« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

3月31日(水) 楽天

 パリーグが開幕して5試合終わったが、新加入の楽天は1勝4敗、結果についてはまあ、こんなものだろう。というのが大方の感想ではないだろうか?ある意味、あの戦力では当たり前である。今日、その楽天球団で衝撃的な発言があった、球団の取締役が「大局的見地に立って、是非戦力を補強して欲しい」という趣旨のことを実行委員会に各球団にお願いしたとのことである。
 昨年の選手を集める前ならともかく、この時期に、この発言はちょっと問題ではないだろうか?百歩譲って水面下で他球団に頼むのはよい、だけどそれが今戦っている選手の耳に入ったらどうなるだろうか?ただでさえ、よくない負け方で自信をなくしているのに、あまりにもあんまりではないだろうか?少なくともこれで発奮するとは、ちょっと思えない。初勝利を挙げた開幕戦では、監督選手がスタンドのファンに応えていただ、その隣にはオーナー、GMもグラウンドに下りて手をふっていた。ちょっと違うのではないだろうか?何度もいうが、グラウンドやマウンド、バッターボックスは選ばれた者だけにしか、そこに立つことを許されないと思う。
 フロントはたしかに素人かもしれないけど、もう少しプロ野球選手、特に自らの選手、仲間を尊敬することが必要なのではないだろうか?なんだかとっても寂しい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月30日(水)アナウンス効果

 興奮の甲子園から一夜明けたが、なかなか興奮は冷めない。日記にも多数コメントを頂いたし、メールもいただいた。別に自分が何かしたわけではないのに不思議な気分だ。
 ただ、冷静に考えると8日振りの会社であり、机の上は大変なことになっていた。しかも朝から電話が鳴り続ける中、新入社員の研修をこなすというのは、我ながらめまぐるしい一日となった。ところで昨日の試合で日刊の記事によると、サイン伝達疑惑があったとのことだが、まあご愛嬌だろう。
 小生が先日指摘した、万博の飲食物持ち込み禁止の件だが、小泉首相も改めるべきと発言した。福岡へ行ったり、北の大地へ行ったり、坊ちゃん列車に乗ったり、と政治以外のことに関しては、正直認めざるを得ない。ただ、急に持ち込み可にすると、いままで禁止していた建前がおかしくなるのだろうけど、どうするのだろうか?その万博だが事前の予想よりはるかに入場人員が少ないとのこと、しかし政府というか役所の予想をいい意味で上回ったものってあるのだろうか?道路にしても空港にしても田舎の最新設備を完備した公会堂などしかりである。だけど、人気のパビリオンやレストランは相当混雑しているようだから、これ以上こられても困ると思うのだけれども。アナウンス効果ということでは、人が少ない人が少ないという報道があった翌日の雨の月曜は大混雑となったようだ。選挙と同様裏の裏まで読まなければならないのだろうか?まあ、いわゆる嫌だ嫌だもいいのうち、みたいなものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月29日(火)塾高 甲子園!

 甲子園に来たのは12~3年ぶりになる、スワローズが野村監督で初めて優勝した年以来だ。今年は、交流戦でファイターズの応援に来ようと思っていたのだけれど、まさか母校の応援に来ることになるとは思いもしなかった。高校野球をあまりよしとしない小生でも甲子園へやってくると、やはり感慨深いものがある。1回戦が雨天順延になったおかげで、福岡の帰りに寄ることが出来た。まあ、これもめぐり合わせということなのだろう。大阪行きのANA便は機材変更のため1時間遅れ、生まれて初めて頂いたミールクーポンでロイヤルで朝食を頂き、ラウンジで仕事をしていると、ご搭乗の時間となった。 
 伊丹から甲子園行きのバスで、いきなり野球部のO君に出会う、まあ予感はしていたが野球部、応援部関係に物凄く会うことになる幕開けだった。第4試合ということで、時間があるので、隣接する「ららぽーと甲子園」にて「てもみん」にて癒し、「風月」さんにてお好み焼き、焼きそば、とんぺい焼きを頂戴する。開始予定1時間前に到着するとアルプススタンド入場列には長い列が出来ている、いきなり多数お声がけを頂く、当時中等部長のY先生始め本当にたくさんの方とお会いすることが出来た、中には当然20年ぶりという方もいらっしゃり、つかの間の旧交を温める。まあうれしいものだ、初めはアルプスでなく、一般内野で観戦しようと思ったのだが、やはりアルプスで皆と応援すると20年前の高校生の自分がよみがえってくる。どうしても気になったのが通常なら「福井をたおーせ」のところが、「チャンスだ打つ~ぞ」に変わっていたことくらいか、まあこのあたりは高野連の指導があったらしい。「倒せ」「ぶっつぶせ」などの単語は使用禁止とのことだ、どうやら高校の応援部は、現在部員数が圧倒的に不足しており、大学生や若手OBが多数がむばっていたのが印象的だった。試合内容は思いのほかレヴェルが高かった、内野ゴロなどは普通に安心して観ていられた。両チーム投手がよく福井の投手も140出ていたし、中林君も左の本格派の印象だ。外野手が頭を越されてしまうのだけは、お互いどうしようもないという感じ。正直、1回戦を勝つとも思わなかったし、ましてや2回戦を勝つとは夢に終わっても思わなかった。試合が終わってみると、本当にいい試合だったし、本当にいい応援だった。幼稚舎生から80過ぎのご老人まで一緒になって応援したという実感がある。こういう時、母校のよさを認識する瞬間でもある、勝ったときに皆で歌うのは、ヴィジョンのタイトルは「高校校歌」と出ていたが、そんな歌を歌える人は一人もいるわけがなく、流れてきたのは、勿論塾歌。非常に感動した。まさに、小生の20年前の夢をかなえた瞬間な訳だが、小生が3年の時にでなくて本当によかった、とも思った。いかんせん年齢制限で話題になること間違えなかった気がする。。。
NEC_0067
 帰りは新幹線、大阪から新幹線で帰るのは何年ぶりだろうか?喫煙席の真ん中しか2本空席がなかったので、30分待ってようやく乗車ちょっとお話にならない、大阪→東京2時間30分ってあまりにも退屈で、苦痛な時間だ、よかったのは久しぶりに食べたスジャータのバニラアイスのみ(これは本当に美味しい)。ちょっと考えられない、仕方がないので甲子園で頂戴したオフィシャル応援ブックを見る、目を引いたのは著名な先輩方からのメッセージで大きな会社の社長さんや、芸能人、アナウンサーなどがのっていた、戸張しょうさんの肩書きが「ゴルフトーナメントプロデューサー」吉田勝巳「ノーザンファーム代表」といったところ、しかし戸張氏のゴルフトーナメントプロデューサーは意味不明だ。あの偉そうな解説だけはなんとかならないものだろうか?小林陽太郎氏や河野太郎氏、紺野美沙子氏などが先輩として祝福のメッセージを語っているが、あまりこういうのは好きではない、審判OBの平光さんや、元南海の渡辺さんの言葉や、直接的に応援部だった衆議院議員長島昭久のメッセージなどならまだ分かるのだが。帰りの新幹線も凄い数の関係者が乗っていた、3回戦、準々決勝と進むとまたJR東海が儲かり、阪神電車も儲かり、景気の火付け役にもなるはずである、なんとかもう少し夢の続きを見てみたいものだ。なんだかとても幸せな気分の出張最終日になった。。。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

3月28日(月)福岡6泊7日目

 昨晩は、急遽マッサージをお願いしたこともあってか、5時間ほど眠ることが出来た。こんなもので、結構体調ってよくなるから不思議だ。一応、今日で業務は終了ということもあり、なんとかハイテンションのまま無事終了することできた。今朝の日経に、固有名詞というか登録商標が代名詞というか、一般名詞になってしまっている商品の例が挙げられていた。サランラップ、セロハンテープ、ウォークマン、ホッチキス、万歩計、ウオシュレットなどがもはや、1会社の商品名としてでなく、カテゴリーというか、他社製品を含めての名称とjなっているというのが現状だ。驚いたのが、ジープというのもクライスラー社の車種名ということだ。てっきり、いわゆるジープの総称かと思っていた。そういえば、東南アジアでは日本製のバイクをホンダと呼んでいるとのこと、だからスズキのホンダを1台買いたい、などの会話が充分成立するらしい、小生の周りで、凄いのが社名を動詞として使っていることだ、「その書類、ゼロックスしてください」コピー機がゼロックス社ののならまだしも、キャノンやリコー社の製品だったら意味不明な会話になる。本来は、類似製品が権利の関係で販売できんなければよいのかもしれないが、類似製品が他社から発売されて本物という気もする。しかしたいていは、1位と2位の差は大差である、テプラ・ネームランド、シャチハタと他社の判子などがいい例だ、まあとにかく商品名が一人歩きするくらの製品が出れば、しばらくはその企業は安泰だろう。
 登録商標も判断基準はあいまいで、夕張メロンは例外的に登録されたり、某岡山の新しい品種のブドウなどの名称も登録され、ここ数年業界では議論を呼んでいる。
 結局、深夜まで中州で飲む、地震の話を聞くが、やっぱり被害は天神、大名周辺に集中しているよう、断層ひとつでこんなにも違うというのが驚きとのこと。まあ、色々あるようである。いよいよ今晩は最後の晩、もう眠れなくてもよい、と考えると、いかにも眠れそうである。7泊8日お疲れ様でした。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月27日(日)福岡5泊6日目

 さすがに、ここまで連日眠れないと、疲れもいい加減蓄積されてくる。今日は予想外の悪天候で売上も低迷、正直トイレに座っていて、いつの間にか眠ってしまうなど、最悪の状況だ。とにかく天候と体調だけはどうしようもない。
 開幕戦観戦に来福中のしんちゃんさんと晩御飯を共にする、イカ刺しに、水炊きなかなかのお味だった。イッキマンさんのブログ開設、同窓会に出ると、必ずしも好ましい人物とだけ交わるわけにいかないので、あまり参加したくない。やはり堀江氏関係の話題に終始する。ちょっと体が限界に限りなく近づいてきているようだ、はやく北の大地へ行って癒されたくなってきた、念のため福岡がダメというのではなく、やっぱり出張と遠征は全く別物ということだ、これについても互いに意見が一致したところで解散。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3月26日(土)福岡4泊5日目

 7泊中4泊目ということは、一応折り返し地点を越えたということなのだが、平均睡眠時間は3時間程度。だけれど、気が張っているせいか日中眠くなることは全くない、晩御飯の時が疲れのピークであり、入浴して一息つくと、また目が冴えてしまう。ただ、読書が進むかというとこれが全く進まない。何をする時間が多いかというと、やはり日記の内容を考えている時間が圧倒的に多い。
 こういうミッチリ遠征先で仕事をしているときに、他の仕事が突発的に入ってくるのは正直ツライ、というよりまともに対応が出来ない。本当にメールはともかく、携帯は考え物である。
 福岡には、小泉首相、岡田代表、孫さんまで来ているらしい。我も我も福岡へと集まってくる、ついでながら、しんちゃんさんも来福しているとのこと。政治家も身に来るのはよいが、その後どうしたのかを半年後くらいに、はっきりと発表させて欲しいものだ。
 始球式で、新庄がオロナミンを持って、バッターボックスヘ入ったとのこと、どうもここまでやると違和感を感じてしまう。アイドルタレントがマウンドへ立つのも、もっと違和感を感じる、マリンスタジアムの金田正一氏、村田兆ニ氏などは多いに納得できる、プロのマウンドとバッターボックスへ立つことの資格がある人物は、そんなに多くはないはずだ、しかも開幕戦である。福岡なら、今話題の池永氏とか色々考え方はあるはずだ。ちょっとソフトバンクの先行きに不安を感じざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月25日(金)福岡3泊4日目

 あまりの部屋の暑さに、結局窓を開放して下着で就寝する。しかし、なかなか寝付けない。今日は朝から天気もよく天神の街は結構な人の出である。正直、建物の中に一日中缶詰になっていると、なにも書くことがない。いよいよ万博が開幕したようだが、日本での万博は大阪以来とのことである、勿論小生は大阪の万博は経験していないが、ポートピアと宇宙博は経験している、てっきり花博とかも含めて万国博と称しているかと思っていたら、どうやら格が違うようだ、たしかに北海道、食の博覧会とかと一緒にされると、三波治夫先生や、岡本太郎先生も浮かばれないだろう。ということは、愛・地球博を経験しないと、「人生一度は万博だ!」という流れに遅れてしまう、といっても全く参加する気はない。万博も当然のように飲食物持ち込み禁止、仙台のフルキャストスタジアムも、公園を作るといって飲食持ち込禁止、ちょっと違うような気がする。
 福岡といえばK氏である、天神の居酒屋で一献、お楽しみのイカが売り切れなのが残念だったが、ひさしぶりにサシで飲むことができ、大いに楽しむ。今日こそは眠れそうな気がする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月24日(木)福岡2泊3日目

NEC_0063 2泊目の八百治ホテルは、今日も結局寝付けなかった。出張中はほぼ一日中建物の中に缶詰になってしまう。休憩時間に、近隣のNTTの無料インターネットコーナーでネットで一息をつく、注意事項として掲示板、チャット、メールなどはできません、と書いてある。ココログなら問題ないと思い、ログインしようとすると、その瞬間係員が飛んできて、そういうのは勘弁してくれという。まあ、イマイチ納得がいかないが無料だからおとなしく引き下がる、仕方がないので堀江氏の日記を見ようとすると、なぜか有害サイトとしてブロックされていた、相当納得いかないが無料だからおとなしく引き下がる。
 NEC_0064
 お昼は、天神の大名うどんにて、お手軽うどんすき1500円をいただく、相当なボリュウムがあり満足、東京の蕎麦やでは、へたすると鍋焼きうどん1500円なんて店もあるから、やっぱりお安い。衝撃的な慶應高校の勝利を確認し、夜は中州にて鉄鍋餃子を頂く、やっぱりここへ来ないと福岡の夜は始まらない。日本一の餃子といっても過言ではないだろう。今日こそ熟睡する決意で入浴、就寝前に缶ビールを1本いただく、この日記を書いていると地震速報震度3とのこと、自分的には全く感じなかったのだけれど。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月23日(水)福岡1泊2日目

tako 福岡1泊目は、いくら定宿の八百治ホテルとはいえ地震のことなども含めて、色々考え込んでしまってなかなか寝付けない、3時間ほどウトウトしたところで勝手に目が覚める。出張2日目は、とくに地震を感じることもなく、平穏無事にあっという間に過ぎた。皆、口々に地震のお話はするが、ほとんどの方は基本的には平常の生活を送っているような感じだ、勿論避難されているかたもいらっしゃるのだけれど。NHKテレビの画面の右と上を囲む地震情報さえも、もはやたいした情報は流していない。
 あと数日でパリーグ開幕なのだが、自分的には全くそのワクワク感がない、世間一般にはあるのだろうか?やっぱり北の大地へ行ってしまったというのはわかっていても大きいのだろう。
 実質博多1泊目は、タコの踊り焼きをいただく。半分死んでいるタコを炭火で焼いて食べる、なんとも残酷な食べ方だか、身がとても柔らかくで美味しい!頭の部分をはさみで切っていくと、スミがそのまま出てくるのはご愛嬌。とりあえず博多へ来ると、最近は必ずこれを食べにくる。
 ライブド高裁でも勝利、一方の植草氏は有罪、手鏡没収というのが、検察官の主張がそのまま認められており、警察や検察を本気で怒らせると怖い!というのが見せしめのようで良く分かった。記者が「今日も手鏡もってますか?」という質問は答えが知りたいというより、どこの社の人が聞いたのかが知りたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月22日(火)箱崎→羽田→福岡

