« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

11月30日(水)出島の華と絶品の魚料理

 IMGP0874
結構な熟睡、やっぱりよい部屋だとよく眠れる。早速天然かけ流し温泉「グランスパ」にてゆっくりと。サウナ内のテレビでNHK朝ドラを見る。いかんせん貸切だったので、とても心地よい。
 
 IMGP0875
朝からすっきりした後は、日経、日刊、長崎新聞を読みながらゆっくりと朝食ヴァイキングをいただく、小生は朝食無料だからよいけども2400円也を払う価値はちょっと。。。。ただ、結論から言えば「ハウステンボス ジェイアール 全日空 ホテル」はとても満足のいくホテルであった。
 
 IMGP0876IMGP0877

今日は佐世保のみかん園地を見学、日本一のみかん「出島の華」である。今年は台風もすくなく天候がよかったこともあり、いわゆるみかんの表年なので多いに期待していた。結果は、この時期にここへ来て4年になるが、過去最高の出来栄え!大満足である。なんだかんだいっても、この瞬間は気合が入る!よかった。。。。。

 IMGP0884
佐世保のみかんの後は、佐賀呼子の「さがほのか いちご」の視察。正直ここは主役は小生でなく、お供である。ただ、お昼ご飯は盛大にご馳走してもらうことになった。
 
 IMGP0900IMGP0887IMGP0888


呼子といえば、日本一のいかが代名詞である。かつては台風の際の船の非難港としても栄えていたよう。よって遊郭跡の旅館などもたくさんある。三重県のW島などももともとは、そういう島だったとのこと。湾に面する「割烹旅館 筑前屋」佐賀は筑前ではないと思うのだが、まあどうでもよい。次から次へと出てくる採れたての魚料理の数々。
 
 IMGP0889IMGP0890IMGP0892


かわはぎの薄づくり・鯛のカブト煮・鯛の鍋・みずイカのつくり、そして天ぷら・くじらの湯引き・伊勢海老・刺身盛り合わせ・サザエ・あらかぶ(かさご)のカラアゲ・鯛の味噌汁・鯛茶漬け もう感動の嵐だった。普段東京ではめったに外でお魚を食べることのない小生だけれど、本気で感動してしまった。とくに骨丸ごと食べれるあからぶのカラアゲは絶品!こんなにたくさんのお魚を食べて、こんなに幸せな気分になったのは初めてである。温泉もあるし、空気もいいし、お魚もお肉も果物も美味しい、それでいて福岡は大都市。冗談抜きで将来移住したくなってきた、年に10回以上福岡に来ている小生の結論である。

 IMGP0894IMGP0895IMGP0898

ちなみに、あくまでも今回も出張であり、仕事であること忘れてはいけない。。。。。。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月29日(火)佐世保バーガーとハウステンボス ジェイアール 全日空ホテル

 IMGP0835
昨晩はニフティ大渋滞のため更新になんと2時間もかかってしまった。だからというわけではないだろうが、あまりよくは眠れず。八百治の湯に浸かりチェックアウト、みどり号にて一路佐世保へと向かう。
 国鉄民営化の象徴のような存在だったハイパーサルーンも今となっては老朽化が激しい、鹿児島本線、日豊本線を経ての転戦なのだろう。長崎へは1時間に2本、うち1本が単独運転の白いかもめ、1本がみどり号との併結であり、さらにハウステンボス行きとの併結も数本存在する。博多から1時間50分弱佐世保へ乗りとおした人はかなり少なそうだった。
 IMGP0855IMGP0840IMGP0839


佐世保といえば、なんといっても佐世保バーガーである。米軍の街ということで、昔からハンバーガーはあった。(日本で初めてハンバーガーが上陸した街らしい)しかし、ここ3年くらい急にブレイクしたものである。特徴としてはなんといってもそのボリュウームである。駅前には市内10ヶ所くらいのハンバーガー店の看板、マップなどを作成して盛り上げている。
 まずは、佐世保バーガーの代名詞といわれる「ヒカリ」さん。案の定30分待ち。スペシャルバーガーは430円とお手ごろ、ボリュームもそんなにはなく。ペロリと平らげる。結構しっかりとした味付けと野菜に好感の持てる味だった。
 
 IMGP0842
次の店へ行く前に、「海上自衛隊 佐世保資料館」を見学することにする。自衛隊と言っているが、明治時代からの海軍の歴史が展示してある。7階建で7階から4階が旧海軍関係、3階から1階は海上自衛隊関係の展示である。当たり前だが、どうしても日露戦争関係の展示が充実している。建物の構成からも分かるように、現在の自衛隊は海軍の流れをくんでおり、それを否定もしない。やはり自衛隊は軍隊なのである、その存在を明確にすべきと改めて思う。

 IMGP0844IMGP0843

佐世保のもうひとつの名物は1キロ超のアーケード商店街である、松山のアーケードも有名だが実は佐世保も密かに注目されている。結構な人通りで夜も賑わっているとのことで市街地の空洞化が進自治体からは見学も多いとの事。とにかく1つシャッターが閉まったら皆でどんどん新しい店を誘致してシャッターを開けさせるらしい。また長崎同様平野が少ないため大規模ショッピングセンターの進出が事実上不可能だった。ところが、農地転用を売却して盛大にショッピングセンターを創る話が持ち上がっているらしい。農地の転用は農業委員会、最終的には市長の判断とのことであるが。。。

 IMGP0846IMGP0848

佐世保バーガー2軒目は、そのアーケードの中ほどに位置する「ビッグマン」最近は船橋のららぽーとにも進出したらしい。ベーコンエッグバーガーはこれまた美味、ペロリと平らげる。

 IMGP0851IMGP0852IMGP0854


佐世保バーガー3軒目は駅前にあるログキッド支店。ちなみに本店は「ひかり」の2階にある。730円の巨大バーガーは美味なのだが、流石に終了してしまった。ログキッドは卵が3つ使っているので計7個は凄いコレステロールである。
 だけど佐世保結構がんばっているな!というアクティブな印象を持った、街中の店では便乗でハンバーガーをエニューに加える店が増えてきている。是非とも街中をハンバーガーだらけにして、徹底的にやるべきである。

 IMGP0858IMGP0862IMGP0866


今宵の宿は、「ハウスエンボス ジェイアール 全日空ホテル」おそらく日本で、最も長い名前のホテルである。スーパーフライヤーズ割引、朝食バイキング、ウエルカムドリンク、かけ流し温泉付きで8000円ならばお安い。ビューが山側なのが残念だが、ラウンジで飲みながら読書。前回ハウステンボスを訪れたのはビッグエヌスタジアムで下柳と堀の長崎出身対決を見に来て以来だ。そのときも寂れていたが、もっともっと寂れてしまったようだ。野村のもとで再建中ようだが、夜になっても灯がほとんど見えずに閑散としている。1億円超の分譲群もゴーストタウン。ボーイさんに最も目立った建物をホテルヨーロッパと思って尋ねるが返答は、ウインズ佐世保とのこと。

 IMGP0868
夜は、早岐の「花りん」にて白身魚中心に海の幸を満喫。いつ来てもここの魚は素晴らしい、明日試食する日本一のみかん「出島の華」も今年は史上最高の出来とのこと、明日のみかんとの再会が本当に楽しみ。早岐の町はかつては乗り換えで栄えていたらしいが、今は相当きびしそうであった。

 早々に引き上げて第2回入浴、かけ流しはよいのだが、何故塩素を入れるのか理解できない。かけ流しの意味がないではないか!!お肌にきつすぎる、なんか銭湯やスポーツクラブの大浴場より温泉の塩素の方がきついと感じるのは気のせいだろうか?この日記がアップされるのは何時間後か?答えはニフィティのみが知るところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

11月28日(月)東京→福岡

IMGP0833
 今年最後の出張、JAL福岡便に乗り込む。離陸前から熟睡、お飲み物も飲まずに広島あたりまで。西へ行く便は寒くなるにしたがって、行きと帰りの時間差が大きくなってくる。もう少しすると、出発前から
「今日は西風が強いので遅れます」
という言い訳が始まる、だったら冬は下り便の所要時間をもっと多めに設定すべきである。
 福岡の宿はもちろん八百治ホテル、昨日の今日でもしっかりお部屋を押さえてくれるから安心である。ただいつも部屋の清掃に消臭剤を多用している、お部屋のにおいはないのだが消臭剤の匂いが物凄く残ってしまい、しばらく窓を開けなければならないのが唯一の欠点か?デラックスシングル19㎡は開放感たっぷりで非常に快適。
温泉で汗を流してから、打ち合わせを兼ね何故か「きんしこう」なる中華。正直あんまりなお味だった。最近の安い中華の傾向として、マーボー豆腐など辛すぎる傾向。といかく、山椒とコショウと うまみ調味料が口に残って気持ちが悪い。
 IMGP0831
食後、中洲を歩いていると何と 若 を発見。よく見ると チャンコダイニング若の真新しい看板が下がっていた。一体どこまで本人がかかわっているかは知らないが、ある意味たいしたものではある。それにしても意外と小さかった。

 西村真悟議員逮捕!民主党、福岡とといえばペパダイン大学でおなじみの古賀潤一郎氏。そして覚醒剤でおなじみの小林憲司氏、3人の共通項といえば小沢一郎君の側近であるということである。人を見る目もないが、こういう時にコメントもせず、あまりにも見苦しくなってきた。前原代表一人がコメントするのは見ていて痛々しい限りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月27日(日)とんかつ

 IMGP0823IMGP0822

休日のお昼に外食するといったら何が浮かぶだろうか?ラーメンも候補のひとつだが、なんといってもとんかつである。結構こじつけたが、小生がとんかつ日本一と認定している 鹿児島 味の丸一の主人の師匠がやっているという大森へ駆けつけることにする。
 
 IMGP0820
前回は夜8時過ぎてしまい閉店していたので再挑戦。「味のとんかつ 丸一」店名も同じであった。お昼だからかは分からないが、ロースやヒレはメニューになく とんかつ定食1300円のみ。その人と思われる老人が頑張って揚げている、衝撃的だったのはお肉の厚さではなく、油の温度を確かめるためか?手をいちいち鍋に突っ込んでいるのを見たとき。どうしてあれでヤケドしないのかは小生には分からない、熟練の技ということなのだろうか?

 肉の厚さは申し分なく、大満足。流れ出る肉汁もとってもおいしかった。ただお肉はロースでなかったのと、黒豚でなかったからか?鹿児島の弟子の方が美味しいかった。是非、次回は夜 上ロース定職を食べてみたい。ちなみにキャベツのお代わりは自由、トン汁もおいしかった。。。
 
 ところで、かつてマンガの「美味しんぼ」のとんかつの回で、
「学生さん、とんかつをいつでも食べれるようになりな、それが金持ちでも貧乏でもなくちょうどいい」
というセリフがあったが、まったくもっておっしゃるとおりである。しかしながら、世の中は変わって、とんかつより
ステーキの方が安いなんて事態になってしまっている。フォルクスをはじめとするステーキ風の成型肉のおかげである。
  
 まさかないと思うが、欠陥マンションを購入した人への救済に税金が使われることだけは避けなければならない。地震や台風での損壊もほとんど税金など投入されないし、ホテルのオーナーにも補填しなければならないし、恐らくこれから出没するであろう、姉歯氏以外の案件から出てくる危険な物件の補償をしていたらキリがなくなる。
 
 IMGP0819
世間はすっかりクリスマスになってきた、その後に登場するお正月というのは12月25日~31日までしか準備期間がないのに対してクリスマスは丸々一月はやっている。どっちかといえば正月の方が大事だと思うのだが、クリスマスという相手が悪かったとしかいいようがない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月26日(土)撮影終了

 早朝撮影最終日、実は無事ではないのだが終了した。昨晩オンエアを初めて見たのだが、結構面白いことが分かった。だけど予告編にその前の日に撮影したものが流れ、来週放送分を今日はもちろん、来週の火曜日すぎまで撮影するというのは尋常ではない。
 
色々内輪話を聞くと、
・急遽決まったドラマであり。役者さんも比較的楽にブッキングできる方がほとんど
・通常のドラマは全13話だとしたら、初回放送の頃には8~9話の収録をしている
・松嶋奈々子は軽い気持ちでドラマ復帰したいので松嶋がこの役を選んだ
・主役は松嶋奈々子と同じ事務所である
・比較的大物の加賀まり子がこのドラマに出るには訳がある。
・誰もこんなに視聴率が高いとは思わなかった。
・TBSの上の社員は株を積極的に楽天に高値で売却して、もう既に決着がついている、フジテレビの
時と違って組合が全く動かない
ということらしい。。。
まあ、いずれにしろ来週が楽しみだ。小栗なにがしには、小生結構好意を持った。

 民主党 西村真悟議員問題。
・ただの2世の右翼だと思っていた
・ししし京大法学部卒でなんと弁護士だった
・今回の名義貸しというか、怪しい関係が多い。
なんだかんだいって、民主党では数少ない役者である。かつて国会の爆弾男と呼ばれた楢崎氏や社会党委員長選挙に49対51くらいで負けた上田哲先生、国会の寅さんこと高沢寅男氏(彼の場合は名前だけか?)など野党にも魅力的な政治家が結構いた。数少ない魅力的な野党人なのに残念
 民主党は議員辞職を求めるようだが、比例選出なので民主から繰り上がりするだけだから不愉快である。こういうときは繰り上がりも党として辞退すべきである。だけど繰り上がりが例の覚醒剤野郎だったらこれまた大変だった。
 ヒューザーの小嶋社長、いかにもネット上で盛り上がりそうなキャラである。なんだかんだいって一代で会社を創って大きくした人のは、いい意味でも悪い意味でもアクがある。

 東京ヴェルディJ2落ち、非常によかった。こうなったら是非とも、かつて日本リーグ時代に献身的な応援をしていた読売サンバ隊にでも復活してもらうしかないのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月25日(金)ジンジャエール

 早朝撮影2日目、今日は主人公が初デートの場面。
同じシーン、セリフをカメラの方向を変えて何回も撮り直す。だったら、一度に5台のカメラで5方向から撮影すれば1回の演技で終了、時間も短縮できると思うのは素人考えなのだろうか?もちろん人件費はかかるだろうけど。というわけで今日のシーンは聞いているだけでセリフを覚えてしまった。
「何飲んでるの?」
「ジンジャエール」
「ジンジャエールかあ。。。ジンジャエールが生姜って知った時の衝撃凄くなかった?」
「そうお?」
「だって野菜だよお、しかも薬味だよお」
まあ、スポンサーがコカコーラということでこういう会話になったのだろう。ちなみに現在当店にはジンジャエールはメニューにないのいだが、来週末からは特別に加える予定である。
 次のシーンは
女子トイレに鍵をかけずに入ってしまい、パンツを下げたところに人が入ってきたという設定の模様。
 ちなみに当店のトイレは鍵は自分でかけることになっているのだが、来週末からは特別に自動で鍵がかかる仕組みにする予定である。
 いよいよ明日は撮影最終日であり、放送は来週である。

 ところで株式市場はいよいよ上がってきた。しかしながら流石にここから参戦するには結構なリスクを伴う、いかんせん日経平均20000円で投資の世界に参入した小生である。徹底的に社会かに叩かれた銘柄を潰れない前提で買うしかない!三菱自動車、熊谷組みな底値で買った人たちは大もうけしている。となると、三洋電機、シノケン今話題の企業に狙いを定める。0になってもいいお金0になるリスクを伴って投資する。真剣に検討したい。しかし検討するなんてことを言っているうちは、何もしないのが小生である。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月24日(木)マンダリンオリエンタル東京

 IMGP0812IMGP0813IMGP0814


日本橋三井タワーグランドオープン。レセプションに出席、14時開始ということでお昼ご飯を食べていくか散々悩んだ挙句、空腹のままかけつけたのが大正解。日本発上陸であるマンダリンオリエンタルホテルのお料理を一足先においしく頂くことができた。疑問だったのはマンダリンは和食レストランをもたないのに、盛大に和食が用意されていた。いくらパーティーにお寿司などの和食はつき物なのだが、お披露目という意味では、ちょっと?

 IMGP0815IMGP0816IMGP0817


広い広いボールルームで不思議に思ったのが、紅白のポールを持ったコンパニオンさんが歩いている。よく見ると主催者の社長さんと会長さんの居所を示す仕組みだった。なかなかよく出来た仕組みと感心した。

IMGP0818
 マンダリノリエンタルの内部を見学、全体的にコンパクトに収まっている印象。お部屋は、正直ちょっと狭い、といった感じがした。50平米あるのだけれど、開放感が感じないのはなぜか?巨大な液晶テレビとシャワーブースのせいだけとは思えない。。。。ラックレトートは65100円(サ・宿泊税別)~というのはちょっとというか、相当お高い印象である。コーナーのお部屋はビューバスがついていて、いいなと思った。

 レストラン、ロビー、通路などは木を使った重い感じ。コンラッドなどと共通のはやりのイメージ。安っぽい例にたとえるとグラマシーニューヨーク、キースマンハッタンと言ったら怒られるだろう。。。敷地の狭さで仕方がないのだろうけど、圧迫感がある。コンラッドのような天井高もないし、なんといってもプールがないのは残念だ。

 ところで、ホテルというのは人の流動性が激しい。今回も聞く人聞く人異なるホテルからの移籍のようだ。ヒルトン、ハイアット、ウエスティン、驚いたのはストリングスホテル、まだ出来て1年くらいではないか?もちろんオープンという一大事業に参画するために移籍するのだろうけど、皆さん自分のホテルって誇りをもったり、愛しているのだろうか?もちろんプロにそんなことは関係ないだろうし、移るたびにギャラが上がれば問題ないのだろう。

 夜は羽田空港の懇親会、昼も夜もパーティー料理というのは生まれて初めてである。流石に食べるのはつらい。まあ、ちょっとした政治家気取りか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月23日(水)おじちゃま

 突然決まった某局の某ドラマの撮影。情報番組程度だったら営業中でも可能なのだが、流石にドラマとなるとそうはいかない。ということで4時起床、5時出社。ということになってしまった。。。。
 基本的に小生このテレビ局は好かないのだが、今回諸般の事情により許可してしまった。諸般の事情により撮影中甥っ子が見学に訪れる。幼稚舎1年生の男の子がいきなり
「おじちゃま サインだめぇ???」
おじちゃまとは。。。。。。確かに従兄弟の息子=甥から見れば「おじちゃま」である。しかしショックである。。。。。
 小生も大変だが、役者さん達も早朝から大変である。結構真剣に1カットづつビデオで見直しているようだ。なにはともあれ10時過ぎに本日分の撮影は無事終了。まだ2日間も早朝撮影があるとは気が重いの一言。。。。。余談だがドラマの番宣で某HGが撮影に参加するという打診があったのだが、それに関しては丁重にお断りさせていただいた。若手の社員からは猛反発を喰らってしまったが。。。。

 諸般の事情により某ホテルのコーヒーショップにて打ち合わせ。隣のテーブルではトランクに雑貨のサンプルを満載し業者が某コンビニのバイヤーと商談しているようだった。バイヤーらしき人物は電卓なんか叩いて
「もう少しなんとかならない?」
なんてやっている、とりあえず名の通ったホテルのコーヒーショップで公衆の面前ですることではない。

 IMGP0809
午後から京葉道路経由20分ほどで船橋競馬場。サンダーオブハードの応援にかけつける、新馬を勝っての2戦目。結構骨っぽいメムバー。だけど鞍上の的場さんが、返し馬の段階から困っているほど、気性が悪い。最後追い込んでの6着は力のあるところをみせたが、一皮剥けないと先は難しい。

 IMGP0811
すきやきを食べることになり、しゃぶしゃぶ温野菜へ参戦。しゃぶしゃぶの他にすき焼きがあるとの情報を得ての再戦である。ところが、いわゆるすき焼きでなく、れいの2分割されたしゃぶしゃぶ鍋の半分がすき焼きになる。しかし1つの鍋ですき焼きとしゃぶしゃぶが食べられる時代が来るとは思わなかった。あのアイデア、あの値段であの料理、そして結構な接客、流行るのも当たり前。世の中捨てたもんじゃない。
 
 あまりの眠さに早々に就寝、ちょっと盛りだくさんの休日?でした。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月22日(火)ゲンダイのスクープ

小生の愛読紙であるところの、日刊ゲンダイが松井結婚をスクープ!誇らしげに駅の売店に赤文字で垂れ幕が下げてあった。ところが隣を見ると夕刊フジも「松井結婚!父独占告白」との赤文字が躍っている。結局ゲンダイのみのスクープではなかったうえ、フジはお父さんのコメントまで掲載されている。
 
 ちなみに東スポには全く掲載されていなかったようである。小生の推測ではいわゆる日刊やスポニチなどの朝刊スポーツ紙はもちろん知っていたけれど、松井との約束で記事にしてこなかったのだろう。今回はルーブル美術館で大勢の日本人に見られたということで、いわゆる報道協定を結んでいない夕刊紙に抜かれてしまったのではないだろうか?かつて松坂大輔入籍の時も、協定により一斉に朝刊で報じられた。
 
 スターはマスコミが育てるというし、まあこれはこれでよいのかもしれない。特に結婚問題なんてどうでもいいからというのはある。そういえば、皇太子と雅子様の件をスクープしたアメリカだかイギリスの新聞に対して各紙は
「そんなこと誰でも知っていることだ」
とはき捨てたとのこと。記者クラブ制度というのは与えられる情報は与えられるが、その情報をうまく生かせないということなのか?この記者クラブ制度というのは大いに問題があるように思えてならない。

 IMGP0796IMGP0801

夜は、伊皿子にある「たかはし」というお寿司やさんで会食。伊皿子は、いさらごと読む。なんといっても名門幼稚園でおなじみの枝光会(しこうかい)以外ではお目にかからない地名である。ちなみに他には、麻生太郎先生のお姉さんでおなじみの松涛幼稚園、お庭が広い若葉会、美智子様が1年通った大和郷幼稚園などが有名である。
 初めて入った店だったが、いきなり他の店で握ってもらったことのある職人さんがいて驚く。話が通ってしまい、こういうことがあると同行者に一目置かれるから、なんだか恥ずかしい。
 この手の店は、お寿司の前に盛大にお魚関係が登場する。いくらの大根おろし添え、梅茶碗蒸し、などなどで盛りだくさんであった。お酒を飲む人はいいのだけれど、小生としては盛大にに握ってほしかった。
 お土産にいただいた名物お太巻きとやらは、正直困った。夜9時過ぎにお腹一杯で帰宅して誰も食べる人がいない。しかもちょっと考えられないくらい巨大なものであった。集英社の女性誌ポータルサイトで桂まりさんとかいう人もお気に入りのようであるが。。。。。
 太巻きといえば昔は運動会や遠足の定番だったが、子供としては全くうれしくなかった。ところが最近は太巻きが好きになってしまった。日本橋三越さんに出店している大繁さんの太巻きは絶品である。ちなみに、この店はお持ち帰りなのだけれど、太巻きには醤油がつかない。醤油を要求すると
「うちの太巻きには醤油はいりません」
と言い切る、たしかにそうなんだろうけど、言い切られると不快になる。
「おつけしますが、まずはつけないで食べてみてください」
くらい言って欲しいものである。
でも、いちごに砂糖をかけるといわれたら、にっこり笑って砂糖をお渡しできるか自信はない。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月21日(月)アド街ック天国

 出没!アド街ック天国のロケ。年明けの1月7日の放送だそうだ、日本橋室町は7年振り2回目の登場。土曜の9時といえば、家人が不思議発見を楽しみにしているので、なかなか見る機会はない。2回目の登場というのは、まれなのかと思ったら、年末に放送する秋葉原などは4回目であるとのこと。

 だけど、この番組東京については細かくエリアを区切っている。最近でも日本橋室町、兜町・茅場町、人形町などと細かい。一方のたまにやる地方だと、大阪でもなんば・道頓堀といくらでも掘り下げようと思えば出来るエリアを合体させたりしている。挙句の果てに、名古屋は全て一まとめで名古屋である。
 
 ある程度皆さんが関心ある街ならばよいが、谷中、八丁堀、祖師ヶ谷大蔵なんていうのはどうなんだろうか?東京の人はまだしも、福岡の人が見て「時代は祖師ヶ谷大蔵だ!」などといって、紹介された豆腐やがいきなり地方からの問い合わせでてんてこ舞いになったりしたら凄い。やっぱり、秋葉原なんていう、いかにもの街の回の視聴率がよいのだろうけど。

 20時過ぎに業務が終了。しんちゃんにメールを出すも昼に続いてすれ違いであった。。。。帰宅後 TVタックル
前衆議院議員 城内実氏がお情けで出してもらったようだが、全くしゃべれず話にならない。あれでは落選して当然であろう。相変わらず山本一太は不愉快極まるが、長島昭久は民主党唯一の出演で存在感を示していた。勝谷氏もハマコー氏相手に健闘していた。
 
 WBSを見ると斉藤精一郎氏が立教大学教授でなく、千葉商科大学大学院教授の肩書きになっていた。こういうのはステップアップなのだろうか?福岡政行氏も駒澤大学教授、白鳳大学教授、そして立命館大学客員教授となっているがどうなんだろうか?どんどん如何わしくなってきたことだけは間違えないのだけれど。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

11月20日(日)目標

 あと5分早く日比谷を通過できればよかったのに、ものの見事にマラソンにひっかかってしまった。オアシス聖路加にて一泳ぎ、久しぶりに結構な距離を泳いだ。お風呂上りにQちゃんの復活優勝を携帯にて確認。権利関係だろうが、日刊スポーツのサイトでは確認できたが、共同通信のサイトではなかなか確認できず。
 
 基本的に、あらゆる日本代表を初めとして五輪関係のものは嫌いであるが、流石の小生も今回のQちゃんは応援してしまった。優勝してよかったと、心から思う。明確な目標を持って突き進む人は凄いの一言。ウッズも凄いし、藍ちゃんも凄いというしかない。
 
 平日はあまり顔を出せないので夕方から羽田へ、超割の日曜といえば昨年なら最低100万、調子がよいと120~130万は1店舗で売ったものだが、いまは50万がやっとである。ターミナルが2になったのだから当たり前といえば当たり前なのだが、これだとどうにもモチベーションも上がらない。
 せっかく羽田にいるので帰京するしんちゃんさんを出迎えようと、到着口で待っていたが、一向に現れなかった。後でブログを見ると何と新幹線にて帰京されたとのことである。あんまりにもあんまりである。
 9月の衆院選にて民主党から出馬して落選した先輩よりメールが届く、はっきりいって地方での民主党の選挙というのは相当悲惨である、よっぽどの風が吹かないと次回も難しいと思う。しかし、次の選挙も同じ選挙区から出馬する意向だという、これまた明確な目標を持って突き進む人は凄いの一言。

 考えてみると、ここのところの落ち込みは明確な目標を失ってしまったことに起因する。昨年は羽田があったし、今年の9月の大プロジェクトも無事終了(もちろんスタートに立ったばかりであるのだけれど。。。)なんだが最近の仕事は前向きな内容でないことが多い。
 私生活でもJGCもスーパーフライヤーズも達成した。しんちゃんさんはJR全線という次の目標にまい進しているが、さすがに。。。るいさんは、川崎フロンターレの優勝?にまい進している。りくおさんに至っては、ちょっといま瀬仕事は大変なアクシデントに見舞われているが、念願のマイホーム入居目前である。

 一方の小生は、とくにない。以前は野球、競馬、プロレスなどがときによってウエイトが変わるのだけれど、プロレスは消滅し、野球はファイターズに捨てられた。競馬はちょっと盛りあがらない。今年は年会100冊の読書を目標に掲げたのだが、ちょっと達成は不可能な状態である。ほしくないマンション買っても仕方がないし、新規公開株を買えば初日に公開価格を下回る。こうなるとやはり勝手に店でも出すしかないのだろうか?そろそろ次のステップへ一歩踏み出さないと人生手遅れになる気がしてきた。もちろん多くの人が目標なんて甘いこと言ってないで、その日その日のために働いているのはわかっているのだけれど。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月19日(土)大ハプニング

 ちょっと考えられないハプニングが起きてしまった。海や川の事故ではないが、水の事故というのは結構厄介なことになる。だけどこういう突発的な事故の時に、物凄く手際よく対応できる業者さんというのは凄いの一言。土曜日にも係わらず、もの凄い人数で速やかに対応してくれた。我々などにはとてもまねできない。だけど、本当に今年の後半ってよいことがほとんどない。来年こそはよい年にしたいものである。

 しんちゃんさん、るいさんは共に関西遠征である。ホテルを確保するのに四苦八苦されたということで、見てみると確かに、京都、大阪、神戸のホテルは全滅である。この時期の京都といえば紅葉である。根本的に小生京都を評価していない、京都競馬以外ではかつて、10年以上前おぎさん夫妻と共に結婚式にリッツカールトンでの披露宴に出席したついでに、訪問して以来行っていない。当時の混み方というのは尋常ではなかった。女性というのは京都、奈良がお好きなようだが。。。。とはいえ、人が遠征していて小生だけ東京に取り残されるととても悔しい。
 
 悔しいのでひさしぶりに整体に参戦する、整体といってもここのは怪しい。入澤セイジという先生なのだが、
「えい」
とさけんで、気のようなものを送ると
「はい、これでコレステロール200gとっときました」
などと平然と言ってのける。20分足らずの施術であるのだが、基本的には寝ているだけなのだけれど、受けているこちらはくたくたになってしまう。きっと何かあるのだろう。。。。。

 土曜日はプロ野球ニュース、2段モーションについて語っている。小生の記憶によりと、元祖2段モーションは元近鉄の小池である。小池といえばほとんど活躍しなかったが、ファイターズだけには滅法強かった。あの2段モーションが当時から厳しく取り締まっていれば、ファイターズの優勝はあっただろう。
 小池といえば、ドラフトでロッテに指名されたときは、涙を流して入団を拒否した。だけど、堀、初芝、小宮山の扱いを見ていると、ロッテに入団していれば、彼の野球人生ももっと永く続いたような気がしてならない。

 日本経済新聞社編「球界再編は終わらない」読了。だけどまさかヤクルトと横浜、またはヤクルトと中日、阪神と広島の合併が進んでいたとは思いもしなかった。

 花より男子の件正式に決定、全く知らなかったのだが。どうやら結構な視聴率のようである、早速勉強を開始せねばならない。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月18日(金)落としどころ

 こちらに非がほとんどなく、先方から謝罪、釈明を受けるときというのは結構気が楽なようで、嫌な場合が多い。どのあたりを着地点にするかが100%こちらの判断になってしまう。今後も相手との関係もあることだし、好きで振り上げていない拳をどこで下ろすかが問題だ。こういうとき、あうんの呼吸でこちらに拳をおさめさせてくれると楽だ。しかし、こちらから着地点を提示しているのに、そこへ近寄ってこない方は相手に出来なくなってしまう。今日はそんな感じだった。

 ところで仕事というのは、相手との交渉事が結構なウエートを占める。交渉の時って、どうしても着地点を前述と同じように決めて交渉に望むことが多い。ある程度まともな交渉というのはそうなる。しかし、かつて新婚さんがテレビを二人で購入するときに
妻「40インチがいい」
夫「部屋も狭いんだから、20インチくらいでいいんじゃない」
妻「40インチじゃないと要らない」
夫「じゃ、30インチくらいで。。」
妻「40インチじゃないと要らない」
夫「じゃあ40インチにしよう。。。。」
ということがあったと聞いたことがある。
ようは落としどころを設定した方が交渉事は負けるということだ。まあ、この件については、五分の関係ではなく、妻の方が優位な立場にあったのでは?と推測できる。
 ただ、この話には後日談があってこういうことの積み重ねから最後は夫の方から1年足らずで離婚したそうである、その際妻の方は離婚を渋ったそうである。つまり長い目で見ると、妻は負けたのかもしれない。
 
 元夫は、いまはたしかに楽しく徹底的に飛行機に乗ったり、鉄道に乗ったりしているのだから、恐らく勝ったのだろう。
 
 ようは小生が言いたいことは、一方的に優位な立場に立ったりするときこそ交渉事が難しいということ、相手のメンツの立つように勝たなくてはならないということである。負け方よりも勝ち方が数倍難しい。
 だけど交渉というよりケンカに近い時は、たしかに落としどころをこちらから設定してはいけないのだろうと思う。
 ちょっと例えと合わないかもしれないが、小泉首相がペルー大統領を相手にしないような態度はいかがなものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月17日(木)愛のスコール

 IMGP0703
先日宮崎で懐かしい飲み物に遭遇した。その名は「愛のスコール」!小生が小学生の頃は結構みかけたのだが、最近はめっきり見なくなったが、なんと南国宮崎で再会するとは、思いもしなかった。
 お味としては、カルピスソーダそっくりである。しかし小生としてはカルピスソーダよりも好きだったのだが、母親に買ってもらうのに
「愛のスコール買って!」
とは、愛という単語を発声するのが恥ずかしくて、なかなか言えなかった思い出がある。
 缶を見ると、製造元は宮崎の乳飲料メーカーだった。ご丁寧に
「スコールとはデンマーク語で 乾杯 を意味します」との説明がある。今の今まで、大雨のスコールかと思っていたのだが、違ったようだ。愛のシャワー!的なネーミングかと思っていたら、愛の乾杯ということらしい。しかし、商品名に「愛の」をつけるとは、どういう人たちだったのか大いに気になる。
 ところで隣のコカコーラ社の自販機には、これまたなつかしのアンバサが入っていた、南国の方は乳酸菌飲料がすきなのかもしれない。
 当時、親に恥ずかしかったものといえば、他にはテレビでスチュワーデス物語や、少女に何が起ったか?などの一連の大映テレビドラマを見ていると、親に見られたくない!という意識が働いていた。なんだか見ている方が恥ずかしくなるドラマというのは今思えばたいしたものである。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11月16日(水)褒めて育てる七田式

 IMGP0752IMGP0754IMGP0756


半年振りの、りくおさんを囲む会。るいさんを囲む会が同時に開催される。会場は神田にある創作和食の朝日夜さんである、ぐるなびで選んだ結果なのだが、お料理はおいしく、店内の雰囲気もよかったのだが、店員さんがイマイチだった。メインはみそ味の鳥なべだったのだが、ほとんど具がなくなった頃に
「みそなべには、この辛みそが一番です」
と言って辛みそを持ってきたが
「今更持ってこられても。。。。」
というと、黙ってしまった。こういうのは、よくあることで、持って来なければ不快になることもないにも、後で気づいて持ってきてしまったために、ばか者扱いされる典型である。
 しかしながら、ぞうすい用の冷やご飯を水で洗って持ってくるなどの、細かい気配りは出来ているようだ。
IMGP0757IMGP0759IMGP0759

 話題の中心はるいさんも指摘しているようだが、「結婚関連ネタ」であった。正直言って、小生の周りには失敗している人が多い、勿論離婚=失敗と結論づけるのは異論があるだろうけど。しかも結婚式近くなると間違えに気づくようである。だったら中止できないのか?と思ってしまう。小生のブログの熱心な読者であるところの、太柱さんはいつ気づかれたのだろうか?なんか一瞬でも幸せで楽しい時期があれば救いがあるのだが、結婚式からそれでは救いがない。男は簡単に離婚できるけれど、女性は大変だと思う。だから、迷惑掛けられないから小生はいまだに独身である、というのは言い訳なのだろう。
IMGP0762IMGP0771IMGP0773


 
 今までたしかに見合いはやっているが、どうしても踏み切れない。結局、何の為に結婚するのか答えが出ていないのだろう、るいさん
「結婚は妥協である」と言いまたは「ならば、『納得』」と言い換えることもある。とのことである、ただ何のために妥協し、納得させるのかが、さっぱり分からない。勿論人間の本能として結婚というのがあるのだろうけど。。。。小生は結局自分が一番かわいいからなのかもしれない。自分を後回しに出来る存在というのが出現した時に分かるのだろう。ただ一般的に、それは奥さんではなく子供であるというのが、多いようである。かげないのない、自分の子供を産んで育ててくれるから奥さんを大事にすると主張する人もいる。
 
 しんちゃんさんいわく
「まずとにかくマンションを買え」
とのことである、だけど欲しくもない物を買うつもりは全くないというと
「ならば馬でも1頭買え」
もっと分からない、さすがは欲しくもない34インチ大型テレビを買っただけのことはあるようである。

 仕事でも私生活でも全く冴えない、楽しいことがほとんどない日々である。小生、
るいさんとしんちゃんさんのブログを読んでいると、いかに自分の文章が下手なのかわかっていやだ」
と言うと、誰もフォローしてくれない。一人くらい
「いやあ、そんなことない」
と言ってくれる人がいるのだが、褒めて育てる七田式という言葉を知らないのだろうか?長所を伸ばして、褒めて乗らせて成長させるバレンタイン野球と、けなす野村式が正しいのかは来年結果が出るだろう。

 仕事でも私生活でも全く冴えない、楽しいことがほとんどない日々である。ちょっと疲れてきた、早急に遠征に出て心の洗濯をする必要があるようである。そろそそ今後の人生について本格的に考えなければならない時期になったということだろう。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

11月15日(火)牛肉どまん中

 IMGP0744IMGP0746IMGP0747


6時30分過ぎ、ちょっと記憶にない揺れで目覚める。とうとうきたか!こんなところで遭うとは。。。。と思ったが、いつの間にか再び眠りについてしまった。後ほど震度3ということが分かったが、感覚的には5ぐらいあったと思った。
 午前中に打ち合わせを済ませ、何故か東北道を南下、山形へと向かうスイッチバックでおなじみの板谷峠へ向かう、そして一路携帯も圏外な山奥へとひた走る。着いた場所は、五色温泉(ごしきおんせん)宗川旅館(そうかわりょかん)いわゆる秘湯である「日本秘湯を守る会」が認定しているのだから、間違えない。なんと小雪が舞っているので、露天風呂は敬遠して、内風呂をゆっくりと温まる。いつ建てられた建物か分からないが、まあ山小屋である。なんでも日本最古の民間スキー場とのことだが、リフトの老朽化によりスキー場は閉鎖されているとのこと。お湯は、たしかによかった。塩素全盛のこの時代、貴重な存在ではあるが、小生にはあまり向く施設ではない。万が一宿泊したら、思いっきり喘息が出そうなところである。ちなみに1泊のお値段は、てっきり2食ついて6000円くらいか?と思ったら、12000円~とは驚きである。しかし歴史を見ると大正14年に第三回日本共産党大会が行なわれた由緒あるお宿である。お夕飯はてっきり山菜料理かと思ったが、米沢牛のしゃぶしゃぶがすき焼きが選べるらしい。やはり以前お日帰りした、さらに山奥の滑川温泉や秘湯中の秘湯の呼び声が高い姥湯温泉はもっとたかいとのこと。
 IMGP0748IMGP0749IMGP0750


米沢から山形新幹線にて帰京、米沢駅といえば牛肉弁当である。デパートの駅弁大会でも、いかめし、峠の釜飯などと並んで、牛肉どまん中はトップブランドである。お弁当やさんは2社あり、牛肉どまん中の対抗馬として牛肉道場もある。せっかくなので、2つ食べ比べたら圧倒的に、牛肉どまん中に軍配が上がった。甘辛く煮たそぼろと、牛丼の具とご飯が絶妙である。こういうのって、ためしに2000円とか3000円くらいの弁当を限定で売ると話題づくりにはなる。
 今日はなんといっても、黒田氏と紀宮さまのご結婚である。まあ、色々な意見があるだろうが、よかったというのが大方の意見であろう。皇室報道といえば、愛子様が学習院の幼稚園に合格したという記事があった。一般と同じ受験をしたというが、そもそも一般と同じ受験をする必要ってあるのだろうか?無試験で入ったって誰も文句言わないのだから、そんなこと言う必要はない。受験といえば、小生も中学受験の際 いいくにつくろうかまくらばくふ、などと覚えた記憶があるが、どうも最近の説では1185年らしい。どうもこういった例がたくさんあるらしい、今更そんなこと言われても困ってしまう、だけどどのあたりまでは大丈夫なのだろうか?徳川幕府1603年とかは安心なのか?日本最古の果物専門店の創業が1834年というのは事実なのか?まあ今となっては、言ったもの勝ちとしかいいようがないのだけれど。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

11月14日(月)宇都宮餃子みんみん

 IMGP0739IMGP0740

お昼から所用で宇都宮へ、ちょっと詳しく書けないがかなり遺憾な事態が発生。ちょっと常識では理解できない事故というか悪意のがが露見し、怒りというより情けない気持ち。ようはミスや事故起きたときにどんな対応をするかに人や会社の価値が決まると思う。
 打ち合わせを終え、あんまりにも不愉快なので、宇都宮名物餃子を食べることにする。最も美味しいと評判の、みんみんにて焼き餃子、水餃子、ご飯。結構楽しみにしていたのだが、二度と食べることはないだろう、皆さん本当に美味しいと思っているのだろうか?こんなの食べると福岡の鉄鍋餃子の偉大さがよく分かる。別に冷凍が悪いわけではないだが、昔食べた味の素の冷凍餃子みたいなかんじ、そもそも水餃子と焼き餃子が同じ餃子を使うとは思わなかったし、タレも同じなのはおかしい。ただし、あの値段ならば文句を言う筋合いは全くない、ようは勝手に期待しすぎただけのこと。
 本来ならば東京へトンボ帰りなのだが、今日は東北新幹線をさらに北へと向かう。ここから仙台はおよそ70分、宇都宮から仙台へは1時間に1本程度しかないが、まあ我慢できる。だけど券売機の満席、空席の表示の画面が2つあって、1つは東京方面、もう1つは東海道新幹線になっていて、東北新幹線下りはなかった。まあ、利用客ってそんなものなのだろう。年に3回くらい東北新幹線にのるのだけれど、座席に狭さには驚いた。とくに背もたれが最初かなり急角度になっていて、隣席に人がいないときは、隣の席の角度も調整せねばらなない。
 5ヶ月ぶりの仙台は、寒いの一言。なんでも5度前後らしい、ちょっと寒すぎるし、日が暮れるのが速すぎる、なんとも寂しくなってしまう。
 お仕事の前に早速モントレにチェックイン、17階のサラ・テレナへ入場、温泉、サウナをエンジョイする。なんだか毎日温泉に入っているよう、しかしおお客さんがいなくて清潔、非常に快適である。お部屋はツインへアップグレード、モントレは欧風調のお部屋で、ビジネスとシティホテルの中間といった感じ、アメニティも充実している。7000円は相当にお安い。
 IMGP0743
7時過ぎに街へ出て、会合へ出席し、11時過ぎからシダックスにて2次会、30人くらい入れるお部屋なのだが、あんな部屋っていつも埋まるのだろうか?ちょっと心配。仙台の街もクリスマスの雰囲気になってきた、ちょっと寂しい感じ。やっぱり南国と北国の根本的な違いを痛感する、浅野知事の退任後大丈夫だろうか?少なくとも求められているのは三木谷氏ではなさそう。実は10日前に楽天ブックスにて注文した書籍について、全く反応がない、TBSに回答を求めるヒマがあったら、まず先にやることがあるだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月13日(日)4つの国と地域

IMGP0735 IMGP0718
8時起床、正直もう少し寝ていたかったのだが、京セラの朝は忙しい。1時間たっぷりと温泉とサウナ、とにかく人が少ないのがうれしい。本当に至福な時間だ。日経、日刊、南日本新聞を読みながら、たっぷりと朝食をいただく。昨日よりはメニューが少ないが、ここの朝食もまずまずだ。本当はもう少しゆっくりしたいところだが、鹿児島ではサンデージャポンも放送していないので11時前にチェックアウト、しばらくご無沙汰している間に、隼人町から霧島市になり、ポイントカードなども開始したが、清潔な設備と素晴らしい接客は相変わらずだ。やっぱり、城山と京セラはセットになる。
 空港へ向かう途中で、単勝1.7倍必勝で臨んだマイネルスケルツィの2戦目の遺憾な結果がメールにて伝わる、1分50秒の間に5通もメールが到着した、帰宅後レースをみたが、自身もレコードで走って負けるとは、ちょっと信じられない。。。。
 IMGP0720
通期連結純利益予想を170億円の黒字から470億円の赤字に下方修正し、配当も4円から無配という惨憺たる内容となった、JALの翼で帰京。4億円の配当がなくなった糸山英太郎先生も流石にお怒りのよう。しかし今日は旧JAS便なので快適なフライト、今更ながら合併が誰にとっても無意味だったことが分かる。
 IMGP0721IMGP0722IMGP0729


羽田、日本橋経由東京ドームへ。アジアシリーズ決勝戦を観戦、今日は本当によく入っている9割の入り。その98%がマリーンズの白いユニフォームをまとっている。先日の試合時も感じたのだが、両チーム見逃し三振が多いことでも分かるが、やはり国際試合でのストライクゾーンの問題は大きい。ライオンズはヒットは多かったのだが、綺麗な当りは少なかった印象。しかし、最後の最後9回に例によって小林雅が見せ場一杯に作ってくれ、今年1年を象徴するような終わり方。だけど、シーズン始まる前にはボビーバレインタインの胴上げを3回も生で見ることになるとは想像できるはずもなかった。勝利監督インタビューいきなり、阪神ファンの応援に感謝とコメントしたりする監督も凄いが、プレゼンターで登場した読売滝鼻オーナーへの大ブーイング、そし三星選手への大声援を送るマリーンズファンも偉大だった。そもそも読売が盟主づらしてでてくること事態が深い極まる。初めての試みだったが、第一回大会としては成功だったと思う、来年以降つづけるのならドームがないから無理かもしれないが、持ち回りでの開催が必須だし、主催がNPBではだめ。
 あと気になったのは、4つの国と地域という表現であるが、台湾っていうのは国ではなく地域なのだろうか?国際的にどうなんだろう?サッカーのイングランドだウエールズだかも全く理解できないのだけれど。。。例えばサイパンなんていうのは地域なのか?
 IMGP0731IMGP0734

とにもかくにも、今年の野球は終了した。しばらくは、遠征に専念するしかなさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月12日(土)城山と指宿と丸一と京セラ

 IMGP0709IMGP0711

8時起床、正直もう少し寝ていたかったのだが、城山の朝は忙しい。1時間たっぷりと露天風呂、昨日とうって変わって快晴!桜島が本当に綺麗に見える、本当に至福な時間だ。桜島への別れの儀式をすませる、朝風呂から出る瞬間というのは、結構せつないものである。かつては表記がなかったが、いつの間にか、加温、循環、塩素の表示が入り口にある、大変よいことである。白骨温泉事件の効果は各地に波及しているようだ。
 日経、日刊、南日本新聞を読みながら、日本一の朝食を1時間かけてたっぷりといただく、正確に数えたことはないが楽に50種類以上のおかずがありそうである、朝から満腹である。全国のホテル関係者は、是非ともこの日本一の朝食バイキングを勉強に来るべきである。
 城山観光ホテル、相変わらず大満足で後にしたのだが、あえて言うならば建物の老朽化を感じざるをえない。現在U銀行、M信託主導で再建が行なわれている状況では、積極的な投資は行なえないのはわかるが、スタッフの数も減ったようだし、このままでは苦しい。京セラによる支援の噂も後も消えないが、どうなるのだろうか?ちょとと外資が入り、シェラトン鹿児島とかになるのは勘弁して欲しい。
 IMGP0715IMGP0716

快晴の海岸線を1時間で指宿に到着、いつも無駄だけど仕方がないな、と思っていた指宿シルバー人材センターの方々による駐車場整理はなかった。いままでのの最長記録40分じっくりと汗を流す。流石に危険を感じた、すなかけさん達に即されて退場。身体から毒素が少しは出たのかもしれない、るいさんも是非とも体験されたい。
実は少々気になるのは、ここの内風呂、湯量豊富で本当に気持ちがよいのだが、飲用不適の表示がある、まさか塩素か?と疑わざるをえない、表示はないのだが。。。。。
 コーラをいただいて鹿児島市内へ戻る、いつも思うのだが、指宿市は何を考えているのだろうか?指宿で小生が落とした金は
入浴料900円
タオル代300円
コーラ120円
計1320円である。お金を落とそうと思っても落とす場所も、ものもないのである。以前も書いたが、道の駅を作るなら砂風呂に隣接して複合的施設にすべきだし、(そもそも喜入と指宿の道の駅は近すぎる)食べたり、飲んだりする場所もない。頭悪すぎである。せめて390円ランチでおなじみのジョイフルでも誘致すべきである、ジョイフルはとにかく安い、九州でファミレスはジョイフルとガスト、そのおかげで若干あるロイホももの凄く高い店に感じてしまう。土日だけでも、地元有志による屋台村でもやってもいいと思うのだけれど。。。。
 帰り道、「指宿ー博多 最速3時間10分」の看板を見かける、確かに速い。線路と道路は平行しているのだが、ほとん列車を見ることはない、そりゃそうだろう。思うのは、道路はほとんど信号もなく十分な速度も出るのだが、思いっきり市街地を通るため、地元の方が横断するのが大変のようである。市街地だけでもバイパスをつくったり、追い越し区間を増やしてほしい。このあたりは、徳田虎夫先生のご城下だったのだが、体調を崩されて引退されたようである、氏は病院を建てるお金を銀行から融資を受ける際、生命保険に入るという今では当たり前の手法を生み出したとされている、なんだかんだいってもあれだけたくさんんの病院をつくったのだから、凄いというしかない。そういえば、奄美群島部の選挙というのを一度生で体験したかったものだ。
 IMGP0717
市内へ戻り、てもみんですっかり癒される。どうやら、一度福岡のてもみんで、施術してもらった方のようで偶然の再会に話もはずみ、延長を重ねてしまった。散々迷ったのだが、今日も 味の丸一さんの暖簾をくぐってしまった。今日は、上ロース定食1800円也、こんなことめったにないのだが、あまりの美味しさに感動してしまった。
「いやあ、本当に美味しいですね、しかも1800円って安すぎですよ」
などという、きっかで話がはずんでしまった。
どうやら、こちらでとんかつというのは、1000円以下のイメージがあるようで、1400円の定食でも高いと敬遠される、ご主人は12年東京の大森で修行したそうで、分かる人だけに事実上ボランティアでやっているとのこと。
小生、なかなかここまで絶賛することはないのだが、ここ鹿児島 味の丸一さんのとんかつは日本一である。ここのを食べてしまうと、黒福多、あぢもり、いち・にい・さんのトンカツは。。。。。である、まして東京でなかなかとんかつを食べる気がおきなくなってしまうのが、残念ではある。ご主人と食後30分お話して退場、大満足である。
 九州道、東九州道経由、ホテル京セラへ向かう。東九州道も国分までは結構需要があるようである、昨日思ったのは、末吉財部まで開通していうのだが、今後どうするつもりなのだろうか?ここまで作ったのだったら都城まで伸ばすべきである、せめて10号線のバイパスでも都城の市街地を避けてつくって欲しい。余談だが、財部はたからべと読む、サンデープロジェクトに出てくる財部さんの出身地か?
 フロントで、いきなり
「おひさしぶりです」
と女性フロントが出迎えてくれるのが、この京セラのうれしいところである。到着するまでは、実は城山2泊の方がよかった、と思っていたのだが、大きな間違えであった。早速プールで1時間、豪華朝食とロースかつ350グラム分ま無理としても、焼け石に水でもやらないよりはましである。キャンプで宿泊中のトップリーグ サントリーサンゴリアスの方々の物凄い身体に囲まれて入浴、日記を書いて就寝。
 だけど、ブログをやり始めてから本を読む時間ってあきらかに減った。最近始まった、るいさんブログを読むと、やはり文章の専門家であり、学生時代国史専攻だったといえ、あまりにも文章が素晴らしい。当たり前とはいえ小生とは大人と子供以上の差を感じる、どこかに
「猿でも分かる、ブログの達人になる方法」でもあれば熟読したいものである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

11月11日(金)チキン南蛮とロースかつ

 ちょっと記憶にないくらいのい揺れのまま、雲の間をぬってJAL鹿児島行きは無事に着陸した。南国鹿児島はちょっと記憶にないくらいの大雨だった。昨晩ほとんど眠れなかったので、隣のいない非常口座席で熟睡しようと思っっていたが、揺れのせいか眠れず体調も、転校も最悪の状態。初体験のニッポンレンタカーさん、用意されていた車はスズキ スイフトとのこと。普通1000CCといえば、ヴィッツ、マーチ、フィットのいずれかが登場する、スズキって軽かと思ったけど、一応ナンバーは黄色くはなかったしかしスズキといえば、故別所さんのような白い眉毛の会長である、多分この会長さんがスズキを大きくした偉人なのは分かるが、会社の顔が社長でなく会長の会社は信用できない。同様の例としては巨人軍の会長がこれにあたる。
 自分でもうまく説明できないが、スイフト号は大雨の中九州道・宮崎道を通って宮崎へ向かう。130キロ、1時間30分、1000CCのスイフト号、豪雨の中では結構きつかった。いかんせん普段乗っている車の1/3の排気量というのは疲れる、都心では1000CCでもいいけど、地方では3000CC欲しい。地元のデパートでの打ち合わせを済ませ、宮崎名物元祖チキン南蛮を、おぐらにていただく。950円の定食はお肉も美味しいし、ボリュウム満点、オリジナルのタルタルソースもたっぷりかかっていて大満足。このチキン南蛮は九州では一般的だが、関東ではあまりみかけない、もっと広まってもよいのではないか?宮崎名物としては、かつて巨人の星のアニメで巨人に移籍してきた張本勲氏が、キャンプの昼食として食べていた、釜揚げうどんもある。
 IMGP0700IMGP0701

バカヤロー!の江藤先生でおなじみの宮崎県は、ちょっと厳しそうだ。巨人軍とホークスのキャンプも行なわれているが、街中は活気がない、バス停も山形屋前なら普通だけれど、デパート前という表記。お客さんもスターバックスもないと嘆いていた、小生真剣にマクドナルドは?と尋ねると本気で怒っていた。
 宮崎滞在2時間弱、鹿児島へ向かう。宮崎道、九州道だとかなり遠回りになるので、九州道を一旦、都城インターで降り、10号線を南下、隼人道路を経由して再び、九州道へ戻った。料金所のおじさん曰く、距離も値段も全然こちらの方がお得とのことであった。鹿児島市内のデパートで打ち合わせ、現在北海道物産展の真っ最中、通常デパートの催事というのは、1週間単位なのだが、ここの北海道展はなんと3週間ぶっどおしである。やはり南国の方にとっては北の大地の味覚といのは別格のようである、なんでも3週間毎日来る方や、船や飛行機で島部からかけつけてくる方も相当数いるらしい。しかし、業者の方も3週間も滞在するというのは、もはや住んでいるようなものではないか?
 IMGP0704IMGP0705

城山観光ホテルにチェックイン、ここも当然のごとく、お帰りなさい的な雰囲気がうれしい。軽く入浴してから、味の丸一さんにて、ロースかつをいただく。いつ来ても、愛想は最悪だが、味は最高である、後味がすっきりしていて絶品である。
 城山観光ホテルの さつま乃湯はこれまた最高である。サウナが何故かミストサウナに変わっていたが、これがまたよい。温泉を400度に熱して、蒸気にしたとのふれこみだが、本当に気持ちがよい。鹿児島の街の灯を見下ろしながら浸かる露天風呂は、温度がちょうどよくいくらでも入っていられる。2回の計で2時間の滞在、ふにゃふにゃになったところで、早々に就寝。お部屋が山側なのは残念だが、ダブルルームは広くて清潔、きっと疲れが癒せるはずである。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月10日(木)アジアシリーズ2005

IMGP0695IMGP0696

 早々に仕事を終え、東京ドームへ駆けつける。かつては毎日のような行動パターンであったが、冷静に考ええるとなんと今年2回目のドームだった。KONAMI CUP アジアシリーズ2005 マリーンズ×ライオンズである、旧友のお誘いで中学の同級生計4人で観戦。
 
 本音で言えば、この大会の位置づけというのはイマイチ理解できていなかった。
 どこまで真剣勝負なのだろうか?と思っていたのだが、日本シリーズ後のインタビューでマリーンズ選手は口々にアジアカップの事を口にしていた。
 ただ、プレーオフの緊張感を味わった者にとっては、日本シリーズもオープン戦のようだったし、アジアカップも小学生の時に見た、読売新聞社主催の東京読売巨人軍対シンシナティレッズくらいのものかな?と思っていた

 しかしながら、場内はこれだけマリーンズファンがいたのか?と思うくらい大勢の観客で埋まっていた、1回の裏の3点先制で一気にはじけてしまった。結果は6-2でマリーンズが勝ったが、実質もっと力差はあるのかな?と思えた一戦。場内は、なんと言っても三塁側のライオンズのチアガールに大注目である、美人の国でさらに選ばれた美女軍団である、思わず三塁側へ行こうかと思った。
 日曜の決勝戦は、真剣に三塁側を選択するかの可能性がある。国際試合だけあって、スコアボードが英語表記なのには困った、ロッテの4番がOHMURA Sと書かれても一瞬戸惑う。そもそも日本で行なわれる日本と韓国の試合で、英語が登場する必要があるのだろうか?イニングの表は日本語表記、裏はハングル表記でもいいと思う。アナウンスは日本語と英語で行なわれた、これも日本語と韓国語ではないだろうか?あとなぜかウグイス嬢が読売の声だったのは遺憾だった。
 
 根本的に意味不明なのは、このシリーズの主催は日本野球機構、後援 読売新聞社 協力 中国棒球協会、中華職業棒球連盟、韓国野球委員会となっている。これだと、大会の意味合いが分からなくなってしまう、形だけでも国際野球連盟とか、あるかどうかは知らないがアジア野球連盟とかデッチあげてでもNPBが主催するものではないと思う。そもそも来年以降はあるのだろうか?
 フジテレビが勝手にやって、試合前にジャニーズのショーがあるバレーの大会もいつも日本でやっているが、それと同様なものなのだろうか?
 7回終了で退場、水道橋の居酒屋で一献。4人のうち1人は六本木と原宿で飲食店を営む社長さん、一人は数年後には不動産会社の社長に就任するダンナ、一人は税理士の先生、そして小生である。かの山口瞳先生は、世の中大別すると社長と先生になると言っていたが、まさにそのとおりである。まあ、小生は社長の器ではないが、この際は仕方がない。社長は結構いるが、先生というのは我々の年代ではまだ少ない。
 
 先生1人に社長3人、独身2人に奥さん子持ちが2人である。なかなか話題の方向性が同じ方向に向くのは難しいが、そこは野球という共通言語があるし、最も無難ないま、あいつはどうしてる?などの話題で食が進む。
 しかしながら、嫁さん候補を選んだとき、実は・・・・問題。
 ちなみに一人は、中学時代 当時ファイターズ球団の常務である大沢氏の目前で4安打放ち、日ハム入りが噂された人物である。(そのうちの1安打は現スワローズ土橋から打った)
 慶應高校野球部のAO入試の生徒は頭がいい問題。今年の打線は史上最強だ問題。などなど前向きな議論が交わされた、最後は、小生は結婚したいが、子供が出来ても、すき焼きを食べた際最後の1枚の肉は絶対自分で食べる、だから結婚しない方が幸せだ。問題などについて大いに議論が交わされた。結論として、既婚者は守りに入り、独身者は
 次回は沖縄か鹿児島か六本木Aサインバーにて開催を約束するが、まあこういう約束は、なかなか実行されるためしがないが、まあそれもよしである。
 IMGP0697IMGP0698

デザートに炎のバニラアイスを食べて解散。ちなみに炎のアイスとは、帝国ホテルの披露宴のデザートに出てくる、やつのスケールを1/100くらいにしたやつである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月9日(水)喜楽とメーヤウ

IMGP0694
 午後からなぜか大崎へ外出。大崎駅で下車したのは2回目かもしれない。大崎のイメージといえば湧永製薬と共にハンドボールの雄、大崎電気である。大崎電気もそうだが、財界を代表する牛尾治郎氏のウシオ電機も正直、身近な存在ではない。一体何を作っている会社かもわからないが、なんだか知らないがいい会社なのだろう。
 打ち合わせ終了後、山の手線にて渋谷へ、この時間のこの区間というのは、中学の時に通い慣れた区間である。渋谷の街もそうだが、中高と後輩達の姿がたくさんあった。道玄坂を上がって、喜楽へ。小生の好物である、喜楽のもやしそばを食べようと思ったのだが、なんとお休みだった。小生学生時代から渋谷はあまり好きでなく、喜楽だけが渋谷に立ち寄る唯一の目的だったのに、とても残念。喜楽からセンター街へ抜ける坂道の左手に風俗店があるのだが、前方から歩いてきた美女が店の中へ消えていったのを、目で追ってしまう自分が情けなかったのが、同様の行動をとっている男性が近くに2名ほどいた。。。。。しかし、あんな方がねえ。。。。
 仕方がないので、代々木乗り換えで信濃町へ、実はこの経路は小学生の時に通った区間である。慶應病院近くのタイカレーのメーヤウへ。実はこの店は、高校の時、医学部生の家庭教師に教えてもらって以来のご愛顧である。ということは、もう20年通っていることになる、さきほどの喜楽は20年以上ということになる、この2つともに人気店であるが、味も変わらないし、価格もほとんど変わらないのが偉大である。しかし、味も価格も変わらないが、建物だけは流石に変わっている。その点、もっと偉大なのは登別の滝本イン、もっとも建物をなんとかしなくてはならないホテルが全く変わっていないというか老朽化が進む一方なのも凄い、特にベット、カーペットが変わらないというのは。。。。
 在英の姉の情報が入る、アテネマラソン(五輪と同じコースらしい)で3時間32分、女性358人中27位で、男性を含めた2560人中450位とのことである、これはとんでもない成績ではなだろうか?本人いわく中6週で調整がうまくいった、とのことであるが、Qちゃんなどは中1年とかのようだが、どうなんだろうか?岡田繁幸氏が来年のダービー馬と宣言している、マイネルスケルツィが中5週で登場する、どんな強い勝ち方をするのか、負けられない一戦である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月8日(火)全自動麻雀卓

 ここへきて消費税アップの議論が盛り上がってきた。谷垣氏、与謝野氏は再来年に税率アップ、それに対して竹中氏、中川氏などは拙速すぎるとの意見のようである。政府内で大分意見が食い違うようであるが、もちろん小生は閣内不一致などというつもりはない、大いに議論すべきである。だけど選挙前に一切そういう議論がなかったのは遺憾である。派閥抗争や、次期総理争いの一環との声もあるが、どんなものだろうか?
 モンド21をみていたら、最新の全自動マージャン卓の紹介で、配牌が配られ、ドラ表示も行なわれ、リーチの発生も自動でやってくれるとのことである。おそるべき技術革新である、小生の中学時代から一般的に全自動が普及したが、ほとんどの雀荘にあるのは、当時と機能が全く変わっていない。ようは、無駄な技術革新というのもあるようである。ほどほどのところがよいのであろう、もちろんパソコンマージャンのように勝手に打ってくれたり、アシスト機能なども簡単にできるのだろうけど、流石に実用化はしないだろう。ギリギリの線というのが大事なようである、小生など無人のゆりかもめなど、やっぱりどうも気に入らない。もちろん、無人化も可能なのだろうけど、運転手さんのいる新幹線の方が安心のような気がする。プロ野球でも投手のベスト配球なども簡単に導くこともできるだろうけど、きっとつまらない野球になるだろう。
 まあ、全て機械まかせはほどほどがよいということだろう、ブログも勝手に書かれたらつまらない、だけどここまでニフティが重いと、その心配はないだろうけど。。。結構、この時間に更新するのは根気がいる作業なのである。。。。。唯一、お嫁さんでも選んでくれれば、それはまたよしではある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月7日(月)JALとANA

 休み明けの月曜日、正直書きようがない。先日到着した、不幸の手紙こと予定納税を済ませる。JALが今期無配、赤字に転落とのことである。一方のANAはかなり好業績である。一連の不祥事が原因だとは思うが、たしかに同時刻だとANAの方が圧倒的に満席が多いし、露骨に違いがでるのはマイレージによる無料航空券である、JALは本当に簡単に予約がとれるが、ANAはとれない。先日の韓国もJALは往復ジャンボで、かなり空席が目立っていた。根本的に、無配、赤字の会社というのは経営者は総退陣をするべきではないだろうか?JALの株主といえば糸山英太郎氏であるが、HPで威勢のいいことばかり書いているが、全然ダメである。社長が挨拶に来たといって喜んでいるていどである。ANAの1000株 株主の小生としては、もちろん現経営陣を新任する。ANAはスカイネットアジアとのコードシェアも発表したし、恐らく3月に北九州線が就航する新規会社のスターフライヤーともコードシェアをするだろう、スカイマークの価格破壊だけが怖いといえば怖いが磐石な体制になってきたようである。だけど、2社の寡占市場でこの違いというのはかなり珍しいと思う。日航の8組合が、経営陣の即時退陣を求める、と発表したが、8+1も組合があるのも驚きである。残りの1つの組合は御用組合だろうけど。まさに沈まぬ太陽の面目躍如である。
 報道ステーションのトップニュースは、山手線5時間ストップだった。ハイテクとローテクが。。。などと言っていたが、たまに電車が止まったくらい、大騒ぎすること事態が異常なセンスである。
 いま話題の三笠宮様が緊急入院、あまりにものタイミングである、もちろん考えすぎだろうけど、不埒なことを考えてしまうのは、小生の悪いクセなのだろうか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月6日(日)韓国 夜の歩き方など

 久しぶりの完全休日、サンデージャポンと当時に起床。どうやら巷ではハードゲイが話題らしい、しかし今時の小学生のなりたい職業1位がハードゲイとは知らなかった。そういえば、先日出席した結婚披露宴でも、余興でハードゲイが登場していたし、トイレでは複数のハードゲイが他の披露宴での登場の準備をしていたようである。ただ、遺憾ながら、高校の時から新宿2丁目の店へは出入りしている小生に言わせると、全然だめである。最近は行ってないが、週末の二丁目仲通りや、公園などは独特の雰囲気がある、まさに治外法権のようである。
 お笑いでは、最近長州小力というのもよくテレビで見かけるが、最近では長州力よりも先に小力を先に知る不届き物がいると聞く、嘆かわしいかぎりである。
 午後からオアシス聖路加にて一泳ぎしてから、たっぷりとスパで寛ぐ、サウナ6分×5をやると、流石に身体がふにゃふにゃになる。水風呂に入っているときは、至福の時間なのだが、冷静になって水面をみるとも、おびただしい数の毛が浮いていた、水風呂だけ循環していないとはいえ、あんまりな状態のようだ。
 なぜか夕飯を、ダイエーから、ステーキのどんへ母体を移したステーキフォルクスにていただく。サラダバーの充実は大変うれしいのだが、お肉のまずさに衝撃をうけた。
 小生の尊敬する、るいさんもブログに記していたが、会話というのは厄介なものである。共通の趣味、友人、関心ごとが多い場合は初対面でも問題ないのだが、変わり者の小生の場合結構難しいものがある。といって自分と共通項のある方とだけお付き合いするというのでは、世間は広がらない。だけど、結局のところ男女の場合どうなんだろうか?るいさん夫妻のようにソッカーという大きな共通項があると有利である。それがないと、皆子供が出来ると子供が唯一の共通項になるのであろう。子はかすがい、とはよく言ったものであるが、子供を育てることだけが人生の目的になりかねない。全然話は違うが、先日甲子園に行った際、古賀さんがカバンや着替えたスーツの上などを大きなゴミ袋に入れて座席の下においていた。甲子園へ行くならこれを持って行け、と奥さんが持たせたそうである。これなんか、素晴らしい話と感動したものである。
 グリーンチャンネル 競馬場の達人に草野仁氏が出演。この番組は出演者の1日の馬券の買い方のドキュメントであるのだが、1日でマイナス52万7千円とは恐れ入った。
  NHK記者、放火とは恐れ入った。江戸時代なら死刑である、放火は罪としてとんでもなく重い。だけど、だからといってNHK会長とかが、給料返上する必要ってあるのだろうか?ちょっと違う気がする。
 次回の訪韓へむけて、「韓国 夜の歩き方」を読みながら就寝。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

11月5日(土)2005ヒット商品ベスト30

 11月の初めだというのに、日経トレンディでは早くも2005ヒット商品ベスト30、2006ヒット予測ランキング掲載号である。いつも思うのだが、11月に出るのは12月号、12月に出るのは1月号、月刊誌は1ヶ月売るからであろうか?たしか11月20日くらいに出る鉄道ジャーナルは1月号になる。競馬ブックは有馬記念の翌日に出る号は、JRA理事長と原良馬さんの新春対談から始まる。おかしいのは雑誌だけでなく、日刊ゲンダイやフジはなぜか翌日付けの紙面である、と思って今日の紙面を見ると11月7日(月)という日付がうってある、このあたりの理屈をどなたかに教えていただきたい。ちなみに先日、疑問に思っていた、ミスタードーナツの飲茶は老若男女問わず利用されているというレポートが、も~さんからあったが、いまだに信じられない。
 話を戻すが、あと2ヶ月残してのランキング、その年を総括とは納得いかない。というわけではないが、遺憾ながらベスト30の中で全く分からないのが多い。iTMS、ニンテンドーDS、着うたフル、NANA、リセッシュ、エアロルーシー、CoQ10化粧品、エアコンXサイズ、-196℃、HDR-HC1、ホームスター、メンタルバランスGABA30中13個が分からないというのは、情けない限りである。もっとも、それ以外でもとりあえず聞いたことがある程度のものばかりである。震災時帰宅支援マップ、スチーム調理器など、理解できない。もっとも納得できないのが、千葉ロッテマリーンズ、ボビーバレンタインが含まれていないことである。28位のウコンの力よりは、と思うのだが。。。。。。
 銀座でタイ料理を食べて帰宅すると、空前絶後のハプニング。なんと玄関が少し開いている。冷静に考えると、今日は小生一人である。うわっ!やっちゃった。。。。と思い、恐る恐る家に入ると、無事だった。ちょっと気が緩んでいる、早急に遠征に出かけて態勢を立て直さねばらない。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月4日(金)オレンジジュースと津島派

 先日、ソウルの街を歩いて思ったには、そこいら中で果物を安く売っていることである。もちろん、外見はあまりよくないのだが、たくさんの種類が安い値段で山積みされていた。ちょっと前の資料によると国民一人あたりの果物消費量は日本より大分上位にある。なにを隠そう、日本は先進国最下位で、27位である。(ちなみに韓国は20位であり、1位はイスラエル)果物を生業としている小生は考え込んでしまう。もっともっと果物のよいところを宣伝したり、おいしく手軽に食べられる果物や果物加工品を作らなければならない。と考える一方で、日本独特の果物贈答文化というものを確立してしまったため、高級品になっていったという事実は否定することができない。まあ、上があるから下も伸びると思うようにしようと思っている。
 だけど、かつて奥様は魔女をテレビで見ていた子供の頃は、アメリカの家庭の大きな冷蔵庫には、大瓶の牛乳とオレンジジュース、冷凍庫にはアイスクリームが入っていて、大いにあこがれた思いがある。もっともっと果汁を手軽に飲めるようになったらうれしい、まあ防カビ剤などの問題もあることはあるのだけれど。牛肉やお寿司は子供の頃に比べて、はるかにお手軽になった。是非果物も手軽になって欲しいと願ってやまない。
 江藤・亀井派はいつの間にか、まったく知らない伊吹派になったのに続いて、旧橋本派は津島派になった。津島氏というと、独特の髪型でおなじみではあるが、75歳である。一体。。。。。。。。。
 久しぶりに長嶋茂雄氏が公の場所に姿を見せた、テレビカメラもおなじかもしれないが、どうしても氏の右手ばかり注目してしまうのは嫌なのだけれど、皆さんはどうなんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月3日(木)しゃぶしゃぶ温野菜

 実は、韓国遠征からというか、その前の甲子園遠征からというか、その前の前の福岡出張からの疲れが思いっきりたまっていて、体調が悪化していたといか、している。中耳炎にはなるは、喘息気味になるはで、結構しんどい。ということは、午前中までたっぷり寝て英気を養う。
 保坂正康著 「あの戦争は何だったのか?」読了。小生右翼というわけではないが、明治から昭和の近代日本史とくに、戦争関係の本は関心がある。ということで、保坂氏の著作は結構な数読んでいる。ということで、小生の昭和史観は、保坂氏の影響をかなりうけている。ということは、彼が実は結構いい加減というか、怪しいことを書いていると、小生の昭和史観も相当怪しくなってしまう。もっと色々な方の著作を読もうと思うのだが、やはり保坂正康氏の著作は面白く、よくできている。
 IMGP0689IMGP0690IMGP0692IMGP0693

羽田空港経由、今年最後のTCKトゥインクルレースへ。JBC当日ということで、かなりの賑わいである。フサイチネットDAYということで、フサイチこと関口房朗氏によってTCKがジャックされている。チャンピオン牛の焼肉の振る舞いや、1億円のフェラーリの展示など、たいしたものである。よくもまあ、こんな時代に大枚を使ってジャックしてくれたものである、心から感謝したい。
 しゃぶしゃぶ温野菜にて夕食。牛角でおなじみのレインズの、しゃぶしゃぶ業態のお店である。実は牛角へも入ったことがなく、半信半疑だったのだが、追加のお野菜がアイテム毎に単品注文できるなど、非常に合理的なシステムである。なにより、若いアルバイトと思われる従業員さんの態度がものすごくよかった、どうしたらこんなに雰囲気のよい店員さんが集まるのだろうか?それとも、入店後段々と変わって雰囲気がよくなってくるのだろうか?私には分からない。。。。。。
 早速、持ち株会社であるレックスホールディングの株を検討するも、やはり年初来安値の4倍前後になっている。やはりスピードがない人間は何をやってもだめなようである。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月2日(水)関口君と焼肉

 スカイマークが来年2月からの新運賃を発表
東京ー福岡16500円
東京ー札幌16000円
そして、東京ー神戸にいたってはなんと10000円である。
この値段は、格安運賃ところか革命運賃である。依然、多少値段が安くてもJAL・ANAの客はスカイへは浮気しないだろうから、価格の追随はすべきではない、と書いたが。ここまでの差が出てくると小生でもスカイを選択する日が近いかもしれない。だけどこの値段でやっていけるというならば、大手の運賃は一体?という疑問がわいてくる。もちろん、赤字のローカル線を抱えているという言い分はあるだろうけど、今後の大手の出方が興味深い。
 久しぶりに関口君と会食、大井町 牛車にて焼肉をいただく。2人でカルビ2人前、特選カルビ、上カルビ、上ミノ、上タン塩、キムチ3、チョレギサラダ、カルビうどん、ユッケジャンクッパ、生ビールなど、盛大に。彼も一昨年までは東京ドームを本拠地としていたのだが、今年はマリンへ10試合以上参戦したようである。諸積のスーパープレイ問題、イワオは北海道出身さだからファイターズのコーチに就任する問題、城山観光ホテル問題。先日、散々本場で焼肉をいただいたのだが、やはり小生ここの焼肉の方がお値段も安くて、美味しいといわざるを得ない。何故だろうか?やはり日本人向けの味付けになっているのか?是非、韓国の方の日本の焼肉の評価を聞いてみたいものである。そもそも現地のメニューには、タン塩やレバー、ハツ、テッチャン、などは存在しなかった、そういう部分は食べないのだろうか?
 牛肉といえば、なんだか輸入が解禁されるようだが、すき家ブランドのゼンショーの社長さんが、どうにも怪しいのでしばらくは輸入しない、と宣言した。この動きは評価してよいと思う。流れの逆を行く姿勢というか、ある意味常識的な考えだとも思う。見上げた社長さんと思い、早速株を購入しようと調べると年初の4倍の値段になっており、もはや手遅れであった。そんな中、東京スター銀行が突如暴騰、これからが楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月1日(火)ドーナッツ

 近所のビルにドーナッツプラントさんがオープン、早速朝一でかけつけ朝食代わりに1つ購入、結構評判のお店のようだが、ドーナツというよりも菓子パンといった感じである。どうもドーナツにはイーストドーナツとケーキドーナツの2種類があるようだが、ここのは前者のようである。とにもかくにも1個280円というのは、ドーナツとしては破格にお高い、お飲み物は380円するから560円になる。日本ではドーナツといえば、おやつ=お菓子というイメージがあるのだけれど、どうやらアメリカでは朝食=食事として認知されているらしい。日本における朝食市場には、マクドナルド、吉野家などがあるが、もっとも身近な存在は立ち食いそば店ではないだろうか?また、日本におけるドーナツ店は繁華街に立地しており、オフィス街などにはあまり見られない。そのあたりの違いではなからろうか?そういう意味でニューヨークのドーナツ店が、外国人も多い最新のオフィスビルに出店したのだから、動向は気になる。
 ところで日本でドーナツといえば、なんといっても、もーさんでおなじみのミスタードーナツである。実は小生も結構愛用している、オールドファッションとカスタードがお気に入りである。とにかくお安いのがうれしい、なんかしょっちゅう100円均一フェアみたいなのが行なわれている。だけど、あそこの飲茶っていうのは、誰が食べるのだろうか?もーさんの日記にも飲茶は出てこない。ちょっと前まではミスタードナッツと共にダンキンドーナツがあったのだが、いつの間にか日本でのメガフランチャイジーである吉野家が撤退してしまった。韓国にはそこいら中にダンキンが存在していたのが懐かしい。日本ではミスターが生き残ってダンキンは撤退した、何が違ったのだろうか?
よく考えてみると、ダンキン以外にも撤退した外国フードチェーンはある、バーガーキングなどがいい例である、これは想像であるが、バーガー、ダンキン共に日本式のメニューが少なかったのではないだろうか?それこそマックのてり焼きバーガーやミスターの飲茶などである。韓国のロッテリアにはキムチバーガーがあった。あと、サンドイッチのサブウェイってたまに店をみかけるが、ほとんど絶滅に近いのではないだろうか?個人的にサブウェイは成功すると思っていたのに原因がちょっと分からない。名前がアムウエイと近いからだろうか?
 プレスリーがドーナツの食べすぎで死んだというのは本当だろうか?徳川家康にいたっては、天ぷらの食べすぎで死んだと言われているのだけれど。。。。まあ、糖尿と通風あたりが直接の原因だと思うけれど。 
東証システムダウン、富士通のシステムらしいが、かつて新潟競馬場もシステムダウンして競馬が中止になったことがある、お金にからむ問題だから担当者は大変である、相当な損害もあるだろう。だけど、冷静に考えるとそれこそ飛行機の離発着や、新幹線、もちろん病院のシステムなどは思いっきり人の命にかかわる仕事である。電脳化というのか何か分からないが、そういうのに頼りきってしまうとお金にかかわる部分はよいが、人の命にかかわることは、ちょっと怖い。
 ジャンボ尾崎民事再生法申請、大きく報じられたが、スポーツ紙の借金もジャンボだった。というのは、いかにもすぎて面白くない。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »