« 4月3日(月)一難去ってまた一難 | トップページ | 4月5日(水)崎陽軒他 »

4月4日(火)ストロベリーとクローバー

 200604041211000


 10時までグッスリ熟睡。やっぱり眠ればある程度の疲れは回復できる。11時過ぎにチェックアウト、天神へ戻りご挨拶、名物の蜂楽饅頭をいただく。蜂楽饅頭とは、今川焼きの皮に蜂蜜が入っているだけのお菓子である。建て替えのため本店での営業が本日までの大福うどんにて、「おてがるうどんすき」をいただけば、福岡での全日程が終る。岩田屋さんの今週の催事は、婦人服ストロベリーサイズバーゲンである。ストロベリーサイズというのは、小さなサイズであるらしい。一方の大きなサイズは、クローバーサイズというらしい。何故、小さいのがストロベリーで、大きいのがクローバーなのかは分からない。いちごが小さいという意味ならば、マンゴーとかスイカとか、メロンとかではだめなのか?男の場合は、スーパーメンズ、キングサイズというのはあるが、小さいサイズの略称はあまり聞かない。伊勢丹のスーパーメンズバーゲンもこれからは、紳士服クローバーサイズバーゲンと改称していただくと、かわいらしくてよい。
200604041251000

 福岡は本当に好きな町であるのだけれど、唯一といってもいい大きな欠点がある。とにかく水が悪い、悪すぎである。数年に1回は渇水するし、水道で手を洗ってもガサガサになったりする。シャワ-もしかりである。
200604041400000

 お帰りはANA特割1、一週間前の普通運賃のおよそ半額である。なんだかんだいっても、スカイマークショックはでかい。マスコミは叩いてばかりいないで、その効果も大いに認めるべきである。といっても、大手は広告を出稿するけど、スカイはするわけないので、まあ無理だろう。大雨の福岡空港を離陸すると、思いっきり雨雲に突っ込んでいき、相当揺れたが、あっという間に深い眠りに落ちてしまった。起床後、スペシャルドリンクをいただくと、もう着陸。葉加瀬太郎さんを聞きながら降りるだけである。ところが、いつまでたっても流れてこない。C/Aさんに尋ねると、747では流れないとの回答が返ってきた。あんまりにもあんまりである。ANAに乗ってこれが流れないなら、仕方がない、口笛を吹きながら一週間ぶりに東京の地を踏む。

 東京ドームへ参戦、ファイター×ホークス戦。なんだか昨年からホークスの試合ばかり見ているような気がしないでもない。冷静に考えると、昨シーズン終盤、福岡で1試合、マリンで2試合観戦。プレーオフ4試合を福岡で観戦、で今年2試合である。なんだか、これだとダイエーファンのようなスケジュールだか、そんなことはない。久しぶりに東京ドームは、やっぱり落ち着く。一塁側へ陣取るとかつての楽しかった日々がよみがえる、常連さん達にご挨拶。Nさん、コラムニストなどなど。乾杯シート2200円はお得、めったに球場でビールなど飲まないが、プレミアムモルツはおいしい。モンドセレクション金賞受賞というだけのことはある。

 なんてこと思っていたら、りくおさんはインボイス西武ドームで、ビール7杯飲んで、売り子さんのメールアドレスを聞き出したとの情報が入ってきた。やっぱり格が違うということなのだろう。

 一塁側には、数多く日本ハムの社員観戦の集団が見られる、昔から開幕戦といえば、そうだった。まあ、ファイターズが東京で数試合興行をうつというのは、こうい意味合いもあるのだろう。都市対抗野球みたいなものである。久しぶりに食べたドームモナカは、味が落ちたような気がした。錯覚かもしれないが、大きさも一回り小さくなった気もする。ドーム元年の10年以上前は200円だったから、まだ1.3倍か。
200604041921000


200604042037000

 久しぶりにファイターズの試合を見たが、野手がほとんど変わっていなくて衝撃を受ける。かなりの高齢化が進んでいるのではないか?相変わらず新庄は打てそうな体型もしていないし、打てそうな雰囲気もない。守備は高く評価されているが、肩と足は確かに素晴らしいが、フライを追う時の一歩目が遅い。だからギリギリにとってファインプレーのように見えてしまう。これをわざとやっているのか、反応が悪いのかは小生には分からない。でも井出とかの方がうまそうである。森本は、相変わらず身体が出来てこない、まあこの程度の選手で終りそう。
 
 どうも抑えはマイケルがやっているらしいが、抑えなのにこの時期から8回に登板したので、モチベーションが気になった。と思ったら、いきなり打たれた。よく分からないが、デニーのようなフォームから右バッターの肩口から外へ逃げる大きなカーブと、小さく切れのよいスライダーが持ち味のよう。右打者は腰が引けそうだ、ただ今日のズレータのように、思い切って踏み込んだところへ、甘いカーブが入ると、打たれそうな球威である。インコースをもっと攻めないとどうだろうか?9回表、いきなり建山が、当然のごとくトドメのホームランを打たれる。まあ、いかにも全然変わっていなくて、うれしくなった。

 ホークスは、7億円のバティスタを解雇してまで、ルーキー松田を使っている、今日はバントを失敗するなど、よいところがなかったけど、俊足巧打の大型新人を育てる意気はよし。城島も抜けたし、なんとか若手を育てていかないと野手はやばい、という王監督の意志がよく分かる。和田とかも、いかにも今年のオフ、メジャとか約束がありそうだしね。

 でも、今日のドームは14175人、東京開幕戦で、社員を大量に動員してこの数字では。。。明日以降、更に観客が減るのは分かりきっている。年々減っているドームでの公式戦、来年以降はかなり厳しい選択をせざるをえないのではないか?かつてのダイエーとかオリックス戦だとビジターの社員動員ももっとあるんだけどねえ。。。恐らく、今は千葉ロッテ戦が入るのではないだろうか?ファイターズファンはロッテファンに結構流れているだろうけど、なかなか普段は幕張へはいけないし。。。

 まあ、色々あるけれど、やっぱり首都東京にパリーグのチームがないのは、寂しい限り。東京ヤクルトがパリーグへ行けば、全く問題がなくなるのだけれどねえ。。

 


 一週間ぶりの我が家へ帰ると、JALのAgora、ANAの翼の王国をはじめ、各種雑誌が送られていた。こういうカード関係の雑誌ってホントゴミになるだけである、やめれば毎月50マイルでもくれた方が圧倒的にお互いのためになると思うのは小生だけだろうか?まあ、なにはともあれ、一週間ぶりの我が家である。

 昨日放送のNHKスペシャル「北朝鮮」を見る、初日を録画するのを忘れたが、かなり面白かったらしい。ということで、結構楽しみにしてみたのだが、そこまで面白くはなかった。とにかく、初日を録画し忘れたのが悔やまれる。

 就寝前に、バース・デイ。今回は新生オリックスバファローズの舞台裏。昨年の初芝引退の時も面白かったが、TBS唯一の面白い番組である。いつも、本当の主役をおっかけないで、一歩引いたところへスポットを当てるのがよい、しかもかなりギリギリまで取材してのオンエア、ナレーターの男性の声が落ち着いていて、とてもしっくりくる。TBSらしからぬ、よい番組である。いくらTBSでも、褒めるときは褒めるのが小生である。今年度の小生は、少しは大人になったのかもしれないかもしれない。。。。。。と思う今日この頃ではある。

 マイネルスケルツィ出走のNZT3Sまで、あと4日、どうやら「歌える店を早急に予約した方がよい」ということで、めずらしく、しんちゃんさんと意見が一致したところで本日も終了。

|

« 4月3日(月)一難去ってまた一難 | トップページ | 4月5日(水)崎陽軒他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/9429893

この記事へのトラックバック一覧です: 4月4日(火)ストロベリーとクローバー:

« 4月3日(月)一難去ってまた一難 | トップページ | 4月5日(水)崎陽軒他 »