« 9月26日(月)貸切 | トップページ | 9月28日(水)コンラッド チャイナブルー »

9月27日(火)コンビニとブランド

 会社の近所に池袋の有名なラーメン店の支店だか、暖簾分け店だか先日開店した。早速しょうゆラーメンを食べに行ったら、案外な味だった。CoCo壱番屋へ行こうと思って歩いていたら、みそもやしラーメンという看板が見えてので、おもわず食べてしまった。結論として二度とこの店の暖簾をくぐることはないだろう、実は同店へは高田馬場店でも同じ経験がある。本店の方は、この状況をご存知なのだろうか?以前も書いたが、やはり会社の近所のラーメン二郎はいつの間にか、看板から二郎の二文字が消され、店内にあった店訓も剥がされていた。
 あるていどのブランド価値を持つ店、商品はその扱い方が難しい。どうしても一気に広げたくなってしまうものである。今日、スターバックスがサントリーと組んでコンビニ向けの商品を販売開始したが、どうなんだろうか?小生コーヒーは飲めないのでスターバックスのお店で売っているコーヒーとの味の違いは分からないが、相乗効果など出るのだろうか?
 コンビニ商品としては、渋谷西村のフルーツサンド、梅林のカツサンド、サバティーニ、最近では、たいめいけんのオムライスまで登場した。もちろん、本店で食べるものとは違う、と割り切ってしまえばいいのだろうけど、どうにもこうにも長い目で見るとブランドの毀損が起きるような気がして仕方がない。もちろん、市場としてコンビニというのは巨大であることは確かなのだが、売れなければ1週間で棚から外されてしまう、付き合い方が難しいマーケットでもある。コンビニ向けの大量生産商品はよろしくないが、通常の商品例えば虎屋の羊羹がコンビニで買えてもいいとは思う気もする。。。
 ソニーが大胆なリストラの一環でソニー生命などの周辺事業を売却するとのこと、この例は完全にソニーのブランドを使った周辺商売である、一方的によりかかっている関係なので不必要になれば売却は当然である。一方で、ソニーとアイボなどは、お互いにブランド価値を高めているような感じだ。
 やはりこれからの企業は、ブランドをさらに高められるような、アイボ、アシモなどのような商品開発が必須である。しかし、そう簡単に出来たら誰も苦労しないだろう。。。。。

|

« 9月26日(月)貸切 | トップページ | 9月28日(水)コンラッド チャイナブルー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/6150352

この記事へのトラックバック一覧です: 9月27日(火)コンビニとブランド:

« 9月26日(月)貸切 | トップページ | 9月28日(水)コンラッド チャイナブルー »