« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

12月31日(土)大晦日

 いよいよ大晦日、今年最後である。早朝から羽田へ、今日は夕方までが勝負である、一口に帰省といっても家族四人で福岡なんかに帰省したら20万はかかってしまう。いくら景気が上向きといっても大仕事である。もう少し移動経費というものを抑えられないのだろうか?韓国の地下鉄は1時間乗って150円、タクシーも日本に比べて相当に安い。ホテルやお食事などは日本と比べて著しく安いとも思えない。国内の交通機関においては安全の建前の下、規制が働いてコストが高くなってしまっているのだろうけど、高速道路、鉄道、飛行機の値段が半分になれば、もちろん我々ももっともっと徹底的に遠征するし、物流も活発になるし、いいことずくめだと思う。少なくとも世紀の愚策、正式名も忘れてしまったが商品券よりはいいと思う。

 実はこの年末年始JAL ICを使ってお買い物するとJALが半額負担。という衝撃的なキャンペーンが行われている、よっていつもはほとんどみないJALICの利用者が多い。羽田空港のカメラ屋さんはデジカメが徹底的に売れているとのこと。太っ腹といえば太っ腹だが、マイルの大盤振る舞いもそうだけど理解できないキャムペーンが多すぎる。

 帰省の時期の空港は、わんちゃんの旅行者も多い。かごに入れられて貨物室にいれられるのだけれど、なきっぱなしである。それはそうだろう、これから自分がどうなるのか、さっぱりわからない。無事に到着空港で飼い主に再会したときは、うれしいだろう。だけど、空港内ではぜひともカゴに入れてほしい。ケーキ売り場の前でうんこされても困ってしまう。

 日本橋へ戻り、「手締め」この手締めというのはいろいろな流儀がある。1本といっても、拍手1回のもあれば、3回のもある。そのあたりをはっきりとさせてほしい。

 閉店後、深川不動へ1年のお礼参りへ。いつもなら車がほとんどみられないのだが、年々車が多くなっている気がする。やはり景気が回復しているのだろうか?

 そのあとは、なぜか東京健康ランドにて入浴、マッサージ。1年の疲れをとるといいたいところだが、毎年イクスピアリの年越しに立会いである。健康ランドはものすごい混雑だが、マッサージは待ち時間なし。このマッサージがどうにもならなく下手、途中で止めてもらいたいくらいだった。結局、てもみん以外でマッサージするとこうなる確率が高い。サウナで紅白かと思ったら、輝く日本レコード大賞を放送していた。出てくる歌手、歌がまったくわからず、そもそも今の若者はレコードって見たことあるのか?審査委員長が亡くなったり、よくわからない。車中で紅白、いきなりゴリエとかいうのが出てきて不愉快。ゴリゾーならば知っているのだけれど。。。。

 今年のピアリは結構な混み方。昨年はディズニーランドのカウントダウンチケット以外の方の入場が午前2時というのがなくなったのだが、今年は復活したとのこと。世界一早い福袋を求める方で大いににぎわった。2時過ぎに退場、3時前に帰宅、就寝。

 なんだかんだいっても、今年はよい年だったと思う。仕事の方は順調だったと思う。とにかく新しいことが割とうまくいった。遠征も香港・マカオ、韓国と海外も加わった。ただマカオでは太柱さんにお願いしておいたのに、対応がイマイチだったということは付け加えておく必要がある。国内では、鹿児島で「味の丸一」に出会えたことは大きい。なんといっても野球が面白かったのが最大の収穫である。野球でこれだけ遠征したのは久しぶりである。

 あとは、やっぱりドラゴンシャンハイによる東京湾カップ(G3)優勝!今年はマイネルスケルツィで中央重賞を制覇する番である。

 なんだかんだ今年も独身で年を越してしまったが、さすがにそろそろ身をかためたいと本気で思い出してしまった。。。。。。来年こそ「来る者は拒まず 去る者は追う」の精神でやっていきたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月30日(金)東京スター銀行

 今日も一日羽田、やはり今日が帰省のピークのようだ。空港内はどこもかしこも人だらけ。銀行のATMにも行列が出来ている。都市銀各行のATMがあるのだが、驚くのだがバラバラに設置されている。広い空港内自分の銀行ATMを探すのは厄介である。中央一箇所にかためておけば何の問題もない。ところが各ATMにはなぜか新生銀行と東京スター銀行のATMが隣接されている。この2行のマシンは基本的に全ての金融機関の引き出し手数料が0円である。こんな便利なものはない。ところが、不思議なことに、みずほ銀行には20人並んでいるのだが、東京スター銀行は無人である。ほとんどの人が振込みや入金でなく、引き出しなのだからどちらのATMでも同じはずである。この現象は一体何故だろうか?

 ちなみに東京スター銀行のATMにはとにかく目立つように
「0円」
と書かれている、ほとんど行名は目立たない。やはり「0円」というのが、ヤフーBBのモデムを手渡させる雰囲気を連想させるからだろうか?しかし、いずれにしても東京スター銀行のメリットってあるのだろうか?ただの宣伝と割り切っているのか?こんなことをやっているから株価が公開値を下回ったままだとしたら、来年は株主として黙っているわけにはいかない。これだけ株価が上がっているのに勝手に低迷を続けている。どう考えても経営者に問題があるといわざるをえない。

 毎年30日といえば競輪グランプリ、1着賞金1億円1発勝負というのは究極である。ただ競輪選手って賞金を現金でもらうらしい。ということは今日は1億円の札束をもらって帰ることになる。本当に現金でもらっているのだろうか?他人事ながら気になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月29日(木)ひよこは東京土産?

 早朝より羽田へ、流石に今日は物凄い混雑っぷりである。検査場の行列が凄い、いつも思うのだけれどこんな不公平なものはない。時間に余裕を持って空港へ来た人は列に並ばされて、ギリギリに来た人は待たずに優先的に案内される。これは、正直者は馬鹿を見る典型である。だったら空港へ早く着いても千疋屋の絹ごし杏仁でも買ってゆっくりして優先通路利用の時間になってから検査場へ行くべきである。もしくは繁忙期は30分前に検査場を通過したら100マイルプレゼントくらいはしてもよい。

 ところで帰省といえば帰省土産である。空港ではなんと言っても 東京ばな奈でおなじみのグレープストーンの独壇場である。あとは虎屋のようかん、ひよこ、新興勢力のキースマンハッタンなどが売れ筋のようである。ただ、どうしても解せないのは、ひよこは北九州土産のはずである。それがいつの間にか東京土産の定番になってしまった、最近では山形のずんだ餅まで羽田や東京駅で売っているが、こういうのはいけない。 

 朝刊スポーツ紙の見出し、「藤谷美和子結婚」「藤木直人結婚」の2つにわかれた。もちろん、どっちも小生にとってもどうでもよいし、恐らく大多数の人にとっても関心がないと思う。ただスポーツ紙のデスクはどちらを1面で行こうか真剣に悩んでいたと思うとこっけいだった。結局どっちの見出しが売れたのだろうか?1紙くらい「本日ラストの一番 東京大賞典」というのがあっても良かったと思うのは小生だけだろうか?

 IMGP0952IMGP0953

横浜 海南亭グリルさんにて、しんちゃんさんと会食。明日から休みだからという理由でコースのデザートやオードブルがないのはいかがなものだろうか?とも思うが、なんだかんだいって鉄板焼はライブ感があって楽しい。調理技術も要らないし、こんごお好み焼きを交えてさらにブレイクする業態であろう。

 IMGP0954
食後はロイヤルホストにて打ち合わせ、なぜか生バンドが入っている。店員さんに聞いても
「今日だけなんですけど、何故入っているか分からない」
との回答。ジャズといっているわりに、坂本九さんの上を向いて歩こう、など歌いだす始末。ドリンクバーから小生のイチオシのピンクレモネードもなくっているし、江頭さんが亡くなってからのロイヤルはどうもおかしくなってしまったようだ。マリリンモンローにオニオングラタンスープを飲ませたり、青木功さんとアメックスのCMに出ていた頃が懐かしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月28日(水)遺憾な行為とは?

 あまり大きく報じられていないが、昨年の5月に上海総領事館員が自殺、背景に中国公安当局の「遺憾な行為」があったという。外務省はひた隠ししてきたが、週刊誌にスッパ抜かれようやく認めた。

 これってとんでもなく大きな事件だと思うのだけれど、中国を刺激したくないのかあまり大きな問題になっていない。太平洋戦争前だったら戦争になってもおかしくない事態だと思う。中国が日本の何を知りたかったのか不明だけれど、すくなくとも積極的に諜報活動していることだけは分かった。自殺と言われているけれども、本当に自殺かどうかも分かったもんじゃない。この問題がうやむやにされるようでは(きっとそうなる)この国もしまいである。拉致問題といい、中国になめられっぱなしの問題といい日本は絶対に軍事力を行使できないという現状に起因している。結局憲法9条であり、核の放棄にいきついてしまう。だけどどう考えてもそれは無理。中国は市場が大きいと言われているが、ちょっとまともにお付き合いできる相手とは思えない。

 ここまで書いていたら、今度は米水兵がひき逃げ、逮捕、即日釈放。というニュースも入ってきた。恐らく沖縄ではこんなこと日常茶飯事なのだろう。やっぱり最低限憲法9条2項削除くらいは必要なのだろう。西村真悟君がこの時期に逮捕される、これも対中国。北朝鮮へ刺激しないための方策なのだろうか?もちろんそんなことはないだろうけど、そう国民に怪しまれてしまうだけで、この国は病んでいる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月27日(火)ボーリング48ゲーム

 ここ数日は、ちょっと一年で一番渋滞するのだろう。午後から羽田へ、下りは全く混雑なし、途中大田市場へ寄りミソラーメンとミニカレーを食べる。この土壇場に2時間打ち合わせしたって、なかなか前へ進むわけがない。とにかく物事を進めるには、権限と責任が明確にする必要がある。もちろん、自戒の意味もあるのだけれど、いたずらに会議、打ち合わせって長時間やっても仕方がない。その人がどんな権限・責任を持っているのかを机の前にさし出して打ち合わせを開催すべきだ。

 昨日までは閑散としていた空港だが、今日は流石に賑わっている。しかし、今日はまだ27日である。今日旅立つということは、お仕事は昨日までなのだろうか?流石に小生の周りには昨日が仕事おさめという会社はない、学生さん以外どういう人が今日動くのだろうか?

 行きは20分だが帰りは2時間超、ちょっと記憶にないくらいの渋滞だ。仕方がないので共同通信のサイトを見ると、なんとボウリング場で11時間にわたり1人で48ゲーム投げ続けた末に料金24500円を払わず逮捕されたという。気になるスコアは平均150台、終盤でも120~130。機械が48ゲームの時点で自動的に終了したとのこと。店員さんいわく、一人で黙々と投げ続け、ゲーム中は特に不審な様子はなかったという。
 
 ちょっと衝撃的である、小生もかつてボーリングを愛好していたが3ゲームやるとヘロヘロであった。学生時代でも5ゲームで一杯一杯である。たしか山手線の恵比寿駅から見えるボーリング場の看板にも、ボーリング1ゲームはバレーボール1試合、マラソン何キロ、水泳何メートルとかの消費カロリーが誇示されていた。11時間投げ続けてスコアも落ちずに黙々と投げるとは。。。。たまにマンガ喫茶でも一ヶ月間滞在して踏み倒されるとかあるけど、もう少し早く一回精算できないのか?と思う。ゲーム中不審な様子はなかった、と言い切る店員も凄い。だけど48ゲーム連続でプレーするとどれくらい痩せるのか?興味は尽きない。

 日経連載の交遊抄、小生流石に40年後に「私の履歴書」を書くことはないと思うが、交遊抄くらいはなんとか登場したいと思っている。恐らく自分で書くことは無理だが、誰かに偉くなってもらって小生のことを登場させてもらいたい。しんちゃんさんがベストだが、ちょっと無理っぽい。密かに太柱さんあたりに社長さんにでもなってもらって、登場させてもらいたい。今日の日経の交遊抄の筆者が小生の小学校時代の家庭教師だったのは、驚いた。てっきり小生のことを書くかと思ったらゼミの先生のことを書いていた。全然だめである、同じゼミの先生でもTBSのなんとかというキャスターのように(こうへいさん、しゅうめいさんのように)寺尾先生と飲み明かした、とか言うならば書く価値がある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月26日(月)挨拶まわり

 いよいよ今年も最終週にはいった。年末のご挨拶が増える、正直こちらから伺うことはあまりないが、正直どうかと思う。前職で営業をしていた場合は、普段お邪魔する理由がないけど、お邪魔したい会社へ行くには好都合であった。しかし、年末は31日まで、年始は1日から営業しているものにとっては、年末年始のご挨拶回りというのはいかがなものかと思う。しかし、わりと普段から会っている者同士だと、なんか儀礼的な話になる。

 今日、小泉首相は奥田経団連会長から日本橋上の高速道路撤去構想の支持の要請を受け、大いに賛同し自身の任期中に道筋をつけたいと表明。この問題、先日もテレビでやっていたが、大きな動きを感じる、道路特定財源、道路公団問題、東九州道などなど、どうにもこうにも一本の線で繋がっているのでは?と勘ぐってしまう、そもそも日本橋の旦那衆の陳情ならともかく、奥田氏なのだろうか?先日のテレビでは3000億円と言っていたが、景観のために3000億円。。。。必要な道路はまだまだあるような気がする。もちろん、首都高も架け替えの時期に来ているというのもあるだろうけど。。。。

 今日は、朝から某社の事故隠しの問題で大いに考えさせられる。結局、事故よりも隠すことを許さない社会というかマスコミになっているようだ。よくわかる、よく分かるんだけれど、売り終わってから発表しが某社のこともよく分かる。。。。。

 横峯さくらさんのブログが日刊スポーツからライブドアへ移籍するという、こんなところでも引き抜き合戦が起こっているとはしらなかった。小生もビッグローブあたりからオファーがこないかしらん。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月25日(日)年末色々と

 IMGP0949
日曜なのに、なぜか市場へ。年末ということで、今日は開市である。ただ、今日は入荷量もすくなく、盛り上がらない。クリスマス前の23日はいちごなどが入荷して実質市場は開いているのに公式にはお休みである。行政のやることは理解できない。流石に疲れてしまったようで、会社の前に車を止めて1時間熟睡してしまった。いくらなんでも車の中で1時間とはかつてない。。。。。。

 有馬記念、結果はともかくとして、これだけ盛り上がっていたようにみえていたのに、売上が昨年比ダウンとは驚き。景気は回復したらしいし、一般マスコミもあれだけ騒いでいたので一見頭鉄板で買いづらいとは思ったが、まさかダウンするとは思わなかった。レースは見ていないが、結果今年は夏以降重賞で3歳馬が勝っていないという結果通りに終わった。

 セブン&アイホールディングスがミレニアムリティングを傘下におさめる。ミレニアムの株主の野村としては、まさに売り時。ヨーカ堂としては、かつて伊勢丹買収を仕掛けたときは失敗したが、今回は念願がかなってのデパートを手に入れることになる。かつてのダイエー中内氏もそうだが、なんだかんだいってデパートに憧れがある。どんなに頑張ってもスーパーやコンビニではお歳暮・お中元を買う人はなかなか増えないだろう。まったく同じ商品でもデパートの包装紙さえあれば、定価で売ることができる。だけど、これからも果たしてそうなのだろうか?残念ながらそうは思わない。なんとなく、ヨーカ堂主体からセブンに移り。飲料の価格を突然下げたりした頃からセブンは怪しくなってきたが、今回の買収も疑問符がついてしまう。西武もそごうも皆ロビンソンを名乗るのだろうか?

