« 10月25日(水)ゲストを迎えて | トップページ | 10月27日(金)883マイル »

10月26日(木)ひとあんしん

 今朝は比較的ゆっくり9時起床、ただ衝撃的なのは、りくおさんは5時起床、7時のANAプロペラ機にて伊丹へ移動、9時から会議というのだからたいしたものだ。
 博多駅といえば、
「かしわうどん」
博多駅のうどんは、
全てかしわ=とりそぼろ
がはいっており、不要の方は申し出るようになっている。おつゆにコクがでて非常にうまい。なんだかんだいって、多少でもお肉が入るとダシって破格にうまくなる。豚汁がいい例だ。
200610261117000
(博多駅のうどんは旨い!)


 西はうどん王国とひと言でいっても、讃岐と九州では全く違う、讃岐はコシがつよく、九州のうどんは柔らかい。どちらかといえば讃岐が好みだけれど、これもまたよし。ネギが入れ放題なのもうれしい。

 そういえば、昔品川駅の東海道線ホームにあった、立ち食いそばは、たぬき、わかめ、ねぎとか入れ放題だったと記憶している、なぜか山手線ホームの店は違ったので、わざわざ遠征して食べたものだ、あの頃が懐かしい。

 佐世保へ向かう、みどり号は、長崎へ向かうかもめ号、ハウステンボス号と途中まで連結。特急で行き先3つが併結って他に記憶がない。しかも、なぜかみどり号だけは車内販売もない。このあたりの差別も意味不明だ、そこまで露骨に乗客の数って違うのかしらん?1時間30分ほどで佐世保に到着するんだから不要といえば不要、非常に快適。値段は違うだろうけどバスを利用する気にはとてもならない。JR九州の中では最もレトロな車両とはいえ、やっぱり本州の在来線特急とは格が違うようだ。
200610261121000
(実に快適、みどり号)


 佐世保といえば、勿論佐世保バーガー。ということで、とりあえず
「ログキッド」
さんにて、スペシャルバーガーをいただく。岩田屋さんの催事では何回か食べたことがあるので、前回佐世保に来た際は、他の店を優先。よって本店にていただくのは初めてだ。店内にはタレントの写真がビッシリと貼ってあるけど、石塚氏の写真は複数枚あり、別格に目立っている、多分、複数回訪れているのだろう。
200610261342000
(ログキット本店へ初参戦)


 やっぱりド迫力だけれど美味しい。マヨネーズの隠し味に使っているハチミツの甘みがなんともいえず、うまさをひきたてる。ただ正直いって、1個食べるのがアップアップ。小生も歳をとったと痛感してしまう。何年か前なら、バーガー店をハシゴするんだけれど、とてもそんな気が起きない。人間食べられなくなったら最後だ。
200610261332001
(やっぱデカイぞログキット)


 腹ごなしにアーケードを駅に向かって歩いていると、モスバーガーの九州限定商品
「チキン南蛮バーガー」
なるものを発見、いかにもおいしそうなので。。。。。と思ったけれど流石に無理だった。しかし南蛮というのも凄い表現。いかんせん、南の野蛮だからねえ。。。野蛮人は南の野蛮人ということで分かるけれど、鴨南蛮やカレー南蛮は南から伝わってきたのだろうか?
200610261350000
(いかにも美味しそう)
200610261413000
(遠くに護衛艦も見える)


 勿論、佐世保の目的は佐世保バーガーではない。
「出島の華みかん」
に決まっている。
200610261623000_1
(聖地へ戻ってきました)


毎年収穫間際の11月下旬に訪れているけど、今年はひと月前の視察。事前の情報では8月以降雨が少ないので、小玉傾向、味は濃厚。というふれこみ。実際に食べてみて、ひと安心。
「今年は大丈夫!」
勿論、農産物は天候との戦い。だから、毎年味が違う。まあ、だからこそ面白いんだけれど、このブランドだけは絶対に美味しくなきゃいけない。そういう中でお互いやっているから、この瞬間がうれしいのひとこと。うれしいというより、ホントよかったー。と心から思う。
200610261638000_1
(一昨年並みのお味で安心しました)


 夜は、早岐の
「花りん」
さんにて、お魚をたっぷりといただく。昨日の、せいもん払いさんも福岡では美味しいと思うけれど、やっぱりここにはかなわない。しかもお安いですよ。
200610261742000
(新鮮なお魚をたっぷりといただく)


せいもんは、相変わらずメニューに値段がかいていないけれど、ここはそんなことない。特に絶品なのが
「ミズイカ」
甘くて甘くて、コクがあって。。。。なんともいえない。ひと皿、ひと皿すごく品があって、素晴らしい。東京で店を出したら凄い人気になるだろうなあ。。。。でも、ここで新鮮なお魚をいただくから、いいのである。なんでも東京ではつまらない。
200610261749000
(この時期しか食べられない水いか)
200610261842000
(塩焼きもグー)
200610261828000
(耳と呼ばれる部分が最高)

 とくにあの液晶みたいな皮の下にある、耳とよばれる部分が絶品。普通なら天ぷらにするところを、塩焼きと刺身で食べたら、ホント絶品だった。コリコりとした食感がなんとも。。。。。。
200610262047000
(勿論活きてます!)


 担当者と、差しで会食なんだけれど。お互い色々思いがあってなんともいえない雰囲気になる。まだ一緒に仕事をするようになって5年くらいなんだけれど、こういう素晴らしい人たちの期待に応えるためにも、これからも、もっともっと頑張らないといけない!で、やっていることは間違っていない。とつくづく思って、ちょっと思いにふけってしまった。

 お泊りは、以前日本で一番長い名前のホテルと認定した
「ハウステンボス ジェイアール 全日空 ホテル」
相変わらずお客さんがいない、今回もシングルプランなんだけれど、パーク側のダブルへアップグレードしかも朝食をサーヴィスしてくれた。チェックインの際の雰囲気からして、このホテルはいつも素晴らしい。やっぱり、こういうテーマパークのホテルというのは、人材も素晴らしいということなのだろうか?
 
 ホント館内は閑散している。この夏に完成した露天風呂もお客さんは数えるほど、修学旅行生をみかけたので、集団で来られたら困るなあ。と思っていたけど、よかったよかった。恐らく100%海の水が温められた温泉だろうけど、やっぱり源泉かけ流しというのは別格。ぬるめの温度が凄くよい。1時間ほどたっぷりと浸かる。流石にパークは見えないけれど、ここの温泉はなかなかのものだ。やっぱり、ある程度高級なホテルの温泉は雰囲気がよい。
200610261456000
(凄くいいホテルなんですよ)


 修学旅行生といえば、いまどき修学旅行でハウステンボスに連れてこられても困るだろう。名古屋の中学校らしいけど、まあ長崎市内に泊まるところを、引っ張ってきたと考えればいいのかしらん?もっとも、近くに何もないので悪いことできない。という意味では隔離という意味でよいかもしれない。
 
 ところで、全日空ホテルはインターコンチネンタルと提携だかすると報じられている。ということは、このホテルも
「ハウステンボス ジェイアール 全日空 インターコンチネンタル ホテル」
とさらに名前が長くなる。ちょっと考えた方がいいと思うが。。。。。。

|

« 10月25日(水)ゲストを迎えて | トップページ | 10月27日(金)883マイル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

モスの「チキン南蛮バーガー」☆
うう、東京では食べられないのですね。
まさか、ファーストフード店で地域限定メニューがるとは!

投稿: マウ | 2006/10/28 21:47

マウさん、どうもです。いかにもおいしそうですよね。意外と地域限定ってあるようですよ。静岡なんか実験的に先行で発売されたり、よくしてますからねえ。。。

投稿: うし | 2006/10/31 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/12443474

この記事へのトラックバック一覧です: 10月26日(木)ひとあんしん:

« 10月25日(水)ゲストを迎えて | トップページ | 10月27日(金)883マイル »