« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

6月30日(木)フェスタロバリー大敗!

IMGP0273IMGP0298

 午前中は、某社の社内報の取材、執行役員さんやら、部長さんやら、カメラマンまで総勢8名の大名行列に驚く、取材というか対談は30分程度、対談中カメラマンさんがパシャパシャ撮る音も気にならないくらい乗って話せた。社内報と書いたが、25000部と言っていたので、社内報ではないような気もしてきた。。。。
 夕方、早々に切り上げてTCKへ向かう、とうとう19時45分発走の9レース、この時間に出てくれると平日でも問題なく観戦可能だ。今日は比較的しのぎやすいからか会社帰りのOLの集団などが目立つ、そういえばトゥインクル合コンなどという企画もあるみたいで、是非とも参加してみたい。パドックで撮影を試みるが何回やってもうまく行かない、夜デジカメ撮影は難しそうだ。今日も1番人気のフェスタロバリー、ちょっと負ける要素がないと思ったのだが、結果は惨敗。そうそういい事は続かない。メインを待たずに早々に退場する。
 しんちゃんさんは盛大に出張しているようで、うらやましい限りだ、遠征の宿といえば 旅の窓口改め楽天トラベル。その旅の窓口あホテルへの手数料のアップでおお揉めに揉めているとのこと。反発した協会側はライブドア系のベストリザーブへの乗り換えを勧めているらしい、確かに旅窓は圧倒的シェアを持っているが、ライブドアにとってはもの凄いチャンスかもしれない、ここをひっくり返すのは大きい。楽天は全ての事業で利益を出すことがスタンスだが、ライブドアは関連事業はポータルのアクセス数を伸ばすための手段と割り切っているからである。先日発表した無線LANなどからもそれがうかがえる。対照的な戦いが結構動向が気になる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月29日(水)増税と野茂

 今日は給料日、多くの会社は25日ということが多いだろう、小生の前職も25日だった、当社は晦日の1日前という訳の分からない設定日である。クレジットカードの支払いは27日が多いので困る人もいるようだ、小生はJとDがメインなのだ10日払い、給料日とカードの支払い日の理想はどうなんだろうか?なんとなく借金というか支払いは先に済ませておきたいというのが小生のような小心者の偽らざる気持ちである。今月は住民税と、所得税の前払いの支払いがある、住民税は分割でもよいのだが、前述の理由で共に一括払いを済ませた。これで、口座は給料日ですっからかんである、以前から言っているように何故確定申告一発で事足りないのか理解できない。住民税の後払いも理解できないが、所得税の前払いはもっと理解できない。
 政府税調の委員長が、サラリーマン増税を主張し、猛反発を食らっているらしい。だが、何がどうなるか分からない、そのおかげで納税者の中にも、これ以上直接税が増えるよりは間接税(消費税)の増税やむなし、とう空気が出てきているような気配を感じる。小泉首相は任期中は消費税を上げないと宣言しているが、次の政権が消費税増税しやすい流れが生まれるような気がする、これが税調氏の作戦だとしたらたいしたもの。ただ増税の際も生活必需品は除外すべき、などといまだに言う人がいる。例外なき課税でないと意味がない、食料品を除外するといったら、99円ショップの大根は5%だけれど高級果物店の1万円のメロンは10%となったら話にならない。
 これと同じ例が過去にあった、草魂でおなじみの鈴木啓示氏に反発して野茂がメジャーに行き、流れを作った、そう考えると鈴木啓示氏の功績はとてつもなく大きい、彼が素晴らしい監督で野茂が近鉄でノビノビとやっていたら、こんなことにはならなかっただろう。これが近鉄、鈴木啓示氏の作戦だとしたら本当にたいしたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月28日(火)暑い

 暑い、あまりの暑さに朝目が覚めてしまう。起きてからも直ぐにはちょっと始動できない。日中もちょっと記憶にない殺人的な暑さ、全てが冷房の室外機のそばにいるような温風が四方八方から吹き付けてくる。こんな日は、早々に仕事を切り上げて、オアシスで一泳ぎ、TCK、千葉マリンと選択肢があるのだが、駆けつけた場所はなぜか、よりによって東京ドームの巨人ーヤクルト戦、久しぶりに会う友人に誘われての参戦、席は1塁ベンチの真上、チェンジの際にボールが投げ込まれ、ホームランを打つとジャビット人形が飛び込んでくる場所である。読売ファンならば垂涎ものなのだろうけど、あまりにも退屈なので5回終了で退場。いくらスワローズ戦とはいえ、場内は空席が目立つ、本業ではもはや動員は無理だろうから、なんとか長嶋茂雄さんで話題づくり、客寄せにしたいというナベツネ氏の気持ちはよく分かる。
 退場後は、焼肉屋に場所を移して昔話に話を咲かせる、諸般の事情により中学の同級生とは疎遠気味なのだが、色々と情報を得ることができた。改めてバブル期の就職というのは金融全盛だったのだなあ、と再認識する。当然のように、皆ごく普通に結婚し、ごく普通に子供がいて小学校の心配など当たり前のようにしていることを再認識する。どうでもいい話だが、同級生の女性が大学卒業後、中学の教師と結婚したのだが、直ぐに離婚。女性は再婚したのだが、その式にカメラマンとしてその男性教師が参列していたという件や、学生の頃JRAの場内FMのキャスターをやっていた女性が2度離婚して徹底的に競馬をやっているといううれしい話も聞こえてきた、なんとなく男より女性の方が盛大にやっている人が多いような気がする。
 一部でマリーンズが終了しそうなどという意見もあるが、ちょっとやちょっと負けたところで恐れることはないだろう、最後まで2強のデッドヒートが続きそうだ、今年に関しては是非最後2チームで談合して同率でシーズンを終え、2チームでプレイオフして欲しいが、その際の球場はどこになるのだろうか?東京ドームで無観客試合にでもなってしまうのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月27日(月)雑誌と広告

 6月も最終週になると、流石にこの商売はバタバタしてくる。先日取材を受けたLEONの掲載誌が届く、その厚さと内容に改めて衝撃を受ける、この雑誌が結構売れているとのことで、驚くがあれだけ厚くて重いと、そう簡単には持ちあるけないだろう、皆さん年間購読で宅配でもしているのだろうか?21ansなどの女性誌もそうだが、あの値段で元がとれているわけないだろう、広告に依存している部分が大きいということであろう。これを徹底したのが、いわゆるフリーペーパーというものなのだろう。例えばレオンだと、あとどれくらいの広告ページを増やし、部数を増やすと無料化が可能なのだろうか?求人誌では、同じリクルートでも、フロムAは有料、タウンワークは無料、細かい戦略の違いを伺ってみたい。
 雑誌の広告といえば、日経トレンディやDIMEなどのPR特集はなんとかならないだろうか?記事と広告の境目が全く分からない、その商品を評価しているのかと思うと、思いっきり広告だったりする。ただ、商業マスコミというのはどうしてもスポンサーの影響を多かれ少なかれ受けてしまうのは仕方がないのかもしれない、ぐんぐんさんが愛読しているという 高野さんのインサイダーなんかは広告とかどんな感じなんだろうか?
 社台より、ドラゴンシャンハイが重賞を勝ったから保険が上がるという、イマイチ納得がいかない。昨晩イッキマンさんが小生の誕生祝に久方ぶりに掲示板に姿を見せてくれた、一日も早い本格的な復帰を願ってやまない。
 今日は、あまりにもネタがなさすぎた。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月26日(日) ゆきゆきて神軍

IMGP0270IMGP0271IMGP0272


                         8時30分起床、たまの在宅日曜日体調不良ということで、昨日のうちに予約しておいた、整体というかカイロプラクティクスというか、心霊療法というか、某治療院にて施術を受ける。ここへはたまに行くのだが、いわゆる整体と同時に、気を入れてくれる感じである。エイと気合を入れて
「今、コレステロール500とっておいたから」
なとと平然と言ってのける。電話を使った遠隔療法のようなことも行なっており、頻繁に電話がかかってきて、その都度「エイ」などと言っている。
 正直、そうとう怪しい部分もあるのだが、施術を受けたあとは、かなりグッタリする。何かを感じていることは確かである。
 施術の後は、オアシスにて一泳ぎ、サウナの後の水風呂の水温が大分上がってきたようだ、3分くらい平気で入っていられるようになってきた。爽快な気分で、羽田へ向かい一仕事。
 ようやく夏の雰囲気になってきたTCK、やはりトゥインクルは暑くならないと気分が出ない、2レースほどで退場、回収率50%。
 しんちゃんさんと、木曽路にて祝勝会&誕生祝、国産牛すき焼きを頂く、ほとんどの人がすき焼きでなくシャブシャブを注文するという、何故だろうか?たしかにかつて我が家でもすき焼きは家、しゃぶしゃぶはお外で、というセオリーがあった。色々意見が出たが、決め手は出ず。皆さんどう思いますかね?しかし、ここのところ、しんちゃんさんにご馳走してばかりである、たまにはご馳走してほしいものだが、ちょっと無理っぽい、やはり人の意見は聞く耳を持つべきである。2人で17000円は、飲まない人たちとしては高いが、やっぱり和牛すき焼きは美味しかった。
 帰宅すると、「ゆきゆきて 神軍」の奥崎謙三氏が亡くなったことが報じられていた、「ゆきゆきて 神軍」は小生が高校生の時に有楽町 有楽シネマで観た映画のタイトル。戦争中の上官の元へ復讐に行く奥崎氏のドキュメントである。土下座する元上官を血まみれになっても、殴り続けたりする映像は衝撃を受けた。たしか、銃も発砲した映像まで映っていた気がする、昨今ドキュメント映画で話題となったのは、ブッシュ大統領の「華氏911」ビッグマックを1月食べ続けるものもあったが、なんと言ってもこの映画は衝撃的であった、久しぶりにDVDでも借りて見て見てくなった。
 沢山のご祝辞ありがとうございました、プレゼントはTCKでアンケートに答えていただいた200円くらいのオペラグラスだけでした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月25日(土)バテバテ

 出張続きと、この暑さで完全に体がバテているようだ、朝全然起きなかった。会社近くの床屋へ行き、てもみんへ電話するもいつもの担当さんがお休み、仕方がないのでお初の方にお願いするも、若い女性で全然力がなく、かえって悪くなったようだ。ちなみに小生のいつもの担当は女性で力のある方、かつては、とにかく力のある男性と指名していたのだが、いつからか女性になった。小生の凝りは深い場所にあるので、女性の細い指の方が凝りに触れるということが分かってからである。
 ちょっと記憶にないくらい疲れているようだ。初めて入った神田の中華店も、2度と行かないくらいの味だった、なんか場末の中華料理店って、店内が赤かったりするから不思議である。この店も典型的な店だった。入った瞬間に出されたお茶が、なんとも言えず生ぬるかったので、その瞬間やばいと思ったのだが時すでに遅かった。この手の法則は結構あるのだが、大体が入場後3分以内に判明する、鹿児島ラーメン屋は、しんちゃんさん共々直感した。今でも後悔しているのは、札幌すすきのの焼肉店で、注文の際いきなり
「まずキムチ」
「今日はキムチ売り切れです」
「。。。。。。。。」
この瞬間に退場しなかったことを2年たった今でも後悔している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月24日(金)じゅうじゅう焼き

 朝起きて見ると、携帯が見当たらない。探してみるとベットの中から現れた。良く見ると、折りたたみ式の真ん中の部分が完全に割れてしまって、コードがむき出しになっている。どうやら小生が押しつぶしてしまったらしい。かろうじて通話は可能だが、あんまりなのでドコモショップ大手町店へかけ込む。携帯にあまり関心がない小生もN901isが発売されたということは聞いていたので、機種変更をすることにする。ところがFOMAを小生が導入してから9ヶ月ということで結構法外な料金を請求された、なんでも10ヶ月以内の機種変更は割高になるらしい。どうにも理解できない、それこそドコモとしては毎月でも新しい機種に変えてくれれば電話が売れてうれしいと思うのだけれど。。。たくさん携帯を買ってくれる人ほど安くするなら分かるが、その逆とは一体どういうことなのか?どうしても理解できない。
 機種変更後、Sさんと日本ビル地下街にてランチを頂く、氏は豊洲にマンションを購入し仕事では組合の委員長になったらしい。皆がむばっているようだ。ランチメニューは 豚肉じゅうじゅう焼き。このジュウジュウ焼きという響きは非常に美味しそうな響きである、しかしながら今まで成功したためしがない。今日のは鉄板に乗って運ばれてきたのだが、全然熱々でなくソースをかけてもジュウジュウ音がしない、ジュウジュウ焼きという音商品の売りにしている際は味はともかく音くらい出して誠意を見せてほしいものだ、看板に偽りあり!最近、おしゃれ系のダイニングなどでは、シェフのきまぐれ山盛りサラダとか、とっても大きいトローリオムレツなど、ネーミングに凝っている店がある。トローリオムレツなど、美味しそうである。そういうネーミングの元祖が、じゅうじゅう焼きだと思う、それだけになんとかじゅうじゅう焼きにはがむばってほしいものである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

6月23日(木)ドラゴンシャンハイ東京湾C優勝!

 流石に長期出張明けは疲れがとれない、急遽ジンギスカン、銀座鈴屋さんにて氷いちごミルククリームをいただきながら、イッキマンブログ引退問題、2000本や200勝をギリギリでも達成するとしないとで、どれくらの違いがあるという問題で、堀内、平松と松岡の差ということで、相当大きな違いということを確認。小生にベガルタ仙台を語る資格があるのか問題などを中心に積極的な疑問が交わされるが、結論として銀座鈴屋の氷は絶品ということに尽きる前述のメニューで900円は少々お高いが、小生の知る限り相当美味しい氷の部類に入る。
 ドラゴンシャンハイ5ヶ月ぶりの復帰戦、駆けつけたい気持ちは山々だが、平日の夕方とても無理な話。レースは圧勝だったようだが、S氏より連絡が入り、18時過ぎに祝勝会の開催されている船橋競馬場へ駆けつける、
会場は以前社台の会報でも紹介されていたオッズオン、ここが川島師の店だとは知らなかった、元客室乗務員という美人の奥様が店をしきっており、予想以上に料理が美味しかった、フライドポテト、サラダ、ステーキ、カレーライスどれも絶品、競馬場の外でも充分行ってみたい店である。しかしながら競馬場内で、非開催日も営業、オーナーが調教師、夜8時過ぎまで営業というのはなんだか無法地帯のようである。まあ、おいしいからいいのかもしれないが。
 出川師、厩務員さん、助手さんを囲んでの祝勝会は大いに盛り上がった、皆当然レースを見たようだが平日の昼間によくもまあ、これだけ集まったと思う。なんだか良く分からない。いくつか納得がいかないのが、普通に考えれば次走はジャパンダートダービーに決まっているが、なんだか黒潮杯1本にしたいと意向がでていることだ、勝ち負けはともかく、ダービーと名のつくレースでそこそこ人気になりそうな馬がダービーを使わないのなら、競馬なんかやっている意味がないと思う、とても理解できない。あと社台の会報繋ぎでおなじみの吉川良氏が祝勝会に参加していたことだ、S氏がしきって1人8000円も支払ったがまさか川島師や吉川師の分まで払ったわけではないということを信じたい。
 まあ、なにはともあれ無傷の4連勝で重賞を制覇は本当にうれしい、夢は膨らむばかりである。しかしながら恐らく明後日あたりに不幸の連絡が来るような気がして仕方がない、この1週間はとても不安である。あと繋に登場しないか、この一ヶ月間とても不安である。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月22日(水)萩の月

 長かった仙台出張もようやく今日で終了、よくもまあ狭いユニッットバスに5泊も耐えられたと思う。あれを作った人は一体どういう人なのだろうか?日本で盛大にはやらせたのはワシントンホテルらしいが、藤田観光の罪は大きい。エクセル東急はいかにも使えなさそうなヴェテランのホテルマンが多くて、今のビジネスホテルレートの収入で給料をお支払いできるか大いに気になってしまう。お昼は何を思ったかサイゼリア、ミラノ風ドリア、ミートソース、ハンバーグと頂いて1000円でおつりがくるのだから本当に安い。
 17時過ぎには新幹線に乗るつもりだったのが、諸般の事情で20時24分のはやて号に乗車、3人がけを独占する、最近の東北新幹線は座る前座席が回転できるように背もたれが急角度になっていて、座るときに若干倒さなければならない、隣の席も一緒にリクライニングするのは非常に面倒、ちょっとでも角度が違うと非常にうっとおしく感じる、しかしまあ飛行機に乗りなれた身にとっては新幹線は時間も正確、乗る電車も簡単に変えられ、座席も広く揺れずに本当に快適だ。
 仙台のお土産といえば、笹かま、牛タンもあるがなんと言っても萩の月であろう。それはいいのだけれど、完全に仙台駅をジャックしてしまっている、ほとんど3メートルおきに売っている感じすらする。あの半分にしても恐らく売上は変わらないと思うのだけれど、他の店にだされるよりはいいということだろう。恐らく仙台駅のお土産の8割くらいのシェアはあるのではないだろうか?こんなお菓子ちょっとみたことない、上野駅を出て4分後に右側に「仙台に銘菓あり 萩の月」という特大の看板があるのも戦略が練られているようだ。
 衝撃のイッキマンブログ休止、ショートコースかなにかでも早急にラウンドして100を切っていただきたい、小生がキャディをして、OBのボールを蹴ってフェアウエーに戻したり、することは決してやぶさかではないのだけれど。 カード偽造が深刻化、お中元を前にしてネットショッピングに水がさされないことを願う。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6月21日(火) 中2日で すし哲

IMGP0257IMGP0258IMGP0259


 昨日から助っ人が来ているため大分楽になった、お昼はホテルへ戻って中華の昼食、キャピタル東急のイメージから東急ホテルは中華が美味しいと思ったが、お味はまずまず、それよりなによりスタッフの対応がとても気持ちよかった。夕方から助っ人に仕事を任せて、仙石線に乗って宮城野原へ、10年前に乗ったときは仙台始発で地上を走っていたが、いつの間にか1駅延びて地下にもぐり、車両は103系から204系に変わっていた。5分ほどで到着、徒歩でフルキャストスタジアムへ参戦する。堀江氏の日記でも書いてあったが、まあよくも半年でこれだけ変身させたなあ。といのが率直なところ、鹿島建設恐るべしということろだろう。場内は飲食が結構充実していて楽しい、やっぱり屋外のスタジアムというのは文句なしにすばらしいものだ、難点としては売り物であるフィールドシートのおかげでバックネット裏の席に座ってもライト線またはレフト線に死角が生じてしまっている、勿論フィールドシートなどの発想は良しなのだが、やっぱり死角が出来るとは話にならない。新しいスタジアムができると皆この問題が生じているのが甚だ遺憾、なんだかんだ言って神宮、東京ドーム、広島、神戸は死角がほとんどない。やはりスカイマークスタジアムが日本一の球場であることは疑う余地がない。
 試合は楽天×ソフトバンク正直、両方好きなチームではない、どっちも応援できないが、まだ中内、高塚両氏が実質いなくなったホークスを究極の選択で応援した。フルキャストスタジアムは確か鳴り物入りの応援は禁止のはずだが、いつの間にか太鼓は解禁されているようだ、しかし例のメガホンを叩く音というのは本当にうるさく不快だ、手拍子と声で応援するマリーンズファンの偉大さを再認識する。場内は98%楽天ファン、よくここまで一気に浸透したと感心する。これで本当の意味での地元地域がないのは、読売、ヤクルト、オリックスといったところだけだろう。仙台の町は楽天を応援するバナーなどがあふれている、札幌もそうだが結局J2ではだめなのだろうか?日本代表以外のサッカーとプロ野球の格の違いということなのだろう、是非堀江氏にはベガルタ仙台に参入してほしいものだ。ところで宮城球場といえば、なんといってもライトスタンド後方の白いマンションである、かつてはあそこに住んでただで野球を見れたらいいな、と思った人も私同様たくさんいたのでは?と思ってしまっている。
IMGP0260IMGP0261

 7回で席を立ち、シャトルバスで仙台駅へ、直線距離で2キロ程度か?意外に近くてびっくりする。中2日で すし哲さんへ、今日も生寿司は絶品、特にアラ汁が最高に美味しかった。板さんも覚えていてくれて、先日の話でおいに盛り上がるが、ここには書けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月20日(月)スーパーニュース

IMGP0256
 朝一で社台のお申し込み書を投函、手元不如意のため1頭だけのお申し込みにする。午後からフジテレビ スーパーニュースの取材、フリーの女子アナだけれど、やっぱり生で見るとかわいいものである。2.3コメントを収録割と簡潔にうまくしゃべれたと思うが、本当に使われるか疑問。先日の王様のブランチは見事にカットされていた。
 15時56分のこまち・はやて号に飛び乗る、指定券は自動販売機で購入したのだが、今は画面のマップで座席を選べるとは知らなかった、飛行機と同じで非常によい。改めて皆さん窓際から選んでいくのだど実感する、今日は高崎のとりめしを購入、全国の数あるとり飯の中でも絶品である。
 仙台の宿は、中1日でエクセル東急仙台、なんとお部屋も同じだった。昨晩は誰か泊まったのだろうか?18時からスーパーニュース全国版にてOAを見る、つい3時間前に東京で撮影した映像を仙台のホテルでその日に見るというのは変な感じ。1時過ぎまで国分町で一献、ホテルへ帰って堀江氏のブログを確認すると、やはり すし哲さんが絶賛されていた、思わずトラックバックをかけてしまった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月19日(日)仙台→東京

 日刊によると、昨晩堀江氏は仙台ー水戸戦を観戦していたらしい、今度はサッカーに参入らしいと、サンスポは1面を飾っていたようだ。3泊目のエクセル東急の朝食ブッフェは代わり映えせずに、すっかり飽きてしまった。
 17時24分のこまち号にて帰京、日曜の東北新幹線上りは夕方以降ほとんど満席、福島競馬の帰りなど絶対に座れない。2時過ぎに指定を抑えられてよかった、なぜか隣の席も空いたまま非常に快適。大宮までは本当にあっという間についてしまう、ただ大宮から東京まであまりにも遅い、新宿へ線路を引く計画もあるらしいが、線路容量も足りないだろうが、騒音対策のスピード規制がきついのだろ、地下化、防音壁などで少しでも改善してほしい。ところで、新幹線の旅の友といえば勿論スジャータアイスクリームなのだが、小岩井アイスに変わってしまった。とても承服できない。
 東京駅から帰宅する際は千駄ヶ谷を利用する、中央線を御茶ノ水で乗り換えるか四谷で乗り換えるかいつも悩むのだが、すっかり四谷派になった。御茶ノ水での乗り換えは同じホームで便利なのだが、四谷はわざわざ市谷から立体交差するようにして別のホームに着く、このあたりなんとかならないのだろうか?
 帰宅後、社台の申し込みを封印。ラフィアンの検討を始めるのだが、先日の住民税に続いて所得税の予定納税が届いていた、しかし税金の後払いも前払いもあんまり理解できない、どうして確定申告一発ですまないのだろうか?ラフィアン3頭出し、新馬勝ちでもすれば景気もついたのだが、ますます手元不如意になってきた。本当に東京湾カップが大事になってきた。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月18日(土)すし哲

 IMGP0249IMGP0250IMGP0251


                  朝ロビーへ出ると、妙にデカイ一団があり、見回すと水戸ホーリーなんとかのバスが横付けされていた。スーパーひたち常磐線経由仙台行きというのは、この水戸ホーリーなんとかの選手が仙台遠征の時にでも利用する以外誰も乗らないと思っていたのに、バスとはがっかり。
 昼ごはんを食べに仙台の中心一番町へ出るとラーメン香月があった、香月に入ることは勿論ないのだが、かつては恵比寿香月といえば、元祖行列の出来るラーメン店であった。オーダーをとる店員さんの記憶力も凄かったが、当時はおいしいと感じて並んだものだ。おそらく香月の味は変わっていないのだろうけど、今や店内にあんまり人を見ない、広尾店など今も健在か確認できない。ということは、この10年で他のラーメン店のレベルというものが著しく上がったのではないだろか?いくら人気店でも日進月歩していかないと直ぐに追い越されてしまうという証だろう。肝に銘じる。
 IMGP0252IMGP0253IMGP0254


夜は仙台駅地下街の「すし哲」さんに入場する、知る人ぞ知る塩釜の名店の初の支店である。かつをの前菜、うに、さしみ盛り合わせ、1貫1300円の大とろ、そしてにぎり。デザートのいちごシャーベットを含めて、さすがの一言である。ほろ酔い気分で退場しようとする矢先に突然子供を含んだ8人くらいの集団が入場してきた、板さんも
「あっ どーもー」などと挨拶している。そこには衝撃的な顔があった、なんと堀江氏である。隣には噂の美人モデルも一緒だ。楽天の本拠地で堀江氏に会うとは衝撃的、退場を延期してお茶をすすりながら、聞き耳をたてる。隣にいるのは、例のグルメのやまけんだろうか?しかしながら、徹底的に飲んで食っている以外はたいしたことは聞けなかった、一体何しに仙台に来たのか、そして すし哲さんの評価は?まもなくライブドアブログで明らかになるだろう。。。。 
 エクセル東急に戻ると、やけに体のデカイ集団がいる、なんとベイご一行様である。まあ格的にはぴったりだろう。明日の3頭出しを確認すべく1馬を購入する、ブックでは人気がないようだが、さすがは当る1馬セイコー馬券虚教室の1馬である、どれもそこそこ人気になっている、3頭出しは久しぶりである、社台の申し込み前に景気をつけたいところである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日(金)やくみつる氏

 テンピュール枕2個使用のエクセル東急はなかなか良く眠れた。テンピュール枕は、なんだか頭が沈みこまずに支えてくれているようで心地よいk。せっかくなので、朝食を頂くことにする、
モーニウングブッフェ1732円
アメリカンブレックファースト1905
ワンプレートヘルシーブレックファースト980円
和朝食1905円
と4種類ある、選んだのは当然モーニングブッフェなのだが、アメリカンより安い、まあこれって珍しいことでもないのだが、色々沢山食べれる方が安いのはなんだか不思議、ロスが少なく、わざわざ1人前づつ調理する必要がないからか?モーニングブッフェはまあ、こんなところかな、といったところである。
 仙台初日は大盛況!あっという間に一日が過ぎて行く、まずは大満足の一日であった。
 今日のトピックスは、なんと言っても貴乃花に尽きる、例の兄弟対決を事実上負けてやった、と言い切っているのである。兄弟確執の原因をここだと読みきり、重大な証言を引き出した やくみつる氏はさすがとしかいいようがない、しかも同氏は
「これは大横綱である本人が認めているのだから重みがある。彼は必死で相撲界を改革しようとしている、時間がかかるが、長生きして見届けたい」とコメントしている。
 大いにうなってしまう、。当時の一番を小生はたしか中山競馬の帰り車中でしんちゃんさんと一緒にラジオで聞いていたのだが、当時の解説のオガタさんはほとんど八百長と同義語の事をうれしそうに語っていて、二人で衝撃を受けた記憶がある。当時誰も言えなかったことをラジオとは言えNHKの生放送で関係者が言ってしまうのだから、さすがはオガタさんである、よって今更騒ぐことでもない。小生で記憶に残っているのが、横綱千代の富士が寺尾を徹底的に投げ飛ばした一番、これは注射を断った寺尾を大将が制裁したというのが、もっぱらだった。非常に説得力があったが、個人的には今までで最も凄いt思った取り組みだった。あれだけ強いのに星を買うところがすもうの奥の深さと感銘を受けたものだった。
 マクドナルドが値下げ戦略で大幅下方修正、また同じことを繰り返すところが凄いところである、たしか藤田田さんはこの戦略で退場したはずである、今回は株主はどう判断するのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6月16日(木)エクセル東急

IMGP0245
 東京駅の駅弁といえば、最近はすっかり品川常磐軒の2段重ねそぼろ弁当、新幹線の小さなテーブルで2段はちょっと食べづらいのだが、おかずも豊富で大変美味しい。かつては駅弁といえば日本食堂であり、チキン弁当をおいしいと感じていたのが懐かしい、今でもチキン弁当は健在で隅っこの方で肩身が狭そうに並んでいた。あれはあれで長生きしてほしい。12時56分発のはやて号はガラガラ、大宮で隣が来ないと次は仙台なので広々安心である、お腹がすいていたのだけれど、東北新幹線では地上に出るまで箸をつけないという鉄則を守った。
 1月ぶりのはやて号、旅の友は
週刊文春「貴乃花激白! 小誌だけが知る全真相」
週刊新潮「貴乃花 7つのウソ」
ダイム「マイレージ特集」
この3誌である、貴乃花は今朝の朝ズバッに生出演し、みのもんたに「あんたしゃべりすぎ、とにかくしゃべるな」と説教されていたが、だったらしゃべる機会を与えるな、一体誰がテレビに出したのだ?と聞きたい。
 IMGP0246IMGP0247IMGP0248


一ヶ月振りの仙台は、半袖ではちょっと肌寒い、打ち合わせ終え、晩御飯は勿論 利久さんに決まっている、店頭に張り紙があり、「タンが価格高騰したので、塩焼きとミソ焼きのハーフハーフになります」と書いてある、使うタンの量は同じなのでは?と思ってしまった。
 今宵の宿は、なぜかエクセルホテル東急、かつて東急ホテルを名乗っていただけあって、なだ万なども入っているが、今はビジネス扱い、とにかく古い。お部屋に案内はしてくれないが、依頼すれば朝刊は届けてくれるという。非常に中途半端は印象だ、無料の夕刊河北新報の見出しは「シルバー人材センター大盛況」と書いてある、ニュースヴァリューがあるのかは、あの方に伺ってみたい。部屋はやはり若干広めだが、お風呂場の狭さに閉口、枕はよく目にするテンピュール枕、これが一体どんな枕かは不明だが、寝心地は明日分かるだろう。
 今週はラフィアン 新馬を含む3頭出しの攻勢!結果が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月15日(水)桃の収穫

IMGP0242IMGP0244

 朝からほぼ一日中雨、この天気の中で神宮は試合を強行したのだから、日程に問題があるといわざるを得ない。最近朝見ている、朝ズバで若夫人のインタヴューが放送され、みのがしゃべりすぎと批判、犬の散歩中に無理やり聞いておいて、それはないと思う。ただし、個人的に朝といえば、今までやじ馬プラスだったのだが、朝ズバッに変わった、なんだかんだ言っても、みのもんたの司会は絶品だ。明日は貴が生出演するとのこと、大変楽しみである。
 社台選択も佳境を向かえ、S氏に電話して情報を得る。なんとか方向性が固まってきた。
 帰宅すると、住民税のお知らせが届く、まあ事前の予想通りの金額ではあるのだが、実際に通知が届くと身構えてしまう、近々翌年でなく所得の年に住民税も払うことになるらしいが、早急に実施してほしい、貧乏性の小生は払うものは先に払ってしまいたいというのが持論である、金利なんて関係ないのだから、借金しているみたいのは非常に苦痛。住民税も1回でまとめて払ってしまう。社台も勿論1回払いだ、ただそうなると手元不如意は明白である、来週の東京湾カップにかけるしかないが、なんと東京ダービー2着馬の参戦が噂される、非常に難敵である。
 自宅ベランダの桃を収穫、まさに食べ頃、甘みも充分、桃・栗三年とはよく言ったものだ、まさに3年目に実がなった。とってもうれしい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月14日(火)仰天ドーム構想

IMGP0234
 目覚めに、昨日の晩に冷蔵庫に入れ忘れた麦茶を飲むと完全に味が変わっていた、非常に恐ろしい時期に入ってきたということのようだ。
 しんちゃんさんやってくる、ジンギスカンを提案したが却下され仕方がなく、衝撃的に美味しくない中華を頂く、こういう選択のひどさは、さすがしんちゃんさんである。口直しはいつもの通り宮越屋珈琲、たしかに美味しくユックリできるのだが、いかんせん高すぎる。小生には昼から2000円はつらい。
 今日は午後から月1、某企業での講師役、来月でちょうど1年で契約満了だったのだが、予想外に好評とのことで延長のオファーを頂戴する。
IMGP0237IMGP0240

 そそくさと仕事を片付けて、神宮球場へと向かう。仕事帰りに神宮でヤクルト×マリーンズ戦が見られるとはよい時代になったものである。久しぶりの神宮、あまりにも変わっていないので驚く、正面のカレーライスの豚肉の大きさとルーの焦げ具合、天ぷらうどんのダシ、何も変わっていない。お値段も10年前のママというもの衝撃、勿論グラウンドの狭さもそのままなのはいただけないが、自分の家に戻ってきたようでうれしい。驚いたのは、カレー屋のおやじさんに、いきなり「久しぶりだね」と言われたことだ。7時前の時点では空席も結構あったが、終了時にはレフトスタンドは黒一色、10月の優勝が決まりそうな気配を感じた。好調ロッテが東京で試合をやることは、この三連戦と来月の東京ドームだけである、実際問題東京の人は平日はなかなかマリンへはいけない、やっぱり東京にパリーグのチームがなくなったいうのは大問題である。関口君も堤義明さんの「仰天ドーム構想」が実現していればこんなことにならなかった、と嘆くことしかりである。
 仰天ドーム構想というのは、バブル期お正月のスポーツ新聞の1面を飾った幻の構想である、お台場または芝にドーム球場を作ろうというプランであった、あのとき堤義明さんが芝に東京プリンスパークタワーをつくらずに、仰天ドームをつくっていたら、こんなことにならなかったのでは?と思うと甚だ遺憾である。
 徒歩10分で帰宅すると、トイレに
「男子も小用は座って」
との張り紙が貼られていた、洋式便器で立って小用をすると物凄い跳ねていて実は物凄く汚いとのことを今日テレビでやっていたらしい、甚だ遺憾である。とても承服することができない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月13日(月)女性の司会

 今日は話題の協会葬、各ワイドショーが騒ぐのはよいのだが、ニュース番組が貴と若の確執を中心に報道するのはいかがなものかと思う。
 朝セブンイレブンで週刊ポスト「内縁の妻独占告白 親方の遺産と貴乃花」
週刊現代「花田家親族 貴乃花・景子夫人を叱る」を揃って購入
基本的にこの2誌は文春とは反対のスタンスのようである。恐らく生まれて初めて両誌を購入したのだが、結論としてもう2度と購入することはないだろう。。。。
 この騒動のおかげで、すっかりJRの事故、JAL問題などはふっとんでしまった。
 葬式といえば協会葬は当然ながら、呼び出しさんがやっていたようである。一方小生が昨日会葬したのも含めて、最近女性の司会が多いようである。
「導師様がご入場されます、合掌にてお迎えください 合掌」
「本日は多数の方にご参列いただいております関係上、お焼香は心を込めて1回にてお願いします」
などが定番のセリフでああるが、ある程度の年齢の女性の司会というのはなかなか重みがあってよい。
 そういえば披露宴の司会も最近は女性の方が多いような気がする、おぎさん夫妻の披露宴あたりから増えてきたようだが、確かにソフトな感じがとてもよかった印象。私の時も是非ともそうしたいのだが、残念ながら今のところ予定はない。
 最近、ぐんぐんさん・イッキマンと会っていない気がする、もう予選というのは開催されることはないのだろうか?????

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月12日(日)JAL 羽田 バス

IMGP0233
 リーガロイヤル小倉の朝は、なかなかすがすがしく目覚めた。日経と日刊を読みながらユックリといただく。1500円というのは、このクラスのホテルとしてはお安いが、内容は中の上といったところ。カレーやそうめんなどがうれしい配慮だ。朝食バイキングって、ようは刺身とか、てんぷらとか、ポークソテーとか意外性のあるメニューをどれだけ提供できるかで評価って上がったりする。ロビーの前に妙にオーラを発している初老の男性がいると思ったが、ちょっと名前を度忘れしたが超大物の役者さんだった。
 10時過ぎからプールで一泳ぎ、太陽がふり注ぎ大変気持ちがよい、サウナと大浴場も含めて、やっぱりスポーツクラブとは違う。本来はチェックアウトは11時なのだが、交渉の結果無料で1時間延長してくれた、リーガロイヤル小倉、期待していなかっただけに、結構満足した。余談だか、サンデープロジェクトオープニングの田原総一郎あまりにもみっともない。残念ながらもう過去の人になるべきなのだろう。。
 告別式は13時から、故人が可愛がっていたお孫さん二人が、バイオリンでキラキラ星他を演奏した、ちょっと感動したのだが、拍手すべきか大いに悩む近くのおじさんも拍手しかけて、止めてしまったが、今思うと大きな拍手を送ってあげるべきだったと大いに後悔。
 散々迷った挙句、福岡空港ではなくタクシーで北九州空港へ向かう、小倉といえば第一タクシーさんの本拠地である、第一タクシーさんは斜陽といわれるタクシー業界の中でM&Aを繰り返し、7000台と日本一のタクシー会社になった、やはり接客が素晴らしく、管理職というドライバーさんと色々と話す。とにかくサービス業ということを徹底的にドライバーに理解させることだとのこと、潰れかけた会社を買い取って第一流で立て直すと会社もドライバーもハッピーになるとのと、ただ元いたドライバーはほとんどが続かないとのことである。空港へは15分、2000円程度、思ったより近かった。
 満席のM87、最後になってひとりの男が乗り込んできた、地元選出で告別式にも参列していた白見正三郎先生だ。離陸前から、CAさんは新聞などを聞いている、窓際に陣取った先生は離陸後外下をじっくりと見てから熟睡していた。2ビルが出来てから初めてのJAL便、以前ならバスは当たり前だった、しかしJAL羽田No1、勿論ゲートに着くはず。と思ったが、あまりにも甘かった。C滑走路に北側から着陸、JAL側のAへ向かったので安心していたら、A滑走路を縦断延々と走ってCに戻り止ってしまった衝撃の瞬間、何がJAL羽田No1だ!まさか自見先生をバスに乗せるとは思わなかったが、先生だけいきなり別の車で去って行ってしまった。。なんとも納得がいかない、大臣ならともかく、ねえ。。。こういう扱いはどういう基準なのだろうか?新幹線に乗っていてもそんな光景はまず見ないがJALでは頻繁に見かける。
地上では男性管理職が、
「先生お疲れ様でした」
と出迎えていた。こんなのが仕事な管理職がたくさんいるから、毎日トラブルが発生するのではないだろうか?
ちょっと不愉快になった。まあ、所詮JALなんかに乗った自分が馬鹿だったということに尽きる。
 夜は、品川みみうさんにて、うどんすきを頂く。インターシティは日曜はつらいとはいえ、ほとんどの店が閉まっているし、クローズした店舗も結構見られる。みみうさんといえば、エビさんを生けゆでにするのが醍醐味なのだが、なんと今日は活きたのが終了ということで、ゆでエビが登場した。なんとも納得がいかない、やはり北九州、JALではうまくいくはずもない、一刻も早く小生も北の大地へ戻りたいものだ。。。。しかし、しんちゃんさんの北の大地は今回は、あまり充実していたようには感じられないのは小生だけだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月11日(土)また発砲ですよ

 IMGP0229IMGP0230

まあ、不祝儀は突然やってくるということで、急遽の西下となった。昨晩遅くに夏用礼服をたんすからひっぱりだして試着するも、とてみ残念な結果に終わった。。。
 毎週末の福岡である、さすがにワクワク感はなかった。初めての羽田空港シグネットへの入場、オーシャンヴューが心地よい、しかしながらLANがない、@ステーションは有料であるだが、LANがないのである。パソコン用デスクはたくさんあって、コンセント、しかし脇にあるのは電話用のジャックである、今時ダイヤルアップしろというのだろうか?昨年の12月にオープンした施設とは思えない、Edyやマイル決済でもよいから、LANは絶対的に必要である。いつものように15分遅れで福岡空港へ、隣のオヤジは、C/Aさんが回ってくるまえから、スープを要求した思ったら、立て続けにウーロン茶、アイスコーヒーと徹底的にやっていて、大変不愉快だった。
 天神で、色々な方にご挨拶をするが、2週連続の突然の訪問に衝撃をうけていた。しかし小生はここにいるのが大変自然だ。ここでも話題は貴一色、福岡では文春の発売が土曜というのが衝撃的だった、せめて金曜には売れると思うのだが。。。
 新幹線で一駅小倉へ、駅の読売新聞の広告看板が小久保の写真なのがいつも気になる。広島駅では江藤、大阪駅ではローズなのだろうか?今宵の宿は、博多が全くとれずに駅前のリーガロイヤル、20階からのビューは予想外に素晴らしく、ツインのシングルユースも満足。ホテルに隣接しているのが「ラフォーレ原宿 小倉」なるもの、松山にもあったがさっぱり分からない。そのうち、全国に六本木ヒルズ郡山など出来る日もそう遠くはないかもしれない。
 通夜の式場はモノレールで10分、駅から徒歩5分と書いてあるのだが、いわゆるご案内の看板が一切ない、やはりほとんどの人が車で来るということなのだろう。久しぶりの御通夜だったが、導師様の説法はなかなかよかった。
IMGP0232
 参列した後は、お清めに焼肉を頂く、なぜかこの街は非常に焼肉店が多かった。店内には「冷麺始めました」のさげびらがあり、尋ねるとやはり、ここでは冷麺は夏季限定だそうである。100万人を切った北九州はちょっと厳しそうだ、まあ合併合併していけば人口だけはなんとか維持できるのかもしれないが。九州の交通の要所であるこの街は、素人にはちょっと手に負えない。夜ならともかく真昼間から怖い。警官とパトカーが多いのでタクシーの運転手さんに尋ねると、あっさりと「また発砲ですよ」とあっさりと言う、ちなみにこの街のおでんの屋台では酒類の販売はしていない、原因は想像するしかない。ちょっと10年振りに宿泊した素人は夜遊びせずに早めに就寝するしかな街ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月10日(金)三千里

 実は昨日の時点では、週刊文春を購入していなかったので、朝セブンイレブンの棚を探すが売り切れ、セブンはシステム会社が常時売れきれがないよう補充していることなので、売り切れに衝撃をうける。セブンイレブンというかシステム会社もたいしたことないということだろう。もちろん、外苑前駅の売店にて購入。小生週刊誌を購入するのは、選挙前に政治情報センターの宮川さんの完全当落予想が掲載される時くらいである。夜、しんちゃんさんも数年ぶりに文春を購入したと聞いて、貴問題の関心の大きさをに衝撃を受ける。
 明日は秋田へ出張の予定だったのだが、14時過ぎに訃報が飛び込み、急遽、明日の行き先を西へ変更するが予想外にホテルが全く押さえられず急遽宿泊予定地を変更する。
 夜は渋谷にてオフ開催、小生若いときから渋谷をあまり得意としていない、せいぜい行ったのは、道玄坂の喜楽、センター街のゲーセン モナコ。ここの5階には大分あとまで、ダライアスが生存していて結構通った。あとはETを8回見た東急文化会館のパンテオン、今は3つのうちすでに2つがない。他にも さくらやがABCマートになっていたり、バスキンロビンがなくなっていたり、当たり前のようにカメラのドイもなく、回転寿司がCOCO壱番屋になっていたりと、右も左も分からない状況。新宿だとこうはならない、ヨドバシカメラカメラが増え、さくらやが若干減ったくらいである。
 オフ自体は楽しかったのだが、やっぱり渋谷なんか来るんじゃなかった、と思いかけた帰り際、子供の頃お使いで薬を買って、おまけで天津甘栗をいただいた、三千里薬品が駅前に健在だったことは、ほっとさせられた。
 帰りのタクシーで、イッキマンの日記を確認するが全く更新する気配がなく、小生の日記にコメントだけ残している、甚だ遺憾である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月9日(木)被り物

IMGP0223IMGP0224

 お昼過ぎに八重洲で用事があり、四川亭さんにて御昼をいただく。小生の好物のひとつに中華丼がある。もやしそばなど同様に、カタクリを使っているものは熱々に食べられるし、野菜もたくさん食べられる。オフィスの周辺には美味しい中華丼の店がないので、何の気なしに店に入ると、800円で4種類を選べるというランチをやっている。メニューはラーメン、中華丼、ラーメン、やきそば、シュウマイなどから4品選べるということだ。悩んだ挙句、エラーメン・中華丼・焼きそば・マーボー丼を注文し、満足する。
 貴が文春に手記を発表し、記者にも盛大に話し出した。なぜかこういうときは文春に決まっている、大臣が辞任に追い込まれるのも文芸春秋の手記である。徹底的に話している、若の浮気問題はまだしも、母親の浮気問題まで糾弾している、言っていることは正しいのだろうけど、盛大に言うことではない。父親が亡くなってまだ日も浅いのにこんな身内の恥を徹底的にしゃべる人間も、なかなか信用されないだろう。
 マリーンズ久保、ナイスピッチングはともかくヒーローインタビューでのかぶりものは話にならない、誰か止める人間はチーム、フロントにいないのだろうか?新庄もそうだけれど、どんな被り物よりも野球選手にはチームの帽子が似合うということを、みんなが見たいのかっこいいユニフォーム姿ということを分からないのだろうか?ナイスピチングなだけに残念でならない。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

6月8日(水)経済波及効果

 今日は一日オフィスでお仕事、最近ネットの調子が悪くて仕事にならない。やはりADSLの限界かもしれない。夜は本来ならばマリンスタジアム、東京ダービーと選択肢があるのだが、残念ながら新作メニューの試食会があり断念。今日はせっかくの読売戦なのにロッテ球団はツイテないし、せっかくのダービーなのにTCKはツイテいない、相当な経済損失があるに違いない。帰宅すると、ココログの調子が悪くて話にならない。やはりニフィティの限界かもしれない。
 世間はクールビズらしいが、これによる経済波及効果っていうのはどうなのだろうか?単純に考えると夏物スーツやYシャツなどが売れなくなり、ゴルフウエアが売れるようになり、冷房が高め設定になるので、冷たいお飲み物や冷を求めて喫茶店や映画館、パチンコ屋などが潤うような気がする。と思っていたら、やはりネクタイ業界から悲鳴が上がったようだ、ノーネクタイという表現を勘弁してほしいとのこと、非常に良く分かる。まもなくやってくる父の日が稼ぎ時のようなのに、商売上がったりらしい。大いに同情する。
 長嶋茂雄氏が12日に試合を観戦するということで盛り上がっていたが、今日一茂氏が否定した。彼は第三者でなく、息子であり球団に籍を置いているのだから、もっと早く否定すべきだったはずである。まあ、当事者だからこそチケットが珍しく完売してから否定したのだろうか?とかんぐってしまう、しかしこの方法だとチケットの売れ行きはこれからますます悪くなるはずだから、連日観戦するというガセをリークすれば儲かるだろう、冗談ではなく読売ならば本格的にこの手段をとるに違いない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

6月7日(火)核弾頭

IMGP0207
 今日のランチは近所のサラリーマンにちょっと有名な串エ門さんのから揚げ定食、とにかくここのから揚げのボリュウムは凄い、小生でも1個は残してしまう。なんと隣のサラリーマンはアルミホイルを持参して、5個中2個お持ち帰りしていた。
 IMGP0208IMGP0214IMGP0215


夕方イクスピアリで打ち合わせを早々に済ませ、湾岸・東関道をさらに東へ進む。浦安から15分ほどのメッセ駐車場へ車を止め、今年初めてのマリンスタジアムへ向かう。いつもは自由席の2階B指定席を購入、平日とはいえ読売戦流石によく入っている、意外だったのは読売ファンが結構いたことである、8-2でマリーンズかと思っていたら、6.5-3.5くらいでなんと読売ファンがいる、世の中分からないものだということを実感する、流石はナベツネ球団会長が復帰するだけのことはある球団ということなのだろう。
 試合内容は、予想通りの投手戦、ふだん見ないのですが意外と上原っていい投手なのですね、新しい発見。マリーンズは確かに強い、先発小林は勿論だけど、8回に投げた薮田が最高だった、抑えの小林雅もそうだがマウンド上での表情が最高に格好いい、9回の小坂の守備は絶品、ただひとつ阿部に一塁線を抜かれたフランコの守備位置だけはいただけなかったが、調子がいいチームはなんとかなってしまうのだろう。
 花火も見れて屋外の野球は最高に気持ちが良かったのだが、ただひとつマリーンズ売り出し中の西岡の横断幕、「核弾頭 西岡 剛」というのがあった。昔も足の速い選手を核弾頭と呼ぶことがあったが、何故だろう?戦いで核弾頭が使用されるときは、全てが決着するときである。弾頭ではないが太平洋戦争も核で決着がついた。正直あまり使ってほしい単語、表現ではないが、あえて使うならばマリーンズなら李とか、ベニー、フランコなどのホームランバッターのような気がするがどうだろうか?余談だが、やっぱり核が出現してから戦争は不謹慎な言い方かもしれないがゲーム性、戦略性が一気になくなった。小生がいまだに6巻途中の坂之上の雲で描かれている日露戦争など飛行機もなかったから作戦がより重要だったのだと思う。軍人将棋でも、大型行軍将棋が最も面白く、原爆やミサイルなどが兵器として登場したミサイル行軍は面白くもなんともなかった。
 いつも思うのだが、メッセ駐車場は素晴らしい、外周道路をうまく使って渋滞を最小限に抑え速やかに数千台の車を捌いている、スタジアムから若干遠いのが難点だが、いつもながら設計と車の捌き方の素晴らしさに感心させられる。試合終了後、40分後には帰宅。ドアトゥドアで40分はあまりにも近い。これからは関東のパリーグのメッカ、マリンへもっと通うべきかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月6日(月)ブランチ

 IMGP0205
今日は午前中会議、午後は某情報番組の取材を夜まで対応。レポーターのタレントさんが2人来たのだが、流石にプロの女性というのはハっとするくらい可愛いものである。ディレクターのカウントダウン3くらいから、突如として満面の笑顔になってしまうからたいしたものである。テレビといえば、地方でテレビを見ているとCMが寂しい、JARO(公共広告機構)、コルゲンコーワ、ハウスのCMばっかりなことに気付く。JAROはともかく、ハウス、コーワは東京でもテレビ朝日系の深夜などによく見る。この2社は特殊な契約形態のようで、空いているコマにはドンドン入れてしまうという内容らしい。かつては「面白地方CM」なんていう番組すらあったが、最近ではそんな風に思うことはまずない。これも地方経済が冷え込んでいる象徴なのだろうか?
 小生ここ数ヶ月で明らかに体重が著しく増加していると思う、思うというのは怖くて体重計に乗れないからである、ところが、昨日半年ぶりにあった人から
「○○さん最近痩せた?」
「いやあ。。。。。。」
そういう風に言われると、そうかなあとなんだかんだうれしくなる。
しかしながら、今朝1週間ぶりにあった人から
「最近、ちょっと太りすぎだよ」
「いやあ。。。。。。」
そういう風に言われると、やっぱりそうかととてもつらくなる。
人間の見方というのは、つくづくいい加減だなあと思ってしまった。

 民主党の都議選マニフェストから突然2つの項目が黒塗りされたという
・都営地下鉄と東京メトロの統合
・水道局の20%経費削減
どう考えても2つとも正しい公約だと思うのだが、支持母体の連合の言うことはなんでも聞いてしまうのだろう、しかし本当に今都内で民主党に投票している人達より連合の方が大事なのだろうか?マニュフェストの訂正は印刷しなおす時間がなく、本当に1冊1冊黒塗りしたらしい、まあ国会を長期欠席してヒマな人達の集まりだから、時間はいくらでもあるのかもしれないけれど。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月5日(日)猫も杓子も

IMGP0197IMGP0198IMGP0199


 日曜の朝は、勿論サンデージャポンで始まる。よくTBSでこれだけ面白い番組が出来るものと感心する。テリー伊藤氏は11時30分まで出演して12時からテレビ朝日のサンデースクランブルに出演している、実は相当な売れっ子のようである。
 午後から羽田へ出動、首都高に乗る前は必ずネットで渋滞状況を確認する、今日は4号線、環状線ともに問題なかったのに、環状線に入った瞬間に全く動かなくなる、霞ヶ関インターからは救急車、パトカー、果ては消防車まで入場してくる。まあ15分足らずで事故現場を抜けられたが、2車線路側帯なしでは、事故が起きるとどうしようもない。事故のせいではないのだが、小生はいつの間にか大量の鼻血が出ていた。
 羽田では、今話題のベーグルに挑戦、モチモチとした独特の食感は面白いが、もう2度と食べることはないだろう。夜はTCKへ、気候的に外で楽しむナイター競馬に最も適したシーズンであるのだが、遺憾ながら小生の馬券戦術には適していないようである、最終レースに至っては荒れると読んだところまではよかったのだが、700万馬券が出るところまでは読みきれなかった。
IMGP0200IMGP0201IMGP0202


 TCKの後は、大井町 牛車さんで焼肉、お肉の価格の高騰によりタン塩の値上げを余儀なくされたのは遺憾だが、あいかわらずリーズナブルで美味しい。店は汚く、店員の態度も最悪だが、安くて美味しいのだから仕方がない。特にここのチョレギサラダは絶品である。
 IMGP0203IMGP0204

帰宅して更新しようとすると、重くてどうにもならない。まあ、猫も杓子もブログということなのだろう、まあ小生もしんちゃんさんも、イッキマンさんもブログなのから仕方がない。ここへきて毎日のアクセス数がジリ貧である、もはや小生の日記は飽きられているということなのだろうか?ニフティも異常に重く更新もままならないので、そろそろ潮時かもしれない。。。。ところで、杓子というのは、しゃもじのことなのだろうか?猫も杓子も、杓子定規これを猫もしゃもじも、しゃもじ定規と置き換えても意味が分からない。。。。
 JRの事故、買った当時の価格で買い取ることを提案、住民側はこんなに安くてお得な物件はないので、話にならないという。しかしお得だったのは線路脇で、騒音も含めて鉄道脇というリスクがあったからでは、という気がする。日経のコラムでJR西は政治的に廃止できない赤字路線を廃止して、都市部の利益を赤字路線の補填に回さずに安全性の向上を努めろという提言は非常に説得力があった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月4日(土)福岡→東京

 タカクラホテルは、チェックイン12時、チェックアウト12時 いわゆる24時間ステイのホテルである。お部屋は若干狭いが、浴室とベットが大きめだし清潔でよい。日経もお部屋へお届けしてくれる、まあビジネスというよりシティホテルなのだろう。天神へも歩けるし朝食も美味しかった、次回も泊まってみたいホテルである。まあ日経トレンディで1位に輝くだけのことはある。
 午前中天神で打ち合わせを済ませ空港へ、今日はいくつか候補があった
①甲子園で 阪神ーロッテ戦 前売りで完売
②なんばグランド花月にて よしもとを観劇 今日は出演メムバーがイマイチ
③ナゴヤドームにて 中日ー日ハム戦 
④福岡ドームにて ホークス2軍ー欽ちゃん軍 時間が分からなかった
まあ、色々あったのだがどれもイマイチ、空港へは12時55分に到着した、13時5分に名古屋行きがあったのでとりあえず交渉するが、あっさり却下、結果14時10分の東京行きを購入 カウンターのお姉さんに
「お時間までラウンジでお過ごしください」
といわれ、ようやく自分がスターアライアンスゴールドメムバーの一員として認められたことを実感する。てっきり7月からだと思っていたので、結構うれしかったがラウンジはたいしたことがなかった。特筆すべきことといえば、ヘルシア緑茶があったことと、先週号の週刊ダイヤモンド「汚れた翼 日本航空」が3冊もラックに光り輝いていたのがうれしかった。
 揺れもなく定刻通りに羽田へ到着、流石はスターアライアンスメムバーANAということなのだろう。
 ところで長嶋茂雄さんがドーム来るといって騒がれている、巨人というか読売はいまだにこんなことで商売しようとしているのが、とても不愉快。とにかく、そっとしてあげてほしい。期を同じくしてナベツネ氏が近々復帰するとのことである、巨人軍の凋落が心配でミソギがすんだとして復帰するらしい。79だか80歳だか知らないが、この方が凋落の大きな原因であることを指摘する人間は読売内部にいないということが凄い、しかもオーナ-社長でないところが凄い。まあ、彼が復帰すれば巨人軍の更なる凋落が加速することは間違えないのだから、そういう意味では大歓迎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月3日(金)鹿児島→福岡

 7時起床、本当は今日はユックリでよいのだが、目が覚めてしまったものは仕方がない。今日は1時間以上かけて、露天風呂・サウナ・水風呂を徹底的にくりかえす。心底気持ちが良い、ただひとつ残念なのは今日も櫻島が見えなかったことだ、3日間とうとう露天風呂から桜島が見えなかった。入浴後は、3泊目にして初めての日本一の朝食バイキングを堪能、やっぱりある程度以上のレベルのホテルに宿泊して、時間がある朝というのは本当に優雅に過ごせる。
 未明に熊本で震度5があったとのことで、遅れが心配されたが、つばめ号は定刻に動いているようだ。今日は福岡への移動、一応飛行機も検討したのだが新幹線即決、もはや飛行機は、国分・隼人周辺への用事と、乗り継ぎくらいしか利用価値がない気がする。つばめ号には確か6回目くらいなのだが、いつも1車両に2~3人しか乗客がいないので心配したのだが、今回は10人前後は乗っているよう、ということは4両編成なので40~50人は乗っているようで安心する。川内のみ停車の速達タイプは、本当にあっという間に新八代へ到着、すかさずリレーへ乗り換え、乗り継ぎも乗り心地も本当にスムーズ。気持ちがよいので、特上うなぎ弁当を購入、1300円とは張り込んだが、見た感じたいしたことなかったのだが、食べて行くとご飯の中にもう1枚うなぎが埋まっていた。新八代でネットに接続を開始したのだが、なんと熊本まで接続が切れることがなかった、さすがはウイルコムということなのだろう。それにしても工事は随分と進んでいるようである。博多周辺のみ手付かずといった感じだが、意外と早く完成しそうな雰囲気もある。
 福岡の宿は、初体験のタカクラホテル。ほとんど九州電力専用のホテルといった感じで、結構よいホテルだっが、さすがは日経トレンディで1万円以下ランキング1位になっただけのことがある、今回のプランは城山の湯利用付プランである、早速入浴したが、なかなかのお湯だった。夜は鉄鍋餃子を食べ、今後の人生設計について大いに議論する、結論として万が一小生が結婚する場合は、まず りくおさんと古賀さんを紹介すべし、ということのようである。
 頂き物のお菓子については皆さん一過言あるようだが、お惣菜の頂き物といえば、なんといっても新潟加島屋とちょっと落ちるかもしれないが、魚久この2大巨頭が魚業界を仕切っている、両方とも小生はあまりお好みでないので、これらが我が家の到着すると、大変がっかりしたものだ。特に加島屋については、これを超えるギフトはなかなか登場していない、小生でも喜べるような魚のお惣菜の出現を待つしかないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月2日(木)焼き菓子

 今日は朝から大雨、当然露天風呂から桜島は見えない。朝風呂で櫻島が見えないと、爽快感も半減である。御昼は悩んだ挙句、黒福多さん。入店するなり
「お客さん、昨日店の前通りましたよね?また出張でしょう」
「いやあ、昨日は悩んだ挙句 丸一さんへ行きました」
うかつに鹿児島の街を歩くこともできなくなってきたようだ、数種類あったロースかつ定食が、1種類になりちょっと味は落ちたかもしれない、というのは黒福多さんの印象。
 食後はてもみんへ、入店するなり
「ああ、○○さん1月ぶりですねえ、出張多いですね」
「いやあ」
「前回より大分堅いですね、東京発行の回数券って○○さん以外使わないんですよねえ」
すっかり、なじみの店へ来てしまったようだ。
 IMGP0189IMGP0190

今日は18時にて鹿児島でのお仕事を終了、夜は熟慮した結果、昨日に続いて 味の丸一さんに決定する、小生が上ロース1800円、相棒がヒレ定食1800円を食べる、あまりの量に相棒は呆然とするが、ペロリと平らげて絶賛していた。本当にここのとんかつは美味しい!
 ところで、今回の鹿児島はお中元関係なのだが、子供の頃頂き物でうれしいものといったら、やっぱり神田精養軒のマドレーヌ、小生はこれが大好物だ、おまけについてくる、赤と青のチョコレートキャンディーみたいなのは、余計の一言に尽きる。あとはゴーフル、泉屋のクッキー。ゴーフルは飽きてくると2枚一緒に食べていた気がする、後年小さいのが出ていたがあれは邪道、ゴーフルは大きさが魅力だ。そして忘れちゃいけないのが泉屋のクッキー丸くて星が4つついているのが一番最初になくったはずである。そんな時代に来襲したのが、ヨックモックである、あの濃厚な上品なバターの味わいは衝撃的だった、小生は特にシーガルが好きである。前者はちょっと時代遅れのにおいがするが、ヨックモックは今でも現役なのが凄い。最近ではグラマシーニューヨーク(キースマンハッタン)、アンリシャルパンティエ(シーキューブ)などが焼き菓子の上位に君臨しているが、残念ながら美味しいとは思えない、今の子供達は家に贈られてくるのを、心待ちにしているのだろうか?なんとなく、そうは思わないのだけれど。。。ギフト界の焼き菓子部門で次に君臨するのはなんだろうか?(是非、小生が作りたいものである)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

6月1日(水)冷やし中華始めました。

 IMGP0186IMGP0187IMGP0188


朝7時起床、いつもより若干早いくらいだ。なにはともあれ露天風呂、さつま乃湯に浸かる。ちょっと曇っていて桜島が見えないのは残念だが、やっぱり気分は爽快だ。時間がないので、残念ながら朝食ヴァイキングはパスして出勤、今日は一日立ち仕事、相当疲れてしまった。しかしながら、やることだけはやらなくてはならない、お昼は勿論、 味の丸一さんにて黒豚ロースかつ定食、1200円であのボリューム、あの食感は素晴らしい。とくに食後に全くもたれないのは奇跡に近い。食後は勿論、白熊、まだまだ鹿児島には喫茶店がたくさん存在しており、ほとんどの店にカキ氷がある。しかも一年中氷があるところが素晴らしい。
 かき氷とならんで、巷の夏の風物詩といえば、まずは 冷やし中華である。ラーメン屋には、製麺会社が店に無料で配布した青い文字の「冷やし中華はじめました」の下げビラが踊りだす。しかし、もりそばや、讃岐のぶっかけうどんなどは通年商品なのだから、そろそろ通年にしてもよいのではないだろうか?そもそも「始めました」という告知はあっても「来週から始めます」「明日からいよいよ始めます」とか、「いよいよ明日まで」とか「冷やし中華今シーズンは終了いたしました」などの告知は一切ない、大ファンで注文しようとしたら、いきなり昨日で終わったことを知って愕然とした人などいないのだろうか?どうせなら、始めるときも、終わる時もカウントダウンくらいして盛り上げてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »