« 12月26日(火)野菜の時代? | トップページ | 12月28日(木)学士入学? »

12月27日(水)盆と正月

 いよいよ年末だ、今日の午後あたりから羽田および東京駅は人出が増えてきた。いかんせん、東京生まれの東京育ちの小生としては帰省というのを経験したことがないのだけれど、ずいぶん帰省するんですね。
「お盆と正月だけは帰って来いよ」
と言って、田舎のご両親はお子さんたちを都会へと送り出すのだろう。
 まあよく
「盆と正月が一緒に来たみたいだ」
なんて表現もあるくらいだから、やはりこの二大イヴェントは強烈なのだろう。

 帰省土産といっても、色々あるけれど、やっぱり東京ばな奈などの乾き菓子が多いのだろう。選びやすいのが
「お箱も軽くて、枚数たっぷり、お日持ちも2ヶ月」
そんな商品が好まれるのだろう。しかしながら、そういうお菓子なんていうのは、最近はネットで簡単に購入できるので、つまらないと思う。
 
 でも逆に、
「重くて大きくなければダメ」
という方も結構いらっしゃるから面白い。重さの代表格といえば、やっぱり
「虎やの羊羹」
これが定番だ。自分で買うことは絶対ないけれど、たまにもらうことはある。いかんせん我が家は2人なので、
「困ったなあ」
と思うけれど、意を決して食べ始めると
「やっぱり、おいしい」
しばらくすると、端の方に砂糖が浮いてきて、カリカリになる。これが、またいいといえばいい。

 やっぱり、どうせ買うなら
「東京でしか買えない」
「配送できない」
「とにかく、おいしい」
この3点を兼ね備えた商品がお薦めだ。となると、選択肢はおのずと絞られてくると思うけどなあ。。。。。。

 佐藤優著
『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く』
ようやく読了。正直、この大川周明氏のことは、よく知らなかったのだけれど、戦前、戦中の右翼の思想家として確固たる地位を確立していたようだ。民間人として唯一A級戦犯となるほどの人物だったとは、驚き。で、読んでゆくと、
「結構一理あるじゃん。アメリカに日本を糾弾する資格なんかない」
と思う部分も少しはあった。どうもでいいけれど、この本は結構読むの時間かかったなあ。。。。。

 NEWS23年末スペシャルだかに、水道橋博士が出ていて
「山本モナさんが出てませんねえ。。。。」
といきなりひとくさり、筑紫さんもうれしそうだったけれど、小生もうれしくなったところで就寝。。。。。。

|

« 12月26日(火)野菜の時代? | トップページ | 12月28日(木)学士入学? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/13234001

この記事へのトラックバック一覧です: 12月27日(水)盆と正月:

« 12月26日(火)野菜の時代? | トップページ | 12月28日(木)学士入学? »