 25日になれば、クリスマスケーキは余ってしまう。5号を丸々1つ食べながらBSディベートを見る。M&Aについても議論。なかなか興味深い内容。
 堀紘一さんの「資本主義=民主主義では断じてなく、資本主義は民主主義を達成するための手段である」というのが印象に残った。こういう議論の時に、かならず会社は誰のものか?に行き着くが、結論が出るはずもなく議論がかみ合わないときが多い。
 議論の内容はともかく、堀紘一さんの恐らくヅラであろう髪型が大いに気になった。冷静に見ると姉歯氏ばりである。あとTBS・楽天問題でもキーマンである、太平洋セメント相談役の諸井虔の存在。この方は、財界のご意見番としてウシオ電機の会長などと共に格を主張しているが、何が凄いんだかこういう人はよく分からない。きっと凄く立派な方なんだろうけど。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月24日(土)敗軍の将兵を語る

 リーガロイヤルは、老朽化しているとはいえ眠ってしまえば問題ない。6時にいちど目がさめてしまうが、二度寝もできた。お部屋には昨晩お願いしておいた日経と日刊スポーツが届けられた。しかしながら、日刊が妙に厚い。クリスマス特別版かと思って開くと、なんとサンスポ、報知、スポニチと計4紙入っていた。想像するに、頼んだボーイさんが銘柄を忘れてしまい、とりあえず全紙とどけたのではないだろうか?しかし、紙面内容はほとんど変わらずまったく読むところがなかった。

 部屋で5紙に眼を通してから、朝食へ。会場は「スーパーバイキング」さんである。この名称からして、西の迎賓館の座は今は昔である。オムレツこそ焼いてくれたが、平凡そのものであった。サプライズメニューでたこ焼くらいあってもよかったと思う。この会場面白いのはプールが丸見えである、土曜の午前中だからか結構な方が泳いでいる。小生も一瞬検討したが、体調不良のため断念。また会場の隅には、メンバー専用と称してプールあがりの方がバスローブでビールを飲みながら朝食バイキングを楽しんでいる。せめて見えないようにすればよいとは思う。

 IMGP0938
食後は1階のビジネスコーナーにてメール他。1時間無料は親切、たしかにこれならパソコンをわざわざ持参する必要はないかもしれない。チェックアウトが12時というのは、高級ホテルらしいところか?ところでお支払い金額はなんと10円である。楽天スーパーポイント様様である。

 IMGP0939
あまり急いで競馬場へ行ってもろくなことがないので、まずは食品日本一といわれる阪神の食料品売場を散策、相変わらずの賑わいだが、クリスマスイブということで、とんでもない混み方である。ケーキ売場ではサンタの衣装をまとった女の子がケーキを売ってると思えば、鮮魚売場ではタイガースのユニフォームをまとったオヤジが声を枯らしている。何度来ても凄いのが、「阪神名物いか焼き」である。イカのお好み焼き(150円)なのだけれど、いつも大行列である。

 続いては改装中で縮小営業の阪急百貨店。阪急といえばカレーである。かつて小林一三翁がデパートの最上階に名物になるような美味しいカレーライスを導入したことは有名である。しかも、カレーに福神漬けを付けたのは彼の発案である。まったくもって天才としかいいようがない。久しぶりに味わおうと思って、食堂へ行くがそれらしい店がない。店員さんに尋ねると、もうないとのこと。あんまりにもあんまりである。ブレーブスに続いて、カレーライスまでなくしてしまうとは。。。。まあ、小林一三翁の遺言であるところの「ブレーブスと宝塚だけは売ってはならん」を守れない経営者には何を言っても無駄なのかもしれない。そういえば、駅前のプロミスの大きな斜めの看板がいまや大阪の名物なのだろう。

 IMGP0945IMGP0941

西宮北口で今津線に乗り換えて仁川へ。かなり久しぶりの阪神競馬場である。一緒に関東から遠征してきたマチカネゲンジが出走取り消しという情報に衝撃を受けるが、マイネルスケルツィは大丈夫のようである。久しぶりのJRAだが今日は結構馬が見えている、7~10まででプラス1万5000円ほど。場内は小雪が舞い、相当寒い。レストランシルヴァーにてお食事。シルヴァー、東京なら間違いなくシルバーだろう。このあたりが関西を感じる。しかしVERをヴァーを訳すのはよい。ウに点々は福沢諭吉の発案らしい。

 IMGP0943IMGP0944

さて問題のラジオたんぱ杯2歳Sのパドック、わがスケルツィはマイナス10キロ。ブックのコメントによると、
「輸送による馬体減がなければ好勝負」
とある、やはりおそらく通常の数倍かかったであろう輸送でやられてしまったのだろう。
 だけれど、初めて見る馬体は光り輝いていて素晴らしい。アイマイヤムーン、サクラメガワンダーの1・2番人気にも決して劣らない、これは一世一代のチャンス!と思い徹底的に馬券を購入。ここから4コーナー直線の入り口までは本当に楽しかった。
 勝負事には
「負けに不思議な負けなし」
「勝ちに不思議な勝ちあり」
今回の敗因を徹底的に追求するのが次の勝利へのステップである。負けたときに敗因を追求しないギャンブラーはいつまでたっても負け続ける。
・どう考えても明日のホープフルステークスへ回るべきだった。日刊には、オーナーの強い意向とあるが、中山は7頭立てだったし、とにかく輸送が雪の影響でとんでもないことになった。
・小生、密かにこの馬1600がベストと思っている。距離の壁が大きい気がする。今日は抑えろの指示があったと思うが、2番手で抑えるのが大変そうだった。逃げるべきだった。
まあ、そんなにうまくはいかないということだろう。全ては終わった、あとは帰京するだけである。レース前は勝ったらタクシーで空港へ乗り付ける予定だった。というより、昨日の時点では勝ったらそのまま有馬温泉へタクシーで乗り付ける予定であった。伊丹・仁川・有馬温泉って東西の一直線に位置するようだが、ベストな交通手段が不明。仁川から有馬は三宮経由が推奨された。仁川ー伊丹空港はタクシーだとかなり近そう、選択肢はいくつかあった。
・宝塚からバス
・西宮北口からバス
・阪急伊丹へ出てバス
・梅田へ出てバス
 IMGP0946IMGP0940

その中から選択したのは宝塚経由、理由はなんとなく近そうというだけ。だけど、この今津線というのは結構雰囲気がある、関西でも上品な場所を走っているのだろう。関西学園もあるし小林(おばやし)には聖心もある。10分程度で阪急宝塚。早速バスを探すと1時間に1本しかないという。50分もあるので、駅前を散策。
 今日は舞台がないようだが、宝塚大劇場は雰囲気がある。だけどこの街はどういう位置づけなのだろうか?駅前にはビジネスホテル、川を挟んで温泉旅館もある。もちろん歌劇が中心なのだろうけど、高級住宅街でもあり、温泉もある。駅前の洋服店には
「受験用レオタードあります」
なんて看板もでている。池田銀行には宝塚の女役らしき女性のポスターが貼ってある。羽田や梅田にもあるが、三井住友VISAカードの男役さんの写真は結構強烈である。とにかく関西へ来ると宝塚というのは物凄く存在感がある。まあ、東の力士、西のジェンヌといったところだろう。

 帰りのJAL便は偏西風の乗って1000キロオーバーの超速。本当にあっという間に着陸した。スケルツィも飛行機で輸送されていたら、違った結果がでていたに違いない。今年はドラゴンシャンハイで南関東重賞は制覇したが、JRA重賞はまだまだ遠いようである。

 ところで、しんちゃんさんから
「羽田到着は21時15分」
です。という意味不明なメールがきた。まさか小生がお迎えに行くとでも思ったのだろうか?小生はもちろん会社へ直行してしまった。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月23日(金)急遽西下

 全国的な大雪のせいで、高速道路が麻痺状態。各地の百貨店からの伝票も届かないければ、発送もできない。この土壇場へきて大変な騒ぎだ。ヤマトさんも手のうちようがないし、小生も手のうちようがない。しかしながら店頭は相変わらず美術館その他の方で大賑わいである。一度店頭へ出てしまうと逃げられないので、しんちゃんさんと打ち合わせでも、と思ったのだけれど返事がない。
 
仕方がないのでオフィスで雑務をしていると、土曜日入荷のはずの出島の華がやはり大雪で入荷がないとのこと。この時点で西へ向かうことが決定された。実は密かに土曜日早朝大田市場で出島の華を買いつけ、そのまま羽田から西下し、阪神競馬場にマイネルスケルツィの応援にかけつけるプランが練られていた。さすがにクリスマスイブの晩は大阪、神戸のまともなホテルはすべて満室、有馬温泉の月光園なる宿をかろうじて抑えていたのだ。早速大阪での定宿ホテル阪神を手配するが何と満室。せっかくなので、リッツカールトンまたは阪急インターナショナルでもと思うが、やっぱり満室。仕方がないので、リーガロイヤルさんの予約をして旅立つことになる。

 JAL747-400のクラスJは快適、とくに80番台の旧スーパーシートエリアは高級感がある。ところが、小生がお飲み物をいただいている最中に、前の席の方が突然座席を倒してきた。熱々のコンソメスープがこぼれてしまい、手にかかってしまった。飛行機の座席をリクライニングする際に後ろの方に一声かけるのは最低限のマナーである。かつて飛行機が結構高価な乗り物だったときは、それなりの人が乗っていたのだが、最近はそうでもないようで大変遺憾である。こういう人は飛行機に乗る資格はないのだろう。小生が軽く文句を言っても謝るどころか、開き直っている。小生は何も倒すなと言っているのではない、一言声をかければ何の問題もないのである。ようは、最近の若者は他人とのコミュニケーションが下手なのであろう。ドアが開いていないのに携帯の電源を入れる輩や、離陸の際パソコンの電源を消さずにスリープ状態にしている輩も同様である。

 IMGP0936IMGP0933IMGP0934


伊丹空港には8時に到着、このあたりから相当疲れがでてくる。正直食欲もなかったのだが、せっかくの大阪なので上本町の狸狸亭(ぽんぽこてい)さんにて、定番のカレー焼きうどん、豚玉焼きをいただく。ただ、寒さと疲れのせいか完食はできずに、遺憾ながら残してしまった。本当においしいのに遺憾である。

 ここでひとつ不安があった、遠征の友であるレッツノートがないのは仕方がないが、下着類も当然一切所持していない。まあ普通の方ならコンビニで簡単に購入可能だろうけど、小生の場合はXLまたはLLである。恐る恐るファミリーマートを覗いて見ると、上下ともにXLが用意されていた。何の心配も要らなかったようである。

 IMGP0937
リーガロイヤル、かつては西の迎賓館と呼ばれていたホテルである。しかしこの繁忙期に簡単に予約できてしまうには理由(わけ)があるようだ。玄関には70周年と誇らしげに看板が掲げてある。さすがに建物は70年前と同じとは思えないが、老朽化が著しい。いかにも地元のライオンズクラブやロータリークラブの例会が行われてしいそうではあるが、場所、設備かなり厳しい。ロビー周辺にはモーニングのような制服をまとった給料の高そうなホテルマンも多くいるが、玄関で出迎えてくれないは、若いベルマンに何を聞いても的確な答えが返ってこないは、で結構がっかり。

 なにはともあれ、狭くて古い部屋でくつろぐ。ところが就寝直前に肝心なことに気づいた。マイネルスケルツィは無事に阪神競馬場に到着できているのだろうか?万が一出走取り消しにでもなったら、まったく意味がなくなってしまう。。。。。JRAサイトは見れないので、携帯でブックのサイトを見るが特に情報は確認できず。

 BSで作家の戸井十月さんが、ルパング島でおなじみの小野田さんへのロングインタビューの番組を見ながら就寝。とにかく小野田さんのすごさ、たくましさには驚くほかない。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月22日(木)朝からカツ丼

 今日は6時30分過ぎに大田市場着。ちょっと記憶にない寒さ、車でなければとても耐えられない。テレビ放送直後とあって、色々な方からお声がかかる。今日はクリスマス前最後ということで、主役は完全にいちご。この寒波で色づきも悪く入荷量も少ない。よってとんでもない高値がついてしまう。1パック先週の倍以上の値段がついたようだ。
 なんだか分からないが、朝からカツ丼である。同行者の口車に乗ってまたやってしまった。。。。たしかに、食べているときは朝からでもカツ丼は美味しいのだが、必ず反動がでる。結構一日が台無しである。

 クリスマス直前なのだが、全くその意識が自分にはない。勝手にまだまだお歳暮である。世の中もなんとなくだけれどそんなにクリスマス、クリスマスしてない気がする、ワムも達郎もあまり聞こえてこない。何年か前は、家庭でクリスマスとかいって3万円の豪華クリスマスケーキとか流行ったものだが、そんな感じもしない。やっぱり寒すぎてそれどころではないのではないか?あと株式投資で忙しいのかもしれない。。。。

 新潟では盛大に停電、だけどこれだけ雪が降って停電されたら大変である。ナショナル石油ファンヒーターを倉庫から引っ張り出して、死んでも困るけど。皆さん本当にどうやって寒さをしのいでいるのだろうか?もーさん一家も心配である。

 マイネルスケルツィ 7頭立てのホープフスステークスを捨ててラジオ日経賞を求めて西下、本当なら一緒に参戦したいところだが、あまりにも時期が悪すぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月21日(水)包丁人味平

 コンビニで「包丁人味平」を見つける。いわゆる昔のマンガの焼き直しである。「包丁人味平」は小生の30年超のマンガ人生における最も好きな作品である。コンビニで再販されているマンガのタイトルを見ると、小生が特に好きだったマンガが多い。なんだか、自分のセンスが認められているようでうれしい。

 マリーンズ小坂、なんと読売へ金銭トレード。たしかにバレンタインになってからの小坂の立場というのは、非常に危うい感じがしていたのだが、金銭、しかも読売というのは、あんまりにもあんまりである。だったら東北楽天へ無償で出せばいいし、他の球団なら右の代打くらいは楽勝で獲得できたはずだ。なんにしても小坂が読売で輝くとは思えない、また数年後使い捨てられてパリーグへ戻ってくるのだろう。

 西武グループ再編、どうにも今回の銀行の動きは納得できない。ていのよい銀行によるのっとりのようなものだ。これからドンドン資産売却を進めるだろうけど、第一弾として幕張プリンスホテルの売却が決まった。バブルの産物 幕張のホテル群。どう考えてもひとつも利益がでているとは思えない。田中康夫知事も絶賛していたザ・マンハッタンは千葉銀行の管理になっていたはずだが、今はどうなっているのだろうか?それにしても、売却先がAPAとは恐れいった。
 
 幕張プリンスホテルがAPA幕張になる。売却額は125億とのこと、おそらくあの土地は企業庁(今の呼び方は分からない)からの借り物だろうから建物だけで125億ということになる。どうやって回収するのだろうか?元谷芙美子社長の手腕が楽しみである。たしかに、いきなり温泉大浴場が誕生して浴衣で館内を歩けるようになったりすると小生もマリンスタジアムの帰りに泊まったりするかもしれない。だけど、従業員はどうなるのだろうか?結構そのまま残らざるをえない方もいいだろう。心中察するものがある。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月20日(火)はなまるマーケット

 はなまるマーケット オンエア。1日ずらして、さらに約束の時間から2時間あまり遅刻。5回もやり直させた挙句に1/5くらいしかオンエアしないとは。。。流石はTBSである。流石にネットでの注文は多数入ったが、電話はほとんど鳴らなかった。流石はTBSである。出島の華の産地 佐世保の担当者も色々と約束を破られて憤慨している旨電話が入った。まあ、TBSに協力した瞬間に、こちらの負けということなのだろう。

 IMGP0931IMGP0932

先日の花より男子のロケの時のお約束がいまだに履行されず。今日になって、ようやく色紙のみ到着した。しかも、ここには書けないことが結構ある。流石はTBSである。だけど、小栗旬君、井上真央さんのサインはホンモノなのだろうか?

 ビルの玄関で、当ブログの愛読者である太柱さんと立ち話。ジャスマックについて絶賛し、意気投合。氏もプライベートで財産問題とか大変のようである。やはり、一度結婚すると大変なようである。その点小生は安心である。

 と思っていたら帰宅後 日経スペシャルガイアの夜明け「結婚しない男たち ~30代 未婚率42%の理由~をたまたまみるはめになった。いくらなんでもと思ったのは、親同士の見合い。大いに受けていたら、
「あんた笑っている場合じゃない」
と泣き声というか、悲鳴のようなものが聞こえた。
 でも、
男の場合は、「結婚できない。」
ようなイメージで語られるが、
女性の場合は、「結婚しない」
ようなイメージで語られる。大いに心外である。そもそもが、こういう場合 男性が結婚できない理由などを女性に聞いたりすることがあるが、大きなお世話である。逆も大いにあるのだ。数ヶ月前、日曜夜のフジの番組で、医者だけを狙う独身女性をおっかけたが非常に見苦しかった。
 そもそも太柱さんや、しんちゃんさんの例を出すまでもなく今の方が生き生きとしているように思えてならない。
小生も結婚できないのではなく、結婚しないのだ!と思い込むしかない。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月19日(月)お気に入り

 流石に師走も後半にはいり、先週の中ごろから渋滞が半端なくなってきた。今朝も大田市場を早めに出たのだが、日本橋までは1時間以上かかってしまった。

 こう毎日日記を書いていて、自分のお気に入りのお店が読者に受け入れられるというのは、うれしいものである。昼過ぎに大井町さんから電話がかかってきた。
内容は、「大井町 味の丸一を絶賛する内容」だった。
かなり興奮した口調から、丸一のとんかつ初体験の衝撃を表していた。
 もうひとつ、小生の北の大地の定宿であるジャスマックについて、太柱さんからのレポートも届いた。いかにも高級志向の太柱さんは、ジャスマックなどお気に召さないかとおもったが、予想外に絶賛されていた。結構、氏を見直した。まあ、葉加瀬太郎、高田万由子夫妻も浴衣姿で湯上りサロンでの朝食を堪能していたのだから、当たり前といえば当たり前である。

 そんなことを書いていたら、北の大地へ戻りたくなってきた。でもとんでもなく寒そうな気配であるし、とんでもなく雪がすごそうでもある。昨日は、ばんえい競馬まで中止になったというのは衝撃をうけた。やっぱり、まずは鹿児島から戦線に復帰したいところだ。

 先週の土曜日、バニラな気持ち?なる番組でドライマンゴーが紹介された。どうせ誰も見ていないだろうと、相手にしていなかったら、この週末はとんでもない状況になっていたらしい。テレビ恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月18日(日)別冊宝島

 日曜の朝といえば、日経エコノ探偵団である。探偵さんが、色々な人のところへ謎解きのヒントをもらいに行くのだが、じつは小生も登場したことがある。軽快な紙面の流れとは全く異質おじさん記者から電話での取材をうけた。ただ、初めから結果ありきで、先方の要求する回答以外はNGという雰囲気。小生の答えは異なっていたのだが、是非とも名前を掲載してほしかったのでお望みとおりの回答をした。今日の紙面に、ちょっとした知り合いが登場、まあ型どおりの答え。ちなみに、その方の部下はこのブログお読者のようで、ジャスマックへ宿泊したはずなのだが、観想がまだ届いていない。とても遺憾である。

 しかし、とんでもない寒さである。みかんを詰める手もかじかむ。羽田空港は、北への便、北陸への便で欠航が相次ぐ。信州で氷点下で馬に乗っている人は気楽でうらやましい限りだ。

 別冊宝島をたてづづけに3冊
「戦後ジャーナリズム事件史」
「プロ野球 タブーの真相」
「昭和・平成 日本 黒幕列伝」
最初の2冊は面白かったが、3冊目は表面しか書かれてなくて、つまらなかった。別冊宝島といえば、かつては野球や競馬、プロレスなど沢山読んだ記憶がある。何故突然復活して3冊出したのかは不明だが、これを機にたくさん出してほしい。ただ、前述した野球、競馬、プロレスの題材では今となっては買う人もすくないのだろうど。。。。

 ここのところ、城山観光ホテル・倒産・民事再生法・京セラ といった内容や、味の丸一の検索が増えている。たしかに丸一はほとんど他に掲載されているサイトがないが、城山の件は小生には本当のところが分からない。本当のところはどうなっているのだろうか?木村周一郎検索も一時の勢いがないとはいえ、健在である。しかし、このブログでは本当のことは何も分からない。

 松坂屋だか松屋だかでまたもやローレックスが大量に盗まれたとのこと。どうにもこうにも理解不能な事件である。

 NHKアーカイブス 「ドラマ 北の海峡」山崎努扮する漁師が素晴らしい。織田祐二の若さに衝撃をうける、でも結局NHKでしかこういうレベルのドラマは作れない、やはり受信料は支払うべきであるし、スクランブル化すべきである。

 ところで、るいさんの音信が不通のようである。南紀白浜のパンダは来週のようだし、大変心配である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月17日(土)インド人もビックリ

 終盤戦に入ったももの、お歳暮シーズンはまだまだ続く。作業場は、箱崎のマンションの一室。まあ、せっかくの土曜日なのでロイヤルパークホテルでリッチにランチ。このホテルは17年目らしいが、TCATが事実上廃止された今、水天宮という場所にある意味すら感じなくなった。マンダリンも隣の駅に出来てしまったし。。。。。
 とりあえず1階のコーヒーショップへ入場すると4200円のサタデーバイキングが行なわれているが、あまり参加している人はいなさそう。小生は、ビーフカレーを頂く、まあこんなものだろう。巷のカレーショップで
「インド人もビックリ」
というコピーをよく見かける。たいていは黄色いノボリでターバンを巻いたインド人が描かれていたりする。中華料理店では「中国人もビックリ」とか、焼肉やで「韓国人もビックリ」などとは、あまり表記されない。アメリカにある、日本料理店では日本人もビックリ」などとメガネにカメラをたすきがけした絵など、あるとうれしいのだが。。。。だけど、インド人のイメージってどういうものだろうか?
IMGP0929IMGP0930


 夜は、わざわざ大森 味の丸一にて、とんかつ定食大1700円也。どうやらロースやヒレは7時前には売り切れのようである。オヤジさんが揚げてくれるのだが、小生のカツではなかったからよいが
「失敗だ!」
とつぶやかれると結構困る。
肉の厚さに感嘆。ジューシーさにビックリ。次は、なんとしてもロースを食べたい。

 プロ野球ニュース、田尾さん
「三木谷さんには、誰もなにもいえない雰囲気がある。そこで、結構僕はズケズケ言うのが、気に入らなかったらしい」
「あと、いきなりベンチで笑えと言われた」
なるほどねえ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

12月16日(金)野菜

 キーワードは「野菜」である。外食が多い現代人にとって、野菜をいかに美味しく、たくさん摂ることが出来るか、お店が流行るポイントである。今日、しんちゃんさんをご案内した店も、お肉か魚のメインを選び、あとは生野菜、もやし、ひじきなどの惣菜が食べ放題である。小生が吉野家よりも松屋を選ぶのも、まったくもって野菜のレベルの差である。どうやら松屋はカット野菜の卸もしているようでたいしたものである。小生のお気に入りの焼肉店である、大井町牛車のチョレギサラダは絶品だし、和幸でとんかつを食べるのも、キャベツお代わり自由だからである。フォルクスなんか、あきらかに合成肉を食べに行くというより、サラダバーを食べに行くようなものである。とにかく野菜である。野菜を制するものが外食産業を制す!

 20日放送予定の、はなまるの撮影。色々と仕掛けが必要。でも昨日が今日になり今日も2時間遅れるというのは流石はTBSである。しかも5回も撮り直しとは。。。。。
 
 花より男子最終回、SEE YOU SOON というバックトゥザフューチャーばりの終わり方。待ち遠しい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月15日(木)仰木さん ありがとう。

 小生、プロ野球ファンになって30年経つが、今日ほど悲しい日は記憶にない。仰木彬氏死去.
つい2ヶ月前までグラウンドで格好いいユニフォーム姿をみせてくれていたのに、どうにもこうにも信じられない。 10・19の川崎球場で感動をもらって以来、常に仰木さんには感謝し続けてきた。感謝という言葉はおかしいかもしれないが、心の底から感謝していた。今年監督に復帰したのも、球団の合併という理不尽の中でファンの支持を得るには、これしかなかった。自分の命と引き換えに、最後にプロ野球に恩返ししてくれたのだろう。

 夏場、日経の豊田さんのコラムでも仰木さんの体調を心配していたが、まさか。。。。。
10・19の川崎球場では外野スタンドで心からグランドに心底熱中した。翌年の西武球場でのブライアント4連発では、あっけにとられた。オリックスに移ってからは、藤井・ニールを擁して徹底的にやられた記憶がある。どれもこれも、楽しい思い出である。小生の野球人生には常に仰木彬氏の姿があった。スワローズ応援団長の岡田さんもなくなり、仰木さんも亡くなってしまった、小生の野球界のもうひとりの恩人近藤貞夫さんはお元気であろうか?

 「仰木さん1年間ありがとうございました。また来年も宜しくお願いします」
10・19の試合後、川崎球場のスタンドでファンが叫んだ言葉だった。
私が今いえることは
「仰木さん 本当にありがとうございました」
その次の言葉を言えないのが残念でならない。。。。。。。

まさか、父親の命日にこんなことを書くことになるとは、今朝お寺でおまいりした時には
想像ももしなかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月14日(水)マクビティー

 のどに違和感があったので、セブンイレブンにてヴィックスドロップを購入。かつては、のど飴といえばヴィックスだった。小学生の学習塾の合宿でもヴィックスだけは医薬品として認定され、持参を許可されていた。しばらく見ないと思ったら大正製薬の商品として復活していた。

 こういう外国のブランドって知らない間撤退しているものは他にもある、マクビティーダイジェスティブビスケットもいつの間にか消滅している。ゲータレードは一時姿が見えないと思ったら、いつの間にかサントリーの傘下になっていた。フラダンスのポテトチップも姿を見ないし、自分で作るポップコーンも見えなくなった。カゴメトマトジュースの影にV8も見えなくなってしまった。
 小生、マクビティは大好きだったのだけれど、何故売れなかったのだろうか?本物、高級志向の今なら再登場させれば売れるような気がする、権利買えないかしらん???

 みずほ証券の大量発注ミスで得た利益を国内外の6社が寄付などをして、利益を返還するとのこと。理解不能である。市場の論理を無視した暴挙である。正規の手順で成立した取引をチャラにするんだったら、話にならない。昨日のゲンダイでも
「荒稼ぎした証券会社のやり方を、あんまりと思うのなら株なんかやめたほうがいい」
まったくもって、おっしゃるとおりである。流石はゲンダイである。
 今回登場する数少ない国内証券会社のひとつが野村だったのは、とってもうれしかったのだが、野村も返還するとは遺憾としたいいようがない。野村の株主の小生としては本来配当金として小生の手元にくるはずだった利益のを捨てたのだから株主代表訴訟を検討する用意がある。東証の今日の大きな下げは、この流れに嫌気がさしたものだろう、株式市場の基本を見失ったつけは大きい。

 姉歯氏といえば、ヅラで有名だが、ボクシングの試合中ヅラがづれてしまい5ラウンドに全部脱ぎ、そのあと何か吹っ切れたように猛ラッシュで見事勝ったというのはあまりにも衝撃的な事件であった。

 ここまで書いた後、どうやらマクビティーはまだ明治製菓で発売されいるのでは?という疑惑が浮かんできてしまった。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月13日(火)みかんの味

 当たり前のことだけれど、果物は美味しいものもあれば、イマイチのものもある。たとえば、今年収穫されたみかんを比較すると最高の味と認定できるが。しかし自身の味を昨年と比較するとイマイチなのは明らか。結構、このジレンマにあたってしまっている。結構恐る恐る梱包、発送作業をしているのだが。。。。
 今日あたりから、電話やメールが舞い込みはじめる。これが意外や意外、評判がすこぶるよい。自分の思い過ごしなだったのか、それとも自分の要求するレベルが年々高くなってしまったのか。。。。。

 牛肉なんかでも、かつては新宿大黒屋やモーモーパラダイス歌舞伎町牧場へ行こうなんてお思ったことも20年前はあったが、さすがにもう不可能である。人間贅沢になってしまうものである。ところが、いまだにシェーキーズのピザ食べ放題なんかたまに参戦しまう。本格的なピザよりも、好きなくらいである。丸い帽子をかぶったスタッフがカットした瞬間に
「ナイスカット!」
の掛け声がたまらない。そんなシェーキズも宅配ピザなどに押されて店舗数が激減している。このたびロイヤルに買収されたとのことだけれど、これを機会に是非息を吹き返して欲しいものである。

 でも、皆さんから美味しいと言っていただけるものを売れるというのは、幸せ者である。ちょっと疲れのピークだけれども、そんなことを考えている日々である。やっぱり出島の華は日本一のみかんである。来週のはなまるマーケットも決まってしまった。。。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

12月12日(月)そっくり館キサラ

IMGP0916IMGP0921

 お歳暮真っ最中というのに、そっくり館キサラへ参戦。小生あまり気乗りがしなかったのだが、福岡からの客人が上京するたびに必ず参戦するので同行。
IMGP0923IMGP0928


 なんだかんだの割には、結構楽しめた。なんといっても、松田聖子のそっくりさん、まねだ聖子は素晴らしい。一部では本人より歌がうまいと言われているし、トークも軽快。トリの五木ひろしそっくりさん、一木ひろしも素晴らしいが、やっぱり聖子の方が上。

 こんな小生でも、チラホラお歳暮が届く。ある方からは昨年の歳暮にアサヒスーパードライが届き
「いつもすみません、でもお酒飲めないんですよ。。。。」
「ああ、そうですかすみません。。。」
で、今年の夏はコーヒーセットが届いてしまった
「いつもすみません、でもコーヒー飲まないんですよ。。。。。」
「ああ、そうですか、すみません。。。。」
で、今年の歳暮はアサヒスーパードライに戻ってしまったようである。
いただいておいて、文句言うのもあれだけれど、お礼状書くにも気が入らない。

 もっとも母もなぜか毎回果物を送っていただく方へも、お礼状を書くのも気が入らないようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月11日(日)便乗商法

 今週号のフライデーに元ヒューザー関連会社のOLがGカップヌードで懺悔。とヌードを公開している、便乗商法もいいところである。本人曰く「被害者の方に、少しでも私の裸で和んでくれれば」とのことである、まったくもってやじ馬としては、こういうのは楽しい。だけど、こういうのは本人が売り込んだのだろう。なんだかんだ言ってもチャンスであり、小生としては否定しない。日刊スポーツの矢部美穂さんも、まあ外そうと思って外しているのではないだろうけど、もはやこれまでである。だけど馬券を外してヌードになると、ギャラはアップするのだろうか?

 昨日からナショナルのお詫びというか、例の石油ストーブの回収告知CMが流れている。恐らく既存の自社のCMを全て差し替えたのだろうけど、とんでもない数が放送されている。ああいうCMって結構計算されているっぽくて、「さがしています」という単語ひとつとっても、いくつかの案から選ばれたのだと思う。

 まあお詫びの告知というには、本当に大変だと思う。最近ではどうでもいような個人情報の流失や、食品の異物混入などでの新聞告知が多い。だけど、告知によって便乗で金をせびる輩は相当いるのだろう。そういえばJR西日本の事故でも、乗ってもいないのに金をせびった輩が複数捕まったようだ。

 営業中の名古屋三越でローレックスが数千万円分盗難されたとのこと。ちょっと信じられない、疑われるのは店員さんだろうから、ちょっとかわいそうだ。だけど数人の店員さんで数千万円の損失、みずほ証券は1人のミスで数百億円の損失。どっちも同情するばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

12月10日(土)ETC

 今日も市場で朝食、みそラーメンとミニカレー。至福のひと時、ただ若い頃は同じメニューをペロリと平らげたが最近は、完食はちょっとしんどい。でも、両方食べたい。。。。。根本的に小生、量というより色々と食べたいのである。だから居酒屋へ行くと大変なことになってしまって、最後は残すはめになる。ただ、そばやの半カツどんと半たぬきうどん、のようなのも中途半端でいけない。カツどんと半うどんならばよいが、うどんと半かつ丼は論外である。

 大田市場からは首都高なのだが、ETCというのは本当に便利である。あれを設置しない人の気が知れない。ただ、小心者の小生としてはETCゲートを通るとき結構ドキドキする。かつてカードをしっかり入れなくて通行できなかったことがある。その時は有人ゲートだったので、通行には差し支えなかったのだが。それ以来通る瞬間心拍数が上がっている気がする。
 鉄道版ETCはもちろん自動改札、あれは普通一方通行なのだが、まれに両方向から通行可能な改札がある。あれはあまり好きではない。どうにもタイミングが悪く鉢合わせになることが多い。あれは完全に早いもの勝ちである。しかも続々と続かれると手に負えなくなる。

 夜ブロードキャスターて日本橋のだんな衆が首都高を日本橋の下へ移設せよ。とやっていたが、なんと3000億円かかるという、まあ恐らく誰も本気では考えていないだろう。今更景観だけのために3000円億円。。。。。。

 お歳暮商戦もピーク、ちょっと疲れ果てた。。。。。しんちゃんさんは北の大地らしいが、全くうらやましいとは思わなくなった。行方不明のるいさんが心配である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月9日(金)コカ・コーラ

 週三回の出島の華の入荷日なので早起きして大田市場へ向かうが、なんと本日入荷無しとのことで急遽6時50分にオフィスへ到着してしまった。オフィスは最初に入場する人がセキュリティを解除するのだが、小生は久しぶり。手順どおりにやったのだが、カード読み取り不能とのことで、エラー。挙句の果てにサイレンが鳴り出し、7分後に警備会社が到着してしまった。。。。もちろんガードマンも不審者とは思っていなかったと思うが、お互いに気まずい。朝からあんまりにも、あんまりである。。。。。

 お歳暮真っ盛りなので本当に書くことがない。そういえば国内ソフトドリンク市場でコカ・コーラ社のシェアが下がり続けているという。大変明るい話題である、小生昔から可能な限りコカ社の製品は避けてきた。自動販売機の圧倒的設置台数で圧倒的なシェアを握っていたのだが、自動販売機からコンビニへとチャンネルが移ってきた証だろう。つまり消費者は選べる立場になればコカ社を選ぶ確率が減るということだろう。小生コンビニがない時代から、近くのコカ社の自販機より遠くの他社の自販機であった。まあ、コカ・コーラよりペプシ、JALよりJAS、JRAより地方競馬、読売よりパリーグという小生の生き方においては当然の選択ではあった。

 もっともコカ社の製品は基本的に美味しくない。コーヒーは飲まないので分からないが、総じて薄い。というのが印象。アクエリアスとポカリの差が典型。果汁100%のミニッツメイドも不味くて飲めない。皆さん、それに気付いていたけど、ようやく選択権が消費者に与えられた結果でうれしい限りである。世の中よい方向に向かいつつるという気もしてきた、こうなるとJASの消滅だけが間に合わなかった。地方競馬、パリーグはまだなんとか間に合って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月8日(木)歴史の検証

 12月8日といえば真珠湾攻撃の日である。8月とこの時期だけは戦争がらみのテレビが多くなるのだが、今年は映画のおかげで戦艦大和がクローズアップされているようだ。大和といえば、沖縄への悲劇の特攻として知られているが、一説には片道の燃料どころか往復の燃料。そして沖縄へ上陸してからの生活物資や兵の給料まで積んでいたので、特攻ではなかったのでは?との見解もある。どっちでもよいが、たかだか60年前のことですら諸説があるのだから、歴史というのは色々な本を読んで学ばねばならない。

 新聞によりと小泉首相は9月の時点で民主党に大連立を呼びかけていたとのこと。十分な議席数があるのに何故なのかさまざまな憶測を呼びそうだ。だけど、それ以前に本当に呼びかけたのか?呼びかけてもいないのに、勝手にリークして混乱させるだけの作戦のような気がしてならない。そもそも彼は本当に来年の9月に退陣するのか?後継は普通に考えれば安部氏しかいないが、官房長官になってからあまりにも目立たなくなった。立場上好き勝手に発言もできないのはわかるが、実は全然たいしたことない人物だったような気がしてならない。ひょっとしてそうやって後継を1人づつ消しているとしたら、たいしたものである。

 福岡で鉄鍋餃子も食べたいし、鹿児島で城山観光ホテルやホテル京セラで寛ぎたいし、味の丸一でトンカツを食べたいし、札幌でジャスマックの露天風呂で寛ぎたい。ジャスマックといえば小生のブログの読者であるところのH氏がジャスマックにチャレンジするとのこと、是非とも感想が書き込まれるのを待ちたい。

 さすがにお歳暮ピーク、一日中みかんを詰めているので世間の流れも分からない。分かるのは1日に10個食べているで出島の華みかんは素晴らしいということだけだ。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月7日(水)ワシントンポスト

 まだまだ開店景気からか、取材対応が多い。しかし今日は先日のヘラルドトリビューンに続いて、ワシントンポスト紙の取材。日本経済と果物について1時間ほど語る。なんだか分からないが、ワシントンポストの取材をうければたいしたものだ。あとはタイム誌や朝鮮日報くらいかもしれない。

 タイム誌といえば、毎週金曜夕刊に掲載の映画の広告に、タイム誌が絶賛!などとコピーが使われている。別にタイム誌は映画専門誌ではないのだろうけど、タイム誌が絶賛するならば良い映画と誰もが認定しているようだ。イギリスの大衆紙サンなどが絶賛してもあまり影響はないのかもしれない。

 ちょっと疲れが溜まってきたのか、今朝市場で朝っぱらからカツ丼なんか食べてしまったからか体調が急激に悪化してきた。(だけど ホントに大田市場の 浅野屋って蕎麦屋で朝っぱらから食べると何でも美味しいのですよ!)
 時間に余裕のあるしんちゃんさんは、年内も盛大に遠征が計画されているらしいが、流石に小生はそれどころではない。そんな日に2006年ANAカレンダー・手帳、JALグローバルクラブカレンダー・ダイヤリーが当時に送られてきた、横並びも極まるだが、来年へ向けて少しは前向きな気持ちになる心憎い演出である。

 本格的に風邪になる前に寝るしかない。(こんな日くらい日記お休みしたいのが本音ではある)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月6日(火)二面性

 三重県在住のM君上京、お店に立ち寄る。昔話に花が咲くというよりも、彼の現状について大いに話をうかがう。元々三重出身、大学は早稲田、就職は地元へ帰って金融機関勤務である。職場の同僚とご結婚、なんと昨日お子さんが誕生したそうである。

 まあ、幸せを絵に描いたような生活であるが、やはり東京を経験した彼にとっては何か物足りなさそうである。興味深かったのは、彼は二面性あって、一面は小生のような変わり者にもあう面。そしてもう一面はなんとか奥さんに合わせることができる面だそうである。ちなみに小生は変わり者の一面しかないから、あう人を探すのは難しいとのことである。非常に的を得た見解であると感心させられた。さすがはシンクタンクへ出向中の身である。

 そういえば、しんちゃんさんなども二面性を作ろうと一瞬がむばったが、努力がたりなかったっぽい。ただ、二面性=協調性と表現されると返す言葉が見当たらない。

 また、彼いわく愛と結婚は異なると言い切った。そして愛するより、愛される方が大事である。とのことである。さすがは、かつて小生と一緒に甲子園へスワローズの胴上げを観戦しトンボ帰りで東名を飛ばして帰京しただけのことはある。

 だけど、再会した瞬間に
「今は、野球、プロレス、競馬 などなど どれにウエイトを置いているのか?」
と尋ねられると、うれしいものである。
 
そろそろ打ち合わせの後、「よいお年をお迎えください(笑)」で別れることが出てきた。いよいよ年の瀬である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日(月)子孫繁栄

 究極のみかん「出島の華」の初荷、早朝より大田市場へ駆けつける。これだけは誰にも任せられない。さて問題のみかんだけれど、数字上は糖度はとても高いのだが、酸味が強い。まあ、2~3日すれば酸味が抜けてまろやかな味になるだろう。今年は普通のみかんも美味しいので、こういう価格の高いブランドみかんは少々売りにくいことは確かだ。
 樹木が実をつけるのは、もちろん鳥などに食べてもらって種を運んでもらい子孫を残すためである。ところが、みかんにはほとんど種がない。となると、一体何故実をつけるのだろうか?ところで種無しすいかは、種がないのにどうして実ができるのか?と聞かれることがあるが、あれはF1である。まれに種無しすいかに出来た種をまいても、種無しすいかは育たない。

 だけど、人間にとってのセックスというのは、子孫を作るためだけのものなのだろうか?????????ちょっと独身の小生には難しすぎる問題である。

 サンダーオブハード、今日もコーナーをうまく走れず、直線のみの競馬で3着。直線の長い1400を除外されたのが痛かった。

 保坂正康著 「特攻」と日本人 読了。昭和史といえば保坂氏であるが、氏の著書でも特攻だけに的を絞った著作は初めて。特攻の父と呼ばれる大西瀧治朗中将が海軍では全責任を負っている形になっているが、実は全ての責任を負わされているのではないか?陸軍では伝統的に肉弾突撃が行なわれていたのだから、航空機になっても、とりたてて目新しいことではなかったのではないか?などなど読み応え十分であった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月4日(日)寒い日曜日

 昨日に引き続いてお歳暮の第一回目のピークと思いきや、あまりの寒さと小雨の合う天候のため昨日ほどではない。だからではないと思うが、ネットでの売上は今年最高を記録した。

 オープンしたてのマンダリンオリエンタル東京では昨日に引き続き盛大に結婚式が行なわれている。チャペルは3階で宴会場も3階である。移動は楽だろうけど、ホテルのメインは30階より上だから完全に披露宴は隔離されてしまう。披露宴の客をロビー階へ上げないという戦略なのだろう。たしかに地方の大きなホテルは披露宴のお客さんで思いっきり雰囲気が台無しになっている。だけど、高層ホテルで披露宴を催す意味はない。私見だが披露宴って乾杯の発声と同時にカーテンが開いてお外が見えるのが好きではある。

 日経日曜版、あまり記事がないからか「熟年離婚しない方法」とか「娘に援交させないためには」とか「嫌いな息子に相続させない方法」など、およそ日経らしくない記事が並ぶ。しかしながら大変興味深かった。だけど、記者は日経に入ってそんな記事を担当するとは思っていなかったのではなかろうか?

 るいさんの日記では川崎フロンターレへの熱い想いが語られている。正直言って、あそこまでの想いがあるとは思わなかった。なんでも一般論としてひとたび熱中すると男性より女性の方が徹底的になっているような気がする。しかし生活がフロンターレ一辺倒かと思うとそうでもなく、花より男子問題にも造詣が深いからたいしたものである。

 一方のしんちゃんさんの日記では、無理やり電車に乗って居眠りしたりよく分からない。どうせなら特急でなく普通電車で景色でも楽しむべきである。ふらっと気の向いたところで途中下車したりする雰囲気すらなさそうである。挙句の果ては早く帰宅して翌日の日記まで書いてしまうとは、何をいわんかだ。。。。

 IMGP0910IMGP0911

大井町 牛車にて焼肉を頂く。相変わらずここのチョレギサラダは絶品だ。日曜の夜は相変わらず外で待っている人、流石に寒くて大変。

 マイネルスケルツィ3戦目にして待望の初勝利!1800メートルを1分47秒で走る馬が、2000メートル2分4秒というのは、どういう計算なのだろうか?未勝利で単勝1.1倍の馬券を買う人の気が知れない。。。。
 明日はサンダーオブドラゴン、日刊競馬の印では1番人気っぽいが、小生ならば絶対に単勝は買いたくないが、どうなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月3日(土)競り

 IMGP0906
今朝は大田市場へ、早起きになるがここには活気がある。今年は、みかんを初めとして果物が豊作であるし、甘みがあって美味しい。となると価格が下がってくる傾向になる。美味しい物が出来る年は相場が安く、味がイマイチで収穫量も少ない年は相場が高い。おかしいと思うが、こればっかりは仕方がない。

 せりにはせり上げ方式とせり下げ方式の2通りある、青果物はせり上げ方式である。一方の花はセリ下げ方式である。もちろん一長一短ある。メロン1個づつ競っていけば簡単なのだが、同じメロン100ケースを一回の競りでやるのには難しい面もある。

IMGP0907IMGP0908

 ところでUFJ銀行はまもなく東京三菱銀行と合併するらしい。UFJ銀行の看板は既に新銀行の看板に変わっているが、その上に現状のロゴが張ってある。合併当日になると剥がすだけだから効率がよい。恐らく彼らのことだから当日にはUFJの文字は消滅するのだろう。そうなるとなんとか必死にUFJ銀行の文字を探したくなるのが小生である。JAL・JASの統合に至ってはいまだにJASのロゴが空を飛んでいる。ここまで大胆に残ったロゴというのは全く関心がない。

 かつての最大の社名変更といえば小生にとっては新日鉄などではなく、国鉄・JRである。一夜にして結構変わっていてのだが、車内の路線図に国鉄の文字が残っていたのが記憶に残っている。流石にもう国鉄の名残をみることはなくなった。地方へ行ってもまず見られなくなった。

 ところが、地方へ行くと交通機関の車両がどこから転籍してきたかが一目瞭然になる。なぜか電車もバスも東急がほとんどである、あれがどうにもこうにも不思議である。その他の私鉄というのは車両を地方へ転出させていないのかも気になってしまう。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月2日(金)花より男子

 今話題の、花より男子を見るために21時過ぎに帰宅。入浴を済ませ万全の状態で臨む。結構大勢の人に告知してしまった手前、10秒くらいしか映らなかったらどうしよう!と思っていた。

 結果として視聴率20%の話題のドラマに20分近くも映ればたいしたものである。しかも看板が映るよう引いた画面で3回もなめてくれればたいしたものである。しかし昨日や昼間は色々な方からメールでの連絡。掲示板への多数の書き込みがあったのに、いざ放送されるとあまり関心がなさそうであった。
 
 まあ、これで明日から問い合わせがくればたいしたものである、特にジンジャエールがでれば凄い。引き続き 恋するハニカミ を見るとなんと長州小力が登場とは。。。。。この番組いい男といい女がデートする番組なのだけれど、まさか長州小力とは。。。。

 福井雄三著 「坂の上の雲」に隠された歴史の真実 読了。著者曰く 日露戦争を司馬史観のみに頼るとだめだよ。とのことである。ノモンハン事件ついても本当に辻正信中佐が悪の権化なのか?という風に近代日本史について色々な資料から検証する必要があると力説している。おっしゃるとおりだけど、今更の乃木大勝や伊地知参謀が正義で、児玉源太郎が悪役になっても困る。正義と悪役は徹底した方がいい。だけど、歴史上の実在の人物を小説の上とはいえ、かなり強い色を勝手につけてしまうと遺族などは納得できないところも多いだろう。そんな気はしてきた。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月1日(木)やっぱり九州!

 12月1日師走である。先生も走るほど忙しいので、とりあえず小生は八百治の湯に1時間ゆっくりと浸かる。いくら塩素入りでも朝風呂1時間だと、すっきりすることは事実である。だけど、どんなに部屋が広くて快適でもビジネスホテルはビジネスホテルである。極論多少狭くてもシティホテルだと部屋の質感がまったく違う。落ち着きというか気の休まりが違うのを痛感する。ソファの存在もあるし、こちらの心構えの問題もあるだろう。とくにリゾートホテルは顕著で昨日の ハウステンボス ジェイアール 全日空ホテルの方が温泉の質の差や新聞の配達の有無もあるけれど、もう少しゆっくりしていたい。という気にさせられた。そろそろ転換期に来ているのかもしれない。。。。。

 IMGP0903
九州一の老舗百貨店 岩田屋にて打ち合わせ。一ヶ月ぶりなのだが、色々な方から声がかかって心底うれしい。とにかくここへ来るとほっとするというか、温かさを感じる。やっぱり九州はいい!最後は、皆さんと
「よいお年をお迎えください」のご挨拶でお別れ。

 IMGP0901
お昼はこれまたおなじみの「大福うどん」にて、お手軽うどんすき1500円を囲んで一人なべ。ここは注文する前から、
「ああ、いつもありがとうございます。いつものでいいですね?」
と来られてしまう。正直、今日はうどんすき という気分ではなかったのだが、思わず足が向いてしまった。とにかくここへ来るとほっとするというか、温かさを感じる。やっぱり九州はいい!本気で将来の移住を考える必要を大いに感じる。

 JALにて帰京、さすがに冬場の東行きは速度が違う!定刻前に到着。今日から場所が変わった店へ立ち寄り日本橋へ。

 さすがにこの時期3日間会社を留守にすると、いくら小生でも机の上は大変なことになっている。九州の福岡の暖かさから一転、現実に引き戻されてしまう一瞬である。
 
 いよいよお歳暮の始まり!まった無しだ。早速メルマガで「出島の華」を勧めると、ものの数分で沢山のご注文をいただいた、メルマガを打っておいて言うのもなんだが、自分では絶対にメルマガは読まないし、ましてや勧められても購入した記憶はない。本当にありがたいことだ。

 世間は姉歯設計士のヅラ問題で持ちきりである。恥ずかしながら全く小生気付かなかった。かつらといえば、小学校の時転校生で、間宮桂君という名前の方がいた。小学生にとっては 桂=かつら=アデランスという式が当たり前のように成立した。ということで、「アデ」「アデ」と呼んでいた。当然、本人は嫌がって最後はないてしまった記憶がある。今考えると桂というのは、とても素晴らしい名前だと思う。小学生というのは非常に愚かというしかない。なにを隠そう、小生もその前に名前で同じような被害にあっている。当時は太郎とかの普通の名前がうらやましかったものだ。もちろん今は・・・・なのだけれど。
 でも、やっぱり桂って男の名前でなく女性の名前って気がする。やっぱり小生は成長していないようだ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »