« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

1月31日(火)366日目

IMGP1235


 7時起床、入浴をすませ、早々にチェックアウト。新幹線ホームまではおよそ7分、7時59分発のひかりレールスターにて東へ向かう。日経・毎日・日刊スポーツ読みながら朝食を食べていると、およそ40分で新山口に到着。新山口とは、あまりにも聞き覚えのない駅名。いまだに小郡の方が、はるかに馴染みがある。

 生まれてこの方、山口県の地を踏んだのは初めてではないだろうか?かつて寝台特急富士号で西下した際、下関のホームで新聞を買ったことがあるかもしれないが。実質は初めて、正直一生訪れることはないと思っていたのだが、諸般の事情で訪問することになった。しかし、博多から40分とは相当近い、しかし40分でおよそ5000円というのも相当高い。想像通り駅前には、今話題の東横インをはじめとするビジネスホテルが数軒あるだけで、ほとんどなにもない。まあ新幹線専用の駅ならば、よくある光景なんだけど、もともと在来線の駅だと聞いておどろいた。
IMGP1236


IMGP1238

 お迎えの車にのっておよそ1時間、倉本 昌弘がゴルフ学部の教授ということで話題の「萩国際大学」でおなじみの萩へ到着。みかんジュース工場の視察兼、打ち合わせである。早速工場を見学、搾りたての出島の華みかんのジュースを試飲、やっぱり絞りたては美味しい!松下村塾などを見学しつつ、海際のお店でお魚定食をいただくが、これもなかなかのもの。だけど、いかんせん佐賀と並んで山口は印象がない。海岸線はとくに寂しく、本当に拉致されても分からないだろう。
IMGP1240


IMGP1244

 何故この地から、明治維新を起こすパワーが生まれたか大いに不思議である。地元の人いわく
・長州藩は、幕府に内緒で結構田んぼを持っていて、隠し財産があった
・外様で虐げられていたので、革新的な思想が生まれやすかった

 とのことである。なるほどと思う。最近の若者は、長州藩というよりも、長州力というよりも、長州小力のようである。
IMGP1243

 山口宇部空港より帰京、16時30分のANA,特割1は20000円、前後の便は17000円と利用率の高い便は狙い撃ちで値段が高い。さすがとしかいいようがない。滞在時間およそ8時間で、初めての山口を後にした。

 羽田にて緊迫の打ち合わせ、なんだか少しは灯が見えてきた模様。出張の前と後に羽田で打ち合わせがあるのは、良いのか悪いのかよく分からん。。。。

 ところで、昨年の1月31日日曜日に、このブログは衝撃の幕を開けた。よくもまあ、小生のような横着者が365日+1日=366日も書き続けてきたと思う。これも想像を遥かにこえる多くの読者のおかげである、心から礼を言いたい。この1年で小生は何も成長してこなかったが、ふりかえってみると、ドラゴンシャンハイの東京湾カップ(G3制覇)、韓国遠征、香港・マカオ遠征、坂の上の雲読了、パリーグプレーオフ観戦、日本シリーズ観戦、選抜高校野球観戦、城山観光ホテル、ホテル京セラ、ジャスマック、第一滝本館、アドベンチャーワールドくらいしか思い出すことができない、いかにこの1年自分が進歩しなかったかの証であろう。

 しかしながら、しんちゃんさんはブログをはじめ、るいさんはブログはじめ、イッキマンさんはブログをはじめて、終了し、おぎさんは920点をゲットし、大井町さんもブログをはじめた。やはり、時代は完全にブログということであろう、今年こそ充実した一年にせねばならないとあらためて誓う。もちろん前半戦最大の目標は、5月20日のビッグイヴェントの成功である!(もちろん ノムラ日本株戦略ファンドの1万円回復も大前提である)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月30日(月)潮目

 午前中は、内容のない会議を延々と。。。。今日は時間がないので、勘弁してほしい。座ってやっているから長くなってしまうので、皆で立ってやったらどうか?終了後、コールバックとメールの返信だけで、相当な時間を喰ってしまう。結構ギリギリの時間に羽田へ向かう、空いていれば20分で到着なのだけれど、珍しく首都高環状線外回り、湾岸西行きが渋滞し滑り込みでチェックイン。札幌・大阪・福岡などの幹線の場合は、特割を使うリスクが大きすぎるということか。しかしながら普通運賃で飛行機に乗ると言うのも、なかなかこのご時世難しいものがある。
 
 777-300はクラスJが増席、91Hは非常口座席だったので、非常に快適、というかベストの座席。お飲み物も飲まないで熟睡、久方ぶりに毎日新聞を読む。靖国問題、小生も先日見学した遊就館がアメリカでも有名で、批判の対象となっているとは思わなかった。先日のナベツネ氏も言っていたが、この遊就館はあまりにも難しい存在である。この存在があると、靖国そのものを全て肯定するわけにはいかなくなってしまう。小泉首相は
「騒いでいるのは中国と韓国だけだ」
と言っているが、実はそうでもなさそうである、ちょっと外交センスを疑わざるをえない。こういうタイミングで
「天皇の靖国参拝」
を発言する、麻生太郎君も理解不能である。皇室典範の改正をこの国会でゴリ押ししようとするし、ライブドア問題、ヒューザー問題、BSE牛問題、そして防衛庁談合問題、明らかに潮目が変わってきた。いよいよ平沼赳夫君の出番が近づいてきたのではないか!

 潮目といえば、小生も完全に今年に入って流れが変わってしまった。本当にいいことがない。どころか、今後かなり厳しい状況が続くまたは、深刻化することが明らか。もがけばもがくほど、厳しくなりそうだ。こういうときは、北の大地へ早急に戻るしかないかもしれない。

 二ヶ月ぶりの福岡、なんと最高気温18度!コートどころかジャケットも要らないくらい。定宿の八百治ホテルは、いつものように温かく迎えてくれる。そんなに頻繁に来ている常連でもない小生にたいしてうれしい心配りだ。昨年は30泊くらいしかしていないのに、覚えてくれていて、いつも同じお部屋で、バスタオルは言わなくても2枚。

 温泉に入って、いつもの「ちどり家」さんにて焼き鳥。
「おひさしぶりですね」
と皆さんで出迎えてくれる、年に数回しか来ていないのにうれしい限り。
 噛んでも噛んでも噛み切れない、地鶏焼き。から揚げ、サラダ、地鶏のクリームソースパスタ、とりめし、スープといただいて満腹。これだけ並べると、凄い量のようだが、全てハーフサイズでやってくれるのがうれしい。あれやこれや食べたい小生向きである。
IMGP1230


IMGP1231


IMGP1232


IMGP1233

 お会計の時
「お腹一杯になりましたか?」
と笑顔で問いかけられると、また来ようと思う。ところで、九州へ来ると
「ゆずこしょう」
が登場する、何故あれを「こしょう」と称するのだけは、永遠の疑問である。

 今日は遺憾ながらお仕事を持ってきてしまっているので、中州へ出かけずに自室で「TVタックル」を見ながらお仕事。3回温泉に浸かって、保坂正康著「昭和天皇」を読みながら就寝、ハードカバー3200円は出張には重すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月29日(日)富士ミネラルウォーター

 母親にJALマイレージでロンドン便ビジネスクラスを予約、ロンドン往復エクゼクティブクラスだとおよそ100万。本来ならば同行するのが親孝行なのだろうけど、まあ仕方がない。普通に100万のプレゼントをするのは不可能だけど、マイレージというのは有難い制度である。
IMGP1204

 先日食事したレストランで水を頼んだら
「富士ミネラルウォーター」
が登場した。非常に懐かしい瓶でうれしかった。あんまり小売店ではみかけないが、現在どのくらいのシェアがあるのだろうか?大昔はミネラルウォーターといえば、これだった。我々が学生の頃は
「サントリーミネラルウォーター」があったが、かの六本木「ハーフノート」では、水道水に入れ替えていた。今なら、飲めば分かるだろうけど、当時は誰も文句を言ってなかった。本格的に東京の水がまずくなったのは、ここ数年ということなのだろう。だけど創業昭和4年と書いてあるが、当時売れていたのだろうか?時代を先取りしすぎて、ようやく時代が来たと思ったら、他のメーカーにおされて存在感がないのは、寂しいかぎりである。応援したい!
IMGP1227

 夜は東京會舘にて会食、かつてはエ女王の晩餐会も開催されたし、戦後はマッカーサーが愛用してた名門である。だけど、宿泊施設がないこの手の施設は今時はやっているとは思えない、かつて見合い写真のメッカであった東條会館も、元気があるとは思えない。富士ミネラルウォーターと共に名門中の名門なのだから、時代に即した形に変貌できるようがむばって欲しい。

 東横インの社長、大馬鹿としかいいようがない。どうして形だけでも謝らないのか?このあたりの神経というのは理解不能である。まあ、ぶっちゃけた話検査後の改造というのはよくある話である。厳密にいくとレストランのオープンキッチンというのは、ほとんどが存在できない。検査後に仕切りをとってしまうことがほとんどである。役所の担当によって、解釈も違うし難しい問題である。だけど、見つかったら謝らないと。。。。あと、障害者の部屋やトイレを取っ払ったのはいただけない、今はそういう時代ではない。ハートビルの時代である、ねえ太柱さん。。。

 サンデージャポン、堀江氏がオフレコといっていた映像を逮捕されたからといって、使用するのはルール違反ではないだろうか?こういうのは見ていて不愉快。好きな番組なだけにとても残念、三浦和義氏に差し入れさせたりするのも、やりすぎである。一線ギリギリと思っているかもしれないが、ルール違反というか最低である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月28日(金)あした順子・ひろし

 日本一のだしに使う食材のメーカーさんと話していて、結構な驚きがあった。てっきりそのメーカーの商品には、化学調味料なんか使っていないと思っていたら、いわゆるコンビニ向けの商品には使用しているが、本店などで販売している上級の商品には一切添加物は使用していないとのことである.ダブルスタンダード、本音と建前なのかしらん。

 主婦にアンケートをとると、
「添加物は大いに気になる、なるべく使っていない商品を購入する」
という回答が多いのだが、実際はうまみ調味料入りの方が圧倒的に売れるということ。どんなに最上の素材を使ってダシをとっても、もの足りない。と感じる人が多いということらしい
 
 大変恐ろしい真実である、舌が命の商売をしている小生は家では子供の頃から絶対に化学調味料を使うことはなかった。実際らーめんやさんなどで、化学調味料を使っていない店は皆無であろう。ただ、なるべく少量にして欲しいものである、食べた後の不快感がどうしようもないことが多い。ただ前述のとおり一般消費者は、そこまで深く考えていないのだろう。
 結構まえの「日経レストラン」に掲載されていた、うまみ調味料の宣伝で、札幌のみそラーメンの名店、「欅」の店主が、堂々と
「味のつなぎとして欠かせない」
と言い切って広告に出ていた、小生の考え方は古いのかもしれないが、どうにもこうにも違和感を覚える。

 あまり好きな言葉ではないが、「食育」の大切さを再認識せざるを得ない。
IMGP1220

 夕方から、インターコンチネンタルホテルにて組合の新年会。インターコンチネンタルといえば、かつて小生が2週連続で披露宴スピーチをしたなつかしの場所でもある。1週目の出来が素晴らしく、すっかりホテルマンに存在を覚えられ、翌週会場に到着するなり
「また、今週もですか!スピーチ大いに期待してますよ」
といわれ、挙句の果てに関係ないホテルの従業員が多数、小生のスピーチを見学に来てしまったという伝説のホテルでもある。確かに景色はよいが、たいしたことのないホテルではある。
 
 女子栄養大学の先生のスピーチでは、とにかく野菜を1日350グラム摂取せよ!との結論である。摂取方法としては鍋が最適であるらしい、夏でも鍋は最高であるとのことだ。
「是非、友達を家に誘って、皆で鍋パーティーでもしたらどうでしょうか?コミュニケーションもとれるし、最高です」
と言い切っていた、おっしゃるとおりなんだけど、これからは女性は鍋パーティーに簡単に参加しなくなるかもしれない、野菜を効率よく摂取するのも難しい時代になってきたものだ。
IMGP1224


IMGP1225

 余興で、あした順子・ひろし の漫才。あまりにも老人なので、何歳かと思ったら、ひろしさんは大正11年生まれなので85歳?衝撃的である、ネタは当然高齢ものが多い。葬式ネタ、ボケネタ、年金ネタ、老人ホームネタなどあまりにも衝撃的だった、いいものをみせてもらった感じ。。。。。。。。お笑いは奥が深い!だけど、ブッキングしてから数ヶ月あると、関係者としては当日ひろしさんが、ちゃんと来られるのか?心配だったに違いない。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月27日(金)工夫や時間をかける

 京大アメフト部の集団レイプ事件でもそうだが、すっかり
「鍋パーティー」
というと如何わしいイメージがついてしまった。堀江氏と女子アナもたしか、「鍋パーティー」を開催したとされている。我々も、ちゃんこ玉海力などで鍋を食べているが、いかがわしくない。お店でなく、若い男女が誰かの家で開催すると如何わしい印象があるようだ。
 
 石川弘義・成城大名誉教授いわく
「女性と付き合うためにはそれなりに工夫や時間をかけなければならず、背景には女性に対する若者のコミュニケーション能力の低下がある。」
 と指摘している、ただ京大・アメフト部といえば、恐らく日本で有数の女性にもてる集団であろうから、工夫や時間をかける必要など全くないという現実をわかっていない。無理やりしなくても、恐らく簡単に問題は解決出来るであろう、大変うらやましい立場にあると言うのに、リスクを承知して(あるいはしていないのか?)何故理やりしてしまったことを考えねばならない。(リスクとリターンの計算ができないのかもしれない)
 
 少なくとも一般人は、女子大生と自宅で鍋パーティーを開催にこぎつけるには、それこそ大変な工夫や時間が必要ではある。
かんさん
 「恋愛は自由ですから。脅迫のラインというのは微妙です。」
と発言している。

 しかし、それなりの工夫と時間、仕事と全く同じである。仕事と私生活ともに工夫と時間を肝に銘じていきたい。焦りは禁物ということであろう。しかし、若者のコミュニケーション不足というのは、先日の飛行機の座席リクライニング問題でも証明されている。

 「緊急るいさん おニューダウンジャケットお披露目オフ開催」
東京駅そばのガード下居酒屋にて、一次会。
「るいさんが昨日行った、若 ではひどいめにあった、化粧まわしもなければ、若の写真もないのは 若の意味がない問題」
「毎朝グリーン車で通勤するのはいかがなものか問題」
「通勤電車で、文春の 淑女の雑誌からを読むのはいかがなものか?問題、しかし小生は日刊スポーツのエッチ面を車内で読むこともある問題」
など、話題が尽きないので丸の内オアゾ内 丸の内ホテルさんに場所を移して続行することにする。
IMGP1212

 シガーバーはあいにく満席だったので、オールデイダイニングと思われる場所にて一献。しかし23時過ぎだからといってホテルで、アイスクリームが終了しましたというのはいかがなものだろうか?(といいつつ、昼間フルーツサンド売り切れで大分怒られてしまっている。。。。。。)初めて立ち入ったのだけれど、丸の内ホテルというのはどれくらいの格なのだろうか?今風ではあるのだけれど、そんなに質感はないと思う。吹き抜けなんかも、あるけれど、品川のストリングスホテルの廉価版といったら怒られるだろうか?
IMGP1216


IMGP1217

 終電まで時間がないので
「母校には○○三兄弟とか、三姉妹とか、親戚筋とかが多すぎる」
「レンタカーで11人乗りとか借りるよりもヴィッツを3台借りた方が安いのはいかがなものか?問題」
「うちのガネちゃん問題」
「7人づつ何回も50メートル走らせて、順位を決めていくのは、この世の中は平等ではないということを教えるためなのか?問題」
「ラグビー部がなくなったのは残念問題」
「漢字書き大会とか百人一首大会とか、なんか特技がないと生きていくのは難しい問題」
「おぎさんは、5月の2週目を希望するのか、3週目を希望するのか明確な意思表明をしないだろう問題」

 などなど話題は尽きないが、今宵の結論として、しんちゃんさんから
「誤解を恐れずにいうと、昔のるいさんはそうでもなかったが、今のるいさんは美人である」
という衝撃的な発言がでたところで、お開きとなった。ようは、工夫と時間をかけることである。
IMGP1219

 今話題の「るいさんのおニューのダウンジャケット」については明確な論評を差し控えるが、夜道でも安全そうであるし、人ごみでも見分けやすいし、軽いうえに暖かそうである。。。。。。。。。。。。。


 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

1月26日(木)遺憾

 直行、某所にて打ち合わせ。甚だ遺憾な結果となった、あんまりこういうことは人様に見られているものでかくべきではないのだが、日記なんだからいいということにする。この2年間は一体なんだったのだろうか?物凄い空虚感に襲われた。なんだかんだいって、ピンチのときでも最後の最後には、どこからともなく奇跡的にうまく行ったのだが今度ばかりは、己の見通しの甘さと、慢心、実力のなさを痛感。なんだかんだこの年になって、自分はある程度勉強してきたつもりだけれど、寝技のようなものが足りないのかもしれない。安倍晋三ばりに、まだまだ修羅場の経験がたりないということに尽きる。
IMGP1197IMGP1199

 午後から、夏に向けての新作会議。ようやく形になってきた、こういうものだけはフタを開けてみなければ分からない。しかし、一昨年あたりからマンゴーというのは一気に一般的な果実になってきた、夏だけでなく一年中人気が出てきたのだから、本物だろう。
 
 夜は、FAIRFAX GRILLにて久しぶりにカリフォルニア料理。カーディナスグループのお店だけれど、一時よりは大分勢いがなくなってきている感じがするが、グローバルダイニングの流れをくむテイストは嫌いではない。基本的に箸が使える料理とフレンドリーな接客は相変わらずなかなかのもの。お気に入りのチキンサラダの味が変わってしまったのと、お腹が一杯になってニューヨークチーズケーキまでたどり着けなかったのが残念。
IMGP1200IMGP1201IMGP1202IMGP1203

 昨晩、焼肉を一緒した大井町さんから突如ブログの開設を知らせるメールが届く。昨日の時点では
「ライブドアブログで儲ける という本を買った」
と豪語していたのに、一夜たつとココログでブログがスタートさせた。このあたりの変わり身の早さが、小生や
太柱さんをさしおいて、綺麗な奥様と(実は小生の中学のクラスメイト)お子さんをもうけ、浮き沈みの激しい不動産業界において常に安定した業績を残す、やり手の秘訣ということなのだろう。小生との格の違いをまざまざとみせつけられた思いがした。しかし、まさか大井町さんがブログをスタートさせるとは思いもよらなかった。小生の周りでやっていないのは、りくおさん・おぎさんくらいである。

 まだ読んでいないが、本日発売の週刊文春で、小生が指摘した沖縄の件が、本当に自殺なのか?の記事。流石は週刊文春である。

 今日の日記は、読んでいてもつまらないだろうし、多くのリクエストを頂戴したので、幻の名作「夕刊ブジ」をアップしておくことにする。
IMGP1206IMGP1207IMGP1208IMGP1209

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月25日(水)大井町オフ

 午後、長野の婦人会が来店、日本の農業の現状と問題点についてディスカッション。質問も多数でて、大いに有意義なひと時をすごす。

 堀江氏が共有馬主に名を連ねている馬が出走除外になったという。シェアホースで持っていたのも衝撃的だが、競争除外に驚く。堀江氏はともかくシェアしているメムバーはたまったもんじゃない。今週末、高知競馬ではホリエモンが出走するらしい、なんとしても出走すべきである。

 一夫多妻制の男の記事がのっていた、入籍しては離婚を繰り返し女性は男性の性を名乗り続け皆が一緒に住んでいるらしい。なんでも、「女性にもてる、おまじないだか呪文があるとのこと」是非聞いてみたい。しかし、こういうニュースは何年に一回か聞こえてくる。千石イエスの再来だが、結構な絆でみなさんが繋がっている。まあ宗教の一種なのだろう。

 大井町牛車にて、焼肉オフが開催される。満席を危惧したが、空席があって一安心。タン塩にはじまり、カルビ、ミノ、チョレギサラダ、ユッケなどなど大いに満喫する。大の男が3人で15000円で満腹になるのだから安いものである。
IMGP1190IMGP1191IMGP1193IMGP1194
「パン屋の社長問題」
「小生の博多現地妻問題」
「入社式からパケットチーフを入れるのはいかがなものか問題」
「あんたが思っている以上にブログを見ているから発言に気をつけろ問題」
るいさんのように、ブログを表と裏と使い分けろ問題」
「TAROかまやつ問題」
「先日のすすきので、10時30分に解散してから、1時30分にジャスマックに戻るまでの空白時間問題」
「ファンド・リートを立ち上げよう問題」
「東京は渋滞といっても、平均時速30キロで走っている。パリなんかは時速ひとけた台である、たしかに学生の時に比べると都心の渋滞は明らかに解消しているのでは問題」
などなど前向きな話ばかりで話題は尽きない。
 
 大井町はK氏のお膝元なので、仕上げに大井町 「お菜処 おゆうはん あおば」さんにて、かぼちゃの煮つけ、ほうれん草のおひたし、ポテトサラダ、そうめんと家庭の味をいただく。だけど不思議なもので、10年前の自分なら、こういうヘルシーなお惣菜をお外でお金をだしていただくことはなかっただろう。年とともに味覚は確実に変わるということだろう。
IMGP1196

 
 夜も更けてきたので最終的に以下の意見がまとめられた。
「うしさんと行く 幸浜に逢える!アドベンチャーワールド」(利用航空会社 日本航空ジャパン 宿泊 東急ハーヴェスト南紀田辺または同等クラス)ならば、喜んで参加する意志があるという。小生も捨てたもんじゃないのかもしれない。これこそが
「認めて 褒めて 伸ばす 七田式」の真骨頂なのだろう。まあK氏はOさんのように口だけということはないと思う。真剣にツアーの企画を始めることとする。詳細については後日アップしたい。

 最近夜、解散する際
「あんまり書かないでくれ」
といわれることが多くなった。。。。。。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

1月24日(火)アフィリエイト

 価値観の180度違う人たちとの会議を何時間したって、よい結果は出てこない。たして2で割ることも、歩み寄ることができない。一度失ったブランドって輝くを取り戻すのがいかに大変ことなのか理解だきない人がいるのが、情けない限り。今日は他にも多数不愉快なことが発生し、すっかりやる気をなくす。

 夕方、旧友が突然たずねてきてお買い上げ。外資系証券会社を渡り歩き相当な年収を獲ているようである。某パン屋さん社長の最新情報に衝撃を受ける、さすがとしかいいようがない。小生などとてもとても足元には及ばない、やはり世に出る人と出ない人の根本的な差があるのだろうが。。。。。

 「ガイアの夜明け」たしかにネット上の書き込みというのは、心から恐ろしい。つい半年前に、とんでもない事態を経験。事態収拾まで生きた心地がしなかった。今を遡ること5年くらい前かな?東芝がネット上で徹底的に叩かれたときだったと思うが、大阪まで飛んで行って事態を収拾した苦い経験もある。消費者がチャンネルを持つ時代というのは、うまくいけば凄いパワーになるし、その逆になるととんでもなく恐ろしい。

 いまやアフィリエイト全盛の様相を呈してきた、楽天が先行したサービスを昨年からヤフーショッピングも追随した形。確かに馬鹿にならない数字になってきた、だけどある商品へリンクを貼り、楽天の中へ入ったけれど、結局その商品を買わずに、楽天内の他の店舗で他の商品を買った場合にもポイントが与えられる。ようはどんな形でも楽天へ誘導すればよいというこのようだ、だけどポイントは店舗負担、ダイレクトに飛んできたな分かるが、少々納得いかないところもなるのではないか?自己サイトからの誘導買いはポイントにならないが、友人のサイトなどなら全く問題なし、う~ん。。。。。。。

 先日沖縄で自殺したとされているHS証券の副社長、今のところ小生は自殺することを考えたことはないが、するとしたらやっぱり痛くないほうがいいし、苦しまない方がいいと思う。両手首切って、首かっきって、お腹まで切って自殺する人って本当にいるのだろうか?竹下登君ではないけれど。。。。もちろん堀江氏は人を殺せるほどのタマではないと思う、なにかもっと大きな何かが。。。。と思うのは小生の考えすぎだろうか?

 しんちゃんさんのサイトで
「夕刊ブジ」
の文字が見えた、懐かしくなり倉庫から引っ張りだすと発行は平成7年4月22日とある。もう11年も前とは衝撃的である。今読んでも素晴らしい出来栄えなので、アップたくなってきた、Oさんから不可のメールが来なければ2~3日中にアップしたい。かつては披露宴には結構呼ばれて、スピーチは通算26回も行なった、ということはかなりのお祝儀を包んでいるはずである、一日も早く回収したいのだが、遺憾ながら回収の見込みは全く立たない不良債権になってしまっている。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月23日(月)岩本引退

 北の大地でたっぷり充電し、朝からフル回転のはずが、色々と考え事があって午後から急速にテンションが落ち込む。3時過ぎに羽田へ、本当に公私共に羽田中心の日々である。こんなことなら、ワールドシティータワーズ購入を真剣に再検討しなければならない。色々と行き詰ってきた、己の力の無さ、甘さを再認識させられる。。。。。

 夕方羽田からの帰り道というのは、下手すると2時間最低1時間かかるのだけれど、今日はスイスイと20分で帰社。なんだか、ここのところ道路が比較的空いている日が多い感じがしている。もちろん12月と1月では物流量自体が違うにせよ、少なくとも本当に景気よくなっているのかしらん、と思ってしまったりする。

 ところでリスニングの再試験で話題のセンター試験。今年のは
「ゆとり世代」
という世代が受験するらしい、ゆとり世代とは生活にゆとりが出てきた世代なのかと思ったけど、おそらくいわゆる
「ゆとりカリキュラム」=「円周率3」=「台形の面積はやらない」
という世代なのだろう。

 ところで、先日テレビでは本日逮捕された堀江氏をはじめ、小生も含まれるのかもしれないが
「ファミコン世代」
と称していた。ファミコンは小生が小学校の頃登場して一世風靡した、人気ソフト抱き合わせ販売されていた。母親にねだって母親の好きな麻雀ソフトと共に本体を、小生が日本一安いと認定している御徒町 多慶屋にて買ってもらった。
 
 たしかに熱中はしたが、「ファミコン世代」と呼ばれる覚えはない、受験勉強期間を除いて徹底的に野球を見ていた。受験のモチベーションも
「受かれば、徹底的に野球を見ても親に怒られない」
といったところだった。まあ、神宮が庭のようだった。だけど、ファミコンという一企業の商品名を世代名とするのは大いに遺憾であるが、それくらいすごい商品だったといえよう。ダッコちゃん世代とか、フラフープ世代とも呼ばれない。

 全く注目されていないが、ファイターズ岩本引退。昨年自由契約になったのだから、今更という気もしないでもない。岩本の全盛期といえば上田監督の前半、ある意味全盛期は短かった。一瞬抑えをやったりしたが、そのあたりから苦しくなってきた。割とストレートにスピードがあったので、環境次第でなんとかなるのでは?と思ったので残念。いかんせん、真ん中に入っているカーブをレフトスタンド最上段へ運ばれるイメージが、ここ数年は続いた。ホークス井口・小久保・城島・松中にとにかく徹底的にやられた思い出が多い。
 
 ヒーローインタビューで小生がファンの中願寺香織レポーターの差し出すマイクに向かって
「まいど!」の決めセリフを東京ドームで連発していた頃が懐かしい。あれだけ明るいキャラではあるが、実はかなり大きなものを背負っていた。皆に愛されるキャラクター、人間的にかなり出来た人物なんだと思う。楽天でノムさんに再生してもらったら、なんとかなると思ったのに心から残念。いよいよ本格的に日本ハムファイターズから北海道日本ハムファイターズになってしまった気もする、あとはないるさんとかんさんに任せるしかないのだろうか?

 フジテレビ以外の各局は堀江氏特番。まあ色々あるけれど、忘年会の替え歌だけ、歌っている方も恥ずかしい思いで見ているだろう。たいした新しいネタもないのに、特番するのはいかにも大変そう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月22日(日)百マス計算

 昨晩の「緊急かんさんオフ」の興奮が冷めないまま、ほとんど一睡もせずに朝を迎えた。仕方がないので、露天風呂・サウナ・水風呂をくりかえす。どうして夜よりも朝の方が長く入浴できるのだろうか?もちろん、ジャスマックは一般のサウナと違って24時間営業でないので、朝は空いていることもある。日曜の朝といえば「報道2001」が定番であるのだが、サウナ内のテレビは残念ながら徳光なにがしの番組だった。昨日たまたま見た北海道テレビの番組によると
「温泉の寿命は72時間」
とのことである、循環・加熱・塩素もいいけれど、どれくらいの時間で循環しているのだろうか?まさかプールのように1年なんてことはないと思うが。。。。。。

 日経、日刊、道新を読みながら朝食をいただく、すっかりレストランのマネージャーさんとも顔見知りになった。食後に「サンデージャポン」これが楽しみなのだが、諸般の事情によりオープニングだけ見てチェックアウト。フロントの皆さんの笑顔に送られて、ジャスマックを後にする。訪れる人にやすらぎを、さりゆく人に笑顔を!それがジャスマックである。予約係の外山(とやま)さんには本当にいつも無理を聞いてもらってます。

 当初14時30分の便を抑えていたのだが、急遽16時に品川へいかねばならない用事が出来たので早めに空港へ。いつも通り
「味の時計台」
IMGP1174
にて、しょうゆらーめん。小生の知る限り新千歳空港店が一番お高い。新宿や新橋の店より100円高いと思った、羽田よりも高かったはずである。
「宮越屋珈琲」
にて、ミルクティー。小生の知る限り日本橋三越店のお値段がずば抜けて高い記憶がある。
「雪印パーラー」
IMGP1176
にてソフトクリーム。小生の知る限り日本一のソフトクリームである。雪印モアという原液を使っている店は他にもあるのだろうか?それより今は雪印って道内のみのブランドなのだろうか?やっぱり、美味しいと思う。いまや、国内のソフトクリーム市場は「ニッセイ」がほぼ独占しているが、お味は雪印には遠くおよばない!
IMGP1177
 JALチェックインカウンターそばに「受験生用のお札をかける場所」があった。JALが代表して大宰府へ持参するようである。衝撃的だったのは
IMGP1178
「○○が第一支望の大学に入れますように」
と書いてあった札。これじゃ第一志望の大学はとても無理だろう。(笑)親御さんには申し訳ないが。。。。。

 親御さんといえば、昨日のジャスマックの湯上りラウンジ深夜1時過ぎに、子連れの方がいた。どうみてもお子さんは小学校低学年。いくらなんでも遅すぎる。こういう親が子供をだめにするのではないか?もちろん、色々事情があり片親のお母さんが夜働いていて、仕事帰りに連れてきたなんて可能性だって否定できない。小生の小学校低学年時代といえば、どんなに夜更かししたくても
「ここからは大人の時間だ」
といって寝かしつけられたものだ。扉の隙間から居間のテレビを伺ったものである。こうやって育てられて深夜親に気付かれずに「11PM」を音を消して見たりする知恵を生んだものである。
 先日聞いた講演でも
「百マス計算の蔭山英男先生は、百マス計算だけでなく、・夜早く寝ること・朝ご飯をしっかり食べることなどによって子供の学力を向上させたとのことである。とにかく、子供は早く寝るべきである。

 余談だが、小生の受験の願掛けといえば、
「某百貨店のライオン像に、誰にも見られずにまたぐことが出来れば、某小学校に受かる」
というのがあった。結果としてご縁がなかったのだが、恐らく誰かに見られていたのだろう。。。。。。
IMGP1179
 12時20分の便にて北の大地を後にする。12時の便は若干遅れていたようだが、こちらは定刻通りに。だけどこの時間の20分続行というのは、JAS時代の名残か?当然のごとく空席が目立った。あとで調べた結果このあと2便は2時間近く遅延したとのことで、まことにラッキーだった。

 羽田に戻るなり現実に戻される。お土産店が多数並んでいるが、その並びによって売上って左右するものである。新千歳空港のラーメン店も、どう考えても手前が有利で奥が不利だと思うが、「味の時計台」くらいのブランド?があれば関係ないと思うが、そこまで実力差がないと並びの差は大きい。ダントツで人気のある店の隣は不利のようである、千歳では時計台の両隣は不利だし、羽田でいえば東京ばな奈、パステルなめらかプリンの隣は大いに不利のようである。
IMGP1175
IMGP1180
 品川の某所で打ち合わせ、ここで衝撃的な事態が発覚!
「なんとスラックスに大きな穴が。。。。。。。。。」
今更ジタバタしても仕方がないので、開き直る。商談相手には気付かれなかったと信じるが、実は昨日の晩
「緊急かんさんオフ」
の時は大丈夫だったのだろうか?大いに心配になる。なんかとても寒かったような気もするが。。。。。
IMGP1181
 ただ、以前の小生だったら
「参ったな」
だけだけれど、今の小生は
「これでブログのネタが出来た」
と喜んでしまう自分がいる。。。。。。。。

 先週の鹿児島遠征では
「いい宿いい湯、いい食とくれば、いい女(ひと)が必要なのだが、最後のひとつだけはかけてしまう。こればっかりは仕方がない。。。。。。。。」

 としめくくったが、今回北の大地への遠征では、いい宿、いい湯、いい食はもちろんのこと難問だった
「いい女(ひと)」
が登場したので、さらに完璧な遠征となった!これからの北の大地への遠征がますます楽しみである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月21日(土)緊急かんさんオフ

 8時過ぎまで熟睡。お部屋の暖房を入れなくても、廊下から暖気が入ってくるので十分暖かい。というより暑いくらい、とにかく北の大地の冬はお外は寒くてもお部屋はかなり暖かい。香港はお外は暑くても、室内は寒いくらい冷房を効かせる傾向があるが、それと同じだろう。だから直ぐに脱げない下着などを重ね着すると、ひどい目にあうことがある。今晩はビッグイヴェントが予定されているので、朝から少し緊張気味なのが自分でも分かる。

 周りに積もった雪を見ながらの露天風呂、サウナでたっぷりと汗をながす。日経・道新・日刊スポーツを読みながらゆっくりと朝食をいただく。城山のような超豪華な朝食もよいが、ここも最低限のメニューはそろっている。目の前で焼いてくれる魚に大根おろしをたっぷりとつけ、納豆と海苔とおしんこがあれば十分である。お米はもちろん「きらら397」だろう。

 午前中はお部屋でゴロゴロと。。これが連泊の醍醐味である。といいつつ携帯およびメールがいくつか。。。。。
お昼から、せっかく北の大地へやってきたので、数件ご挨拶まわり。ところで今朝の日経北海道版によると、道内の百貨店売上ランキング、とうとう三越に代わって大丸が2位へ浮上したとのこと。いままでの大通り一極集中から駅へと流れが移ってきている。ホテルやデパートというのは、どう考えてもハードが新しい方が有利である。天井の高さというのは、一般的に高ければ高いほど好印象も受ける。昨年9月にオープンした日本橋三井タワー内のレストランが好調なのの一因でもある。
 
 ただ、デパートの場合はメーカーが既存店へ出しているブランドは躊躇してだせないことが多い、(新宿高島屋などの場合)肝心の婦人服などはわからないが、食品など見る限りでは地元の「きのとや」「モリモト」をはじめとしたメーカーは既存の丸井今井・三越に出ていても、さらにパワーアップして出店している。ところで、北海道土産といえば
「六花亭」
である。ここのすごいところは、通常三越カード所持者に対して実施している5%割引などから除外されているということだ。ティファニーなどもそうだが、生鮮以外の食品では珍しい。圧倒的に低い家賃(売り上げ歩合)で入居しているのだろう。なんともうらやましい限りである。

 こうなってくると、駅前の五番館西武、東急の閉店は時間の問題と思う。閉店したあと、そこにどんなテナントが入るのか?これが今後の駅前地区の発展に大きくかかわってくると思う。あと、今更ながら地下街が駅前までつながっていないことに後悔している人は多いだろう。(当時、地元の人が反対したらしい)地元の人に「まるいさん」として愛されている丸井今井が、伊勢丹主導でどう立て直すのかとともに大いに気になる。同じような例の福岡岩田屋はほ赤字の店を閉めて黒字店に経営資源を集中できたこと、ちょうど新店舗ができる直前だったことから、伊勢丹も積極的に支援したが、今回の方がはるかに難しいとは思う。ロビンソン札幌も、10年後に同じ名前で営業しているとは思えない。
IMGP1164
 お昼は、元祖みそラーメンの
「味の三平」
にてみそらーめん。相変わらず850円は高い、正直さほど美味しいとは思えないのだが、とりあえず1年に2回は行っているような気がする。スープが熱々なのと、コップの水が減るとすぐに注ぎ足してくれるのは合格。
 駅前のAiba札幌駅前にて、ばんえいの馬券を少々買ったりして、ブラブラした後。ロビンソン地下の
IMGP1165
「魚一心」
にて、すしを軽くつまむ。比較的空いている時間にいったのだけれど、同時に紙による注文が重なって職人さんはパニックになっていた。まあ、回転寿司としては美味しいので許しておく。神田周辺にも、これくらいのレヴェルの回転寿司がほしいものである。

 ジャスマックへ戻り、入浴。土曜の夕方、大変な混雑である。カラン待ちの列なんかできている。挙句の果てに湯あたりしたオヤジさんが2人も介抱されている。宴会場には、クラス会とか組合の会合なんていう看板が多数かかっている。まさに、アーヴァンリゾートの進化系である。小生は、サウナで座る場所も確保できなかったので、フットマッサージ。東北医療機器のお姉さんに
「強くお願いします」
と宣言したら、かなり強くて悲鳴を上げる。
「弱くしましょうか?」
と散々聞かれるが、なかなか同意はできない。
悲鳴をあげた場所から判断すると、腰と首と肩と消化器系が疲れているとのことである。(ほとんど全部ですね)ただ、内臓系の部分と思われる箇所を押されると、胃に響いてくることはたしかなようだった。

 ということで、夜はいよいよ「かんさん緊急オフ」である。なんだかんだ言って、りくおさんと違って「人見知り」の
激しい小生としては緊張する。今だから話せるが、第一回ないるさんオフの際も
「ないるさんは、実は男なんじゃないか?」
と疑っていたほどである。

 今回は、事前にある程度の情報交換を行なっていたので、F嬢1号やF嬢2号に負けず劣らずの美女であることは確認済。お会いした瞬間、全ての不安が解消され、素敵なすすきのの夜が始まった。。。。。
IMGP1166IMGP1167IMGP1170IMGP1171
 すすきの交差点近くの雑居ビル4階にある居酒屋にて一献。刺盛、ジャガバター、豚の角煮、あぶり焼き、冷麺、など北の大地ならではの味覚に舌鼓を打ちつつ、色々な疑問を解消すべく懇親を続けた内容は
かん「るいさんって美人なんですねえ」
うし「そうですねえ。。。。でも毒が。。。。。。。」
かんしんちゃんさんは、なんでうしという方というんですかね?」
うし「彼は変わってますからねえ、そういうの好きなんですよ、一人でハワイ行ったり韓国行ったりしますからねえ」
かん「大泉洋さんが全国区になるのは、うれしいけど寂しい」
うし「東京では全く相手にされてないから安心していいよ」

 などなど時間は過ぎてゆくが、結論として
「やっぱり道民は、まるいさんと呼ぶくらい丸井今井を愛している」
かんさんのお父さんもJGC会員である」
「産経新聞は最低である」
「なんだかんだいっても道民に松山千春は愛されている」
「故中川一郎は、鈴木宗男君に・・・・・だろう」
「これからはファイターズはないるさんと私に任せてくれ」
「島田の引き際は素晴らしいかもしれないが、小生としては藤島正剛がタクシードライバーをやってるのは、忍びない」
「選挙に行かない人は話にならない」
ということになる。 
 ジャスマックまで200メートルほどタクシーに便乗させていただき、解散。次回は、東京で皆さんと、南紀白浜で皆さんと、または北の大地でないるさんを交えて開催することを約束。なんとしても実現させたいところだ。
IMGP1173

 小雪舞う露天風呂にて汗を流し、ラウンジにて「氷いちごミルク」をいただくと気分爽快。流石に日記を更新する力は残っておらず。ちなみに23時以降相当数のアクセ数を頂戴しており、今宵のオフの注目度の高さが伺える、ちなみにもっとも多いリンク元はこのブログだった。。。。。。
素敵な一日が終了。。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月20日(金)気温差100度!

 IMGP1153


朝一でWithの撮影、気温5度で半袖で笑顔をふりまくのも大変。モデルさんというのは、やっぱり自分に自信があるのか、撮影していない時でも、なんだかオーラが出ている。

 午後から新宿で打ち合わせ、少し早めに行ってシェーキーズにてランチ。なんだか知らないが、小生いまだにシシェーキーズファンである。根本的に食べ放題好きなのはもちろん、あの丸い帽子と、
「ナイスカットー」
の掛け声が場を盛り上げる。

 2時に退場、羽田へ向かう。3時から空港にて打ち合わせ。
「本日の打ち合わせは、4時までということで、お願いします。」
「次の打ち合わせがあるのですね?」
「いえ、そうではなくて、ちょっと、旅に・・・」
 こういうことは、正直に言ってしまった方がよい。空港利用料100円を払っているのだから、先方も文句はないっはずである。しかし、冷静に考えると無料特典航空券の場合、そういうのはどうなっているのだろうか?各航空会社負担になるのだろうか?
 15時に2階にてチェックイン、当然前の便への変更を勧められるが固辞する。15時10分5階にて打ち合わせ開始。さいたま市で打ち合わせをしてから慌てて空港へ来るよりは、圧倒的に合理的である。

 4時50分無事打ち合わせ終了、予想外によい方向に話は進んだ。さくらラウンジ南にてネットを接続、隣は翌日の旅サラダ出演の向井亜紀さんがパソコンを広げていた。いかにもブログとかやってそうだと思ったら、本当にやっていたようである。いつものように離陸前に就寝、お飲み物の時間に起きてしまう。結局、あそこでガタガタやるからおきてしまうのだ、お飲み物はいらないからCAさんもおとなしく座っていてくれれば、いいのだけれど。。。。
IMGP1154

 二ヶ月ぶりの北の大地、機内の放送では
「千歳地方の気温はマイナス11度。。。。。。」
思わず声を上げてしまう。この時点である程度覚悟していたけども、すすきのの温度計はマイナス3度だったので意外と拍子抜け。でも道路は真っ白、歩道はほとんど除雪されているのだが、車道は完全なアイスバーン状態。住んでいる人は大変だろうけど、たまに来る観光客にとっては、これくらいの方が雰囲気は盛り上がる。
IMGP1155IMGP1156IMGP1157IMGP1158IMGP1159IMGP1160

 高麗亭さんにて、しんちゃんさんと合流。コアタイム、小笠原、森本のファイターズ勢。JRA奥平調教師もご愛用のお店だけあって、どれもおいしい。特にキムチ、ユッケジャンクッパ、冷麺は絶品。盛楼閣と並んで冷麺ランキングではトップである、なかなかこれだけの歯ごたえある冷麺はお目にかかれない。ピョンヤン式の冷麺とは別物である。小生は既に入浴済だったのでユックリしたかったのだが、しんちゃんさんがそわそわしているので、早々に切り上げて解散。結論としては
「おぎさんは、TOEICで920点とるのは凄いが、どうせアドベンチャーワールドへは口ばっかりで、行かないだろう」
「おぎさんは、自らが主催するツアーまで開催してすごいが、どうせアドベンチャーワールドへは口ばっかりで、行かないだろう」
ということである、しんちゃんさんはアートホテルへ、小生はすすきのへと向いコアタイムは終了。
IMGP1161IMGP1163
 1時20分小生の常宿であるジャスマックへと戻る。さすがにこの時間だと、普通温泉大浴場は終了しているのだが、葉加瀬太郎・高田万由子夫妻の定宿であるジャスマックの大浴場は午前2時までである。通常最終のご利用は1時間前とか30分前とかのホテルが多いが、ここは最終退場時間さえ守れば問題ない。お客さんを大人として扱ってくれるところがうれしい。その意気に答えるべく2時少し前に退場。
 マイナス10度の外気に触れながら入る露天風呂は最高である。95度のサウナでたっぷり汗を流し、マイナス10度の露天風呂に浸かるなんと温度差は100度。気分爽快、すっきりである。日記も更新できずに、速やかに就寝。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月19日(木)ブログと掲示板

 午後から西船橋へ新日本橋経由から総武線快速経由と、日本橋から東西線経由ああるが、東西線を選択。よくよく考えると、東西線を西船橋まで乗ったのは初めて。結構長い区間地上を走る、比較的海沿いを走るせいか強風のため、速度制限が実施されていた。葛西かなんかに、地下鉄博物館があるらしく、一度行ってみたいと思っていたが、機会がなかなかない。
 
 帰りは総武線、市川で快速に乗り換えたのだけれど、どうして同じホームでの乗り換えが出来ないのだろうか?京急を見習ってほしいものである。新日本橋駅に
「さよなら交通博物館」
のポスターが掲示されていた。どうやら3月でその歴史に幕を閉じるらしい。交通博物館といえば、小生の子供の頃の憧れの地であった、Nゲージのレイアウト、新幹線の運転台など心ときめかせたものである。交通博物館と肉の万世はセットである。肉チャーハンもなくなってしまったし、寂しい限りである。閉館前に行こうと思う。

 ところで、昨日のオフによると会社のパソコンというのは、見られるサイトが制限されているという。アダルトなんかは分からないでもないが、掲示板やブログも結構制限があるらしい。ただ、しんちゃん掲示板や2ちゃんねるの例を出すまでもなく、掲示板は貴重な情報源である。ブログも同様、太柱さんのように、朝パソコンを立ち上げて、コーヒーを飲みながら、まずこのブログを見ないと一日が始まらない、という方も他にもいるはずだし。朝礼のネタの参考として、このブログを熟読する方もいるとのこと。ブログや掲示板というくくりだけで、見れなくするのは大いに遺憾、内容を見て欲しいものである。

 福岡から客人が上京、新しく出来た三井タワー内のレストランにて会食。フォアグラの隠し味にみそを使ったり、ビーフシチューの中に豆腐が入ったりと和のテイストを活かした料理は、なかなかのものだった。
IMGP1147


IMGP1148


IMGP1150


IMGP1151


IMGP1152

 ところで、るいさんは昨日の会場だった「SANKOUEN CAFE & DINING」の店長さんが、
>中でも店長の神長さんはかなりの高ポイント。『ぶらり途中下車の旅』では、阿藤快相手にせっかくのキレイな顔がこわばってたけど(笑)>
と書いている。しかし小生だって、美男美女ではもちろんないが、「ぴったんこカンカン」では、安住アナ、高島礼子ら相手に一方も引かずに笑顔を披露し、各方面からお褒めの言葉を頂戴したことは、まだそんなに遠い過去ではない。と記しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月18日(水)俺の飲み会とは?

 東証大幅続落、いわゆるライブドアショックと言われているが、それだけでここまで暴落するというのは、株価は本当に実体経済というか、経済を先取りしているというが、そういうものを示しているのだろうか?もちろん、小生もライブドアへは出資していないが、持ち株はかなり下がった。だけど、不思議なもので自分も被害?をこうむっているにもい係わらず
「もっと下げろ、もっと下げろ」
と思っている自分が不思議な限りである。所詮小生は、よく言われる
「命の次に大事なお金」
なんてものでやっていないからである。お金にも色々と種類があって、そんな上位のお金ではやっていない。だからゲーム感覚といわれても仕方がない。馬券は0になるけど、株は0になることは、そんなにはない。何十年も持っていれば、きっと儲かるはずである。ようは
「信用取引」は一切やっていない。しかしながら、マネックス証券だかの
「ライブドア関連銘柄を担保価値として一切認めない」はめちゃめちゃである。急に追証と言われたって困ってしまう。ライブドアはともかく、こういう市場のルールとやらを勝手に突然変更することが許されることが最も理解できない。東証が立会い時間を短縮してしまうのも、話しにならない。

 松本議員、辞職。選挙の際アルバイトの学生を雇っていたからだという。おっしゃるとおり、登録されていない人物へ給料を支払うことは選挙違反となる。ただ、アルバイトを雇わないで選挙する候補者ってどれくらいいるのだろうか?実際小生も学生時代、某候補者の秘書から
「誰かに聞かれたら、ボランティアと言え」ときつく言われていた。
 
 松本氏よりも伊藤氏の方がよっぽど悪質である。政治家の秘書は兼業禁止であるらしい、ヒューザー関係の管理会社をやっている時点でダメダメのはずである。
IMGP1126IMGP1127IMGP1129IMGP1134
 神保町 三幸園にて新年会開催。小生、高田馬場と並んであまり得意な街ではない。キッチン南海、さぼうる、いもや、人生劇場と言われてもあまり胸ときめくものがない。そんななかで、るいさんお勧めの
「SANKOUEN CHINA CAFE&SINING」に参戦。オリジナルの火鍋もよかったが、チャーハンとマンゴープリン、ごまダンゴが絶品だった。今度は、ゆっくりと本格的な中華を食べにきたい。
IMGP1136IMGP1138
 皆さん30も半ばから後半になってくると、職場で中心となってバリバリとやっているようである。中でも、
「おぎさんと行く、海外ソリューション成功例見学ツアー」が実際に行なわれていると聞き驚く。夜は、おぎさんを囲んで和やかに。とのことである。

 一方のりくおさん曰く
俺の飲み会には政治家が来る
と豪語している。なんだか分からないが、「新居の検査済をイーホームズに認定された、りくおさんを励ます会」のようなものなのだろう。とりあえず、さすがとしかいいようがない。

 ところが、みなさん
「うしさんと行く 幸浜に逢える!アドベンチャーワールド」(利用航空会社 日本航空ジャパン 宿泊 東急ハーヴェスト南紀田辺または同等クラス)ならば、喜んで参加する意志があるという。小生も捨てたもんじゃないのかもしれない。これこそが
「認めて 褒めて 伸ばす 七田式」の真骨頂なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月17日(火)杵屋を家宅捜索

 東名を西へ走って秦野中井へ。かつては東名はよく厚木までは使っていたが、そこから先というのは実は数えるほどしか経験がない。一度目が南海ホークス最後の試合を観戦しに大阪球場まで4人で行ったとき、たしか日帰りだったのだが、帰りの道中死ぬほど眠くてPAまで待てずに、路肩に止めて交代した。富士周辺のSAで行きに食事をして、かなりまずかったのだが、めぐり合わせで帰りも同じSAに入ってしまったが、上りと下りでは業者が違うと思ったら、本線を越えて同じ店に入るはめになり衝撃を受けた。
 
 二度目はスワローズが甲子園で胴上げした試合、たしか10月9日だったと思うが、広沢のホームランに涙し、優勝に感動した。そのときは、場内から帰れコールと、我々をガードする機動隊の
「危険ですから傘は捨てて帰ってください!」
の警告から考えると、昨年のマリーンズが優勝を決めた日本シリーズなどおとなしいものだった。その際も日帰りで早朝帰宅し、たしかそのまま毎日王冠を観戦に東京競馬場へ駆けつけた。我ながら元気だったと思う。今では大阪日帰りも考えらないし、新幹線なんてとんでもない。車なんて考える隙もない。

 昨日もそうだったが、なぜか渋滞に全く遭遇せずに1時間で到着。道中、外環だか圏央道との接続工事が結構進んでいた。よく分からないが、やるんだったらとっとと工事して都心の渋滞を解消してほしい。道中やはりレンタカー1000CCと比べると3000CCは圧倒的に快適
BGMのTAROかまやつ「ピアノマンの詩」も指宿への道中よりは、あっていたような気がする。

 小嶋社長証人喚問、今後は小生も見合いの席などへは、「補佐人」を同行するようにしよう。この問題で大活躍の民主党 馬淵澄夫議員 橋龍ばりの髪型およびヒカリ具合が大いに気になる。お子さんが6人もいると知ってさらに衝撃を受ける。安倍晋三の名前が出た瞬間は驚いたが。。。。。。。

 ライブドア家宅捜索、そもそも家宅捜索って今までの礼だと朝からやるものだと思っていたが、夜から入ったのは何故?しかも、タイミングでぶつけてきたのは何故?ナベツネ氏と亀井静香君が正しかったということなのだろうか?(うれしそうな亀井氏を久しぶりにみた)ただ、根本的には株の分割とは別問題と思うのだけれど。。。。。。

 春香なるモデルさんが撮影で来店、モデルさんって綺麗というよりも、人形というか、なんというか人間味がない。昔西武球場で見た当時の清原の彼女といわれていたモデルさんも強烈だった。

 昼も夜も外食だったが、最近ホント美味しい感じる店に出会うことがない。
実演手打ちを名乗っている杵屋で、うどんを打っている場面を見る可能性よりも、東京で美味しい店に出会える可能性の方が断然低いと思う。杵屋って本当に店でうどんを打っているのだろうか?これも家宅捜索して欲しいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月16日(月)冒険と守り

 IMGP1124


午後から羽田へ、春の新作の試食会。今回は関係者モニターを選出しての企画である。もちろん、事前に作戦をこちらで立ててからの試食会である。2つ持参して、1つは私も含めて社内では不評だったのだが、枯れ木も山の賑わいと思い、持っていったら意外や意外の大好評。2つとも販売する方向になった。作り手と食べ手の感覚の違いというのは面白い、ただし実際にどれが売れるのか、売れないのかは全く別の話。

 まあ、許されるのなら
「下手な鉄砲数うちぁ当る」
の意識が大事、でも下手な鉄砲撃つのにも、かなりのリスク、コストがかかる。一度買って食べてまずいと次回買ってもらうのは至難の業である。だから、安全パイ、安全パイと選択してしまう傾向がある。攻める時はあるていど冒険も必要だが、本当は守るときこそ冒険が必要なのかもしれない。(実際はなかなか出来ない)それこそセブンイレブンのように売れないと3日で棚から外すのも、いかがなものだろうか?在庫を抱えたメーカーはたまったもんじゃない。しかも欠品は絶対に許されないとくる。まあ、たくさん売るやつは強い!この一言である、この当たり前のことをメーカーに気づかせた中内功さんは偉大である。(晩節を汚してしまったのは本当に残念)その意味でも、セブンの鈴木会長はそろそろだと思う。以前も書いたが、最も注目しているのは、Jリーグ川渕キャプテンの引き際である。定年の70歳で潔く引くのか?それともルールを変えてでも居残るのか?大変気になる。

 堀江氏大ピンチ、というよりもうだめそうである。小嶋氏大ピンチ、というよりもうだめだろう。今、話題になっているのが、きっこのブログである。この詳しさ、文章の長さ、証人喚問の際民主党も参考にしているサイトである。一体何者なのだろうか?大いに気になる、こういうサイトが突然閉鎖されてしまうとしたら、(いかにもありそう)相当恐ろしい限り、その点このサイトはその心配がないから安心である。一方でこのサイトもかなりの頻度で更新されているようだ、今後大いに注目したい。更新されると相当読み応えがあるのだが、なかなか更新されないので残念なのがこのサイトである、今後ますますの更新を切に願うばかりである。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月15日(日)せーごーどん

 熟睡=さわやかな目覚め♪といきたかったのだが、深夜のTAROかまやつからのコメントに衝撃をうけたせいではないと思うが、夜中に数回目が覚めてしまった。

IMGP1104
 しかしながら、さつま乃湯に浸かれば目覚めすっきり。露天風呂に浸かりながらの桜島を見て、森林浴の10倍のマイナスイオンというイオンスパでたっぷりと汗を流せば気分爽快である。
IMGP1121

 朝食をたっぷりといただいた後は、お部屋で寛ぐ。遠征最終日の朝食後といえば、サンデージャポンが欠かせないのだが、残念ながらこちらではネットされていない。北海道でも大阪でもネットしているのに、九州では他に九州ネットの番組があり見ることができない。とても残念。チェックアウト後、TAROかまやつのCDを聞きながら空港へ、ラウンジにて寛いだ後帰京。

 ところで、ここ数年は頻繁に鹿児島を訪れるようになったが、小生の鹿児島との出会いは小学生の頃通っていた学習塾の修学旅行に遡ることが出来る。実はTAROかまやつも一緒だった。冷静に思い出すと、ホテルは城山観光ホテルだったと思う。そのときのことはたいして思い出がなくバスガイドさんが
「鹿児島の女性のことは さつまおごじょ」
「西郷さんのことは せーごーどん」
と言ってたのが記憶に残っているくらいだ。
 その後は、愛読している「月刊ホテル&旅館」に特集されたホテル京セラを訪問するまで、しばらく空白の時間があった。そこからは徹底して鹿児島へ通い続けている。ただ、実は今を遡ること100年前西郷隆盛さんは、当店のお得意さんだった、こう考えると小生が鹿児島を愛するようになったのはせーごーどんが導いてくれたのかもしれない。まあ、必然ということなのだろう。。。。

 北の大地もそうだが、鹿児島・福岡を出発する際は、東京へ帰る。というより、東京へちょっと行って来る。といった感じだ。城山の露天風呂、ジャスマック、第一滝本館の温泉、福岡八百治ホテルを後にするとき
「ここへ戻ってくるために、これからしばらく働く」という意を強くする。(ただ、厳密に言うと、鹿児島や福岡、札幌も70%くらいが出張なんですけどね。)

 羽田へ戻ると急に現実に戻される。羽田に拠点があるというのは利点であり欠点でもある。ちょっと不愉快なことが発生。
 IMGP1123
 ストレスを感じたので、渋谷喜楽へ駆けつける。小生がラーメン日本一として中学時代から愛好しているのだが、明らかに昔の方がおいしかった。今日ももやし麺は、麺の茹で時間が足りなくて、硬い。スープがぬるいし味が落ちた。どうしてこうなってしまったのだろうか?残念でならない。東京へ来た途端にストレスだらけになってしまった、早急に癒しが必要なようである。

 帰宅後ビデオでサンデージャポン。流石に青木裕子アナの不倫には触れず、爆笑問題も情けない!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

1月14日(土)完璧な癒し

IMGP1092
 
 完璧な熟睡、城山のダブルベットは完璧な硬さ。8時起床、実に快適な目覚め。どうして自宅よりもホテルの方が圧倒的に熟睡できるのだろうか?もちろん温泉の効用が大きいのだろうけど、ベットも重要な要素、やぱり購入する時が来たような気がする。。。。

IMGP1101

 ちょっと曇って綺麗には見えないが、桜島を見ながら入る露天風呂は完璧!もうこれ以上望むものはない、怒りっぽいるいさんも、ここへくればきっと完璧な癒しをえることができるはずである。朝風呂1時間のあとは、もちろん日本一の朝食、あまりにも種類が多すぎて全てのおかずを少しづつ食べることなど不可能。日経・日刊スポーツ・南日本新聞を読みながら、たっぷりと1時間かけていただく。

IMGP1093

 お部屋にて、風のハルカを1週間分見てから、ヴィッツ号にてしんちゃんさんと合流。指宿へと向かう、せっかく買ったのでBGMはTAROかまやつ「ピアノマンの詩」、ピアノは確かにいいと思うのだけれど。。。。。。
 
 海沿いを1時間気持ちのよりドライブ、2ヶ月ぶりの「砂楽」にて、30分じっくりと汗を流す。海岸で、海と青空を見ながら入る、砂風呂は本当に極楽。徹底的に癒される。なにが凄いって、砂風呂に入っているときは一切のことを忘れられることである。ストレスから完全に開放される瞬間って、なんともいえず素晴らしい。最低二ヶ月に1度は来て浮世のアカを流さないと死んでしまう。るいさんも・・・・・・・・

IMGP1095
IMGP1097

 せっかくなので、軽くドライブ。名物そうめん流しを食べ、池田湖にて菜の花を見ればすっかり癒される。市内に戻り、話題のドルフィポートに立ち寄るが、何もなく。てもみんへベットで準備していると
「○○さん、おひさしぶりです。」
「以前、やっていただいたことありますか?」
「福岡で何回か」
「奇遇ですねえ」
「以前より全然柔らかいですよ、○○さんとは思えないです」
やっぱり、城山の露天風呂と指宿の砂風呂の効果というのは、凄いものだ。だけど冷静に考えると、東京のてもみんならともかく、福岡でというのは、凄い話である。ありがたい。。。。。。

IMGP1107

 味の丸一さんにて上ロースかつ1800円をいただく、相変わらずの肉のうまみである。そして完璧な火の通し方、まさに日本一のとんかつと言っても過言ではない。とにかく1800円は激安である、遺憾ながら、しんちゃんさんはお気に召さなかったようであるが。。。。。。

 ホテルへ戻り1時間たっぷりと入浴、40度前後のイオンスパがすばらしい。マイナスイオンが滝の10倍とのことである。物凄い汗がでるけど、結構長い時間入浴可能なのがすばらしい。毒素もかなり出たのではないか?インドで何週間かの入院をするのは難しいが、ここならその気になれば、いつでもお手軽な癒しをえることが出来るんですよ!

IMGP1116

 3回目の入浴のあとは、鹿児島の街の灯とシャンソンをさかなにバーで一献。せっかくなので、幻の焼酎を言われる
「森伊蔵」

IMGP1111

をロックでいただく。お酒が苦手な小生としては、水割りにしたいたところだが、メニューに
「焼酎は是非、ロックかストレートでお召し上がりください」
と赤字で注意書きが書かれている。こうなると水割りは事実上注文ができない。

IMGP1108

 小生には猫に小判である、すっかり酔っ払ってしまった。だけど、ますます癒されたことは確かなようである。お庭のイルミネーションを見学。愛を語るには、もってこいの場所である。うっとりしたところで、4回目の入浴。身体がふにゃふにゃになったところで就寝。。。。。。。

IMGP1114
IMGP1117

 いい宿いい湯、いい食とくれば、いい女(ひと)が必要なのだが、最後のひとつだけはかけてしまう。こればっかりは仕方がない。。。。。。。。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

1月13日(金)長シャツと長パンツ

 火曜日からだったが、今週もよく働いた。ということで、週末を寛ぐため暖かいところへ向かう必要がある。18時過ぎのJGCカウンターにて無料航空券を受け取る。他にお客さんがいなかったので、グランドホステスさんに
「お勧めのお土産はなんですか?」
「ごまたまご、なんか評判いいですよ」
「生ものではどうすかね?」
「やっぱり、オムレットや杏仁豆腐がおいしいですよ」
「そうですか!」
と大いに気をよくする。
時間があったので、さくらラウンジ。以前LANがあったので、端子を探していると、サラリーマン風の方から声をかけらる。
「LAN探してます?」
「ええ、たしかありましたよね?」
「北のラウンジだけみたいですよ」
「そうですか。。。。」
北にあった南にない、こういうのは意味不明である。
IMGP1087
 
 せっかくなので、日本空港ビルデングが運営するラウンジをひやかすが、なんと飲食物持込禁止とのことで退場。中で売ってるならまだしも、サンドイッチも売っていないのに持ち込み禁止は不親切。仕方がないので、万世ハンバーグサンドを購入して、さくらラウンジへ戻る。お腹が結構空いているときは、崎陽軒のシウマイ弁当だが、小腹が空いているときは、これである。ちなみに小生、まい泉の成型肉はお肉として認めていない。ただ、ハンバーグだけでは飽きてしまう、カツサンドとのハーフ&ハーフをやってくれるとうれしい。いずれにしても身体に悪そうということだけは間違えないのだが。。。。

 鹿児島は想像以上の暖かさ、レンタカーの暖房は不要。極論言えば半袖でも対応可能な気温。小生、現在下着を上下共に2枚づつ着用している。下は、トランクスとくるぶしまでのロングパンツ。上は、半袖の上に長袖、この温かさが最近すっかりお気に入りである。着用するまえは、長袖、長パンツは抵抗があったのだが、最近の寒さでは手放せなくなった。昔は、半袖シャツすら着用していなかった。高校のクラスで宮崎先生が
「下着を着ている者は手をあげなさい」
手を挙げたのは、しんちゃんさんのみだった。ちなみに氏は、いわゆる塾高生用のステンカラーコートも着用していなかった気がする。まあ、一本筋が通っていたのかもしれない。
IMGP1090
IMGP1088
IMGP1089
 
 結構遅い時間になったので、とりあえず「黒福多」さんにてロースカツ定食をいただく。かつては、これでも十分美味しいと思ったものだが、やっぱり明日のお楽しみ、丸一と比べてしまうと。。。。。でも、今日のところは、これで。。。。(もちろん、東京の普通のとんかつと比べたら全然美味しいですよ!)

 ところで鹿児島の中心天文館には、オリックスさんが経営しているブルーウエーブインというビジネスホテルがあるが、そろそろバファローズインと名前を変えるべきだろう。

 お宿はもちろん、キャッスルパーク「城山観光ホテル」早速、入浴と思ったら、「スチュワーデス刑事」が放送中なので見入ってしまった。10年続いたシリーズも最終回とのこと。以前プロデューサーが
「一定の役割を果たしたので、今回で終わりにします」
と語っていたが、一体どういう役割があったのかは、小生には、最後の最後までわからなかった。。。。。

 50日ぶりの「しろやま乃湯」相変わらず露天風呂が最高である。今回、シャンプー、石鹸などに新シリーズが登場していた。
「有害な成分は含まれておりませn」
堂々と書いてあるが、では既存のものを有害なのだろうか?同じことが果物にもいえて、通常のリンゴの隣に無農薬のりんごとか並んでしまうと、じゃあ隣のは危険なのかと誤解されてしまう。なにはともあれ時間ユックリと入浴、日頃の疲れを癒し速やかに就寝。。。。。。

 いい宿いい湯、いい食とくれば、いい女(ひと)が必要なのだが、最後のひとつだけはかけてしまう。こればっかりは仕方がない。。。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月12日(木)Aサインバー

IMGP1082
 愛読紙である、日刊ゲンダイによると月刊誌「論座」紙上のナベツネ氏と朝日の論説主幹との対談で、
「首相の靖国参拝に反対し、戦争責任をはっきりさせるべきだ」
で両者は一致したという。
 しかも
「靖国神社本殿の脇にある遊就館がおかしい。軍国主義をあおり、礼賛する博物館を靖国神社が経営していることはおかしい。そんなとことろに総理が参拝するのはおかしい」
とおっしゃっている。
 こういう人に、小生とほとんど同じ内容のことを言われると困ってしまう。。。。小生にとってのヒールは(大多数の日本人にとってのヒールであろう)徹底的にヒールでいるべきである。

 なお、ゲンダイは、小泉首相が意気込みをみせる、日本橋上の高速道路撤去問題も徹底的に切って捨てていた。流石はゲンダイである。
IMGP1084

 旧友M氏と六本木の氏の経営する沖縄料理がウリのバーにて一献。新作の沖縄おでん、ラフティ、沖縄そばの冷製サラダ、自家製の黒糖アイスクリームなどを美味しくいただく。小生はシークワッサージュース、M氏は徹底的に泡盛を飲んでいる。遺憾ながら小生、泡盛の原料がタイ米とは知らなかった。
IMGP1085

 7時から12時過ぎまで色々と話すが結論として
「なにか今年は一緒にやろう」
という結論がでるが、こう言って何か一緒にやることというのは、ひじょうにまれである。
「2月に一緒に沖縄へ行こう」
という結論もでるが、こう言ってそれが実施されることは、非常にまれである。
「3月に高校のオープン戦で鹿児島へ行くから一緒に行こう」
という結論もでるが、こう言ってそれが実行されることも、これまた非常にまれである。

 氏曰く
「8年間で、店2店舗しかつくることが出来ずに無力感を感じる」
とのことであるが、小生としては尊敬してしまう。一方、この8年間に小生が何をやったか考えてみると
年平均10回延べ年30泊の福岡出張・遠征。
年平均7回延べ15泊の北の大地への出張・遠征。
年平均7回延べ15泊の南国鹿児島への出張・遠征。
その他、年平均10回延べ20泊の国内外への出張・遠征・。
JGC・ANAスーパーフライヤーズ(スターアライアンスゴールドメムバー)会員資格の取得
などなどレヴェルの差を感じざるをえないが、ある意味小生もまんざらではないのかと思う。

 しかしM氏も高校野球の地方遠征に同行したり(なかなかこういう人はいないのではないか?)
女子大生とお付き合いしたり(うらやましい限りだ)なかなかのようだ。
IMGP1086

 あっという間の4時間ではあったが、唯一残念だったのは、TAROかまやつ
「ピアノマンの詩」
の購入を強制させられたことである。

 近々の再会を約束して解散(これは実現させませう)。
冷静に考えると、同席した中等部クラスメイトのO氏が、12歳年下の女性と近々結婚するそうである。これが一番衝撃的であった。。。。。。またスワローズのマニアックな話が続出、元ファイターズ藤島正剛がどのくらいの選手だったかとのことで、柳原と渡辺(現ヘッドコーチ)の中間くらいだったのではないか?という結論だけは意見の一致をみた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

1月11日(水)靖国参拝

 街中のイトーヨーカ堂、デニーズの看板の上にセブン&アイホールディングスのロゴがついて、もう数ヶ月経過した。関係者の話によると、やはりクレームが殺到しているらしい。明らかにデニーズの看板よりもセブンのロゴが目立つ、ようはセブンイレブンだと思って店についたら、デニーズだったというわけだ。誰が考えたってお客に不親切だと思う。鈴木会長のヨーカ堂嫌いは有名だが、いかがなものかと思う。そもそもどんなに優秀な経営者でも70になったら後進に道を譲らないと、絶対会社はおかしくなる。

 

オーナーならまだしも、所詮はやとわれである。ナベツネとかを自浄する力がない読売はそれ以下であることは言うまでもない。少なくとも鈴木会長は今のところ会社外へはあまり表だって迷惑をかけていないと思う。
IMGP1077

 アポとアポの間に時間が空いたので、靖国神社へ参拝。いつも思うのだけれど、結構な年配の方で
「神社は手叩くんだっけ?」
とか同行者に聞いている姿は、ちょっと格好よくない。
 靖国参拝は、子供の頃以来だ。靖国のことや、日本の戦争の歴史を展示している「遊就館」は初めて。結論から言うと、あまりにも強引な解釈が多い。戦前日本がしてきたことを、あそこまで正当化するのは、ちょっと無理があると思う。
 1階の売店では、日の丸鉢巻他グッズが売られている。書籍も販売されているが、かなり偏っている。ゴーマニズム宣言は売っていても、保坂正康氏の著作なんかは一切売られていない。
IMGP1078

 もちろん、国のために亡くなった方のことを思い、参拝するのは必要なこと。だけど、あの展示を見たら考えてしまう。。。。もっともっと勉強しなければならないことが多すぎる。特に東京裁判で被告全員を無罪とする意見書をだしたインドのパール博士の著作を読んでみたい。
 
 なんと自宅が水漏れでお風呂も入れず、22時30分前にオアシスへ飛び込む。こういうときは全く頼りになる存在である。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月10日(火)CBSテレビ

 三連休明けといえば、流石の小生でも結構忙しいはずなんだけれど、実はそうでもない。業務上はしばらく閑散期に入る、ただメールと電話は思いっきり舞い込む。衝撃的だったのは朝8時に鹿児島のデパートからなんとか今日中に商品が欲しい旨要請が入る。

 これ幸いと
「さすがに今日の、今日はヤマトといえども難しい、いつもお世話になっているので、急遽小生が持参しよう」
と思ったのだが、遺憾ながらいつもの業者が快く引き受けてくれ、10時引き取りで、15時には鹿児島市内に無事荷物が到着した。コスト的には往復運賃、レンタカー、城山観光ホテルダブルルーム代などと比べると、およそ1/7くらいで済んだ。。。。

 流石にアド街の効果は凄い、話題のフルーツサンドは午前中で売り切れが続く。先日のワシントンポストに続いて米3大ネットワークのひとつCBS日本支局から、取材の依頼が舞い込む。小生に日本の高級フルーツ市場について大いに語って欲しいとのこと。先日のワシントンポストを見たとのことである。ABC(大阪朝日放送ではない)のデーブスペクターからの取材要請ならば即決するところだが、今回はもったいつけておく。ワシントンポストの時は、ここにも絶対にかけないようなオフレコの話をしている、掲載紙が送られてきたのだが、いかんせん、ガーリックとジンジャーの違いや、マリオットとメェーリィオットォの違いも分からない小生にとっては、ただの古新聞である。
 
 ついでに言うと、かつてマカオのマクドナルドで、ハンバーガーと言っても一向に通じずに、全店員が登場してあ~だこ~だ議論した挙句に、何も注文できずに退場した苦い経験がある。だけど、マクドナルド・ハンバーガーは「世界の言葉」とばかり思っていたのに。。。。一体何といえば、ハンバーガーを売ってくれるのか今でも謎である。

 三笠宮寛仁様の発言に宮内庁が懸念を表明、だけどそろそろ皇室にも最低限の人権を与えるべきではないだろうか?本当の意味での開かれた皇室、今後何百年も続く国民の象徴としての皇室というのは、皇太子や天皇がもっと自由に発言できるようにならなければ無理。
 
 夕方、太柱さんから、小生のブログを読んで
「パンダが見たくなった」
旨のメールをいただき大いに気をよくする。こういう地道な活動が明日のアドベンチャーワールドをつくるはずである。早急にるいさん、しんちゃんさん達を含めて
「JALバーゲンフェアで行くアドベンチャーワールドを訪ねる旅」
・副題として「幸浜に会える!」
・宿泊 東急ハーヴェスト南紀田辺または同等クラス
を企画する必要がでてきたようだ。とりあえず会社データを見ると、資本金10億で売上高50億という数字が出てきた、50億っているのは相当少なそう、なんとか速やかに100億まで持っていきたいところだ。そのためには、小生は協力を惜しまない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1月9日(月)大阪出るとき連れてって~♪

 自宅では熟睡できないのに、ホテルだと熟睡できるのは何故だろう?今日も9時までグッスリと。。。。朝食をいただいた後は、スパにてたっぷりと汗を流す。これが出来るのがホテル阪神の醍醐味である、チェックアウトが12時というのは最高の贅沢である、朝食後部屋でゆっくりするもよし、小生のようにスパでゆっくりもよし。プールのあるホテルでは、プールも可能である。11時ではどうにもならない、11時と12時の1時間に大きな差がある。高層階のビューもよし、大満足のホテル阪神での滞在だった。
IMGP1074

 あとは帰るだけ、伊丹空港へ向かう。ホテルの目の前が高速福島インターなのだが、梅田へと戻る。いつ見ても、駅前のプロミスの斜め看板は強烈。丸ビル前からリムジンは出るのだけれど、始発は新阪急ホテル、つまりッ始発で満席になると、ここでは乗れない。いくら15分後にも便があるにしても、ちょっとこれはいただけない。高速が空いていれば20分弱の距離だから圧倒的に関空より便利なのだけれど、まさか御堂筋線、モノレール経由の人はいないだろう。たしかに阪急伊丹線を延長しても、御堂筋線を延長してもバスの方が速いかもしれないが、バスのイメージとリスクって非常にネガティブ、しかも620円って高過ぎる。

 1~2泊だと、もっとゆっくりでもいいが、3泊となると早めにユトリをもって早々に帰宅。ところで、大阪空港交通のリムジンというと
IMGP1075

「大阪出るとき連れてって~♪」
でおなじみの、たこ焼き割烹 たこ昌の広告である。
だけど、このたこ焼きお土産にする人ってどれくらいいるのだろうか?そもそも大阪の土産って何だろうか?全く浮かんでこない。たこ昌だけは知ってるけど、たこ焼き割烹というの一体????とにかく たこ昌大いに気になる存在である。
IMGP1076

 羽田経由、大森 味の丸一へ。今回大阪で串カツを食べなかったからではないが、ちょうど開店の5時過ぎに到着。5時10分にはなんと満席に、この時間ならロースカツでも食べれるかと思ったら、今日も売り切れ。普通のとんかつ定食1300円だけれども、今日も大満足。しかし、いつになったらロースとか食べれるのかしらん。。。。
IMGP1043
IMGP1046


買ったばかりのCDアドベンチャーワールドテーマ曲『Shine on you~輝きつづけて~』を聞きながら帰宅、目を閉じると。幸浜の愛くるしさや、イルカやアシカのショーの楽しさ、動物を愛するスタッフ達の笑顔が浮かんでくる。買ってよかった。。。。。。。

 仙台の誘拐事件の病院名のスペルマンが気になったが、やっぱり人物名だった。スペルマン枢機卿に援助してもらったという、キリスト教の病院だったのね。だけど、よく誘拐事件の際には評論家がしたり顔で
「身代金誘拐事件が成功したためしはない」
と言い切るが、恐らくそれは表に出た事件だけであって、裏で金銭授受が成功している例はきっとあるに違いない。グリコの社長の時だって、裏では取引が成立していると思う。また解決後に、逆探知が成功したとか、Nシステムで車を割り出したとか言っているが、こういう内容って公になると後々の際警察はやりずらくないのか?

 今話題の「下流社会」読了、話題らしいが数字ばかりでよみずらいは、書いてあることは小生でもかけるようなことばかりで失望。唯一面白かったくだりが
「いま、東京でいちばん美人が多い街は日本橋と二子玉川だ」
と指摘している点、まあ日本橋でも大手町に近いエリアには美女軍団がいるらしいのだが。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月8日(日)桂三枝師匠

 IMGP1060
ホテル阪神の夜は、本当に久しぶりにユックリ眠れた。11時から7時過ぎまで、熟睡である。残念ながら早朝サウナはやっていない。しかしながら、なんとお部屋にて温泉に浸かれるのである。ここがホテル阪神の凄いところである、今時ホテルでも温泉大浴場は珍しくないが、お部屋で温泉はちょっと記憶にない。まあ、函館湯の川プリンスホテル渚亭みたいに、個室露天風呂日本一とか言われると返す言葉もないが。。。とりあえず、お部屋で温泉、日経、日刊スポーツ。結局ここは、ビジネスではなく、シティホテルなのだろう、お部屋まで新聞は届けてくれるし、宴会場もバーもある。

 朝食はまったくたいしたことなかったが、テーブルが大きいことと、ドリンクのグラスが大きいことがよかった。城山も実はそうなんだけれど、ドリンクのグラスが小さいところはだめだ。何回も取りにいかなくて済むのが親切。

 昨日の日記をアップしてから、環状線、御堂筋線を乗り継いで、なんばへ。半年ぶりの、なんばグランド花月(NGK)にてよしもとを満喫。チケットは1週間前に電話にて予約済みなのだが、なんと一番前のド真ん中、通路側というこれ以上ない座席。NGKへは10回通っているが、こんな席は初めてである。流石に立ち見まで一杯、衝撃的なのは、通路に補助席が出されている。これってモロに消防法違反ではないのか?きっと大丈夫なんだろうけど。。。。読売の場合は47000人収容のドームに、53000人と発表、しかし実数は40000人。吉本と読売どちらが悪質かは意見の分かれるところであろう。。。。
IMGP1050
IMGP1053
IMGP1055


 今日は、なかなかの好メムバー、若手の「チュートリアル」。初めて見る「中川家」共に予想以上に面白い、大助・花子はいつも通りの安定した芸を見せる。そして、なにより、今日の目玉は、三枝師匠である。桂三枝がNGKの舞台に上がるのは年に3~4週である、今までなかなか生で見る機会がなかったのだが、とうとう念願の生、三枝である。しかもホンの3メートルの近さで見られる。やっぱり、凄いとしかいいようがない。落語というか、座ってやる漫談のようなものである。トリというと、しかくい仁鶴がまあるくおさめてくれるか、桂文珍、オール阪神巨人といったところである。同じ落語でも、二人とは全く違う世界がそこにあった。大満足。。。。。。
IMGP1058
IMGP1059

 ネタは大阪人のマナーをいじったものが多い。恐らくお客さんの多くは、大阪ではないのだろう。大阪のオバちゃんは凄いとかのオンパレードである。マナーといえば、今日も携帯が鳴りだすは、撮影のフラッシュはたくは、でひどいものだった。フラッシュってあんな遠くでは無意味なんだから、いい加減気付きなさい。昨日の、パンダワールドでも、お姉さんがさんざん
「フラッシュは絶対におやめください、操作方法が分からない方は、手でふさいでください」
と丁寧なアナウンスをエンドレスで繰り返しても、フラッシュを焚く輩が続出した。こういう輩は一発退場すべきである。

 IMGP1067
最後はもちろん、吉本新喜劇。こちらも好メムバー、だけどこの新喜劇、毎週演目が変わるのだから偉大だ。過半数の役者が毎週出ていると思うのだけれど、いつ稽古したり、休んでいるのか不思議で仕方がない。あっという間の2時間30分であった。

 IMGP1069
笑った後は、どうしようもなく寒いのだけれど、なんばウォークの台湾かき氷の店ピングァンにて氷いちごを頂く。夏場は行列というのが結構うなづけた、結構上品でフルーツたっぷりのかき氷。パクって東京で店を出したいところだ、まあもっと2年だろうけど。。。。
 
 IMGP1072
晩御飯は、狸狸亭(ポンポコテイ)にて、定番のやきそば、カレー焼きうどん、豚玉。ホテルから近いので、海老江店にて。小生、関西へは少なく見ても年に8回くらいは来ているのだけれど、交通事情はあまり理解できていない。今回の海老江というのは、JR東西線の駅である、ちなみにここは千日前線の終点である野田阪神に隣接している。だけれど、駅前からは全くそれが想像できない。ちなみに、野田阪神と阪神電鉄野田駅は別物である、ちなみにJRの野田駅もある。京王線新宿駅と京王新線新宿と西武新宿みたいなものといえば、簡単だけれど素人には難しすぎる。
IMGP1071

 大阪圏の地下鉄って御堂筋線以外は赤字らしい、それはそうだろう。簡単に言うと南北に4本、東西に3本も走っている、もっと斜めに走る線とか計画できなかったのか?四つ橋線の西梅田ー大国町間なんか御堂筋線と全く同じである、大国町で別れればいいと思うのは東京人の発想か?JR東西線は4本目の東西を走る地下鉄である、乗っている人って結構いるのだろうか?

 まだまだ分からないことが多い、南海と地下鉄は「なんば」である、近鉄は「難波」JRも「JR難波」となる。梅田は流石に「うめだ」とはなっていないが、大阪=梅田というのも若いときは分からなかった。

 ホテルに帰って、サウナ、露天風呂、水風呂をたっぷりと2時間。心底寛いでしまう。。。。だけれど、サウナの営業時間が日曜は20時までというのは、いかがなものだろうか?いくらなんでも。。。。。まあ、とっとと寝るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月7日(土)パンダ外交

 IMGP1038
お部屋の乾燥が少しきになったが、バスに盛大に湯をため、絨毯に水を盛大にまいたおかげで、なかなか心地よい目覚め。1時間徹底的に入浴、日経を読みながらの朝食はたいしたことなかった。。。。最近、これは!と思う朝食に出会うことは少なくなった、まあ城山観光ホテルの日本一の朝食を知ってしまうと、どれも物足りないのだけれど。。。IMGP0980


 本来のリゾートならば、ここで再び入浴、就寝なのだけれど。テレビのニュースで
「中国から台湾へ贈られるパンダの名前が決まった。。。。。台湾政府はいわゆるパンダ外交に警戒を。。。。」
ん、パンダ外交?そうだそうだ。。。。アドヴェンチャーワールドの先輩である、るいさんからも午前中の訪問をきつく命じられていた。速やかに支度をすませ、アドベンチャーワールドへかけつける。
IMGP0981IMGP1047


 こんな田舎で、駐車場800円に衝撃を受けるが、
「パンダとペンギンのマークが笑顔で出迎えてくれる」
なんだが、JAL SUICAみたいなものだ。
 想像以上に豪華なゲートをくぐると、たくさんの着ぐるみが出迎えてくれる。この時点で着ぐるみマニアの小生としては一気にテンションが高まる。

 IMGP0982
色々目的はあるのだが、まずはパンダランドへ一直線。そう10時30分の「梅梅」と「幸浜」親子の登場まで時間がない。野球場への道のりのように、早足になってしまう小生がそこにいた。無事10分前に到着、最前列をキープすることに成功!だんだんと群集が増える。そしていよいよおねえさんに抱かれた
「幸浜登場!!!!!」
うわああ。。。。可愛すぎる、今年で38になろうとしている独身としては、もう子供でも連れてこなければいけないのだろうけど、一人で見たって可愛いものはかわいい。。。。。ぬいぐるみののようである。
IMGP0994IMGP0996

 小生にとってのパンダといえば、子供の頃にみた「ランラン・カンカン」で完全に止まっている。その時は、大変な混雑振りでほとんど見れなかった覚えがある。同時期 東京新聞の販売店からもらったタダ券でみた「モナリザ」同様、警備員の
「立ち止まらないでください」
の声しか印象に残っていない。
 ところが、ここアドヴェンチャーワールドには、パンダが6匹(頭?)もいるのである、しかもお客さんが異常にすくない。よって1時間でも2時間でも時間の許す限り、パンダを見ていられるのだ。るいさんの参加したツアーなどには参加できなかったが大満足である。お昼過ぎに再訪した際は、案の定寝てしまっていたが、その後は再びおきだして「梅梅」が徹底的に「幸浜」を可愛がっているのが見られた。
 
 IMGP1004IMGP1005

とりあえずパンダランドをあとにして、ビッグオーシャンにて行なわれる
「ハートフルマリンライブ」
いわゆる、イルカのショーを観戦。
 これが想像に以上にすばらしく、感嘆の声を上げてしまう。これだけでも、南紀白浜アドヴェンチャーワールドへわざわざ来る価値は十分にある。

 IMGP0998IMGP0999

もう一度、パンダワールドへ立ち寄り、じゃれあう双子のパンダ。隆浜・秋浜をじっくりと。。。。。こうしているとドンドン時間が過ぎてしまうので、サファリワールドへ向かう。ジープとかバスとか自転車とか色々な見学手段があるのだが、小生が選んだのは、もちろん徒歩!
 
 IMGP1013IMGP1011IMGP1014


いくら相手が草食動物だからって、これは凄い!サファリワールドといえば
「ホントにホントに、ホントにホントに、ライオンだ~。近すぎちゃってどうしよう♪」
のCMでおなじみの富士サファリパークで死亡事故が起きたばかりである。恐る恐る足を踏み入れる。
象とか!サイとか!縞ウマとか!ホントに近くにいるんだよねえ。。。しかも柵とかほとんどないのよ、これが!
いくら草食動物といったって、相手はかなり大きな動物だよ。小生も日本人としては遺憾ながらかなり大きい方であるが、とにかくデカイ!襲ってきたら、イチコロだろう。しかも周りには全く人がいない。小心者の小生としては、かなり緊張する。
 しかし、バスで通過する輩に対しては
「ここでバスに乗ってどうする!歩くのが通なんだよ!」
と笑顔で手を振りながら心の中でつぶやく。だけど、ホント監視の人とかいないのよ。いざというときに逃げ込める小屋くらいあってもいいと思うんだけれど。。。。。。

 しかも、動物にあげるエサなんかも売っている。ただし、注意書きには
「エサをあげる際には、追いかけたり、飛びついたりすることがあるから注意してください」
と書いてある。ちょっと無責任ではないのかい?とはいえ、いやがうえにも気分は盛り上がる。徒歩50分弱の間、とうとう他の人に会うことはなかったが。。。。いやあ、、しかし貴重な体験。次行かれる方は絶対に徒歩で行かれることをお勧めします。

 次へ行く前には、とりえずパンダランドにて、お父さんパンダ永明(エイメイ)を見学するが、コイツは徹底的に寝ているだけである。やっぱり、頼れるお父さんは、どっしりと!ということなのだろうか?次は、問題のアシカショー!ある意味、ここが最も衝撃的だった。
 IMGP1015IMGP1016IMGP1017


会場から一般参加の方が2人ステージへ上がるのだが、一人の女性が
「なんとアシカと共にプールへまっ逆さまに!」
唖然とする親子連れ、こういう場合、基本的に斜に構え、どうせヤラセだろう。と知ったかぶりをする小生も、この時ばかりは、
「どうすんだよ、これシャレになってない。補償問題だよ。保険大丈夫か?」
などと、焦ってしまった。その数分後に、スタッフの仕込みだと分かり、一安心。いやあ、、ホント心配した。こんな小生でも童心に帰れる場所(いつも童心という説もあるが)それが、南紀白浜アドヴェンチャーワールドである。

 IMGP1043
冷静に考えると、あまりにも寒いので、とりあえずパンダランドにて良浜(ラウヒン)のお昼寝姿を見学してから、ペンギン王国へ!まあ、ペンギンがいること、いること。なにを隠そう小生、数年前初めての見合いの後、葛西臨海公園でンギンを見て以来のペンギンである。正直ペンギンもすきなのだが、パンダをあれだけ見てしまうと、その前にはかすんでしまう。かつて、古賀さんの行った、名古屋のペンギンの方が凄かった気がする。

 IMGP1046
冷静に考えなくても、あんまりにも寒いので最後に、徹底的にパンダ一家を見学してアドヴェンチャーワールドを後にする。恐らくというかきっと今年再訪するに違いないが、幸浜とはしばしお別れである。きっときっと元気に育つに違いない。とにかくアドヴェンチャーワールドは素晴らしい、スタッフの笑顔も素晴らしかった。ただ、いくらお正月明け、この寒さとはいえ。三連休の初日である、この入りでは経営がうまくいっているとは、お世辞にも思えない。経営母体がどこかは知らないが、相当心配である。旭山動物園ばかりが、もてはやされているが、なんとか皆で南紀白浜アドベンチャーワールドを応援していきたい。大阪からの阪和道も途中で止まっている、早期に是非白浜まで開通して欲しいものだ。応援する意味も含めて場内で再三流れているテーマソング『Shine on you~輝きつづけて~』を購入して後にする。
IMGP1026

 和歌山までは結構長い道のり、正直JRオーシャンアローで向かいたかったのだが、色々熟考の結果レンタカーを和歌山市駅にて乗り捨てることになる。地方の大都市というと、JRの松山と伊予鉄の松山市駅の例をとっても分かるように、市駅の方が開けていることが多いのだが、さびれきっている印象。ちょっと相当やばい雰囲気、大阪からわずか1時間足らずの県庁所在地の状況に衝撃を受ける。和歌山にはかつて自民党の大物政治家がいたと聞いているが、そういう政治家の出現を待つしかないのだろうか?その孫だか、ひ孫さんは今どうしているのだろうか?大いに期待したい。

 特急サザンと時間が合わず、普通特急にて新今宮乗換えにて福島へ。ひさしぶりに新今宮周辺を散策しようと思ったが、あまりの寒さと駅前の状況を一目見てそそくさと環状線に乗り込んでしまった。大阪の定宿といえば、ミナミのスイスホテルにたいして、キタのホテル阪神である。相変わらずお部屋は広めで清潔、LANが遅いのが難点だが、朝食付き1万なら大満足。たっぷりとサウナ、温泉、露天風呂を繰り返す。

 アド街ック天国「日本橋室町」を見て日記を書く気力も残らず就寝。。。。。

| | コメント (15) | トラックバック (4)

1月6日(金)時代は南紀白浜

 IMGP0976
何故か知らないが、時代は南紀白浜であり、パンダであり、アドヴェンチャーワールドであるようだ。年末のるいさん夫妻につづいて、昨日はうっちーさんもパンダに会ったという衝撃的な情報も伝えられた。

 ということで、小生も昨日から発売されたフルーツパフェの状況を確かめてからJL1385南紀白浜行きM81に乗り込む。三連休前の金曜夕方とはいえ、正月明けの羽田は閑散としている。この三連休までは繁忙期運賃が適用されるからだ。小生は無料航空券だからよいものの、普通運賃は27200円という意味不明の高額を払う人はほとんどおらず機内は40人前後といったところ、こういうときこそ突然割引のようなものを発売すべきであろう。羽田1ビルには、いつの間にかゴールドカード所有者が使えるラウンジがゲート内に2つも出来ている、これによってJGCの価値って半減というかほとんどなくなった気がする。

 羽田の1ビルでは久しぶりにバス、バスラウンジのそばには、味の時計台もあったがパス。離陸前から就寝し、いつものようにお飲み物の時間に起きる。本当にあっという間に南紀白浜空港へ無事着陸、タクシーはたくさん待機しているが、降りるお客さんは少ない。これが1日3便しかない最終便だから、後ろの方の運転手さんは空振りの可能性が高い。小生は、ニッポンダントツでおなじみの、ニッポンレンタカーさんへ直行。

 IMGP0973
最低の1000CCクラス料金なのだけれど、登場したのは上のランクの三菱コルト号。こういう場合、喜んでよいのか分からない。レンタカー会社お勧めの居酒屋 「傳八」さんにて夕食、ビールを飲むわけにいかないので、「よいこのビール」で乾杯。寿司、天ぷら、サラダなどを頂く。この店、まあ居酒屋の範疇にはいるのだが、一歩足を踏み入れた瞬間に、
「この店、大丈夫」
という空気を感じられた、このあたりの感覚というのは、日経レストランを機内で読んできたからではないだろうけど、ほぼ間違えない。自家製ざる豆腐とバンバンジーを使ったゴマタレのサラダ=傳八サラダはなかなかのものだった。
 
 3年振り2度目の東急ハーヴェスト南紀田辺。正直、何故ここにあるのかよく分からない存在である。東急といえば、伊豆だ箱根だ軽井沢だ。なら分かる、実際新しく出来た箱根甲子園はいつも満室のようである。バブル期に南紀白浜空港にJASを就航させ、ハーベストをつくり東急の西のリゾートにしようとしたのだろうか?とにかく前回もそうだが、館内はほとんど人がいない、ゴーストタウンのようである。そもそも南紀白浜という関西における位置づけがよく分からない、関東でいうところの箱根にあたるのだろうか?関西の奥座敷といえば有馬、札幌は定山渓、仙台は秋保、関東の奥座敷ってやっぱり熱海、箱根になるのかしらん?

 ところで、このハーヴェストの仕組みはイマイチ理解できないが、ゴルフの会員権のようなものなのだろう。関東だと1人で泊まってもツイン+和室とかになってしまうので心配したが、ここは広めのツインなので安心。

 ただ、ここのお湯は確かによい。お肌がヌルヌル、どうやら白浜の温泉とはまた違うようである。露天・サウナ・水風呂と1時間繰り返す。美人の湯らしいが、効果はどうだろうか?小生、よい温泉大浴場の必須の条件に、曇らないこと。というのがある。残念ながらここは天井は高いのだが、湯気で曇ってしまっている。その点我らが第一滝本館は曇らない、宇宙一の温泉を自称する洞爺サンパレスは大きいけれども1メートル先が見えないので失格である。風呂上りに、加水・加温・循環・塩素の文字を発見。予想されたこととはいえ、あんまりにもあんまりである。。。都心のラクーアならともかく、天下の白浜温泉までこうなのね。。。。。。。。。。。。。。

 NHKでドラマ「かあちゃんが来た」を見る。このドラマ3分見れば内容が分かるのだけれど、なかなかよかった。山形の農家へベトナムから後妻が来る話し。子供たちが反発するけど、最後は分かり合うというストーリー。主役の甲本雅裕さんと子役の演技がベラボーによかった。ちょっと感動してしまった。

 今回の遠征に持参した三冊の本を読みながら就寝、明日はいよいよ梅梅と会えるはずである。雪で閉鎖になったらどうしようかしらん、と思うとなかなか寝付けない。しかし、冷静に考えると今年で38歳、いまだ独身。これで本当にいいのだろうか?と思う。しかし38歳で独身なんだから仕方がない、いやこんなことやってるから今年で38歳なんだけれど、いまだに独身なのかしらん???????

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月5日(木)初セリ

IMGP0964
 1月5日は初セリである。早朝より大田市場へかけつけるが、とにかく寒い。衝撃的な寒さである、今でのこの世界では縁起物と称して、野菜満載の「宝船」なども競られる。そして早くも初夏の味覚「さくらんぼ」が登場する、夏に冷房、冬に暖房を徹底的に使って、果樹の夏冬を逆転させ、毎年1月5日にあわせて出荷してくる。しかし、いくらなんでも、ここまでやる必要があるのか?と思う。まあ、買う人がいるから作る人がいることは確かなのだけれど。。。。今日は、どこへ行ってもお酒を一杯飲まされてしまう、ヘロヘロになりながら会社へ。

 ここへ来て次期総理総裁が安部氏へと流れができつつあるようであるが、小泉首相が
「国民的支持のある人が望ましい」
との発言、完全に安部氏を意識した発言であろう。もちろん、裏には自分と同じように。。。。という大きな意味が隠されているのだと思う。だけど正確な意味で国民の意見を聞くならば、首相公選制ではないので、自民、民主の新総裁、代表が決まる10月あたりに解散して国民の意見を聞くべきである。
 大体大きなお世話である。本気で森君ばりの後見人にでもなるつもりなのだろうか?ここへきて、ちょっと森喜朗君ばりに見苦しくなってきた。

 伊丹空港周辺で、騒音対策として国が所持している土地を売却するという。ジャンボ機の制限などで騒音も少なくなってきたからとのこと。この売却金は空港整備特別会計へ繰り入れられるとのこと。こういうのを勝手に特会へ入れないで欲しい。この空港関係の特会は簡単にいえば羽田空港の利益で他の空港を整備するような流れになっている。勝手に使いみちを国交省が決めないで、国の借金返済にでもまわすべきである。空港は色々とあって、羽田には3つ駐車場があるのだけれど、運営組織が2つある。P1の回数券はP2で使えないとか、色々と不便がある。1つは日本空港ビル、もうひとつは、財団法人なんたらかんたらが仕切っている。ようは世界は一家、人類皆兄弟、母80歳、息子60歳の銅像が大事のようである。

 大雪で地方では結構な数の方が、亡くなったりしている。自治体が除雪の協力をするにも限界があると思う。若い人がいない家などは、本当に大変だろう。同じ日のニュースでは、1億円の電気スタンドが売れたと騒いでいる。この半年くらいで急速に景気がよくなったと言われているが、サラリーマンの皆さんは半年くらいで手取りってそんなに一気に増えるのだろうか?そして、景気が良くなっているらしいのに増税の話ばかりである。どれが日本の現状なのだろうか?さっぱり分からなくなってきた。

 江藤、ライオンズへ。
「巨人での6年間はいい思い出ばかりだった」
と言っているのほ本気なのだろうか?さっぱり分からなくなってきた。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月4日(水)高砂親方

 世の中仕事はじめらしい。しかし、明らかに昨日より道路は空いている何故だろうか?今日は皆さん、出社はするけどもビアで乾杯などとやっているからだろうか?しかし年末もビアで乾杯で終了、年始もビアで乾杯で終了だったら、もう2日お休みすればよいのではないか?と思ってしまう、なんだかんだいっても会社がお好きな方が多いということなのだろう。

 お歳暮・クリスマスが終わったばかりなのだけれど、もう果てしなく昔の出来事のように感じる。というのは、バレンタインなどを通り越して、すっかりお中元の作戦会議真っ最中である。以前はお正月はTCK、4日は新日本プロレスの東京ドーム、5日は中山金杯の京葉道の大渋滞にはまる。というのが定番だったのだが、うそのようである。ただ、今でも金杯の日は大渋滞するのだろうか?なんとなく5日に競馬場へ行く人って減っているような気がする。しかし、いくらお中元の作戦といったって、なかなか乗ってこないのも事実である。今日は、掲示板、メールも盛んなようである。

 オアシス経由、帰宅。いい旅夢気分SPを半分みる。だけど、このお正月のテレビというのは、なんでこんなにつまらないのが多いのだろうか?(正確にはつまらなそう)爆笑ヒットパレードで、爆笑している人って日本中で何人くらいいるのだろうか?少なくとも作り手さんは思っているのだろうけど。。。

 その点、いい旅夢気分スペシャルは安心である。この番組普段は1時間だけれど、1月に1回は2時間スペシャルになる。で半年に1回は3時間スペシャルになるようである。横綱朝青龍の本音が聞こえてよかった
「俺は日本の横綱なんだよ、モンゴルとか日本とかいって差別するのは一番嫌だ。みんな日本語でしゃべっているでしょう!」
おっしゃるとおりである。小生の一回り下の大横綱はやっぱり凄い。
ただ、2万5000円のステーキを美味しいと食べていたが、見るからに焼きすぎ。といった感じでおいしそうに見えなかった、いくらウエルダンかもしれないが、こげではチャンピオン牛も台無し。

 スタジオゲストは今回も高砂親方、前回は温泉に2時間浸かりっぱなしで、とんでもなく汗をかいていて衝撃を受けたが、今回はその映像はなし、とても残念。。。。。

 余談だが、大昔。深夜の島田紳介の対談番組のゲストが、新聞のテレビ欄に
「若松」
と書いてあったので、ヤクルトの若松勉さんかと思ったら、若松親方で衝撃を受けた記憶がある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月3日(火)蒲田温泉

 Uターンのピークというのは地方から東京へ帰ってくるピークである。実は東京へ遊びに来て帰る人のピークでもあるのだが、絶対数には差がある。よって出発ロビーは閑散、出会いの広場は大賑わいである。東京へ遊びに来る人というのは、基本的にディズニーランドのお客さんである。以前は、もっとたくさんのプーさんの風船を持った子供達がいたのだが、大幅に減ったような気がする。やはり流石のディズニーといえども飽きられてきたのではないだろうか?

 IMGP0960IMGP0961

いくらなんでも疲れてきたので、蒲田温泉に湯治に行くことにする。平和島クアハウスも選択肢にあったのだが、お正月に行くと大変な混雑だった記憶がある。蒲田温泉は以前から気になったいのだが、ついに参戦することになった。入浴料はわずか400円、銭湯である。建物はとんでもなく古く、カランもお湯と水が左右で別れている方式が採用されている。お風呂はとてつもなく狭く、5人くらいしか入れない。で、肝心のお湯はというと、真っ黒である。伊勢うどんのような黒さで、浸かると自分の足も全く見えない。泉質はアルカリ性で、なかなかのもの。ちょっとヌルヌルしていて意外と温まる。流石にお正月ということで入浴客で一杯だったが、ひょっとしたらいつも一杯なのかもしれない。今度は、もっと空いている日に行ってみたい。

 IMGP0962IMGP0963

湯治につきものなのは、マッサージ。てもみん大井町店にて、しっとりと。。。マッサージの後は、お食事である。これまた前から気になっていた江戸一さんにてラーメンを頂く、つけ麺がウリらしいのだが、小生あいにくツケ麺をジャンルとして認定していないのでラーメンになる。つけ麺の店というのは総じて麺が美味しいのだが、ここも卵たっぷりの太麺でなかなか。スープのうまみ調味料がかなり気になったが、まずまず合格であった。

 帰宅すると、今日も年賀状が到着、今年はこの人はもういいだろう、と思って出さないのに今頃来ると困り果ててしまう。しかも偽善的に「ドラゴンシャンハイに期待してます」などと思ってもいないことを書かれると、不愉快極まりない。どうせなら
「今年もよろぴくおねがいします」
くらいにしておくべきである。

 今年もお餅をのどに詰まらせて亡くなる方のニュースが後をたたない。かつて伊丹十三の「タンポポ」では掃除機を使って吸い出していたが、実際できるのだろうか?そろそろ ものづくり日本としては、のどにつまらない餅をサトウあたりで売り出して欲しいものである。まあ、歯につかないガムと同様、売れるかどうかは分からないが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日(月)近藤貞雄氏死去

 本日より営業開始、いわゆる初売りである。三越も以前は3日から営業だったが西武が元旦営業した年に1日繰り上げた。結構の人出、車である。どうして正月くらい家でテレビ見て、みかんでも食べていられないのだろうか?

 1月2日といえば、箱根駅伝の往路である。小生この箱根駅伝が何故盛り上がるのか理解不能である。母校が出ていないだからでなく、そもそもが東日本の大学しか出ていないのである。全日本大学駅伝である、出雲駅伝の方が盛り上がるべきである。もしくは、箱根駅伝を全日本に出場枠を広めるべきである。往路の途中で毎年、河野洋平さんが着物姿で旗を振るのもいただけない。沿道の住民は読売の旗を振ってうれしいのだろうか?余談だが先日行なわれた高校アメリカンフットボール日本一決定戦で、協会会長だか副会長だかの鳩山由紀夫夫妻がコイントスを行なっていたこれならばまだ分かる。基準タイム内に区間を走らないと繰り上げスタートになるが、これもこの時点で失格にした方がよいと思う。その方が道路規制も短時間で済むはずである。

 羽田は流石に今日は閑散。帰宅すると12時間ドラマがついている。12時間ドラマといえば、かつてはセブンイレブンクイズが行なわれていた。いつの間にかベルーナに変わっていた。そういえばサザエさんも東芝1社じゃなくなって久しい。今となっては、日立世界ふじぎ発見くらいか?小生子供の頃といえば、ミユキ野球教室が定番であった。

 近藤貞雄氏死去、昨年末の仰木彬氏に続いて小生の敬愛する野球人がまた一人亡くなってしまった。横浜時代はヤクルトをヘボチームを称して衝撃を受けたが、高田監督の後を受けてファイターズの監督になったときは心底うれしかった。
 開幕戦ホークス戦は、中島輝士のデビュー戦サヨナラホームランで幕を開け、2戦目は早川のサヨナラタイムリーで連勝。そして3戦目はなんと、いきなり審判へ暴言を吐いて退場!しかもこの退場が当日1試合しかなかったので、翌日のスポーツ紙1面を狙っての出来レース。あの三連戦のたのしさは今でも記憶に鮮明に残っている。他にも抑えの佐藤誠一にガムを噛ませたり、サヨナラヒットを打った大島康徳さんに抱きついてキスしたりと、とにかく楽しい野球だった。ふるっていたのは、退場について当時球団常務の大沢氏は
「いかんせん、退場になっても、俺がたしなめるわけもいかないし、罰金を取る資格もない」
とにかく、プロ野球が今よりも楽しかった時代であった。記憶が正しければ、この年の10月11日にブライアント4連発を生で見たはずである。

 だけど、どうしてこのお二人を超える面白い野球人が出てこないのだろうか?人材不足もはなはだしい。とにかく残念でならない。合掌・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月1日(日)初夢

 5年連続でイクスピアリでの年越し、しかし大晦日になると何故皆さん夜中に出歩くのだろうかさっぱり理解できない。もっと分からないのが福袋、何が入っているかも明確に分からないものに何故並んでまで購入するのか、とても理解不能である。

 日経1月の私の履歴書といえば、土井たかこさん、中曽根大勲位、中内功氏など、いかにも読みたくなる方が多いのだが、今回は北杜夫氏。もちろん偉大な作家さんだとは思うのだけれど、小生にはご縁がない。1面の見出しは
「反転 強い次代が始まった」
と景気回復を確信した見出し。だけど年末の29・30日は会社が休みのサラリーマンの売買で東証も大商い、これが、まともな状況なのか大いに疑問は残る。数年前アメリカのタクシードライバーが信号待ちの交差点で、携帯で株の売買をしていたニュース映像を見て、バブルだと笑っていたものだが。現在の日本の状況はそんな甘いものではなさそうだ。まあ、そのおかげで小生の以前の含み損を盛り返してきたことは間違えない(スカパー・東京スター銀行を除く)年末のTCKの売上も最後の3日間32億、20億、20億と恐らく相当順調な数字だった、確かに明るい未来は見えてきている、あとは賞金を少しづつでも戻せば我々の景気も着実に回復するはずである。

 日経には(おそらく全紙)和やかに新年を迎えられる皇室ご一家の写真が掲載されていた。もちろん元旦の新聞だから、以前撮影されたもの。まあ、どうでもいいけど正確には元旦の写真ではない。以前にも書いたが、8月15日の朝刊に掲載された皇居前でひれ伏す人達の写真は、14日にヤラセで撮影されたものだ。どこかそのあたりと根っこが繋がっていると言ったら大袈裟だろうか。

 元旦の空港なんて一体誰が?と思っていたのはおととしまで、今年は超割・バーゲンフェアも実施され、凄い賑わいである。羽田の2ビルは初日の出のメッカとなっており、一説には稼働率30%を切っているエクセル東急も奇跡的に満室のようである。しかしシングル17000円っていうのは、世の中なめすぎである。昨年は元日の首都高はガラガラだったのがだ、今日は朝から一部渋滞。夕方にはかなりの渋滞があった、たしかにここ数年お正月の動きは変わってきているようだ。

 なんでも、しんちゃんさんは31日から1日にかけての夢を初夢と称しているようだが、私の記憶が確かならば、初夢は今晩見るものではないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »