« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

9月30日(金)日本の戦後読了

 IMGP0499IMGP0495IMGP0496


御昼は本店ビル地下にオープンした比内やさんにて、親子丼1200円をいただく。どうもオムライスもそうなのだが、半熟のトロトロというのが流行りのような気がするが小生は火が完全に通っていた方が好みである。
 午後から羽田にて永遠とお打合せ。お打ち合わせ終了後、JAL無料往復航空券にて北の大地へ、ほぼ定刻通り。思ったより寒くはなかった、半そでで充分対応可能である。せっかくの北の大地なのだが、降り立った途端に不幸の電話がかかってきた、来週復帰戦を迎えるフェスタロバリーが両前脚剥離骨折との報である、S氏もこういう時だけ彼はわざわざ電話をかけてくる。
 IMGP0497IMGP0498

すすきのには22時過ぎに到着、時間も時間なので、高麗亭にて上カルビ、キムチ、冷麺、ユッケビビンパ。あいかわらず北海道一の焼肉だ、この店はすすきののど真ん中に位置するだけあって、同伴前だかアフターだかのカップが多い、50歳くらいのハゲおやじの隣に、若いいかにもキャバ嬢が陣取っていた。焼肉屋に二人で来て、差し向かいでなく、隣に座るとはたいしたものである。お肉も普通のカルビとかでなく。焼きシャブ4500円とか高いものをドンドン注文していた。しかし、ああいう二人はその後って実際あるのだろうか?小生すっかり、昔は抵抗があった一人焼肉に抵抗がなくなってしまった、昔は抵抗が結構あったのだが、人間ようは慣れである。かつて将来は一人でも入れる焼肉店をオープンしようと思っていたのだが、そんな必要はないかもしれない。冷静の考えると昼の親子丼で恐らく2個、ビビンバで1個、冷麺で判個、一日で約4個の玉子を食べるのは脅威だ。日本人は、世界有数の玉子を食べるらしいが、本当である。
 今宵の宿は、もちろんジャスマック、露天、サウナ、水風呂でじっくりと。。。湯上りラウンジで、氷いちごミルク、
田原総一郎著 日本の戦後下巻を読了。意外と対米交渉や行革などで橋本龍太郎氏が頑張っていたと書かれていたのに驚く、しかし彼の末路は悲惨の一言である。先日、村岡氏の裁判で、橋本、野中、青木の3氏が控え室で談笑していたのは、田中・竹下派支配のなれの果てとして見苦しかった。
 藤波元官房長官の話として、田中角栄が果たした日中国交回復の際、毛沢東氏は「日本の一部の指導者によって戦争は起こされ、大多数の国民は我々と同じ被害者だ」という論法で国内をまとめた、よってA級戦犯を合祀した以上、靖国を参拝すべきではない。分祀しようとして遺族に頼んで回ったら、東條英樹の遺族だけは納得しなかった。そのあたりから中曽根氏は公式参拝しなくなったらしい。なかなか考えさせられる内容であった。朝生を見ながら疲れ果てて就寝。。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月29日(木)ニュー新橋ビル

 IMGP0494
10時から赤坂のスタジオにて先日撮影した機内ショッッピングの音声の録音があり立ち会う。男性の声優なのだが、流石に声は低くて素晴らしい。かなり声が高い小生としては、本当に低い声にあこがれてしまう。たまにテレビやラジオから自分の声が聞こえてくると、いつ聞いても、もう少しなんとかならないものかなあ?と思う。
 お天気がよかったので、赤坂から新橋方面へ銀座線に沿って歩いてみる。15分程で新橋へ到着したのだが、新橋といえば何を思い出すだろうか?SLとか、整形医院とかラピスタとかあるけれど、小生はなんといってもニュー新橋ビルである。駅前の超一等地にある、これぞ雑居ビル!である。いまから20年以上前、小生が中学生の頃から雰囲気は変わっていない、当時地下のゲームセンターでは世間一般では1ゲーム100円のゲームが2ゲームで50円という破格のプライスだった。休みの日など、わざわざ集団でかけつけたものである。地下から4階までは商業なのだが、全館見て歩くことにする。当たり前かもしれないが、上の階に行くほどシャッターが閉まった店舗が多い、目だった業種は、サラ金、飲食店、チケットショップ、ゲームセンター、マッサージ、医者、歯医者、
税理士事務所、判子屋、名刺やなど多種多彩であるが、風俗店まであった。とにかく館内は如何わしい雰囲気が充満している、権利関係がどうなっているかは不明だが、再開発したくてもちょっと立ち退きの応じそうにない雰囲気の店ばかりである。東京の中心というか日本の中心の駅前にこんなところが残っているのは、なんともいえず不思議な感じである。ある意味関西のような雰囲気である。
 お店で気になったのが囲碁所である。フリーの雀荘のようなものかもしれないが、囲碁愛好家同士が三々五々集まってきて一局手を合わせるのだろう。入り口の料金表によると、
入場料500円
1局30円(敗者負担)
とある、敗者負担とは凄い。しかし、これって一種の賭けではないかと思うのだけれど。。。
 BerlinDSC_0332
先日のベルリンマラソンの結果が入ってきた、3時間40分(女子参加者5,864人中524位)とのことである、なんでも来年のロンドンマラソンの優先枠に入った凄いことらしい。衝撃的である。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月28日(水)コンラッド チャイナブルー

IMGP0488IMGP0489IMGP0490


 先週、愛馬が勝ったしんちゃんさんとランチ、お昼から豪勢に鉄板焼きを頂く、たしか3600円かなんかなのだが、黒毛和牛ロースステーキとやらは、厚みもなくたいしたことはなかった。昼で3600円とはなかなか支払う金額ではないだけにちょっと不満が残るが、ご馳走になったので満足。食後は、苦手なスターバックスへ、そもそもここはトールだかなんだか分からないが、注文方法が分からない。一般的なアイスミルクティーすらなく、唖然とするがチャイのようなものがあった。注文方法が分からないといえば、ラーメン二郎である。高校の時初めて三田まで遠征して食べたが、ダイ・ダブル・ヤサイダブル・ニンニク・カラカラとか全く理解できなかった。吉野家でもツユダク、ネギダクなどあるようだが、そいうのはあまり好きになれない、とはいえ、常連さんにそういう注文をしてもらえるようになれば本物ということでもある。
 夜は、コンラッドのチャイナブルーなる中華店にて会食。28階のコーナーの個室でビューは最高に素晴らしい、8人は入れる個室に4人は寂しかったが、まあ満足である。夜なので浜離宮はよく見えなかったが、羽田C滑走路へ舞浜方面から進入してくる着陸機の光の列が綺麗だ。正確に間隔をもって近づいてくる。お料理は、シンガポール出身のシェフの中華は今風、小皿でちょこちょこと出される。特に不満はないのだが、やはり中華は円卓にグルグル回る台があって、まずはくらげとあわびと蒸し豚のニンニクソースキュウリ添え、エビのチリソース、エビは車エビでなく芝エビがよい。あとは、マーボー豆腐、フカヒレスープまたは姿煮、など保守的と言われるかもしれないが、そういうのがよい。もちろん締めは、チャーハンとツユソバ、杏仁豆腐とゴマダンゴである。最近あんかけチャーハンなどもあるけど、あれは論外である。チャーハンのお供にザーサイを出してくれる店は優秀である。今日のは、小生の好きな中華とは違うのだが、あれも中華、これも中華なのだろう。
 IMGP0491IMGP0492IMGP0493


最近ホテルへ行って内装を見せてもらうと、どうも新しいホテルは皆同じに見えてしまう。デザインのハヤリというのはそんなものだろう。10年後くらいに都内のホテルを見ると、これとこれはいつ頃建てられたホテル、あれとあれはもっと前に建てられたホテルという風に先入観無しでも分かるのかもしれない。
 ところで、例の自民党女性議員の世話役というのは誰が選ばれたのだろうか?杉村議員の会見をしきっていた世耕参議院議員あたりだろうか?早急に発表すべきである。その自民党女性新人議員の懇親会が行なわれたようであるが、片山氏が井脇ノブ子議員におしゃくして、話しかけていたシーンが大いに気になった。元気、やる気、井脇でおなじみの井脇氏、片山氏にまで一目置かれたようで小生も大いに気になってしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月27日(火)コンビニとブランド

 会社の近所に池袋の有名なラーメン店の支店だか、暖簾分け店だか先日開店した。早速しょうゆラーメンを食べに行ったら、案外な味だった。CoCo壱番屋へ行こうと思って歩いていたら、みそもやしラーメンという看板が見えてので、おもわず食べてしまった。結論として二度とこの店の暖簾をくぐることはないだろう、実は同店へは高田馬場店でも同じ経験がある。本店の方は、この状況をご存知なのだろうか?以前も書いたが、やはり会社の近所のラーメン二郎はいつの間にか、看板から二郎の二文字が消され、店内にあった店訓も剥がされていた。
 あるていどのブランド価値を持つ店、商品はその扱い方が難しい。どうしても一気に広げたくなってしまうものである。今日、スターバックスがサントリーと組んでコンビニ向けの商品を販売開始したが、どうなんだろうか?小生コーヒーは飲めないのでスターバックスのお店で売っているコーヒーとの味の違いは分からないが、相乗効果など出るのだろうか?
 コンビニ商品としては、渋谷西村のフルーツサンド、梅林のカツサンド、サバティーニ、最近では、たいめいけんのオムライスまで登場した。もちろん、本店で食べるものとは違う、と割り切ってしまえばいいのだろうけど、どうにもこうにも長い目で見るとブランドの毀損が起きるような気がして仕方がない。もちろん、市場としてコンビニというのは巨大であることは確かなのだが、売れなければ1週間で棚から外されてしまう、付き合い方が難しいマーケットでもある。コンビニ向けの大量生産商品はよろしくないが、通常の商品例えば虎屋の羊羹がコンビニで買えてもいいとは思う気もする。。。
 ソニーが大胆なリストラの一環でソニー生命などの周辺事業を売却するとのこと、この例は完全にソニーのブランドを使った周辺商売である、一方的によりかかっている関係なので不必要になれば売却は当然である。一方で、ソニーとアイボなどは、お互いにブランド価値を高めているような感じだ。
 やはりこれからの企業は、ブランドをさらに高められるような、アイボ、アシモなどのような商品開発が必須である。しかし、そう簡単に出来たら誰も苦労しないだろう。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月26日(月)貸切

 午後、外国人の視察の団体さんがお店に入ってきた。おもむろにメロンを手にしてレジへいらっしゃった。価格のことを理解しているのか不安になり、ご説明しようかと試みたのだが、あせってしまい通訳さんに依頼した。その直後に価格について理解したらしく、逃げるようにして店を後にしてしまった。これが結構アジア系や中東系の方だと、あっさりと買われる方がけっこういらっしゃるから驚く。
 このブログのアクセスを分析すると、やはり更新直後の23時~1時前後に一山あり、朝7時~9時にもう一山がある、前者はご自宅で読んでくださる方、後者は出社してから読んでくださる方である。ところが、たまに、もの凄い山がくることがある。今日は16時前後に多数アクセスがあった、こういうのは想像するに1、なんかの拍子にアクセスしてしまい、評価してバックナンバーを見ていただいた。2、知り合いに発見されてしまった。どちらかであろう。
 ANAが12月よりネット経由の航空券の購入を予約から3日以内にすると発表した。たしかに、ANAはオーバーブックで空港にて協力を求めていることが多いのだが、正直こちらには厳しい変更である。一昔前は特割でも当日空港にて購入すればよかったのが隔世の感がある。どう考えてもJALも追随するだろうけど、追随しなければ、JALに流れる人も結構いると思う。
 愛・地球博が閉幕したが、会期中毎日通った主婦の最終日などを放送していたが、一体いくらお金を使ったのかと思ったら、2万円未満でフリーパスが販売されていたらしい。病気で滞在時間20分という日もあったらしいが、正直まあ明確な理由があるわけではないが、見ていて不快な館があった。こういうどうでもよい人にスポットをあてる企画はあまり好きではない。ところで、ディズニーランドの年間パスポートもそうだが、かなりのお得感がある、こういうのはご近所さん向けのサービスなのだろう。小生も子供の頃、年に1回行くか行かないかの豊島園の木馬の会という年間パスポートに入れるご近所さんのことをうらやましく思ったものである。豊島園といえば、堤義明さんのご子息の誕生日に臨時休園にして貸切になるという噂がまことしやかに言われていたが本当なのだろうか?マイケルジャクソンが東京ディズニーランドに来たときも貸切になったとのことだが、これも本当なのだろうか?だけど、そういう貸切って心から楽しめるのだろうか?それとも、適当にサクラでも用意するのだろうか?大いに気になるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日(日)色々と

IMGP0481IMGP0485IMGP0486


 プレーオフセカンドステージ発売開始ということで、10時ちょうどに携帯と通常の電話の2台を持ち、ぴあ・ローソンにかけてみるが、10分たってて繋がらない。普段こういう経験をあまりしたことがないので、初めて皆さんにどれくらい毎月1日にご迷惑をかけているか認識した。よく考えると拙宅のお隣には、セブンイレブンがあった、早速かけつけ、挑戦するとあっさり2・3戦を購入することができた。しかし内野のまともな席は8000円、次が6500円となる、とりあえず6500円×4枚=26000円を現金で支払う、こんな高価な買い物をセブンイレブンで購入することになるとは思わなかった。ちなみに千葉マリンは内野指定席一律3000円である。
 サンデージャポンを見てから、オアシス聖路加へ向けて車に乗ったとたんに、見覚えのある女性の姿を発見した。いま話題の 佐藤ゆかりたんである。ここが自宅か、例の500通の不倫メールの方の住居かは不明であるが、某プロ野球チームの外国人選手も住んでいる高級マンションである。なんだか、しらないが妙にうれしくなった。
 築地市場の周辺を走っていると、ふぐやの店先に「北の潮部屋千秋楽打ち上げ会場」の看板があった、こういうのを見つけるのも妙にうれしい。
 オアシスにて軽く泳いで、サウナ、水風呂を満喫する。日頃のストレスが吹っ飛ぶようである。
 連休最後の晩は結婚式である、ウエスティンは初めて。何回出ても披露宴は緊張する、スピーチが終わるまでは何ものどを通らない。しかしながら、我ながら完璧なスピーチが出来たと思う。しかし、何度やってもお金を払ってスピーチしなくてはいけないシステムは理解できない、こちらがお金をもらいたいくらいである。披露宴といえば、老人の詩吟がつきものである、若者はこういうのを嫌う傾向があるが、詩吟による宝船とか黒田節などは小生大好きである。しかし、我々が老人になったとき、詩吟をやる人間はいないともうが、その頃はどんなことをやて、ああ、またジジイの例のやつが出たよ。といわれるのだろうか?サザンとかかもしれない。
 台風が近づいているというのに、千葉でサーファーが沖に出て救出されたとのこと、いつもいつもこういう輩が出てくる、是非ともこういう輩には最低1000万前後の請求をすべきである。いくら言っても毎回毎回出没するから不思議である。
 楽天田尾監督解任。まあ色々な考え方あるだろうけど、全てを見直すというなら、まずオーナーから見直してはどうだろうか?誰が監督だかコーチなるのだか分からないが、怖くて誰も就任できないのではないか?ちょっと野球界を馬鹿にしすぎている。試合後のセレモニーでライトのマリーンズファンから田尾コールがおきたのが、なんとも素晴らしい限りだ。楽天は、是非とも早々に野球界からお引取りいただけないだろうか?
 帰宅すると、なんと欧州在住の身内がベルリンマラソンに出走している情報が入ってきた、母親は真剣にテレビに映っていないか探したそうである。。。。もちろん発見できなかったわけだが、明日にでも完走したか情報が入ってくるだろう。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月24日(土)旭道山とデーモン小暮閣下

IMGP0478
 朝一開店と同時にオアシス聖路加、今日はしっかりと泳ぐ。とにかく空いていて気持ちがよい、しっかりとサウナで汗を流す、個人的にはサウナというのは、そのあとの水風呂を楽しむ方に重点を置いている。ようは水風呂を気持ちよく浴びれるために、サウナに入っているようなものである。しかし、やはりここへきて少しづつであるが、水風呂の水温が下がってきたような気がする。秋ということなのだろう。。。
 ライオンズが勝ち、オリックスが負け、ホークスの1位とライオンズの3位が確定。実は、マリーンズには1位タイの可能性が残っている。ホークスのHPによると、24日までに1位が確定しない場合は、25日のプレーオフ発売を延期すると書いてあった、どうなるのかと思っていたら明日発売開始らしい。よく仕組みを調べると1位タイの場合は、昨年上位のチームの本拠地で5試合行なわれるとのことである。つまり興行的には、2位になってファーストステージを主催した方が収入が多いということになる。明日からホークス3連敗、マリーンズ3連勝した場合は、同率になり、西武のプレーオフ進出が消滅するということは、明日の試合ライオンズはホークスに勝つべきではない。
 そもそも対戦相手も決まっていないのに、チケットを急いで発売する必要ってあるのだろうか?ロッテファンと西武ファンは大いに困る。とにかくこのプレーオフは制度、仕組みが難しすぎる。
チケットぴあとか、ローソンチケットとか、CNプレイガイドとかに事前登録しようかと思ったのだが、面倒くさくなってやめてしまった。CNにいたっては、いつの間にかアプラスのクレジットカードの申し込み画面になっていて、油断できないところだった。こういう入会=クレジットカードを持つ という制度はいかがなものだろうか?東急オアシスも同様なのだが、これは変な人の入会を阻止できるという利点もあることはある。正直、こういう制度は大いに納得できない、オリックスバファローズなどファンクラブ=クレジットカードである。
 月島にて、もんじゃ三連休、中日ということで、どの店も満員だったが、どこで食べてもあまり味に違いはないように思える。
 帰宅後、ESPNで大相撲ダイジェストを見ると、解説が旭道山、ゲストがデーモン小暮閣下であった。凄い取り合わせである、たしかに閣下は相撲に造詣が深い、コメントも非常に的確だった。旭道山は衆議院引退後、なにをやっているのかと思ったら、非常に如何わしくなっていることが分かった相変わらずの男前であることは確しかであるのだが。。。彼は、当時新進党の代表選挙で、小沢一郎氏の名前を漢字で書けずに「おざわいちろう」とひらがなで書いたという噂がまことしやかに伝えられている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月23日(金)よく見える 神奈川クリニック

 朝8時に起床したつもりが、再び熟睡してしまい11時。なんとも情けない限りだ、とりあえずオアシス聖路加へ向かうが、なんと海パンを忘れてしまった。流石にレンタルは嫌なので、サウナ・大浴場・水風呂だけということになってしまった。なんとも情けない限りである。
 御昼ごはんは、ジョナサンにて きのこ入りのカルボナーラをいただく。カロリーは1000カロリーだった。意外とスパゲティーはカロリーがある。
 夜は、梅の花にて豆腐懐石を頂く、こちらは色々10品くらいでてきて約1000カロリー、女性に好まれるのがよく分かる。しかしながら、ドンドン約3分おきくらいに料理がでてきて不愉快極まりない、もっとゆっくり出せといっても言うことを聞かずに、だしてくる。デザートにいたっては3回も催促してきた。猛省をそくしたい。
 昨日引退試合をした初芝が、二ヶ月ぶりにスタメンサードで出場、しかもいいプレーを連発している、なんだかよく分からない。岩本が2勝、黒木も2勝、さて岩本は来年どうなることやら。。
 昨日のマリンで気になったのが、「よく見える 神奈川クリニック」という広告、今日プロ野球ニュースをみていたら、ナゴヤドームにも同様の広告が見えた。神奈川クリニックって、てっきり美容整形かと思って、HPを見ると、視力回復手術もやるらしい、あと「ふられない男になるために」という内容は、ようは包茎手術のようである。何が言いたいかというと、神奈川クリニックという広告だけならサイトで確認したりしないが、よく見える とつけた広告代理店は凄いな、ということだ。かつて福岡ドームには、「郵便局」という広告があった、そんなもの誰だって知っているわけだから、「国が保証 郵便貯金」 とか「誰でも加入 簡保」とか書くべきである。
 テレビのスポンサー紹介でも、商品名をスポンサーとするのがいつからか多くなってきた。プレイステーションなどが典型例である。もちろん、これを考えた人は素晴らしいと思うのだが、どうにも違和感がまだある。
 自民党 山本一太が大変不愉快である、しかし今日の新聞によると、世間の人もかなり不愉快らしく、彼がテレビで能書きを垂れると、抗議の電話が党や彼の事務所に相当数かかってくるらしい。世の中、まだまだ捨てたもんじゃない。
 密かにもうすぐ民営化される道路公団が、一部の採算がとれないだろう道路を自治体へ売却している、10決まったとのことである。その中に真鶴道路が含まれているのだが、本当にこの道路赤字なのだろうか?となると、小田原厚木道路も赤字なのでは?と思ってしまう。いまだに分からないのが、第三京浜の安さと、横横の高さである。プール制に組み込まれている道路と組み込まれていない道路のお値段の違いであるが、このあたりは民営化後どうなるのだろうか?もう少し勉強が必要な気がしてきた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9月22日(木)初芝引退と加藤寛

IMGP0464IMGP0469

 パリーグ天王山4戦目、マリン最終戦、初芝引退試合となれば、かけつけないわけにはいかない。一昔前のパリーグといえば、川崎時代からロッテ主催ゲームのみが雨だ大量に未消化になり、けっこうロッテ戦がキャスチングボードを握っていたのだが、トップを切って最終試合とは隔世の感がある。しかも超満員であるし、なんといっても首位攻防戦である。
 今日勝てば、同率1位も現実味を帯びていたのだが、あまりにも打てなかったし、あまりにもエース清水が悪すぎた。いくつか盛り上がった場面は
・2番手に小宮山がコールされたとき。なんともいえない、どよめきが起こった。
・明日の先発 黒木がコールされたとき。なんともいえない、どよめきが起こった。
・代打初芝がコールされたとき。しかもデッドボールだったとき、なんともいえない、どよめきが起こった。
 まあ、試合は負けてしまって1位ホークスがほぼ確定してしまったが、途中からは初芝一色だった。小生、村田兆治の引退セレモニーも雨の川崎球場でみたが、その数倍の盛り上がりだった。初芝は幸せ者である、しかし本人も言っていたが、まだプレーオフ・日本シリーズとあるのだから、今日引退セレモニーをしている場合ではないと思うのだけれど。。。。これを口実にプレーオフで初芝を使わなかったらボビーもたいしたものである
IMGP0471IMGP0472

 エコノミスト誌 加藤寛インタビューによると。
「構造改革ってどうやるんだ?」小泉さんから聞かれたのは、4年前のことだった。まあ、戦前郵貯の資金が戦費になった、戦後は公共事業に流れた。その金の周りに官僚がいる。構造改革はそれを壊すことだ。 
  まずは外堀を埋めて、(郵貯を止めること)、石垣の間の小石を剥がせば石垣は倒れ、内堀が埋まる。小石とは特殊法人のファミリー企業。最後の白兵戦では爆弾を投げ入れ、一騎当千の「刺客」を大量投入する。爆弾とは旧郵政省や道路公団のスキャンダルだ。その通りにやった小泉さんは天才だ。
 とのことである、非常に分かりやすい説明であった。流石は加藤寛先生である、しかし小泉首相のことを、自分の言ったとおりにやったから天才だ。と褒めているが、ようは自分が凄いといいたいのではないか?どうもそう思えてならない。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月21日(水)離婚

 今日は朝から取材三昧、9時からMX-TVと3時間、失礼ながら視聴率を聞くと0.5%という。ということは200人に1人位は見ているという計算になる、ちょっとそんなに実際見ているとは思えないのだが、とりあえず無難に収録を終える。
 撮影の合間にH氏と立ち話。氏はいきなり、うれしそうに
「いやあ、ようやく今度離婚することになりました」
「えっ。。。。。。何でまた」
「まあ、色々あったので。」
とにかく、うれしそうである。いかんせん独身の小生には、離婚と愛人を作ることだけは不可能なのだが。
 離婚といえは、小生の周りに2人ほど経験者がいる。一人は、四年間親密な交際をしての結婚、幸福の絶頂だったのだが、わずか1年で離婚。なぜか離婚の最終調整への同行を求められ、逗子だか鎌倉だかの方まで同行したことがある。なんでも財産を分ける際、電話機は男、加入権は女とか、40インチのテレビは女、ビデオは男などこと細かく決めたみたいである。その内容を書いた紙をコンビニまで小生の運転で3人でコピーしに行った時の気まずさはなかなか味わえるものではなかった。たしか立会人の押印を求められたが、小生は辞退したと記憶している。
 もう一人は、奥さんが10歳年上だったので、どうかな?と思っていたのだが、案の定破綻したようである。破綻直前になぜか小生を含めた3人で飲むことになり、だんながトイレに席を立ったとき、奥さんから色々と相談された記憶があるが、小生にはどうにもならなかった。その後、離婚するときには、奥さんは電球まで外して持ち帰ったそうである。
 この2件とも、なんとなく女性の方には未練があったのではないか?と感じたことである、一方の男性は今の時代離婚の1回や2回なんともないと思っているのか、早くせいせいしたい。というのがよく分かった。Hさんも大きなお世話だろうが今一度考えてみるのも決して悪くはない。ちなみに、小生は早く結婚したいものである。どうでもよい話だが、小生今まで結婚式の披露宴で25回スピーチをしている、ちなみにその25組で離婚したご夫婦は存在しない、今週末に26回目のスピーチを予定しているのだが、また有難い話をしてこようと思う。ちなみに前述した離婚2組の式には小生は出席していない。

 今朝の日経の別刷りに地価が掲載されている、どうやら都市部では完全に上昇に転じた。地価って上がると皆喜ぶのだろうか?少なくとも小生はうれしいことは何ひとつない固定資産税とか上がるだけではないだろうか?これからマンションなど買う予定の人にとっても同じだろう。もちろん売る人にとってはうれしいと思うのだが、売る予定のない人には含み益・資産が増えるから喜ばしいのだろうけど。このブログを読んでいる専門家に是非教えていただきたいものである。
 今年4~6月の全国地方競馬の売上が出る、明るい材料は南関東は浦和以外前年比プラスということである。小生も大いに貢献したのだが、なかなかこれ以上は貢献できないのだが、なんとかあと8ヶ月しのぎきってほしい。
 マリーンズ勝利、いよいよゲーム差2である。理想の同率1位まであと一踏ん張りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月20日(火)三連休の谷間

 三連休明けの初日、しかも今週は金曜から再び三連休である。つまり今週は3日しかないということである、勿論三連休は景気の面からも大賛成ではあるのだが、続くのはちょっと。。。だし、続いても土日月・土日月ならば問題はないのである。ということで、基本的にヒマな小生でも午前中から夕方までアポが続いてしまった。ということで、今日はほとんどたいしたことがない、世間的にもそんなような気がする。6カ国協議が前進したとのことだが、なんだかんだいって核を持ったもの勝ちというのが否めない事実であろう。どんな小さな国でも核さえ持てば、その瞬間から国際社会では一目置かれることになる。皆で一緒に核を0にしましょうなら分かるが、我々以外は持ったらダメ。というのは凄い論理である。
 NHKの未納が凄いとのことである、法的手段も辞さないとのことであるが、現実的ではないだろう。残念ながら国民年金同様、罰則を伴わない未納撲滅はもはや不可能であろう。なぜか反対する人がいるが、早急に国民総背番号制を徹底させてくれれば、脱税も減るし、年金の未納も減るし、NHK未納も解決するのではないか?しかも各方面で大幅なコストダウンがはかれることは自明の理である。正直者が損をする社会は非常によろしくない。
 今日も株価が上昇である、いくらなんでも急激に上がりすぎである。新しいマネー誌も発刊されたようである、前回のITバブルの時には、マネージャパン、日経マネーに続いて、ZAIが創刊された記憶がある。不動産もそうであるが、皆が始める時には、黒い人達は売り抜けているのだろう。買い注文をクリックする手を押さえるが大変である、そろそろ下がり時だと思うのだが。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月19日(月)北の大地の効用

 IMGP0458
昨日、朝はジャスマックで露天風呂を満喫。夜は登別温泉天国 第一滝本館が誇る1000人が入れるという東洋一の大温泉に3回計3時間も浸かれば気分は爽快、熟睡、目覚めも快適である。8時起床の予定が6時30分に目覚めて、朝から1時間30分たっぷりと朝風呂を満喫する。いつもながら、滝本の朝風呂を出るときに
「すぐ、ここに戻って来れます様に・・・・・」
と心から願い、誓い、今回ここに来れたことを心から感謝する。
 ちょっと滝本インの朝食は食べるに値しないので、ロビーにて道新、室蘭新報を読む、室蘭新報は港を出入りする船の予定とか地元ならではの情報が掲載されているが、果たしてどれらくらいの読者がいるのだろうか?少なくとも、これ1紙では対応できないし、小生が道民だったら、日経と道新と日刊の3紙になり、室蘭までは手が回らないだろう。
 滝本を後にする瞬間って、本当に命の洗濯を済んだような気がして足取り軽く、爽快な気持ちになる。ところが、しんちゃんさんの様子がおかしい、深夜に嘔吐、下痢を繰り返したとのことである。助手席でうんうんうなっている、まあご愁傷様としかいいようがない、確かにいくら東洋一の滝本でも万人にとって素晴らしいわけでなく、身体に合わない人もいるということだろう、自分だけの価値観で語ってはいけないということの典型であろう、彼には、札幌のダイナスティーなどの方が体質的に合っているのだと思う。まさに、人生色々、あうホテルも色々である。
 ニッポンレンタカーを返却する際、意外にもこれから車を借りる人が多いのに驚く、まさか9連休なのだろうか?だけど借りている人の表情は皆一様に明るい、やはりこの大地には人を元気にするものがあるのだろう、これだけ素晴らしい大地があるのだから、新党大地は必要ないのではないか?と思ってしまうが、大地ばかりだから新党大地が必要とされているのもまた確かだろう。
IMGP0459IMGP0460

 帰りは12時30分のANA、この時間に帰京するのはちょっともったいないのだが、取れないのだから仕方がない。北の大地へ別れを告げるときは、味の時計台と雪印パーラーのソフトクリームと決まっている、正直味の時計台が美味しいと絶賛しているわけでもなんでもないし、化学調味料の味も濃いのだが、とりあえず他にないから。。。としかいいようがない、以前他のラーメン店に入ったら衝撃的なお味だった。雪印のソフトは小生20年前から日本一と認定している、この2つを食べて、搭乗ゲートへ向かうと
「すぐ、ここへ戻って来れます様に・・・・・・」
と心から願い、誓い、今回ここに来れたことを心から感謝する。
IMGP0462
 ぐったりとベンチに腰掛けて空席待ちをしていた、しんちゃんさんも何とか無事に搭乗を許されたようである。しかしながら依然として元気がない。
 まあご愁傷様としかいいようがない、確かにいくら北の大地でも万人にとって素晴らしいわけでなく、身体に合わない人もいるということだろう、自分だけの価値観で語ってはいけないということの典型であろう、彼には、横浜万葉の湯などの方が体質的に合っているのだと思う。まさに、人生色々、リフレッシュできる場所も色々ということである。
 帰りの便はほぼ熟睡、今月のスペシャルドリンクはトロピカーナのミックスジュースだった。羽田に前線基地があるのも良いのだが、ここで現実に戻されてしまう寂しさもある。遠足のように家に帰るまでが、とはいかないようである。
 帰宅後、TVタックル3時間スペシャル、後半の改憲論議の時に長島昭久氏登場、外交、憲法の論議になると登場する。安部幹事長代理の独壇場でちょっと影が薄かった、まだまだ格の違いは否めない。
 民主党前原代表の奥さんの美しさに衝撃を受ける、あいりさんという名前は、ちょっと素人っぽくないが。。。。
 同じく民主党前代議士 小林憲司氏選挙中に2人の秘書と選挙カーの車内でも覚醒剤を打っていたというから驚きである。残った1人の秘書は驚いていると証言しているが、本当に知らなかったのだろうか?彼のHPによると座右の銘が実践躬行(じっせんきゅうこう)『実際に自分自身で行って見せること』とある、覚醒剤を打つと廃人になるということを彼は、見せてくれているのだろうか?出身大学が米国ウエストバージニア州立大学 アートアンドサイエンス学部卒業となっているか、こうなると本当に卒業しているのか怪しく思えてくる。しかしアートアンドサイエンス学部とは何を学ぶのだろうか????
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

9月18日(日)登別 滝本の湯

 久しぶりの熟睡、やっぱりジャスマックである。8時起床、早速露天風呂・サウナ・水風呂をくりかえす、いかにも寝起きの身体には悪そうであるが、やめられない。9時まで1時間たっぷりと、仕上げは露天なのだが、いつも出る際に「次もすぐ戻ってくるぞ!」と感慨深くなる。札幌のど真ん中でこれだけ、清潔で快適な空間はありえない。道新と日刊を読みながら、朝食。まずはオレンジジュース3杯で一息つく。今朝の焼き魚は、さんま、今年初めてである。和食を中心にたっぷりといただく。ここへ来ると、たっぷり入浴したせいか、美味しく朝食がいただける。
 お部屋へ戻って、しばしくつろぐ。こういう時間がお気にいりのホテルの醍醐味である。10時からはサンデージャポン、今週も面白いが三宅久之氏が怒っていたのもよく分かる。11時30分チェックアウト、心から寛げたので、気分良く退場。ホテルを出る際に笑顔で出れるホテルは最高である。年内にあと3回lくらいはそういう思いをしたいものである。
IMGP0448IMGP0449

 すすきのにて、レンタカーのしんちゃんさんと合流。南へと向かう、千歳のサッポロビール庭園にてジンギスカンを食べようとするもブックフル、しかたないのでキリンビール園に入場するが、あまりの不味さに閉口する、日経に私の履歴書を連載している会長だか、相談役はこの事実を知っているのだろうか?日経といえば、日曜掲載の
「国内の主な追加型株式投信の運用成績 QUICK調べ」によると、ノムラ日本株戦略ファンドは、3年で45.7%も上昇している、しかしまだ6810円である、小生の損も大分盛り返してきたが、今一歩である。あの頃はITバブル真っ盛りだったのだが、まさか1/3になるとは思わなかった。。。。
 3時過ぎに登別東インター出口なのだが、出口渋滞が発生、ほとんどの車がETC未装着である、レンタカーは当然なのだが、イマドキこういうのは珍しい。ETCといえば新型のものもあって、駐車場などでも使えるらしいが、何故ダブルスタンダードになってしまうのか役人のやることはトコトン意味不明である。
IMGP0450IMGP0452IMGP0453


 早い時間にチェックインすると寛げる、たっぷり入浴した後は、足裏マッサージを40分、施術中に熟睡してしまうほど、リラックス。
 夕食は、とりのから揚げ、チキンシチュウ、とりの香味焼き、ステーキ、エビフライ、コロッケ、ピザなど、相変わらず北の大地ならではの山海の珍味が盛りだくさんである。ちなみに、デザートは冷凍ケーキと缶詰のパイナップルであった。IMGP0455IMGP0457


 夕食後は、第2回入浴、氷いちごミルク、第3回入浴、1回の入浴がおよそ1時間だから、ちょっと疲れてきた。締めは、みそチャーシューメン。
 行楽の秋の三連休、第一滝本館はにぎわっている、とにかくここのお湯は日本一である。あれだけの施設を維持するのは大変だと思う、湯気で煙ったりしないよう高い天井と清潔な床がなにより素晴らしい、流石は鹿島施工である。
 民主党党首が前原氏が決定、一方で小生が注目していた河村たかし氏、今回は推薦人が18人集まっていたとのこと、あと2票だったのがおしい限りである。一方敗れた菅さんは、国対委員長就任を固辞、「選挙で疲れたのでお遍路に行けるくらい、軽い役職ならばいい」と言ってのけた。しかし、前原氏で自民との対立軸って明確に打ち出せるのだろうか?2・3期目の民主党って、正直長島昭久氏を含めて自民党で出る枠がなかったから民主党にいるだけ、と言われても返す言葉がないと思う。それこそ、自民党がリクルート事件並の大スキャンダルが起きた時の代替勢力になるだけの話である。しかし、前代議士が覚醒剤で逮捕とは驚いた、ある意味今回落選していてよかった。現役だったら、とてつもないスキャンダルである。警察は落選を待っての逮捕なのだろう。
 第一滝本館を中心とした登別は大いに賑わっている景気が悪く、失業者が多い北の大地でも、ここだけは別格のようである。やはり、ホンモノは違うということだろう。そういえば、ここは民主党鳩山氏の地盤でもある、新党大地のムネオ氏は、ここではあまり必要とされいないのかもしれない。今夜はよい夢が見られそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

9月17日(土)北の大地へ

IMGP0444
 久しぶりに早起きして大田市場へ、やっぱりここへ来ると気がひきしまる。先日のお礼回りをしてから、行きつけのそばやにて、みそらーめんと、ミニカレーの朝食。ここのおばさんは、小生のことを社長さんと呼ぶ。
「社長、こないだテレビ見たわよ」
ぴったんこカンカン=女系家族の威力はすさまじい限りである、2ヶ月たっても言われることがしばしばある。
 羽田で所用をすませ、今日はJALにて北上。JALのラウンジは中央に2箇所あるのだが、ターミナルが南北に長いので搭乗ギリギリまでくつろげない、わざわざ南北になったラウンジは閉鎖したようである、JALは地方空港のラウンジをドンドン閉鎖しているようで、JGCの意義もなくなってきた、地方の空港ほど時間が読めないし、1日の便数が少ないので早めに空港に着いてしまうのでラウンジの意義が大きいと思う、スーパーシートを廃止して上顧客がANAへ流れたからプレミアラウンジを作ったりしているが、羽田だけにそんなものつくっても無意味だしお客は戻らないだろう。
IMGP0442
 A300-600Rのレインボーシート最前列は非常に快適、ほとんど熟睡のまま北の大地へ。とにかくここへ戻ってくると、ホっとする。ますはホッカイドウ競馬専用場外のAiba札幌駅前を視察する、札幌駅の真正面の新しいパチンコビルの5・6階部分がミニ場外となっている。立地としては申し分ない、今日はばんえい競馬の発売なのだが、場内は30人程度、まあ確かに今日はJRA札幌競馬が開催されているので仕方がない。場内は哀愁というか、県庁所在地の駅前とは思えない雰囲気だ。本当に年金から100円玉を握り締めて来ている感じ、確かに本当にこの国の景気はようなっているとは思えない。新党大地へ40万人が投票せざるを得ない現状がここにはある。勿論ここは場外だから、投票票数の何%しかないわけだが、彼らに馬券で負けて小生のお金を横取りさせるわけにはいかない、久しぶりに自信をもって購入した馬券が大当たり、見事回収率700%道民からお金を巻き上げる結果になってしまった。しかし、意気揚々として退場。
 ところで、ばんえい競馬とは1トン近い馬が700キロくらいのソリをひいて200メートル2つの山を越える競争である。息切れする馬は、本当に一歩も動かなくなってしまう。小生が的中したレースも1番人気の馬がゴール前20メートルで動かなくなってしまった。ばんえい競馬も当然のごとく廃止に危機に瀕しているが、なんとしてもこの世界に1つしかない競馬を存続させて欲しい、ある意味よく今まで成立しているとは思うのだけれど。館内には、いかにも仕事の出来なそうな主催者の市の役人が突っ立っていたが、彼らがいるうちは、この貴重な競馬の未来もないことだけは明らかである。
 ひさしぶりの大勝で意気揚々と、このたび伊勢丹に経営支援を求めている丸井今井、札幌三越とご挨拶まわり。
IMGP0446
 今宵のやどは、勿論ジャスマックにl決まっている。直前での無理な予約も気持ちよく対応してくれる、広く清潔な部屋、すすきののど真ん中という好立地、そしてなにより素晴らしい露天風呂、完璧である、心底癒してくれる。
高麗亭にて、美味しい冷麺をいただく、冷麺とキムチで1260円だけ払って退場。焼肉店にて肉を食べずに退場したのは後にも先にも初めてである。つまり冷麺だけ食べに行く価値があるということである。冷麺の後は、競馬で勝ったので、久しぶりにカウンターで寿司をつまむ。小生寿司の締めは、かんぴょう巻きに決めているのだが、例によって北の大地のすし屋にはかんぴょう巻きは存在しなかった。
 すすきの散策の後は、露天風呂、サウナ、水風呂、露天風呂、サウナ、水風呂を満喫。ラウンジにて氷いちごミルク、多忙だった?ここ数ヶ月をふりかえりながら、ゆっくりと頂く。部屋に戻ると、考える間もないまま大きな心地よいベッドに体を預けると、あっという間に夢の中へ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月16日(金)ビックカメラ?

 今日は一昨日に続いて撮影である、小田急線の黒川という駅前にあるスタジオにて。首都高外苑から中央道、稲城大橋経由で30分ほどで到着した、予想外の近さだ。稲城大橋を渡ったのは初めてなのだが、有料なのはともかく、ETCが使えないのには閉口した。黒川駅は衝撃的なところで、駅前にはバス停どころか、このスタジオしかなく電車が1本着いても改札口を通るのは1人だけという有様。近くには、○○分校などという標識もある始末だ。諸般の事情により画像をアップできないのは残念だが、さすがは○○といった感じだ。撮影は色々と制約があって、実際に商品を食べるシーンや、使うシーンは使えない。なぜかネームプレートは付けない、といったものがある。30分程度で無事撮影は終了、ついでに3ショットで記念撮影までお願いしたが、小生のデカさが衝撃的な画像となってしまった。まあ11月が楽しみであるが、売れるのかどうか。。。。。
 お昼はビッグボーイでハンバーグ、ここはサラダバーがうれしい。ハンバーグ、ビーフ100%を売りにしているのだが、どう考えてもハンバーグって合挽きの方が美味しいと思うのだが、不思議である。
 首都高4号線上りとうのは環状線との合流、三宅坂で渋滞する。実は、外回りへの合流は先日まで合法的な裏技があったのだが、いつの間にか黄色線に変更されていて使えなくなっていた、知らなかった小生はモロにはまってしまい、大渋滞中の内回りへ行かされてしまい、霞ヶ関にて降りることになってしまった。今回は小生はまってしまったが、これは素晴らしくよい改善である。
 今日開店したヨドバシカメラ秋葉原店が放映される、この番組はスポンサーがライバルのビックカメラということもあるが、ただ開店しました。というだけではなく、秋葉原のビックが集客イベントをやるとか、池袋にヤマダ電機が進出するとか、ビックに大いに気を使いながら業界全体の流れの解説といった構成になっていた。いつものパターンである、かつて丸ビルがオープンした時の報道姿勢もスポンサーのライバル社へ大いに気を使ったものになっていた。これがスポンサー社の出来事を報じるときは、ここまで業界全体の流れの報道の仕方はしていない気がした。
 ビックもヨドバシもそうだが、なぜかいまだに社名というか店名にカメラが付くのが不思議である。新宿派の小生としてはヨドバシとさくらやの2強というイメージがあったのだが、どうやらさくらやは負け組みになってしまったようである、ちなみに小生は今でもさくらや派である。ただし、待ち合わせの際東口さくらやの前とすると、たくさん店舗があり、なかなか会えない。会えない待ちあわせでは、かつてオカジュウで待ち合わせといった人が、オカジュウという名の店と自由が丘の駅で待っていて会えなかった例もあるらしい。
 かつてビックというとテレビ東京の深夜のコマーシャルというイメージがあるのと、ビックなのかビッグなのか?ビックとは間違えではないのか?という疑問を常に持っていたが、いまだにBICの意味が分からない。何かのスラングなのだろか?このビックの社長さんは世田谷かなんかの自宅の庭で温泉を掘っているらしい、まさに夢のような
成功者であり、小生の目指すところでもある。少なくとも、ラクーアは小生の目指すところではないことだけは確かである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月15日(木)会社四季報

 久しぶりに一晩ぐっすり寝たおかげで、まあ少しは体調がよくなった。会社では、皆に顔色が悪い悪いと連呼される。不思議なもので、自分の体調が悪いと認識しているときは、顔色が悪いとか言われると、なんだか少しうれしくなってしまうところがある。同様の例としては、てもみんに行って
「凝ってますねえ。。」「こんなのなかなかないですよ」「少しは休まなくちゃ」
などど言われるとうれしい。
 昼過ぎに、商談というか他社の方と打ち合わせの際
「こないだ食べた、比内鳥はおいしかったですよ」
「知ってますよ、日記読んでますから」
「。。。。。。。。。。」
本気で、ブログを閉鎖しなくてはならない日も近づいてきたようである。
 株価が13000円に近づいてきた、だからではないだろうが、ダイヤモンド社が四季報を創刊するらしい。四季報といえば、老舗の東京経済新報社の会社四季報と、日経会社情報の2誌があるのだが、やっぱり王道としては会社四季報であろう。今さら第三として、出版してもどうだろうか?同様の例としては、時刻表がある。なんといっても時刻表はJTBである、JR時刻表など買うことはまずない。競馬専門誌も競馬ブックが王道であり、ギャロップを購入する人は理解できない、かつて馬や報知を購入していた方は、認めざるを得ないところはある。
 岐阜市長、今更ゆかりたんの事務所へ出向いて握手というのは、あまりにも見苦しい。最後まで突っぱねればいいと思うのは小生だけだろうか?
 しんちゃんさんは、今日も温泉らしい。小生も早く温泉へ癒されにいかないと、本格的に体がおかしくなってしまう。。。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月14日(水)ダウン

IMGP0429IMGP0431

 福岡から帰って今朝くらいはゆっくりしたいところだが、朝から今日は撮影である。今度某航空会社にて実施する機内販売用である、一応モデルさんらしき人が2人来て、おいしそうに食べるシーンである。まあ、モデルといっても本当に素人に毛が生えたようなものと本人も言っていたが、愛想だけはあった。ただ、それだけである。
 午後から完全にダウンしてしまった。。。。やはり全く休みがないとこういうことになってしまう、7時過ぎには帰宅、お風呂にも入らずひたすら熟睡である。とにかく一刻も早く癒しが必要である。
 ところで、当然のごとく世間では全く注目されていないのだが、一応民主党の代表選びが本格化?しているようだ、小沢一郎、管直人、前原誠司の三名が名前が挙がっているのだが、当然のごとく河村たかし氏が立候補を表明しているのだが、全く相手にされていない。5人の推薦人を集めるのに色々な人に電話をかけまくっているようである。彼が代表にふさわしいかどうかはともかく、こういうときなんだから出たいという人はどんどん立候補させて選挙を盛り上げようという風潮にならないのはいただけない。名古屋市長選の時も彼は辞退せざるをえなかったようだが、なんだかなあ。。。という感じだった。とにかく事前調整などしないで、志ある人が多く立候補してディベートでもしあう、まずはそこからとおもうのは小生だけだろうか?
 今回の選挙で得たものが一番多かった人は、勿論小泉氏はじめたくさんいるのだが、失ったものが多かったのは落選した人は別として田中知事ではなかっただろうか?どうにも彼のやっていることは、さっぱりわからなくなってきた。小林興起氏の奥さんが元客室乗務員だということはわかったのだが、渋谷区議だとはおもわなかった、前回の選挙の時に大いに気になってはいたのだが、油断していたようである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日(火)安井潤一郎氏

 今日はゆっくり寝る予定だったが、8時には起床してしまう。二度寝しようと思ってがむばったが、だめだったがベッドの中で、ワイドショーを見ながらゆっくり、こんな時こそ新聞を読みたいものだが、西鉄インではそれはかなわず。6泊したわけだが、とにかく部屋の狭さに閉口、1泊ならまだしも、やはり6泊となると、次回からは苦しいといわざるを得ない、だけどタオル片手に温泉に歩いて行くのも雨さえ降らなければ悪いものでもない。
 時間が少し空いたので、大丸にて木村周一郎氏のメゾンカイザー他を見学する。福岡の物価からすれば高いと思うが、岩田屋のアンデルセン、三越のジョアン相手なら、いい勝負出来るのではないかと思うのだが。。。。。
 帰京はANAのつもりだったのだが、満席もしくは空席でも3人がけの真ん中しか残っていない、仕方がないのでJALにて帰京、旧JAS機材は落ち着いていいのだが、横3列独占できるほどガラガラだった。
 ところで、今密かな話題の人物は安井潤一郎氏ではないだろうか?今回の選挙で自民党東京比例で当選した人物である。党のHPを見ても、会社役員と書いてあるだけで経歴などは全く書かれていない。例の武部幹事長のご学友(早稲田)氏のことである、実は朝のワイドショーにでまくっていた、氏は早稲田にあるスーパーマーケットの社長さんらしい。インタビューも社長が白衣を着て店内で、生鮮品を陳列している場面にて行なわれている。
これが非常に庶民的でいい顔をしている、早稲田商店会長としてまちづくりを成功させ、全国から講演の依頼や、修学旅行生の見学まで行なわれているらしい。
著書は「スーパーおやじの痛快まちづくり」というのも出版されている、氏自身も
「憲法や郵政は分からないが、街づくりには詳しい」
とのことである、氏は環境問題にも一過言あるらしい、スーパーおやじこと、安井潤一郎氏 なんとなくブレイクしそうである。
「武部氏から名前を貸してくれと言われて、貸しただけ。まさか当選するとは誰一人思わなかった」と本人も困惑している、しかしながら選ばれた以上は街づくり手法に大いに期待したい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

9月12日(月)森喜朗君

 IMGP0425IMGP0424

永い様で短く、短いようで永い一週間がようやく今日で終了である。結論から言えば、非常に実りのある一週間であったのだが、最後まで気を抜かないのが小生である。まず、お昼にまぐろ料理専門店の 紀文さんにて、ネギトロ丼大盛をいただく、流石は専門店だけあってなかなかの美味。マグロの上にのりが盛大にかかっているのだが、この海苔がいわゆる味付け海苔である。一般的に九州では味付け海苔が多く、関東では焼き海苔が中心のようであるが、小生やはり王道は焼き海苔だと思う。
IMGP0426
 夕方、無事に出張を終え中州へ、まずはてもみんにて体をほぐし、おなじみの鉄なべさんにて、餃子3人前、野菜いため、ポテトサラダ、キムチ、ご飯、貝汁をいただく。相変わらずに美味しさであり満足である。最後の晩は勿論、しろやま乃湯 露天風呂にて一週間分の疲れを落とす、この晩って本当に寛げる時間ではある。
 自民大勝いや、小泉大勝から一夜明けた、首相は任期延長なく来年9月で首相を降りると繰り返し述べている、しかし選挙民は前述したように自民を勝たせたのではなくて、小泉を勝たせたのだ。後継が誰になるか分からないが、その時点で再び解散総選挙するのが筋である。党の総裁の任期なんて少なくとも国民には何の関係もないことである。今回選ばれた議員の任期中は、首相も続投するのが筋である。
 今回の選挙における森喜朗君の果たした役割は実に大きい、例の首相官邸から出てきた際の記者会見である、あそこで小泉氏以外の人間が首相の話として「死んでもやる、俺は変人以上だ」と話したのが大きい、しかもチーズとサーモンとタイのビール10本とウーロン茶の話が出てきたりと、森君の笑い話でオブラートに包まれていたのがポイントである、何回もテレビで放送されたので刷り込まれてしまった気もする。いかんせん、森君も竹下登君などと違って、周囲の人が死んだりしないし、首相さえやらなければ役者として欠かせない人物であるようだ。
 今日は、自民党の実力者達の声があまり聞こえてこない、というより本当の実力者が全くといっていいほどいなくなってしまった。そんな中で、森氏は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」といきなり、短歌だか、川柳だかを発表して党内融和に心がけるように呼びかけているが、首相は恐らく全く耳を貸さず、閣僚人事も派閥を通さずに勝手にやるだろう。だからこんなことは、いちいち記事にすべきではない。
 しかし森氏は一方で、「女性議員の面倒を見るのは人畜無害な人がいい」「女性議員の中には、特別な考えを持つ人もいる、誰が一番首相に近いか、さや当てが始まることもあるから大変だ」と首相に助言し、首相も「それはいいな」と笑顔で応じたという、流石は森喜朗君である。今まで一度も森君の言うことをまともに聞いたことのない首相も離婚経験者と経験していない人との違いからか、女性の扱い方だけは一枚上手と一目を置いたようである。だかって、こんなことは、いちいちこんなことは記事にすべきではない、という人もいるだろうけど、森君の思慮深さと女性を知り尽くしていることを証明する、とても意義深く興味深い記事である、書いた記者は素晴らしい、さすがは共同通信である、何紙くらいが明日の朝刊に掲載するのかがもっと興味深い。
 小林興起氏の秘書が逮捕、事務所家宅捜索。権力の座から滑り落ちた人間は、徹底的に警察権力にやられてしまうようでもある。与党から野党、そして落選、秘書の逮捕、選挙に落ちればただの人というが、ただの人は秘書が捕まったりはしない、ただの人以下なのだろう。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月11日(日)選挙民のバランス感覚

 いよいよ総選挙当日である。ということで、お仕事は弟子に任せて18時過ぎに早々に退場、昨晩は中州で遅くなってしまったために入れなかった、しろやま乃湯にて汗を流す。モスバーガーにてお食事を購入後、ホテルにそそそくさと戻る。夕方の街を風呂上りに、短パンとTシャツ姿に首からタオルをかけて歩くというのは、気持ちがよいものである。
 19時58分からテレビ東京系以外でいっせいに選挙特番が始まる。小生かつては、テレビ朝日が中心だったが、今回は久米宏がTBSで筑紫さんと競演というので、KBCとRKBを交互にみることになる。とにかく、久しぶりの表舞台に久米氏のはしゃぎっぷりが凄い。隣で筑紫さんは、苦笑いするしかなかったようだ。
 9時の時点の予想で、自民300超、とにかく衝撃的な結果である。自民圧勝の勢いは感じていたが、まさかここまでとは思わなかった。かつて大平総理は選挙で負けた際、「この国の選挙民のバランス感覚は、すごいものがある」と言っていたことを思い出す、次の国政選挙は普通に考えれば再来年の参院選だ、ここでこの国の選挙民ガバランス感覚をみせたりすると、複雑なことになる。小泉首相任期延長論もでそうだが、総裁任期は来年9月までである、まさかとは思うが総裁は辞めるが総理は辞めないなんていうことはないと思うが。しかし、次の選挙では消費税問題が確実におきる、避けて通れない問題でもある、この結果と全く逆にふれる可能性もあるはずである。
 しかし、東京以外で初めて選挙特番を見たが、地元の情報が頻繁に流れて不快である、同じことばかり繰りかえして本当に不愉快であった。あと、フジ系の柔道がどれくらい視聴率があるのか大いに気になるところである。
 他のことはどうでもよい、まさかの長島昭久氏までも落選の危機に瀕している、結果はいぜんとして出ない。とにかく彼の落選は、この国にとっての大きな損失である。祈るばかりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月10日(土)焼肉 大東園

 投票日前日の天神は、なかなかの人出である。午後7時15分から天神岩田屋正面前に「江本孟紀氏来る」との告知があったのだが、一体彼は誰の応援にかけつけるのかは不明である。ところで、福岡というか、大袈裟でなく九州は天神一極集中である。ここ数年での地方都市の駅前再開発により京都、名古屋、鹿児島、札幌と大型商業施設が生まれ、ほとんどが成功してきている。以前にも書いたが、もともと明治時代に、鉄道はきらわれもので、繁華街から離れた微妙な距離をもって駅が生まれた。普通に考えれば、新橋駅は、銀座にあってよいし、東京駅はどう考えてももっと日本橋に近くてよいだろう。その開発が遅れた駅の最後の大型再開発案件が、九州新幹線は博多開業時期の駅再開発である。デパートを中心とのことで、JRは高島屋を誘致したいらしいが、もともと入居している井筒屋も一歩も引かない構えである。どっちがでるかは分からないが、成功はしないような気がする。福岡の通勤は、地下鉄とバスと西鉄である。JRはほとんど使う人が少ない、せいぜいお土産くらいと思うが、博多から新幹線に乗る人ってそんなにいないのではないか?観光都市でもないし、あまりにも天神地区が栄えてしまっているしねえ。。。。西鉄
 夜は、福岡で美味しいと言われる、大東園にて盛大に焼肉、まずまずのお味であるが、やっぱりこういうのは東京の方が分があるように思えてしまう。
 星野SD阪神残留を発表、結論として読売の不手際だけが目立った。星野氏は世の中の流れを読むのがうまい、アドバルーンを上げてみるのが絶妙である。どう考えても、今回は阪神ファンのみならず、読売ファンからもあまり歓迎されず、日本テレビくらいしか歓迎しそうにない。どうみても賢明な判断である、さすがである。
 いよいよ明日は、9・11泣いても笑っても投開票の日である、夜はなんとしても開票特番を見たい。8時ちょうどに議席数を発表するのだろうが、その数字と結論がどれくらい違うのか?番組の最後に明確にすべきであるし、是非、週刊文春あたりで、宮川隆義氏の解説つきで、当確打ち間違えとともに各局を比較して欲しい。ところでテレビ東京も小谷氏と意味不明な徳光氏のコンビで特番をやるという。どう考えても いい旅夢気分行楽の秋スペシャル、でも5時間ぶっとおしで放送した方がお互いのためだと思うのは小生だけではないだろう。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

9月9日(金)来ると来たる

IMGP0422
 昨日とはうって変わって、なかなか寝付けず。しかたがないので、メルマガまで作成してしまった。まあ、それでも朝方は熟睡したようである。起床と同時にNHK朝の連続ドラマ ファイトを見る。ドラマはいよいよ佳境のようで、武豊もジョッキー役で登場していた。たしかに、競馬のドラマとなると、武の特別出演が必要である。やはり、彼はホンモノのスーパースターのようで、出てくるだけで画面に華が咲いたようである。よく有名人のことを、あの人にはオーラが出ているというが、実際のところはどうなんだろうか?その人のことを知らない人が見ても、オーラは見えるのだろうか?武のことを全く知らない外国人などが見ても、オーラが出ているというのだろうか?
 お昼は、昨日食べられなかった 大福うどんのうどんすき。昼から鍋とはある意味豪勢だが、店に入るや否や、
「いつもありがとうございます。昨日はすみませんでした」
と歓迎されるから、行きつけの店はうれしい。1500円のお手軽うどんすきを、ふーふーしながらいただく、贅沢な時間ではある。
 今日は早めに、しろやま乃湯。流石に金曜は混雑している、ここの難点を挙げると。1800円のくせに、バスタオルもついていない、ひげそりもないし、シェービングクリームもついていない、シャワーが今時温度調整もできない、桶に湯をためるには、右手でお湯、左手で水を同時に押さなければならない、お湯がぬるめであり、なんとなくぬるいと清潔感を感じないのは小生だけだろうか?あと脱衣場の床がフローリングなので、びしょびしょである。まあ、なんでもいいから大浴場だまら毎晩行くのだけれど。。。。
 週刊文春の政治広報センター 宮川隆義氏の予想が、自民惨敗から自民圧勝にわずか2週間で変わったとのこと、この2週間でなにも世の中動いてはいないと思うのだが、やはり55年体制の象徴のような、如何わしい方の予想はIT時代の選挙にはついていけないのだろうか?そもそも世論調査とか実際にしていたのだろうか?
 ところで、週刊文春を購入しようと、ローソンとサンクスを回ったが、お弁当、おにぎりだけでなく文春も完売されていた。仕方がないので、タイトルが
「男の 結婚できなかったらどうしよう症候群」のSPAを購入。
半年に1回くらい、見出しで購入してしまうのだが、いつも内容を読んで後悔することが多い。ここ数年は購入していないが、ナンバーも同様だった、特集をさらっと読むと、あまり読むところがない。さかほこなどの連載は今でも続いているのだろうか?
 ここは、山崎拓君の地盤なのだが、ポスターに「小泉首相 来る!」と書いてある。今、変換をかけると、来ると、来たると両方候補に挙がったが、実際は 来るなのか?来たるなのだろうか?来ると書かれた場合は、こちらが小泉首相の場合は、キタルだろうと読む方が勝手に判断するのだろうか?尊敬語なのだろうか?どうでもよいことであるが、ふと思ってしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月8日(木)比内やと森永ビスケットサンド

 IMGP0418IMGP0419IMGP0420


        部屋は狭いが寝てしまえば関係ない、硬いベッドは非常に心地よく、久しぶりの熟睡。体調はすっかり回復した、だからではないだろうが、今日もお仕事は好調。西鉄インは、ロビーにてパン、おにぎり、コーヒー、ジュースの朝食サービス、パン1個とオレンジジュースをいただく。まあ、これはこれでよいサービスだと思う。フォーシーズンズの4000円超の朝食もホテルの朝食、これもまたホテルの朝食である。人生色々、ホテルも色々、朝食も色々である。
 実は、小生福岡には現地妻がいる、いつも朝食を作ってくれるのである。今日は、おにぎり2個と玉子焼きである。普段温かい家庭に飢えている小生としては、ひさしぶりに家庭を味わった気分である。52歳とはいえ現地妻は有難いものである。是非、東京にはもう少し若い現地妻がほしいものである。
 お昼は、いつもの天神のすし屋 魚村である。980円の満腹にぎりは、写真にみそしる、ミニサラダ、ジャムボ茶碗蒸しがついて、本当に満腹になる。この店の凄いところは、4時までがランチタイムということである、ここだけでなく周辺の店は、今日行きそびれた 大名うどんも3時までがランチタイムである。是非、東京も見習ってもしい風習である。たしか高知では、一日中モーニングを実施していた記憶がある、また名古屋の喫茶店のピーナツも見習う必要はない。IMGP0421

 地元の百貨店で開催中の「味の逸品」を見学、まあ全国うまいもの大会である。1個800円するモンブランや杏仁豆腐などが人気のよう、しかし小生が絶賛するのが秋田の「比内や」さんのとりめしである。全国どこへ行っても駅弁にとりめしがる、九州では小倉、折尾、博多にもあるが、鳥栖の中央軒が美味しい、関東では高崎はだるま弁当の方が有名だが、実は高崎のとりめしは絶品である、小生の駅弁ランキング上位にランキングされている。しかし、この比内やさんは、本当に美味しい!なんでも今度、日本橋の三井タワーにも出店するらしい、店の方に契約形態など色々と興味深い話を聞くことができた、是非東京もいいが、秋田に食べにい行きたい。秋田は一生行く用事がないと思っていたが、これが充分用事になる。
 福岡で分からないのが、天神が繁華街なのだが、ちょっと歩くと今泉・大名と呼ばれる隣接した街になる、新宿と新宿三丁目くらいの距離でどんどん地名が変わっていく、小生のとっては全て天神とひっくるめてよいと思うのだが。。。。。その点軽井沢は凄い、東西南北に軽井沢があったりしてその地域はどんどん拡大の一途をたどっている、高崎が新西軽井沢と呼ばれる日もそう遠くない将来だろう。
 薬院 しろやま乃湯の湯上りに、森永ビスケットサンドを頂く、小生の最も好きなアイスクリームである。幸せな気分で就寝するとする。
 日中るいさんから、「うわぁ・・・・」「しえええええ」「どわああああ」「あちゃ~」「ならば」という衝撃的なタイトルのメールが5分足らずの間に続々と送られてきた、残念ながらこの日記では明かすことができない、るいさんも毎晩遅くて忙しいようなことを掲示板ではアッピールしているが、実際はそうでもないようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月7日(水)東京→福岡

 朝4時起床というのは流石につらい、ほとんど眠らなかったに等しい。6時前に羽田着、今羽田で最も人気のあるお土産、バナナモンブランとぶどう杏仁を朝食代わりに購入、ラウンジにて頂く。久しぶりの1ビルからの出発だが、なんだかんだいっても1ビルというのは我が家へ帰ってきたような気さえする。旧JAS仕様のレインボーセブン旧スーパーシートは相変わらず驚異的な快適だ。ほとんど熟睡のまま福岡へ無事着陸する、思ったよりは揺れなかった。
 ここからがバタバタ、電話にて東京のラジオに出演、5分ほど軽快なおしゃべりを。。。その後は、10分おいて地元のテレビ局に軽く顔を出す、実は午後も多局の番組に軽く顔を出してしまった。こう書くと大変なことのようだが、実際はほとんどたいしたことない。
 今回の宿は八百治ホテルでなく、西鉄インにした、天神まで歩けるのと、城山の湯に歩いていける、この2点でのチェンジなのだが。あまりのお部屋の狭さに衝撃を受ける。城山の湯はまあ、満足なのだが。。。今日から一週間ちょっとつらいかもしれない。だけれど、福岡にいると本当に落ち着く、昨年30泊しただけのことはある、それだけに宿の変更に大きく悔いが残ってしまった。
 ところでスワローズの次期監督に大矢氏が浮上とのこと、小生心から歓迎する。是非、松岡そし尾花も帰ってきて欲しい。カープも監督が代わるらしい、ところで絶対にコーチや監督に名前が上がらない著名OBが複数いる、衣笠氏、張本氏が筆頭である。張本氏はなんとなく分かるけれど、衣笠氏って実際のところどうなんだろうか?一応国民栄誉賞なのだけれど。。。。
 流石に今日は疲れ果てた。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月6日(火)1732円のコーヒー

 あまりにも予想通りに福岡行きは全便欠航となった。昨夜の時点で午前中の欠航は決まっていたのだから、その後の便の欠航は当たり前といえば、当たり前である。往復+1泊で24700円という破格の値段でスカイマークを予約していた同行の部下は、羽田で払い戻しを済ませ、品川から博多行きののぞみ号にて先に西下させた。しかしながら乗って1時間ほどで、広島で運転打ち切りとの報が入った。
 とりあえず出社して、広島のホテルの手配をする、こういう時ネットは本当に便利だ。いきなり出社してもやる気がなかかな起きないので、しんちゃんさんにランチオフを打診するも返答なし、氏の日記を読み返すとJRでの出張のようだった。やる気はなくても、会社にいると続々と電話・FAX・メールが入ってきてバタバタに。出発が今日から明日に変更になったおかげで色々と調整が必要になってきた、明日朝9時30分からラジオに電話で生出演する予定なのだが、6時30分発の1便が無事8時過ぎに着陸できれば問題ないのだが、遅れてしまうと厄介なことになる。まるで芸能人のようだけれど16時からは福岡でテレビの生放送もある。かつての和泉なんとかのようである。
 早めに帰宅して、引き続くホテルジャンキーズを読む。今号はご丁寧に、朝食の詳細比較が掲載されている、個人的にはホテル選びの基準に朝食の充実度を重視している。ちなみに小生の昼食バイキングは、なんと言っても城山観光ホテル、メリケンパークイリエンタルホテル、沖縄のルネッサンスリゾート、マンダリンオリエンタルマカオなどが上位にランクインしている。基本的に皆バイキングであり、オムレツをリクエストで焼いてくれるのが基本である。国内の場合は、和の充実と肉系の充実が評価を押し上げる。
 驚いたのが、フォーシーズン丸の内のアメリカンブレックファースト4389円!意外とブッフェがないホテルが多い、パークハイアットのブッフェ3080円にたいして、アメリカンBF3630円、これってなんとなく格のように見えるのだけれど、使っているベーコンとか卵との質が違ったり、ジュースのオレンジが八百屋と新宿高野の差くらいあうのだろうか?マンダリンが日本橋に出来たら、久末さんを誘って、ブレックファーストミーティングでもヤッピーのごとく開催したいものである。表の終わりにはコーヒー・オレンジジュースの値段も掲載されており、フォーシーズン丸の内のコーヒー1杯1732円には衝撃を受ける、コンラッドと椿山荘、西洋銀座はオレンジジュースのお代わりが自由らしい、きっとこういうのを掲載した途端にマニヤはお代わりするのだろう。
 さっきのアメリカンBFとブッフェの値段もそうだが、一般的にコーヒーよりオレンジジュースの方が高いのが普通だろう。小生の知る限り原価的に理にかなっている、だけど西洋銀座、とフォーシーズン丸の内はコーヒーの方が価格が高い、よっぽどいい豆を使っているにしても摩訶不思議な価格設定ではある、日本橋にマンダリンオリエンタル東京が出来たら久末さんと試飲に行ってみたいものである。
 明日は4時30分起床である、起きれるかよりも眠れるのか?の方がはるかに心配ではある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月5日(月)欠航が決定

 台風である、しかし台風よりもまず昨晩の大雨には驚いた、中野、杉並でも浸水していたようである。昨晩10時頃、中野周辺を車で走っていたのだけれども確かに凄かった。だけどあれで浸水してしまうとは。。。。
 明日から福岡出張である、本来ならば今日の最終ででも乗り込むのが正解に決まっているのだけれど、午前中どうしても外せない用事があり、午後の便を抑えた。相棒は少しでも早い便がいいと思って、8時の便に繰り上げたけれど、早くも欠航が決まってしまったようである。夜になれば台風が抜けて、飛ぶという保証があればまだよいのだけれど、新幹線で西下するのも、それこそ途中で缶詰になるとどうにもならない、まあ明日なるようにしかならない。
 昨日の朝刊各紙は自民優勢を伝えているが、内閣支持率が若干下がってきたのが大いに気になる。たしかに党首討論などを見ると、ちょっと苦しいなと思ってしまう。演説に関しては、岡田氏の数倍迫力、魅力があるのだけれど。先日、マイクの音が出なかったの時の、「自民党ぶっこわさなくてマイク壊しちゃったよ」などというのは、さすがとしかいいようがない。
 TVタックル、今週はとりあえず当たり障りのない外交問題に終始した、来週の放送は既に選挙後大いに楽しみである。
 ホテルジャンキーズという雑誌を読む、ホテル好きの同好会誌のようなものであるが、めったに本屋では売っていないが、神田のブックオフには置いてある。今回の特集は東京のホテルの比較なのだが、平米あたりの単価とかでお得なホテルとかランキングしている、ちなみにコンラッド、東京プリンスタワー、フォーシーズン椿山荘、西洋銀座との順位なのだが、だから時代はコンラッドはともかく、東京プリンスだ!とはならないだろう。そもそもコンラッドとは何者なのだろうか?ヒルトンの上位ブランドとのことだが、とりあえずヒルトンは皆ブランドとして皆しっているのだから、ゴールドヒルトンとか、スーパーヒルトンとでもした方がいいと思うのは小生だけだろうか?東急インとエクセルと東急ホテルといわれても、あまり格の違いが分からなくなっているのも事実ではあるが。なみにマンションのライオンズマンション、ライオンズガーデン、ライオンズシティなどはグレードの差ではないそうである。
 とにかく、明日福岡にたどりつけるのか?ちょっと無理そうな気がしてきた。。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

9月4日(日)最高裁国民審査

 いよいよ投票まで一週間と迫ってきたが、小生は一足先に期日前投票へ向かう。小生の投票行動が、これから投票する方へ影響を与えてはいけないので、詳しく書くのは避けておく。一方実は、もっとも大事と思われる最高裁国民審査これは、ダメだと思う判事にバツをつけるのだが、小生は今まで行なわれた最高裁国民審査において、全ての判事にバツをつけてきた。勿論、今回も全員失格である。1票の格差が2倍を超えても何事もなく選挙が行なわれ、自衛隊や日米安保についての憲法判断は、高度な政治判断になるので、最高裁にはなじまない。と憲法判断を避け続ける、たしか小学校の時、最高裁は憲法の番人と教わったのだが、どうやら彼らは自分達の職務を果たしていないようである。三権分立を理解する人に最高裁判事になって欲しいものである。
 小生の予想とおり、新聞各紙自民圧勝の予想をだしてきた。小池氏勝利濃厚とのこと、正直小池氏あまり好きではないのだが、小林興起氏や鮫島氏よりはマシである。と選挙民は判断したのだろう、小池氏この選挙で勝つようなら、今後党内での立場も大きくなるかもしれない、ひょっとしてこの選挙での最大の勝者になる可能性もある。野田氏圧勝かと思ったら、そうでもなさそうである。ゆかりたんが善戦しているようである。新党日本は、当選0の可能性大だが、参院長谷川氏、荒井氏は国民新党へ田中知事は何もなかったように県政に専念するのだろうか?一番の驚きは、社民党が消滅しないということである、にわかに信じがたいが、やはり最高裁が信用できないとなると、社民党なのだろうか?大敗の予感の民主は、党が割れる危機に直面する。特に参院からは次の選挙に勝てないと混乱がおきるだろう。
 とにもかくにも、のこすところあと一週間、投票率80%を目標にしたい。小泉氏が森喜朗君をどこの店でご馳走するのか大いに気になってきた、やはり赤坂プリンスあたりだろうか?
 夕刻から東京はとんでもない大雨が降り続く、6日九州便はどう考えてもダメっぽい、今年飛行機に59回乗っているが、空港で何時間待ちとかは経験したことがないのだが、今回だけは覚悟を決めた方がよさそうだ。どうでもいいけど、スカパーの雨の弱さだけはなんとかならないものだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月3日(土)開店祝いの花とカトリーナ級の台風

 久しぶりのオアシス聖路加、先週金曜日にプールの水を替えたとあってやはりお水が綺麗だ、軽く泳いで気分爽快、続いてお風呂・水風呂・サウナ・水風呂・サウナ・水風呂・サウナ・水風呂・お風呂といったところ。とにかくここのオアシスは交通の便が悪いだけあって空いていてよい、オアシス歌舞伎町は交通の便がよいだけあって、混み過ぎている。屋外プールと屋外ジャグジーは素晴らしいのだが、すっかり足が遠のいてしまった。
 日経土曜版、プラス1.今週は、温泉旅行を両親に贈るならランキングが掲載されている。登別、湯布院、草津、箱根、熱海、箱根湯本、別府、指宿、有馬、下呂の順である。正直1位が登別というのは驚いた、世の中意外と分かっているじゃないか!といったところ、他の温泉は宿が色々があるが、登別というのは実質=第一滝本館である、やはり我々が20年やってきたことは間違えではなかったようだ、小生もいつか母親を連れて行こうと思っているのだが、なかなか実現していない。このランキングで印象的なのが、有馬は関西圏、下呂は中部圏のアンケートが反映している気がする。黒川、道後がないのは不思議。道後は道後温泉本館以外何もないからあるいみ妥当かもしれない。
 お店の開店といえば、お花がたくさん並ぶ。全く関心のない店ででも、どこからお花が届いているのか?気になってしまう。先日のある店の開店では「M&Aコンサルティング 代表取締役社長 村上世彰」の名が目立っていた。私でなくとも一体どんな関係なのか?と想像してしまう。有名人などからの花というのは気になるものだが、お店が本人に断りなき勝手に名前を使ってしまう例もあるのではないか?大分前だが、川崎のソープ街に「ビートたけし」「松方弘樹」の花が出ていたが、彼らが行きつけにしているのなら間違えないだろう。との判断がお客に働くと思う、と同時にもの凄く高そう。というイメージも生まれてしまう。
 台風14号が近づいている、なんと例のカトリーナと同じ位の勢力を保っているというのだ、しかも6日に九州へ接近するとのこと、小生6日に九州へ行く予定なのだが、大丈夫なのだろうか?福岡ドームへ非難したりしたらアシャレにならない。ちょっとというか大いに心配である。だけど、なんとなく同じ台風が来てもアメリカと同程度の被害にならないような気がするのは小生だけではないだろう。
 最近、藤野真紀子さんは出馬して扱うサイトが増えたため、検索しても小生のブログにはぶちあたらないが、木村周一郎にいたっては、ヤフー2・3位をキープしていただけならまだしも、グーグルでトップになってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月2日(金)アナウンス効果

 セブンイレブンがペットボトル飲料の価格を下げるという。コンビニとえば基本的に定価販売で、決して価格勝負はせずに利便性で勝負、というのが定説だった。ここへきて圧倒的なトップブランドが価格戦略に出るのは何故だろうか?たしかに酒のディスカウンターやドラッグストアーではペットボトルが安く売られている、しかし本気でそんなもの相手にするとも思えない。街中の自販機では一部安い飲料が目立ってきたのもたしかだが、なんとも不思議である。マクドナルドとだぶってしまうという人もいるかもしれないが、日本一の小売業の戦略をじっくりと見届けたい。しかし、日本のコカコーラ製品の10%がセブンイレブン1万店舗で販売されているとは衝撃的だ、あれだけあるコカコーラの自販機での売上は全体の何パーセントなのだろうか?コカ社の売上におけるコーラのシェアというのも一体どんなものなのだろうか?もはや相当低いと想像できる、となると、社名って日本コカカーラボトリングだかのままでいいのだろうか?同じ例では、富士写真フィルムにもいえる、今時フィルムを買う人って相当に少ないだろう。ブラザー編機のように、いつな間にかコピーメーカーになっってからブラザーとしたように時代にそわない社名は歴史的やブランドバリューがあっても変更するのも前進する組織だと思う。
 この週末には新聞各紙に最後の情勢予測がでるだろう「自公280議席うかがう勢い」などというやつである、これがあると本当につまらなくなる、ただでさえ公示後は目立った動きがなく、つまらない。せめて結果を自分なりに予想する楽しみだけは奪わないで欲しい。しかし、いわゆるアナウンス効果というのは、どれくらいあるのだろうか?どうせ世論調査するのだったら、現時点でアンケートした人に選挙後に実際の投票行動を聞いて、結果を見比べてみるのが最も簡単に分かるてだてである、個人情報の点で大いに難しいだろうが、是非どこかで実施して欲しい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月1日(水)松本善明氏

 昨晩、もーさんの日記が復活され、しんちゃんさん宅での集合写真がアップされ、美女が写っていると掲示板に書いたら、検索で 「もーさん うし」「もーさん ミスタードーナッツ」というのがあった、もーさんのHPは一般に公開されていないので、掲示板を見て捜し求めている人がいる証であろう。この一例でも分かるように誰に見られているか分からない、もーさんも気をつけて欲しいものである。
 投票日の11日は不在になるため、期日前投票を行なおうと投票整理券を見ると、最高裁判事の国民審判は4日からだと書いてある、このあたりの融通の利かなさは理解不能である。
 海外在住の姉より、日本の選挙事情はあんたの日記を読めばよく分かる、とのメールがくるが、この日記では何も分からないと思う。サンデー毎日の見出しに、郵政反対派議員独白、テーブルには うに、いくら豪華絢爛な。
という文字が躍っている、福沢先生が豪華に立っていらっしゃるなら衝撃は受けるが、うに、いくらでは話にならない、そんなことだから青木氏は造反議員がたくさんでたのではないだろうかと思ってしまう。加藤の乱を沈静化した野中氏なら、加藤紘一君や、山本譲司元議員、辻本元議員を辞職に追い込んだようなグーの音の出ない情報戦がひけたはずである。最近の自民党は、せいぜい、うに、いくら、硬いチーズにサーモンが精一杯のようである。かつて絹のハンカチといわれた藤山愛一郎氏などは、派閥の子分の銀座の払いを全て面倒みていたそうである、しかしお金だけでは総理にはなれないようでもある。
 最近の小泉氏のテレビでの対論をみていると、ちょっと苦しくなってきている気配がする、恐らく少しづつ風も弱ってくると思う、どこで踏みとどまれるかだ。
 朝日ニュースターにて共産党 松本善明氏がほえていた、東京から姿が見えなくなったので引退か、落選しているか思ってらなんと比例東北だとは思わなかった。こういう方もなんだかんだいって大事である、著書の中に「妻ちひろの素顔」があった、少し読んでみたいと思ったが購入しようとは残念ながら思わない。
 国道119線で最高速度が80キロになるらしい、たしかに大きな一歩である。しかし、60を80にするのもよい管7の40キロというのを先になんとかできないものだろうか?大きな一歩も大事であるが、目先の不可解な縛りをやぶる小さな一歩、当たり前の状態にする一歩がもっと大事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »