705231403000
(やさしいお味でございました)


 帰宅後、ようやく到着した
ゴールデンウイークのビデオ
を見る。自分が映っている映像をみるのは、いつも不思議な気分だ。とにかく、声が気に入らないよねえ。。。

 就寝しようと思って、念のため
るいさんのブログ
をクリックすると、なんと早くも
棚湯のレポートが完成している!」
中3日で書き上げるとは、いくら紹介者の小生の依頼があったとはいえ、なかなか出来ることではない。とりあえず、相当な満足をされたようで、推薦者としてうれしく思う。

 小生など、世の中の何にも役になっていない存在だけれど、
ブログを通じていいものを伝えられているとしたら、こんなうれしいことはない」
などと思いつつ就寝。。。。。。

 三越さんも負け組かもしれないけれど、
「小生も完全に負け組だもんなあ。。。」
なんだかとても疲れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月22日(火)過去との決別と暴露本

 午前中の会議を終え、昼前に
「ドコモショップ東京駅前店へ参戦」
予想に反して店内は空いているので、直ぐにご案内。

「どうされましたか?」
「いやあ、落としてしまって電源も入らないのですよぉ。。。。」
「い、一応バッテリーを交換してみましょう。。。」
「あ~、これはもうダメですね」
という大変遺憾な結末を迎えてしまひました。。。。。

「データはSDカードに記録してないのですか?」
「ちょっとやり方がわからなかったので。。。」
「・・・・・・・・」
「一応、5%くらいは希望があるので、修理にとりあえずだしてみましょう。とりあえず代替機は無料で貸し出します」
「はあ。。。。。。」
「とりあえず、3年前くらいまで使っていたムーバのデータを移してください」
「了解しました。あとせっかくなので、プランも変更しましょう。LLプランの方がお得ですよ」
「はあ。。。。」
「これでお安くなります。ただし、他社へ移るときは3月4月以外は3000円の違約金が発生します」
「はあ。。。。。」

 ということでドコモショップを後にした。480件登録していたアドレスが300件くらいになってしまった。まあ、最悪の事態にはならなかったけれど、ここ3年くらいの新規登録が消えてしまったのは痛い。しかし、面白いもので
「昔見合いした女性のアドレスが出てきて」
突然、思い出されたり。逆に
「今年見合いした女性のアドレスが消えたり」
なかなか感慨深いものがあったりもする。

 まあ、これをきっかけに連絡がとれなくなった人がいたとしても、
「それはそれで仕方がないのかしらん?」
と思ったりもする。

 週刊現代独占スクープの
「宮城野親方の愛人証言」
テープが残っていたというのは衝撃的だ。これは、グーの音も出ないだろう。今までにも相撲界には八百長告発というのは数多くある。
「板井著 中盆」
「大鳴門親方著 八百長」
この2冊が名著として記憶に新しいところだ。とにかく、恐ろしいのは
「大鳴門親方と文中に登場する名古屋在住橋本氏が同じ病院で相次いで死亡したこと」
この2人の急死で本の中身の信憑性を増したから厄介ではあった。

 奇麗事を言う人は、
「暴露本なんか出す輩は最低だ!」
なんてことを言うけれど、はっきりいって
「小生、暴露本は大好きだ」
芸能界で言うと、
「ダン池田や長門裕之、そして石原真理子」
野球界では
「中牧氏の桑田本」
プロレス界では
「佐山サトル氏のケーフェイ」
政界では
「山崎拓先生の元愛人である 山田かな子著 せんせい」
など各ジャンルでさまざまな暴露本が出されているが小生全て購入、熟読している。
「どれも相当面白かったけどねえ。。。」

 待望なのが、
「競馬の暴露本」
ただ、さすがにこればかっかりは思いっきり犯罪に触れることを書くことになるので、無理だろうねえ。。。。

 暴露本の著者というのは
「過去との決別のために書きました」
なんてよく言う、おっしゃるとおりである。小生も携帯のデータが消えたことで、ここ3年くらいの過去とは決別したけれど、一度決別したはずの過去が復活したのも面白い。しかし、山崎拓先生の愛人も宮城野親方の愛人も共に中州のクラブの方である。

 今週福岡へ行く小生としては、大いに注意が必要である。ただし、いかんせん独身の小生には愛人など出来るはずもないし、そんなお金もないし、暴露される秘密も価値もないから安心ではある。出来る限り早く、そういうことを心配できるような人間にはなりたいものである。

 「ソニー7000円超え」
売り時を大いに悩むところではある。

 久しぶりに自宅で夕飯、納豆に明太、鰆の焼き魚、らっきょう、なんだかんだいってもこういう晩御飯が一番である。と思う今日この頃ではある。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月21日(月)重く受け止める

 三重県在住のM氏上京。ひさしぶりに会食ということで、
「広尾ちゃんこ玉海力さん」
へ参戦。近隣のタイムスへ車を止めて降りた瞬間に事件が起きた。
「なんと携帯がコンクリートで2回弾んだのだ!」
恐る恐る液晶を確認するも、反応は全くなし。永年付き添った愛機終了の瞬間である、実は先週ANAストラップが切れてから付け替えていなかったのだけれど、まさかこんなことになるとは思わなかった。

 この時間にドコモショップは開いていないので、とりあえずお店へ入場。おいしい味噌ちゃんこをいただきながら、大いに盛り上る。ただ、ひとつ気がかりなのは
「遅れて参戦する予定だったS君」
しかし、携帯がつながらないのだから、どうにもならず。

 三重に引っ込んでいても、さすがはMとは軽快な会話が楽しめる。
「ラブちぇん問題」
「神宮球場A体制問題」
「津松菱は、イオンより格上だ問題」
「丸川アナの、重く受け止めています。という発言はいかがなものだろうか?問題」
「M夫人が、小生は一体九州で何をやっているのかという疑問に対する明確なお答えは出来ない問題」
などなど大いに盛り上る。

 場所をアンナミラーズに移して、デザートでもと思ったら。なんとアンナミラーズが終了していることを確認。アメリカンスタイルのゴージャスなパイをいただこうと思ったのにとても残念。閉店した際の制服は
「ヤフオクでいくらで取引されていたのだろうか?」
ということだけは気になった。 

 まあ、色々な話がでたが
「やっぱりM大よりはW大であるけれど、麻疹で大学を閉鎖という報道を。麻疹(はしか)の影響は都の西北にまで及んだ。とニュースでコメントするのはいかがなものだろうか?」
という結論が出たところでお開きとなった。
 
 しかし、こうしてブログには書いているが、氏が本当に上京して小生と会食しているという証拠写真は、今日に限ってはない。
「これは、奥さんに疑われる。。。。」
とビクビクするM氏もどうかなと思ってしまう今日この頃ではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月20日(日)回収のめどたたず

 先月退社した女子社員の結婚式出席のため
「シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル」
へ参戦。同ホテルにはいくつか思い出があって、バブル絶頂期に
「しゅうめいさんがあさこちゃんとクリスマスだか誕生日を過ごした」
というのもあるし、もういつのことだか忘れてしまったけれど、
「小生が初めて見合いした女性と2回目のお食事をした」
といった晴れがましいイベントに用いられるホテルではある。

 聞くところによると、現在
「挙式数日本一のホテル」
であるとのこと。屋外のガラスのチャペルとゲストハウス風の披露宴会場が人気らしい。

 今回、大いに悩んだのが、非常にせこいのだけれど
「ご祝儀の金額」
偶数はないので、結局片手になってしまった。まあ、主賓としてスピーチするのでお車代は出るだろうなあ。。という計算はあったのだけれどね。

 噂に聞く
「ガラスのチャペルだけれど、たしかにすばらしかった」
ちなみに、神父は当然のごとく外国人。見た感じ
「いかにも神父!」
というのがうれしい。まあ平日は何をやっているかは想像もできないけれどね。
200705201158000
(これがガラスのチャペルだ!)


 誰の結婚式かは忘れたけれど、式の際いきなり英語でペラペラしゃべって、一同
「弱ったなあ~」
と困惑の表情を浮かべていると。すかさず
「あんしんしてください、ここからはにほんごで♪」
とやって、度肝を抜かれた記憶が今でも忘れられない。

 それ以来、いつか小生もスピーチでいきなり英語でペラペラしゃべって、度肝をぬき
「あんしんしてください、ここからはにほんごで!」
とやろうと思っているのだけれど、最近はすっかり主賓になってしまったのでなかなか実現できないで困っている。
200705201159001
(ブーケもらえばよかった。。。)


 余談だけれど、今日は賛美歌がなかった。いわゆる
「い~つしみぶかーき とぉもなるイエスわあ~」
と歌うのをとても楽しみにしていたのだけれど、それがないままに終了。こんな式は初めて。。。すごーく残念。なんか30分刻みで式が入っているので、といった感じだねえ。。。

 式の後は、お庭で撮影。カメラマンさんが、一人一人の立ち位置を直させたりして、結構時間がかかったけれど、まあご愛嬌。とにかく天気がよいから気持ちがよい。ブーケの争奪戦に久しぶりに加わってやろうかと思ったけれど、さすがに主賓となった今は立場が許さない。
 小生の記憶に間違いがなければ、おぎさん夫妻の式の際、いくちゃんからブーケをいただいたような気がするけれど、偽物だったような気もする。たしか、あの日は初めはお天気がよろしくなかったけれど、あとから晴れたよなあ。。。
200705201206000
(仕切るカメラマンさん!)


 式のあとは、ホームパーティ風の会場にて披露宴。新郎新婦が2階から降りて来るのは、非常にすばらしい趣向だ。
「意外とやるじゃんシェラトン!」
って感じ。
 そして、そして早くも出番がまわってきてしまった。。。。
「もう一度同じことしゃべれ!」
って言われても、出来ないだろう。まあ、
「70点くらいはあげてもいいのではないだろうか?」
といった感じかしらん。。。。
200705201521001
(レストランウエディングの雰囲気)


 自分の出番が終わってしまえば気楽なもので、お食事もゆっくり食べられるはずなんだけれど、これがそうもいかないのだ。とにかく極度の緊張が続いていて
「喉を通らないのよねえ。。。。」
なんか、終わってからの方が一気にガタっとくるのよねえ。。。。。まあ、いつまでたっても所詮小心者の小生なのであった。
200705201236000
(新郎新婦は2階から登場!)
200705201355000
(なかなか喉を通らず)


 お披露宴の最後は、お見送りなんだけれど、その前に
「式の模様のビデオ上映」
両家のご両親の結婚式の写真なんかも写ったりして、これは非常によろしかった。小生も、おぎさんの時に式のお写真を掲載した新聞をお披露宴で配布配布したけれど、それに比べればビデオの編集など楽なものか。
200705201512000
(ビデオ上映がすばらしかった)


 まあ、終わってみると、
「予想外にシェラトンがんばってるじゃん!」
というのが率直なところだ。なにより、お外が見えるというのがよろしい。帝国だオークラだといっても、こうはいかないからねえ。。こばさんのパークハイアットの景色もすばらしかったけれど、とにかく外の日差しが入ってくるだけで十分楽しい。そういう意味でも、小生の際はマンダリンオリエンタルを候補からはずすことだけは決定した。

 一仕事終わったあとは、TCKへ。湾岸経由で15分ほどで着いてしまうから、これは楽チン。ひさしぶりのトゥインクル参戦。夜風がとても気持ちがよい、そしえてなにより
「メインにサンダーオブハードが1番人気で出走するのだ!」
前走突然ちぎって勝った馬というのは、
「しばらく勝つ」
というのが長年の経験から確信している。確信していたのだけれど。。。。。結果は意味不明の内を突いての2着。。。。。まあ、そんなものだろう。
200705202001000
(石崎ジュニアねえ。。。)


 いいお披露宴だったし、
「るいさんからも棚湯の報告も届いたし」
まずは、好日いえよう。。。。。

 しかし、今日もお祝儀包んだし、
「そろそろ投資を回収しなければならない!」
と思っているのだけれど、まだまだ回収のめどはたっていない、今日この頃ではある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月19日(土)吉報

 明日の結婚式へ出席のため、一足先に帰京する小生は、今日が最終日。ということで目覚ましをかけずに、ゆっくり眠らせてもらうことにする。途中、2度ほど目が覚めたのだけれど、最終的な起床は9時30分となった。朝食は10時までなので、ここで究極の選択が迫られた
「さつま乃湯・日本一の朝食」
 まあ、考えるまでもなく
「さつま乃湯を選択」
したことだけは、言うまでもない。いつもながら、チェックアウトの朝というのは、寂しいものだ。桜島に別れを告げるというのは、なんとも切ない限り。たっぷりと温泉に浸かってから退場。
200705191107000
(今日はくっきりの桜島に別れを告げる)


 通常、ホテルの温泉というのは朝は9時迄の営業というのが一般的だけれど、ここはクローズしないのがうれしい。そうなんですよね、
「チェックアウトが11時である以上それまでは温泉も営業すべきである。」
お日帰りさまのための清掃のために、早くクローズするのは本末転倒である。さすがは、城山観光ホテルであるといえよう。

 土曜日のホテルは学会でごったがえしている。実は、一瞬小生も4泊目はお断りされたのだけれど、直前になってなんとかしれくれたのだ。なんだか分からないけれど、
「学会というのはそんなに意味のあることなのだろうか?」
学者ではない小生には、全く縁のない世界なので分かるはずもない。ただ、地域における経済効果はたいしたものだろう。ホテルはもとより、オリジナルタクシーチケットや、
「安心して飲める店マップ」
なんていうのまで、出回っているようだ。(JCのように風俗・飲み屋案内所テントが出ないだけまし)
200705191107001
(城山観光ホテルにも別れを)


 朝は食べれなかったので、最後の昼食は
「味の丸一」
を選択、お昼なので上ロースでなく、通常のロースを選択。この下にランチロースもあるのだけれど、さすがにそれは寂しい。上ロースほどの厚みはないのだけれど、十分に美味しかった。
200705191154000
(黒豚にも別れを。。。)


 土曜日ということで、結構な賑わい。そんな中お先するのは、恐縮なのだけれどご挨拶周りをすませ空港へ。ラウンジで寛いでから帰京。
「羽田空港周辺が雷雨のため、激しく揺れます」
という機長のアナウンスどおり、東京が近づくにつれて激しく揺れた。そして、旋回が始まった。なんでも、着陸の順番待ちとのことだ。
「5分ほどで、旋回も終わり。揺れもたいしたことなく無事着陸」
 少し前までは揺れると怖かったけれど、最近では揺れるととても楽しくなったから不思議ではある。
200705191604000
(鹿児島に別れを告げる。。。)


 帰宅すると、鹿児島の弟子1号から
「売り上げの吉報」
大分のるいさんから、昼間は吉報ではなかったらしいけれど、
「棚湯に大満足との吉報」
米国のおぎさんから
「意気投合オフの開催についての吉報」
大井町さんから
「ジャスマック・アネックス予約完了の吉報」
などが届いた。なによりではある。

 ところで、今朝の日経プラスワンに小生が、電話で一言しゃべった内容が記事として掲載されているのだけれど、
「あまりに事実と違う内容に驚く」
あんな30秒にも満たない電話取材で、記事を書いてしまうとは正直驚き。。。。。

 小生も前半戦は、出張で多忙を極めたけれど、そろそろ
「遠征に出かけて癒されても許されるだろう」
とはいえ、これじゃいつまでたっても
「小生の吉報」
は届けることが出来ないだろうなあ。。。。と思う今日この頃ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月18日(金)景色と参謀

 3日目の朝も、当然
「さつま乃湯」
から一日が始まる。今日は天気はよいはずなんだけれど、桜島はかすんで見える。たかが島というか、山なんだけれど、
「やっぱり桜島が綺麗に見えるか見えないか?」
というのは、非常に重要な問題である。普段は、景色なんか全く気にしないのだけれど、ここへ来るととても気になる。
「やはり都会の喧騒で失ったなにかを、南国の地では思い起こさせてくれるのだろう。」
そんなことからも分かるように、小生がこの地を訪れることは、ごく自然の流れなのだといえる。
200705180935000
(ここ数日はっきりとは見えない)


 お次は、言うまでもなく朝食なんだけれど、今朝もたっぷりといただく。といっても、以前のように朝から豚や鳥を盛大に食べることはなくなった。結局初日こそ奇をてらったおかずがうれしいけれど、連泊すると
「いわゆる旅館の朝食」
のようなおかずに目がいってしまう。きんぴらごぼう・大根おろし・らっきょう・ほうれん草のごまよごしなどなど。
200705180919000
(朝から幸せな気分になる)


 愛すべき城山観光ホテルなんだけれど、以前はLANが設置されていなかった。昨年から使えるようになって、ほぼ欠点がなくなったといえよう。ただ不思議なのが、LAN接続していると
「メールの受信が出来ても、送信が出来ないのだ」
しかもたちが悪いことに、アウトルックでは送信済みとなっている。だから、メールの送信時のみウイルコムのお世話になることになる。

 ウイルコムといえば、先日新宿で新機種を見ていたら、係りの人が
「時代は、イーモバイルですよ!」
とささやいてきた。例の定額のネット接続できるヤツだ!ただ、いかんせんまだ東京・大阪くらいしかカバーしていないからねえ。あと、この携帯での定額接続というのは、本来孫さんの仕事だと思うのだけれど、
「氏はどう動くのだろうか?」
共にお世話になることはないとおもうけれど、少しだけ気になる。。。。。

 夜もどうせお肉なので、お昼は珍しく
「吹上庵にてそばをいただく」
吹上庵さんは、いち・にい・さんと同じお店である。よって、感じがよろしくお味もそこそこ。小生、100%うどん派であって、おそばをお金払って食べることはまずないのだけれど、なんとなく今日はそば。
200705181435000
(おつゆが甘辛くておいしかった)


 晩御飯は色々悩んだあげく、今日もやっぱりJA直営の
「ZINO」
さんにて、その名のとおり
「地のもの」
をいただく、さつまあげ・鳥刺し・黒毛和牛のステーキ・サラダなどなど。。。。。。その中でも美味しかったのが、
「黒豚ソーセージのピザ」
ピザマニヤの小生もこれなら満足。(笑)
200705182100000
(とり刺し)
200705182107000
(さつまあげ)
200705182124000
(イチオシのピザ)


 小生は、明日一足先に帰京するので、弟子1号と軽く一献。相変わらずのお安さに衝撃を受ける。お風呂が12時までなので、慌ててホテルへ帰って入浴、即就寝。。。。。。。

 文藝春秋
「大研究 昭和の陸軍」
をようやく読み終える。なかなか面白かったのだけれど、小生いまだに分からないことがたくさんある
「参謀というのは、なぜあんなに権限があったのか?大将の司令官は中佐の参謀の言うことを聞かないといけないのか?」
「陸軍=悪 海軍=善 はどこまで本当なのだろうか?」
特に、前者については今回分かりやすく書いてあったのだけれど、どうにも納得いなかいんだよなあ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月17日(木)美味しいお肉とお酒

 7時30分起床、まずはゆっくりと
「さつま乃湯」
にて寛ぐ、残念ながら今日も桜島は雲にかくれているけれど、イオンスパ・水風呂を挟みながら1時間ほどたっぷりと。。。。
200705170919000
(厚い雲に隠れてしまった)


 朝食は、今日も和のメニューを中心にたっぷりといただく。いつもながら思うのだけれど、漬物と大根おろし。この2つの充実がアクセントだ。結局、たくさんおかずがあったって全部は食べられない。
「欲しいのは、漬物であり、なんにでもピッタリな大根おろし」
他のホテルでも、この2つを充実させることはそんなにコストも手間もかからないと思う、費用対効果抜群だからぜひともお試しあれ!もちろん、漬物のアイテムは毎日違うことだけは忘れてはないらないけれどね。。。。
200705170903000
(結局、漬物と大根おろしがうれしいのだ!)


 はっきりいって、このシリーズは力が入らない。簡単にいうとワールドシリーズの激闘の後来日するメジャーみたいな感じ。といったら大変失礼なのは承知だけれど、とにかく今回は弟子にお任せ。暇をみつけて、街をブラブラ。
なぜかわからないけれど、この街は
「ミスタードーナツとサンクスが多い」
FCというのは集中して出店する必要があるとはいえ、あまりにも顕著なので驚く。

 今日の晩御飯は
「華蓮(かれん)さんにて、しゃぶしゃぶ」
をいただく。華蓮さんはJA直営のお店で高級感たっぷりだ。まあ、いつもしゃぶしゃぶは東京では食べ放題をいただくのだけれど、やっぱり
「全然違う!」
すばらしい、としかいいようがない。メニューは
「特選と極上」
があり、我々は特選を選択したのだけれど、十分おいしかった。いつもは、馬鹿にみたいにたくさん食べる弟子も
「今日は、味わって食べるから、おかわりしません」
と言わせるのだからたいしたものだ。
200705172054000
(どうですか、このお肉!!)


 サイドメニューの鹿児島の地鶏だかのチキンカツも、とってもおいしかったし、仕上げのゆで汁を使ったラーメンもこれまたおいしかった。
200705172130000
(チキンカツもおいし!)
200705172145000
(仕上げはラーメンなのだっ)


 おいしいお肉の後は、
「おいしいお酒」
ということで、ホテルのバーにて一献。小生には猫に小判なんだけれど、せっかくなので
「森伊蔵」
さんをいただく。きっと、飲み人が飲めば、もっとおいしいのだろうけれど、小生でも
「飲みやすい」
と感じるのだから、たいしたものだ。シャンソンの生ライブを聴きながら、ソファーで寛ぐととてもリッチな気分になる。相変わらず夜景も綺麗だしねえ!仕上げにブルーシールアイスクリームを食べてから就寝。。。。。。。
200705172248000
(猫に小判とはこのこと)
200705172351000
(仕上げはブルーシール)


「田中幸雄2000本安打達成!」
なにはともあれおめでとうございます。幸雄さんは、とにかく古きよき時代のファイターズの象徴だった。東京ドームで
「田中雄」
と表記されていたのは、今となっては分かる人も少ないだろう。松浦の奥さんと幸雄さんの奥さんは双子だったと思うけれど、4人でおそろいのトレーナーを着てプロ野球ニュースにでていたのも、当時としては衝撃を受けた。痛いとか絶対言わない、人格者であることはあまりにも有名。
 第二次大沢政権になって、広瀬を起用するため
「外野で広瀬の守備を見て勉強しろ!」
とレフトにコンバートされたのも、今となってはいい思い出なのだろうか?

 1回目のFA資格をとった晩、千葉マリンで
「生涯ファイターズにいてください!」
とバスに乗り込む幸雄さんに向かって声をかけたのも、小生としてはもうはるか昔の出来事だ。実質小生の知っていうファイターズは存在しないけれど、曲がりなりにも幸雄さんは生涯ファイターズで通してくれたのに、小生がファイターズファンでなくなってしまったのは、遺憾としかいいようがない。

 だた、ひとつだけ、
「昭和名球会」
が目標だったのだろうか?それとは関係なしに
「2000本」
という数字が目標だったのだろうか?これは、ちょっと聞いてみたい。ここ数年の状態で、
「現役を続行するのがよかったのか?監督は使わなければならないのか?」
というのは、意地悪な疑問だとは思う。以前は、西崎とかも突如として戦力外通告されたしなあ。。。。元横浜の駒田は、2000本達成した瞬間から一切使われなくなったけれど、今回はどうなんだろうか?少し気になる。

 いずれにしろ、幸雄さんが今年引退することは確実だろう。これで
「東京の日本ハムファイターズ」
というのは、本当の意味で過去のものになったのだろうねえ。。。。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

5月16日(水)東京・銀座・資生堂

 城山観光ホテルの朝は、もちろん
「さつま乃湯」
から始まる。多少早起きになるけれど、こればかりは仕方がない。7時起床、1時間ほどたっぷりと寛ぐ。
「朝からふにゃふにゃになってしまうのが、出張として正しいのかどうかは、この際考えない」

 入浴のあとは、もちろん
「日本一の朝食」
と決まっている。日経・日刊スポーツ・南日本新聞を読みながら、たっぷりといただく。
「朝から、動けなくなるほど食べてしまうのが、出張として正しいのかは、この際考えないことにする。」
200705160850000
(基本はあくまでも和食)


 朝食の後は、テラスに出て
「桜島へご挨拶」
というのが定番なんだけれど、今日は思いっきりガスがかかっていて、その雄姿はほとんど見えず。テレビのニュースでは、
「今朝久しぶりに噴火した」
とのことだけれど、噴煙は確認できず。
200705160900000
(噴煙は確認できず)


 今日は、初日ということで、地元のテレビの生中継あり。レポーターは昨年同様、財津三奈さん。スタッフの方も昨年と同じで、
「どうもどうも」
で始まる。しかし、実際の生放送では大変遺憾な事態が発生した。なんと
「東京・銀座の○○○」
とおもいっきり、言われてしまったのだ。小生が最もナーバスになっていることである。すかさず、マイクに向かって
「日本橋の○○○です!」
と連呼したことは言うまでもない。

 大体、日本の店で
「東京・銀座」
と呼ばれるのは、
「資生堂だけである!」
ここだけは履き違えてはいけない。もっともっと啓蒙、普及活動をせねばならない。。。。。

 ということで
「南国での普及活動開始!」
いつもながら、この街の年齢層の高さには衝撃を受ける。普及活動も大変だ。今回は弟子1号に基本的に全てお任せなので、割と時間が自由になる。ということで、ネットカフェで軽く雑務をこなして
「ラーメン専門 こむらさきさん」
にて昼食。いつもの思うのだけれど、鹿児島のラーメンは高い。ここも、800円だか900円もする。確かに黒豚のチャーシューが入っているのだけれど、ねえ。。。。麺はそうめんに近いような感じ、スープは恐らく化学調味料を使っていないので、後味がスッキリとして好印象。
200705161400000
(ある意味、家庭的なお味で嫌いではない)


 午後から横殴りの雨が降ってきたせいか、特に大きな盛り上がりもなく、
「ダラダラと続いた」
なんか、こういうのは一番疲れるパターン。しかも、閉店後は懇親会へ出席。お楽しみ抽選会で、弟子に黒豚焼き豚が当たったのがせめてもの救い。お口直しは、
「我流風さんでラーメン」
正統派鹿児島ラーメンではないけれど、決して嫌いなお味ではない。でも900円もするんだよなあ。。。。
200705162203000
(とんとろがのった味噌味)


 11時前には、ホテルへ戻り
「さつま乃湯」
でたっぷりと汗を流すと、あまり充実しなかった一日も全てが解決するから不思議だ。

 ところで、アドマイヤムーン武豊から岩田へ乗り替わり。とにかく今年の武は乗れていないけれど、ダービーの人気馬から下ろされるというのは衝撃的、しかも相手が地方出身の騎手。武も自身のブログで無念さを語っている。
「武に恨みはないけれど、楽しい時代になってきた」
ことだけは間違いない。何にもわかっていないのは、JRAだけなんだろう。。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

5月15日(火)南国鹿児島へ

 今日は昨日とうってかわって、午前中からバタバタ。まずは朝一で社内会議。まあ、簡単に朝一とは書くけれど、当社の朝一は決して早くない、おおよそ9時40分くらいからだ。ところで、一般的に
「朝一とは何時を示すのだろうか?」
よく、電話でアポをとるさいに
「午後一は13時とわかりやすいのだけれど、 朝一というと10時の場合が多い」
実際、なかなか外部とのアポの際9時というのはめったにない。

 11時から30分刻みで来客、12時からは岡山・香川からの来客を交えての新企画の打ち合わせ、ようやくゴールというかスタートが見えてきた感じだ。

 午後は、今日もテレビの撮影。テレビといえば、例のオリエンタルなんとかの番組は結局
「こちらの意図が正しく伝わらない」
ということで、正式にNGを出した。とにかく基本的にバラエティの場合は
「我々のお墨付きがほしいだけ」
の場合がある、以前も某料理番組で
「○○に幻の果物があるって聞いたことがあります」
というセリフを言ってください。と来たので
「これは100%ヤラセだから協力できない」
と突っ返したら憤慨していた。ちなみに、その番組は、
「どっちか知らないが」
もう放送されていない。

 今日の番組の担当者とは、すごく分かり合えたので、こちらも思いっきり協力することができた。明日放送なんだけれど、ネタとしては一瞬出遅れた感が否めないが。

 バタバタと済ませてから、羽田へ。4時30分のANAにて鹿児島へ向かう。B777-200はさすがにガラガラ。お隣のいな非常口通路は非常に快適だ。一眠りしてから文藝春秋を読んでいるうちに無事着陸。まあ、どうでもいいのだけれど、どうみても50代後半と思われる高齢の乗務員の方がいらっしゃったのだけれど、
「あの方はいったいくつなのだろうか?」
気になってしかたがないので、他の方にそっと聞いたけれど
「い、いやあ・・・・素敵な先輩なんですよ。。。。」
という答えしかいたけれなかったけれど、その動揺ぶりから、かなりのご高齢ということだけは確認することができた。

 天文館にて先乗りしている弟子1号、および女助っ人1号と合流。まずは晩御飯ということで、もちろん
「味の丸一さんにて、上ロース」
ちなみに、女助っ人1号は普通のロース。3人ともペロリと平らげた。
200705151952000
(い、いつものやつ!)

200705152037000
(白くま君もお出迎え!)


 そして、お次はデザート。もちろん
「しろくま」
に決まっている。弟子1号は大、我々は二人で小をいただいた。しろくま初体験の女助っ人1号もご満悦のようでなにより。
200705152044001
(大と小)


 鹿児島でのご挨拶を無事終えて、向かう宿は
「城山観光ホテル」
に決まっている。すっかりおなじみになったスタッフの方々が温かく迎えてくれる。

 もちろん、温かく迎えてくれるのはスタッフの方だけではない
「さつま乃湯」
にてじっくりと汗を流せば、歴戦の疲れがとれるというものだ。どうにもこうにも眠くなってしまい、なんと12時前に力尽きて就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月14日(月)国民投票法案成立

 今日は定例の会議もなく、平穏な一日。お昼から、
「ららぽーと豊洲」
へ参戦する。車だと日本橋から20分もかからず、都心からも非常にアクセスがよろしい。ただ、近くに行っても標識がなく、少し戸惑う。施設の概要は、まあよくあるパターン。ABCマートあり、ABCクッキングあり、シネコンあり。インテリアのお店も多数あった。

 意味不明なところでは、GAPとユニクロが共に入居している点、これはビックリだ。同じ三井不動産の運営でも、東京ミッドタウンが高級志向なのに対して、こちらは地域密着型といった感じ。飲食の施設もラーメン店が多数あったり、ダッキーダックがあったり1000円あれば十分食べられるところがうれしい。そういう面からも
「こちらの方が、ずうっと親しみやすい」
まあ、
「晴れの六本木に対して身近な豊洲」
というコンセプト通りなのだろう。
200705141549000
(最近はどこも吹き抜けね)


 今日は時間があるので、内緒でシネコンへ入場、前から観たかった
プルコギ
へ参戦。どうやら最も小さい小屋での上映なんだけれど、それでも中はガラガラ。最終的に数えたら場内は6人だった。
 「本格的な焼肉映画」
ということで、大いに期待していったのだけれど、まあちょっとねえ。。。。といったところ。主演は松田龍平。そう、小生絶賛の
ハゲタカでITベンチャー社長を演じた彼だ!」
ハゲタカとは全く違った役どころをうまく演じていた。
 しかし、なによりもすばらしかったのは焼肉名人を演じた
「田村高廣さんの味」
これに尽きる。公開前にお亡くなりになってしまたけれど、この映画でもなんと
「焼肉を焼きながら死んでしまう」
という衝撃的な役どころなんだよねえ。。。

 一応、館内をグルっと周ったのだけれど、気になったのはやっぱり今話題の
キッザニア
平日だというのに、大変な賑わいだ。しかし、これを考えた人は天才だね。よく分からないけれど、
「子供が行きたいというより親が行きたい施設なのではないだろうか?」
りくおさん一家も参戦して、大いに楽しんだというけれど、小生も是非とも参戦したいものだ。
200705141543000
(ここだけ凄い数の人が。。。)

 
 もうひとつ気になったのが、やっぱり
「ABCクッキング」
ここは、キッズを対象としたクラスも併設されているようで、なんともほほえましかった。是非とも、小生も子供をつれて参戦を果たしたいところであるが、遺憾ながら今のところ予定はない。
200705141550000
(親水施設が気持ちよさそう)


 「国民投票法成立」
色々意見もあるし、18歳だ20歳だと問題はあるけれど、今まで
「憲法改正の道筋を国民に示してこなかったのは政治の怠慢以外なにものでもない」
だから、少なくともここまでは大いに賛成だ。しかしながら、ここから先は
「大いに議論が必要!」
ただ、相変わらず社民党論外と思ったのは
「絶対に国会の発議を阻止しなくてはならない!」
ときた。だけれど、
「国会の発議って阻止しなければならないものなのだろうか?」
私はそうは思わない。だって、他の法律案は間接的にしか我々はジャッジできないけれど、憲法改正については
「直接ジャッジできるのだ!」
ようやく、直接ジャッジできるだから、
「国民がどう選ぼうと勝手だと思う」
社民党の発想は
「どうせ国民は馬鹿だから、平気で自民党にだまされてただしいジャッジが出来ない」
と思っているのだろう。これこそまさに
「大きなお世話である」
しかも、今更ながら参院選に土井たか子氏を登場させようとしているところなど、お話にもならない。

 本日、
肺がんを発表した筑紫哲也さんに、
「社会党社会党といまだに呼ばれるだけのことはある」
 
 ところで、赤ちゃんポスト運用初日にいきなり
「3〜4歳の男の子が入れられた」
とのこと。もちろん、賛否両論あるだろうけれど、これだけ大きく報道されると
「隠れて撮影する写真誌」
とか登場しそうな感じがして大いに気になるところではある。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月13日(日)道を極める

 久しぶりの在宅の休日、10時まで熟睡。これで、全て解決したような感さえする。午前中はサンデージャポンを見ながら文藝春秋を読む。同級生交歓
「千住明氏と梅田望夫氏」
千住氏は作曲家で有名だけれど、梅田氏はIT関連会社の社長さんらしい。共に幼稚舎から慶應だけれど、お二人とも
「専門を極めるため」
芸大と東大へ進んだらしい。
「やはり慶大というのは専門を極めるには適切でない場所らしい」
そういえば、やはりテニスを極めるため
「松岡弟も退場していった」

 小生の周りにも退場していった方は大勢いるけれど、皆さん遺憾ながらの退場であり、決して前向きの退場ではなかった。一歩間違うと小生も退場の危機だったのだけれど、なんとか生き残ることができた。どうもでいいけえれど、やはり
「前向きに退場する方はモノが違う!」
ということなのだろう。

 スカパーで野球を見ながら、
「ウツラウツラ」
非常に気持ちがよい。とはいえ、このまま本格的に就寝してしまうと夜眠れなくなってしまうので、お買い物に出かけることにする。まずは腹ごしらえということで
「味の時計台さんへ参戦」
ホントそろそろ北の大地が恋しくなってきた。
200705131500000
(ちょっと化学調味料の後味がキツい)


 腹ごなしの後は
「ABCマートにて靴を3足ほどまとめ買い!」
いかんせん、お買い物に来る機会というのはそうそうないので、買うときはまとめ買いだ!この店は、雰囲気はカジュアルっぽいなのだけれど、
「店員さんの接客レベルは非常に高い」
と思ったりもする。やはり
「料理教室も靴もABC」
ということなのだろう。
200705131524000
(靴はABCマートで!)
200705131534000
(とりあえず着ぐるみがいたので。。。)


 靴の次は、伊勢丹メンズ館にてスラックス、半そでシャツ、サマージャケットなどなど。小生の場合、
「スーパーメンズ」
というジャンルに入る。スーパーメンズといえば聞こえはいいけれど
「ようはデブとノッポ専用コーナー」
ということになる。ただですよ、小生の場合このコーナーに入るギリギリなんですよ。つまり探せば一般人のコーナーでもあるわけで、こちらのコーナーではむしろ小さい部類に入ってしまうのであった。。。。だから、
「コンプレックスなくお買い物ができて楽しい!」
ということで、ちょっと言えないくらい盛大に購入してしまった。。。。
200705131719000
(ようはデブとノッポコーナー)


 せっかくなので、リニューアルオープンした地下の食品売り場を散策。どうにもこうにもお店が見つかりにくい、
「徹底的に店のカラーを殺したつくりになっている」
ようは全てが伊勢丹の売り場になってしまっている。ただね、あれだと
「どにに何があるか分かりにくい。結局はお客様にご不便をかける」
と思うのですよ。なんだかなあ。。。。。。
200705131611000
(ブランドがさっぱり分からん)


 靴、洋服と続いたら
「最後はお車だ!」
今のお車は6年、6万キロ。そろそろ買い換えたいのだけれど、いかんせん
「欲しい車が全くない」
とりあえず日産レッドステージへ乗り込んで試乗するも、どうにもピンとこない。そもそも車って家の次に高い買い物じゃないですか!それなのに、お店に豪華さや、華やかさがまるでない。お茶ひとつでないし、なんだかなあ。。。。
「これじゃ売れるわけないよゴーンさん」
といっても小生、
「外車とトヨタは購入しない」
と心に決めているので、ホント困ってしまうのだ!
200705131824000
(なんか気が進まん)


 今日は
「母の日」
ということで、珍しく母親と外食。まあ、年に1回くらいこういう日があってもいいだろう。

 ところで、ヴィクトリアマイル、前川清さんのコイウタが優勝。前川氏といえば
「GⅠで優勝したら、ウイーナーズサークルで東京砂漠を歌う」
と宣言していたけれど、一体どうなったのか?
 しかしながら、ディナーショーのお金を持ち逃げされ
「一番の被害者はお客様と、700万円自腹を切った」という美談が報じられていたけれど、
「やっぱりいいことをしてよかったね!」
まあおめでとうございます!

 久々のユックリとした休日を過ごし、すっかり体調も8割方回復した。お買い物も一杯したけれど、
「お金で買えないものを、どうしたらいいのか?」
「とりあえず道を極めるべきなのか、しかし小生の道とは何なのか?やっぱり遠征?」
と考える日曜の夜なのであった。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月12日(土)小生のせい?

 テレビの恐ろしさをまざまざあと見せ付けられたのが、今朝のセリ。なんと宮崎のマンゴーが昨日の
「5倍~10倍」
いくら母の日の直前とはいえ、こんな経験は今までない。なんだが業界内では
「密かに小生のせい!」
といわれているらしいけれど、
「冗談じゃない!」
まあそれはともかく、予約は山のように受けているのだから、どんなに損しても出荷しなければならない。いわゆる
「売れば売るほど損する」
というのは初めて。。。。

 そんな恐ろしいテレビの撮影が、今日もあった。オリエンタルラジオのなんとかという番組らしい。事前のやり取りで
「あきらかに我々のお墨付きがほしいだけ」
という感じの内容で、事細かく指示があったので、いやな感じがしたのだけれど結局おおもめにもめた。
「どうせ、あんた都合よく編集するんでしょ。この部分まで完全に使わない場合は許可しない」
と宣言したら
「会社へ帰って上司と相談してご連絡します」
という回答があったけれど、どうせ小生の趣旨が正しく伝わらないように編集するんだろう!

 お昼から弟子を伴って新宿へ、せっかくだから
「シェーキーズでお昼を!」
と思ったけれど、予想通り長い待ちの行列が・・・・・・ホント、昼は大人気なんだよねえ。。。結局、皆さんシェーキーズが好きなんだから、
「夜も通って儲けさせて店舗を増やしてもらおう!」
是非、この運動の趣旨に賛同される方は行動を起こしてほしい!
200705121315000
(ピザッ!)


 仕方がないので、それこそ20年ぶりくらいに
カプリチョーザへ参戦!」
スーツ2人組みはシェーキーズほどではないが、やっぱり思いっきり浮く。しかも、弟子が注文したのが
「ミートソース(取り分け)カルボナーラ(取り分け)ピザ」
いかんせん、カプリチョーザのパスタは丼に山盛りで登場することでおなじみなんだけれど。。。。
200705121320000
(このカルボナーラは強烈!)


 店員さんも、お隣のカップルも一様に
「こいつら大丈夫かよ?」
と好奇の目で見ていたけれど、こともなげに食べてしまったからたいしたものではある。ちなみに、小生3、弟子7と」「いった感じだ。ちなみにお会計は5300円となるので、全然安くはない。

 カプリチョーザやハードロックカフェなどの
WDI
さんの社長さんは、同級生だ。とにかく格好いい男で高校の時は、モデルのヒロ○なんとかとお付き合いしていたと記憶している。今でも、相当にもてるんだろうなあ。。。。
200705121320001
(ミートソースも飽きるよねえ)


 ちょっとだけ抜け出して府中へ、準特急を東府中で乗り換えて20分だからかなり便利だ。今回は中3週での京王杯スプリングカップ。メムバー的には、今まで一番軽いかもしれない、出馬の時点では
「とにかくメンバーが軽い、たたき3戦目、左回りは?だけど東京の直線は長すぎる」
というのが率直なところ。
200705121448000
(フジビュースタンドは満席!とにかくデカイ)


 パドックでのマイネルスケルツィは、ここ3戦で最もよかった。馬体の張り、表情共にピカイチ
「正直、もらった!」
と思った。適当に馬券を購入して、いよいよスタート、さすがに高松宮記念ほどの緊張感はない、やっぱり遠征と地元での興奮度の違いでもあるのだろう。
200705121508000
(抜群の出来!)


 恐れていたことがおきた
「逃がされてしまったのだ」
いかにも行きたくなかったのだけれどねえ。。。。でも正直
「あと200では勝ったと思った!」
ところが最後は
「首・首・首の4着・・・・・・」
ある意味、もっとも厳しい展開になっての4着しかも自身もレコードだから
「負けて強し!」
とは思うのだけれど、やっぱり残念。。。。。

 次の安田記念はもう上がり目はないし、好走はするだろうけど、
「勝つまでは・・・・」
というのが率直なところ、ヴィクトリア組と高松宮勝った武の馬が人気になるのだろう。。。。。

 とりあえず会社へ戻って、ちょろちょろって仕事してから早々に帰宅。とにかく身体がだるくて仕方がない、今日は早めに就寝。。。。。。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月11日(金)八時またぎ

 自分の見苦しい顔を、
「8時をまたいで」
見ることになる日が来るとは思わなかった。。。。

 昨日の撮影のおかげというか、なんというか例の
「みのさんが、ベロっとはがすボード」
にも大きく
「○○屋では1日に○○個売れた!」
とか書いてあるし、まあ朝から衝撃ではある。しかし、もっと衝撃なのは8時過ぎってサラリーマンって家出ているじゃないですか!それなのに、とにかく売り場の前は凄い人なんですよねえ。。。皆さん、ご自宅用としてドンドン購入しちゃうし、写メ撮る人も続出だしねえ。。。

 とにかく
「こんなの初めての現象だ!」
それこそ、とんねるずのお土産で突然ケーキが売れることは今までに何回も経験しているけれど、単価が単価ぢゃないですかぁ!
「H知事恐るべし!」
この経済効果はとにかく半端ではございません。。。。。

 午後いきなり、電話がかかってきて
こないだ取材した記事、今日の1面にのってます」
との連絡が入る。例のS新聞の記者からの連絡だ。慌てて買いに行こうとするも、当然のことながらコンビニなどでは発見できず。仕方がなくネットで見ると。。。。文章はともかく大きな顔写真入りで掲載されていて、大いに衝撃を受ける。別に小生の人物像を追った記事でもなければ、主役の記事でもない。なのになぜ
「店内や商品の写真ではないのか?」
さっぱり分からない小生なのであった。。。。。。
 小生と仲良くなった証だとしたら、ありがたいことではあるけれどねえ。。。。。

 どうしても生野菜を身体が欲しがっているようで、
「フォルクス」
さんに立ち寄り、サラダバーを3杯ほどいただきステーキは残す。生野菜の摂取方法は色々あるけれど、やはりフォルクスさんと松屋さんが2大巨頭のようだ。本来、野菜は生よりも
「ゆでたり、いためたりした方がよい」
とされているけれど、なかなかほうれん草のおひたしや、野菜炒めは家でないと食べられない。お外では、
「鍋」
という選択肢もあることはあるけれど、どうしてもお肉も沢山食べてしまうからねえ。。。

 早く、家庭料理を味わえるようになりたいと思う今日この頃だけれど、残念ながら予定はない。仕方がないので
「ABCクッキング」
にでも参戦しようかと思ったら、なんと女性専用だと分かり断念。しかし、冷静に考えるとABCクッキングに通っている女性は皆が皆
「作ってあげる人が決まっているとは限らない!」
しかしながら、
「せっかく料理を覚えたのだから男性に食べさせてあげたい!」
と思っていると推測する。ここまでは分かったのだけれど、遺憾ながらここから先どうしたらよいか分からない、まあこんなところが小生の限界なのだろう。。。。。なんて思いながら早めの就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月10日(木)宮崎と宮城、鳥取と島根

 朝から多数の来客あり、マンゴーの売り込みに上京してきたH知事のお供のご一行様だ。なんだかんだいっても、この知事の行動力というのは大したものだと思う。よく
「宮崎と宮城は間違われる」
というけれど、これは小生には理解できないけれど、鳥取と島根というのは間違えても仕方がないと思ったりもする。

 そして、小学生の頃は
「鳥取なのか取鳥なのか?」
と間違えたこともある。なんとなくだけれど、鳥取までは用事があっても島根ってほとんどなさそう。小生の場合、諸般の事情により
「出雲大社へ参戦」
せざるを得なくなったのだけれど、大変遺憾ながら
「ご利益がない?」
ということが判明してしまったので、今後は、参拝に行く方も減られるのではないだろうか?まあ根本的に
「出雲大社でも手に負えないものは手に負えない」
といわれてしまうと、返す言葉は見つからないのだけれど。。。。。。

 午後からH知事関連のテレビ撮影、2時に始まって終わったのが6時30分。これだけの長丁場は初めてだ。しかしも
「ヤラセではない」
ためとにかく待つしかない。結局、局側が思ったとおりのコメントは取れなかったのだけれど、明日のオンエアはどうなるのだろうか?ちょっと楽しみ。

 夜は、日本橋にて会食、二次会のマンダリンオリエンタルホテル38階のバーがよかった。とはいえ、小生にとって黒霧島ロックで3杯は飲みすぎ。完全に目が回ってしまった、ふらふらになりながら家にたどりつき速やかに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月9日(水)瞬間(とき)は流れる

 9時30分起床、
「青葉の湯」
が10時までなので、慌てて入浴を済ませる。平日の朝9時30分なのに5~6人入浴しているから不思議だ。こんなところに泊まっているのは、100%出張だと思う。出張だったら、平日の朝9時30分にお風呂に浸かっていないと思うのだけれど、摩訶不思議。まあ、小生も含めてなんだけどね。さくら野百貨店にて北海道物産展を見学してから、はやて号にて帰京。
 
 あれだけ儲けたんだから、たまには
「グリーン車で帰ってもバチがあたらないだろう!」
と思い、奮発しようとしたらなんと満席。まあ、そんなものだろう。3列がけで隣がいなかったから楽チンだけどね。とにかく、はやて・こまちが1時間に1本しかないのがツライところだ。せめて1時間に2本欲しいところだけどね。東海道新幹線と違って、東北は飛行機というライバルがいないから努力が足りない。
「改善の余地大いにあり!」
といつもながら思う。

 あれだけたっぷり
「ドーミーイン仙台アネックス」
で寝たのに、いつの間にか就寝していた。やっぱり疲れているのだろう、ホームで購入した日経トレンディと日経エンターテイメントは読まずじまい。

 1週間以上、東京を空けると、いくら東京嫌いな小生でも懐かしく思えてくるから不思議だ。まあ、飛行機で九州へ行って、東北新幹線で仙台から帰ってくるというのももっと不思議だけれどね。

 当然のことながらデスクの上は、大変な騒ぎ。ひとつひとつこなしてゆくしかない。まあ、なんといっても今回ばかりは帰社する小生を
「お疲れ様でした、すごい!」
と凱旋将軍のように出迎えてくれるから気持ちがよい。そこへ、社台S氏から
「エンジェルギフト号能力試験1着、しかも最高タイム」
との報が入る、もう2歳がデビューする時期になったのね、といったところ。確実に瞬間(とき)は流れているのを実感する。

 そろそろ野球も見たいし、TCKにも参戦したい、棚湯もご無沙汰だし、砂蒸しにも行きたい、北の大地へ行ったのはいつだっけ?そろそろオフの時間が必要になってきたようだ。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月8日(火)東京を通過

 一応、9時30分までユックリと眠ったのだけれど、なんだか疲れは全くとれない。まあ、それはそれで仕方がないところではあろう。11時チェックアウトまでお部屋で
「ボーッ」
としてからチェックアウト、おなじみのフロントさんから
「テレビ出てましたね!」
と声がかかる。まあ、年間30泊もすれば顔なじみにもなる、どんなに満室状態でもなんとかしてくれから便利だ。一度だけ1週間の長期滞在で浮気したことがあるのだけれど、もの凄い後悔をしたことが、あってそれ以来短の場合はたまに浮気するけれど基本的には
「八百治ホテル」
を愛用している。ただし、やっぱりビジネスはビジネスで新聞が届かないとか、バスタオルの質が悪いとか、ソファーがないので寛げない。

 とか欠点を上げればキリがないのだけれど、小生の場合とにかく
「温泉(大浴場)」
の存在が全てにおいて優先される。はっきりいって、温泉もとにかく塩素くさいし、11時30分までしかやっていないし、決して満足しているわけではないのだけれど、まあ、仕方がないところだ。とにかく一刻も早い
「ドーミーイン」
の福岡進出が待たれるところだ!
200705081127000
(天神へ戻ってお買い物)


 チェックアウト後、天神へ戻ってお土産を購入。今回は
「限定のひよ子の家族」
をチョイス!大きいひよこもあるけれど、小さいのがかわいらしい。ラッピングも奇麗で、即決!今の時代、なんでも大きくする傾向があるけれど、これからは絶対に
「小さく!」
であると確信している。ただ、小さいと売り上げ上がらないんだよねえ。。。。
200705082204000
(家族ひよ子)


 福ビル地下の食堂で名物
「カレーどんめん」
をいただいて、福岡での全日程を終了。ところで、どんめんとは。カレーうどんにお野菜がたっぷり入っているような麺でボリュウム満点でお気に入りだ!
200705081304000
(お気に入り!カレーどんめん)


 福岡空港で向かうターミナルは東京行きの第二ではなく、第一ターミナル。そうなんですよ、東京へ帰るのではなく飛び越して、一気に仙台へ向かうの小生なのであった。。。。。時間がピッタリなのがJALだったので、仕方がなくJALだったのだけれど、思いっきりやられてしまった!
 我々を乗せたM81は時刻通りにスポットを離れる、小生は当然のごとくすでに熟睡状態。そして、気がつくと滑走路横に止まっている。
「もうついたのか?よく眠ったなあ。。。。」
と思ったら、なんとまだ福岡空港。どうやら30分間この状態だったらしい。ここからが見苦しい機長が
「客室後方で不具合がありましたので、最悪スポットに引き返します」
この時点では、一体何が不具合なのか、どれくらい復旧にかかるのか一切言わない。そして3分後に
「やっぱり、引き返します」
ときた。そして、C/Aさんのアナウンス
「5分で直りますから、座っていてください」
そして、2分後
「給油しますから、一回退場してください!」
ときた。この時点で、小生の怒りは頂点に達してしまった
「一体、どこが不具合で、それは安全上問題がないのか?あるのか?しかも、いきなり給油って??あんた達ガス欠で飛ぼうとしたのか?しかもあんた2分前に5分で済むから座ってろって言ったばかりじゃないか!」
200705081553001
(戻ってしまったM81)


 はっきりいって、
「納得のゆく説明が皆無なのだ!」
説明さえあれば、不安にもならない。ちょっとでもおかしいと思ったら飛ばないのはサービスだと思う。ただ、こういうときの対応って、会社の体質が出ると思う。
「とにかく的確な説明が絶対に必要!」
と思う今日この頃なのだ。
200705081540001
(再び待合室へ)


 一旦退場後、およそ20分で再び乗り込んだのだけれど、そこでようやく
「トイレの水道の故障でした、給油は地上で使ってしまったための補給でした」
と説明があった。おそらく一旦おろしたのはエアコンが停止してしまうためだと思われるけれど、初めからキチンと説明すれば何の問題もないのに、
「お粗末極まりない」
と思わざるを得ない。。。。。
200705081547000
(いい加減ロゴくらい直したら?)


 1時間遅れで、一応無事仙台空港へ到着。熟睡したので、まあよしとしよう。疑問なのは、
「なぜ、仙台なのか?」
ということだけれど、前回に引き続き某和菓子屋さんとの極秘ミーティング。いかんせん、お互い多忙(爆)なのでこういうスケジュールになる。残念ながら、小生はまだ明かすことができないっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月7日(月)戦い済んで

 いよいよ、どんたくシリーズも最終日。
「大型連休明けの月曜日に朝から百貨店へいらっしゃる人がいるのか?」
と思うのが普通なんだけれど、これが大勢いらっしゃるのよねえ。。。。。
「感謝・感謝」
の一言。そして、申し訳ないことに午後一でほぼ商品が切れてしまったので、割とゆっくりとなった。

 ということで、このシリーズ初めてのお昼ご飯をいただく。ログキットのスペシャルバーガーも大いに魅力を感じたのだけれど、ログキットは佐世保へ行けば直ぐに食べられるけれど、親子丼は並ばないと食べられないので、親子丼を選択。10年ぶりくらいに食べたけれど
「とっても、やさしいお味がした」
ただ、基本的に小生
「半熟卵は好きではない」
オムレツでさえ、
「堅めで焼いて」
とお願いするし、目玉焼きも両面焼いてしまう愚かな人間ではある。
200705071313000
(とろ~り親子丼)


 そんなこんなで17時をもって
「どんたくシリーズは無事終了!」
本当に多くの皆さんのおかげをもって、大変だけれど充実した一週間となった。

 ついひと月ほど前に宮崎へ行ってから本格的に企画がスタートし、H知事プロジェクトはうまくいかなかったけれど、ここまでの大成功をおさめることになるとは、本人もびっくり。
「つくづく多くの人に支えられているのだなあ!」
と改めて認識した。そして、毎日来てくれる人もいたし、産みの苦労も多かったけれど
「やってよかった!喜んでもらえてよかった!」
と思う今日この頃ではある。

 打ち上げは、もちろん連休明けで無人の中洲にて。透き通ったイカを肴に盛大にいただく。
「まあ長州力ではないけれど、一生に一度くらいは、こういう日があってもいいのか」
というくらい勝ち誇った気分で飲んでしまったのだった。。。。。。
200705072223000
(やっぱり締めはイカでしょ!)


 ところで、
星野ジャパン(笑)第一次候補60人が発表!」
もういい加減にしてほしい、だって10月の30人発表まで、
「60人で練習したり、試合したりしないし、この30人以外からも選ばれる」
これって
「何にも選んでないのと同じではないのか?」
相変わらず五輪だWBCだといった野球の代表というのは不愉快極まりない。まあ、
さすが星野ジャパンの商標登録を済ませた星野仙一さま!」
としかいいようがないのではある。これで
「日本代表対決とか、皆さんで煽るのだろうか?」
まあ、唯一の救いは北京で野球が終了することではある。。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月6日(日)華味鳥

 今日も朝から大騒ぎ、このゴールデンウイークは、雨が降りそうで降らないという天候から、
「遠くへはでかけないで近場への百貨店へ」
という大衆心理を生んだとも言われている。個人的には、
「雨が降ったら百貨店」
という発想にはならないけれど、日経新聞ではそのような分析をしている。

 まだまだ地方では、
「百貨店へ遊びに行く」
という意識があるのだろうか?少なくとも小生が子供の頃は、渋谷東急本店へ連れて行ってもらえるとうれしかったものだ。食品売り場で買ってもらえる
「神田精養軒のマドレーヌ」
が本当に楽しみだったし、もちろん屋上は最高に楽しい。そしてファミレスみたいな店で食べる
「石焼ステーキとオニオングラタンスープ」
は最高の贅沢だったなあ。。。

 余談だけれど、石焼とかオニグラのグツグツ感とか
「演出に弱い!」
とつくづく感じ小生なのではある。

 いかんせん、子供がいないので分からないけれど
「今の子供にとってデパートはワクワクする場所ではないような気がする」
おもちゃ売り場だって、家電量販店の方が充実しているしねえ。。。。。レストラン街だって、格好つけた店ばっかりで。おじいちゃんはそば、おばあちゃんはてんぷら、お父さんはエビフライ、お母さんは寿司、そして子供はお子様ランチ。なんていうことは出来ない、もちろんそんな需要もないんだけろうけれどねえ。。。。

 そういう意味では、いわゆる
「物産催事」
というのは、百貨店に残された
「最後の皆がワクワクする場所」
なのかもしれない。

 今日はNHKマイルカップの日、昨年の今日はトイレにこもって携帯から流れてくる実況に耳を傾けたものではあるが、今年は全く関心がない。いつも思うことだけれど、
「1年って本当に早いよねえ。。。。」
確かに仕事は充実しているし、馬は走っているけれど、
「39で子供をつくる」
ということだけは、先行きの見通しが全く立っていないのが遺憾ではある。

 今夜は
「華味鳥さんで水炊き」
連休最終日の夜は、さすがの中洲も閑散としている。久しぶりに食べたけれど、やっぱり
「ここの水炊きは絶品!」
200705062139000
(骨付きのお肉がプリプリ)


鳥のプリプリ感がなんともいえないし、なんといっても
「つくね」
200705062148000
(つくねがたっぷりと。。。。)
200705062150000
(お肉よりつくねという説もあり!)

そして
「飲み放題のスープが最高!」
弟子2号は、なんと6杯もお代わりしていた。
200705062138000
(スープがとってもおいしい)


 締めは、ちゃんぽんに雑炊。とってもおいしゅうございました。
「やっぱり博多水炊き 華味鳥さんは欠かせない!」
という結論が出た夜なのであった。。。。。。。。
200705062118000
(から揚げも美味)


 大山を越えた、あとは残すところ一日。最後まで気を抜かず頑張るだけだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月5日(土)もつ鍋恐るべし!

 今日は、ちょっと厳しい弟子1号に替わって、2番弟子が助っ人として参戦してくるので、心強い。便は当然スカイマークの1便なのだけれど、やはりガラガラだったようだ。6時30分に乗って、9時前に天神に到着するのだから、便利な世の中ではある。

 今朝も、早くから大変な数のお客様ではあるのだけれど、やっぱり昨日ほどではないよう。やはり、テレビの翌日が一番なのと、今日は弟子のレベルが違うということなのだろう。やっぱり多くの方から
「テレビ見ましたよ!」
とのお声がけをいただく、そして
「さっきも出てたでしょ!」
と言われて、今日放送の
ピンポン
にVTR出演していたことを思い出した。なんだかんだいっても3日連続でテレビに出るというのは、すごいことではある。

 そして、今日はとにかく、在福岡の知人が大勢来てくれたし、常連のお客さんも一杯来てくれた。
「本当にありがたい」
としか、いいようがない今日この頃ではある。
200705042133000
(絶品のもつ鍋)


 今日の夕飯は、
やまだ家さんでもつ鍋
今回のフェアにも参加しているのだけれど、とにかくここの
「みそでも、しょうゆでもなく しゃぶ味は最高だ!」
よっぽど新鮮なもつを使わないと、これだけの味は出せないだろう。いつもながら、大満足なのであった。ホテルへ戻って、温泉から部屋へ戻ってくると
「とにかくお部屋がにんにく臭い」
においをかぐと、スラックスとジャケットということが判明。
「もつ鍋恐るべし!」
といったところ。何故か今日も眠れそうにないので、半錠ほど服用して就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月4日(金)三連勝!そして記録。。。

 いよいよ決戦の日!今日だけは寝不足が許されないので、薬を服用したので一回も目が覚めずにとにかく熟睡できたことはたしか。ただ、朝起きると喉がカラカラなので、おそらくものすごいイビキをかいていたと思われる。しかしながら、
「目覚めの悪さは格別」
この不快感は経験しないと分からないだろう。もちろん、わかっていたのだけれどとにかく今日だけは寝ないわけにいかないのだった。

 あと、寝付けないのには理由があって、とにかく
「お部屋が暑いのだ」
夜中になると冷房が切れて、送風になってしまう。やっぱり今時お部屋で温度調整できないのは困りものだ。

 そんなこんなで、いつもよりもさらに緊張気味に天神へ向かう。東京から空輸されてきた膨大な量の荷物に衝撃をうけるけれど、とにかく準備は万全だ!
「そして、いよいよ開店!」
 そこから先は、とにかく前人未到、空前絶後の一日が始まってしまったのだ。。。。。。
「一体何なんだ?この人の波は?????」
これが、とにかく午前中だけとかならともかく、閉店まで続くのだからちょっと信じられない。お昼やトイレにさえ行く暇もないくらいの大騒ぎ。基本的に昨日テレビで放送された店は皆さん盛況なのだけれど、やっぱり小生のところと某丼店は別格のようだ。
「これで探検!九州なの?」
と聞かれると大いに疑問は残るけれど、とにかく嵐のような一日なのであった。。。。。。。
200705041720000_1
(今日のおめざ!)


 小生も色々な記録を作ってきたけれど、さすがにもうこの記録は破られないだろう。漏れ伝え聞くところによると
「某有名丼店の有名社長さんは、相当悔しがっているとのこと」
まあ、そりゃそうだろう。丼も1杯1300円で180万売っているのだから、とにかくこちらの数字が異常なのだ。

 戦い済んで。某有名丼店社長さんご一行様と会食。なんだか分からないが、女子アナやC/Aさんまで参戦するからたいしたものだ。とにかく社長さんは、ベロベロに酔っていて訳分からないことを連発しているけれど、ひとつだけ説得力があったのが
「39歳のうちに子供をつくれ!」
これは、なんだか根拠はないけれど、
「そんな気もする。。。。」
と大いにうなづいてしまった。小生は1時過ぎには解放されたけれど、同行者は4時まで引っ張りまわされた模様。

 とにかく、充実感いっぱいの一日であった。実は、夕方に携帯に社台S氏から着信があった。
「もしや!」
と思って確認すると、なんと
「サンダーオブハード号が勝利!」
今ままでの鬱憤を晴らすかのように9馬身差の圧勝!小生の長い南関東参戦歴によると、
「突然こういう勝ち方をした馬は、しばらく連勝する」
というのが、ある!次走は大井戦とのことだけれど、大いに楽しみになってきた。しかし、この船橋開催は3頭出して3連勝!公私共々ここまで充実した一週間というのも珍しいだろう。多少のやっかみは仕方がないところ。あとは、お嫁さんなんだけれど、さすがにそればっかりはどうにもならなそうだ。。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月3日(木)探検!九州

 どんたくシリーズ2日目、昨日の今日感テレビの効果もあり、朝から結構な人出。とにかく、
「人・人・人」
ただ、それだけだ!とにかく、
「人の波をこなすだけ!」
という感じが、一日中続いた。いかんせん、小生売る方ではあるけれど、
「百貨店に朝開店前から並ぶ」
ということは、本当にすごいことだと思う。ちょっと自分では一生することはないと思うけれど、本当にありがたい。と心から思う。
200705031548000
(似てる?)


 現地妻作成の似顔絵おにぎりをほおばりながら戦ったのであった。そして、夜はいよいよ
「探検!九州」
の生本番。リハーサルや打ち合わせでは、結構うまくいったのだけれど本番はやっぱり緊張するものだ。しかも、いくらローカルとはいえゴールデンだからねえ。。。。。そういう点でも、やっぱり
「プロはすごいと思う」
カメラがまわっている方が明らかに力を発揮しているからねえ。。。まあ、とりあえずやることはやったので、明日に備えて晩御飯へ向かう。
200705031936000
(やっぱりプロはすごい!)


 弟子のリクエストにお応えして
「鉄なべ餃子」
へ参戦、どんたく真っ最中なので1時間待ちは当たり前と思ったけれど、まあ仕方がない。であい橋店は確かに店の外まで行列だったけれど、中洲本店は幸運にも待ち時間無しで入場を許された。弟子は二人とも初体験の鉄なべに感動しているのがうれしい。
200705032117000
(やっぱりおいしい!)


 ただお隣のテーブルに座った初心者らしき若者たちが、いきなり
「鉄なべにタレをかけた」
のには衝撃をうけた。
「大事な鉄なべがダメになっちゃうじゃないか!」
慌てて店員さんが、登場したけれどこれはマナー違反。そもそもタレを全てにかけてしまう行為は、あまり品がいいとは思えない。おすしを食べるときに、全てにしょうゆをかけるようなものだ。やっぱり、お食事というのは最低限のマナーが必要。
200705032131000
(焼きそばも本当においしいです!)


 今回連れてきた弟子が、ご飯を食べるときに茶碗を持たないので、どうにも気になって注意してしまった。20歳過ぎた大人に言うことではないのだけれど、どうにも気になってしまったのだ。ただ、韓国いけば茶碗を持ってはいけないし、所変わればマナーも変わるのだけれどね。

 メインの生放送も終わって、仕込みは全て終了。あとは、明日のピークを待つばかり。八百治の湯に浸かって、あとは寝るだけなのだけれど、どうにも眠れないので今シーズン初登場のお薬を服用してから就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月2日(水)昼は成功!夜は反省。。

 いよいよ
「どんたくシリーズの開幕!」
いつもながら、開幕前夜というのは緊張して眠れない。特に今回は、リクスたっぷりの新企画のため、全滅する恐れさえあるのだ。7時起床でよいところ、5時起床。しかも寝付いたのが4時だから、ほとんど完徹に近い感じだ。準備を終えて、いざ戦闘開始!となった瞬間
「このシリーズの大負けがないことを確信!」
とにかく、すごい人の数。。。一応、今日は平日なんだけれどありがたいとしか言いようがない。
200705021010000
(現地妻作)


 朝から晩まで、とにかく一日中戦争状態。今回はいつもの弟子でなく、ちょっと厳しい弟子を2名伴ってきたので小生一切楽をすることができなかった。現地妻の方がよっぽどがんばってくれている。やっぱり、小生も含めてよいかどうか分からないけれど、最近の東京の若者よりも、地方のおばさん達の方がよっぽど、頼りになる。ということなのだろう。

 今日は、午後から今日感テレビの生放送あり。
「やっぱり、生は緊張する」
しかも、時間の関係で後半カットされちゃったりしてねえ。。。。。でも、念願の
「あげちゃん(宮崎揚子さん)との共演」
ができたので、よしとする。

 今シリーズには、やはり東京から某元祖丼物やさんも参戦している。ここの社長さんは、結構有名なんだけれどたまたま数年前に一度だけ宴席をご一緒させていただいたことがある。まあ、同じに日本橋周辺ということで、色々と目をかけていただいているのだけれど、今日は久しぶりに夜ご一緒させていただくことになった。

 まずは、博多のお魚ということで、
「せいもん払い」
さんへ参戦。はっきりいって、つい2週間ほど前に来たばかりではあるけれど、なんだかんだいってもここはお気に入りだ。新鮮なイカ、お刺身盛り合わせ、佐賀牛などなど定番メニューをいただくて大いに満足。そして、当然この後は中州へ繰り出すことになるのだけれど、ここで大変遺憾な事態が発生したのだ。
200705022117000
(透き通るイカ)
200705022124000
(新鮮なお刺身)
200705022136000
(佐賀牛)


 3人で繰り出したのだけれど、一人は就寝。一人は
「ちょっと表へ」
という事態になってしまった。店を選択した方には大変申し訳ないのだけれど、とにかく遺憾としかいいようがない。

 その後は、深夜まで何故かリンガーハットにて反省会。昼間のお仕事は大成功なのに、
「何故深夜のリンガーハットにて反省しなければならないのか?」
まあ、それが
「どんたくシリーズの醍醐味」
と言ってしまえば、それまでだろうけれどねえ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日(火)二連勝

 連休の谷間といえば谷間だし、連休真っ最中といえば真っ最中だ。ということで、当然のことながら航空運賃はとんでもなく高い。ということで、まずは第一ターミナルで同行者2名のスカイマークの搭乗手続きを済ませる。いかんせんこの東京ー福岡18500円はお安い。多少狭くたって、若者には十分だろう。さすがに小生にはスカイマークという選択肢は存在せず、第二ターミナルへ。

 搭乗口が65番なので、新設された検査場CをSKIPにて楽々通過。搭乗口は目の前だ、いつも福岡行きとなると少なからず気分が高揚するものなのだけれど、今回ばかりは結構気が重い。ほとんど東京にいないのでお疲れなのと、同行者が最後まで決まらず色々と気を使わなければならず大変なのだ。
200705011221000
(検査場Cから楽々SKIP)


 スカイマークはほぼ満席だったらしいけれど、ANA便は30%くらいの搭乗率、非常口座席を横3列独占だったので楽は楽だったけれど、諸般の事情でどうにも寛げず。しかし、今日みたいな谷間は
「特割を設定してもいいのでは?」
と思う、元旦は超割を設定しているように旅客の分散化にもつながるしね。
200705011235000
(結構な雨が降っていたよう)


 普段より日経は薄いのだけれど、その中でも富田元宮内庁長官残した
「富田メモ」
に大きく紙面が割かれている。天皇のお気持ちというのは、確かに今も昔も非常に興味がある。ただ、それは
「明らかにするべきものなのだろうか?」
これには結構議論が分かれるだろう。
 
 個人的には今上天皇のお考えというのは、すごく気になる。以前米永氏に対しても
「国旗とか国歌というのは、強制しないでください」
と、たしなめたし、
「皇室と韓国は浅からぬ縁がある」
といった、タブーにも相当踏み込んだ発言をしている。また、
「君が代を絶対に歌わない」
とされているが、このあたりの意思はすごく気になる。たしかに、
「天皇を称える歌だから歌わないのは当たり前」
ともされているが、昭和天皇は歌っていたという説もある。

 小生の推測では、現在の
「右傾化を危惧されているのでは?」
と思う。もちろんはっきりと、おっしゃることはありえないと思うけれど、ご自身が発信しているような気がしてならない。

 福岡に到着すると、社台S氏から留守電。なんと転厩初戦の
フェスタロバリーがC3を圧勝した」
との報告が入る。いくらC3とはいえめでたいことだ。しかし、転厩した瞬間に圧勝となると、三郎先生の立場もないよねえ。。。。しかし、2日連続の勝利といのは小生初めて。なにはともあれ、めでたい。

 明日からの準備、最終打ち合わせを済ませてからお食事。何故か、大分の鳥料理のお店。福岡の師匠と人生についての相談をたっぷりと。。。。。。
200705012054000
(とりてん、また揚げ物だあ!)
200705012105000
(とりしゃぶっ)
200705012126000
(締めはぞうすい!)


 入浴後、早めに床に入るけれど、諸般の事情からちょっと寝付けそうにない。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »