« 3月28日(火)サンプラザ中野氏 | トップページ | 3月30日(木)村岡兼造君無罪 »

3月29日(水)筍ご飯のあたたかさ

200603291020000


 いかにも眠れないと思ったら、本当に眠れなかった。ほぼ1時間おきのペースで目が覚める。というか、いわゆるウツラウツラしている状態。ただ、こういう時の救いって、眠りが浅いせいか比較的楽に起きることが出来る。で、今日は物凄い緊張感があるので、なんとか一日乗り切れてしまうところが恐ろしい。まだまだ若い証拠だろうか?

 福岡といえば、こんな小生でも、わざわざ朝ご飯をつくってくれる女性(ひと)がいる。一昨日、掘ってきた筍でつくってきれた、筍ご飯おにぎりである。なんとも有難いとしかいいようがない、やっぱり福岡ということなのであろう。ある方からは、もう時代は終ったなどと書かれたり、不快なことばかりが発生しているが、救う神もいるということだ。他の場所でどんな嫌なことがあっても、ここへさえくれば。。。。。。
 初日というのは、何回経験しても緊張するものだけれど、今回もまずまずの数字を確保することができた。ホッとひと段落である。お昼は、いつもの魚村にて、まんぷく定食。980円で、本当にまんぷくになるのだから、ありがたい。おすしに、茶碗蒸し、サラダ、味噌汁がついて、この値段って、やっぱり福岡ならでは。
200603291509000

200603291505000


 ところで、茶碗蒸しっていうのは、魚がし日本一のランチにもついてくるけれど、どうなんだろうか?やっぱりついていてうれしいものなのだろうか?家庭ではあんまりつくらないし、割とうれしいのではないだろうか?見栄えの割りにコストってかなり安いし、勿論中の具はトリやエビなんか入らず、カニカマと決まっているけど。しかし、カニカマって考えた人天才のようだ、カニと全く関係ないのに、カニを名乗って当たり前の商品って他になかなかない。

 満腹になったら、もうひと頑張り。今日を待っていてくれた方々のお顔を見ることができ、心からうれしい。なんて思っているうちに、早くも初日は無事終了。満足をいく数字をあげることができた。感謝感謝としかいいようがない。
200603292111000

 ということで、今日は楽天地にてもつ鍋をたらふくいただく。東京ではもつ鍋なんか、食べる気は絶対におきないけれど、やっぱり本場?へ来ると滞在中一度は食べたくなる。お店は木造5階建てっといった感じで、火事が起きたら三方向避難どころか、全員焼け死にそうな造りである。まあ、博多もつなべだから許されてしまうんだろう。。。。。しかし、はっきりいってモツを食べたいのでなく、野菜がたくさん食べられるから、うれしいのだ。山盛りのキャベツ、ニラの甘みがなんとも。。。。。。。。。

200603292121000

 流石に、こういう日は他に書くことがない。まあ、なんだかんだいって、リスクしょって仕事したときに、ある程度うまくいったりすると、楽しいと思う今日この頃ではある。仙台は、大雪の中試合って、やっぱりこの時期の仙台は無理があると思ったりする、しかもなんだか分からないが、マウンドの土の中からレンガみたいのがたくさん出てくるんだから、意味不明といわざるをえない。ここまで、書いて流石に疲れてしまったような気がしないでもない。でも、愛情弁当も、おすしも、もつ鍋もみんなおいしかったし、いい人ばっかりである。やっぱり、小生には九州しかないのかもしれないと思ったりする、今日この頃なのである。

 実は、こういうきっと読んでいる人は、全く面白くない。と思う日は、もう書くのやめようかなあ、と思うこともあるのだけれど、結構応援してくれる人も、いるようなのでなんとか継続する。世の中そんなに捨てたもんじゃない!と思ってがむばっていこうと思う。

|

« 3月28日(火)サンプラザ中野氏 | トップページ | 3月30日(木)村岡兼造君無罪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/9325702

この記事へのトラックバック一覧です: 3月29日(水)筍ご飯のあたたかさ:

« 3月28日(火)サンプラザ中野氏 | トップページ | 3月30日(木)村岡兼造君無罪 »