« 11月4日(土)ばんえいとカラカミ | トップページ | 11月6日(月)如何わしさ »

11月5日(日)オホーツク

 7時起床、屋上露天風呂へ、気温は8度。よく霧の摩周湖と言われるけれど、阿寒湖も霧で全く見えず、雲の中の露天風呂に入っているようだった。まあ、風邪ひきの中こういうのはいかがなものか?と思うのだけれど、露天風呂は入らなければ話にならない。体調不良のため、朝食はパスしようかと思ったけれど、何事も経験。ということで、軽くいただく。まあ、カラカミさんならこんなものだろう。
 ただ、ひとつだけ理解に苦しむのが、男女のお風呂の交代時間。これが
「午前11時なんですよ」
普通、朝6時になれば男女替わるとかあるけど、これじゃ連泊しないと両方入れないじゃないですか?さっぱり分からん。。。。。。
200611050831000
(実は阿寒湖畔にホテルは存在していたのだ)


 この時間になってようやく霧が晴れて阿寒湖が見えてきた、遊覧船の発着所が目の前だったようだ。単純な疑問として、
「遊覧船というのはどうやって搬入されるのだろうか?」
まさか大型ヘリというわけにもいかないだろうし、普通に考えれば組み立てキットみたいので来るのだろうけど、トラック何台分なのだろうか?そういえば、こういう遊覧船もずいぶんと乗っていない気がする。普通なら子供でも連れて、こういう観光地に来る年齢なんだろうけど、いかんせん今回もひとりである。。。。
200611050830000
(湖への遊覧船の搬入はどうやって?)


 9時前にはチェックアウト、屈斜路湖・摩周湖などを回ろうかとも検討したけれど、国道240号線をひたすら北上。この道は、ホント北海道へ来た。という感じがする、対抗車もほとんどいないし、景色は綺麗。警察だけが怖かったけれど、一応大丈夫のようだ。北海道には先週も上陸したし、年に10回は訪れているのだけれど、道東へは全くといっていいほど足を伸ばすことはない。
「この時期は鹿に注意してください」
と忠告され、とても楽しみにしていたのだけれど、野生動物に遭遇することはなかった。夏にクマを見たという報告もあったのに、とても残念。
200611051033000
(網走湖を見るとオホーツク海まではもうすぐ)


 1時間程度で左側に網走湖が見えてくる、なかなか風光明媚だけれど、あと一月遅いと、そんなこと言っている余裕はないのだろう。オホーツク海を見るのは生まれて初めてだ。まあ、普通の海といえば海だけれど、自分の中で勝手に感慨にひたる。高校の時に着用したステンカラーのコートでも着たい気分になってくる。
200611051005000
(オホーツク海を初体験)


 飛行機の時間との戦いで観光を少々、まずはオホーツク流氷館。これを3分少々でかけぬける、マイナス19度を体験といったって冷凍庫の方が寒いし、たいしたことはなかった。まあ是非、ガリンコ号には乗ってみたいと思う。しかし、オホーツクから連想するというと、やっぱり
「カニカマかなんかの オホーツク」
いずれにしろ、カニカマって考えた人天才だとは思う。
200611051024000
(流氷館は、シャビー)


 流氷館の次は、
「博物館 網走監獄」
これは、時間の関係で外観だけ見て終了。看板によると、早足で40分、じっくりで90分とのことだった。
「網走番外地ロケ地」
とか説明があったけれど、自分的には
「破獄」
の方が、より印象が残っている。脱獄を繰り返す囚人を演じた緒方拳の演技は、もうなんともいえない迫力を感じだものだ。
200611051037000
(本物を全て移設したとのこと)


 これにて、駆け足ながら観光も終了。レンタカーも無事に返却、1800CCのアコードはリッター15キロ以上走ったようだ。やっぱり1300CCと1800CCの違いというのは歴然とある、疲れが全くないからうれしい。レンタカー返却する瞬間って、やっぱりホッとする。無事故・無違反でなによりでした。

 ニッポンレンタカーでいただいた道内マップを見ていると、道路の進捗状況がよく分かる。ネットワークから外れているのに、先行開通している区間が結構あるのだ。最たる例が鈴木宗男氏の道東自動車道、帯広市内から空港への帯広広尾自動車道なんていうもある。武部氏のエリアでは女満別空港から7キロメートル美幌バイパスが存在する、これ恐らく道東道とはつながらないと思う。旭川紋別自動車道、名寄バイパスなんていうのも、いかがなものだろうか?
 夏に使った日高道もそうだけれど、使うと凄く便利なのは間違いない。よく併走する国道を追い越し区間を設けるなどすればよい。という意見もあるけれど、確かに便利なんだよねえ。。。。これに関しては、最近考え方が変わってきてしまった。国道と高規格道路だとドライバーの意識が全然違うのよね、ある程度のスピードオーバーも暗黙の了解なのか安心して出来るし、運転していて疲れないし。。。。。

 女満別空港内
「ピリカ」
さんにて、みそ野菜ラーメンをいただいて全行程を終了。帰りの便は、行きよりは混み合っているけど、十分に空席もあった。機長のアナウンスは凄く丁寧で
「あと2分後に、凄くゆれます」
というと、ほんと正確に2分後に大きく揺れた。当然のことながら、帰りの便も右耳は完全に終了した。着陸後も簡単には治らないから困ってしまう。
200611051114000
(ずいぶん、素人っぽいお味でした)

 
 羽田で1時間ほど打ち合わせを済ませてからTCKへ、最後のトゥインクル開催の日曜ということで結構な出足のようだ。まずは、ふるさとコーナーでばんえいの馬券をたっぷりと購入。逃げた馬がゴール前でバッタリとまって、
「もらった!」
と思った瞬間に、またソローリと動き出してしまい不的中。これだから、ばんえいは止められない、というかやってられないというか。。。。。

 いよいよ3レースは新馬戦 わが愛馬プリンスベアハート号のデビュー戦だ。トゥインクル最後の日曜に出てくるのだから、たいしものだ。当初は1600予定だったのが、不成立で1400へ回った。
 パドックでは、とにかく元気がないの一言。肝心のレースは、スタートから全く走るそぶりを見せず、最後方。3コーナー過ぎからムチが入って、直線大外をぶんまわしての2着。力があるのは、よく分かるのだけれど、こりゃ先が思いやられそうだ。。。。。
200611051644000
(ちょっと元気ないんですよ)
200611051657000
(ものすごい脚で追い込んで大差の2着)


 パリーグ東西対抗の場で、小笠原がFA宣言をしたそう。パリーグ東西対抗は今年で終了するようだけれど、毎年この時期、静岡草薙球場で開催されてきた。昨年から西武が東軍から西軍へ移籍したのだけれど、すごく違和感がある。所沢が西ならば開催地も東京ドームあたりにすれば東西真ん中になったのだろう。
 小笠原は残留すると思っていたし、残留すべきだと思っている。漏れ伝わってきた条件は3年15億とのことだけれど、最高の評価だろう。これ以上の条件を出すとしても金額に大差はないだろう。となると、やっぱりお住まいということなのだろう。岡島もそうだけれど、それ出されると球団としてもどうにもならんよね。実際、家族で移住した選手ってどれくらいいるか不明だけれど、つらいところだ。
200611051705000
(うまたせ君5歳とは知らなかった)

 
 プロ野球ニュースにゲストで出ていた、日本人メジャースカウトの人の話が面白かった。入札金額が騒がれているけれど、
「実際に、あの金額のやり取りが行われるのかは、怪しい部分がある」
なるほど、とうなるばかり。
「通常の移籍金の相場は年俸の1.5倍~2倍程度が普通」
これが、ポスティングとなるとつりあがるけど、実際は、そこまで動いていない。というのが氏の自論だ。また
「ヤンキースが本命らしいけど、ニューヨークは決してベストな選択ではない」
なんでも、ニューヨークは差別問題とか、ものすごーくナーヴァスな面があるので、絶対に行きたがらない選手も多いとのこと。
「契約でニューヨークへのトレードはしない」
と一項目入れる選手も多い、というのは驚いた。みんながみんなヤ軍に入りたいわけじゃないのね。
200611051705001
(あいかわらず芸達者なヤツだ!)


 新エースをねらえ!2話連続で見ようと思ったら、身体があまりにつらくて前半戦を見たところで力尽きて就寝。。。。。。

|

« 11月4日(土)ばんえいとカラカミ | トップページ | 11月6日(月)如何わしさ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

七五三のうまたせ君・・・・。
どう見ても不良の成人式のようですが・・・。

オホーツク海なつかしいです。
今年の夏休みを思い出しました。

投稿: マウ | 2006/11/06 21:44

マウさんの遠征記を見て、道東へ行こうと思いました、残念ながら小生はクマさんに遭うことはできませんでした。

投稿: うし | 2006/11/06 22:41

そうだったんですか?
参考になりましたか?
熊は知床の奥地で出会いました。
ここ最近のニュースを見ながら、無事でよかったと思う今日このごろです。
かわいい熊さんですが、やはり獣ですから。

投稿: マウ | 2006/11/08 21:27

残念ながら、あまり参考になりませんでした。。。。ちょっと守備範囲が違いますね(笑)北の国からの海辺の温泉に行ってみたいです。

投稿: うし | 2006/11/09 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/12575761

この記事へのトラックバック一覧です: 11月5日(日)オホーツク:

« 11月4日(土)ばんえいとカラカミ | トップページ | 11月6日(月)如何わしさ »