« 7月13日(木)解散という選択 | トップページ | 7月15日(土)みたび 湯巡り万華郷へ »

7月14日(金)食のレベル

 昨晩の夕立から、とんでもない暑さになってしまった。小生は無類の冷房好きなので、就寝時には、もちろん冷房が欠かせない、で2時間を目安にタイマーをかけるのだけれど、今年は切れても朝まで目が覚めることはなかったのだけれど、さすがに今日は起きてしまった。で、再び冷房を入れると就寝するのだけれど、切れると起きてしまう。だったら、朝までかけっぱなしで。と思うのだけれど、起床時に冷房がついていると、身体が終了するので、こういうことになってしまうのだ。

 日中はまさに灼熱地獄、風が吹くと冷房の室外機の前にいるような、生暖かいどころではなく、熱い風にあたてしまうことになる。とにかくお部屋の内外の温度差が強烈、15度以上あると、やっぱり体調がおかしくなる。
 
 学生のころ、青果市場で夏休みにアルバイトしていたとき、外のあまりの暑さに、りんごなどを貯蔵保管している大型冷蔵ルームへさぼりに行ったものである、そのときの爽快感といったら格別だった。でも、座り込んで休んでいると。後から入ってきたおじさんに、あんまり永い時間入っていると、危ない。と注意されたものだ。たしかに、果物の長期保管庫って、温度が2度とかに設定してあるから、温度差が40度近い。で、眠ってしまったら、危険だし、身体に良くはないと思う。でも、あの温度差ってホント爽快なんだよね、小生のサウナと水風呂好きは、ここに起因しているような気もする。。。。

 峠は越えたといっても、まだまだバタバタ。11時過ぎに、弟子を連れ添って焼肉へ。
四谷三丁目の羅生門
大昔はよく行った店、たけし軍団も頻繁に見たし、今でも店内は色紙で一杯だ。ちなみに、今日はおかまの山咲トオルとかいうのが女連れで来ていた。
 およそ20年ぶりの来店なんだけれど、その当時は、おいしいと思ったのだけれど、想像以上にたいしたことなかった。小生の舌が肥えたのか?店のレベルが落ちたのか?いろいろ考えたけれど、
「やっぱり巷の焼肉屋のレベルってここ数年でかなり上がったのではないだろうか?」

 例えば、ラーメン店でも、かつて恵比寿の香月は、おいしいと思ったし、深夜まで行列が切れることはなかった。でも、今となっては特別おいしいとは思わないし、並んでいる人など見たことない。この20年の間に、世の中にはおいしいラーメン屋さんがたくさん誕生したからだと思う。
「この国における、外食産業のレベルの向上の著しさが現れているのでは?」
と思う。
(香月といえば、なんといってもあのオーダー暗記するお兄さんには衝撃を受けたものだ)

 マクドナルドのほぼ独占市場だったのが、モスとフレッシュネスにより一気にレベルが上がったのがハンバーガー業界。20年前と最も大きく変わったのが、いわゆる
「中食」
かつては、お肉屋さんのコロッケくらいしか思いつかなかったけれど、柿安ダイニング、RF1、オリジン弁当などなど数えたらきりがない。
 こうやって探していくと、
「きっとまだ一気にレベルの上がっていない食のジャンルがあるはずである」

「ビジネスチャンスはそこにあるはずだ!」
って、簡単に思いついたら、すぐに大金持ちなんだけどねえ。。。。。。

|

« 7月13日(木)解散という選択 | トップページ | 7月15日(土)みたび 湯巡り万華郷へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/10949816

この記事へのトラックバック一覧です: 7月14日(金)食のレベル :

« 7月13日(木)解散という選択 | トップページ | 7月15日(土)みたび 湯巡り万華郷へ »