« 5月22日(月)大きなハナ差 | トップページ | 5月24日(水)ブログ炎上? »

5月23日(火)五分の条件

 会社の近くのローソンが先日閉店した、なぜかというと目の前にセブンイレブンがオープンしたからである。ほとんど同じような立地でも、セブンは角にあり、店舗面積もかなり大きい。一方のローソンはちょっと奥まっているイレギュラーな店舗だった。しかし、一方は大繁盛、一方は閉店。この事実を見ると、完全に勝ち負けがはっきりとついた形だ。勿論、ありえない仮定ではあるが、これが全く五分の条件だったらどうなんだろうか?ふと思ってしまった。
200605231513000
(看板が白く塗りつぶされた元ローソン)


 コンビニっていうのは、店長さんによってどれくらい売上って変わるのだろうか?やっぱり、そんなに劇的な変化ってありえないとのこと。ただ、うまくアルバイトさんのモチベーションを上げてあげると、内部による万引きが劇的に減って、粗利がよくなることはあるらしい。

 でもホント、五分の条件で勝負するということが一番難しい。なんでも勝負って、現場へ下りる前に80%は決まっている。現状ではロッテと楽天は同じ条件で戦っているとはいえないだろう。よく言われるのが、格差社会の固定化。普通に考えれば、勝ち組の子供は勝ち組。負け組み子供は負け組みに固定化されていく。これは深刻な問題であることは間違いない。
 そんなご時世で、葉加瀬太郎・高田万由子夫妻はお子さんを公立の小学校へ入れたという。ご本人は白百合から東大という学歴を出すまでもなく、バリバリのブランド主義かしらん。と思っていたのに、意外や意外。なんでも
最終的にどこの大学をでるかが大事なので、小学校などはどうでもよい
との主張らしい、まあいかんせん芸大と東大というとんでもない夫婦なので、物凄い自信があるということなのだろう。小学校はともかく、いかんせんもって生まれた頭脳が平等ではなさそうだ。。。。。。

 小生も頭脳、男前共に大きなハンディを持って生まれてしまった。。。そういえば、指宿砂蒸しの内湯には
裸になって、温泉に浸かれば 社長も泥棒も関係なく平等である
と書いてある。泥棒と一緒にされてしまうのは、社長さんもいい迷惑であるが、よく考えると、平等を求めて小生指宿を愛しているのだろう。心身ともに疲れ果てた小生としては、一刻も早く指宿へ向かうべきなのかもしれない。。。。。。

|

« 5月22日(月)大きなハナ差 | トップページ | 5月24日(水)ブログ炎上? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/10211962

この記事へのトラックバック一覧です: 5月23日(火)五分の条件:

« 5月22日(月)大きなハナ差 | トップページ | 5月24日(水)ブログ炎上? »