« 8月29日(火)原点回顧 | トップページ | 8月31日(木)最初で最後のYS11 »

8月30日(水)初心者の大阪

 5時起床にて、羽田空港2タミへ。7時35分発の関空行き、今日の目的地は大阪。朝10時に堺筋本町でのアポ、普通なら伊丹経由なんだろうけど、阪神高速の渋滞が怖くて関空経由となった。ANA関空行767-300は国際線仕様、前方はビジネスクラスシート。残念ながら小生の座席は普通席だった。同じ料金でこの差は大きい、どうせならスーパーシートにしてしまうべきだ。そうすると、一般席の席数が足りなくなったりして、色々あるんだろうけど、どうにも納得がいかない。

 とはいえ、あっという間に関空着。なんと定刻より5分早着だ。関空には動く歩道がないので、結構な距離を徒歩で移動。健脚な小生は問題ないけれど、お年寄りとか大変だと思う。
 関空からミナミへは勿論、ラピートβ、ラピートには速達タイプと思われるαとβがあるんだけれど、αにはお目にかかったことがない。およそ35分で天下茶屋に到着、ここで堺筋線に乗り換え。以前から思っていたけれど、天下茶屋という駅名は凄い、どんなお茶屋さんがあるのだろうか?じゃりんこチエの舞台ということからも分かるように、新今宮などを含めて思いっきりの大阪なんだけれど。。。。。
200608300859000
(ミナミへは勿論特急ラピート かっこいいぞ!)

 堺筋線もよく分からない、直通している阪急なんとか線の車両のみで運転しているのではないだろうか?10時キッチリ客先へ到着。恐らく7時ののぞみ号に乗ればほぼ同時刻に到着できるはずだから、普通なら新幹線を選択するんだろうけど、当然ながら小生には名古屋以外は東海道新幹線を選択することはありえない。

 一番目の打ち合わせの次は、梅田へ向かう。今日は弟子同伴なのでタクシーがお得かもしれないが、中央線、御堂筋線経由。数年来狙っていた客先へ正式には初訪問。お互い相思相愛だったようで、もっと前に勇気を出していれば!と思うような感じ。
「きっと対女性でもそういうことが、あるに違いない!」
と少しだけ思う今日この頃ではある。

 梅田といえば阪神百貨店、相変わらずの賑わいだ。東京の百貨店にはない勢いを感じる。生鮮、洋菓子、そして名物いか焼きを中心としたイートインコーナー。普通のサラリーマン、OLさんとかが皆さん、立ち食いでたべいる。ちょっと東京では考えられない雰囲気。小生的は大好きだ、東京の百貨店は、すっかりオシャレになってしまって、全然つまらない。屋上もつまらないし、レストラン街もすっかり今風な店ばかりなってしまい、お子様ランチなんか消滅したようだ。
 わくわく感がない百貨店など百貨店ではない、これだけは断言したい。遺憾ながら阪急と一緒なるようだけれど、最悪の方向に進まないことを祈りたい。でも、小林一三翁の遺言を守らずブレーブスを売却し、名物の阪急カレーを消滅させた今の阪急の経営者ではとても無理だろう。

 次の打ち合わせまで時間があるので、JR環状線に乗って鶴橋下車、おなじみの狸狸亭(ぽんぽこてい)さんにて昼食。
200608301211000
(挨拶がわりにやきそば!)


ここには、必須のメニューが複数あるんだけれど、流石に一人では注文しきれない。今日は幸運にも弟子が同伴しているので、思いっきり注文できるのがうれしい。やきそば、お好み焼き、締めはもちろんカレー焼きうどんで決まり!弟子も大満足している。はっきりいって出張に弟子は足手まといなんだけれど、こういうときは同伴してきてよかったと思ったりする。
200608301216000
(つづいてお好み焼き)
200608301217000
(トリは勿論 カレー焼きうどん)

 心斎橋へ出て、新生そごう、隣接する大丸を見学。そごうさんなんだけれど、女子店員が太鼓叩いたりするのはWBSなどで見たことあるんだけれど、想像以上にやばい雰囲気だ。1階は天井が高くて気持ちがいいんだけれど、フロアー面積が小さいこともあるし、とにかく賑わいがない。
 1階が化粧品売場でなく、ブランドショップを入れたのも寂しさを増す要因だ。西武、そごうのミレニアムは業績的には回復しているかもしれないけれど、人材の流出もすごく、はっきりいってかなり厳しい状況といわざるを得ない。旗艦店の池袋もかなり老朽化が進んでいるし、有楽町、渋谷だってちょっと普通はご縁がないだろう。今後の見通しが明るいとは思えないけどね、セブン&アイのお荷物にとって厄介なことにならなければ、と大きなお世話を思ったりする。

 同伴の弟子は、なんと大阪初登場。右も左も分からない、よって、いちいち説明することになる。大阪にはキタとミナミの二大繁華街があって、新今宮周辺は、こういうところだから、小生は大いに社会勉強に散策しにいくとか。山手線と同じように環状線があるけど、実は1周40分くらいだとか。鶴橋には焼肉やさんが多いとか、小生の知識は所詮そんなものなんだけれど、興味深く聞いていたよう。
 でも、大阪初心者にとって大阪とは、
戎橋であり、グリコの電飾看板であり、食い倒れ人形であるらしい。
200608301313000
(平日の昼間なのに観光客で一杯だ!)


決して
「なぜ、曽根崎警察署は そねざきけいさつ とひらがなで書いてあるのか?」
「大阪の丸ビルは丸い」
「甲子園へは電車で来てください byオマリー」
「マッサージがマッサーになる」
なんていう疑問が湧くような場所ではないらしい。
ピングァンの氷には、やっぱり美味しいと感想を述べていたよう。
200608301356000
(やっぱ時代はマンゴーだ!)
200608301357000
(季節外れの苺も練乳とマッチ)

 難波周辺にて2件打ち合わせを済ませ、再度御堂筋線にて梅田へ。この距離で230円というのは、ベラボウな値段である。全部平行に地下鉄を作っているから、皆大赤字になるのだろう。このあたりの大阪の公共工事の奥にも色々とありそうである。

 大阪の宿は、ホテル阪神に決まっている。色々と所用をこなしてから、天然温泉に入浴。大阪の中心で、これが楽しめるんだから、世の中捨てたもんじゃない。
 サウナ内のテレビは、勿論阪神ー中日戦を放送している。あまりにも緊迫した展開に、すっかり長時間サウナに入る。やっぱり、サウナにテレビは必要であると実感。90分ほど、サウナ・水風呂・温泉を繰りかえす。

 今日の野球中継はABCにて6時25分から生中継、当然のごとくテレビ朝日は野球中継ではないのに差し替え。さすがとしかいいようがない。ただ、さすがに8時54分にて中継終了、はっきりいって藤川が登場した最も盛り上がる場面だった。中継スタッフも無念だろう。リレーでサンテレビで完全中継するんだけれど、アナウンサーは告知しない。いずれにしろ、視聴者はサンテレビのリレー中継を見ることになる。だから今まで自局にとって視聴率を稼ぐドル箱コンテンツだったのが、その瞬間からとんでもなく強力な裏番組になるのだから、もの凄く複雑だと思う。敵に塩どころの騒ぎじゃないからねえ。。。。。
200608301855000
(源泉かけ流しの湯)

 9回表の藤川はあんまりにも、あんまりだった。同点弾を見届けてから、お食事へ。大阪らしいものということで、近くの串揚げ店へ入場。串揚げ18本と御飯セット。一般的に、上品な串揚げ店というのは、
「ソース、塩、ポンズ、などなど」
 お好みの調味料をつけていただく。ただ、どれがお奨めなのか言ってもらわないと分からない。(はっきりいって味おんちの小生は、なんでもソースがいいけどね)この店の親切なところは、揚がった串を置く台が4分割されていて、
「一番右に置いたら、一番右のマスタードソースがお奨めです。」
と分かるようになっている。素晴らしいアイディアに感心。18本いただいて、御飯と味噌汁で締めれば満腹。
200608302116000
(これはアイディア)


 再度、お部屋で天然温泉を楽しみ、早々に就寝。。。。。。。。

|

« 8月29日(火)原点回顧 | トップページ | 8月31日(木)最初で最後のYS11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こちら日帰りでもう東京に戻っております。次回は是非、カレー焼きうどんを食べてみたいと思います。

投稿: 大井町 | 2006/09/01 08:32

大井町さん、大阪でニアミスでしたね。是非、次回はご一緒しましょう。大阪日帰りは結構疲れますよね。

投稿: うし | 2006/09/03 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/11686190

この記事へのトラックバック一覧です: 8月30日(水)初心者の大阪:

« 8月29日(火)原点回顧 | トップページ | 8月31日(木)最初で最後のYS11 »