« 10月29日(日)さよなら吉ブー | トップページ | 10月31日(火)習熟度別授業とは? »

10月30日(月)MAXコーヒー

 5日間も席を空けていると、やはり机の上は大変なことになっている。そんなこんなで慌しい一日を過ごすことに。帰宅途中に、信濃町へ立ち寄ったら、コカコーラの自動販売機に
「MAXコーヒー」
を見つける。MAXコーヒーといえば、茨城、千葉を販売エリアとする利根コカコーラのオリジナル商品であり、東京で見かけることなどなかったのに一体?小生、コーヒーは飲まないので早速試飲ということにはならないのだけれど、実はこのMAXコーヒーは画期的な製品なのである。当時、コカコーラ、ファンタ、スプライトなどの米国製品しか製造を認めていないかった米国サイドに、日本オリジナルの製品として認めさせた第一号らしい。
200610311936000
(MAXコーヒー東京進出)


 利根コカコーラ=キッコーマン の力が凄かったのかは分からないが、たいしたものだ。都会に住んでいる小生としては、なんかあこがれている面もあったことは否めない事実だ。それがいつの間にかジョージアブランドとなって東京へ進出していたとは驚きだ。前述の通りコーヒーは飲まないし、コカコーラ社製品は基本的に飲まない小生であるが、MAXコーヒーの東京進出は是非とも応援したい。
 ただ、地元の人にとっては、東京進出は大泉洋が全国区になって、うれしい気持ちと寂しい気持ちが同居するような感じもあるんじゃないかしらん?
 
 そういえば埼玉、群馬、新潟のボトラーである三国コカコーラ(筆頭株主 三井物産)も、たしかアクアマリンブランドの飲料があったはず。こう考えると、やっぱり東京はつまらないなあ。。。。。

 帰宅後、久しぶりにCS フジテレビ739にて
「酔いどれない 競馬」
荘司典子、高橋華代子というあまりにもマニアックな女性二人をゲストに迎えて、JBCを中心に南関東の競馬について熱く語っていた。こちらは相当面白かったんだけれど、地方に感心がない人はホント不愉快だったんじゃないかしらん?地方競馬は瀕死の重症で、ばんえいでは北見、旭川の撤退も決定。くるところまできてしまった感が否めない。
 一方の中央競馬もかなり厳しくなってきた、菊花賞80%、天皇賞82%ともに売上の前年対比の数字あるけれど、一気にきた。という感じだ。世の中、これだけ景気がよくなっているのに、ここまでの落ち込みってかなり深刻な事態。まあ、今の理事長の体制ではどうにもならないだろう。

 自民党造反組の復党が濃厚とのこと。はっきりいって、無所属組は年内に復党しないと政党助成金がもらえない、という大きな問題と、来年夏の参院選の問題この二つだろうけど、あまりにも見苦しい。刺客と呼ばれた人たちがあんまりにもかわいそうだ。佐藤ゆかりたんとか、徹底的にいじめられていると聞く。次の選挙のこととか何も決めないまま復党させるのは、ひどいと思うけどね。使い捨てされる覚えも刺客たちには全くないと思う。絶対ないと思うけれど、解散総選挙して民意を問う必要だってあると思う。
 
 国民新党や新党日本の面々は、やっぱり新党作ってしまったことを後悔しているのだろうか?国民新党からの出馬を決めた自見庄三郎先生など凄く後悔してそう。まあ、いずれにしろ国民の反感を買うようなことを徹底的にやって、逆に参院選で大敗してくれた方が、こちらとしては面白いんだけれどね。。。。

  

|

« 10月29日(日)さよなら吉ブー | トップページ | 10月31日(火)習熟度別授業とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/12511400

この記事へのトラックバック一覧です: 10月30日(月)MAXコーヒー:

« 10月29日(日)さよなら吉ブー | トップページ | 10月31日(火)習熟度別授業とは? »