« 9月15日(金)有栖川皇籍復帰! | トップページ | 9月17日(日)玉川温泉 »

9月16日(土)秋田県初上陸

 行楽シーズン真っ盛りの秋の三連休、出張ばかりで疲れた身体を癒すべく東北新幹線に乗って北上することになった。ミラーマンこと植草教授も
資本主義社会は心も身体も痛めつけられる、そんなときは温泉が最高だ
とおっしゃっている。もっとも実際には植草君は別の方向に走ってしまったわけだけれど。。。。。。
 
 出張以外で東北新幹線に乗るのは、かなり久しぶりである。さすがに行楽シーズン真っ盛りの三連休初日ということで、4日前の時点で午前中のはやて・こまち号は大半が満席、ようやく11時28分発の臨時はやて号に席を確保することが出来た。厳密には30分前のはやても喫煙席ならあったのだけれど、イマドキ喫煙席なんてとても耐えられるはずもなく、こちらを選択。切符を購入した時点では、この選択が運命の分かれ目になるとは思うはずもなかった。。。。。

 東京駅を定刻に出発したこまち75号・はやて75は上野駅、大宮駅で満席となった。ここで衝撃的なアナウンスが入る
「出発のお時間ですが、大宮~宇都宮間で停電事故が発生しましたので、当駅で少々停車します。状況が分かり次第お知らせいたします」
とのこと、この時点では30分もすれば動くと思っていたんだけれど。。。。
200609161247000
(定刻を1時間過ぎても止まったまま)

 
 10分おきにアナウンスが入るんだけれど、イマイチよく分からない。今度は
「架線にビニールが引っかかったので、係員が向かってます。10分後には解決すると思います」
なんていうのが、繰り返されて結局動きだしたのは1時間40分後。。。。。。
 
 どうやら喫煙席が残っていた30分まえのはやて号が終了したらしい、小山駅に臨時停車して先行車両の乗客を乗せるとのことである。乗せるっていったって、このはやて・こまち号も満席。大宮では既に立ち席のお客さんでデッキも一杯だ。どうなるのかと思って状況を見守っていると
 
 小山駅の反対側のホームには終了したこまち・はやて号が止まっている。で、到着したホームには人が溢れているわけですよ。。。。。。100%+100%=200%車内は足の踏み場がない状態だ。もうかわいそう、としかいいようがない。でも、他に救済措置ってないから仕方がないといえば、仕方がないのだけれど。。。。。
 
 仙台駅では、混乱も発生した。空席を巡って、怒鳴りあい。
駅員に、空いている席があったら座っていいって、言われてるんだよ。文句なら駅員に言ってくれ」
ようは、仙台で客が入れ替わる席に小山から立っていた客が座ったところへ、仙台から正規の指定券を持っている人が乗ってきた。正規の指定券を持っている人に座る権利があるのは当たり前と思うんだけれど。。。。。騒動の結果がどうなったかは分からない。
 
 遅れは2時間に拡大して、ようやく盛岡へ到着した。どうやら特急券の半額だけ払い戻すらしいけど、これじゃ納得いかないでしょう。指定席特急券なんだから、席に座れなかった時点で契約は不履行。よって特急券全額払い戻してしかるべきである。
 
 盛岡駅の精算口では、当然のごとく長蛇の列、窓口では怒号が飛び交っていた。でも、まあ日本人おとなしいとおもう。小生だって2時間も遅れたんだから、もはや特急とは認定できない。特急料金は返べきである。何時間遅れたら特急料金返還とかあった気がするけどなあ。。。。
200609161541000
(ようやく着いても窓口で大行列とは。。。。。)

 
 それにしても日本人は怒らなくなった、だからこそ
「毎朝怒っている、みのもんた」
は人気があるのだろう。。。。。評論家の宮崎なにがしや、勝谷なにがしが売れているのも、同じ理由だろう。
 でも2時間前には、精算窓口に行列が出来るってわかってるんだから、臨時の窓口を10個くらいつくる処置はすべきだろう。こんなひどい目にあってきて、さらに並べっていうのはサービス業とは思えない。

 盛岡駅からは、とれん太くん。乗車券2割、特急券1割引きはお得である。盛岡といえば、当然ダイニングボンズさんへ。流石に4時すぎとあってはお客さんはいない。しかしながら、いつものお兄さんに大歓迎されるからうれしい。。。。
 中途半端な時間になったので、日本一の冷麺と、キムチ、厚切り前沢牛のカルビを軽くいただく。前沢牛は肉厚で美味しい、キムチも辛さよりも甘さが際立ってかなり美味しい。冷麺については、もはや多くを語る必要はないだろう。これだけでも、盛岡へ来る意味は大いにある。今、もっともおいしい麺類といっても過言ではない!
200609161621000
(絶品の前沢牛カルビ)
200609161627000
(冷麺日本一!)


 軽くお食事を済ませて、とれん太号は東北道を北上、およそ1時間で湯瀬温泉へ到着。38年にして秋田の地を始めて踏むことになる。かつてトワイライトエクスプレスで秋田県を通過したことはあるけれど、土を踏むのは初めてだ。自分でもよく分からないけれど、湯瀬ホテルに宿泊することになった。
 あまりも寂しい温泉街のホテルだけれど、ボーリング場やプールまで併設された一大アミューズメントホテルである。早速、入浴。勿論、源泉かけながし!美人の湯というだけあって、お肌にやさしい。渓谷を眼下に臨む露天風呂は真っ暗でなにも見えないけれど、ちょうどよい湯加減。。。。。。資本主義社会の疲れを癒すことに専念する
200609161754000
(なぜか湯瀬ホテルさんへ宿泊)


 お食事はバイキング、一応キリタンポや稲いなにわうどんなんかもあったけれど、残念ながら多くを語ることはできない。勿論シングル1泊2食付き、源泉かけながしの温泉が楽しめて1万円ならば文句を言うつもりは全くない。
200609161936000
(お食事はノーコメント)


 第二回入浴を済ませ、早々に就寝。。。。。。そういえば昨日、竹中君の議員辞職問題があったけれど、もっと進路を気にせざるをえない人物がいた、武部氏は一体どうなるのだろうか???????自民党に居場所があるとは思えないけれど。。。。。ある意味党三役や閣僚人事よりも今、もっとも気になる動向である。

|

« 9月15日(金)有栖川皇籍復帰! | トップページ | 9月17日(日)玉川温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/11919601

この記事へのトラックバック一覧です: 9月16日(土)秋田県初上陸:

« 9月15日(金)有栖川皇籍復帰! | トップページ | 9月17日(日)玉川温泉 »