« 4月15日(土)凄い確率 | トップページ | 4月17日(月)のり子大好き? »

4月16日(日)まずは好日といえよう

 福島1レース出走のフォンティーン号の大敗を確認。山内厩舎=社台=エンドスウイープ牝馬といえば、少なくとも半年前にはデビューしているべきである。まあ、それだけでも終了なのだが、レース内容も完全に終了していた。叩いてどうのこうのというより、早めに引退して今年の募集馬の補償に間に合わせて欲しいものである。
200604161136000
(350円で、このリッチ感を満喫できる!)


 インボイス西武ドームへ向かう。かつて、こうへいさんと通っていた頃はマイカーを多用したものだが、今は断然高田馬場から小江戸号である、10分前の急行を見送っての有料特急である。しかしながら、わずか350円でこのリッチ感は捨てがたい。シウマイ弁当を食べると、日経、日刊を読み終える間もなく20分足らずで所沢へ到着。ここで2回乗り換えて西武球場前駅に到着。だけど、球場は西武球場から西武ドーム、そしてインボイス西武ドームと名前を変えているが、駅名はそのままである。せっかくだから、命名権に駅名も付けるといいかもしれないが、そうすると全ての駅名を販売する赤字3セクなんて登場するかもしれない。山口靴店発、谷山葬儀社行きなんてのもでかねない。
200604161138000
(20分の間にシウマイ弁当をいただく)


 今年初参戦の球場というのは、やっぱり変化が気になる。ここはファールゾーンにブルペンがあるので、今ハヤリのフィールドシートは出来ない。となると、やっぱり広告である。スコアボード上は、左から
「セブンイレブン」
「イトーヨーカドー」
「西武百貨店」
「そごう」
となった、まあ劇的な変化ではある。
球場開設以来の
「日産」
は終了し
「西友」
は小さくなってしまった。これも、世の流れなのだろう。
200604161236000
(やっぱりここには、屋根は要らない!)
200604161446001
(広告の変化は世の流れを反映している)

 20年以上この球場には参戦しているが、広告は変わっても、全く変わらないが見易さと、トイレの遠さ、外野席券でネット裏でらくらく観戦できるやさしさである。まあ、春先の寒さも変わらない、これだけ寒いとトイレに行きたくなるのだけれど、いかんせん遠いので我慢せざるをえない。札幌ドームもそうだけれど、ちょっとあのトイレは足の弱い人には優しくない。

 マリーンズ、ライオンズともに今年2回目の観戦、チーム状態は好対照の両チームの戦いだけれど、なかなかの好ゲームで面白かった。点が入った割にはライオンズが打てなくて、試合時間も3時間を切り、ちょうどよい感じ。マリーンズはどん底を脱したような感じもするが、今日はホームランによる得点が多く、まだ本調子ではないと見た。西岡は初回いきなりエラーして心配したが、そのあとは好プレーを連発して一安心。WBCに行かなかった福浦は、本当にパリーグを代表するバッターになったようだ。大きいのはないが
「構えが、いかにも打ちそう」
な雰囲気を全身からだしている。松中の域にかなり近づいてきているような感じさえする。

 この球場の途中経過はいつも面白く、イニング毎にスコアをいれてゆく、盛り上がったのはイーグルスとバファローズ、楽天に点が入ると「オー」バファローズが逆転すると「あ~」特に三塁側から大声援が上がった。ところでGG佐藤がバッターボックスに入る時に流れるテーマは一体なんだろうか?りくおさん、教えてください。あと、色々ファンサービスをやるのはいいけれど、7回裏にチビッコをグラウンドへ入れた挙句に、退場が間に合わなくて試合再開が遅れるのは、話にならない。

 シーズン開幕のおたのしみといえば、ライオンズファンブックである。ライオンズの主力選手が西武系の施設で撮影を行い、グループ内での格と選手の格の関係がわかり、非常に興味深い一冊である。
かつては、
石毛=東京プリンスホテル
秋山=赤坂プリンスホテル
渡辺久=六本木プリンスホテル
工藤=新宿プリンスホテル
郭=サンシャインプリンスホテル
潮崎=ユネスコ村
てな感じで、プリンスホテルにおいてある、西武グループカタログの別冊とさせ思えた。(東急グループカタログと並んで、あのカタログは見ごたえ十分であったのだけれど。。。)

 それが今年版は、
和田=東京プリンスホテルパークタワー
西口=西武ドーム
中島・赤田・石井義=エプソン品川アクアスタジアム
中村・栗山=中国割烹旅館掬水亭
帆足=品川プリンスホテルホワイトチャペル
この体たらくには、がっかりである。多分、松坂に赤坂プリンスへ撮影に行け!とも言えないんだろうねええ。。。

 その代わりといってもなんなのだが、面白かったのは
「編成部 潮崎さんと 営業部高木さんの対談」
どう考えても、この対談は凄い。前のページに登場する、選手よりは存在感がありすぎる。特に潮崎といえば、ファイターズとライオンズの最後の天王山に、4点差の9回表に3点取られて、なおツーアウト満塁で、ウインタースを最後シンカーで三振にとった。あの試合が今でも忘れられない。ゲームセットの瞬間、三塁でしゃがみこんだ、広瀬の表情が今でも焼きついている。後に潮崎は
「地獄だった」
と語っていたが、負けはしたけれど、今でも小生のゲームのベスト5に入る試合であった。

 帰りの小江戸号の車内で皐月賞 馬単29670円を見事的中!を確認。きらさぎ賞の1・2着のワン・ツーである。今年のきさらぎ賞のレヴェルの高さは、際立っていた。これでますますNHKマイルCが楽しみになったといえよう。だけど、今年馬券あたるなあ。。。。。

 馬券も当ったので、大学の新歓コンパで賑わう新宿にてお買い物。
200604161823000
(N大とW大のサークルが多そう)


・ABCマートにてホーキンス
・伊勢丹メンズ館にて、スーツ、ネクタイ、Yシャツ、アンダーウエアー
・ビックカメラにて、無線マウス
を購入。ちょっとやりすぎの感もあるが、めったにお買い物しないだから、たまにはいいだろう。ところで、ビックカメラといえば、あのメーカー名が羅列している紙袋は一体なんなのだろうか?協賛金などとっているのだろうか?小生はずうっと気になっているけど、皆さん気にならないですかねえ???
200604161937000
(ビックカメラの袋は一体?)


 お買い物の後は、お食事。文芸春秋を読みながら、味の時計台にてしょうゆラーメンをいただく。この一ヶ月九州ばかりで北の大地をおろそかにしてきたが、味の時計台を食べると、そろそろ北の大地へ戻らなくてはならない気がしてきた。野球もよかった、万馬券も的中、お買い物もしたし、まずは好日といえよう。。。。。。。まさか、イッキマンブログが更新されているとは、今日唯一の計算外である。。。。。。。
200604161906000
(北の大地へ思いを馳せながら)

|

« 4月15日(土)凄い確率 | トップページ | 4月17日(月)のり子大好き? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/9626080

この記事へのトラックバック一覧です: 4月16日(日)まずは好日といえよう:

« 4月15日(土)凄い確率 | トップページ | 4月17日(月)のり子大好き? »