« 12月12日(火)池中玄太80キロ | トップページ | 12月14日(木)ザ・プリンス »

12月13日(水)プロフェッショナル

 基本的に小生この時期は、ゆったりめにスケジュールを入れるのだけれど、朝から一杯につまった。
 8時15分来客
 9時00分来客
 9時30分BOAOなる雑誌の取材。
「ボアオって一体何の雑誌」
かと思ったら、女性誌で全ての血液型を表現しているとのこと。まあ、全ての女性に読んでいただきたいという狙いなんだろうけど、
「ポアと間違えられませんか?」
と尋ねたら、そういうこともある。とのお応えだった。諸般の事情で小生は集英社とアシェット婦人画報社の取材対応が多いんだけれど、先日珍しくちょい悪で有名な
「L誌の取材」
校正原稿には
「女というのは、甘いものに目がない。・・・・・・・・これならニキータも満足するはずだ。。。。」
とあって、衝撃を受ける。取材に来たライターさんの風貌からは、とてもこんな文章を書く方には見えなかったのだけれど。。。。

10時30分会議
11時30分来客
12時15分来客 昼食を共に

 なんだかこうやって書いていると、とんでもなく活躍しているようだけれど、実際はそんなことはない。こういうことがめったにないから、つい書いてしまうのだ。
 午後は、みかんと格闘しながら、クリスマスケーキの最終チェック、モンブランのサンプル確認などなど。。。
200612131628000
(もうこの季節が到来)


こうしてお仕事していると、日々色々な
「プロ」
と出会う。今朝のL誌のライターさんもそうだけれど、
「プロの文章は凄いと思うことは、しょっちゅうある」
 今日、モンブランのサンプルが届いたのだけれど、これがホントに見事なのよ。はっきりいって、全然分からない
「間違って食べちゃってもおかしくないと思う」
どうやって作るのか知らないけれど、まさにプロの仕事といえるだろう。
200612121956000
(リアリズムここに極まる)


 勿論、果物の生産者の方もプロフェッショナルだ、特に
出島の華みかんの生産者」
はプロ中のプロといえるだろう、そんなプロの作品を扱うわけだから
「小生もプロにならなければならないだろう」
と思いつつも、いかんせん小生はアマアマだ。ふと思って、小生の周りにプロがいるかと探すと、やっぱり一人いた。。。。誰にも負けないプロの仕事をする男が。。。。。。。
意気投合のプロフェッショナル りくおさん
これに関しては異論を唱える人はまずいないだろう。
 
 小生も仕事ではプロフェッショナルになれないけれど、せめて私生活ではプロになりたいものである、ただ彼も天性のものだからなあ。。。。所詮、小生ののような中途半端な人間は何をやっても中途半端だと、意気消沈しながらの就寝であった。。。。。。。

|

« 12月12日(火)池中玄太80キロ | トップページ | 12月14日(木)ザ・プリンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うしさん、こんにちは〜。その後お嫁さん探しはいかがですか?うしさんは自分を謙遜し過ぎですよ。遠征と温泉のプロじゃないですか!?

投稿: キムチ | 2006/12/15 11:02

キムチさん、こんにちわ。その後、そっちの方はさっぱりです。。。。遠征と温泉のプロって言われても。。。。。。うれしいやら。。。。。

投稿: うし | 2006/12/20 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/13065200

この記事へのトラックバック一覧です: 12月13日(水)プロフェッショナル:

« 12月12日(火)池中玄太80キロ | トップページ | 12月14日(木)ザ・プリンス »