 夕方から、親子丼でおなじみの「人形町玉ひで」さんにてコースを頂く。さすがにシャモを使った、鳥スキは美味しい。できることなら、その残ったツユでオジヤでも食べたいところだが、締めにしっかり親子丼が登場し、満腹を超える。親子丼は流石に美味しいが、個人的には玉ねぎと三つ葉が入っているオーソドックスなのが好きかもしれない。ちなみに近所の蕎麦やには、カレー南蛮が2種類あり、鶏肉に長ネギ、豚肉に玉ねぎとある。どちらも美味しいが、鶏と長のほうが好きな気がする。
 箱崎からリムジンバスで羽田へ、なんと乗客は1人のみ!運転手さんと結構話しながら湾岸を西へ向かう。箱崎1915、福岡行き最終は2010だから、実は結構ギリギリ。運転手さんに、飛行機の時刻を告げると、もちろん制限速度内で頑張ってくれ、22分で到着した。
 途中、大阪上空くらいまで激しい揺れがあり、ドリンクサービスも中止。サービスが始まって、今月のスペシャルのクランベリージュースをお願いすると、もう月末だから在庫が終了しました、とのお答えがあった。トイレでの喫煙事件などもあったが、無事定刻に福岡空港に到着。今日だけで2件のアクシデントが発生した航空会社とは格が違うようだところで、ATCが作動しない新幹線も相当怖いと思う。ということは、270キロが280キロ、500系山陽区間だと300キロが310キロ出ていたのだろうか?
 この時期のビジネスホテルって、空調の切り替え時で館内が結構暑い、流石の八百治ホテルさんも暑い。チェックインの際、深夜でも大きめの余震の際は館内放送を入れます!との注意事項を受ける、今日ばかりは非常階段の扉も開いているし、部屋の絵も床に置かれている、今日も震度4があったようである。幸いにして今のところは体感していないが、やはりあまりいい気持ちはしない、暑さもあって去年36泊した福岡一のホテルであり、温泉にも入ったのだが簡単には寝付けそうにはない。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月21日(月・祝)明日から福岡!

 いよいよ明日から長期福岡出張ということで、どうしても現地の様子が気になる。恐らく忙しくて大変だと分かりつつも電話すると、予想外に皆、「たいしたことない。」との答えが返ってきた、結構拍子抜けの感だ。マスコミ関係の友人によると、「とにかくテレビは、やばい場所を必死に探して撮影している」とのことだった。デパートなどは通常営業しているが、レストランなどは食器がかなり破損してお休みしているお店も結構あるとのこと。
 しかし多かれ少なかれ、余震が確実にあるのだから、あまり気持ちのよいものでないことだけは、確かだ。祈るだけである。だけど、今回の地震、震度6弱なのに、火事が0件というのは凄い、変な表現かもしれないが快挙だと思う。お隣韓国でも震度4を記録したらしいが、火災が発生している。やはり神戸の災害以来、「地震だ火を消せ」が徹底されていたのだろう、自らも肝に命じたい。
 日増しに暖かくなってきたということで、春の訪れを告げるトゥインクルレースの開幕である、なんだかんだ結構わくわくしてしまう。馬券の方は、大変遺憾な結果になってしまったが、やはり夜の競馬は楽しい、3000円は高いけれども空調の効いた指定席も快適だ。しんちゃんさんは競輪と競馬のハシゴとのこと、今日は若干プラスのようだが、生活がすさんでいるようで、ちょっと心配である。ちなみに、昨日も競輪だったようだ。競馬の後は、大井町 牛車さんにて焼肉を頂く、とにかくここは、キムチとチョレギサラダが絶品である。カードが使えないのと、店員さんの愛想が悪いのだけが難点だ。も~さんオフ、6月の社台ツアーの打ち合わせをして解散。ちなみに、小生が無防備だという手厳しい指摘も受けた。
 突然の災害により事態は急変したが、明日から福岡である。余震のないことだけを祈りたい。しばらくの間、更新が不規則になることをご容赦いただきたい。では、行ってまいります!
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月20日(日)札幌→東京

NEC_0061 旅先の朝は、報道2001から始まる。サウナの中で見るには最も適した番組であるが、他のお客さんはチャンネルを変えてくれと騒いでいた。11時のチェックアウトまでゆっくりと過ごす。ところで、白骨温泉の問題以降、温泉をディスクローズす動きが少しづつ出来てきた、ジャスマックの大浴場にも、大きく「加温、加水、循環、しているが、銀イオン殺菌であるので、全く無害、しかも常に新しい源泉を加えている」旨堂々と告知されていた、たしかに塩素独特のニオイというか、肌荒れも少ないような気がする、この銀イオン殺菌については大いに気になる。ちなみに、モントレエーデルホフにいたっては、旅窓に大きく「循環・加熱・加水」と目立つように書かれている、これからの温泉の情報開示の動きには注目していきたい。
 すすきのを散策したあと、ロビンソン百貨店地下の回転寿司「魚一心」さんへ入場する、いつきてもこの店は活気がある、今日も勿論満席だ。20分待ってようやく席に着く、東京で食べる回転寿司とは何故こんなに違うのか不思議でならない。今日は10皿いただいて2300円、大満足だ。なんとかこのあたりの店に東京進出してもらえれば東京の回転寿司業界の底上げになるだろう。

続きを読む "3月20日(日)札幌→東京"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

3月19日(土)すすきの

NEC_0056 一晩中降り続いた雪は、まだパラパラと降り続いている。小雪降る、すすきののど真ん中で入る朝風呂、しかも露天風呂というのは格別である。これ以上の贅沢って、現時点では少ないと思う。朝一で打ち合わせを済ませ業務は終了。ここからはくつろぎの時間である。旭山動物園、登別滝本インなど色々選択肢があがったが、ジャスマックに連泊となった。今日は昨日に引き続き、色々と食べさせていただいた。まずは、三越から程近い、福家さんにて、ちらし寿司を頂く。この店は、特にランチでのコストパフォーマンスが高い気がする。続いては、起平さんにてみそラーメンを頂く、正直この店には二度と行くことはないだろう。ウインズ札幌にて、マイネルシュネルの5着を確認して退場。すすきのを散策した後、SHORIN(ショーリン)さんにてスープカレーを頂く。スープカレーとは、ここ数年なぜか札幌でブームとなっている食べ物である。なかなか今まで機会がなかったのだが、まあものは試しということである。まあ、結論から言うと、まあ1回食べればいいだろう、この一言に尽きる。想像とおり、メーヤウのカレーをまずくした感じで
NEC_0058

続きを読む "3月19日(土)すすきの"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月18日(金)東京→札幌

NEC_0054 3月の3連休前日ということで羽田も活気がある。搭乗券もピーク期普通運賃である。NW機が乱気流で負傷者が出たというだけあって、離陸直後はかなり揺れた。お飲み物のサービスで起こされるのは、よくあるのだが、揺れで起こされるのはちょっと記憶にない。しかし、そこはANA勿論ドアモードもオートマチックになっているので安心である。
 東京はかなり暖かかったので、コートが物凄く邪魔だったのだが、北の大地はそんなに甘くない。新千歳空港ではご丁寧に小雪がお出迎えだ。まあ、バーバリーのコートも持ってきた甲斐があったということである。とりあえず本日の商談を30分ほどで終了させ、向かったのは「さっぽろジンギスカン本店」さんである。かねてから大いに気になっていたのだが、ようやく入場することが出来た。いかんせん営業時間が5時から9時というのは、難しい。かなり期待して行ったのだが、想像以上に美味しいジンギスカンだった。厚切りのラムには全くクセがなく、いくらでも食べられてしまうほど、美味しい。噂以上にいかにも頑固!という店主がの目の前では、撮影がちょっと難しかったのが残念だ

続きを読む "3月18日(金)東京→札幌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日(木) 専門家

 世の中、めったにない事件が起こると、突如としてマスコミに毎日のように登場する、その道の専門家がコメンテーターとして登場する。かつては飛行機事故が起きると、航空評論家の青木英雄さんが登場していた、結構永い間飛行機事故といえば、青木さんだった。今では、その地位はご子息に受け継がれている。湾岸戦争の時に物凄いクローズアップされたのが、軍事評論家の江畑健介さんである、もの静かなしゃべり口と、とにかく独特なヘアスタイルに注目が集まった。そして、現在世間を席巻している10年に1度のようなライブドア問題で突如として登場したのが、M&Aの専門家、一橋大学大学院助教授の佐山氏と、M&Aに詳しい弁護士の永沢氏である、共に得がたいキャラクターである。
 いかにも資本主義の論理を徹底して実践してそうな雰囲気の佐山氏は凄い、なんか自身が大学で教えているM&Aの理論を堀江氏が実践し、実証してくれるのが、楽しくて仕方がない。といった感さえする。

続きを読む "3月17日(木) 専門家"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月16日(水) 甘さ

 今日は一日事務所でお仕事、特に変化は何もない。ただ、くしゃみ・鼻水がとまらない、微熱もあるようだ。小生、もともとアレルギー性鼻炎があるので、一年中ティッシュが手放せない、だから花粉の時期だからどうだ。ということもなかったのだが、今年は確かに凄いような気がする。今日は暖かかったけれど、まだまだ今年は寒いようだ。この分だと、樹木の開花も遅れそう、ということは初夏から秋にかけての果物の収穫も遅れそうな気がする、昨年は台風でのきなみ秋の果実がやられてしまったので、今年はなんとか無事収穫の秋を迎えて欲しいものだ。果物といえば、よくテレビのレポーターなどが産地で紹介する際、試食してまず発する言葉が「あまーい」である。果物にとって、甘いというのは確かに褒め言葉のひとつではある。甘い=うまいなのであろうか?個人的には、そうではないはずである。例えば糖度14度のみかんと糖度12度の、みかんなら確実に14度の方がおいしい、ということはないと思う。

続きを読む "3月16日(水) 甘さ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月15日(火) ラジオ

 11時過ぎから地方ラジオ局の生番組に電話にて5分程度出演。10分弱お話する、先週の金曜の時点で出演は決まっていたのだが、すっかり忘れていた。放送2分前に電話がかかってきて思い出した。今日はたまたま事務所にいたのだが、トイレにでも入っていたら大変なことになるところだった。今話題の局を含めて4回目のラジオ生出演だが、テレビと違って緊張せず、軽快なおしゃべりが出来たと思う。当然かもしれないけど、完全なボランティアで何もいただけないんですけどね。
 午後は月一の某社での講習会というか、勉強会。午前中の勢いにのって、これまた軽快なおしゃべりを2時間といた感じ。3月というのは本当に果物が少ない、いちごとかんきつ類がほとんどをしめ、あとは出始めの枇杷といったところか。5月6月になるまでは辛抱のしどころ。

続きを読む "3月15日(火) ラジオ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

3月14日(月)ホワイトデー

 ホワイトデー当日、散々悩んだ挙句三越さんにて、福砂屋のカステラを購入することにする。理由はいくつかあって、まず自分が食べたくなったこと。日持ちがする、意外とコストが安い(700円)、などがあるが、最大の理由は売場が空いていて並ばずに購入できるということに尽きる。数本購入したのだが、会議やなんやで最終的に手元に5本残ってしまったのは、遺憾だった。明日以降お渡しするしかない。なんとなくだが、今年のバレンタイン、ホワイトデーは意外と活況を呈していたような気がする。バレンタインの場合は女性が、自分へのご褒美マーケットとしても機能しているが、まさかホワイトデーで自分の分まで購入することになるとは思わなかった。
 小生も大いに狙っているのだが、おひとり様マーケットというのは非常に大きい。自分へのご褒美には女性は大いにお金を使う、男性の場合はそういう感じでなく、特に大きな目的がない人は普段から結構使っているような雰囲気がする。

続きを読む "3月14日(月)ホワイトデー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日(日) 感謝

 ホワイトデー前日ということで、今日は一日中発送作業。朝から冷え込んでいたが、午後になると雪まで降ってきた。商品の性質上涼しい場所での作業なので、凍えながらの作業。私がこんなことをいうと、みもふたもないのだが、チョコを全く食べられない小生としては、本当にこのイベントは困ってしまう。
 JALから来年度のアップグレード券が到着する。このチケットが曲者で、国際線は正規運賃以外ほとんど使用することが出来ない代物である。国際線を正規運賃のチケットで購入する人ってどれくらいいるのだろうか?普通の会社の出張ってそういうものなのだろうか?
 別紙には「特にご愛顧いただいている皆様に、感謝の気持ちをこめて。。。。お贈りさせていただきます」と書いておある。この事実上全く使い道のないクーポンが感謝の気持ちとは笑止千万である。所詮彼らの感謝の気持ちというのは、形だけのものなのだろう。

続きを読む "3月13日(日) 感謝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月12日(土)隼人→伊丹→東京

 せっかくのホテル京セラなのに、どうしても体調がすぐれない。プールも入らず、入浴も1回。晩御飯も食べずに就寝したのだがなかなか寝付けなかった。軽く入浴をすませ、堀江氏勝利の大きな見出しを読みながら、朝食を頂く。勿論値段は半分だが、昨日の城山と比べてしまうと、寂しい気がする。まあ、ここで2000円といっても皆困るのだろうけどね。しかし、昨日の判決で堀江氏は勝利に近づいたのだろうか?恐らく誰も勿論フジサイドも裁判で勝てるとは思っていないはずであるから、フジとしてはリスク0の裁判だったと小生は認識していた。ところが、昨日の判決(判決というのかは分からないが)時間外取引まで問題ないと判断されてしまったというのが、大きいのだろうか?つい2日前にはフジTOB成功!勝利という文字が躍っていたような気がするのだが。フジの最大の誤算は、世論がこの増資によって堀江氏に完全に流れてしまっているということだろう。ということは、実は物凄いリスクを背負っていたということなのだろう。こうなってくると、1株でも多い方が勝利に近づくわけだが、フジとしては当然TOB価格より上で買うということは、同義上難しいのではないか?とにもかくにも楽しくなってきたことは間違いない。

続きを読む "3月12日(土)隼人→伊丹→東京"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日(金)鹿児島→指宿→隼人

 城山観光ホテルの朝は、当然桜島を望む露天風呂で始まるのだが、残念ながら外は雨。でも目覚めの露天風呂は最高である。時間をかけてたっぷり日本一の朝食を頂くつもりが、依然として体調すぐれずおなかが張ってしまい、ご飯は1膳のみ。でも本当にご飯も、赤だしも、おかずも最高である。ひとつ足りないのは、フレッシュなジュースとフレンチトーストなどの甘めのものぐらいか。ラッキョや、キムチまで美味しいのだから、たいたしものである。ただ、とにかく今回残念だったのは、前日ではダメと断られた日刊スポーツが読めなかったことと、受諾された日経がなぜか毎日にすりかわっていたことだ。
 お昼過ぎに商談を終え、かねてから気になっていた とんかつ 丸一さんへ参戦する。黒福多さんや、いち・にい・さんが観光客向けの要素が強いとすれば、こちらは地元密着のとんかつ専門店だ。お昼のロースは、1200円、1450円、1800円とあるが1450円のロースかつを頂くことになる。NEC_0050

続きを読む "3月11日(金)鹿児島→指宿→隼人"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月10日(木)東京→岡山→大阪→鹿児島

NEC_0047 昨日の体調ではとても無理と思われていたが、なんとか復活してANA岡山行きへ乗り込む。以前の岡山行きなら、80%くらいの確率でバスだったのだが、深夜スマートeチェックインした時に確認できるようになり最も近い61番ゲートというのはなによりだ。搭乗時間が近づいてくると、盛んにこの便はオーバーブックだから3時間後の便へ1万円で振り替えてくれ!とのアナウンスが流れるが一向に誰も名乗り出ない。平日の朝9時のビジネス便で簡単に退場できる人はいないだろう、いくらなんでも無謀のような気がする。心なしか、皆我先に乗り込んでいる気がした。70分足らずで無事に岡山空港へ、市内へはリムジンバスである。どこでもそうだがこの手のバスは2×2の配列である。当然窓側から埋まっていく、ちょうど窓側が埋まったあたりで乗り込む人は凄い損した気分になるというか、隣に座る時に、なんだか申し訳ない気分になる。小生も先に1人で座っていると、なんとか隣が来ないで欲しいと祈るばかりである、もっとも好き好んで小生の隣を選ぶ人もすくないだろうが。バスの車中へS氏から携帯が入り、フェスタロバリー4着の報告を受ける。大井の45万下で4着というのは。。。。
  

続きを読む "3月10日(木)東京→岡山→大阪→鹿児島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月9日(水)フーデックス

NEC_0046 幕張メッセのフーデックス2005に参戦する。これは、毎年行なわれている飲食業者の展示会である。メッセ全てを使う巨大イベントである。各社のブースでは、試食が盛大に行なわれる。とにかく会場が広いため、歩いているだけで疲れ果ててしまう。国内メーカーはもとより、世界中から売り込みがあり大層な盛り上がりだ。かつては、試食もコンパニオンさんも凄かったのだが、一時ほどの勢いは感じられない。唯一コロナビールのコンパニオンさんが素晴らしかった。
 実は、朝から体調が優れず、ダウン寸前になり速やかに退場する。オフィスの会議室のイスに座って2時間寝てしまった。パブロンが効いたのか夕方には若干回復する。夜は、月島にてもんじゃに参戦、明太もちもんじゃ、豚玉をいただく。会計時にポイントカードを「どうせめったに来ないから」と固辞すると、「うそ、あんた良く来るじゃない」と切り返されてしまった。
 ユキオオカベ引退。小生が競馬を始めた高校生の頃からトップジョッキーだったことを考えると凄いの一言、なんと56歳である。ある意味競馬が一番面白く、盛り上がっていた時代が終わったようだ。

続きを読む "3月9日(水)フーデックス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月8日(火) 旬

 今日は一日中、フジのTOBの結果に終始していたようだ。帰宅すると、堀江氏がフジ以外の各局のニュースに順番に出演している。優勝した日のプロ野球選手のようである。小生も積極的に出演順にチャンネルを切り替える。見比べると、どうしても各局の違いというか、キャスターの力量的な要素が浮き彫りになる。なんだかんだ言って、筑紫さんとの対論が堀江氏の気分よくやっていたようだ。最悪のなのは、WBS小谷氏で仮定の話ばかりで、答えようがないと堀江氏が憤るのもよく分かる。
 ホワイトデー前ということ、再来週10日ほど長期出張などが重なって、にわかにバタバタしてきた。オアシスもてもみんも控える。しんちゃんさんのように、毎日毎日遠征だ、出張だと出来事がある人はいいが、流石に仕事がバタバタしだすと日記も書くことがなくなってくる。

続きを読む "3月8日(火) 旬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日(月) 検索

 ブログには、どんな言葉で検索されたかが一目瞭然に分かるような機能がある。ここへきて、なんとなく傾向が見えてきた。一言でいえば、なかなか情報がないもの、ということに尽きる。マカオと沖縄が多い「マカオ ホテル」「マカオ サンズ」「マカオ マンダリンオリエンタル」なるほど、というものが並んでいる。小生の日記から適切な情報を習得していることを願ってならない。
 一方の沖縄では、「ホテルグランメール」というのが、頻繁に登場している。グランメールに関しては、あまりにもネットでも情報が少ないので、すがるような気持ちで検索したのだろう。については、アップして数分後に大きな反響があったため、残念ながら現在は非公開なのだが、検索にひっかかるようにタイトルには文字を復活させた。これも、本土の人間にとっては情報が著しく不足している内容である。

続きを読む "3月7日(月) 検索"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月6日(日)ポイントと値引き

 久しぶりの在宅日曜ということで、ゆっくり眠り、オアシス聖路加へ向かう。銀座4丁目の交差点のところで、大きな看板が目に飛び込んできた。「銀座三越ポイントカード」なる看板である。ここで整理しなければならないのが、各デパートのハウスカードホルダーに対する特典である。高島屋、伊勢丹、ミレニアム全てお買い物金額をポイントに換算してお買い物券との交換というのが大きなくくりである。一方その場で、現金だろうがカードだろうが5%値引いてしまうのが三越である。小生の感覚で言うと、ポイントって最低10万円くらい購入しないとお買い物券にはならいと記憶している。一方いくら購入しようが、その場で5%引きというのは、圧倒的に消費者に有利と思っていた。実際、小生も崎陽軒のシウマイ弁当も5%引きで購入できるとうれしい。と思っていたら、そうでもないようである。明らかな松屋対策としてのポイントカード導入であろう。そういえば札幌三越でも大丸対策としてポイントカードを導入していた、5%引きのうえにポイントである。だとしたら凄いサービスである、しかしほとんど敵がいない三越本店では導入されていないようだ、JRでいうところの品川ー横浜間の特定運賃のようで、イマイチ納得がいかない。

続きを読む "3月6日(日)ポイントと値引き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月5日(土)占い

 小生こうみえても結構占い好きである。まだ結婚もしていないので、そうそう人生の大きな節目ってないのだけれど、小さい節目には占い師さんに見ていただいている。この方には、実は高校生の時から観ていただいているので、かれこれ20年近い付き合いになる。細木数子先生ほどではないにしろ、1回結構な金額を払うことになる。占いって、未来のことを占うというより、相談することに重点を置いて考えた方がよいと思う。まあ、悩み事とか考え事ってユックリ話すことで、半分くらい気持ちが楽になるし、結果を導くというより考え方のアドバイスをくれるといった付き合いである。
 まあ、有料な占いはおいておいて、毎日たくさんの占いを見ることになる。朝は目覚ましテレビのカウントダウンハイパーと、やじ馬プラスの星座占いを見て出発し。会社についてから日刊のなんとか星人の占いを見て、仕上げはヤフーの星座占いである。ヤフーの星座占いは100点満点の数字で評価される、といっても勿論0点とかはなく、最低

続きを読む "3月5日(土)占い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月4日(金) トイレ

 昨日の「顧客満足度」には大きな反響があった。まあ誰でも自分なりのランキング、店、サービスに対する評価というものがあるのだろう。ところで、昨日は見逃していたのだが、銀行(郵貯を含む)という項目があった。順位は驚くなかれ、郵貯・UFJ・りそな・みずほ・三井住友・東京三菱・シティバンクということだ。衝撃的といえば、衝撃的、当たり前といえば当たり前なのが郵貯。これでは民間の金融機関はたまったものだでないだろう、一方ではヤマト運輸も郵政の攻撃にさらされている。とにかく国と戦わなければならないのだから、皆大変である。特にUFJ銀行およびヤマト運輸の株主としては、やはり年金問題よりも郵政民営化を公約とする小泉改革を応援しないわけにはいかない。
 ところで、デパートの評価の大きなポイントにトイレが大きなウエートを占めていた。当然ながら女子トイレにはご縁がないのだが、個室の中にも洗面台が設置されているものも珍しくないらしい。当然ながら男子の個室の倍の広さはあるだろう、しかし女性のトイレというのは大概個室待ちの列があるように思える。一人あたりの個室滞在時間は

続きを読む "3月4日(金) トイレ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月3日(木) 顧客満足度とは?

 一昨日あたりから今日は夜、雪だ雪だと各気象予報士が騒いでいたので、今日は早く帰宅することにする。週刊ダイヤモンドに掲載された「顧客満足度ランキング ベスト10」を読む。1位の東京ディズニーリゾートはよく分かるが、以下、ダイソー、ヴィトン、ショップ99、セブンイレブン、、モス、au、ジャルパック、阪急百貨店、サンマルクと続いた。この中で小生が頻繁に利用しているのは、セブンイレブンのみである。どうにも不可解なのが、ジャルパックと阪急である。わざわざジャルパックって指定するんですかね?それに確か今は、アイルではなかったのか?阪急に至っては東京ではほとんど相手にされていないと思うのだが。。。
 部門別だと、外食でミスタードナツが1位、ここ数年で結構問題を起こしていると思うのだけれど。。。デパートでは大丸、そごう、高島屋、伊勢丹、阪急、三越、西武の順である。これも正直、伊勢丹がダントツだと思っていたので意外である、そもそも大丸東京って、お弁当のイメージのみであるし、そごうに至っては東京にはもはや存在しない。勿論アンケートは東京だけではないのはわかっているのだが、納得しない方も多いと思う。

続きを読む "3月3日(木) 顧客満足度とは?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

3月2日(火) 100円菓子

 最近のコンビニというのは、システム会社による売上分析が徹底的に進んでいるためか、あまりにもアイテムの絞込みが進みすぎていると思う。限られたスペースで最大の売上をとるための当然の戦略なのだろうけど、お買い物の幅があまりにも少なくなってしまって、お買い物の原点かつ最大の楽しみである選ぶ、ということが出来なくなってしまっている気がする。それに比べると、かつて100円ビールや37円コーラを販売していたダイエーは、余計なものまで安いからと買ってしまって、それはそれで楽しかった気がするが、こういう商売が最も不良在庫を抱えてしまって最も効率が悪かったのだとも思う。
 夜、お菓子を購入しようとセブンへ行くがあまりにもアイテムが少ない、狭い菓子スペースの大部分を占めるのはポテトチップと100円シリーズである、小生この100円シリーズ好きではない、美味しくないからだ。なんかこういうPBというかOMEばっかりなのもつまらない。その中で、存在感を誇示していたのは、やっぱりRITZである。リッツの代わりだけは、なかなか登場しない。完全なブランドである。そういえば、小生もリッツパーティーを可愛い奥さんと開催するのが子供の頃の夢だったような気がするが、とても実現できる見込みはたっていない。

続きを読む "3月2日(火) 100円菓子"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月1日(火)プールと塩素

 いよいよ3月ということで、急遽しんちゃんさんとランチミーティングが行なわれる。鉄板焼き、宮越珈琲さんをはしごする。話題は、どうしても先週末の各々の遠征と、堀江氏のことが中心となる。秘密めいた遠征について糾弾すると終始言い訳に徹していた。しかも超割利用なので、2月前から秘匿していたのだから、たいしたものである。挙句の果てに旅先でおなかがいたくなって、美女軍団に迷惑をかけるとは話にならない。
フジのあからさまな窮余の策により、世論が相当堀江氏に有利に働いているということで一致する、とにかくやじ馬としてはこんな面白いことはそうざらにはない。
 昨晩から、くしゃみ、鼻水が止まらない。小生アレルギー性鼻炎の持ち主なため、とくに花粉の時期だけつらい、ということではないのだが、今日はつらかった。オアシスに行くか悩んだが、聖路加にて軽く泳ぎ、サウナで徹底的に汗をかくと非常に気持ちよくなった。いつも残念におもうのだが、塩素のきつさ!いくら体を洗って、お風呂に入ってシャワーを浴びても塩素は残る、家でもう一度お風呂に入らないとならない。公衆浴場、プールを殺菌する仕組みって、ほぼ100%が塩素なのだが、なんかよい方法って生まれないですかね?このままでは、プールで運動してもお風呂で身体がおかしくなってしまう。坊ちゃんの道後温泉にも塩素が入れられている時代である。源泉かけ流しに塩素という意味不明の時代になってきている。塩素以外の安価で安全な殺菌の方法を是非開発、普及させていただきたい。私にとっては本当にノーベル賞ものだと思うのだけれど。。。。
 千疋屋総本店バナナオムレット ホワイトデーに最適です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »