« 12月3日(日)順番 | トップページ | 12月5日(火)USBワンセグ »

12月4日(月)早生まれと曝露本

 今日の産経新聞によると
「J1の選手は、4月生まれもっとも多く、5月6月と進むに従って減ってゆく。」
という、あまりにも顕著な結果に衝撃をうけたという。
「ようは、いかに早生まれが損か」
ということを調べていたら、あまりにも露骨な傾向が出たということだ。しかし、
「子供の頃ならばともかく、18歳以上の大人で違いがあるのかしらん?」
と思っていたら
「同学年が一緒になって運動すると、早生まれの子供は4月生まれと比べ、体格面でどうしても劣る。すると、『自分は運動ができない』という意識が根付いてしまい、運動から離れるのではないか」(引用)
と分析している。
「なるほど、その通りだ!」
たしかに、小生も生まれてこの方運動が苦手で通してきている。その言い訳を今度から
「早生まれなんで。。。。」
としようかと思ったけれど、よく考えたら残念ながら小生は6月生まれだった。

 当然ながら差は運動面だけでなく、学力の面でも現れるとのことだ。
「この春に開学した立命館小学校(京都)では、誕生日ごとにグループ分けして、一般入試を行っている。採点の際に勘案するだけではなく、問題そのものにも差をつけ、生まれ月による“格差”を無くしたい考えだ」(引用)

 「なるほど、その通りだ!」
たしかに、
「小生もこれが原因で幼稚舎受験に失敗したのだ」
と思ったのだけれど、よく考えたら小生は6月生まれだった。
「きっと受かったやつは、全員4月5月生まれだったに決まっている!」
このあたりは、追求する必要が大いにある。

 「しかし、高校の時点では小生の周りはとんでもなく早生まればっかになってしまったのに成績優秀にはるかに遠かったという事実は、あまりにも遺憾ではある。」
こればっかりは、どうあがいても言い訳不能ではある。

 女優の石原真理子
「暴露本 ふぞろいな秘密」
を出版。芸能界の暴露本には色々あるけれど、これは楽しみだ。一足先に東スポなどには
「時任三郎・中井貴一・吉川晃司・田原俊彦などなどと、寝た」
というショッキングな文字が躍っている。まあ、他はどうでもいいけど
「ふぞろいの林檎たち」
ファンの小生としては、
「時任三郎・中井貴一と三角関係だった。というのが衝撃的だ。」
しかも手塚里美は時任に気があったとは。。。。まさに、ドラマそのもので楽しい、としかいいようがない。

 だけど、今でもTBSチャンネルでたまに見るけれど、本当に面白いし、今でも全く古臭くないからすごい。昔のTBSのドラマは、小生の愛する
「高原へいらっしゃい(田宮二郎版)」
を筆頭に、本当にすばらしかったけどなあ。。。。

 芸能界暴露本というと、思い浮かぶだけで
「ダン池田・長門博之」
などがある、結構批判されるけれど、小生は暴露本大好きだ。梨本勝氏は、今回の本を
「芸能界史に残る暴露本だ!」
としております、今から楽しみでならない。まあ
「小生も芸能人、りくおさんのプライベートばかり気にするのもいかがなものかしらん?」
とはいえ、自分のプライベートがあまりにも寂しいので、これまた仕方がない。。。。。。。。。。。

|

« 12月3日(日)順番 | トップページ | 12月5日(火)USBワンセグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/12932780

この記事へのトラックバック一覧です: 12月4日(月)早生まれと曝露本:

« 12月3日(日)順番 | トップページ | 12月5日(火)USBワンセグ »