« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

7月31日(月)正露丸と征露丸

 先日、ニュースで正露丸問題について報じていた。ようは、てっきり正露丸ってラッパのマークの大幸薬品のオリジナル商品だと思っていたら、違って一般名詞だったということだ。気になって、正露丸で検索してみると、いろいろなブログやHPが登場して大いに勉強になった。
まさか、こんなにたくさんの正露丸があるとは想像だにしないだろう、普通。。。。。。今度、薬局で
「お宅には、何種類正露丸があって、どれが一番効きますか?」
と質問してみよう。
200608011513000
(会社にあったのは、ラッパのマークだけどカタカナ)

 小生が最も気になったのが、もともとは征露丸だったということ、日露戦争の際、軍隊の常備薬として誕生し、このネーミングが付けられたとのこと。ネーミングもすごいけれど、明治40年前後に作られた薬が、おそらく改良されているとは思うけれど、今なお愛用されているとはたいしたものである。

 だけど、世間一般の人は、正露丸ってラッパのマーク以外って想像しないだろう。商品名で、こういうのって他に何かあるのだろうか?ご存知の方は、ぜひともご連絡いただきたい。
 
 会社名だと、文明堂は、知っているだけでも
長崎、麻布、横浜、日本橋、新宿、銀座とあって、元は長崎で暖簾わけしているのだけれど、カステラの味は微妙に違うらしい。ちなみに
「カステラ1番、電話は2番のクマのラインダンスCM」
は共同出資して放送していたらしい、たしか夕方の5時30分から日本テレビでルパン三世や、エースをねらえ!
宇宙戦艦ヤマトなどの子供向けアニメの再放送の際、流れていた記憶がある。当時不思議だったのが、
「電話は2番」
2番って電話番号あるのかしらん?と思っていたら、大昔は、例えば
「神戸局の2番へつないでください」
って、交換の女性に言うと、手作業でつないでくれたらしい。で、2番を押さえていたのですね。そういえば文明堂って何年も食べていないなあ、すっかりカステラといえば福砂屋さんが代名詞になってしまった。

 電話番号CMといえば、なんといっても
伊東に行くならハトヤ 4・1・2・6
であろう、でも、下の番号は覚えたけれど、市外局番も局番も分からない。あのCMソングは実は野坂昭如氏の作品である、はっきりいって氏の代表作といっても過言ではないだろう。彼は天才である。
 ハトヤでいまだに謎なのが
「釣れば釣るほど安くなる、三段逆スライド方式!」
なんだかよく分からないが、ネーミングのインパクトだけは強烈だ!

 CM流れていないけれど、電話番号の下4桁が
「8818=パパイヤ」
「0877=バナナ」
と、つけている果物屋さんもあったと記憶しているけど、そこの店も、果物といえば、昔はあそこだったんだけれど、今では、すっかり。。。。。なんて、ならないことを祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月30日(日)元気・やる気・井脇

 棚湯の効能なのかしらん、11時過ぎから熟睡。7時前には目覚める、熟睡して目覚まし前に勝手に目覚めるというのは、理想の睡眠だ。お部屋に届けられた日経、日刊、大分合同に軽く目を通す。
 このテのホテルというか、旅館で新聞を届けてくれると大変うれしい。フロントでは困惑した感じだったけれど、なんとか実行してくれた。
 注目の大分合同は、スポーツ欄を4面に拡大して、
「トリニータ 首位フロンターレ相手に善戦!」
と盛大に報じていた。

 なにはともあれ、棚湯へ。本当は5時過ぎに入浴すれば日の出が見られるのだけれど、7時過ぎでも十分爽快。デッキチェアでの休息も含めて90分ほど棚湯を満喫する。絶景を見ながら湯に浸かっていると、全く無になれるのがうれしい。余計なことを全て一瞬でも、忘れさせてくれる場所である。
200605311723000_1

(今朝は樽湯にじっくり浸かる)


 朝食はヴァイキング、やっぱり和が充実していて、たくさん食べてしまった。昨晩、絶賛した女性が今朝はパンの係りで先方から
「昨日のとり天おいしかったですか?今日は焼きたてのパン、一杯食べてください!」
と話かけられると、パンにまで食指の伸ばさざるを得ない。はっきりいって、杉乃井棚湯以外の施設は、オーナーチェンジ後もほとんど手が入っておらず、厳しいけれど、これならばなんとかなる。と思ってしまう。
「やっぱり、サービス業は人なり」 

 杉乃井は、山の中腹に本館、中館、HANA館(新館)、棚湯と山を登っていく形で、建て増しされている。小生の
お部屋とレストランは本館にあるため、棚湯までは片道200メートルくらいは歩く。ちなみに、本館の5階はHANA館の2階とつながっており、さらに棚湯の地下と連結されているようだ。
「渋谷の東急ハンズ同様分かりにくいことは確かだ」
3つの建物、全て同じ階数表示することは不可能なのだろうか?
200607292245000
(館内は迷路のよう)


 食後は、お部屋へ戻らず、棚湯へ戻る。さらに小一時間、デッキチェアでの新聞を含めて、リラックス。う~ん、なんともいえずいい気分。あっという間に、11時のチェックアウト時間が迫り、あわててお部屋へ戻る。日曜といえば
報道2001、サンデージャポンなんだけれど、前者は大分にはフジ系の局がなく、後者は九州では全くネットされていない。

 杉乃井から大分空港へは、国道10号線ルートと大分道の2つのルートがあるけれど、インターに近いので高速を選択、およそ1時間の快適なドライブで無事大分空港に到着。この時間の東京便はANAを挟む形で1時間おきに設定されている、今日のところはANA。
 空港内にて、大分名物のとり天、だんご汁、豊後牛のローストなど盛りだくさんな内容のご膳をいただき満足、しめにカボスフラッペをいただいて、大分に別れを告げる。だけど、ラウンジのない空港って、反則ではないかい?せめてカード会社のラウンジでも設置しないと、お金使ってしまって仕方がない。
200607301213000
(大分名物 とり天とだんご汁)
200607301237000
(大分名物 かぼずフラッペ)


 アップグレード券でのスーパーシートプレミアム。B767のスーパーシートというのは、若干違和感があるけれど、まあこれはこれでよし。ただ、周りが明らかにフロンターレの遠征組というのには、少々驚いた。
200607301327000
(抜けるような青空と青い海!)


 しかし、もっと驚いたのが、羽田空港。なんか、ピンクのスーツをまとった見覚えのある人が前からニコニコしながら歩いてくる。
「元気・やる気・イワキ」
でおなじみの、井脇ノブ子先生だ!早速、かけよって
「先生、がんばってください!いつも応援してます!」
と話しかけたら、喜んで握手してきた。写真を撮らなかったのが、大いに悔やまれるところだが、こちらもうれしかったけど、先方がもっとうれしそうだったのが、凄く印象的。なんか、凄くいいことした気がした。

 今回の出張は、凄く気持ちがよかった、サービスをしてくれる人が、みなさん凄く感じがいいのだ。書かなかったけど、帰りのANAのC/Aさんも感じよかった。代議士も含めて、
「やっぱりサービス業は人だなあ。。。」
と改めて思う。

 夜、帰宅してサンデージャポンをビデオで見ると谷垣大臣が出演、爆笑問題に
「キャッチコピーとして 元気・やる気・谷垣 というのはどうですか?」
と言われて苦笑していたのが、大いに受けてしまった。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月29日(土)棚湯ふたたび

 疲れていただけあって、非常によく眠れた。日経と日刊を読みながら、朝食ヴァイキングをいただく。洋食ブッフェと名乗っているとおり、和は皆無、予想とおり寂しい内容。洋食に限定するのは決して悪いことではない。洋メニューを徹底的に充実させれば文句はないのだけれど、充実しているのはピカチュウだけだった。
200607290834000
(おかずの種類よりピカチュウの種類の方が多い?)


 朝一、天神にてお打ち合わせ。新商品のご提案などなど、およそひと月ぶりだけれど、やっぱりここへ来ると落ち着く。なんだかんだ言っても、地元の百貨店岩田屋さんはたいしたもので、本店の場所が移動したら、街全体の人の流れを変えてしまった感がある、三越にあったティファニーも移ってきたし、周辺にはオシャレなビルも再開発されている。
200607290953000
(やっぱ天神は岩田屋が中心!)


 2時間たっぷりと秋・冬の打ちあわせをしてから、博多駅から大分行き青いソニックへ乗り込む。大分への移動は高速バス、レンタカーも視野にあったけれど、居住性を重視してソニックを選択した。駆け込み乗車のため、空いている自由席に陣取るが、非常に快適。これならば、グリーンを選択する必要ってないだろう。ソニックは30分に1本あるけれど、速達タイプに乗りたかったので、よかった。
200607291509000
(青いソニックは快適そのもの♪)


 JR九州の特急って、ホントすばらしいの一言。でも今回特によかったのが、客室乗務員さん。
 お弁当を購入しようとしたら、
「博多から積んだのがソニック弁当で、あと小倉と行橋からも積み込みます。」
と口頭で説明して、さらにお手製のパネルも見せてくれた。結局、日豊線遠征の名産が盛りだくさんの、ソニック弁当を選んだら、これが予想外においしかった。で豊後牛のソボロが食べにくいからと、フォークまで付けてくれるのが、これまたうれしい。しかも、30分後に
「いかがでしたでしょうか?」
と声までかけてくれるとは、思わなかった。結局、
「サービス業は人」
これに尽きるということだ。でも、こういうのって教えて出来るものでもない。向き不向きって、絶対あるんだよね。
200607291332000
(予想外の大健闘ソニック弁当)


 車窓から見える景色を見入ってしまうのは、いつ以来だろうか?別府湾が見えた瞬間の海と空の青さって、やっぱりすばらしい。読書もいいけど、車窓も列車の魅力だ。

 およそ2時間で、大分に到着。ホームに降りると、あまりの暑さに衝撃を受ける。ちょっと、ここ最近では記憶にない暑さだ。しかも、湿度はあまり高くなく、日差しそのものの凄さだから。。。。
 目的地は、駅からおよそ300メートルくらいなのだけれど、暑くて死にそうになる。打ち合わせの前に、地元百貨店トキハさんのファミリーレストランに飛び込み、いちごフラッペで一息。落ち着いてメニューサンプルを見ると、カレー315円、中華丼315円って、社員食堂や学食並み、これが大分の物価なのだろうか?
200607291526000
(まずは氷いちご!)
200607291548000
(いくらなんでも安すぎる。。。)


 商談は1時間ほど、これまた明るい秋・冬への展望が開ける。5時にてお仕事の日程は無事終了。建物の目の前はバス停なのだけれど、
「大分トリニータ 九石ドーム行きバス乗り場」
の看板が出ている、すっかり忘れていたけれど、るいさんご夫妻率いる川崎フロンターレを迎えての試合があったのだ。るいさんに、確認のメールを出すと、やはり欠場とのこと。意外と、水色のジャージを着た遠征組がいるのに驚く。
200607291511000
(九石ドームって全天候型なのかしらん?)
200607291704000
(ピーカーブーって何の会社なんだろうか?)


 当然のごとく、小生は九石ドーム行きのバスには乗らず、レンタカーを借りて別府杉乃井へ。これまた、ひと月ぶりの棚湯だ前回は、平日だったので無人だったが、さすがに夏休みの土曜日、大いににぎわっている。巨大温泉旅館というのは、こうでなくちゃいけない!

 先月は、もやっていて景色もイマイチだったのだけれど、今日は快晴、四国まで見渡せそうな勢い。棚湯、サウナ、水風呂、足湯などなどを徹底的におよそ2時間!すっかり棚湯を満喫し、第一回入浴を終了する。
200607291814000
(ぬけるような青空と青い海)
200605311728000
(これが棚湯だ!)
200605311729000
(ようやくここへ戻ってこれました♪)


 棚湯の後はお食事だ。前回は、なぜかナポリタンだったけれど、今回はバイキングに参戦。会場は家族連れで一杯、40前の独身男性一人というのは、ちょっと異質だけれど、そんなこと気にしていられない。

 温泉旅館のバイキングは、結構経験しているけれど、ここのは予想外によかった。お刺身も、その場で捌いてくれるし、寿司も目の前で握ってくれる。(寿司ロボは寿司ではない!)大分名物、とり天や豊後牛もおいしかった。ソフトドリンクも飲み放題で、大いに満足する。でも、ここでも一番印象に残ったのが、人だった。とり天を揚げている中国人の女性なんだけれど、満面の笑顔で
「熱々がおいしいから、ちょっと待ってください。お取りしましょう。おいしかったら、お代わりしてください!」
とにかく、広い会場内で、圧倒的に彼女が光り輝いていた。

 8時からは、大衆演劇
橘菊太郎劇団
の時間だ!小生、大衆演劇を見た経験がなく、楽しみにしていた。ただし、昼の部はお芝居もあるのだけれど、夜の部は、踊りだけ。まあ、面白かったといえば、面白かった。座長には梅沢富美男でおなじみの、おひねりも飛んでいた。
200607292229000
(待ってました橘菊太郎劇団!)
200607292032000
(華麗な若座長の舞に外人さんも ウットリ。。。。)
200607292107000
(フィナーレは綺麗どころが勢ぞろい)


 橘菊太郎劇団の後は、もちろん棚湯へ!2時間ほど、たっぷりと。先ほどは海の景色を楽しんだけれど、今度は満点の星空だ。寝湯に浸かって眺める星空というのは、なんと贅沢なんだろうか?隣の親子連れが、
「流れ星だ!」
と喜んでいるのを見ると、こちらまでうれしくなる。やっぱり、温泉旅館は家族連れで来るべきところであるようだ。驚いたのは、先ほどの橘菊太郎劇団の方々が、そろって入場してきたこと。誰も相手にしていないところが、これもまたよし。
200607292236000
(これで一日を締める)


 第二回棚湯を2時間ほど満喫、氷メロンミルク、12時前には就寝。。。。。。。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月28日(金)福岡へ戻る

 名古屋よりD氏、K氏が来店。お昼御飯をご一緒しながら、まずは軽く打ち合わせ
D氏のブログで話題沸騰の右足付け根の肥大化問題
emiさん問題
などなどを討議し、デザートまでたっぷりいただく。色々とご相談にも乗っていただき、明るい未来について前向きな結論を出せればいいなと思わずにはいられない。

 羽田空港にてお打ち合わせ、早々に引き上げるはずが思いのほかながびく。挙句の果てに、思いっきりご搭乗便に乗遅れてしまった。厳密に言うと、予約した便の時間を勘違いしていたのである。ご予約便が747の旧スーパーシートで喜んでいたら、なんとこの便には5名がけの真ん中しか空席がないという。思いっきり悲しそうな顔したら、お姉さんが散々端末を叩いてくれて、およそ10分
「今、通路側空席がでました」
ということで、一安心。この繁忙期は特割が全く存在せず、普通運賃のみなので、変更が利くのが救いといえば救い。。。。
 
 およそひと月ぶりの福岡、博多駅で地上に出るだけで、安心感がある。今宵の宿は、なぜか博多全日空ホテル。ちょっと説明はしにくいのだけれど、苦渋の選択である。築30年くらい、かなり年季の入った外観。スーパーフライヤーズ限定プランは、LAN付きのツインへアップグレードしくれる。たしかに建物は古いけど、従業員さんの態度は、やっぱりシティホテルのそれである。なによりうれしいのが、21時までならサウナを無料で利用できることだ。
200607282037000
(年季の入った博多全日空ホテルは初体験!)


 早速、サウナへ入場。やっぱり、こういうホテルの温浴施設は、古いなりに格を感じさせる。こっちとしてはうれしいけれど、こういう地方のホテルのスポーツクラブは、地元の名士の社交場になっていることが多いので、メムバーの立場だったら絶対許さないとは思う。
 サウナ内では案の定
「お疲れ様です、今日は遅いですね」
なんて、会話が交わされる。県議の方だと思うが、
「オリンピック意外と善戦してるんですよ、最後は石原の政治力にどこまで対抗できるのか?が鍵だね。でも意外とアンチ石原っているんだよ。」
「経済波及効果って、どっちにしろあるけれど、福岡の方が圧倒的に大きいんだけどね。。。」
なんて、興味深い話に、
アヴァンティのスタンの気分になったつもりで
「ちょっと聞き耳を・・・」
やっていたら、のぼせてしまった。でも、ホントすっきりできてよかった。

 すっきりした後は、中洲へ。鉄鍋餃子とビールってなんでこんなにピッタリなんだろう?永遠の謎である。
餃子3人前、ポテトサラダ、野菜いため、ほうれんそうのおひたし、御飯」
これだけいただけば満腹。
200607282235000
(餃子日本一、鉄鍋餃子を満喫)


流石に今日は飲みに出る力は残ってない。ホテルへ戻って、やむを得ずお仕事を再開。朝まで生テレビを見ようと思ったのだけれど、力尽きて就寝。。。。。。。。。

 サンダーオブハード、圧倒的1番人気も4着、。あまり騎手の悪口を言いたくないけれど、石崎ジョッキーで4勝くらい損している、なんともやるせない思い。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月27日(木)新生牛車さんへ

 欽ちゃん球団事件、電車の中吊りしかみていなのだけれど、文春と新潮でこうもスタンスが違うとは驚く。新潮は男がはめられたような見出しだし、文春はその逆。しかもブルペンキャッチャーとはいえ、WBC戦士なんていう単語まで出てきた。藤本博史って言われても、普通
「ワッショイ・ワッショイ ヒ・ロ・シ」
を想像すると思うのだけれど、全く別人らしい。だけど、
「水戸信金とかアミノバリュー」
なんて選手がいるとは思わなかった、東スポなんて徹底的に、その二つの単語を用いているけど、スポンサーは困惑しているだろうなあ。。。

 根本的に、アマチュア野球で、あからさまに商品名を選手につけてよろしいとは思わなかった、だったら例えば
JR東日本だったら
「はやて鈴木、こまち片岡、やまびこ佐藤、とき木村、あずさ橋本、踊り子大島」
とかの打線とか日産だったら
「1番 俊足マーチ斉藤、2番小技があるキューブ山田、3番シュアなスカイライン竹下、4番長打のフーガ山下、監督 プレジデント大下」
とかで、
トヨタのエース クラウン斉藤と日産の4番フーガ山下の対決とか盛り上がりそうだ。」
 どうせなら、ここかで徹底的にやってくれると盛り上がること請け合いだ。

 焼肉をいただくべく、
大井町牛車へ。」
移転したとの情報を大井町さんから入手したので、楽しみ。
200607272124000
(ずいぶんオシャレになってしまった。)


お店へ行って見ると、これがあの牛車か?と思えるほど綺麗になっていてびっくり。ログハウス風の店内は、清潔で、お二階も新設されている。なにより驚いたのが、従業員の態度が一変していた。経営者が変わったのだろうか?
 お味と値段は相変わらず満足だ、これは一気にブレイクしそうな予感すらでてきた。
200607271942000
(塩カルビは、軽くあぶる程度に)
200607271950000
(おしゃれな店内、スポットまでつくとは。。。。)
200607271943000
(絶品、チョレギサラダ。器もオシャレに!)


 帰宅、ネットにてドラゴンシャンハイのレース。直線に入って楽勝、と思われたら内田に思いっきり差し帰された。あまり騎手の悪口を言いたくないけれど、石崎ジョッキーで3勝くらい損している、なんともやるせない思い。明日もまた石崎さんなんだよなあ。。。。。。。早速、角南氏に抗議の電話をしようと思ったけれど、ハーツクライと共に
海外逃亡中というjことを思い出した。

 次から次へと奇怪な殺人事件が起きる、個人的にはスギー氏の問題ももう一回追求してほしいけれど、すっかり忘れ去られたようだ。ワイドショーの賞味期限ってホント短い。結局、日銀総裁もうやむやっぽい。責任とらずに、嵐が過ぎるのを待つのが皆さん、一番得するってことか。いかんせん、小生も賞味期限が限りなく0に近い、早急に見合いでもせねばならない。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月26日(水)スケバン刑事

 東京裁判でA級戦犯として起訴、処刑された広田弘毅元首相のご遺族が、
「広田家として、靖国に合祀されることに合意した覚えはない」
と発言、波紋を呼んでいる。ここに、靖国神社のゆがみが起因する。
(もちろん、合祀した方にいちいち了解をとっているわけではないが。)
広田元首相は、軍人でなく文官、ちなみに同じくA級戦犯の松岡、白鳥、平沼、東郷氏らも全くの文官であるため、A級戦犯にならなければ靖国に合祀されるなどありえない方々であった。

 広田元首相については、書き出すときりがないけど、いろいろな本を読んでいると東條とは対立していたし、終戦への工作に参画もしていた、そこまで悪いのか?という気が大いにすることも確かだったけど。
 
靖国神社の趣旨としては、国のために戦って戦死した方々を祀ることなので、
(その割りに、独自の神社がある東郷平八郎や乃木 希典は合祀されていないし、反政府として戦った西郷隆盛も合祀されていない)
当然のごとく、文官はそれまで合祀されていなかった。
 そもそも、少なくとも前の戦争で亡くなった方は
「天皇陛下万歳」
と共に亡くなった方が多いことは否めない事実だ、そこへ自分としては納得いかない合祀が行われたとしても、参拝に行かなくなるのは、どうなのか?という意見もこれまた説得力がある。

 敬愛する長島昭久代議士のブログを引用すると、

数週間前のAERAに
「平将門が神田明神から将門神社へ霊を遷した記録があるそうですから、分祀は可能と思われます。」

でも、万が一靖国神社が分祀に合意して実行された場合、今上天皇は靖国参拝を開始するのだろうか?そのあたりは大いに気になるところである。
 
 やっぱり、分祀するしかないと思う、もちろんA級戦犯およびご遺族の方には申し訳ないけれど。。。。

 セブンイレブン限定の、コカコーラヨーヨー復刻版を購入。そういえば、小学生の頃一大ブームが起きたものである、コンビニのお飲み物は、無用なおまけが多いけれど、おまけ目当てでお飲み物を購入したのは最近では記憶にない。ただ、小生としては、ヨーヨーよりも
「ムッシュかまやつでお馴染みのバンバンボール」
の復活の方を望みたいものである。
200607271022000


 
ところでヨーヨーといえばやっぱり
「スケバン刑事」
である、これに異論を挟む人はまずいないんだろう。最近では、松浦亜弥で映画化されたらしいが、小生にとっては斉藤由貴であり、南野陽子であった。(浅香唯では決してない!)
「何の因果かマッポの手先」
という決めゼリフがよかったし、ヨーヨーで悪人と戦うという発想がすごい、しかもヨーヨーはパカっと開くと桜の代紋が出てきて、悪人が恐れ入ってしまうという代物であった。たしか南野陽子には、ビー玉のお京という子分がいたと思うけど、ヨーヨーとビー玉で戦うんだから凄い!
 
 スチュワーデス刑事は警察非公認のクセに刑事だったけれど、スケバン刑事は警察公認だったのだから、スケバンとスチュワーデスでは格が違うということだろう。昔は、これ以外にもスチュワーデス物語、少女に何が起こったか?など、見ていて恥ずかしいドラマが多かったものだ。でも、夢中になりながら見ていたと記憶している。     それが80年代という時代なのだろう。。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月25日(火)浮き沈みの激しい一日

 朝一に衝撃的な情報が寄せられて、思いっきりへこむ。テレビの恐ろしさを改めて実感し、かつ自分の発言が配慮に欠けていたことを大いに反省する。まあ、調子に乗っていたということに尽きるのだろう。小生は、こういうのを思いっきり引きずってしまうタチなので、しばらく落ち込むことになる。

 とはいえ、今日は月に1度の大手町の某社に講師でお邪魔する日、一気にテンションを上げなければならないので、サンケイビル地下の多々美さんにて、カレーうどんをいただく。
200607251722000
(お昼にカレーうどんをいただく)


 このお店は、立ち食いではないのだけれど、昔からある安くて、ボリュームが売りの店だ。最先端のビルの地下街にあるくせに、プラスチックの丼なんて使っている。日本橋周辺は、そばやうなぎ、天ぷらの名店は多いけれど、こういう店がない。
 手軽にビジネスマンでなくサラリーマンがお腹一杯になる店って、もっともっとあってもいいはずなんだけどなあ。。最近の大型オフィスビルのレストラン街って、全国から名店みたいのを集めて競っているみたいだけど、なんだかんだいって とんかつ和幸・そじ坊、このあたりの店が本当は喜ばれるということを理解していない。

 内堀通りのビルの20階は、やっぱり景色がよい。皇居が丸見えだ、おもわず撮影してしまったけれど、ひょっとしたらいけないことなのかもしれない。講師のお仕事は、今回で二期目が任期満了のはずだったんだけれど、うれしいことに再延長していただけることになった、なんだかんだ言っても自分のことを認めていただけたようで、大変うれしい。
200607251457000
(この景色は撮影してよいのだろうか?)


 今はやりの、自分へのご褒美として
「国産マンゴーパフェ2500円」
を頂戴する。とろけるような甘さに、感動を覚える、やっぱりホンモノは美味しい。
200607241430000
(国産マンゴーパフェは2500円也!)


 巷は王子製紙と北越製紙の問題が話題だけれど、製紙業界というのもあまり身近な存在ではない、堤義明さんの終了と共にアイスホッケーも存在感が全くなくなってしまったし、
「王子=スモークサーモン」
が一番しっくりくるのではないか?

 これまた話題のJAL株、とうとう公募価格を下回る、なんか本当に市場は経営者に対してノーを宣告しているような感じさえする、ひょっとしたらひょっとするかもしれない雰囲気さえある。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月24日(月)北芝健氏

 今の仕事に就いてから、1年に1つ新しい取り組みをやってきたつもりなのだが、今年も秋に大きな試みを行うことがほぼ決まり、今日から実質的な打ち合わせに入る。お相手は、もっと感じ悪いかと思っていたのだけれど、意外とそうでもない、ただ縦割りというか本社と現場の意思の疎通が全く取れていない典型的な組織のようだ。
 日々接触するのは、現場さんなんのだけれど、現場に何をいっても仕方がない。全て本社に決定権があるということが分かってくると、結構厄介になってくる。しかも、現場と本社って言ってることが全く違うし、仲が悪い。というのが定番だ。
 超安定企業にこういうところが多い、完全にキャリアとノンキャリみたいなのに別れてしまっているよう。
 
 ノンキャリといえば、最近ワイドショーで売れっ子になってきた
「元警視庁刑事 北芝健氏」
に注目している。元警察といえば、元警視庁捜査一課長 田宮栄一氏が独占していたのだが、ここへきてノンキャリの北芝氏が頑張っている。
 
 風貌から見ても、やっぱり現場上がりのバリバリの警官は迫力がある。登場したての頃はしゃべりにぎこちなさがあったが、最近はすっかりコメンテーター業が板についてきたようだ。著書も面白いし弁もたつし、一体?と思っていたらやっぱり早大卒で、現場に出たいからノンキャリを選んだとのこと。
 
 ただ、やっぱり目は怖い、安部譲二さん的な目をしている。いわゆる
「いざとなったら人を殺せる目だ。」
目は人を現すというが、本当だ。
 高校の時の体育教師、福田先生もアダ名の
「フクチャン」
からは想像できないほど恐ろしい目の持ち主で、柔道で2人絞め殺したとかまことしやかにささやかれたものであるが、レベルが違うようである。

 目といえば小生も特徴があるといわれている、子供の頃水泳教室で背泳ぎの際、コーチから
「泳ぐときは目を開けるんだよ!」
と散々怒られたが、小生としては思いっきりあけているつもりだったんだけどなあ。。。。
 でも、よく考えたらやっぱり水中眼鏡無しでは、目っていくら背泳ぎだって開けられないのではないか?と思う今日この頃ではある。 小生も早く、口よりも目で口説ける男になりたいものだ。ただ、
「一体どこに目があるの?」
と言われてしまいそうで、怖くもあるけど。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月23日(日)お米屋さんのプラッシー

 日曜日の日本橋というと、本当にお昼ご飯の選択肢が激減する。昨日は三越でシウマイ弁当だったし、仕方がなくマクドナルドでテイクアウト。
 日本橋のマックは知らない間に24時間営業になっているようだ、あの立地で24時間営業して経費倒れしないのだろうか?とても気になる。変化はこれだけでなく、2時から何時までかは知らないが、お飲み物のお代わりが自由になっていた。
 小生が言うのもなんだけれど、
「子供がジュースを簡単に飲める時代になったなあ」
と思う。ファミレスのドリンクは当たり前に設置されているし、マックまで飲み放題。小生の子供の頃といったら、家族で外食をしても、ジュースは飲ませてもらえなかった。
「お米屋さんのプラッシー」
とか凄いあこがれがあったものだ。
 
 ジュースの思い出といえば、小学校6年の時友達と学校帰りに千駄ヶ谷駅でジュースを買ったものの、とんでもなく悪いことをしてしまったとの思いから、トイレに入って隠れて飲んだものだ。今、考えるとかわいいものだけれど。。。。
 駅前の東京体育館には、私立の小学生が水泳教室の帰りらしく、肉まんなんか食べながらジュースを盛大に飲んでいた。
「なんで、こいつらは堂々とこんなことが出来るのか?住む世界が違うなあ。。。」
と思ったものだ。
 
 ご縁があって、翌年には彼らというか、彼女達と机を並べることになったのだけれど、じかに接すると、 やはりカルチャーショックを覚えたものである。。。。
「軽井沢・別荘」
なんて、聞いたこともない単語は小生には手におえないと実感させられたものだ。それから10年以上たって、大学を卒業するときに、同化していたかはいまだに分からない。多分、根本的には同化してなかったのだと思う。
 
 塾高5回戦でコールド負け、今年の場合下馬評もあまり高くなかったらしいので、仕方がないか。小生の時はたしか最高で5回戦を川崎球場で法政二高と戦って敗れた記憶がある。当時は、5回戦まで行けただけで満足したものだ。それから考えれば、隔世の感。

 九州は雨で大変な被害が出ているらしい、今日もヤマトさんに避難勧告地区とのことで、受け取りを拒否された荷物があった。政治は治水が原点というが、やっぱりまだまだ公共工事が足りない地域が多いということなのだろうか?予算不足というよりも、優先順位の間違いなのだろうか?

 朝青龍、白鵬の一番で、座布団がまっていたけれど、大関が横綱に勝つというのは、そんなに番狂わせでもないだろうし、そもそも本割では3連勝でしょ。あんまり簡単に座布団投げないほうがいいと思うけどね。でも、ホント危ないと思うよ、前の方の人達。。。。。。。

 賞味期限が1年も過ぎた瓶詰めのフタが10本全部開かないから、交換してくれ。って電話かけてくる人には驚いた、きっと交換してあげると、今度は全部簡単に開くんだろうなあ。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月22日(土)ゲンダイ

 午前中は某国営放送の撮影、わざわざ山梨局からである。やっぱり、民放と国営放送のレベルの差というのは凄い。態度も違うし、当たり前なんだけれど、徹底的に勉強してから話を聞きにくる。国営だから店名もでないけれど、心から協力しようという気持ちになるものだ。

 一日、敗戦処理に追われる。別件で強気に交渉しなければならない案件がある時期に、こういう100%こちらがに非がある事態を発生させてしまうことは、非常によろしくない。とはいえ、まあ懸案事項が解決したら、それはそれとして、ハードネゴシエイトせねばならない。

 色々と疲れきってしまったので、18時過ぎに退場することに。こういうとき、向かう場所は一箇所しかない。もちろん
湯巡り万華郷
へ参戦する。今月は、遠征には出られないが、入浴という意味においては、十二分に役目を果たしてくれている。で、よくできているもので今月はお金をあまり使わないで済む、でも住民税とか所得税の前払いとかもあるし、なにより来月は社台の請求もきてしまうのである。

 今日も2時間たっぷりと、露天風呂・サウナ・水風呂・薬草風呂などを徹底的に。。。。。。。湯上りのあとは、勿論氷いちごミルク。。。。。マッサージをたっぷりと。。。。。実は、いまだに左肩、首、肩甲骨の痛みが引かない。  今日も問題の箇所を施術中につってしまい、思い切り悲鳴を上げてしまった。ちょっと重症っぽい。

 マッサージの後は、リラックスチェアでNHKドラマ
人生はフルコース最終回
先週見のがしたのが痛恨の極みだった。今日は東京オリンピック選手村の総料理長の話と帝国の総料理長に就任する2つの大きなトピックスが中心。現代の場面だけが余計だったけれど、ホントいいドラマった、特に高島の表情がなんともいえず、よろしい。

 ゲンダイによるとオシム氏の就任会見で記者が
「ドイツでは1次リーグで敗退して、失望した。どうやって自信を取り戻すのか?」
との質問に対して
「失望したというが、その前に楽観的な見方の根拠は何だったのか?能力以上のことを期待するから失望するのだ」
素晴らしいとしかいいようがない、会場がシーンとなったというが、日本ベスト8もとか煽っていた記者は反論しないのだろうか?
「我々はこういう分析で、予選は楽勝できると思った、と言うべきではないだろうか?」
 ゲンダイではオールスターがつまらなくなった理由についても

「交流戦でセ・パ対決が珍しくなくなったからか?」

「清原や古田という戦力になっていな選手が選ばれてしまうところに問題があるのか?」

これに関しては、選ぶファンに大いに問題があると思う。勿論、今年の成績だけで選べといっているのではないけれど、山崎裕之氏も自分だったら、辞退するとコメントしている。

「新庄のように選手がパフォーマンス優先だからか?森本もグラウンドで被り物をしてうろうろしていて、みっともない」

勿論、真剣勝負でなくバラエティと思っているのだから、仕方がないけどね。
でも
「そんなレベルの低いパフォーマンスやらなくても、藤川のように超一流の選手が超一流のプレーを見せてファンをうならせるのがオールスターに選出されるような超一流の選手。どちらがお金を払って見る価値のある選手か、考えるまでもない。」
 
 「だけど、藤川のストレート勝負を、被り物をして見ている選手って、同じプロ野球選手として恥ずかしくないのだろうか?きっと、恥ずかしくないんだろうなあ。。。。」

 新庄だって、パフォーマンスなんかより、センターの守備を大きく扱うべきだけどね。

 ゲンダイの意見に500%賛成であるが、最近の野球ファンって全然考えが違うんだろうなあ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月21日(金)巨×夢戦

 今年一番の事故に見舞われる。100%こちらに非があり、もうただ謝り続けて先方の指示通りに動くしかない。まあ、しかもタイミングよくさらに大きな事故も発生してしまった。まあ、それが仕事だといえばそのとおりなのだけれど、事故が一件発生すると、まる一日つぶれてしまうことになる。疲れ果てて帰宅、道中リンガーハットでちゃんぽんと餃子でも食べて帰ろうと思ったけれど、なぜか踏ん切りがつかず。

 お風呂上りに、お中元にいただいた讃岐うどんを3人前ゆでていただく。茹でる麺の量にたいして、お湯の量が少なく何度もふきこぼれ、差し水を繰り返す。食べ方はいろいろ悩んだけれど、自家製のつゆと大根おろし、レモン、ネギをどっさりかけてぶっかけうどんにしていただく。相当おいしいけど、明らかに野菜不足なので、食後にトマトジュース一本。

 オールスター第一戦、昨年は視聴率11%だったけれど、今年は二桁いくだろうか?ちなみに、一昨日の阪神×巨人戦は8時過ぎに終了してしまったこともあり、7.2%。ちなみに裏番組の
「いい旅・夢気分」
は13.5%とのこと。今年の巨人戦といい旅・夢気分の視聴率争いは、夢の9勝3敗になってしまった。完全に裏番組のスタッフは巨人戦中継がなくならないことを祈る日々だろうなあ。。。。
 
 だけど、「いい旅・夢気分」が巨人戦に勝ち続ける日が来るとは思わなかった。一昨日金石夫妻が出ていたけれど、相変わらず金石氏はデカイ。おそらく奥さんの陣内さんもバドミントン選手なんだから、大きいはずなんだけれど、金石との身長差には衝撃を受けた。金石といえば、ファイターズの抑えだった当時、9回表から登場して勝手にノーアウト満塁にしてから抑える、という元祖エンターテーメントを意識した抑えだった。前任の佐藤誠一といい、好きな選手いたなあ。。。。。

 福田氏出馬回避、もちろん負け戦をしたくないこともあるけれど、高齢、靖国を争点にしたくない。どれも本音だろう、小生福田氏は基本的に嫌いなのだけれど、今日の会見はスッキリした表情で好感が持てた。政治家の皆さんも、日々抑えてるんだなあ。。。。と思ったりする。

 今日、一番驚いたニュースは、
「○○組が幹部組員に 組員証を配布していたという。顔写真付でパスポート大。ストラップを付けて首から下げることも出来る。総本部に入る際は提示しないといけない」
とのことである。凄い時代が来たものだ、うちの会社よりよっぽど進んでいる。そのうちもっと進んで指紋認証とかするのだろうか?でも、ある日突然認証できなくなる恐れがあるから、それはやらないだろうなあ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月20日(木)敬称

 朝起きると、日経の一面の大きな文字が飛び込んできた。どうも盛大なスクープの様子。

ようは、昭和天皇が靖国を参拝しなくなったのは、A級戦犯を合祀したから。という趣旨の元宮内庁長官のメモが発見された。ということらしい。
日経のスクープというと
「山一證券破綻」
「日航・日本エア経営統合」
「公定歩合0.25%上げ」
とかの、いわゆる日経の得意分野でのスクープがほとんどだったのに、天皇問題とは驚いた。他紙がスクープしていたら、相手にもしなかったのではないか?とさえ思える内容だ。
 
 まあ結論から言うと、
「なんで今の時期に?」
という思いだ。そもそも昭和天皇も絶対公表されないと思って、元長官にしゃべった内容を、どういう形であれ公表されるのは、元長官自身大いに不本意だと思う。
 そもそも今回の内容は、目新しい内容でもないし、逆に天皇を政治的に利用する動きともとれる。昭和天皇が松岡洋右を徹底的に嫌っていたのは想像できるけれど、生々しく
「ヒトラーから賄賂をもらっていたのでは?」
などと、書かれたらご遺族だってたまらんだろうに。
 
 改めて靖国問題だけれど、根本的には国のために戦って亡くなった方を祀る神社におまいりに行くのは、首相を含めて決して悪いことはない。ただ、靖国神社がどうにも隣接している遊就館の展示を見ている限りは、思想的によろしくない、ことは明白だ。あれがなければ、個人的には問題ないと思う。A級戦犯の合祀については、東京裁判自体がインドのパール判事自身が述べていることはもちろんのこと、全く違法なものであることは明白。とはいえ、サンフランシスコ講和条約で日本が認めてしまっていることは確かだ。しかも軍人でない松岡洋右なども合祀されているから厄介ではある。
 ただ、とりあえずアジア(特に中国)では、
「悪いのは全て戦争指導者のA級戦犯であり、日本国民も被害者だったのだ。」
という理屈で日中国交回復がなったのだから、
「合祀された以上は、首相は参拝に行くべきではない。」
しかも、中国側も、首相、官房長官、外務大臣以外なら黙認する。という大人の立場をとっているからねえ。。。。

 ただ、小泉首相は今回の報道で、
「かえって参拝せねば!」
と思う性格だから、きっといくだろう。。。。。。

 マスコミって、人物が芸能界やスポーツ界を引退すると、突然敬称をつけることになる。スポーツ紙では、突然中田氏とかの表記になる。驚いたのが今話題の元極楽とんぼの、山本圭一。あるスポーツ紙では
「山本さんの表記になっている。」
確かに、逮捕されたわけでも、起訴されたわけでもなく、任意で事情聴取をされただけの段階だから、容疑者ではないだよねえ。。。これが、示談とか狂言だったらどうなるんだろうか?少し気になる。だけど、所属事務所を解雇された瞬間に、突然敬称がつく、摩訶不思議なり。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月19日(水)予想する楽しみ

 元ヤクルトスワローズ球団社長、田口周氏がお亡くなりになられたとのこと。ドラフトが抽選の頃は、抽選になると氏の黄金の左が炸裂し、次々と当りくじを引き当てたものである。かつてのドラフトは盛大に抽選が行われて大いに盛り上がったものである。当時は、数日前からドキドキして、授業中ラジオを聞きながら固唾を飲んだものである。
 当時は予想する楽しみが大いにあったものだが、今の野球はドラフトをはじめとして
「予想する楽しみが奪われている」
意見分かれるだろうけどパリーグの予告先発は大嫌いだ。今日はいったい誰が投げるんだろう?というワクワク感がないし、監督同士の読み合いとか、当て馬とかなくなってしまった。投手継投だって、素人が100%分かるというのはつまらない。グラウンドにブルペンがない東京ドームで、突然抑えで槙原とかでてくるとやっぱり盛り上がったものである。プレーオフでいきなりファイターズ工藤が包帯外して先発したりすると度肝を抜かれたものである。

 ドラフトのドラマというのも数多くあるけれど、桑田・清原、野茂、昨年の陽とかいろいろあるけれど、個人的にはロッテを拒否した小池が最高である。高校生が意中の球団以外に指名され泣くというのは複数あるけれど、大学生で泣いたのは、彼以外記憶にない。しかも、引き当てたカネヤンがカネヤンダンスまで疲労して喜んでいたのとは、180度対照的だった。
 小池は亜細亜大の大教室に陣取っていただけれど、女学生の悲鳴と落胆の声、小池の涙が当時のロッテ球団のイメージを象徴していた。あれからもう20年経つと思うけれど、今ロッテに指名されて泣く選手はいないのではないだろか?まあ、よくぞここまで頑張ったとロッテ球団を誉めてあげたい。一方で翌年小池が入団した大阪近鉄は球団が消滅してしまうのだから、時代は変わった。。。。。。。

 高野連の牧野名誉会長死去、先日の山本氏もそうだけれど、
「アマ球界というのは定年制はないのだろうか?」
大体ああいうのはボランティアでやるもので、職業として成立されるものではないと思う。アマ球界ってなんだかんだいって東京六大学がしきっている。現在の事務局長長船氏もかなりの高齢であろう。氏も早稲田出身だし、牧野氏も山本氏も慶大卒。サッカー会は早稲田一党支配と言われいるれど、どうなんだろうか?とはいえ、せめてサッカー協会のように70才定年制をひくべき!

 と思っていたら、来年70になる川淵氏予想とおり留任。
「就任時に69なら問題ない」
という屁理屈を持ち出すところがすごい。こういう感覚がまかり通るとしたら、ちょっと衝撃的である。もちろん、サッカーは小生興味がないので、どうでもいいけれどね。
 中田の引退表明を道徳の授業に教材として使う教員というのも信じられない。もちろん、
「俺がいくら伝えようとしても、他の選手には伝わらなかった」
という、批判される他の選手のこととか、一切考えない独り善がりな人間になるな。という意味で使うならばよいけれどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月18日(火)みだなら行為

 「TBSバース・デイ」
 今回は白血病から復活したファイターズ岩下投手。昨年、オリックスを解雇されて、ファイターズに入団するまでのドキュメント。ここまで、ドラマのある野球選手もなかなかいないので、さすがに重い。
 野球選手はほとんどが20代で職を失うわけだから、33歳で現役を続けるということ自体がいかに難しいことなのか、ましては白血病から復活してマウンドに立つということ自体が奇跡、そして解雇から這い上がるということも、また奇跡なのだろう。
 一軍での登板は今年まだない、イースタンでの成績はよくしらないけれど、一回くらい上で使ってみてダメならば仕方がないけれど、どうせ採用したのならばチャンスは与えてみるべきだとは思う。下で成長させるという意味で獲ったわけでもないだろうに。
 
 福岡のかね萬という野球選手御用達の肉料理専門店では、元オリックスの小林さんと、山本さんが独立を目指して修行している。オヤジさんの話だと、岩下さんもこの店で働く予定だったとのこと。これからの人生の方が数倍長いんだから、どうせ二軍なんだからあと1年やっても仕方がない、昨年で見切りをつけて、店の修行をすべき。と話したんだけれど、彼は野球を選択した。
 
 現実論では難しい選択だろう、自由契約を経て他球団で活躍した例って、かなり少ないけれど、故障をしていない選手にとっては、俺はチャンスさえあれば!との思いなのだろう。最近では、ホークス宮地が出世例か?芝草も登場しないけれど、とにかく最低一回は上でチャンスを与えてあげてほしいものだ。それが獲った側の責任でもあると思う。
 
 年齢的には自分より下なんだけれど、勝負の世界で生きて、病気とも闘って、奥さんと子供3人を背負って、やっぱりそういう人って、顔つき違うよね。すごすぎる。。。。。。。

 全く知らない人物なんだけれど、極楽とんぼなる漫才師の山本なる人物が、未成年と飲酒、みだらな行為を行い、反社会的だ。との理由で吉本興業を解雇された。こういう事件の際、相手が未成年だと

「みだらな行為」

という表現になる。成人が相手だと強姦になるのか?未成年でも合意の場合は、淫行になるのだろうか?
新潮国語辞典によると
「男女関係の乱れていること。不品行なさま」
とある。これだけだと、りくおさんの日常と全く変わらないわけだ。でも、りくおさんも相手も成人でお互い合意している場合は、みだらな関係とは言わない。
 
「もちろん、未成年か成人かは大事だけれど、合意か合意じゃないかもかなり大切な違いだとは思う。」

 だって、女性は16歳で結婚したら、みだらな行為じゃなくなるわけだし。。。。。。しかも、男女共に17歳なら、みだらな行為にはならないんだから、このあたりをはっきりしてほしいものだ。もちろん、小生には全くご縁がないので、どうでもいいんだけれどねえ。。。。

 CSで深夜に放送している
「うちの子にかぎって」
を見た。20年前くらいの作品だろうけど、当時は画期的に面白いドラマだと思ったけれど、今見ても十分面白いから不思議だ。でも、それは今の時代の子供を小生が知らないからだけだろう、きっと今の子供の方が全然進んでるんだろうなあ。。。。時代に乗り遅れないためにも、早急に子供をつくりたいのだけれど、まずはその前段階は必要である、でも依然として全く見込みがないところが大変遺憾である。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7月17日(月)花の子ぶた

 連休最終日、この三連休は金・土と結構下りの便は満席が多かったので、今日も大いに期待したのだけれど、見事に空振り。東京ディズニーシー5周年のショッピングバックを持っている親子連れもみかけることは見かけるのだけれど、思ったほどではない。勿論、夏休み前といえばそれまでなんだけれど、なんとなくディズニーもそろそろ飽きられてきている感じも否めない。いずれにしても今月は最終週の超割・バーゲンフェアでのリベンジが必要だ。

 羽田のお土産も、続々と新しいのが出てくるけれど、商品名を聞いただけでは、どんなお菓子か全く分からないものが登場した
「花の子ぶた」
これが一応、和菓子なんだから・・・・
 羊の場合って、仔羊って書くけど、仔と子はなんか意味が違うのかしらん?
ぶたも、ひらがなで書くと突然可愛くなるから不思議。豚・ブタ・ぶた。。。
 これは、予想通り、東京ばな奈でおなじみのグレープストーンの別ブランド、鎌倉五郎の商品なんだけれど、菓子業界はセカンドブランドとか多すぎる。
200607171928000
(花の子ぶたって どんなお菓子かイメージ浮かぶ?)


 源吉兆庵だって、宗家とか鎌倉があるし、あと3つくらいブランドがある。
勿論、洋菓子だって、グラマシーニューヨークとキースマンハッタン。シーキューブとアンリシャルパンティエ。などなどいくらでも例がある、ほとんどの場合は同じ地区のある百貨店に入店する際に使い分けることが多いのだけれど、同じ百貨店に2つのブランドで入店することもあるから、イマイチよく分からない。まあ、2つのブランドで異なった雰囲気の商品を売りたいのだろう。
 
 そう考えると、小生のブログも異なった主義主張で2つやるべきかもしれないが、さすがにこれ以上の時間をブログに費やすことは不可能だ。

 ここへ来て、お中元の商品が長期不在で戻ってくることが多い。日持ちする商品ならば問題ないのだけれど、生ものとかは手に負えない。なんで、こんな時期に長期不在するお宅がこんなにも多いのだろうか?
みなさん、盛大に旅行とかしているのかしらん。だとしたら、うらやましい限りだけれど。。。。。

 パロマの瞬間湯沸かし器で、死亡事故が発生しているとのこと。パロマ社の製品にはご縁がないのだけれど

「パロマといえばナゴヤ球場のイメージが物凄く強い。」
パイオニアも後楽園球場、という風にやっぱり球場の広告って頭に残る、マキタ電動工具なんて、全国ほとんどの球場に広告をだしている印象。他ではほとんど見ないけれどね。広告出稿って、狙ったターゲットを徹底的に絞るのだろう。
 東海道新幹線=住友ベークライト
が最たる例。甲子園球場には実は、全国の大学の広告が多数出稿されているのだけれど、なんとなく理解できなくもない。
 広告で知ったからってその大学目指す高校生ってどれくらいいるのだろうか?そんなことにお金使うなら、他にやることがあると思うのだけれど。。。。。とはいいつつ、やっぱり大学ってまず名前を知られることが先決なんだろうなあ。。。。高校だって、甲子園に出たら受験者って一気に増えるらしいし。こうなると世界があまりに違うので、さっぱり分からない。有名になった大学といえば、先日事件を引き起こした大阪の大学も意味不明だし、甲子園といえば、なぜか神奈川大会3回戦、母校の試合だけ雨天中止になっているのもさっぱり分からない。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月16日(日)野菜を補給

 毎日外食ばかりしていると、どうしても不足がちになるのが野菜。でも、どうしても体って野菜が欲しくなるものである。そんなとき、日本橋周辺でどこへ行くかというと
「松屋、吉野家、とんかつや」
この三つに絞られてくる。全部、思いっきりお肉料理の店なんだけれど、キャベツを思いっきり食べられることも確かだ。ただ、松屋と吉野家って牛丼は吉野家に軍配があがるけれど、野菜においては松屋の圧勝である。なんであんなに違うのか知りたいところ。松屋は千切りキャベツを他店へ卸してくらい、キャベツの千切りには自信があるようだ。
 
 でも、たまには変わった店へ行きたいと思い、お車でサイゼリヤへ向かう。ここのイタリアンサラダは、お値段の割りにボリュームがあってお得。で、本日いただいたのが
イタリアンサラダ499円、ハンバーグ399円、ミートソース399円。
相当お安いと思う、安い中でもサラダが一番高いのは納得。
 一般的に飲食店の原価率は30%といわれているけど、だとしたら同じ飲食業としては信じられない!ミラノ風ドリア299円とか一体なんなんだ?
200607161239000
(山盛り野菜のイタリアンサラダ)
200607161247000
(ハンバーグは399円)
200607161248000
(ミートソースも399円)


 昨日のテレビでファミレスが専門店に押されてピンチ。みたいな報道をしていた、ファミレスの代表が、すかいーらーく=ガストで、専門店の代表がサイゼリヤだろう。だけど、イタリアン専門店で、ハンバーグやステーキを結構売りにしているから、サイゼリヤもイタリアン専門というより、ファミレスに分類されると思う。
 
 ファミレスというより、
「すかいらーく=ガストがダメなだけだと思う。」
ファミレス好きの小生でもガストはまずいかないけど、デニーズやロイホ、は大いに利用している。しかも、今回の駐車禁止強化問題は、ロードサイド型のファミレスにとって、追い風となるのは確実だしね。ファミレスって、色々食べれるし、ゆっくりできるし、大好きだけれどなあ。。。。。

 早めに仕事を切り上げて、
「湯巡り万華郷へ戻る(爆)」
なんかもう、ここなしでは生きられなくなってきた。。。今日も、露天風呂・水風呂・サウナを徹底的に・・・・・・・・
200607152156000_1
(昨日と同じ写真・・・・・・)


本気で浦安のマンションを購入したくなってきた。でも、根本的な問題として、こういう施設はせいぜい10年の定借だから、10年たったら跡形もなくなり、マンションになる可能性が高い。そうなったら、全く意味がないしねえ。。。。
200607162111000
(徒歩圏にこういう施設があると生活が豊かになる!)


品川あたりにこういう天然温泉付きのスパが出来たら、すぐに近くのマンション購入するのだけれど。。。。。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月15日(土)みたび 湯巡り万華郷へ

 今日も、朝からとんでもなく暑い。
「よくもまあ、こんな暑い中お買い物に出かけてきてくれるなあ。。。。」
と感心してしまう。もちろん、ありがたいことである。ただ、やはり一応、東京でのお中元期間は本日で終了なので、駆け込み需要があるけれど、一時の勢いは衰えた。その代わりといっては、なんだけれど今度は、8月15日へ向かって地方からのご注文が増える、混雑緩和という意味でも新盆と旧盆があるのは、ありがたいことである。

 なんだかんだいって、9時過ぎまでお仕事。そのまま帰宅も考えたのだけれど、東関道を東へと進路をとり、
先週に続いて湯巡り万華郷さんへ参戦する。」
6月の後半から8月の上旬までは東京を離れることがないので、せめて都心の温泉へ、という算段である。
「露天風呂につかりながら、夜空を見上げると羽田へ着陸態勢をとる飛行機の灯りがとても美しい。」
サウナ・水風呂・露天風呂を徹底的に繰り返す。なんともいえないくらい、気持ちがよい。
 
 ただ、今朝の日刊に書いてあったのだけれど、無類のサウナ好きだった若松勉氏は、サウナに入ると頭の中の水分が蒸発するから、やめた。という衝撃的な記事があったけれど、本当だろうか?かなり心配。。。。。

 で、サウナって何がいいのかって、熱いのを我慢した後の、水風呂に尽きるんですよ。地獄から天国というか、開放感というか。。。。。SM愛好家の先輩に言わせると、SMは痛いのがいいわけではない。
「苦痛から解き放たれる瞬間がとてつもなく快感なんだ。」
とのことである。そういわれると、なんとなく分かる気もする。試験勉強から解き放たれる瞬間とか、我慢してトイレに駆け込んだ後の開放感などと極論すれは同じなのだろう。といったら団鬼六先生に叱られるだろうか?

 2時間の入浴、氷いちごミルク、リラックスルームで一休みしてから帰宅。
200607152156000
(これこれ!)


楽しみにしていたNHKドラマ
人生はフルコース
の録画を見ようとしたら、なんとテープが入っていなかった。この一週間、ものすごく楽しみにしていただけに、ショックはあまりにも大きい。。。。。いまどきVHSで録画しているなんて、といわれればそれまでなんだけれど、他に記録媒体がなんだから仕方がない。とにかく、とてつもなくショック。。。。

 仕方がないので、プロ野球ニュース再放送を見たら、阪神×中日の背景に見覚えのある絵というか写真が。。。。で、左隣には
「Shine on you」
 の文字が。。。。大阪ドームが京セラドームになった途端に、バックネット下のいままで南海部品とかの広告があった場所に、
アドベンチャーワールドの看板が登場したのだ!」
しかも、ご丁寧にパンダの写真付で、ひょっとしてアドベンチャーワールドは京セラの資本が入っているのだろうか?そんなことはないと思うけれど、宣伝効果抜群だ。初めて行ったのが1月、で二回目が5月、ということは、9月あたりに行く必要を感じざるを得ない。パンダ飼育係の熊川さんが自信満々に
今年また生まれるはずです!」
と力説していただけれど、どうなんだろうか?確かめに行かねばならないのかもしれない。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月14日(金)食のレベル

 昨晩の夕立から、とんでもない暑さになってしまった。小生は無類の冷房好きなので、就寝時には、もちろん冷房が欠かせない、で2時間を目安にタイマーをかけるのだけれど、今年は切れても朝まで目が覚めることはなかったのだけれど、さすがに今日は起きてしまった。で、再び冷房を入れると就寝するのだけれど、切れると起きてしまう。だったら、朝までかけっぱなしで。と思うのだけれど、起床時に冷房がついていると、身体が終了するので、こういうことになってしまうのだ。

 日中はまさに灼熱地獄、風が吹くと冷房の室外機の前にいるような、生暖かいどころではなく、熱い風にあたてしまうことになる。とにかくお部屋の内外の温度差が強烈、15度以上あると、やっぱり体調がおかしくなる。
 
 学生のころ、青果市場で夏休みにアルバイトしていたとき、外のあまりの暑さに、りんごなどを貯蔵保管している大型冷蔵ルームへさぼりに行ったものである、そのときの爽快感といったら格別だった。でも、座り込んで休んでいると。後から入ってきたおじさんに、あんまり永い時間入っていると、危ない。と注意されたものだ。たしかに、果物の長期保管庫って、温度が2度とかに設定してあるから、温度差が40度近い。で、眠ってしまったら、危険だし、身体に良くはないと思う。でも、あの温度差ってホント爽快なんだよね、小生のサウナと水風呂好きは、ここに起因しているような気もする。。。。

 峠は越えたといっても、まだまだバタバタ。11時過ぎに、弟子を連れ添って焼肉へ。
四谷三丁目の羅生門
大昔はよく行った店、たけし軍団も頻繁に見たし、今でも店内は色紙で一杯だ。ちなみに、今日はおかまの山咲トオルとかいうのが女連れで来ていた。
 およそ20年ぶりの来店なんだけれど、その当時は、おいしいと思ったのだけれど、想像以上にたいしたことなかった。小生の舌が肥えたのか?店のレベルが落ちたのか?いろいろ考えたけれど、
「やっぱり巷の焼肉屋のレベルってここ数年でかなり上がったのではないだろうか?」

 例えば、ラーメン店でも、かつて恵比寿の香月は、おいしいと思ったし、深夜まで行列が切れることはなかった。でも、今となっては特別おいしいとは思わないし、並んでいる人など見たことない。この20年の間に、世の中にはおいしいラーメン屋さんがたくさん誕生したからだと思う。
「この国における、外食産業のレベルの向上の著しさが現れているのでは?」
と思う。
(香月といえば、なんといってもあのオーダー暗記するお兄さんには衝撃を受けたものだ)

 マクドナルドのほぼ独占市場だったのが、モスとフレッシュネスにより一気にレベルが上がったのがハンバーガー業界。20年前と最も大きく変わったのが、いわゆる
「中食」
かつては、お肉屋さんのコロッケくらいしか思いつかなかったけれど、柿安ダイニング、RF1、オリジン弁当などなど数えたらきりがない。
 こうやって探していくと、
「きっとまだ一気にレベルの上がっていない食のジャンルがあるはずである」

「ビジネスチャンスはそこにあるはずだ!」
って、簡単に思いついたら、すぐに大金持ちなんだけどねえ。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月13日(木)解散という選択

 新潟県のARAIスキー場が、営業を停止、会社は解散とのこと。記事の見出しは、
「大雪でスキー場が倒産」
雪不足でスキー場が倒産ならば、大いに理解できるのだけれど、
「なんで大雪で?」
というのが普通の人の疑問ではないだろうか?でHPによると、豪雪による周辺の交通状況が悪化し、人が来なかったからだという。
 
 まあ、なにごとも少なすぎても、多すぎても困るということなのだろう。で、新潟のARAIってどこかで聞いたことあるとおもったら、も~さんのホームグラウンドだったようだ。となると、来シーズンのも~さん一家の冬の生活がさらに心配になる。
 
 で思ったのが、この経営者は
「解散という方法を選択した。」
ようは、債務超過になる前に、会社を畳もうということだ。なかなか出来る選択ではない、会社というのは、使命を終えたら解散するのが本来の姿だと思う。
 例を出してもうしわけないが、○○石炭と名前がついているが、マンションデベロッパーになったり、テーマパークやってこけたりしている会社などあるようだけれど、石炭を掘って売る、という使命がなくなった以上解散するべきだったと思う。従業員の問題などあるかもしれないけれど、債務超過になる前なら配分も出来るだろうに。そういう意味でも、もっともっと使命を終えた会社は、解散すべきである。

 サンダーオブハード出走、前走から中1ヶ月での、しかしながらその間に笹バリをしているという。笹バリまでしたのに、中一ヶ月で出走してくるのはすごい。完全な調教代わりに使ってくれているようで、すばらしいのひとこと。で新聞を見ると上から下まで◎が並んでいる。しかも、新聞には笹バリのサの字ものっていない。で結果は、直線息切れしての6着。内情をしっていう小生は愛馬といえども、馬券は買わなかったのだけれど、こんなのってたくさんあるんだろうねえ。。。。

 雨上がりの猛暑の中、しんちゃんさん、UAさん、JASさんと銀座、川のほとりでにて一席。JASさんとは、羽田空港ではよく会うのだけれど、一席設けるのは、丸4年ぶり、ちょうど前回のワールドカップ以来だ。
 川のほとりでは、店内に水が流れる、まあおしゃれな居酒屋である。
200607132042000
(店内には、文字どおり川が流れる!)


 このテの店だと、小生ほどほどという注文が出来ずに、テーブルからお料理があふれたうえに、あまるという致命的な欠陥をもっているので、今回はコースにて注文することにした。まあ、小生も大人になった証であろう。なんだかんだと場は結構もりあがり

「やっぱりJASがよかった問題」

温泉ソムリエ問題」

「やっぱり、日本全国温泉は数多くあるけれど、玉川温泉は最高だ問題」

登別と洞爺湖では、お湯のレベルが違う問題」

「江川、桑田問題」

「やっぱりハワイは最高だ」
など、積極的な議論が交わされるが

「アメリカでは買い物へ行くと、はーい私はスーザン、今日は○○を買いに来たの というのはいかがなものか?」

「アメリカでは買い物へ行くと、人が買ったものにたいして。それは一体どこにあるんだ?と聞いてくるのはいかがなものなのか?」

「韓国では、道を尋ねると、分かりもしないのに、回答してくれるのは、ありがた迷惑だ」

「乗り継ぎはNYよりシカゴの方がよい。でも、小生はシカゴスタイルに対応できるのか?」

「アメリカでは、迷ったら胸に「私をボストンへ連れて行ってください。」とプレートをぶらさげていれば、誰かがなんとかしてくれる。それがアメリカだ!」

「でも、ちびっこ一人旅とか、ジュニアパイロットに応募した方がよいのではないか?」
と、もっぱら小生のアメリカ・ボストン遠征の話題に終始した。
最後の最後にでた結論としては
「やっぱりシカゴよりはNY乗り継ぎをすべき、空港までフジコちゃんにお迎えに来てもらうべきだ」
ということのようだ、いかんせんまだ日程も何も決まっていないのに、これだけ盛り上がるというのは、
小生=米国=NYボストン
という図式が全くなりたたないからのようだ。
まさに試される小生としては、せっかくアメリカへ行くならば
「パンナムの青いバッグをたすきがけにして行くべきではないか?」
といったところである。。。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

7月12日(水)有事の際の対応

 大臣って、基本的に誰がやっても一緒。という面があることは否めないんだけれど、
「突発的に大きな事件が発生したとき、その人の実力を垣間見ることができる。」 
たとえば、ペルー日本大使公邸占拠事件の際の、池田氏というのは、根本的にダメだとは思っていただけど、事件の対応を見て徹底的にダメだということが分かった。
 
 で、今回の北朝鮮問題でいうと、麻生氏は、言葉と顔つきは下品だけれど、なかなか肝っ玉が座っていて、好印象を受ける。一方の次期首相候補筆頭の安倍氏は、ちょっとどうなのかなあ??といったところ。どんなに頑張ったって、北朝鮮のミサイル基地を攻撃することは不可能だと思う。で、思いっきり外はもちろん、自民党内からも反発をうけているけど、ちょっと言葉が軽い。もちろん、いろいろな前提条件がつくのは、よ~く話を聞けば分かるのだけれど、言葉尻をとられるのは明々白々。一見、強気で威勢がいいと思うけれど、以前スキャンダルに見舞われたときも、明らかに動揺して、熱くなっていた。この人に、この国を任せるのはちょっと早いのか?って思ってしまう。
 
 予想外にイメージがあがったのが、額賀氏。基本的に、津島派の議員は認めていないし、以前大臣を辞任したりして、悪の権化的な印象があったのだけれど、有事の際に落ち着いて、テレビに出て結構まともなことを発言している。本当は、逆なんだろうけど、さすがに南野女史とかは法務大臣はいいけれど、防衛庁長官は困るわな。。。。

 よく分からないのが、水谷建設問題。会社自体知っている人は少ないだろうし、どんな事件なのだかさっぱり分からない。政界にも波及するとか、しないとか言われている。ただ、最も注目しているのが
「NGOレインボーブリッヂ」
も捜査の対象になっていること。このレンボブリッヂは、代表の小坂氏が北朝鮮問題で、テレビにもよく出演しているが、北朝鮮よりの発言を繰り返し、相当いかがわしい。と思っていたら、全く別のところから、疑惑があがっている。いかにも、怪しそうだから徹底的にやってもらいたいものだ。

 小生、実はコンサルというのには、あまりよい印象を持っていない。以前、新店舗を立ち上げる際、コンサルに協力していただいたのだけれど、とにかくいい加減で、詐欺にあったようなものだと思った。プレゼンの際には、すばらしいと思ったものだが、実施の段階になると、口はうまいけれど、いい加減なことこのうえない。もちろん、飲食業のコンサルなんて、みんなこんなもの。といえば、それまでなんだろうけど、全くひどかった。
 
 今日は、以前インタビューに応えたコンサルさんが、研修ということで10人連れて来店。前日に、断ったつもりだったのだけれど、無理やり来店した。で、何か話してくれという。
「何かって一体なんだ?」
あんたら、企業からお金もらって研修やってるんだったら、どういう趣旨で、ここへ来てから、こういうことを話してください。というのを事前に打ち合わせするのが、最低限のマナーではないか?で、態度に思いっきり出して、悪態をついてしまった。社名は出せないけれど、こんな人たちにお金を出して研修を頼む方も、全然ダメ。やっぱり、形が見えない商売というのは、怪しい部分が多すぎ。おぎさんくらいの仕事をしていれば、こんなことにはならないんだろうけどね。

 ただ、なにはともあれお店にお客さんを連れてきてくれたわけだから、もう少し笑顔で対応してもよかったと思う、今日この頃でもある。このあたりが、小生のダメダメなところではあると思う。とはいいつつ、ひさしぶりに徹底的に不愉快になった出来事ではあった。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日(火)表と裏

 いまさら、という気もするけど、そこいら中看板だらけである。ほとんどの店舗にはいわゆる 袖看板がかかっている。
 で、気になるのが英語の表示。日本語なら縦の看板でも迷うことなく、上から下へ読ませるのだけれど。英語の場合は、縦に読む習慣はない。各店を見比べると、三越方式と高島屋方式が存在することが分かった。
200607111441000
(これが三越方式だ!)


 文字だと説明しずらいのだけれど、普通のスペルを90度立てたのが三越方式、日本語のように分解して縦に読ませるのが高島屋方式と名付けることにした。あえて気にしてみると、ほとんどが三越方式を採用している。まあ、これが普通だろう。
200607111434000
(こっちが高島屋方式)


 一部、フレッシュネスバーガーなどでは、高島屋方式を採用している。 
200607111449000
(フレッシュネスは高島屋方式を採用)


驚いたのが丸善、上下2つの袖看板があるのだけれど、三越方式のほかに混在している。看板なんだから、どちらが正しいとかではないんだけれど、設置する側 はとりあえず一瞬悩むだろうね。
200607111432000
(この丸善は強引だ!)
200607111431000
(こちらが普通だ!)


 高島屋の隣にあったのが、海苔とお茶の山本山さんの看板。かつて流れていたCMのとおり、
「上から読んでも下から読んでも山本山だ。」
ただ、これは漢字の場合、ひらがなでは、なんといっても
「おちみちお」
がその筋では代表格であることに異論を 唱える人はいないだろう。
200607111435000
(上から読んでも下から読んでも)


 ところで、なんで海苔屋さんて、山本海苔を筆頭に、山本山、山形屋とみんな山がつくのだろう?山本さんは創業一族のお名前だから分かるけれど、他2社もそうなんだろうか?海苔と山って、イメージ的には全く合わないと思うけどねえ。。。。
 有名な話だけれど、山本海苔さんと山本山さんって仲がかなり悪いらしい。元々お茶屋さんだった山本山さんが海苔をはじめてかららしいけれど。100年以上前の因縁が続いているというのは、ある意味両者共に格を感じさせる、すばらしい話である。実は仲直りしていたとしても、発表しないでほしいくらいだ。

 山本海苔さんのイメージキャラクターって、実はいまだに山本陽子さん。名前といい、和服が似合う雰囲気といいピッタリだ。ただ、彼女は同様に、両国予備校のCMにも出演していたけど、なんで?と思ったものだ。いかにも、予備校の理事長とかがスポンサーだったんだろうねえ。。。
 でも、山本陽子さんはいきなり、沖田浩之との熱愛が発覚したり、深夜の麻雀番組で徹底的にやったり表と裏が思いっきりあるのがすばらしい。なんでも表と裏があるから面白いのだろう。
200607120856000
(和服で麻雀やるのかしらん?)


 なにを隠そう、小生も高校生ののころ、思いっきり表と裏を経験してしまったのは、今となってはいい思い出である。(分かる人にしか分からないだろうなあ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日(月)WBCよりWBS

 一昨日、未明の羽田空港滑走路に全日空系の清掃会社のアルバイトが侵入してマラソンしてしまい、一時滑走路が閉鎖される事件?が発生した。犯人?は外国籍の男性で
「海を見ながら体操をしたかった」
とのこと。これに対して国土交通省は全日空に対して
「再発防止策の提出を求めた」
とのことである。何ヶ月か前に発生した福岡のテレビ局の社員が、起こした婦女暴行事件についても、
「社内コンプライアンス委員会で、再発防止策を検討する」
とのことである。でも、こういうレア中のレアな案件って、普通に考えれば再発しないんだから、そんなもの防止策なんかあるわけない。形だけの身体にひもつけておくとか、発信機つけておくとかできないでしょ?

 基本的に取材も女性も
「来るものは拒まず、去るものは追う」
というのが小生のスタンスである。遺憾ながら女性は、ほとんど来ないのであるが、取材はおかげさまでいまだに数多く依頼が舞い込む。
 ただ、最近はとにかく態度が悪い輩は断る。という新姿勢を打ち出すことにしている。
「明らかに、取材してやっている という態度」
「あまりにも礼儀知らず」
「初めから支払いする気がない、たかりのような取材」
で、今日は毎週土曜朝に放送されている某番組と喧嘩して断った。今回の理由は、2・3である。
 
 基本的に、取材でお金を払ってもらおう。という気はさらさらないんだけれど、小生の性格として
「当然のごとく、支払う姿勢がある社に対しては請求しない」
「当然のごとく、支払う姿勢がない社に対しては請求する」
このスタンスで貫いている。一部S社、おフランス系のA社は例外としているが。。。。。

 ようは、形だけでも誠意を見せて欲しい。ということなんですよ。で、今日は夕方から急遽WBSの取材、ペナントレースを面白くなくしている張本人のWBCは大嫌いだけれど、WBSは昨年の開店前日も含めて過去3回お世話になりっぱなしである。
 前回に続いてレポーターは内田詠子アナ。こないだはどうも。。。で挨拶が始まるからうれしい。元々ファンだっただけれど、実は元鹿児島の局アナだったとのことで、城山観光ホテル、味の丸一さんの話題で大いに盛り上がると一気に親近感が深まる。どんな話になっても、
「よく知ってますねえ・・・」
と感心というか、あきれられるのが小生である。今回は調子に乗って予定になかった12000円のマンゴーを提供。まあ、こんなものである。。。。。。
200607101753000_2
(流石は内田詠子アナ 一発でOK!)


 23時過ぎに無事オンエア、結構北朝鮮が打ってこないことを祈ったりしていた。5秒をVTRを使ってもらうことをお願いしていたら、およそ10秒くらい使われた。看板もアップになったし。まあまあ、よく映ってたわな。。。。。
 放送直後から携帯とメールが複数。。。。ありがたいことである。。。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月9日(日)峠越え

 日刊の一面、案の定
「王監督 共闘勝利」
こうなるから、いやなんだよね。繰り返し言っておくけど、王さんが悪いんじゃなくてマスコミが悪いんだけれど、病人はほおっておくのが一番だし、野球の本質とかけ離れたところで煽るのは大反対だ。シーズン中は野球の本質だけに専念してほしい、だから早い時期に引退宣言とかするのも、注目が本質とかけ離れたところへ行ってしまうから嫌なんだけどね。当然のごとく、この日開会式だった早実野球部主将も
「甲子園へ行くことで恩返しして・・・・・」
いう予想通りのコメントが掲載されていたけどさあ。。。。。
 
 普通に考えれば、今日の一面は試合内容絶品だった、昨日のライオンズ×ファイターズ戦だとおもうけどね。
 
 ところで前巨人軍監督の堀内氏は、お元気なのだろうか?やはり昨年ガンの報道がされていたけれど、読売新聞スポーツアドバザーとかの肩書きで給料は出ているのだろうけど、小生の知る限りテレビには登場しない。少しだけ気になる。たとえば鈴木 啓示さんのように抹殺されるほど、悪いことはしていないとおもうけど。いかにも身体悪そうで心配だ。

 基本的にお買い物というのは、日曜よりも土曜というのが一般らしい。土曜外出して、日曜はおうちでゆっくりという路線なのだろう。やっぱり完全週休二日というのが大企業以外でも定着しているのだろう。格差社会の最下層である我々は、貧乏暇なし。といったところ。でも、昨日よりは落ち着いている、昨日が峠だったのか?

 ということで、6時頃切り上げてTCKヘ参戦。なかなか難解なレースが多く、閉口するがこういうときこそ検討しがいがあるというもの。久方ぶりに集中して検討。結果は少し負けたけれど、競馬を検討するのは大いに楽しい。 ただ、今の世の中頭を使わない賭け事が主流なんだよね、パチンコとか宝クジとか。。麻雀とか競馬とか大いに検討して、悩むからこそ当たった時の楽しみって、大きいと思うのだけれど。。。。
200607091754000
(笹の葉背負ったうまたせくん)


 競馬といえば、日刊スポーツ紙上のコラムで、有力な新馬が函館に出るのに20日前の時点で飛行機がとれないのは、話にならない。と憤慨していた西山さんという馬主さん。仕方がなく前夜入りしたらしいけれど、馬の結果は見事に勝利。まあ、20日前から騒ぎたてる価値があったわけだ。
 
 TCKでは吉野家が食べられるから、うれしい。コロちゃんコロッケ、銀だこ、フランクフルト、今川焼きと共に久しぶりにジャンクフードをたくさんいただく。これもまた楽しみ。
200607091801000
(紅しょうがと七味が松屋と違う!)


 レースの合間に、場内で結婚式を挙げたカップルが馬車に乗って登場したら、期せずして場内から拍手が上がった。さすがにここではどうかと思う、昔後楽園時代のファイターズも球場結婚式というのをやっていたけれど、今思うと雨が降ると式も中止になったのだろうか?大いに気になるところではある。。。。。。
200607091947000
(白い馬車に乗って新郎新婦が登場)


 帰宅後、今日はゆっくりテレビを見る。
昨晩放送のNHKドラマ
「人生はフルコース」
帝国ホテルの村上シェフの物語。村上氏役の高嶋政伸、奥さんの牧瀬里穂共にすごくよかった。特に牧瀬里穂の演技って、こんなにうまかった?という感じ。原作は日経の私の履歴書で読んだけれど、ドラマになってみると料理って、やっぱり臨場感が伝わってくる。リンゴで作るパイナップルなんか、みていてワクワクした。
 
 ところで、やっぱりコックさんって、
「有る程度太っていた方が料理がおいしそうに見える気ってしません?」
オークラの小野ムッシュと村上シェフの差って料理の腕は分かるはずもないけど、イメージとしては村上氏の方が上に感じてしまうのは、そのせいか?だから、病気して痩せたときは、サラシをお腹に巻いたというのは、有名な話。だから、コックさんではないけれど、食品を扱う小生としては、ガリガリより太っていた方が安心感があると思い、
「やむなく現在の体型を保っているのである!」

 大相撲ダイジェストといえばテレビ朝日なんだけれど、いつの間にか終了してしまった。で、ESPNで放送している。解説は旭道山元代議士、ゲストはデーモン小暮閣下。すごい組み合わせである、デーモンはNHKにもゲストで出演したことがあるようだけれど、アナウンサーを含めての3ショットは強烈。しかも、明らかにデーモンが一番詳しいからすごい。

 インドがミサイル実験、もちろん日本を標的にしていないことは分かっているけど、こういうのも一緒に徹底的に糾弾しないとダメ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月8日(土)湯巡り万華郷再び

 ちょっと流石に疲れもピークに近づきつつある。自分も含めて、こういうときはミスが重なってしまうもので、トラブルが多発する。で、トラブルに対応していると、それだけでもの凄いパワーと時間を要し、疲れ果ててしまう。
  まあ小売業というのは、クレームがつき物なんだけれど、商品についてのことならば、ある程度仕方がないのだけれど、信じられないレベルの接客へのクレームには閉口してしまう。
 
 「これも、全て責任者である私に責任があり、従業員教育の至らなさにつきましては、再度・・・・・・」
というのがお決まりのパターンである。まあ、中小企業の宿命かもしれないけれど、
「給料が安いから、そういう人材が集まるのか?」
「そういう人材が多いから、中小で給料が安いのか?」
勿論、経営サイドに根本的な問題があるのは分かっているけれど、ニワトリが先なのか卵が先なのか?このあたりはMBAの方に相談するべきなのかもしれない。普通に考えればニワトリがが卵を産むんだから、ニワトリが先だわな。
 
 ニワトリと卵といえば、親子丼である。親子一緒に料理して食べちゃうんだから、かわいそうである。まあ、親子だから一緒に料理しても相性がいいんだろうけどね。鶏肉がカツになるとカツ丼、ところが揚げていない豚肉を卵で煮ると他人丼になる。でも、ほとんどの場合が他人なんだから、他人丼というネーミングはどうなんかな?とも思う。牛とじ丼とか、あるしね。

 今日は、土曜日なので21時過ぎには切り上げて一昨日発見した
湯巡り万華郷
へ参戦する。日本橋からだと、高速経由で20分。土曜の夜ということで、一昨日よりは混雑しているけれど、らくらく入浴できる。会社終ってから温泉で寛げるというのは、極楽である。
 
 露天風呂・サウナ・水風呂・薬湯を徹底的にくりかえす、海風にあたりながら休憩できるのがうれしい。2時間入浴すると、もう動けなくなる。氷いちごミルクを食べると、ふにゃふにゃになる。リラックスシートに身体を沈めると、あっという間に就寝。このまま泊まろうかとも考えたけど、翌日も仕事なので12時過ぎに退場。ここはお湯もいいし、なにより清潔なのがいい。6時以降はナイター料金1900円が適用されるので、通ってしまいそうだ。
200607082118000
(至福の一瞬)

 
 帰宅後、プロ野球ニュースを見ると、田淵幸一氏のご子息が初登場とのことで衝撃を受ける。田淵氏といえば本当に美しいホームランを打つバッターだった。小生が見た中では、秋山幸二氏のホームランの美しさと双璧だ。滞空時間の長い、綺麗な孤を描くホームランって本当に少なくなった。別に悪いわけじゃないんだけれど、正反対に美しくないホームランの代表格が古田監督であろう。
 秋山の膝の使い方も天性のものがあるのだろう、今でいうとファイターズ稲葉が極たまに、片鱗を見せるけど、秋山の場合はホームラン、稲葉の場合はヒットになる。

 プロ野球ニュース再放送を見ながら寝てしまった。4時過ぎに気付いて本格的に就寝。。。。。。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月7日(金)名医緊急帰国

 この金・土・日が関東ではお中元のピークになる。さすがに、そろそろ身体がきつくなってきた。不思議なもので、関東以外ではまだまだ8月の旧盆にお中元を贈る。ところが、九州でも熊本は東京と同じ7月だけど、熊本以外は8月、北陸も金沢は7月だけど、それ以外は8月となっている。このあたりは、なんとも摩訶不思議である。だったら、お正月も旧正月という地方はさすがにないだろう。
 だけど、仏様は地方によって帰る日をちゃんと分かってるんだろうねえ。

 W杯の3位決定戦の主審を日本人の方が務めるとのこと、きっとすごいことなんだと思う。だけど、こういうトーナメントの3位決定戦って、どこまで意味あるのだろうか?1回も負けないことだけに意味があって、2位も3位も最下位も変わらないのでは?と勝手に思う。

 そろそろ高校野球の予選が始まるけれど、20年前の夏の大会で天理が優勝したのだけれど、実はもう1校だけ1度も負けていない学校があることは、あまり知られていない事実である。だから、天理が本当の日本一なのか?という疑問が常に残っているのである(笑)

 ところで、今日の日刊の1面は、
「名医緊急帰国 王監督 助ける」
とある。K大K教授が外国から緊急帰国するとのこと。あまりこういうこと言いたくないんだけれど、患者によって病院って明らかに態度違うと思うのは小生だけだろうか?スカパーの設置も認められたというけど、ということは

「小生が入院したときは、個室ならスカパーの設置を認めていただけるのだろうか?」
そこをはっきりさせてほしい。
「小生が胃がんで入院したときは、胃がんの権威とやらが緊急帰国してくれるのだろうか?」
前者はともかく、後者は絶対ダメだろう。ちなみに父親の時は、若い医師が担当で、この方は一度も登場しなかったと記憶している。
ちなみに福沢諭吉先生の
「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず・・・・」
ここまでのフレーズだけが広まってしまっているけど、その先を読むと結論として
「現実は、そんなことはない、だから勉強しなければならない」
 ということを述べている、つまり「学問のすすめ」だ。

 全くもっておっしゃるとおり、だから病人が平等、命の重さに変わりはない。なんていうつもりは、さらさらない。ただ、名医に診てもらいたくても、かなわず納得できずに亡くなる人が大勢いることも確かだ。王さんも
「悔い残したくない」
とおっしゃっているが、そのとおり。だけど、かなりの患者さんは悔いを残して亡くなっている。
そういう患者さんやご家族かの気持ちからすると、この記事は納得できないのではないだろうか?
 
 特別待遇を発表する病院も論外だけれど、記事にして煽り立てるマスコミは最低だ。一見すると王さんがんばれ!風だけれど、多方面にとんでもなく配慮に欠ける大ばか者である。もちろん、最も迷惑がかかるのは王さんでもあることは言うまでもない。

 明日も朝早いけれど、頑張って出来る限り朝生を見たい。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月6日(木)豚カルビと韓国のり

 とある会合出席のため、舞浜のディズニーアンバサダーホテルへ。午前中の部着席の会合は、場内を暗くしてのプレゼンというか報告会だったため、当然のごとく速やかに就寝。昔から、小生居眠りする際は頭を左右にもたれかかるクセがある。今回は隣の席の人が全く知らない人だったけれど、かなりのご迷惑をおかけしたようである。
200607061333000
(元祖ディズニーブランドホテル)


 お昼は、立食パーティー。一応円卓に自分の位置をキープするのだけれど、周りに知っている人は皆無。こういうときは、非常に困る。典型的な日本人である小生は、
「どうもどうも」
と話のきっかけをつくることが容易に出来ない。まあ、無理してお話する必要もないといえばないのだけれど。。。
 そう考えると、
「日本シリーズ帰りのバスの中で隣り合っただけで、飲みに行ってしまったり。」
「寝過ごして、ようやく降りた駅で見ず知らずの女子高生と一緒に立ち食いそばを食べたりする」
そんなことが出来る人の存在、というのは信じがたいものである。まあ、彼の信じられない点は、そんな甘いことではないのだけれどね。
 
 とはいえ、実は小生ホテルの宴会料理は大好きである。よくあるのが
「真っ先に寿司屋台やローストビーフに並ぶ人」
あれはダメ、やっぱりキャビアなどの前菜から順にいただきたいものである。寿司はともかく、ローストビーフは絶対に売り切れたりしないものである。まあ、結論から言うと今回のお料理はたいしたことがなかった。唯一の注目は
「ミッキーのパンケーキ」
200607061301000
(ミッキーが真っ二つってアメリカに怒られないのかしらん?)


これは、楽しい。だけど、ミッキーを真ん中から真っ二つに切るのはいかがなものだろうか?小ぶりに焼いた方がいいと思うのは小生だけだろうか?

 あとデザートの目玉で登場したのが、
「トルコ風アイスクリーム。」
愛知万博で人気だったらしい、なんか混ぜて伸ばすやつ。そもそも天下のOLCが愛・地球博のお下がりをつれてくるとは、話にならない。しかし、
「なぞのトルコ人は一体どこから連れてこられたのだろうか?」
よくある大道芸人とかも、なぞである。
200607061307000
(謎のトルコ人青年?)


「ホテルの教会の神父も平日は一体何をしてるのか?」
新宿の路上で、飛び跳ねる紙のピエロとか売ってたりしそうである。

 今日のトルコ人青年は、アイスを売っているけど、トルコ人青年といえば
「トルコをソープと改称させた人である」
たしかに、外国で自分の国名が売春施設の総称になっていたら、誰でも困るわな。。。。。。。

 イクスピアリが誕生したのが、6年前の7月7日、つまり明日で丸7年である。開業前に
「結婚が決まったらアンバサダーホテルのウエディング第1号にしますよ」
と担当者に言われたものだが、今日は
「再来年に新しくホテルが開業しますから、そのときまでには。。。」
といわれてしまった。そういえは、今日の乾杯の発声はグローバルダイニングの長谷川社長だった。
「6年前とは、社会情勢が全く違う。もう違う国のようだ」
とお話されていたが、遺憾ながら変わっていなのは小生だけのようである。
 冷静に考えるとイクスペリエンスとピアリの掛け合わせである、
「イクスピアリ」
という造語はよく出来ている。
200607061347000
(もう7年目を迎えるイクスピアリ)


 少し時間があるので、新浦安にこの春オープンしたという温浴施設
湯巡り万華郷
さんへ立ち寄る。それは、典型的な新興住宅地の一番海側に位置する。幕張でいうところのマリンスタジアムの位置のような感じ。
 平日だけにさすがに空いている。でも出来たばっかりとあって、清潔で好印象。今日は時間がなかったけれど、次回はゆっくり楽しみたい。ただ、お外の水着着用ゾーンはノーサンキュー。どうも、水着で温泉入る気には絶対にならないんだよねえ。。。。。
200607061530000
(館内は大江戸温泉に対抗して大正浪漫風)


 もともと新浦安って、住民税も安いし東京へすごく近いし、人気のあるエリアなんだけれど、こういうすばらしい施設ができるとますますいいねえ。。。現実的にマンションを購入することはないと思うけれど、町並みも綺麗だし、大きなスーパーもあるし、新浦安人気でるの分かる。
200607061534000
(時代は新浦安?)

 気になることをいくつか。。。。。
 王監督が治療のため上京、空港での写真が新聞に掲載されていたけど、病人を追いかけるのは止めたほうがよいのではないかい?で病院でテレビを見て見守ると発言していたけど、やっぱり慶應病院特別病棟には急遽スカパーが導入されるのだろうか?
 今回の場合に限らず、病院ってテレビくらいしか楽しみがないんだから、多チャンネル化を進めるべきだし、枕元にLAN回線は必須である。というかネットさえあれば、他は何も要らないだろう。小生も慶應病院には2回ほどお世話になってるが当時は、地下の売店に頼むとテレビを設置してくれたと記憶しているけど。

 万峰景号の入港を半年禁止するという。半年って一体どういう意味なんだろうか?無期限じゃないの普通?半年の意味がさっぱり分からない。
「そもそも日朝平壌宣言に反する可能性が高い」
って安倍氏が談話を発表しているけれど、可能性とかじゃないでしょ?500%反してると思いませんか?

 今話題の男前豆腐書類送検もビックリしたけど、今日一番のニュースは21歳の男と17歳の女が
「深夜焼肉店に侵入し、豚ロース1人分や韓国のり3人分など、計約2500円を飲み食いした疑い。」
すごいよね、お肉を盗んで帰って焼いて食べる。これならば納得しますよ!でも、いきなり店内で焼いちゃうところが凄い。しかも豚カルビ食べることはないと思うけどねえ、せっかくなら特上カルビとか焼いちゃえばと思うけどねえ。。。
 先日の奈良だかの家に放火しちゃった高校生がワールドカップ見たくて他人の家に侵入し、冷蔵庫から勝手に飲み食いした、というのも凄いと思ったけど、最近の犯罪は北朝鮮の国際犯罪も含めて、堂々とやるから凄い。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月5日(水)自然災害とは?

 いきなり早朝から大きなニュース。ずいぶん前から準備完了していた割には、
「この間(ま)はいったいなんだったのだろうか?」
ただ、どうしてもいきなりミサイルを発射するメリットが感じられないよねえ。。。

「万が一、日本国内に落下して、死傷者が出た場合は、自衛隊は自然災害として出動する。でも反撃はしない」
実は、こんなのが決まっていたらしい。
 「これって一体何なの?」
と思う、他国からのミサイルで死傷者が出ても自然災害。。。だったら、戦争ってありえない。これ、先制攻撃以外の何物でもないと思う。ロシアはかなり近くに落下したらしいし、ホント ロシアへ落下していたら、ロシアは反撃したのだろうか?
「いやいや、本当はロシアさんを狙ったんじゃなくて、日本やアメリカだったんですよ。。。。(笑)」
みたいなことで、釈明するつもりだったのだろうか?
 ある意味、日本の山奥にでも落下していれば、日本政府、国民としてももっと自分の問題として、捉えることができたはずである、そういう意味では残念でもある。
 ただ、世界的にみればインドやパキスタンなんかもやっていることだから、当事国以外は気にもしないとは思う。
密かに今日は、韓国も盛大に日本の排他的水域で調査とかやっているし、中国も同様だ。完全になめられっぱなし。
結論からいえば
「今の憲法ではどうにもならない」
「核兵器を持たないと国際的には話にならない。」
「でもこの国は憲法改正も出来なければ、核なんて100年経っても無理だろう。」
「だったら、徹底的にアメリカと仲良くするしかない!」
 
 小泉首相がまさにそれを実践している。さすがとしか、いいようがない。国連主導なんていったって、そんなものは役に立つわけない!現実的な選択としては、もっともっとアメリカに好かれるしかないのである!まずは
「プレスリーを聞く」
「USビーフをどんどん食べる」
「野村でUS MMFを購入する」
ボストンへ遠征して、現地へ金を落とす」

そんな身近なことから始めたい。。。。。

 資生堂パーラーの羽田空港限定の新商品
「プレミアムミルチーズ」
試食させていただいたら、かなりおいしいので思わず購入。
 
 資生堂パーラーって、あの青字に金文字がすごく印象的。全ての商品が同じデザインというのは、戦略としてかなり有効なのだろう。小生の憧れでもある、さすがに1万円のカレーとかは一生食べないとは思うけれど、ふさわしい相手が見つかったら
ロオジエ
には死ぬ前に一度は行きたいと思っている。もちろん、小生が「ロオジエ」にふさわしい人間になるのが先決やもしれないけれど。。。。
200607052309000_1
(やっぱ高級感あるよねえ。。。)


 帰宅後、早速大きめに切っていただく。
「さすがはスペシャルチーズケーキの資生堂パーラーである」
ミルフィーユのカスタードの代わりに濃厚なチーズがたっぷり、なんとも美味しかった。
200607052311000_1
(濃厚なチーズとサクサクのパイがなんとも・・・・)


 実は、チーズケーキは小生にとって永年の懸案であって、ようやくレアタイプは自信作が完成したのだけれど、スペシャルチーズケーキのようなベイクドタイプで日持ちのするものは難しいのだ。というわけで、より深く研究するために、また買って試食せねばならない。。。。。。

 王監督休養、とにかく無事に戻ってきてほしい。と思うと同時に、
「この流れって、ホークス優勝なのかしらん?」
と思ってしまう自分を否定できないところが、恥ずかしい限りだ。。。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7月4日(火)ジパング

 フランスから16才の少女2人がマンガやロックであこがれている日本へ向けて家出、陸路向かったが、ドイツ、ベルギーを経由し、ベラルーシへ入国する際に保護されたという。
「朝鮮半島までは陸路で、そこからは船で日本へ向かうつもりだった」
「文化から生活スタイルまで日本にあこがれていた」
ちょっと、衝撃的なニュースであった。昨日書いたアニメ声優の田中理恵さんが、台湾で大変な人気というのも驚いたけど、まさか天下のおフランスまで日本のアニメ文化が進出しているとは思いもよらなかった。
 まさに、二人にとっては黄金の国
「ジ・パング」
だったんだろう

 外務省の
「ようこそJAPAN」
キャムペーンが功を奏したということなのだろうか?

 とことで、彼女達があこがれている日本の文化、生活スタイルというのは、漫画、ロック以外何を指しているのだろうか?ロックって、まさか
「棄権するなら、ロックによろしく」
の内田裕也氏とか
「牛乳を飲みてえ」
忌野清志郎氏ではないと思うけれど。。。。。
 で、活字にされると
「日本の文化・生活スタイル」
ってイメージできない。ロハスとかアンチエイジングとか、プレスリーとかなのかしらん?こういうことを、簡潔に述べることの出来ない、小生も日本人として情けなく感じるところもある今日この頃である。

 だけど、いくらなんでもお二人の行動力には驚かされる、そもそも陸路で日本へ行くのと、(そもそも本気でたどり着けると思ったのか?)空路で行くのと、どっちが安上がりかは分からない。沢木耕太郎氏の深夜特急は路線バスだったし、猿岩石は一応、ヒッチハイクだったけど。。。ホント、よくこのご時世に無事に保護されたものである。
 少女といえば、広島の女児殺害事件、ヤギ容疑者に無期懲役の判決が下された。裁判官は異例の
「仮釈放は可能な限り慎重な運用を希望する」
とのコメントを付け加えた。ようは、限りなく死刑に近い、無期なんだろう。よく言われるのが、アメリカみたいに
「懲役200年」
とかしちまえ。という案、小生も賛成である。
 なんとなくだけれど、例の山口の親子殺害の遺族の執念が世論を動かしつつある。と認識している。ただ、死刑というのは、万が一ということもあるので、なるべく避けたい。一生刑務所で隔離してもらえれば小生としては問題ないと考える、それくらいのコスト負担は仕方がない。

 コストといえば、この夏の旅行にかけるコストが3兆円を超えるとのこと。皆さん、我も我も遠征するようである、小生も早急にプランを立てる必要があるの。とりあえず
ボストン遠征
の詳細を煮詰めことが先決である。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月3日(月)ジョニー豆腐など

 お中元、真っ盛りである。我も我もお中元をご注文に来ていただけるから、ありがたいものである。我々の世代は一般的に、お中元、お歳暮の習慣はなくなった。とかいわれているけれど、そんなこともないようである。もちろん、小生はこういう商売をしているからかもしれないけれど。
 土日は若夫婦と見られる方々も多く来店する。顕著なのはネットショッピング、
「ずいぶん若い年齢の方もお中元ってするんだなあ。」
と感心してしまう。ただ、自分がもらうときって、せいぜい3000円なんだけれど、皆さん10000円くらいのを贈るんだから、すごい。世の中には、すごい世界があるなあ~とつくづく思う。
 
 なんだかんだいっても、年賀状とか中元歳暮なんていうのは、脈々とつづく日本のよい習慣だと思う。もちろん、俺は誰の世話にもなってない、という人もいるだろうけど。そんなことはあるはずもない。で、少なくとも、あの人には何を送ろうか?と考えている瞬間って、相手のことを結構真剣に考えているはずである。そういうのって、なんとなく大事な時間であると思う。

 ただ、先日ある会社の方と話したら、もらった中元は全て送り返すそうである。それでも、送ってくる人がいるそうで。返せない生ものを送ってくるそうだ。その場合は、仕方がないので商品券で送り返す。とのこと。まあ、そこまですれば立派なものであるけど、どうかと思う。現金送りつけてくるようなのは、困ると思うけれど、接待とか中元、歳暮くらいは、特に問題ないと思うけどね。
 
 まあ、例の小泉首相のバレンタインと同じであろう、ぐんぐんさんが嫌っている高市早苗氏曰く
「いつの間にか、着払いで返した。ということになっているけど、あれは嘘である」
とのことであったけど。。。。。

 中田引退とのこと。昼間は、山崎パンが東ハトを買収するけど、中田はそのまま。みたいな記事ににぎわっていたけれど、深夜帰宅してTVタックルを録画で見ていたら、ニュース速報が流れていた。報道ステーションも結構な時間を割いて報じていたけれど、そこまでのことなのか?と思ってしまう、なんていうとまた怒られそうであるけど、そこまでの事件なのかしらん?
 よく分からないのが、HP上で引退を表明とのことであったが、報道ステーションの番組後半では、本人のインタビューらしき映像が流れていた。あのあたりは、
「やっぱり何時解禁とかいう報道協定が結ばれていたのだろうか?」
報道協定が結ばれていて、ニュース速報流したとしたら、とんでもない話である。誘拐事件とは意味合いが違うからね。
 まあしかし、ひとつの大きな目標が終わったところで、引退というのは非常に理にかなっている。HPの文章も全て自分で書いたとしたら、たいしたものだ。ただ、
「他の選手にあれだけ言ったのに、全然伝わらなかった。」
というのは、いかがなものかな?とも思う。小生はソッカーのことは分からないけれど、日本における中田っていうのは、そんなに一人だけレベルの違う選手だったのか?まあ、見る人が見れば違うんだろうけど、誰もがこういう発言内容に違和感を覚えないのなら、たいしたものなのだろう。

 フジテレビ739 
「テリー伊藤プロデュース業界マル秘研修ビデオ」
が面白い。元カリスマホストの城咲 仁がMCを勤め、マニアックな各界の一流の方を招いて、テクニックを探るという番組。いままで、焼きいも屋さん、ゴルフキャディー、キャバクラ嬢などがあったが、今回はアニメ声優。
 
 田中理恵さんという声優さんが登場したけど、なかなか面白かった。アニメ声優といえば、大山のぶよ、古屋徹、山田康夫などで止まっている小生としては、海外でのイベントで大歓迎される声優さんというのは、衝撃的な存在だった。相当マニアなファンも数多くいそうで恐ろしい、田中理恵さんの出演作品一覧をみたけれど、作品の名前をかろうじて聞いたことがあるのが、リングにかけろ、ガンダムだけで、ほとんどの作品は聞いたことがなかった。

 声優さんといえば、ルパン三世の声を山田康夫さん亡き後、栗田貫一が代役を務めているが、あくまでも物まねであって、違和感がものすごくある。あれだったら、ドラえもんのように、全く別の人がやった方がいいのでは?と思ってしまう。

 昨日の男前豆腐に続いて、今日は
風に吹かれてジョニー豆腐をいただく、
200607032208000
(とっても滑らかジョニー豆腐)


初期の美味しんぼの対決でおなじみの、寄せ豆腐だか、ざる豆腐風で、とてもなめらかで美味。るいさんのご指摘どおり、ポン酢とラー油ではきついので、かるーくおしょうゆをかけていただく。ちょっと、これはクセになりそう。。。。。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7月2日(日)独自の倫理観

 先日の国立・私立小学校へ通う割合は東京の中でも西高東低の傾向が顕著に出ていた。所得や地価の面でもこの傾向は露骨に現れる。どうしても東京の西部、南部の方が東部、北部よりイメージがよい。この傾向は、東京都内にとどまらず、やっぱり神奈川、東京都下の方が埼玉、千葉よりも同様の傾向がうかがえる。
 
 たとえば、東京駅周辺に通勤するならば、世田谷からよりも墨田、葛飾、江東などの方が近いのだけれど、世田谷の方が圧倒的に地価が高い。やっぱり、このあたりは地盤などが影響しているのだろうか?小生なんて、別に江東区でも全然問題ないというか、都心から近いし、同じ値段で広い面積を買えればお得と思うのだけれど、ほとんどの人はそうは思わないのだろう。
 
 ただ、このあたりの傾向は、東京に限ったことではなく、例えば福岡でも全く同じ傾向が見られる、天神から見て南の西鉄電車方面および、西へ向かう地下鉄方面の方が、JR沿線の東よりも格段に発達している。
 
 イメージでしかないけれど、大阪も同様ではないか?名古屋はわからないけれど。。東京は地盤とかの理由がつくけれど、他の都市はなぜだろうか?想像するに、通勤の際、太陽を背負うよりも太陽へ向かって行く方がいいとか?それとも仏教では、西や南の方が東や北よりも上位とされているとかあるのかしらん?

 日経ビジネス
「敗軍の将兵を語る」
今週は、阪神久万相談役。相談役の久万氏が、敗軍の将かどうかは議論が別れるけれど、いつも思うのが
「顔写真の写りが、あんまりなのが多い。」
もちろん、敗軍の将だから笑顔で、元気そうに写っているのも変なんだけれど、ホント囚人みたいなのが多い。やっぱり元気そうに写ってしまった場合は、修正とかするんだろうか?まあ、今の時代写真なんていくらでも修正がきくんだから、小生も見○写真は修整した方がいいのかもしれないが。。。。

 さすがにお中元期間中は、日曜も出勤。自分でも贈るけど、やっぱりお中元、お歳暮というのは日本独自のうれしい習慣である。以前、ある業者さんからビールが贈られてきて、仕方がないのでお礼状だけ書いて、会社で配った。
「すみません、お酒は飲まないんですよ」
と先方に申し訳なく宣言したら、お歳暮にはコーヒー詰め合わせが贈られてきた。仕方がないのでお礼状だけ書いて、会社で配った。さすがに、コーヒーも飲まないとは言えない。モルモン教と間違えられたら困るし。。。モルモン教といえば斉藤由貴であろう。当時、
「お茶もお酒も飲まないけれど、不倫はいいのか?」
と大いに疑問を持ったものである。
 同様の例としては、高校の時クラスで、格闘技がだめな宗教の信者さんが、体育の授業で
「柔道見学しているくせに、大学生協で万引きしていたけれど」
あのあたりの倫理観というのは、意味不明だ。
 まあ、独自の倫理観といえば、りくおさんが他の追随を許さない。ということも、付け加えておく。

 遅くに帰宅して、ご飯を買おうと思ってセブンイレブンへ。なんと、
男前豆腐
200607022007000
(なんだか分からないけど、おいしい男前豆腐)


を発見、噂には聞いていたけれど、まさかセブンに置いてあるとは、思わなかった。早速、購入ヤッコでいただく。お値段も高かったけれど、なんというか滑らかというか、豆乳っぽくておいしかった。次回は、風に吹かれてジョニーの方に挑戦しよう。だけど、ここの社長さんって、ほんと商売うまいよねえ。。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

7月1日(土)田舎のプレスリー

 小泉首相が訪米しているが、今回の話題は完全にプレスリー一色である。ゲンダイいわく
「プレスリーとオペラを共に好きだなんていうやつは、音楽のことを何もわかっていない証拠だ(音楽関係者)」
とのコメントを用いて徹底的に酷評しているが、まあプレスリーが好きとのこと。(こういう音楽関係者というのが、実在する人物なのか、かなり怪しいけれど。。。。)
 ところで小生、プレスリーという名前は知っているけれど、さすがにイマイチわからない。連想することは
・西田敏行の物まねというかネタ?
・ドーナッツのた食べすぎで亡くなったらしい。(徳川家康はてんぷらの食べすぎで亡くなったというが、本当か?)
とかいろいろあるけれど、本命は
「吉幾三の俺は田舎のプレスリー」
であろう。本物は知らなくても、吉幾三のおかげで、想像がついたものである。同様の例としては、以前も書いたが
「長州小力が長州力」
を知るきっかけになったしまった輩や
「会津のケネディこと渡辺恒三からJFK」
を知る人も多いだろう、最近はタイガースのJFKも本家JFKの普及に一役買っているようではあるが。。。。

 でブッシュと一緒になって、代表曲である
「ラブ・ミー・テンダー」
を歌っていたが、「ラブ・ミー・テンダー」といえば、小生の世代にとっては、松本伊代であり、忌野清志郎先生なのではないだろうか?特に忌野清志郎先生のは、反原発の歌詞で、所属の東芝EMIが
「素晴らしすぎて発売できない」
という歴史に残るセリフまで生んだ名曲である。「サン・トワ・マイ・ミー」と共に小生の知っている氏の曲の代表作である。。。。たしか歌詞の中で
「牛乳を飲みてえ」
というのが、あるけれど。この牛乳が有り余っている時代こそ、忌野清志郎先生には腹いっぱい牛乳を飲んで欲しいものである。
 忌野清志郎先生といえば、仲間かどうかはわからないが、内田裕也氏がウインズ銀座でスリの被害に遭ったけど、既に購入済みのNHKマイルカップの馬券を50万円的中させ、すべて取り戻して余りがあったというのは、スケールの大きさを感じざるを得ない。

 社台地方2頭ともめでたく当選、となるとラフィアンは1頭か?ただ、社債の償還資金を銀行から調達できずに、株主総会直後に抜き打ちで1500円規模の第三者割り当て増資をせざるを得ない日航ばりに資金調達が困難になってしまう。
 だけど、いきなり株数が3割増えるとなると、月曜は株価下落必至?糸山英太郎先生のコメントが聞きたい、万が一金曜あたりに売り抜けていたとしたら、インサイダーになってしまう。まあ、超プロを自認する先生ならば、そんなヘマをすることはないと思うけれど。。。。。
 勿論、小生に融資してくれる銀行も、投資してくれる人もいない、全ては明日のゼスト障害デビュー戦、次開催の大井へ勝負をかけるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »