« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

3月31日(土)Re

 日経を読みながら西鉄バスに乗って出勤。土曜といえば日経プラス1
「メールのマナー違反」
みたいなのをランキングしていた。うろ覚えだけれど、1位は
「Reで延々とメールを返してくる」
そして2位が
「タイトルを記入しない」
だったと思う。
「これまさに、小生のことだ。。。」
だけれど、小生が出すメールもそうだけれど、小生に来るほとんどのメールもこれに当てはまる。これが本当にダメならば改めなければならないけれど、
「まあいいじゃないか」
と思ってしまう。

 本当に初めて会ったときとかは、
「○○です。」
とかタイトル打つけれど、その後は延々と
「Re」
が続くけれどねえ。。。。。

 なんて考えているうちに、土曜日は道路が空いていて、ホントあっという間に天神バスセンター三越前にて下車。すっかり通い慣れた道のりだ。とにかく、
「全てが凄く自然」
としかいいようがない。

 現地妻お手製の朝食は今朝もボリュウム満点、
「というか朝からこんなに食べれないよ~」
って感じ。よく、結婚すると太るというけれど、なんとなく分かるような気がする。もちろん小生の場合、独身でも
十分太っているので、これ以上太ると相当困る。しかしながら、
「できることならばそういう悩みを一度でいいから実感してみたい」
と思う今日この頃ではある。
200703311042000
(朝からボリュウム満点)


 春休み最後の土曜日、ということで朝から大賑わいだ。昨日も一昨日も見た顔があるのが、本当にうれしい限り
ということで、4時過ぎにようやくお昼をいただく。今日のランチは福岡ではかなり有名なお店
「天ぷら ひらお」
にて天ぷら定食をいただく。
200703311410001
(全席カウンターの店内)


 東京でいうところの
「天ぷら いもや」
のようなお店と思っていただければよい。700円から900円で天ぷら定食を食べられるのだから、うれしい。もちろんこのお値段だから、特別美味しいわけではない。
 天ぷらって、家で食べるのと外で食べるのとで最も違うお料理のひとつであると思う。しかし、ここのは
「家庭で食べる天ぷらそのもの」
といえば分かっていたただけるだろう。でも、決して否定するものではない。この値段だから大いに満足。しかも、自家製の塩辛、数種類の漬物が食べ放題。というのが小生好みである。
 小生の悪いクセなんだけれど、こういう定食を食べるときに、
「オプションをつけてしまう。」
 今日でいうと、アナゴとイモをつけてしまった。同様の例として、とんかつ定食にコロッケつける。というのもある。
200703311358000
(天ぷらは揚がった順に出てくる)


 まあ、めでたく一日が無事に終わり、あんまりにも疲れたので
「てもみん」
にて癒しのひと時。足を重点的に70分揉んでもらう。小生常々思うのは
「色々揉んでもらうけれど足が最も露骨に効果が出るのではないだろうか?」
割とすぐに軽くなるよねえ。。。。延長を繰り返し計7分、極楽極楽。

 今日で2006年度も終了、わが社の決算期は1月末なので、特に感慨はない。
「しかし、外国は年度という概念はあるのだろうか?」
よくアメリカの入学式は9月というけれど、9月に年度が変わるのだろうか?
 
 日本では、年度末だけれど飯島愛の引退くらいしか話題に上っていない。福岡では、博多井筒屋が閉店、どうやらリバレインへの出店を決めたらしいけれど、うまくいくとは思えない。博多駅は、4年後に九州新幹線が博多へ乗り入れ、阪急百貨店も開店する。
「天神一極集中の流れが、どうなるのか?名古屋駅のように栄から名駅に人の流れが移るのか?」
興味は尽きない。

 おそらく4年後も、小生はきっとこの時期福岡に来て、現地妻のお弁当は食べるけれど、
「新婚太りは経験できないんだろうなあ。。。。」
と思いつつ就寝。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月30日(金)星野ジャパン

 昨日の日記で
「よく眠れた、このシリーズは大丈夫だ」
と書き終わって数分後にベッドに入ったのだけれど、そのおごりがいけなかったのか、全く眠れない。ウツラウツラしてはおトイレへ。これの繰り返し。。。。。少し眠ったのだろうけれど、5時に目が覚めて、それからは全く眠れず。一番恐れていたことが起こったということ。。。。。
200703301015000
(朝からボリュウム満点のお弁当)


 眠気眼で出勤するも、現地妻の愛情一杯のお弁当をいただけば、すっかり元気になる。博多妻とはもう4年の付き合いになる、年に3週間ご一緒するけれど、ありがたいとしかいいようがない。朝ごはんをたっぷりいただいたので、お昼は軽めに。と思ったのだけれど、ふらふらっと
「大福うどん にてお手軽うどんすき」
3時までランチ営業をしてくれているのが、とてもうれしい。お昼から一人で鍋を食べれるというのは、至極幸せ。唯一の欠点といえば、ランチタイムに1時間しっかりかかってしまうことだろう。
200703301442000
(昼は、一人うどんすき)


 夜は、博多妻とその仲間達と会食。平均年齢50の女性陣とはいえ、ありがたいことだ。この会食中にサンダーオブハードの叩き三戦目が発走するも、離れた4着。そもそも鞍上が石崎親父から息子になった時点で、だめだろう。C1も勝てないくせに、
「次走は大井記念」
とかいうのも意味不明。

 今日はパリーグに続いてセリーグも開幕。衝撃的だったのは、RKB。キー局のTBSが自社のチームの開幕戦、しかも読売戦ということで、みのもんた投入したり、星野氏呼んだりしているのに、いきなりホークス戦に差し替え。しかもビジターのロッテ戦。犯人は想像できるんだけれど、
「これ歴史的な快挙だと思う」
よくよく、TBS許したよねえ。。。。
 始球式にも登場したようだけれど
「星野氏のいかがわしさは、年々増している。誰かなんとかできないのだろうか?」
やっぱり、どう考えても阪神のシニアディレクターだかに就きながら、横浜ー巨人戦で始球式したりするのは、おかしい。そして、マスコミでは大きく報じられないけれど
「星野ジャパン」
で商標登録を自らしているとのこと。こういうの言い訳できないと思うのだけれどねえ。。。。

 もともと野球の全日本チームというか、五輪もWBCとやらも全く関心がないというか、少なくとも小生の周りには否定的な人が多いから、気にも留めていなかったのだけれど、星野氏の登場でますます不快になってきたことだけは間違いない。
 そんなことより
「中村紀やローズが打つ方がうれしい限りだ」
まあ、なかにはこんな野球ファンがいてもいいだろう。

 そんなことより、
「とにかく眠らねば!」
ということで、早々に就寝。。。。。はたして?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月29日(木)目標

 昨晩は2時過ぎに就寝、比較的よく眠れた。こういう長期滞在の場合、一週間通して眠れる場合と、全く眠れない場合がある。前半戦は眠れなかったけれど、後半戦は眠れた。ということはまずない。もっとも小生の場合、年間30泊している定宿中の定宿、八百治ホテル。しかもいつもと同じ703号室、年間一月以上暮らしているお部屋なんだから、眠れないはずはない。
 
 この八百治ホテルでも、いくつか難点はある。
・やっぱり、所詮ビジネスホテルなので、つくりが安っぽい
・バスタオルも2枚置いてくれるのだけれど、それも安っぽい。タオルって露骨に値段出ますよね
・毎日、バス通勤となる。
・温泉が11時30分まで
・デスクの高さが合わない
・ソファーがないので、くつろげない
 ざっとこんなところだろうけど、ホテルには決して妥協しない小生が選び続けているのには理由(わけ)があるのだろう。

 一方の弟子は、天神近くのビジネスホテルに滞在。予想通り、眠れなかったとの報告が入る。
「いわゆるデスクに向かって座ると、ベッドに当たる」
というタイプのホテルらしい。余談だけれど、先日の日経に
「大井町の駅前に500室規模のビジネスホテルが建設される」
との記事が掲載されていた。
 500室ってとんでもなくデカイ。そのスケールの大きさに圧倒される、きっと建築主もスケールが大きい方なのだろう。

 一方で、
「ラグジュアリーホテル=5星クラスのホテル」
とやらは、おおむね客室数が170以下であるとのこと。

 余談だけど、先日六本木ミッドタウンの内見会で、某ラグジュアリーホテルの総支配人と遭遇。いかんせん、この方日本語が全く話せないうえに、身長185センチ、100キロくらいありそうなガタイをしている。
「こういうとき、外人さんは英語で話しかけながら握手をしてくる」
小生、基本的に英語が全くできないので、最近は必ず
「こんにちわ」
と返すようにしている。
「ここは日本で、日本人に話しかけるんだから、挨拶くらいは日本語でしろよ!」
という意味がこめられているのだ。しかしどうにもならないのが、
「手の大きさと握力の強さ」
これだけはどうにもならない、しかも身長が高いから見下ろされているんだよねえ。。。。。

 まあ、そんなことはどうでもいいけれど、今日も朝から一日バタバタ。合間を縫って来月のイベントの本格的な打ち合わせ。なんとなく方向性が見えてきた感じ。
「やっぱり、人間会って話さないと進まない」
ということのようだ。まあ、なにはともあれあと1ヶ月の間になんとかがんばるだけだ!

 夜は、軽くお魚をいただく。お相手は今回、昇進した方なので凄く話しが弾む。この方はめでたく部長に昇進した。小生とお付き合いを始めたときは課長だったので、なんだか自分のことのようにうれしい。やっぱり、どんな会社でもサラリーマンにとって部長というのは、ひとつの大きな目標であることは間違いない。
200703292059000
(お魚を肴に大いに盛り上がる)


 小生の場合、ちょっと特殊なので特に、そういう意味での目標はない。なんといっても目標って色々ある
・加賀屋に泊まる
・国際GⅠを優勝する
とか色々あるけれど、
「やっぱりそろそろ落ち着きたいよねえ。。。。」
と思いつつ就寝。。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月28日(水)割り算?足し算?

 3月末というのは、人事異動のシーズンだ。昨日も東京で異動される方とお話したけれど、単身赴任を伴うもので思いっきり沈んでいた。福岡のお取引先は昨日内示、今日発表されたらしい。

 結構、激動の異動が多かったらしく、皆さん戸惑っていらっしゃるのがよく分かる。不思議なもので、ご自分にとって不本意な異動をされる方は、露骨に沈んでみえる。当然、中にはうれしい異動をされる方もいるはずなんだけれど、そういう方はほとんど目立たない。

 もちろん、よそ様の会社の人事に口を出すつもりはさらさらないけれど、あと一ヶ月に迫った企画を詰めに詰めてきて、2人いる担当者が一気に両方替わってしまうのは、パートナーとしても困りものだ。この時期にいきなりまた1からやり直すのは本当に大変。せめて1人づつの異動という配慮があってもしかるべきだと思う。

 ビジネスというは会社対会社で行うのであって、個人で行うものでは決してない。とはいえ、やっぱり人間関係の中で進んでゆくものである。それをまた最初からやるのは、本当に大変だ。小生は特に人間関係を重視するからなあ。。。。。

 日中は先のことを考える余裕もなく、終始追われる。まあ、本当にありがたいことだ。
「お客様はありがたい!」
改めて思う次第だ。とにかく福岡にいても、色々な電話とメールが絶え間なく追いかけてくる。とはいえ、これだけ一日の時間が早く過ぎるのは久しぶりだ。大いに満足の初日であった。

 夜は、やき鳥が食べたいという弟子のリクエストに応えて、福岡で焼き鳥ならココという
「西中洲 藤よしさん」
へ、目の前のネタケースには大ぶりのお肉が並んでいる。
200703282040000
(目の前に並ぶ串を焼いてもらう)


 一本一本部位を聞きながら焼いてもらう。1本300円くらいからと、決して安くはないけれど、やっぱり
「美味しい!」
のひとこと。よくある表現で、あまり使いたくないのだけれど
「噛めば噛むほど・・・・・」
というような感じ。適当に6本ほど焼いていただいて、ビール1本で速やかに退場。。。。。。
200703282043000
(こちらのネギはたまねぎを意味するようだ)


 「なぜ、そんなに美味しいのに速やかに退場したか?」
あまりにも当然の疑問。それは
「鉄なべ餃子が待っているからだ!」
一見すごく分かりやすいのだけれど、別に博多の夜は今日だけじゃないんだから、
「また明日にでもいけばいいじゃん!!!」
今日は、ゆっくりと焼き鳥。。。。と思うのが当然だろう。
 まあ、簡単に言うと二人の食べたいものを
「足して2で割るよりも、ただ足し算にしちゃえ!」
ということなのです、いかんせん小生割り算は苦手だ!そういえば、かのイチローも割り算する打率よりも、足し算だけの最多安打を重視していたなあ。。。。
200703282117000
(足し算の結果、鉄鍋餃子へ)


 ここの餃子については、いまさら多くを語る必要は全くないだろう。小生が
「餃子日本一!」
と認定してかれこれ5年は経過している。軽く焼き2枚と、やきそばをいただいて退散。
200703282134000
(美しい夜桜)


 綺麗に咲いた夜桜を見ながらホテルへ帰れば気分は上々だ。しかしながら、入浴、就寝といかないのが辛い。早々にお風呂を切り上げてパソコンへ向かう。なんか、夜になって現実へ呼び戻されたような感がする。。。。。。

 足し算といえば、披露宴のスピーチで
「これからは、喜びは倍、悲しみや苦労は半分になります」
なんているけれど、実際はどうなんだろうか?可処分所得は共働きならば、確かに足し算。奥さんが仕事を辞めるとなると、お小遣いは割り算となる。ということで、ケースバイケースということになる。まあ、なんでもいいから
「一刻も早く、人生の足し算や割り算などをしてみたい」
と切に願う小生なのであった。。。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月27日(火)NASAと説得力

 7時過ぎに出社、今日も朝はバタバタ。9時から某誌の撮影、たまたま同じ雑誌の2人のライターさんから同時に依頼があったので調整して一度で済ませてもらった。じつは、こういうことって結構ある、お互いのためにも是非とも事前調整してほしいものだ。

 慌しく10時過ぎに出発、銀座線・都営浅草線・京急経由羽田へ。日本橋では、
「快速羽田空港行き」
ってアナウンスがあったので、
「ラッキー エアポート快特だ!」
と思ったら地下鉄線内は各駅停車のタイプで、喜びも半分といったところか。
 ところでパスモ(最近知ったのだけれど、パスネットモアという意味なのね)を使っても乗り継ぎ割り引きが適用されるということが判明した。以前は、都営線経由羽田空港行きの乗り継ぎ割り引きは切符のみだったのに、これは便利でお得。

 羽田でこの度の異動で転勤になる方としばし歓談、最近こちらに家を建てたばかりでの単身赴任というのは、なんとも切ないだろう。サラリーマンの宿命とはいえ、同情してしまう。

 羽田の2タミは昨日検査場Cがオープンしたばかり、せっかくなので利用しようとしたら、66~70搭乗口専用とのこと。
 まあ、それは仕方がないとしても、この検査場Cはとても不自然な場所にある、いかんせんついこの間までトイレだったところだからねえ。。今はまだいいけれど、本格的に混雑してくると前の、とらやさんや吉兆庵さんの店頭を塞いでしまいそうで、他人事といはいえ心配だ。
200703271114000
(新設された検査場C)


 キャンセル待ち、最後の一人で見事スーパーシートプレミアムへアップグレードに成功。なんといっても、アップグレード券の有効期限が今月の31日までなので、駆け込み需要で混雑していた。なにはともあれよかったよかった。出発時刻は12時45分、この時間だと御弁当が出てもいい時間だと思うけれど、どうも12時だか11時30分から13時の間を30分以上飛ばないとダメ、ということで茶菓をいただく。

 羽田空港も大層な混雑だったけれど、福岡行きも満席だからたいしたものだ。ちなみに、弟子は先にスカイマークに乗って旅立っている。この時期だとほとんど倍近い金額の差があるからいたし方がない。一方のスーパーシートプレミアム利用の小生は、楽チンだ。やっぱり、この快適さを一度体験してしまうと、スカイマークはつらすぎる。

 「やっぱり福岡は暖かい!というより暑いくらい」
腕まくりして明日からの準備に入る。先乗りの弟子が大方片付けてくれていたので、小生はほとんど何もすることがなかった。

 夜は、前回美味しかった
「やまだ屋にてもつ鍋」
まずは、ポン酢でいただく
「シャブ味」
なんともこれが絶品なんですよねえ。。。。基本的に小生、もつってあまり得意な方ではないのだけれど、ここのは新鮮で本当に美味しい。濃い味付けでなく食べさせるというのは、いかに
「もつの鮮度に自信があるか?」
の証だと思う。
200703271924000
(シャブ味は、なんともいえずうまい!)


 最後の一滴までスープを飲み干してから続いて
「味噌味」
これまたニンニクが利いていておいしい。でも、小生はすっかりシャブ味が病みつきになってしまったので、こちらは物足りない。しkし、最後のチャンポンまで、おいしくいただいたのであった。。。。。
200703271950000
(続いて濃厚みそ味!)
200703272005000
(やっぱり、しめはちゃんぽん!)


 福岡の定宿といえば、もちろん
「八百治博多ホテル」
に決まっている。塩素くさい上にぬるいけれど、一応天然温泉らしいからよしとする。

 ところで、今まで遠征というと10年前くらいにマリーンズファンクラブにていただいたバッグを使い続けていた。しかし、頻繁な遠征に悲鳴を上げてしまい、とうとういたるところに穴が開いてしまった。一度補修を試みたものの断念。

 結局、高島屋さんにてTUMIとやらのボストンバッグを購入するはめになった。小生、当然のごとくこんなブランドしらないけれど、まあ一目ぼれで購入した。とはいえ、その日はポイントアップでなかったので、一週間後に購入したのでけれどね。ポイントアップは通常8%のところが10%となる。冷静に考えなくても10%って凄いよねえ。。。。

 お店の方の話だとNASAの宇宙服だか、FBIの防弾チョッキだかと同じ素材を使用しているので、耐久性に優れていると力説していた。たしかに、こういうときNASAというと説得力があることは間違いない。小生もNASAのようにとはいかないが、
「あの人が利用しているなら、間違いない」
と思わせるだけの信用を何かひとつのジャンルで勝ち得たいものだ。なかなか簡単には思いつかないが、食と宿泊については、多少なりとも説得力があるのかもしれない。
 こないだたまたま、他人のブログで
「羽田で杏仁を買って、城山観光ホテルに泊まって、味の丸一で食べ、アートホテルズ札幌に泊まり雪印ソフトを食べ」
なんていうのを発見した時は衝撃を受けたものだ。
「たまたま一緒なのか?」
それとも少なからず小生の影響を受けているのか分かるはずもないけれど、前者だとしたら小生もたいしたものだ。

 あとは、
「我こそは!」
という女性の出現を待つばかりであるが、こればっかりは小生には説得力がないのであろう。NASAレベルとはいわないが、
「USHIブランドの浸透にはまだまだ時間がかかりそうだ」
なんて思いつつ明日からに備え就寝。。。。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

3月26日(月)平成生まれ

 毎年3月の最終月曜日は、当社の入社式。ということで、今朝も新入社員が10人ほど参加しての式が行われた。衝撃的なのは、皆さんの生年月日
「なんと平成生まれなのね!!!!!!」
あのとき小生は何をしていたか?というと、思いっきり学生さんだった。そして天皇崩御の時か、大葬の例のときかは忘れたが、熱海で麻雀をしていたと記憶している。たしか夜、車で出発したのだけれど
「0時過ぎると戒厳令で全ての道路が封鎖される」
とか不謹慎なことを言っていたものだ。そして、
「24時間営業の7-11のシャッターが閉じたのを初めてみた」
冷静に考えると、
「セブンイレブンのシャッターは何のために設置しているのか?」
と思ったけれど、さすがはセブン、こういう事態まで想定しているのかと感心したものだ。

 どうもでいいけれど、その日は某N社の新車が納品された日で、初乗りだったのだけれど、なんとこれが思いっきり不良品。オートマなんだけれど、シフトチェンジができない。その旨ディーラーに電話したら、現地の店に車を置いてレンタカーで帰京することを許された。せっかくなのでソアラを借りたと記憶している。

 ということで、どう考えても小生は年間80試合以上パリーグの試合を見に行ったり、競馬に行ったりと遊び回ってた。
「それを考えると18歳で就職する方というのは、凄いとしかいいようがない。」
やっぱりこのご時世18歳で就職するというのは、色々な事情あってのことだと思う。
「とにかくがんばれ!」
と思わざるを得ない。そして、小生も大いに責任を感じる。

 東京ミッドタウンの内覧会に参戦。よく分からないが、オフィス+ホテルの高層棟と商業の低層棟からなっている模様。今日見学できたのは低層棟のみ、もっとも興味深かったリッツカールトンは対象外。
200703261800000
(高層のオフィス棟)


 まあ、はっきりいって
「昨日のミッドランドスクエアと同じようなもの。」
小生には全くご縁がないような世界だ!なんか格好つけた店ばっかりで、最も重要な
「とんかつ和幸・杵屋・五右衛門・そじ坊・但馬屋」
こういった店が影も形もないのよねえ。。。。これじゃダメ!!!!!!!最近のデベロッパーは格好つけることばっかり考えて、生活感が全くない。
200703261956000
(商業の低層棟)
200703261813000
(名古屋とそっくり)

 
 唯一気になったのが、石釜を備えたイタリアン。テラス席の前には桜が植えてあって、今週末のグランドオープンは綺麗だろうなあ。。。。。
200703261829000
(ここはよさそう)


 どうでもいいけれど、ある店の前にあった祝いの花。
「ちょっとみっともないと思わないのかしらん?」
200703261855000
(なんともまあ。。。。)


 昨日でスッテンテンになってしまったので、六本木から35分ほどかかって徒歩で帰宅。平成になった頃はまさにバブル真っ最中で、深夜の六本木で本当に苦労してタクシーを拾って帰ったが、今いくらでもタクシーが拾えるようになると、徒歩で帰るのだからおかしなものだ。
 
 明日の準備をしてから、
「ハゲタカ最終回」
を繰り返し何度も見る。何度見てもこのドラマは面白い。パート2の放送を期待しつつ就寝。。。。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月25日(日)2回目のチャンス?

 「人生には3回大きなチャンスがあるという」
おそらく自分にとって、1回目のチャンスは今から25年前になるけれど、中学受験だったと思う。その後2回目のチャンスというのは、自分では気づかないうちにきっとあったのだと思う。
200703241706000_1
(結局、ほとんど眠れず)


 ただ、自分としてはおそらく
「今日が2回目の大きなチャンス」
なのだと確信している。昨晩の前夜祭は大いに盛り上がったのだけれど、結局ほとんど眠ることができなった。緊張のあまり、ウツラウツラしては起きる。これの繰り返しなので、6時過ぎに起床カーテンを開けると外は曇って名古屋の街は見通せない。
200703241707000_1
(外は依然としてガスが)

 
 気分転換に7時からプールへ、500メートル泳いでサウナと水風呂、大分スッキリ。部屋へ戻って軽く眠ろうかと思ったところで、大きな揺れを感じた。
「超高層での地震って凄くユックリと揺れるように感じる」
テレビの速報では
「北陸は震度6強とのこと」
こりゃやばい!飯島愛引退スペシャルのサンデージャポンもオープニングだけで終了、報道特番に変わってしまった。
 ところで、こういう突発的な事態の時はアナウンサーの力量というのが、物凄く分かる。NHKは流石の落ち着きだったのだけれど、TBSのNアナは非常に見苦しかった。
200703251020000
(ようやく雲が切れてきて名古屋城が見える)


 テレビもつまらないし、本読んでも気が入らないし少し早いけれど11時過ぎにチェックアウト。せっかくなので、今話題のミッドランドスクエアに参戦する。贅沢な空間で、確かに素晴らしいのだけれど、なんかバブルっぽい。11時30分前だというのに飲食店には長蛇の列、寿司清とか並んでるしねえ。。。。。遺憾ながら小生の出番はなさそうなので、早々に退場名鉄電車に乗り込む
200703251142000
(入場待ちの列も。。。。)
200703251132000
(吹き抜け空間もあり、特徴的な導線)


 中京競馬場に参戦するのは、一体何年ぶりだろうか?10年は参戦していなかったと記憶している。ただ、あまりなじみがないので、特に感慨はない。12時30分には着いたけれど、特に馬券を買うでもなく緊張の時間が続く。
200703251345000
(これに手が届くのか!)


 待つこと2時間、ようやくパドックに出走馬が登場。はっきりいって、この時点でシーイズトウショウを切り、最大の敵がスズカフェニックスであることを確信した。我がスケルツィはマイナス体重が少し気になったけれど、落ち着いていて好印象。
200703251503000
(出来は上々!)


 早々にパドックを後にして、史上最大額の馬券を購入。
「後はスタートを待つだけ」
こんなに心臓がバクバクしているのはいつ以来だろうか?そして、いよいよスタート。そして。。。。。。。。。

 「初距離・休み明け・左回り」
考えられる敗因はたくさんある、でも最も困るのが
「次走へつながりそうにない」
これに尽きるのではないだろうか?まさかマイラーズカップ使う訳にもいかないしねえ。。。。。呆然としながら帰宅。一応、味噌カツ弁当食べたけれど、食べた気しなかった。。。。。
200703251716000
(喰った気しなかったなあ。。。。)


 帰宅すると、どうやら2着の13番人気ペールギュントは競馬予想家、亀谷氏の本命だったらしい。自身、複・馬単・ワイド・三連単と的中したらしい。どうでもいいけれど
「彼は天才だ!」
そう認めざるを得ない。
「どうやったらペーギュントを本命に出来るのだろうか?」
凡人の小生には一生分からないだろう。

 とはいえ、スケルツィも小生も競馬人生も今日で終わったわけでもなんでもない。
冷静に考えれば、こんなちっぽけなことが
「小生にとっての2回目のチャンスであるわけがない!」
と思うしかないぢゃないですかぁ。。。。。。。。

 「ハゲタカ」
最終回をVTRで。最後の最後の終わり方が素晴らしいとしかいいようがない。本当によく出来たドラマだった。小生も
「まだ残っているはずの2回目、3回目のチャンスを探して進んでゆくしかない」
と決意新たに就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月24日(土)平成(たいらしげる)さんは今?

 決戦まであと1日、緊張のためか6時30分に目が覚める。日刊スポーツを読むと、パリーグが今日開幕ということが分かる。しかしながら、日経のテレビ欄には、なんと阪神戦中継の文字が躍る。
「あれ?パリーグの中継がなく、阪神戦????」
そうなんですよ、関東ではパリーグ2試合が中継されていても、関西ではそれを阪神のオープン戦に差し替えるのね。

 あまりにも早いので、なんとかがむばって二度寝に成功。朝食を食べずに9時から2時間程パソコンに向かう。幸いに電話もかかってこないし、話し相手もいないし大いにはかどる。11時キッカリに、1階のコーヒーショップにてカレーブッフェのランチをいただく。
「まあ、こんなものだろう。。。。」
ってところか?
 
 12時チェックアウト、速やかにスパへ移動。日曜以外は12時オープンなのだ、しかしいくらなんでも12時オープンって遅すぎ。しかしサウナで
「たかじん胸いっぱい」
が見れたのでよしとする。1時30分過ぎにせっかくなのでお客さんと談笑。。。。。あとは、明日の決戦の地名古屋へ移動するだけだ。
 
 今日は念願かなって近鉄特急を選択、金権ショップでチケットを購入後なんばへ。大阪ー名古屋間のアーバンライナーは0分と30分に出発、0分がノンストップで、30分が数駅に停車するタイプの模様。
 差額の410円を払ってデラックスシートに陣取る。1-2席タイプなんだけれど、2列側の隣席との間に隙間がある。これは非常によろしい、わずか410円ならば是非ともこちらを利用したい。
200703241428000
(アーバンライナーでいざ決戦の地へ!)


 特急とはなばかりのように、ゆっくりと進む。線路幅が広いのだから、
「もう少し速度出せないかしらん?」
と思わざるを得ない。まあ、急ぐ旅でもないし、
「そういう人は新幹線を使ってくれ!」
ということなのだろう。読書しながら豪華特急の旅を2時間30分ほどたのしむ。こうやって、ゆっくりと流れる景色を見るのもいいの。ただ、本当に田舎を通る、無人駅みたいのもあったりして、その路線の長さといい近鉄という会社の大きさもうかがい知れる。しかしながら
「これを維持するのも大変だろうなあ」
というのも率直な感想だ、バファローズどころではないのも致し方ないのかもしれない。。。。。。
200703241432000
(快適な2+1シート)


 名古屋ではおなじみのメムバーであるところの、K氏、M夫人、そして新規参戦の森君を交えて一献。お二人と森君は初対面だけれど、小生という共通事項があるので、名古屋コーチンをおいしくいただきながら、大いに盛り上がる。
 「東海中学は名門だ問題」
 「小渕君といえば、平成。しかし、一瞬注目された 平成(たいらしげる)さんを覚えているのは流石だ問題」
200703241823000_1
(まずは味噌かつから!)


 「しかし、役者の平泉成という芸名はいかがなものだろうか?問題」 
 「小生出演の、ぷっすまはユーチューブで見られるのか?問題」
 「資料をもらいにいったのに、ラブホテルに連れ込まれそうになるのは、如何なものか問題」
 など明日の決戦を控えた小生の緊張を大いにほぐしてくれる諸問題について真剣な議論が交わされた。一応の結論として
「やっぱり、どんびきされるのは気まずいものだ」
ということが導き出されるが、夜もまだ早いので会場をマリオット20階の小生の部屋に移して議論が続行される。
200703241823001_1
(ドテ煮は凄く上品な同じだった)

 
 「サンスポが福岡では西日本スポーツ、北海道では道新スポーツになっているのを女性は知らなくてもいいので は問題」
 「なぜ、M夫人は歳をとらないのか問題」
 「ドモホルンリンクルのお試しセットの申し込みに小生の名前が使われるのはいかがなものだろうか?問題」
 「黒川紀章出馬の真相問題」
 「桜金造問題」
 「目を開けろ、というのに対し、あんたの目は開いているのか?と返してくるような女性を探すのは難しい問題」
 「名古屋では高校生の財布に3万円入っていると上流で、入っていないと下流と区分されるのはいかがなもの  だろうか?問題」
 「先生遊んでください問題」
などなど話題が尽きないが、最後の最後でまとまった結論は
 「それは、スピリチュアルDVではないか?」
 「うしさん、テレビで見るのと全然印象が違う」
ということのようだが、
 「二段ベッドの上段の弟は見えていたのか?」
という肝心な問題の結論だけは先送りになったようだ。
200703241938000
(コーチンみそ鍋っ)


 ところで、今朝の新聞によると
「早大が清水部員を一ヶ月の停学処分」
にしたとのこと。これはやはり
「脱税はいけない、という意味合いが大きいのだろうか?」
あと最も不思議なのが元部員という呼称
「清水君とか清水氏ではいけないのか?」
「稲垣メンバーや島田紳介司会者」
とは意味合いが全く違うけれど、元部員っておかしいと思うのは小生だけだろうか?

 なんて思いながら、決戦前夜の床に就くが今夜は眠れそうにない。。。。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月23日(金)J-WEST CARD

 今日は7時に出社、10時から会議なので朝しておかなければならないことがたくさん。同じ1時間でも朝の1時間というのは、電話もかかってこないし、非常にはかどる。前の会社にいたときも、宅建や簿記の試験前は3ヶ月間7時に出社してがむばったと記憶している。

 10時から会議、早々に携帯へ
「枠順確定」
のメールが入る。ちょうど、真ん中というのは喜んでいいようだ。当日まであと2日、生きた心地がしない日々が続く。

 12時キッチリに会社を飛び出し、銀座線・都営浅草線・京浜急行と乗り継いで羽田へ。東京モノレールも念願の追い抜きポイントが昭和島に完成し、空港ー浜松町間ノンストップ便が就航。都営・京急連合も京急蒲田の工事が終わるまで待たないで、エアポート快特を増やすなりなどして、時短に努めてほしいものだ。

 2ビルでお昼ご飯を食べようと思ったら、平日の1時過ぎだというのにレストランは全て満席。1ビルとはあまりにも勢いが違う、冷静に考えれば春休みであり、2ビルの展望台には親子連れでごったがえしているようだ。一方で
「先日の胴体着陸事故以降、ANAの2ビルよりJALの1ビルの方が混雑している。ANA離れが進んでいるのでは?」
という報告もあるが、そこまで敏感に反応するものだろうか?
200703231337000
(シグネットでシウマイ弁当)


 なにはともあれ、時間がないのでラウンジでシウマイ弁当をいただくことになった。お支払い金額は740円也、
「あれっ、710円じゃなかったっけ????」
いつの間にか値上げしていたのね。。。。ところでこの値上げ豚肉の価格高騰が理由らしいけれど、豚肉の値段が戻ったら是非再び710円に戻してほしいものだ。いかんせん、生活必需品だからねえ。。。。。

 今日の目的地は、久しぶりの関空。大阪ならば100%伊丹利用だが、目指す地は和歌山だから関空利用なのだ。驚くべきことに、A321は満席でのご案内。お飲み物を断って熟睡している間に無事関空へ着陸。和歌山へはリムジンバスでおよそ40分。南海の和歌山市駅は一度利用したけれど、さびれきっていたと記憶している。一方のJR和歌山は、まだ生きている感じだ。
 
 通常地方の県庁所在地にJRと私鉄が存在する場合は、私鉄駅の周辺の方が開けていることが圧倒的だ。博多、松山、高松なんてところがいい例。ところが、和歌山は珍しくJRの方が、まだ栄えているから不思議。どうもJRになってから快速などを増発したのが大きいとのこと。
200703231732000
(一応、しっかりした駅ビルもある)


 90分ほどの滞在で、和歌山を後に。大阪へはくろしお号、なんと指定席が満席なので奮発してグリーン。実は先日、東京都民のくせにJR西日本の
「J-WESTカード」
に入会した。今回初利用となる携帯からのご予約で割引価格が適用、指定席とほとんど同じ値段でらくらくグリーンに乗車。発射直前まで予約が可能で、これは本当に便利の一言。しかし、本当だったら大阪方面でなく白浜方面に乗り込んで、
アドベンチャーワールド
へ行きたいところであるが、さすがにそれはかなわず、るいさん夫妻にお任せすることにする。

 どうでもいいけれど、くろしお号は本当にボロボロの車両。いくらなんでも、
「これはないだろう」
って感じだった。グリーン車は2-1列なんだけれど、運悪く2人がけに。先客には女性がいたのだけれど、ちょっと事件が。。。。小生に携帯がかかりまくっていたのに嫌気がさしたのか、小生自身に不快感を覚えたのか、デッキで電話している間に車掌さんに直訴して
「空いている席へ移動してしまったのだ」
もちろん、お互いにメリットがあるのだけれど、なんとなくあまり感じのいいものではない。こちらから先に変わればよかった。。。。。
200703231748000
(車内は、あまりにもボロボロ)


 およそ50分、天王寺で下車。くろしお号は天王寺の次が新大阪となる、大阪駅には止まらないからだ。理想としては天王寺で半分づつ切り離して新大阪・京都行きと大阪行きに分けるべきだと思う。天王寺からは環状線でなく、御堂筋線にて梅田へ。
「SMART ICOCA」
で楽々と。。。。アウエィである大阪でもICを持っているは非常に優越感がある。

 せっかくなので、梅田でご挨拶周りを済ませ、定宿であるホテル阪神へ。冷静に考えると先週の木曜に宿泊したばかり。ご縁というものは恐ろしい限り。フロントさんともすっかりおなじみになってしまった。腹ペコなんだけれど、お部屋で携帯とメール相手に1時間ほど格闘。
 も出歩くのはつらいので、これまたいつもの
「串かつ 活さん」
にて串揚げを20本ばかりいただく。さすがに飽きてきたような感もあるけれど、ここもすっかりおなじみさんになってしまったので、安心して入れるお店だ。
200703232002000
(いつもの活さんで)


 スパにてたっぷりと
「露天風呂・水風呂・サウナ」
を徹底的に繰り返し、くつろぐ。都心の温泉ホテルというのは今では珍しくなくなったけれど、やっぱりここが清潔でサウナも広く一番好きだ。常に係りの人が気を配って浴室を綺麗にしてくれるのがうれしい。そして今日はガラガラなのでほぼ90分間独占できた。

 ところで今週の日経ビジネスの特集
「ケータイ開放宣言・格安航空がやってくる」
はなかなか面白かった。たしかに携帯料金は、端末を永く使う人が頻繁に機種変更をする人のコストを負担している。というのは不公平だ。どうやら孫さんのホワイトプランとやらは、それに対する新たな提案であるらしい。よく分からないが月々980円なら確かにお安い、ただいかんせん孫さんだから、怪しい部分は相当あるはずだけれど。
 来月結婚退職するアシスタントの女性がソフトバンク携帯なので、
「俺もホワイトプランにするから、頻繁にメールしよう。」
「たとえば、今日はまだ主人が帰って来てないんです」
なんてメール頂戴。と言ったら
「それじゃ、完全に出会い系じゃないですか!」
とつれないお返事。
「たしかにおっしゃるとおりだ。」
こういう切り返しがすぐさま出てくる女性がいなくなるのは、本当に寂しい限り。とおもいつつ疲れ果てて就寝。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月22日(木)エンタメの夜明け

 さすがはドーミーイン仙台アネックス、非常に快適な睡眠だった。仙台駅の下りホームに見慣れない新幹線車両が入線してきた。
「次世代新幹線 ファステック360」
初めて見るけれど、先頭の形がなんとも特徴的。東海道700系とMAXを足して2で割り、更に伸ばしたってところ?
 子供の頃に描いた未来の電車というのは、
「ほとんど500系そのものというのが多かったのではないだろうか?」
だから700系も今度のフェステックとやらも、違和感があり好きになれなさそう。
200703220845000
(これが次世代新幹線だ!)


 360キロって冷静に考えると凄い、ただそれよりも
「大宮ー東京・新横浜ー東京の速度制限をなんとかする方が速やかな時短の効果があると思う。」
いまさら地下掘るのは無理だろうけど、全部囲って音が漏れないようにするくらいできないかしらん?
200703220847000
(360の数字が誇らしげ!)


 とりあえず牛肉弁当だかを食べ、(これははずれ)朝刊3紙を読んで深い眠りについたら、あっという間に大宮。再び眠ったら上野。なんとも早いものだ、
「これなら仙台から通勤も可能では?」
なんて、本物の長距離通勤者が聞いたら激怒しそうな事を一瞬考えてしまった。そもそもとんでもない金額かかるよねえ。。。。
200703220901000
(これは失敗)


「馬場康夫著 エンタメの夜明け」
読了。日本のテレビ放送、万博、東京ディズニーランドの誘致などの裏話満載の非常に興味深い内容だった。しかしですねえ、前も思ったけれど
「テレビ・万博・オリンピック・高速道路・新幹線などなど」
こういうのが出来上がってゆく過程・時代に生きるというのは楽しいだろうなあ。。。と思わざるを得ない。
 車だって
「いつかはクラウン」
という時代から、学生さんも
「いきなりレクサス」
という時代になってしまった。

 小生も、すでに40年近く生きてきているけれど、大きな変化って
「携帯・パソコン(インターネット)」
くらいのような気がする、これではやっぱりつまらない。サッカーが好きな人たちにとっては、もちろんワールドカップというのがあるのだろうけれどね。

 東京ディズニーランドの誘致というのは、三井の浦安と三菱の富士地区のガチンコ対決だったとのこと。そのときの三井のプレゼンというのが、いまでも史上最大のプレゼンと称されているらしい。ゲストの好みを詳細にリサーチしたり、徹底的な人海戦術をとったり、とにかくありとあらゆる手段をとったとされている。
「結局、どこまで相手のことを考えられるか?」
これに尽きるのだということを、ここから学ぶことが出来る。そして
「最終的にはお金ではなく、誠意」
なんだと思う。これは、きっと女性を口説くときも全く同じなのだろう。
 
 ビジネスでは一応そこそこ成功しているつもりの小生も、
「所詮は自分の力ではない。看板で商売しているだけだ」
だからこそ、
「女性へのプレゼンに失敗し続けているのだろう」
もう一度
「エンタメの夜明け」
を熟読して、史上最大のプレゼンを徹底的に学ぶべきなのかもしれない。なんて決意を新たに就寝。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月21日(水)がむばれ讀賣・根来連合!

 こまち・はやて号に乗って北上、目的地は盛岡。盛岡までは、こまち号・はやて号連結のためどちらに乗っても問題がない。ただ、多くの場合は小生比較的車両が新しく、広いような気がする
「こまち号を選択」
隣が来なけりゃいいなあ。。。と思ったら、案の定来なくて極楽。9時50分発なので、朝・昼兼用のお弁当というのが普通なんだけれど、今日は我慢我慢。。。。。
200703211224000
(はやて・こまちは一緒に北へ!)


 新幹線は、大宮を過ぎてからようやくスピードを上げる。次の停車駅が仙台というのは圧巻。ここで、かなりの人数の乗客が入れ替わる。仙台ー盛岡間というのはレールもほぼ一直線でとにかく飛ばす!東北も仙台から先は明らかに景色が違う。寝たり、起きたりを繰り返している間に無事盛岡へ到着。
「MAX君、はやて君、こまちちゃん」
の3人が笑顔でお出迎え。どうでもいいけれど、なぜMAX君なのだろうか?
「これじゃ、元祖東北新幹線やまびこの立場がないぢゃないか。。。。。」
と思ったりする。
200703211410000
(どうせなら着ぐるみにしてよ)


 早速、市内で打ち合わせを軽く済ませてからお昼。もちろん、向かう先は
ダイニングボンズ
に決まっている。そうなんですよ、小生お気に入りの冷麺を食べるんですよねえ。。。。早速、焼肉ランチと盛岡冷麺を注文。
 ほどなく運ばれてきたのは、なんと冷麺。。。。。
「普通、冷麺って後に出さないですか!!!!!」
と一瞬喰ってかかる。
200703211250000
(絶品!冷麺!!!!!)


 ただまあ、出来てしまったものは仕方がないので、とりあえず冷麺から。。。。
「う~ん。。。相変わらずシコシコの麺とトロミがついたスープが絶品なんですぅ」
なかなか噛み切れないので、いかにもお腹に悪そうですけど、なんともいえないおいしさなんですぅ。。。。。カクテキとお酢をたっぷり入れたスープを最後まで飲み干す。。。。。
「やっぱ、日本一だよねえ。。。」
200703211252000
(ツルツルのシコシコ)


 いきなりメインディッシュを食べてしまったので、前沢牛の立場も微妙。ただねえ、はっきりいって、ここの焼肉ってそんなおいしいとは思わない。焼肉だったら、東京の方が遥かにおいしい店が一杯ある。
200703211258000
(これじゃ、寂しい。。。)


 なんか、不完全燃焼なので、食後のデザートとして
冷麺ハーフをいただく(爆)」
いやあ、最後はこれでしめなくっちゃあ!!!!!!大満足で盛岡を後にした。
200703211321000
(デザートはハーフ冷麺)


 帰りもこまち号なんだけれど、今度は仙台で途中下車。比較的最近訪れたばかりなのだけれど、商談をたっぷりと。。。。仙台と盛岡って東京から見ると大差ないんだけれど、やっぱり気温もかなり違う。しかも仙台は圧倒的に都会だよねえ。。。

 お泊りは、前回に引き続きドーミーイン仙台アネックス。清潔で広めなお部屋と、大き目のベッド。トイレは独立、しかも露天風呂・サウナ付の温泉大浴場付。サウナ内にはテレビも付いているし、ホント完璧なホテルだ。しかもお値段かなり安いからねえ。。。。。
「これで流行らなかったらウソ!」
というホテルですよぉ。。。。。
 
 深夜、いい気持ちになってホテルへ帰って来たら事件は起こった。何とルームキーをエレベーターの隙間から落としてしまったのだ。。。。ちょっと前代未聞のハプニング、
「てっきり弁償かと思ったら、許してくれた。さすがはドーミーインだ!」
再度入浴、2時過ぎに就寝。。。。。。。

 ところで、ドラフト問題。何と今年は制度改革は先送りになるという。しかも讀賣とコミッショナー代行のおかげで
「もう、さすがは讀賣、さすがは代行」
とうなってしまう。どう考えても今年の選手とは出来ていて、しかもあわよくば高校生ドラフトで大阪桐蔭の彼を採りたいわけでしょ!FAの問題だって、選手会が今年は短縮しなくてもよい。と言っているのに、もうすばらしいとしかいいようがない。
 ただね、個人的にはこういう流れ大歓迎。こうやって、讀賣のやばさが、ドンドン明らかになっていくのは、うれしい限り。
「がむばれ讀賣・根来連合!」
応援せざるを得ない!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月20日(火)まちづくりとスーパースター

 日本橋地区の再開発の近隣説明会に出席。事業者から説明が終わったあと、一般の参加者の質問タイム。質問の内容というと、やっぱり
「工事の騒音・ビル風」
といった環境面に関するものが多かった。もちろん、それも大事だとは思う。けれど、
「どういうコンセプトで建てるのか?なんで、ここに超高層を建てるのか?これからまだまだ超高層が建つのか?最終的に大地権者であるM不動産は、100年後の日本橋をどう考えているのか?」
といった、本来デベロッパーと住民が一体となって考えなければならない内容についての質問はなかった。もっとも、意見言ったって採用する義務もなにもないから当然とは言えるかもしれないけれどね。
 そう考えると、
「銀座は凄い、やっぱり格が違うのだろう」
松坂屋のビルとか高さ制限さえちゃうのだから、たいしたものといわざるを得ない。

 よく
「まちづくり」
という単語が使われるけれど、
「街ってつくられるものなのだろうか?」
勝手に長い年月かけて自然にできるものが街なのだと思う。意図的に造るものではないのだろう。そして、本当の意味での街があった時代には
「街づくりという表現はなかったのではないだろうか?」
それがなくなると生まれる言葉というのもある。たとえば
「スーパースター」
戦後のスーパースターといえば、やっぱり美空ひばり・長嶋茂雄・石原裕次郎他にも王貞治、大鵬なんて挙げられるけれど、その中でも美空ひばりさんというのは特に凄かったと想像できる。おそらく当時はスーパースターとか国民的英雄という言葉で表現されたことは、あまりなかったのではないだろうか?
 
 その存在がいなくなった時に、表現する言葉が生まれるというのは、なんとも面白い。

 プロ野球裏金問題
「西武のアマチュア2選手への現金供与問題で、球団が設置した調査委員会の事務局長を務める依田龍也球団常務は20日、現役選手への事情聴取が当分先になるとの見通しを示した。依田常務は「まだ、選手聴取の話までいっていない。シーズン開幕前なので難しいし、まずはアマチュアの2選手のほうを固めてから」と語った。

 これって、意味不明だと思いませんか?送った方が自分達なんだから選手に聴取する必要ってあるのかしらん?自分達が100%分かってるんだから、それを勝手に発表すればいいだけの話と思うのは小生だけだろうか?選手会も選手会で
「ほらルール守れなくて、裏金やってるんじゃないか!」
と鬼の首とったように言ってるけれど、そんなに威張るなら
「お前らも自己申告しろよ!」
と思う。とにかくプロ野球界に自浄作用なんてあるわけないんだから、建前論だけ言うのは見苦しい。

 都知事選、ふくろう博士が出馬辞退、なんでも
「ふくろう博士の名前では、出馬できない」
と選管に通告されたとのこと。基本的に出馬をキャンセルする人は小生認めないが、こういう理由ならば仕方がない。余談だけれど、内田裕也さんが今回も
「実は、2日前まで出馬しようと思っていた」
と語っていた。これは非常に残念。前回出馬した時の政見放送は、いきなり唄いだして衝撃を受けた記憶がある。他に政見放送で面白かったのは、参議院だけれどアントニオ猪木さん。作家の村松友視さんとの掛け合いで
「消費税には?」
「延髄ぎり!」
「リクルート問題には?」
「卍固め!」
と非常に分かりやすいで、感激したと記憶している。

 やっぱり色々なプロデューサーつけたり、電通や博報堂なんかにやらせるより
「自分の色を徹底的にに出したほうが面白い」
そういう意味では、今回注目しているのは桜金造氏。やっぱり
「アゴ勇と掛け合いをやるのか?ひょっとして、今回の出馬出来たことを偉大なる○○先生に感謝いたします」
とやったりするのか?いずれにしろ、
「選挙が待ち遠しくてたまらない」
と思う、今日この頃なのである。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月19日(月)人格を否定する

 4日振りの出社ということで、さすがに今日は一日中バタバタ。そんな中、電話で岩手県庁の方とお話、用件が済んでから
「やっぱり競馬はもう廃止なんですか?」
と切り出すと
「今、まさに議会で修正案を審議しています。かなり紛糾していて、休憩中のようです。議員さんの中にも330億は反対だけれど、競馬は廃止したくない。という人が結構いるようです。」
と即答された。すかさず
「これが否決されたらもうだめですかね?」
「時間切れでしょうねえ。。。」
なるほど。。。。結局深夜に、奥州・盛岡両市が10億円づつ負担を積みました案が1票差で可決され、岩手県競馬は廃止を避けられたようだ。
 
 この2年間に何もせずに赤字を増やし、再生案も小生が見ても甘いといわざるを得ないような内容。これで来年度黒字化を達成できるとは、なかなか考えにくい。ただ、
「何もやっていなかったのだから、何かやる余地は大きい」
と前向きに考えることもできる。

 ただねえ、どこの競馬場もとにかくファンの高年齢化が著しい。具体的なデータは分からないけれど、この国は
「ギャンブルが多すぎるのはないだろうか?」
と思ったりもする。ギャンブルというのは
「公営競技だけではなく、パチンコ・スロット・サッカークジ・宝くじ・ポーカーとばく・カジノなどなど」
とにかく、
「こんなにお手軽に参加可能なギャンブルがあっていいのかしらん?」
と思う。だからギャンブル業界の需要に対して供給過多なのだと思う。
 
 そして、
「控除率25%では、どう考えたってギャンブルは儲からない」
とみんなが分かってきたからなあ。。。。。幸いにして控除率はいじれるようになるらしい。競馬の基本である
「単・複は今でもJRAは20だけれど、なんとかこれを10くらいにして欲しい」
やっぱり単勝があたったときって、うれしいじゃないですか!ここから予想する楽しみって生まれると思うんですよねえ。。。。それが、あんまりにも配当低いと、つまらなくなっちゃうしねえ。。。。

 あと、やっぱり競馬って
「予想する・考える・悩みぬいて決断する」
これが楽しいわけじゃないですか!最近の人は、考えたりするよりパチンコなんかの考えないギャンブルの方が手軽に思えるんだろうなあ。。。。

 ところで、昨日鹿児島から帰宅すると、家の前に
「怪しいポスターが貼ってあった」
別に候補者本人はいいのだけれど、片割れに写っている方がよろしくない。隣に小泉氏や安倍氏と写って炒るならば、分かるんだけれど、よりによってねえ。。。どうやら新党日本でもなさそうだし、イメージアップにつながると思っていたとしたら、その考えを持つ時点でこの方はヤバイと思ったりもする。
200703200810000
(絶対一人で写るべきだ!)


 春は別れのシーズンということで、送別会。主役のリクエストが鍋ということなので、躊躇なく
「ちゃんこ玉海力さん」
を選択。暖簾をくぐると、いきなり
「人気じゃないですか!中京行くんでしょ?」
と皆さんが出迎えてくれるからうれしい限りだ。今朝も何年かぶりにブックも買ったし、ホントいよいよ今週末なんだよねえ。。。。
200703192128000
(やっぱり、みそちゃんこ!)

 
 どうでもいいけれど、先週の堀江氏の裁判。有罪・無罪・刑の重い・軽いはともかく。裁判官が判決とは別に子供から手紙が来たと言い出し
「実刑判決を言い渡したが、あなたの人格を否定したわけではない」
とのたまわった。けれど
「そんなの当たり前じゃないかしらん?裁判官は被告の人格を否定する権利なんかあるはずもない」
なんか勘違いも甚だしい。
「こりゃやばい!」
と思っているのは、小生だけだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月18日(日)中共だよ中共!

 非常に快適に眠れたと思ったら、朝から不愉快なことに
「また新聞が入っていない!しかも3紙とも全て」
昨日、ルームチェンジしたから
「ひょっとして・・・・」
と思っていたけれど、いくらなんでもねえ。。。。。。

 気を取り直して
「さつま乃湯」
へ、ここの露天風呂に浸かり、雄大な桜島を見ていれば全ては解決する。ストレスフリーになったところで、桜島に別れを告げ退場。

 今日も、たっぷりと朝食をいただくが、新聞は読みどころ満載。
 まず岩手県知事選に
「サスケ議員が参戦を表明」
なんにしろ知事選が盛り上がるのは結構、一方の佐賀県知事選は民主党が候補を擁立できず。なんでも
「島田洋七氏にまで打診してお断りされたとのこと」
TVタックルでおなじみの原口議員も
「対案、選択肢を出すのが我々の義務。まったくもって申し訳ない」
とのことだけれど、意外と共産党の候補が善戦したりしてね。(笑)
200703181102000
(次はいつ会えるのかしらん?)


 俄然盛り上がってきたのが東京都知事選挙、候補者が連日テレビで討論したりして、楽しい。
「石原氏、彼特有のニヤニヤで見下ろそうとしているけれど、見苦しい」
いかんせん、今回は彼叩かれるべき問題山積しているし、年齢から来る老いも隠し切れない。

 個人的に石原氏の格の違いを感じたのは、衆議院を辞職した後にフジテレビの選挙特番に出演。CM明けに登場いきなり
「この選挙は、大事な争点が忘れ去られている」
安藤優子があせって
「なんですかそれは!」
すかさず石原氏
「中共だよ、中共(中国共産党)」
安藤優子嬢の呆然としていた顔が今でも忘れられない。この時ばかりは
「やっぱり石原氏は格が違う!」
とうなったものだ。

 ニヤニヤして格の違いを見せ付けるといえば、なんといっても
「榊原 英資(さかきばら えいすけ)氏」
の右に出る者はいない。まじめに議論しているときに、彼がニヤニヤしながら
「そうじゃないんですよぉ」
とこられると、反論する気力もなくしてしまうのではないだろうか?石原氏も少し前は、そのテが通用していたのだけれど、すっかり通用しなくなったようで、とにかく見苦しいの一言。
「百花繚乱」
なんて素敵な言葉もたくさんお持ちなんだし、是非とも引退して余生を作家として過ごしてほしいものだ。

 幻冬舎設立の時、お祝いに何か書いてくれ。といわれて書いたのが
「故石原裕次郎氏のことを書いた 弟」
そして、
「どうしても書けないと断ったのが、故中川一郎氏の話」
これを是非とも書いてほしいと切に思う。

 そういえば、都知事選には
「ふくろう博士・ 桜金造・ドクター中松」
と続々とビッグネーム?が参戦を表明してきた。どうせ討論会にはこの3名は参加させてくれないだろけど、なんだかとてもうれしい。この中でもっとも失うものが大きいのは
「ふくろう博士」
だろう。
「前回参議院に落選したのは本名で出馬したから。今回は、ふくろう博士だから大丈夫だ!」
と意気込みを語っていたけれど、
「こんなの聞いたら、ここの家庭教師には教わりたくない」
と思う親御さんが続出しなければいいけれど、と思うのは小生だけだろうか?中松氏は大金持ちなんだろうから、本気で夕張市長選でも出てほしかったなあ。。。。。
200703181406000
(やっぱりスーパーシートは快適だ!)


 アップグレード券利用、ANAスーパーシートプレムアムにて帰京。月末までになんとか、あと1枚使いきらねばならない。

 サザエさん1900回記念に
「荒川静香さん登場!」
ごく短いセリフなのに、あの浮きっぷりったら衝撃的だった。
 しかし吉田均さん◎、井崎 脩五郎さん○だもんなあ。。。。。ちょっと生きた心地のしない一週間になりそうな気配。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日(土)鹿児島の休日

 7時30分起床、早速
「さつま乃湯」
へ、朝から露天風呂は混雑している。鹿児島市内越しに見る桜島は、まだ頭に雲がかかっている。露天風呂・水風呂・イオンスパを徹底的に、およそ80分。寝起きのサウナが身体によいかは置いておいて、とても気持ちがよいのだから少なくとも精神的にはリフレッシュしているのだろう。
200703171000000
(頭を雲の上にいだあしい。。。。)


 日経・日刊・南日本の3紙をよみながら、朝食をたっぷりといただく。ここの朝食は全てが充実しているのだけれど、漬物が豊富なのと、ご飯も美味しいのがうれしい。そして、なによりスタッフのテキパキとした対応に好感がもてる。特に、一人すばらしい女性スタッフがいて、もちろんかわいいのだけれど
「あの笑顔と立ち振る舞いは只者ではない!」
とっても気になる。かなりのお方だと思う今日この頃ではある。

 今回、連泊なんだけれどルームチェンジ、昨晩はシングル、今晩はダブルだ。ということで、お荷物をまとめてから指宿へ向かう。朝方は曇っていたけれど、指宿に近づくにつれて回復し、指宿到着時は快晴となる。今日はおよそ25分、たっぷりと汗を流す。サウナは身体によいか怪しいけれど、ここの砂風呂は確実に身体によい。
「少なくとも腰痛とお肌には効果がある」
行きの運転中は腰に違和感があっても、帰りのドライブ中は全然ちがうのだ。
200703171348000
(快晴の指宿、なんともいえず快適だ!)


 快晴の海岸線のドライブは快適そのもの、鹿児島市内からおよそ1時間というのはドライブに最適の距離だ。ただ、あんまりにも追い抜きポイントがないのと、市街地を通りすぎる。バスやダンプを追い抜くのが困難だし、住民の方の横断がとても危険。高速道路を造れと言う気は全くないけれど、人が住んでいるエリアは避けるバイパスは造るべきだと思う。
「街道と生活道路は分けるべきだ」

 ところで、たまに見かけるバスには、あまりお客さんを確認できないけれど、JRの乗車率というのはどうなのだろうか?今朝の日経九州版によると、
「JR九州は指宿枕崎線に特急の導入を検討している」
とのことだから結構なお客さんがいるのだろうけど、いかにも快速と所要時間が変わらなさそう。

 ドルフィンポートの芝の上に陣取り、桜島を見ながら読書
「松本健一著 日本の失敗「第二の開国」と「大東亜戦争」」
結構永い時間かかったのだけれど、ようやく読了。途中で断念しようかと何回か思ったけれど、無事読了はなにより。桜島を見ていると、なんだかとっても気分が落ち着く。ポカポカとしているし、本当に贅沢な気分だ!
200703171521000
(桜島を眺めつつ読書)


 そういえば、九州道鹿児島北インター付近には
「福岡」
というプラカードを持ったヒッチハイカーが大勢いた。ああいうのを乗せた場合は、
「1円ももらえないのだろうか?」
まあ、当然だろうなあ。。。。

 たまにホテルで晩御飯をたべようと色々散策したけれど、土曜の夜ということ中華もバイキングも満席。仕方がなくパンと麻婆豆腐を買ってお部屋で簡単に済ませる。そして万全の態勢で9時を待つ、そう
「ハゲタカ」
を待っていたのだ。昨夜の花男2もそうだったけれど、こんなにドラマが待ち遠しいのは久しぶりだ。今日も軽快なテンポで話が進む。やっぱりNHKのドラマに出る役者さんは、みんなうまい。いよいよ、来週は最終回。今から待ち遠しい!

 本日、四回目の入浴を済ませてから就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月16日(金)大人の仲間入り?

 かるーく朝食をいただいてからリムジンバスで伊丹へ。今朝も頼んでおいた新聞2紙のうち、日経が入らず。このテの新聞入れ間違い、入れ忘れというのは本当に多い。
「どうして新聞くらいキチンと入れられないのだろうか?」
どうしても理解に苦しむ。

 昨夜の最終便は大阪へ引き返したという鹿児島空港へ、霧と雨で確かに厳しい状況。なんとか着陸したものの、豪雨といってもいい天気だ。
 市内の山形屋さんでは、高校の制服フェアが開催されている。なんでも県内の征服の60%は山形屋さんで販売されているというから、凄い。売り場の方に
「中学はどうなのか?」
と伺うも、中学校の制服は地元の洋品店などで買われるらしい。そういえば、小生も中学の合格発表の日に学校の近くで採寸した記憶あり。三田周辺の望月とか三進とか現存しているのだろうか?2月3月以外って一年中暇そうねえ。。。。。高校の学生服も、たまたま友人7人くらいで立ち寄った洋服店で作ったけれど、いきなり入場したら
「うわーこんなに大勢で!」
とこれ以上ない歓迎をしてくれた。今思えば、
「こんなに大勢で来たのだからまけろ!合見積もり取るぞ!」
とやらなかった自分が情けない。

 ちょっと今回の鹿児島は、多くを書くことができない。とりあえずANA無料航空券の利用、767のポケモンジェットはかなり老朽化している。当然C/Aさんのエプロンもポケモン柄なんだけれど、30代くらいの方は許せるけれど、かなりのお歳とおみうけするC/Aさんは、かなり辛そう
200703161102000
(ポッキモンジエットでGO!)


 ところで、先日の胴体着陸の機長さんってテレビに一切露出していない。
「これは何か理由があるのだろうか?例によって組合?」
警察の捜査が終わるまでは一切しゃべれないのかもしれないけれど。かつて羽田へ胴体着陸した旧東亜国内航空の機長さんは、その場で
「もう必死でした!」
みたいなインタビュー映像が流されていたようだけれど、今回は一切ない。逆に現JALの機長さんは、
「インタビューで当時の思い出をかたりつつ、今回の機長を賞賛している」
 数年前のJALのニアミスの時にも組合が機長を徹底的にガードしてマスコミに出さなかったけれど、今回とはケースが違う。ちょっとした疑問。。。。。。

 晩御飯はもちろん
「味の丸一」
上ロース、先々週来たばかりなのでご夫婦ともに驚いているようだ。とりあえず
「ここのトンカツが食べたくて、わざわざ東京から来てるんだよ!」
と言っておく。ちなみに、今日は微妙に火の通り方が弱く残念。。。。。。。
200703161829000
(若干、火の通りが弱かった)


 今宵の宿は、言うまでもなく南の別邸
「城山観光ホテル」
取り急ぎ、
「さつま乃湯」
で露天風呂・水風呂・イオンスパを徹底的に。。。。。。およそ90分、ふにゃふにゃになったところで、慌ててお部屋へ。そう
「花より男子2」
の最終回だからだ!もちろんハッピーエンドは分かりきっているのだけれど、やっぱり最後はよかった。パート3やってほしいけれど、さすがにあの終わり方じゃないだろうなあ。。。。。。

 ところで、ちょっとというか、すごーく気になったのが資生堂のCM
「なんと長州力と長州力が共演している!」
資生堂、長州力ともにずいぶんと思い切ったものだ。どうでもいいけれど、
「長州力といえば、天州力」
後楽園ホールの階段に
「天州力からのお願い」
とか一杯落書きがしてあったけれど、天州力は健在なのだろうか?すこーし気になる。

 我らがアドベンチャーワールドのおてんばお姉さんこと
良浜が大人の仲間入り?」
この見出しは?とおもったら、なんと永明と良浜が交配に成功したというのだ。良浜はお母さんの梅梅のお腹の中にいる時に日本に来たので、永明の娘ではない。とはいえ、パンダファミリーを名乗っている以上、
「どうなのかしらん?」
と思うちびっこもいるのではないだろうか?しかし、このファミリーの繁殖力は凄いですな。それに比べると、小生の繁殖力というのは、情けない限り。一刻も早く自然繁殖したいのだけれど。。。。。。

 だけど、
「自然交配=大人の仲間入り」
というのは、凄い表現だ。ひょっとして
熊川さんが、決めたのだろうか?」
「一体小生は、いつ大人の仲間入りができるのだろうか?」
などど思いつつ力尽きて就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月15日(木)当事者意識の欠如

 11時のANAにて伊丹へ、搭乗口は45.せかっくなので新設されたシグネットに入場。したのはいいのだけれど、想像以上に狭く大混雑。やっとの思いで席を確保、おつまみを4袋いただく。そういえば、この間まではヘルシア緑茶・ヘルシアウォーターがあったのだけれど、最近は見当たらず甚だ遺憾。
200703151100000
(かなり狭いシグネット)


 今日もお飲み物は、スペシャルの
「デコポンジュース」
登場したての頃は、ものめずらしかったけれど、いい加減飽きてきた。このデコポンジュースとやら、パッケージを見ると果汁30%と記されている。果汁30%でジュースという表現はかなり微妙だけれど口頭では許せる範囲なのだろう。(もちろんパッケージにはジュースと記せない)

 今日の最初の目的地は、今話題の
「カンテーレ」
詳細を記すことはできないが、我ながら仕込みは完璧ということだろう。
200703151331000
(今話題のカンテーレ)


 梅田に戻って、地下街をぶらついていると、いつもの暖簾が目に飛び込んできた。一応、大阪という日本第二の都市、しかも梅田駅の地下、そして食品日本一という阪神百貨店の入り口前にある立ち食い店
「串かつ 松葉」
20年前からものすごーく気になっていたのだけれど、いくら小生といえども、
「あの暖簾の向こうは世界が違う。」
と思い続けてきた。
200703151616000
(とうとう、あっちの世界へ)


 ところが、今日はなぜか
「ふらふらっと、あの暖簾をくぐってしまった」
まあ、当然のように皆さん真昼間から、串かつ食べて、ビール飲んでるのね。まずは、その値段の安さに驚く、1本100円・120円・150円。ウーロン茶飲んで、串あげ5本食べて800円程度、しかもキャベツは食べ放題。なんだか分からないが、やっぱり大阪ということなのだろう。まあ、お味の方は1本100円だからねえ。。。。。

 せっかくなので、梅田地区の百貨店
「阪神・阪急・大丸」
の食料品売り場を探索。大いに買い込む、もっとも気になったのは大丸地下の
「甲陽園 ツマガリ」
花と焼き菓子のアレンジなんかもあったし、見せ方がとてもうまい。他にも気になる店が何軒かあったけれど、アンリや、飄月堂(ひょうげつどう)の別ブランドだったりする。でも、東京の百貨店とはまた違ってとても楽しい。
200703151547000
(気になるツマガリさん)


 晩御飯は、いつも通り
「狸狸亭(ポンポコテイ)」
一人なので、おなじみのカレー焼きうどんと焼きそばを頼んだのに、焼きそばでなくお好み焼きが登場。仕方がなく食べたけれど、ちょっと残念。
200703151847000
(定番中の定番)


 実は、今日は朝から仕事でとても不愉快な出来事が発生し、携帯で怒鳴りつけてしまった。めったに怒鳴りつけるなんてことのない小生でも、我慢できず。このおかげで一日台無しになってしまった。
200703151854000
(もちろん、お好み焼きも美味しいのだけれど・・・・)


 小生は、こういうのを徹底的に引きずるタイプだ。怒鳴って次の瞬間に笑っている人がいるらしいけれど、とても信じられない。ただ、たったひとつだけ回復する方法がある
「スパで寛ぐことだ!」
ということで、今宵のお宿ホテル阪神のスパにて、徹底的に
「露天風呂・水風呂・サウナ」
を徹底的に繰り返す。そしてそして、ポカリスエットを4杯いただけば、とりあえず気分は爽快だ。
200703151921000
(たしかに、ここでしか出来ない)


 ところで、岩手県議会が岩手県競馬への融資案を否決。これにより事実上、
「岩手県競馬は廃止されることとなった。」
ばんえいのときと違って、ファンからの撤回気運もないようだ。競馬組合から発表された、改革案を読んだけれど、はっきり言って大甘。そして、あまりにも遅すぎた。議員さんが否決したのも、常識的に判断すれば仕方がないと思う。
「なんで、もっと早くから手を打たなかったのだろうか?」
どうしても小生には理解できない。もうひとつ理解できないのが
「生産者はなぜ全く動く気配がないのだろうか?」
外国出走馬の導入を決定したTCKに対しては徹底的に糾弾して、実力行使までしたのに今回は全く動かず。
 
 岩手の場合は普通に新馬も入厩していたし、今までの競馬場閉鎖とは比べ物にならないほど大きな打撃というのが分からないのだろうか?
「TCKの外国産馬問題の方が大変だ」
と思っていたとしたら救いようがない。

 せめて場所はとんでもなく悪いけれど
「あの立派な盛岡競馬場だけはなんとかJRAが開催してくれないだろうか?」
あれをいきなり解体して産廃にするのは、あまりにももったいない。

 おそらく高知競馬だって、時間の問題だろうし、ホントひょっとしなくても20年後くらいにはJRAも含めて日本から競馬が消滅するような気配すらある。当事者達にはおそらく全くそんな危惧さえないのだろう。
「一ファンの小生が心配したってたかがしれている」
やっぱり、競馬なくなると小生は思いっきり困るのだけれど、ほとんどの皆さんは困らないのだろう。所詮はなくてはならないものではないけれど、
「せめて困る人はなんとかしようよ!」
朝の一件もそうだけれど、当事者意識がない輩は本当にだめだ。スパで癒されたものの、あまりにも不愉快でなかなか寝付けず。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月14日(水)ホワイトデー

 今日は3月14日、ホワイトデー。巷のお菓子売り場は、普段はみかけない男性であふれかえっている。バレンタインデーは、1~2週間前から特設コーナーなんか設置したりするけれど、さすがにホワイトデーはそこまでの規模ではないよう。また、バレンタインは女性が、陳腐な表現だけれど
「自分へのご褒美需要」
というのもあるけれど、
「ホワイトデーでの自己使用というのはあるのだろうか?」
普段は甘いものなんて、恥ずかしくて買えないけれど、ドサクサにまぎれて買うなんていう男性はいないのかしらん?

 また男性と女性の大きな違いは、女性の場合やっぱり色々熟慮を重ねて購入するけれど、男性の場合は
「なんでもいいから、とりあえず」
という感じで、買われる方がほとんど。昔はマシュマロなんていわれていたけれど、さすがに最近マシュマロってお見かけしなくなった。

 ということで、今日はホント深夜まで大変な騒ぎ、だけれど夜10時とか11時になってお菓子を買うという男性がたくさんいらっしゃるということは、会社でなくご自宅へお持ちかえるということだ。もちろんお子さんに、という方もいるだろうけど、
「奥様へ」
という方が多いのだろう。なんだかんだいっても、世の中大半の家庭はうまくいっているという証拠なのだろう。
200703142132000
(22時を過ぎても行列が。。。。)


 一方の小生は、
「いつまでたっても売る側」
というのは甚だ遺憾な現実ではある。そろそろ真剣に前向きに考えていかないといけない、と思っていたら今朝の日刊スポーツ
「モテない男のナンパ塾」
によると
「女性は最初に接した男性のイメージを強くもつ。ほとんどの場合は、父親だ。ということは、父親にタイプが近い男性を好む」
ということらしい。ということは
「女性を口説くには小生に似た父親を探すのが近道だ!」
という、サルでも分かる結論が導かれる。
「遠征好き、温泉好き、ホテラー、パンダ好き、地方競馬を愛する、読売を愛さない、投票は欠かさない、ブログは欠かさないが最近翌日更新になりがち、野村證券によくだまされる」
ざっと挙げると、こんなお父さんをの娘さんならば、小生でも好まれるはずだ。ただ、ひとつ問題があって
「こういうお父さんを探すのは、独身女性を探すより難しいのでは?」
ということだ。
「う~ん。。。。なんかいい方法ないかしらん?」
なんて、思いつつ深夜の京葉道経由帰宅。3時過ぎにようやく就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日(火)小生の限界

 FOODEX参戦のため、幕張メッセへ。食に携わる業者の展示会だ、日本の業者はもとより世界中から出展がある食品業界のイベントとして、毎年この時期に開催されている。昨年の9月マリーンズ戦観戦以来の幕張、暖かい日差しと風がなんとも本格的な春の訪れを感じさせてくれる。
200703131405000
(結構な賑わいの会場)


 出展スペースは3つのホールを使って行われており、内2つが海外出展、1つが国内企業に当てられている。まずは国内ゾーンから、ここで多くの人は日清製粉のロゴが入った大きな赤い手提を頂戴する。場内は試食とサンプル配布の嵐なので、いただいたサンプルを入れてください。という配慮なんだろうけど、日清さんにとってもものすごい宣伝になる。
200703131403000
(とにかく試食っ)


 基本的には食に関係している職業の方だけのはずなんだけれど、試食目当てのおばさんが10人くらい集団で来場していたりする。以前は、子供づれなんていう方も多く見られたほどだ。
 ざっと食べたものは、カレー・うどん・そば・生ハム・アイス・ジェラート・御酢・ジュース・スムージー・パン・バナナ・りんご・から揚げ等など挙げていけばキリがないほど。同行したアシスタントも大喜びの様子。お昼も食べず、お土産一杯もらっての退場となった。

 ただ、それでもこのイベントは昔ほどの勢いがない。特に国内有力企業の撤退が目立つ、かなり大きく展開すると1億近くかかったりするらしいけれど、実際どれくらいの効果があるのか?といわれると相当疑問だったらしい。ざっと見ただけでも、日本ハム・伊藤ハム・JT・日生(ソフトクリーム)なんかが撤退していた。当然、コンパニオンさんも減少の一途ということで、華やかさもなくなった。
200703131414000
(大人気の枝豆君)


 大体、試食がないブースというのは閑散としている。
「試食+サンプル+コンパニオン」
これが最強だ!せめてどれか1つはないと、話にならない。ただ、あまり経費をかけないで効果抜群のものがある、それはやっぱり
「着ぐるみ」
これが出てくると、着ぐるみマニヤの小生としては
「台湾から来た枝豆君に大興奮だ」
これをきっかけに、台湾産の枝豆を食べよう。と思ったりするからねえ。。。。。しかし中には全くやる気のない着ぐるみもいて、写真撮るのにポーズもとらないのがいた。こんなんだったら、登場しない方がマシ。全然分かっていない。
200703131325000
(POOHではない?)


 夜は西船橋へ、ホワイトデー前日ということで大いに盛り上る。ホワイトデーといえば一応、こんな小生もバレンタインには数個はいただいているので、お返ししなければならないのだけれど、こういうのは普段いかにしてあげているのか?に尽きると思うので、小生はパス。これによって来年0になれば、それはそれで全然かまわない。
200703131421000
(突っ立ってるだけ。。。。)


「ANA機衝撃の胴体着陸」
いかんせん、あの機材はJAL(JAC)だけれど先週、福岡ー鹿児島間でも乗っているし。過去にも何回も乗っているからねえ。。。。確かにプロペラにしては機体が大きく,
「Q400のQはクワイエットを現す」
だけあって、凄く静かだったので好印象だったのだけれどねえ。。。小生もこれだけ飛行機に乗っている割には事故はもちろんだけれど、大幅な遅延、欠航、ダイバードなどもあまり経験がない。それだけ、今回のような事件がレアなこと、安全性が高い乗り物だからこそ、大騒ぎになるのだろう。今日は全日空株の下落を小生も覚悟したのだけれど、そんなことはなかった。世の中沈着冷静ですばらしい。

 ただ、
「これがJALだったらマスコミももっと徹底的に叩くんだろうなああ」
やっぱり日頃の行いがいかに大事か、ということを証明していると思う。

 帰宅後、突然るいさんからメールが入る。メゾンカイザー木村周一郎
ぷっすまに出演している」
との速報だ。まあ、これで彼も
「ようやく小生に追いついてきた、ということだろう」
ただ、残念ながら小生は彼を一躍時の人とした、世界バリバリバリューには出演できそうにない、賞品は提供したんだけれどねえ。。まあ、小生の限界というのはここらあたりなのだろう。なんて思いながら就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月12日(月)軸足を置く

 所用で六本木ヒルズへ、ここが出来てもう4年になるけれど、小生は3回目くらいだ。いかんせん、全くご縁がない、楽天とかヤフーとかお付き合いがある企業さんは入居しているのだけれど、小生が出向くことはほとんどない。東京にオフィスビルは沢山あるのだけれど、やっぱりここへ来ると緊張する、なんか働いている人達も小生とは違う人種のようだ。なんとなく圧倒されて気おくれする小生が情けない。しかし、いかんせんこんなところ来る用事もないからなあ。。。。
200703130906000
(どうにも、ここは好きになれない)


 「西武の裏金問題」
率直な感想として
なんで、ここまで大きな扱いを受けるのだろうか?」
ということ、だってまさか誰ももう裏金なんかない!と思っていた人なんていないでしょう。ただ、分からないことがいくつか
「なんで、この時期に発表したのか?」
まあ、きっと外部にばれて脅されたとかだろうけれど、どうにも釈然としない。
「東京ガス渡辺はなぜ、いきなり記者会見したのか?」
「東京ガス渡辺は、なぜ西武でなくロッテに入団したいといって横浜を拒否したのか?昨年のドラフトで西武は指名する気なかったのか?」
他にも疑問は尽きない。

 まあ、名古屋での談合が発覚したゼネコンと共に
「撲滅宣言した後も継続していたことが発覚」
したのは、始末におえない。

 怪我の功名かは分からないが、いくらナベツネが騒いだところで
「希望枠の撤廃は避けられないでしょう」
一気に
「完全ウエーバー・FA短縮」
まで持っていければいいけれどね。よく、どうせダメなら最下位になってドラフトで。。。。の危険性を言う人いるけれど、実際米国なんかどうなんだろうかね?あと、もちろんウエーバーになったところで
「私は、○○以外は入りません。だから絶対に指名しないでください」
と選手が宣言することは自由だ。だから、裏金の罰則だけはダフ屋じゃないけれど
「贈った方も、贈られた方も罰せられます」
をやらないとダメだ。
 
 しかし、非常に怪しいのが今日いきなり
「ナベツネ・オーナー・コミッショナー代行」
この3人で会食してるんだよね。
「野球の話は出ませんでした」
なんて、平気でのたまっているけれど、そんなこと信じる輩がいるはずもない。
「今日この3人で会食するような体質からなんとかしないと球界は救われない」
と思うのは小生だけだろうか?

 ソリトンシステムズ株が下落を続け、小生の含み損も拡大が続いている。
「ここで損切りや、ナンピンできないから小生は投資の才能がないのだろう。」

石毛氏四国アイランドリーグ社長退任」
てっきり彼が個人でやっていると思っていたのに意味不明だ。しかもコミッショナーとしては残留するけれど、まだ契約には至っていないとのこと。
「現経営陣に僕の意見が通らなくなった。。。。。。今後も四国に軸足を置き指導にあたってゆく」
これ全く意味不明。まあ、石毛氏のことだから個人的には
「いかにも選手がハシゴ外されてひどい目に遭う」
と予想していたのだけれど、どうなるのだろうか?ただ、いかにも金銭的な事情のよう。石毛氏のことだから
「儲かると思ったのに、儲からないから やってられない。俺はボランティアじゃないんだ!」
というような気がしてならない。しかし
「軸足を置く」
という表現はよく使われるけれど、たいていこういうときは
「100のうち5くらいの力しか注ぎませんよ!」
という意味と受け取っていいのだろう。

 小生は
「何に軸足を置いているのか?」
と問われると、やはり
「遠征」
と答えざるを得ない。しかし、これは10%でなく完全に90%だから、
「石毛氏も四国が90%なのだろうか?」
「小生も遠征でなく、見合いに軸足を置かないからだめなんだろう」
なんて思いつつ就寝。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日(日)本人役

 7時30分起床、速やかに温泉へ。露天風呂・水風呂・サウナを徹底的に。。。。。。。。ここの露天風呂は常に41.8度に設定されていて、若干熱い。
「個人的には41度でいいのでは?」
と思ってしまうが、外気が冷たいのでいいのだろう。それにしても湯気が凄い。
 
 およそ90分、朝風呂終了の時刻までじっくりと寛ぐ。さすがに日曜ということで朝食会場は賑わっている、焼き魚・納豆・オレンジジュースを中心にいただく。普段焼き魚はあまり好まない小生だけれど、ここへ来るといつもホッケかシャケを、大根おろしをたっぷりとつけていただくことにしている。ただ、なんとかく白いご飯だけはあまりおいしく感じない。おそらく道産米なんだろうけど、あまりおいしく感じないのだ。そういえばテレビでもさかんに
「北海道米を食べましょう」
とやっているということは、道民の皆さんが一番分かっていらっしゃるのだと思うが。。。。

 チェックアウト時刻を30分延長していただいて、お部屋で
「サンデージャポン」
飯島愛が引退しようが、どうでもいいのだけれど自身が
「爆笑問題に、他の番組で言わないで」
と言われたというのが、大いに受けた。

 冷静に考えると13時30分のANAに乗るには時間がない。お寿司でもと思ったのだけれど、とにかく急ぎ空港へ。無事チェックインが終わったのが12時57分。とりあえずラーメンだけいただいて、機内へかけこむ。
「雪印のソフトクリームを食べずに北の大地を去ったのはいつ以来だろうか?」
なんだか後味が悪い。
200703111307000
(とりあえずラーメンだけ急ぎいただく)


 満席の500名以上の浄乗客を乗せたポケモンジェットは定刻通りに着陸したと思ったら、出発便の遅れでゲートが空かず10分ほど待機。降り際にC/Aさんがアナウンスで
「○○高校の皆さん、今日からの北米修学旅行がむばってきてください」
と言っていたけれど、今の学生さんは平気で米国なんか修学旅行で行くのね。だけど、羽田からさらに成田へ移動するわけでしょう、こりゃ大変だ。
「中部や関空経由または千歳からハワイ経由とかで行けないのかしらん?または成田までチャーターとか」
200703111321000
(ポケモンジェットは満席だ!)


 ちょうど羽田の4本目の滑走路がようやく着工して、一部のアジア便の羽田移管が現実的になるらしいけれど、そんなもんじゃこの国の飛行機の不便さは解決しない。空域の問題や離着陸料の問題、いろいろと問題は山積だ。
ニュースでは一般旅客にインタビューして
「便利になるから歓迎だ」
という部分だけ流しているけれど、とにかくこの日本の航空問題は根が深い。羽田の駐車場ひとつとっても、P1は日本空港ビルが運営しているけれど、P2・P3は「母100歳、息子80歳だかの銅像」
でお馴染みの方の関連が運営している。しかも微妙にサービスが違ったりする。いいとり方すれば競争しているのだけれど、そういう面でユーザーは選ばないからなあ。。。。

 第2ターミナルの南側延長部分が3月から夜8時までの運用となった。ただ最も遠い搭乗口67・68になるとANA時刻表では
「検査場から14分」
と表示している。これはいくらなんでも遠すぎる。普通の方はせいぜい5~6分だと思ってると思う。足が悪い方とか大変だし、本当に搭乗口を増やしたのがよかったのだろうか?4月1日からSKIP専用検査場が中央に増設するらしいけれど、こんなの2分程度の短縮にしかならないしねえ。。。。
 ここまでくると、
「バスの方が便利だったのでは?」
と思わざるを得ない。徒歩14分って国際空港だったら
「モノレール利用のような距離だと思うけれどねえ。。。。」

 帰宅後、サザエさん。なんと次週は何回記念かなんかで、本人役で荒川静香も登場するらしい。このあたりがサザエさんの偉大なところ。定期的に放送されるスペシャルは
「波平夫妻がカシオペアで北の大地へ旅行したり」
シャレっ気がある。まあ、最近で最も凄いのは以前書いた
カツオ財テク
であることだけは、疑いようがないけれどね。

 今回はアニメだけれど、ドラマに本人役で出演というと、最近ではNHKの朝ドラに武豊が本人役で出演したのが記憶に新しい。ジョンコ号にのって登場した武のセリフは
「武豊です」
だけだったのだけれど、この浮き方というのは尋常でなかった。大昔の映画で、巨人軍王選手が、病気の子供を見舞うというシーンがあったと記憶しているけれど、これも凄かった。荒川静香さんの場合は、アニメなので大丈夫だと思うが、すこーしだけ心配な今日この頃なのである。なぜかサザエさんは、CSで放送されていないけれど、昔の作品とか見たいけどなあ。。。。

 と思っていたら、早くも高松宮記念の登録馬が発表、どう考えても我らがマイネルスケルツィ最大のチャンスだ。マリオットの予約も完了したし、あと2週間とにかく無事を祈るだけだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月10日(土)さらに北へ!

 7時起床、さすがに杜の都の朝は寒い、徒歩で仙台駅へ向かう。普通ならば、はやて・こまち号にて帰京なのだけれど、駅には入らずリムジンバスにて仙台空港へと向かう。
 空港へはアクセス鉄道が来週に開通するのだけれど、ギリギリでバスとなった。鉄道が開通すると最短20分で仙台と空港間を結ぶようになり、リムジンバスは廃止となるようだ。
200703100737000
(仙台駅からは新幹線には乗らず)


 およそ30分の快適なドライブで仙台空港へ到着、東京便がないのになぜかここは数回利用している、ということで更に北へ向かうか、東京を通り越して名古屋・大阪・九州へ南下するかの選択なのだけれど、小生が選択したのは
「ANA無料航空券での北上」
となる。ご予約は1便あとなのだけれど、残り3席でなんとか座席を確保した。ということでA320は満席の乗客を乗せて北の大地へと向かった。
200703100906000
(A社では珍しいエアバス)


 実は、結構ドキドキの機内。なぜかというと、この便の到着予定時刻は10時30分、だからどう考えても無謀なのだけれど、10時34分発の快速エアポートに乗りたいのだ。これに乗れると、南千歳10時46分発のとかち号に接続する。これに乗れないと、1時間30分も空港で待つことになる、しかも帯広着が3時になり、さすがに日帰りはつらくなってしまう。

 もちろん、オンタイムなら接続できるわけないのだけれど、いかにも仙台ー千歳便なんて5分やそこら早く着陸するような予感がする。と思ったらまんまとオンタイムに着陸。風向きの関係で北へ回っての着陸、そして凍結からか延々と大回りしてゲートへつけたのが痛かった。本当にギリギリのところで間に合わず、ここですかさず思ったが
「南千歳までタクシーを使うか?」
しかしながら、先頭のタクシー運転手さんがいかにも怖そうだったので断念。おとなしく札幌へ向かうこととなった。
200703101251000
(北の大地でも雪は見えず)


 とりあえず駅前のAiba札幌にて
「ばんえい競馬に参戦」
わざわざ北海道に来て場外で馬券を買うのもなんなんだけれど、まあ仕方がない。途中、ご挨拶周りとかしたりしながら最終レースまで参戦。ところでこの場外は札幌駅前という絶好のロケーションなんだけれど、人はまばら。しかもかなりの高齢化が進んでいる、まあJRA開催日にばんえい場外へ行こうというのは、かなりのマニアに限定されるのだろうけれどねえ。。。。ここの平均年齢が5歳若返ったら、それは奇跡だ。
200703101627000
(場外でばんえいに参戦)


 で、結果というとメインの大勝負に見事勝利!本日のプラスを確定させる。まあ、ここで退場してもいいのだけれど、せっかくなので最終も参戦。第2障害を先頭で越えて
「もらった!」
と思った瞬間に、なんとゴール前で止まってしまったのだ。ばんえいの場合、本当に止まってしまうことがある。どんなに騎手が叩こうが、うんともすんともいわなくなるのだ。。。。。
「まあ、これがばんえいの面白さなんだけれど・・・・・」
 
 基本的には、ばんえいは堅くおさまることが多い。来年度から帯広のみの開催となると、その傾向はますます高まるだろう。ここをなんとかしないと、せっかく継続が決まっても馬券的妙味が本当に薄れる。
 そういえば来年度から控除率の部分をいじることが可能になるらしいけれど、なんとか競馬の基本である単・複の控除率を10%くらいにまで下げると、もう少し初心者でも楽しくなると思うのだけれど。。。。。

 札幌の宿はジャスマックに決まっている。どんなに混雑しているときも、なんとかしてくれるからうれしい。ところが今日はチェックインの際にいきなり
「○○さん、今日の朝日の夕刊見ましたよ」
ときた。そういえば。。。。。

 そんなことはともかく、温泉へ!露天・水風呂・サウナを徹底的に。ホントくつろぎのひと時。。。。露天のお湯と外気の温度差がなんとも気持ちがよい。ところが3回目のサウナで汗をかいているときに、事件は起こった。
「なんと超芸術的な男性が入場してきたのだ。」
どうなるかしらん?と思っていたら、すかさず係りの男性が
「お客さん、誠に申し訳ございませんが・・・・」
と丁重に対応。この一言で、超芸術的な男性もあっさりと、侘びを言いながら退場した。
「この見事な迅速な対応、さすがはジャスマックと敬服した」
小生の定宿に認定されるだけのことはある!
200703101840000
(北の定宿)


 2時間ほどスパに滞在の後、ラウンジで氷いちごミルク。ここでも
「お久しぶりです」
と声がかかる。ここで初めて朝日の夕刊を見て納得。。。。。
 お部屋でNHK
「ハゲタカ」
今回登場の菅原文太の迫力に衝撃を受ける。スパと氷とハゲタカでふにゃふにゃになり、再度すすきのへ出る元気もなく、速やかに就寝。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月9日(金)美女とすず音

 6時台に東京駅というのは、さすがにキツイ。久方ぶりの山形新幹線つばさ号。早朝だというのに、おなかは異常にすいている、駅弁というのは動き出す前に食べてはならない。という勝手なしばりを設けているのだけれど、我慢できずに、いつもの常盤軒
「二段そぼろ弁当」
をいただく。いつもならペロリと平らげるのだけれど、さすがに朝7時にいただく朝食としてはボリュウムがすごい。
200703090703000
(つばさでGO!)


 車内は予想に反して9分の乗車率、ビジネスよりもご夫人のグループが目立つ。温泉めぐりだろうか?山形新幹線というと、
「よく新庄まで延伸したなあ」
というのと今話題の
「カリスマ売り子さん」
なんでも車内販売の名人がいて、平均の3倍くらいの売り上げがあるとのこと。テレビでも数回放送されていたし、日経土曜版でも確か連載していたはずだ。ワゴンに搭載する商品などに工夫して売り上げをとるらしい。子供が多い時には、おもちゃを前面に押し出したり、乗客のニーズを読む名人らしい。
200703090706000
(朝からボリュウム満点)


 小生、新幹線といえば
「バニラアイスクリーム」
が必須のアイテムだ!朝食のデザートとして所望したのだけれど、あいにくの品切れだった。残念ながらカリスマ売り子さんは乗っていなかったようだ。もっともカリスマでも朝7時にアイスが売れるとは思っていないとは思うけれどねえ。。。。

 寝ようと思ったけれど、なかなか寝付けず。2時間ほどで米沢着。福島ー米沢間には若干雪がを確認したけれど、米沢市内には全く雪がなかった。お迎えの車に乗って、市内2箇所ほど工場を回る。やはり、こんなに雪がないのは初めてとのこと。お昼は、焼肉で米沢牛をいただく。お支払いしていただいたのだけれど、やっぱり安い。これが、同じ米沢牛でもすき焼きとなると、0がひとつ違ってくるのだろう。
200703091158000
(なかなか見事な米沢牛)


 なんて、思っているうちにN証券から携帯に連絡が入る
「今日公開のソリトンシステムですが。。。。。」
遺憾の一言。いかんせん自己責任なので、長期保有にスタンスを切り替えることとする。

 米沢から白石経由、仙台へ。さすがに峠だけは一面銀世界だけれど、他はほとんど雪の気配すらない。本格的に今年の夏はやばそうな気がしてきた。
200703091238001
(峠だけは雪が残る)


 仙台でのアポには時間があるので、仙台近郊の
青根温泉 じゃっぽの湯
に参戦することになった。とりあえず適当に旅館のお日帰りさまに参戦しようと物色していたら、この昨年出来た入浴施設を発見。

 入浴料は300円、清潔な施設で、お湯はもちろん
「源泉かけ流し」
泉質はすごくよさげ、露天ではないけれど、とても満足。ただ、公営の施設とはいえ
「石鹸どころか、タオルも売っていないのはいかがなものだろうか?」
いきなり
「近くの商店で買ってくれ!」
って言われて、近所を探すけれど、コンビニなんかありゃしない。薄汚い酒屋さんの門を叩くと
「3本なら、ただであげるよ」
と言われるが、さすがにお金をお支払いした。ちなみに3本100円也。。。。。
200703091454000
(じゃっぽの湯で温まる)


 仙台市内で1時間ほど商談をしてから、お世話になった方が異動されるので一献。小生のお気に入りの女性2名も加わって総勢8名の宴会は大いに盛り上がる。ちなみに会場は
「牛たん 利久さん」
米国産が復活してからは初めて。もちろん浅草本とさやさんの牛タンとは比べること自体意味がないけれど、十分美味しい。
200703092020000
(久しぶりに利久さんに参戦!)


 普段飲まない小生もお気に入りの美女2人が参戦したせいか
すず音
を盛大に飲んでしまった。これ発泡日本酒なんだけれど、甘くてカルピスソーダのよう。もちろん酒飲みは絶対にこんなの飲まないのだろうけど、小生もこれなら大好き。調子に乗ってかなり飲んでしまった。
200703092211000_1
(これならいくらでも飲めちゃう♪)


 こんなに楽しくお酒を飲んだのは本当に久しぶり。やっぱり、
「美女とすず音」
の力は偉大ということなのだろう。すっかりいい気分になって仙台の街を徘徊してから、今宵の宿
ドーミーイン仙台アネックス
へチェックイン。新しくオープンしたばかりでとても綺麗、お部屋は広いし、温泉露天風呂は快適そのもの。サウナと露天風呂で汗をじっくり流してくつろぐ。今まで仙台の定宿といえば、モントレ仙台と決まっていたのだけれど、こちらは深夜1時まで温泉に入れるし、ドーミーインに軍配が上がるようだ。

 無料で見られるオンデマンドシステムを見ながら就寝。ながーい一日だったけれど、美女と牛タンとすず音、と温泉のおかげで楽しい一日でした。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月8日(木)お通し問題

 予想外に短時間で会議が終わったので、若者を引き連れてお食事へ、色々と検討した結果手元不如意ということもあり
「杵屋でうどんすき」
を選択。杵屋といえば、実演ブースを設けている割には
「実演をみることができない」
たまーに切っているところをみかけるけれど、いわゆるこねたりして、打っているシーンって見たことある人いるのだろうか?

 常日頃、杵屋とそし坊は馬鹿にしているので、入店するのは数年ぶりだろうか?でも、なんとなくうどんすきが食べたくなったので。。。。まあ、うどんすきはいいのだけど、事件はいきなり起こった。とりあえず、3人で行って生2つとウーロン茶を注文、(ウーロンはもちろん小生)当然のごとく、
「お通しが3つ運ばれてきた」
お酒頼んだ二人は、いいのだけれど
「ソフトドリンクにお通しを勝手に出すのはいかがなものだろうか?」
この問題は、お酒を飲まない小生にとっては、常につきまとう大きな問題。たとえば、ちゃんこ玉海力さんでも、煮込みのお通しが出される。なんか、お通しという制度は好きになれない小生なのである。
200703082105000
(久しぶりに杵屋のうどんすきを)

 実は、杵屋さんとは、かつてこのお通しでもめた経緯がある。今回も実はキャンペーンでうどんすきに、焼酎が無料でついてきたのだけれど、以前ビールがついてきたのだ。
「その無料のビールに対してお通し料を請求する」
これは、いくらなんでもひどいのでは?と思い徹底的にやりあって、お通し料の請求を撤回させた。これには後日談があって、再び訪れた際、今度はビールを注文したのに、お通しが登場しなかった。すかさず問い合わせると
「お客さんですよねえ!こないだ文句言っていたの!!」
と切り替えされて、衝撃をうけたこと思い出した。

 ちなみに、今回は何も言わずにお支払いさせていただきました。まあ、焼酎無料だから仕方がないだろう。。。。
 どうでもいいけれど、少し前だったら今月は、こんなことやっている場合ではなかった。なぜか仕事の数字に対するこだわりが薄れているよう。決して数字が悪いわけではなく、すばらしいのだけれどねえ。。。まあ、他にも一杯こだわらなければならない部分が人生増えてきたからかもしれないけれど。。。。
「こんな考えは逃げかしらん?」
なんて思いながら、早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日(水)一切関係がありません

 午前中は面接が1本、今回の募集は1人。当初は応募数が危惧されたが、ふたを開けてみると多数の応募にビックリ。おそらく7~8人の中から決定することになると思うけれど、今日の方がとても雰囲気がよろしかったので、後がなければ決めたいのだけれど、なかなかそうはいかないところが悩ましい。

 事務用品の宅配業者最大手に転職したという、高校の同級生の訪問を受ける。はっきりいって、当時からあまり好きではない人物だったので、突然のメールも放置しておいたのだけれど、再三の催促をうけ仕方なく。高校の時は結構ドクドクしい人物だったのだけれど、意外にも毒が抜けていてビックリ。
 
 しかし、普段なかなか見ないのだけれど、いわゆるあの手のカタログというのは凄いですね。文房具だけかと思ったら、食品はもちろん、洗剤、食器、制服、パソコンなんてものまでのっている。別冊では、オムツなんてのまであるから驚きだ。食品もスターバックスやタリーズのコーヒーなんてのは分かるけれど、カップヌードル挙句の果てには、食材としてのトマト缶詰なんていうのもあった。
 
 で、一番驚いたのはヨックモックや資生堂パーラー、モロゾフなんていうギフト向きのお菓子。手土産で持っていく用や、来客時のお茶菓子としてかなりの需要があるというから凄い。言われてみると
「なるほどねえ~」
と思うんだけれど、世の中まだまだ潜在的なマーケットがあるということを再認識した。

 午後から外出なんだけれど、寒さにふるえる。もうコートという気候じゃないと油断していた自分が情けない。すっかり体調を崩してしまった。ということで、今日は珍しく7時過ぎに帰宅。こんなときは、あれしかないと思い信濃町
「メーヤウ」
さんに立ち寄って、辛口ルーご飯共に大盛りをいただく。いかんせん営業時間が8時までなので、なかなかこんなときでないと参戦できないのだ。閉店間際だというのに、相変わらず店内は満席に近い、まあ800円そこそこでこれだけおいしいカレーが食べられるのだから、当たり前といえば当たり前だろう。体調不良の中、一杯になりつつも完食、相変わらず
「おいしい」
の一言だ。若干、大根を煮込みすぎという感じもしたが、まあ気にしない程度。
200703071939000
(やっぱり、ここが好きだ!)


 ところで、メーヤウのメニューに
「メーヤウを名乗る他の店とは一切関係がありません」
と書かれていた。確かに都内には高田馬場なんかにも、メーヤウを名乗る店があると聞いている。まあ、この問題で色々とあるのだろう。同様の例としては、名古屋の山本屋のみそ煮込みうどん。ここもたしか、本家と元祖を名乗りあって楽しそう。小生の愛する
博多 鉄なべ餃子
も店頭に
「当店はここと中州本店のみです、早良区の鉄鍋さんとは一切関係がありません」
と掲示を出している。小生、こういう店同士の争い事は嫌いな方ではない。おそらく京都の一澤帆布さんのも、店頭に貼り出されてそう。なんか、かえって
「両方の店に行ってみよう」
となり、宣伝になってしまうのでは?と思う。森進一や叶姉妹と共にいわゆる
「ヤラセ疑惑」
を感じてしまう小生なのであった。。。。
200703071948000
(本当に関係ないのかしらん?)


 帰宅後、久しぶりに
「いい旅夢気分」
一緒に見ていた母親が、
「今の店はなんと言う名前だ?」
と聞くので、
「番組のHPに載っている」
と答えると、すぐさま自分で調べてくれるから楽だ。あまりの頭痛に耐えられなくなり10時過ぎに就寝。やっぱり日頃の激務が体に応えたのだろう、そろそろ本格的な遠征が必要になったきたのかもしれない、やっぱりいくらお好みの宿に泊まったって出張と完全な遠征って違うのよねえ。。。。なんて考え込んでいるうちに、深い深い眠りについた小生なのであった。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月6日(火)秀吉とありとあらゆる手

 都知事選に浅野氏出馬表明。はっきり言って、宮城県知事時代の浅野氏の実績というのは、小生あまりよく分からない。あまりにも縁がないので、分からないのも当たり前だろう。唯一身近なことといったらプロ野球新規参入競争の際
「楽天よりライブドアを支持していた」
これは、なかなか出来ることではないと小生も浅野氏を支持したものだ。しかしながら、今となってはその判断がよかったかどうかは意見が分かれるところであろう。
 
 ただなんでも、都道府県の中で情報公開が最も進んでいたらしい。まあ、これだけでもほぼ最下位の石原都政よりはいいのだと思う。しかも、囲み取材の際、後ろのカメラマンが
「前のマイクしゃがめ!」
と怒鳴ると
「浅野氏自らしゃがんでしまう」
など、しゃれっ気たっぷりなところは賞賛に値する。

 少なくとも、石原知事3選よりははるかにマシなので、今回は浅野氏を大いに応援することにする。しかし、情けないのは民主党だよねえ。。。自ら候補を擁立することも出来ず、政策のすり合わせもしないうちに、推薦しちゃう。まあ、政党色を出さないほうが浅野氏も戦い易いというのも事実だけれどね。とにかく、これでようやく4年に一度のビッグイベント都知事選が盛り上がるというものだ。

 一方、北の大地からもビッグニュースが飛び込んできた
羽柴秀吉 夕張市長選出馬表明!」
今回で、12回目の出馬らしいけれど、やっぱり選挙にはこの人を欠かすわけにはいかない。ただ、今回都知事選でなく、夕張市長選を選択したというのは、本気モードなのではないだろうか?自身も
「私財200億円のうち、半分使ってもいいと家族の許可を得てきた。」
とのコメントをだしたらしいけれど、
「本当に私財が200億あって、その半分100億使っていいならば、全て解決するのではないだろうか?」
夕張の借金がどれくらいあるのか詳細の数字は知らないけれど、100億あればなんとかなるのではないだろうか?市長の寄付行為が認められるかどうか知らないけれど、北の大地の選挙もも大いに盛り上がってくるだろう。
こちらも、大いに応援したい。

 サンダーオブハード復帰2戦目。向上面から捲くり気味に4コーナー先頭にならびかけたが、相手が悪かった。最後は一杯になるも、首の上げ下げでなんとか2着を死守。昨日のドラゴンシャンハイに続いての連勝というわけにはいかなかったけれど、まあよしとしよう。でもホントC1でウロウロされても困るのだけれどね。今回、ビックリしたのが
「今野のうまさ」
道中の追いっぷりも見事だったし、最後2着をとったのも完全に騎手の腕。川崎のトップジョッキーというイメージはあったのだけれど、ここまでうまいとは思わなかった。

 小生も気になっていた森進一のとらやの羊羹。やはり巷でも話題となっているようで、芸能人の手土産事情なる記事がフジに掲載されていた。いきなりとらや広報部の
「ブランドの大切さに身が引き締まる思いです。ご利用いただいた方は、できるだけ記録させていただき、お好みなどが分かるように心がけています」
コメントなんか掲載されちゃっている。まあ、さすがとしかいいようがない。
 
 とらやの他は、「御門屋のあげまんじゅう」「ヨックモック」「うさぎやどのどらやき」などが掲載されているけれど、全然わかってないよねえ!!!!!大事なのを忘れているぢゃないですかぁ。。。。

 どうでもいいけれど
「寺島しのぶご結婚」
とのこと。しかも、お相手がおフランス人で、寺島から猛アタックをかけたらしい。
「ひと目惚れでした。今までの私の歴史でみたことない男性。ありとあらゆる手をつかって猛アタックしました」
ありとあらゆる手というのは
「どんな手なのか?」
大いに気になるところである。小生も是非とも参考にしたいところだ。もちろん、寺島しのぶと小生を比較しても意味がないけれど、小生はまだまだ
「あるとあらゆる手を使っていない」
ということなのだろう。是非、ブログが本で詳細を明らかにして欲しい、と思いながら今日は11時過ぎには就寝。。。。。。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月5日(月)復活ドラゴンシャンハイ!

 5日ぶりの出社ということで、さすがに色々と山積している。ひとつひとつ片付けているうちに、あっという間に3時を迎える。そう、ドラゴンシャンハイの復帰レースの時刻が近づいてきているのだ。どう考えてもこの条件なら楽勝と確信し、単勝を中心に買い込む。
 今日のレースは1000メートル、3年前から
「短距離を使え」
と提言してきた小生にとっては、願ったりかなったり。好スタートから楽な手ごたえで先頭に立つと、もうそのままの勢いでゴール。まさに
「圧勝!!」
のひとこと。逃げた馬に、最も速い上がりを馬なりで出されてしまったら、後続の馬はどうにもならないだろう。仕事中なので、声を出せないのが残念だったけれど、最高の気分だ。

 10分後に、早速S氏より連絡が入る
「石崎さんも、このまま短距離使えば秋はJBCスプリントだ、と言っている」
とのことだけれど、そんなことは小生が3年前から言い続けていることなのにねえ。。。次走は再びB1の1600の特別らしい。また持ったままで伸びないとかなければいいけれどねえ。。。。

 余談だけれど、やはり税制の問題は最悪の結果に落ち着くとのこと。もはや、
「その後をどうするか?」
に議論が絞られているとのこと。ようは
「確定申告で戻るようにする」
ということらしいけれど、ちょっと厳しいよねえ。。。。やはり地方に専念すべきということなのだろう。

 まあ、何はともあれドラゴンシャンハイも復活したし、明日のサンダーオブハードも負けられない一戦だ。内田の馬が人気だろうけれど、こんなところでは負けられない。

 夜は、シェーキーズ高田馬場店にて祝勝会。なぜ、いまどきシェーキーズなのか?と問われても
「好きだから」
としか答えようがない。大雨の中わざわざ行くのだから、小生もたいしたものだ。昼は一杯だけれど、夜は本当に空いている。好感が持てる店長とじっくりと話し込む。

「キリンからロイヤルに変わってメニューなどは変わらないが、管理体制は厳しくなった。でも勉強になる」
「夜の客単価は2000円いかない、とにかく厳しいけれど残っている社員は意地だけでやっている」
「お客さんみたいに、若い頃シェーキーズによく行ったという方がまた来てくれると、本当にうれしいんですよ」
など、興味深い話を色々と。。。。

 しかし、
「飲食店で夜の客単価が2000円以下というのは商売にならないのではないか?」
どうしても昼のバイキングのイメージがあるので、これでもお客さんからみると割高感があることは否めないんだけれど、落ち着いてゆっくり食べれるし、夜のシェーキーズも嫌いじゃないんだけれどねえ。。。小生としては、今後も足繁く通いたいと思う今日この頃ではある。

 東証、今日は一段と厳しい下げ。新規公開株の
「ソリトンシステム」
が当選したのだけれど、あまりにも地合いが悪くて大いに悩むが、とりあえずお振込みを完了。
「さて、二匹目のどじょうはいるのだろうか?」
答えは今週金曜日に判明する。しかし、今度はあの野村だからなあ。。。。。

 ところで、
「森進一 おふくろさん問題」
森進一は、ゲンダイで独白連載を開始したと思ったら、一方の川内康範氏は、なんと
「夕刊フジで独白している」
小生、夕刊紙はゲンダイと東スポの二紙を愛読している。まさか、さらにフジまで購入しなくてはならないはめに陥るとは想像もしてないかった。ちょっと厄介なことになってきた、と思いながら就寝。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月4日(日)桜島に別れを告げる

 城山の夜は、なぜか熟睡というわけにはいかなかった。夜中に2回ほどおトイレへ、別に飲みすぎたわけではないのですが歳なのかしらん?報道2001を見ずに、まずは
「さつま乃湯」
へ!露天風呂は、結構な混雑。やはり、この温泉は朝が勝負だ。桜島を正面に見ながら、ユックリとジックリとお湯に浸かるとなんともいえず癒されてくる。ホント、もう出られなくなってしまう小生なのである。およそ90分ほどかけての入浴、ここから退場する瞬間というのは、何度味わっても切ないものだ
「また、帰ってきます」
と言い残して桜島に別れを告げた。。。。。
200703040957000
(名残惜しいったらありゃしない!)


 日経、日刊、南日本を熟読しながら、日本一の朝食をいただく。晩御飯が早い時間だったので、結構お腹がすいている。中央でジュースを、右サイドで和食、左サイドで洋食をチョイス。お盆に乗り切れないほどになってしまった。これで2100円ならば、相当お安い。
 ただ、やはりさすがにこんなに沢山朝食では要らないんだよね、全く同じメニューが晩御飯に登場すれば、大歓迎なんだけどなあ。。。。どうでもいいけれど、ウエイトレスさんで、凄く笑顔が素敵な女性がいた。お名前も分からないけれど、めったにないんだけれど、ついつい見とれてしまう。
200703040926000
(おいしゅうございました)


 少し早めのチェックアウト、と思ったららフロントのお姉さんにいきなり
「○○さん、こないだテレビ見ましたよ」
と来られてしまった。まさに
「ぷっすま恐るべし!」
のひとこと。
200703041053001
(城山の頂にそびえ立つキャッスルパーク)


 ところで、なぜ早めにチェックアウトしたかというと、もう一度埠頭に寄って、
「桜島を見るためだ」
さっきお風呂から見たときは頂が雲で隠れていたけれど、いつの間にか雲も切れていて感激。
200703031611000
(いつの間にか雲がどこかへ!)


 空港へは30分弱で到着、お帰りも
「ANAスーパーシートプレミアム」
へアップグレード、久しぶりに窓側に陣取る。あれだけ朝食を食べたのだけれど、あなごご飯のお弁当はペロリと平らげてしまった。ちなみに、今月のスペシャルドリンクは、デコポンジュース。
200703041211000
(結論としてANAの方がいいような気が。。)

 
 鹿児島も温かかったけれど、東京も十分あったかい。コートをもっている自分が馬鹿みたいだ。馬鹿みたいといえば、今回は往復ANAなので2タミのP3に車を止めた。だけれど、慣れというのは恐ろしいもので、自然と1タミへ足が向く。駐車券を見て慌てて2タミへ引き返す小生なのであった。

 遠征中に録画したテレビをまとめてみる
 「花男2」
第3話をピークにドンドンつまらなくなったと感じているのは小生だけだろうか?さすがに食傷気味。

 「ハゲタカ」
これは相当に面白い、個人的には中尾彬扮する銀行の専務だかが最高だ。とはいえ、入札の最後の最後で心変わりする柴田恭平もすばらしいのだけれど、
「いくらなんでも、ここで・・・・」
と思ったりもする。でも、柴田恭平もエリート銀行員の役を演じる時代が来るとは思わなかったなあ。。。。。

 「サンデージャポン」
引退説が流れる飯島愛も出演、てっきり詳細が明らかになると思ったのに、次週とは。。。。そういえば、来週
「ウチくる」
の収録にあるお土産が登場するのだけれど、もう飯島愛はいないのからしらん?明日はドラゴンシャンハイの復帰戦、どう考えても負けられない一戦だ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月3日(土)吉幾三参戦!

 今朝も6時30分起床、7時チェックアウト。地下鉄経由、福岡空港へ。行き先は羽田ではなく、鹿児島。福岡ー鹿児島の移動といえば、リレーつばめグリーン・九州新幹線つばめ号というのがすっかり定番になったのだけれど、諸般の事情により今回は飛行機の利用となった。
 
 以前は、M81だか87のジェット機も就航していて、便数も多かったのだけれど今ではプロペラ機のみになり、便数も減ったと思われる。7割方の搭乗率の新型プロペラ機は思ったより静かで快適、日刊を読んでいるうちに、これこそ
「あっという間」
に鹿児島空港に着陸した。
200703030849001
(いざ鹿児島へ!)


 日刊といえば、森進一おふくろさん問題に急遽
「吉幾三が参戦してきた」
森進一が歌えなくなったら、自分に歌わせて欲しいという。
「小生こういう乱入は大好きだ!」
いかにも、森進一と事前に話しはしているのだけれど、まあとりあえず記事になるからなあ。。。。

 鹿児島は快晴!ホント雲ひとつないいいお天気。再びニッポンレンタカー、今度はヴィッツに乗り込み市内へと向かう。こんなことなら、昨日レンタカーを返さないで乗ってくればいいじゃないか。という説もあるけれど、さすがに身体がもたない。10時30分から2時間たっぷりと打ち合わせ、相変わらず大歓迎してくれるからうれしい。
 
 ところで、鹿児島といえば西郷隆盛、勝手なイメージかもしれないけれど
「地元にここまで愛されている歴史上の人物も珍しいのではないだろうか?」
明治天皇も西南戦争の際
「西郷を殺せとは言っていない!」
と激怒した。と言われているけれど、本当の大人物だったのだろう。しかし、鹿児島県知事だかが、教科書に
「西郷の征韓論を載せるな」
と圧力をかけて、すっかり削除されたという。一瞬これは大問題、と思ったけれど、一説には
「西郷は征韓論でなく、征支論者だった」
という説もあり、一概には言えない。

 一応、これで今回のお仕事全日程を終了。ここからはフリータイムとなる。
「そうなんです、もちろんたった今までは仕事だったんですよ!!!!」
ヴィッツ号はひたすら南下、目的地はもちろん指宿に決まっている。多少渋滞はあったものの、1時間強で無事
「砂むし会館 砂楽」
さんへ到着。久しぶりの、砂蒸し。溜まりにたまった毒素を徹底的に搾り出す。これだけ天気がいいと、本当に気持ちがよい、およそ25分じっくりと。。。。。
200703031440000
(最高の天気!)

 
 ここの効果はどれほどのものかは分からないけれど、一瞬でも腰痛が楽になることだけは確かだ。ただ、おそらくこういうのは1回やったって意味がなく、それこそ最低一週間でも滞在して徹底的に湯治しないと意味はないだろう。やはり、早急に小生も移住を選択するべきなのだろう。

 夕方、少し時間があったので市内の埠頭でブルーシールアイスクリームをいただきながら
「桜島」
を眺める。こんな雄大な景色って他に知らない、
「なんというかまさに西郷さんは、こんな感じだったのではないだろうか?」
そんな気さえしてしまう。一時間ほどぼおーっと眺めていただけれど、全く飽きない風景だ。再び県知事さんの話になるけれど、県庁舎の前の土地にマンションが建つと知事室から桜島が見えなくなるからといって、県が土地を買ったとのこと。もちろん叩かれているのだけれど、その気持ち分かるよねえ。。。やっぱりお客さん来たときにも桜島見えないと話にもならないし。。。。。
200703031612000
(スケールがあまりにも大きい!)


 子供の頃は、景色なんてそんな気にも留めたことなかったけれど、この歳になって、すばらしい景色というのものがいかに、人生にとって不可欠なのか、ということが分かってきた。

 鹿児島といえば、晩御飯はもちろん
味の丸一
さん、今日も上ロースかつ定食1800円。親父さんと、本日オープンした三越スイーツガーデンについて議論しながら、極上のとんかつをいただく。ただ、本当にここのとんかつは、ボリュームがあるので、並でいいという感じが最近する。いくらなんでも大きすぎる、食後に黒烏龍茶を飲んでも追いつきそうにない。近々の再訪を約束して退場。
200703031809000
(鹿児島来たら、これ食べなくっちゃ!)


 今宵の宿は、言うまでもなく
城山観光ホテル
に決まっている。ネットでは満室表示だったのけれど、電話でなんとか融通してくれるから定宿というのはありがたい。お部屋は山側だけれど、ダブルだしネット環境も整ったので快適そのもの。たまった、お仕事をこなしてから
さつま乃湯
とにかく、ここの露天風呂はすばらしい。温泉を利用したというミストサウナもこれまた最高だ。ここでもさらに90分ほど、徹底的にくつろぐ。ここのお湯が循環、塩素入りとはわかっているのだけれど、とにかくアルカリ性のお湯は肌にまとわりつく。鹿児島の夜景と、うっすらと見える桜島を眺めていると退場できなくなってしまう。

 さすがに連日の早起きと、長距離移動の疲れが出て早々に就寝。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月2日(金)もつ鍋やまだ家さん

 当然のことながら、完璧な熟睡。目覚めが本当に気持ちがよい、日の出時刻には間に合わなかったけれど、7時過ぎに
「棚湯」
へ、青く澄んだ空と海、そして人口8万の別府の街を見下ろしながら、たっぷりとゆっくりと浸かる。子供の頃は、景色なんてそんな気にも留めたことなかったけれど、この歳になって、すばらしい景色というのものがいかに、人生にとって不可欠なのか、ということが分かってきた。
200703011718000_1
(絶景に別れを告げる)


 およそ90分ほどかけての入浴、ここから退場する瞬間というのは、何度味わっても切ないものだ
「また、帰ってきます」
と言い残して絶景に別れを告げた。。。。。日経・日刊・大分合同の3紙を熟読しながら朝食をいただく、たしかにオムレツは焼いてくれるけれど、たいした内容ではない。
200703021021000
(また直ぐに戻らねばっ)


 今朝の大きなニュースといえば、なんといっても
「森進一 おふくろさん問題」
わざわざ青森まで謝りに行ったのに、門前払い。虎屋の羊羹を置いてきたけれど、送り返されたとのこと。やっぱり人生、ここ一番というときの手土産には
「虎屋の羊羹」
ということなのだろう。小生も自分で買うことはないけれど、たまーにいただくと
「困ったなあ~」
というのが第一印象、二人暮らしなので包丁を入れるのは勇気が要る。ただ、一切れ食べると
「やっぱり、おいしいなあ~」
となる。切り口に砂糖が浮いてきて、ガリガリになるのだけれど、これがまたおいしいのよねえ。。。。。

 しかし、こういう日持ちのするお菓子で、郵送可能なお土産はダメだ。なま物で、配送不可能なものでないとね。おそらく羽田で購入したと思うのだけれど、
「羽田には、最適のお土産が他にもあるけれどねえ。。。。」
まあ、森進一もそこに気づかなかったから、作詞家の先生を怒らせたりしちゃうのよ!

 どうでもいいけれど、
「これが、森進一と川内氏の出来レースだとしたら凄い」
ある意味、凄い宣伝だよねえ。。。。。

 10号線を南下して、大分市内へ。1時間ほど打ち合わせをしてから、大分道から九州道を経て福岡へ。
200703021233000
(PAから由布岳を臨む)


 今回は購入したばかりの
ドリームガールズ
サウンドトラックが心地よく流れる。軽快な走りで90分弱で無事に到着。速やかに天神にて、この夏の詳細を打ち合わせる。正直、担当者が変わると難しい面もあったりすけれど、こればっかりは仕方がない。

 夜のお食事は
KBC近くの
やまだ家さん
にてもつ鍋をいただく。久しぶりにもつ鍋をいただいたけれど、これ相当おいしいですよ!
200703022308000
(今宵はやまだ家さんにてもつ鍋!)


 最初はママさんお薦めの
「しゃぶ味」
をいただく、これはしゃぶしゃぶ同様、ぽん酢でいただく形式。はっきりいって初めは抵抗あったのだけれど、食べてみたら相当おいしい。もつの味が一番分かるのだ、よっぽど新鮮なもつでないと、この食べ方はできないのだろう。にんにくとかも入っていないしねえ。。。。
200703022121000
(絶品!しゃぶ味)


 3人で2人前平らげた後は
「みそ味」
これも、濃厚なみそ味ににんにくが利いていて、凄くおいしいのだけれど、やっぱりさっきのしゃぶ味の方がお薦め。でも、ホント久しぶりにおいしいもつ鍋をいただきました。。。。。
200703022146000
(もちろん、みそ味もグー!)


 今宵の宿は、なぜか
「日航福岡」
お部屋はツインへアップグレードしてくれたけれど、なんの特徴もないホテルだ。ホテルマンも大勢いるわりには冴えない。ご案内してくれた無愛想な女性に
「プールはいくらですか?」
とたずねても、分からない。やばいと思って、焦って調べる素振りもないしねえ。。。。

 就寝前に
ラブちぇん
を初めてみる。名古屋発のテレビ番組で、夫婦を交換するという意味不明な番組。噂には聞いていただのだけれど、実際見るのは初めて。今回も、奥さん同士がお互いのだんなと3日間生活するのだけれど、よくこんな番組が
成立するなあ。。。。普通に考えればヤラセだよねえ。。。。なんて考えながら就寝。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月1日(木)大切な3月のはじまり

 3日連続のANA、今朝も早めの起床で8時の熊本行き。3月末が有効期限のアップグレード券がまだ4枚もあるので、久方ぶりに
「スーパーシートプレミアム」
に陣取る。確かにこれは快適だ、8時の便なのでもちろん離陸前から熟睡していたのだけれど、朝食はしっかりといただく。サンドイッチとサラダ、フルーツなどなど。ただ、機内食の野菜とかフルーツっていうのは、思いっきり殺菌してそうでかえって怖い。
 お食事をいただいた後は、再び熟睡。着陸前に上着とコートを返却されて目が覚めた。これ、いつも思うのだけれど、こんなことなら預かってほしくないと思ったりする。降り際に勝手に取れるようにドア付近にかけて置いてくれるとありがたい。
200703010824000
(3日連荘!)


 コルト号にて市内へ。道中はいつもながら結構渋滞している、この街は路面電車があって、素人には右左折が結構難しい。何気に慣れるまでは運転に気を使う。当初は熊本での滞在は1~2時間を予定していたのだけれど、ちょっと込み入った話になってしまい、出発予定時刻を大幅に遅らせることとなった。2時過ぎにいつもの紅蘭亭さんにて
「ちゃんぽん・日替わり定食」
をいただく。定食は、豚肉のから揚げ甘酢風みたいなのだけれど、800円。ザーサイも食べ放題だし、大満足。やっぱり、明らかに地方の方が安くて美味しい店が多い。というか、東京ではまずくて高くても商売できるけれど、地方の方がより競争が厳しいということなのかもしれない。
200703011422000
(九州に来たら、ちゃんぽんだっ!)


 今は、熊本なんだけれど、大分へと向かう。直線距離だと150キロ程度なんだけれど、山越えがあってナビによると所要時間3時間30分~4時間とでる。高速を経由すると50キロくらい遠回りになるけれど、2時間程度となる。一度、JRの九州横断特急とやらに乗ってみたいのだけれど、時間は合わず。実は4時に大分でアポだったのけれど、とても間に合わないので、翌朝に変更。
 
 時間を気にしなくてよくなったので、ゆっくり山道を経由という選択もあったのだけれど、ちょっと疲れてきたので高速経由とする。高速は確かに楽なんだけれど、やっぱりレンタカーというのは運転しずらい。特にスピードだしての長距離って、自分の車のありがたさを改めて感じてしまう。基本的に運転するのは、好きなんだけれど、最近疲れを感じる。。。。。九州道ー大分道を経由して2時間強、別府インターへ。

 そうなんですよ、別府なんですよ!目的地はもちろん
杉乃井
さんに決まっている。当然のごとくお部屋は新館であるところのHANA館へアップグレード。しかも海側のデラックスツイン!56㎡と絶景を独り占め!!!!!
200703011717000
(このお部屋は2度目だ)


 なにはともあれ、急ぎ
棚湯
へ、まだ日が落ちていないので、絶景を満喫。
200703011718000
(別府湾を一望)


展望サウナ・水風呂・樽湯・棚湯
これを徹底的に繰り返す。かなり強い風が吹いているので樽湯のお湯はぬるめ、だからこそいつにも増して永く入っていられるのだ♪ということで、第一回目は90分ほど。。。。。
 お食事は、今回もバイキング。ただ、いい加減飽きてきた、特に冬季は鍋が準備してあって、他のメニューが減るのでかなり物足りない。まあ、小生が頻繁に来すぎているかもしれないけれどねえ。。。。。ただ、どうしても解せないのが、旅窓の夕食ありプランと無しプランの差より、夕食の値段が安いということ。普通反対だと思うけどねえ。。。。

 お夕飯の後は、お待ちかねのショータイム、いざスギノイパレスへ!今までは、大衆演劇や踊り、歌謡ショーだったけれど、今回は
友希天星イリュージョンマジックショー」
ある意味単純明快で、温泉場のエンターテイメントとしてはふさわしいと思う。そのせいか観客の数も今まで最多ではないだろうか?
 トランプを使った手品に始まって、ドンドンと大技になってゆく。
200703012023000
(消防法は大丈夫なのかしらん?)

 美女が串刺しになったり、消えてしまったり。とにかくすばらしいの一言。あっという間の一時間であった、とくに最後に美女が天に昇ってしまうは、友希天星がおいけて昇ってしまうはの幻想的なイリュージョン。こんなの別府の温泉旅館で浴衣がけのお客さんにただで、見せていいのかしらん?と思ってしまう、すごくお得な気分。。。。
200703012031000_1
(美女が串刺しに!)
200703012114000_1
(美女が消えたっ!)
200703012120000_1
(美女が宙に浮く!!!)
200703012120001_1
(幻想的なフィナーレ)


 イリュージョンの後は、もちろん再度
棚湯
へ満天の星空を見ながら、寝湯に浸かる。日々の激務をすっかり忘れてしまう(笑)再び1時間の入浴、いつもの氷イチゴ、マッサージを経てフニャフニャになったところで早々に就寝。。。。泥のように眠る。。。。。。。。。
200703012304000_2
(今宵のしめ)


 いよいよ3月がスタート、勝負の月だ!運命の3月25日まであと24日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »