« 6月17日(金)やくみつる氏 | トップページ | 6月19日(日)仙台→東京 »

6月18日(土)すし哲

 IMGP0249IMGP0250IMGP0251


                  朝ロビーへ出ると、妙にデカイ一団があり、見回すと水戸ホーリーなんとかのバスが横付けされていた。スーパーひたち常磐線経由仙台行きというのは、この水戸ホーリーなんとかの選手が仙台遠征の時にでも利用する以外誰も乗らないと思っていたのに、バスとはがっかり。
 昼ごはんを食べに仙台の中心一番町へ出るとラーメン香月があった、香月に入ることは勿論ないのだが、かつては恵比寿香月といえば、元祖行列の出来るラーメン店であった。オーダーをとる店員さんの記憶力も凄かったが、当時はおいしいと感じて並んだものだ。おそらく香月の味は変わっていないのだろうけど、今や店内にあんまり人を見ない、広尾店など今も健在か確認できない。ということは、この10年で他のラーメン店のレベルというものが著しく上がったのではないだろか?いくら人気店でも日進月歩していかないと直ぐに追い越されてしまうという証だろう。肝に銘じる。
 IMGP0252IMGP0253IMGP0254


夜は仙台駅地下街の「すし哲」さんに入場する、知る人ぞ知る塩釜の名店の初の支店である。かつをの前菜、うに、さしみ盛り合わせ、1貫1300円の大とろ、そしてにぎり。デザートのいちごシャーベットを含めて、さすがの一言である。ほろ酔い気分で退場しようとする矢先に突然子供を含んだ8人くらいの集団が入場してきた、板さんも
「あっ どーもー」などと挨拶している。そこには衝撃的な顔があった、なんと堀江氏である。隣には噂の美人モデルも一緒だ。楽天の本拠地で堀江氏に会うとは衝撃的、退場を延期してお茶をすすりながら、聞き耳をたてる。隣にいるのは、例のグルメのやまけんだろうか?しかしながら、徹底的に飲んで食っている以外はたいしたことは聞けなかった、一体何しに仙台に来たのか、そして すし哲さんの評価は?まもなくライブドアブログで明らかになるだろう。。。。 
 エクセル東急に戻ると、やけに体のデカイ集団がいる、なんとベイご一行様である。まあ格的にはぴったりだろう。明日の3頭出しを確認すべく1馬を購入する、ブックでは人気がないようだが、さすがは当る1馬セイコー馬券虚教室の1馬である、どれもそこそこ人気になっている、3頭出しは久しぶりである、社台の申し込み前に景気をつけたいところである。
 

|

« 6月17日(金)やくみつる氏 | トップページ | 6月19日(日)仙台→東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月18日(土)すし哲:

« 6月17日(金)やくみつる氏 | トップページ | 6月19日(日)仙台→東京 »