« 2月19日(土)マカオ | トップページ | 2月21日(月)香港→成田→東京 »

2月20日(日)マカオ→香港

macaumachi1 いよいよマカオ最終日である。残された時間、残された予算はわずかである。我々が最終決戦の地に選んだのは、やぱりサンズである。意を決して入場する、場を見回すがなんとミニマムは$300である。正直リスボアに行くことも頭をよぎったが、取り返すには$300で短期決戦しかない!という結論に達する。今日の予算は4万円、昨日までの損失が6万、今日は4万最悪の場合計、10万の損失になる。まあ世間一般からすれば、カジノで10万なんてたいしたことない、そんなの勝負しているうちに入らない。という方も多いだろう。でも、やっぱり10万は大変な金額であるし、負けっぱなしで尻尾を巻いて帰るわけにはいかない!
 macautaminal結構、お客さんがいない卓もある。意を決してしんちゃんさんと共に女性ディーラーに戦いを挑む。明らかに昨日までとは違う流れ、どんどんチップが増えて行く、この緊張感がたまらない。10分足らずで2万円弱取り戻したところでディーラーが替わってしまう。若干吐き出したところで一考。もちろん元には全然足りないが、最終日勝って気分よく帰るならば今がやめどきかな?と思ってしまったのが情けないところ、そこからは流れが激変し連敗街道を突っ走ってしまった。自分の2枚のカードの計が10や11で、親の1枚目のカードが5.6などの際は、あと1枚だけ引く代わりに最初と同額を賭けることができる「ダブル」という作戦がある。これで3連敗を喫してしまった。もはやこれまでである。あっという間に4万円分のチップがなくなり、計10万円が泡と消えてしまった。

 一瞬更に10万円キャッシングして大小などで一発勝負、それもダメならさらに20万円、更に倍倍と続けていけば、流石に3回目くらいには勝てるだろう、との危険な発想が大きくよぎるが、それを実行できないところが、所詮小生の器の小ささである。情けない限りである、しかし今日で戦いは終わったわけではない、いくら確定申告は終了したといえども、住民税の請求も来月あたりには到着する、勇気ある撤退をすることに決する。 
 まあ3日間たっぷり遊んで10万。これを高いとみるか、安いとみるかは考えどころであろう。敗者は去るのみである。ターボジェットにて香港へ。
 久しぶりのマカオであったが、わずか3年足らずでの変化には正直大いに驚かされた、とにかくサンズを初めとして新しいカジノが出来ている、サンズの隣にもラスベガススタイルのテーマパーク型のカジノが建設中のようだ、他にも大型カジノが建設中のようで、まだまだよい方向に国は変わりそうだ。ラスベガスを抜いて、カジノ売上世界一というのも大いにうなづける。しんちゃんさんと共に近々の再訪を決意する。
 今夜の宿はマリオットさんである。これは素晴らしいの一言である、全部屋2コーナーに窓を持ち、とてつもなく大きなベッド、なぜか5つもある大きな枕。makura シャワールームと別のバスルーム。ハイスピードインターネット接続。正直今までのホテルの中でも最上位級である。荷物を置いて、昼食にティムサムさんへ繰り出す。ここは以前にも行ったことがあり、味については定評がある。しかしながら、前回はメニューに日本語表記もなければ、日本語も通じなかったのだが、今回はどちらもオーケイになっていた。ある意味残念ではあった。漢字表記から料理を想像するのも香港での中華料理の醍醐味である。お味はさすがであったのだが、隣のテーブルには、50歳前後のさえないオヤジと、キャバクラ嬢のご旅行という感じのカップルが一緒だった。あんなさえないオヤジで、会話の内容もつまらない。そんなオヤジでも金があれば、若い女の子と香港旅行が出来るのである、やはり世の中金という結論に達する。森義朗君が最も怒りそうな結論であるが、現代教育を受けたものとしてはいたし方がない結論であろう、まあ資本主義経済の中心である香港だからこそ導き出された結論でもある。彼らは、今頃どういう夜をすごしているのだろうか?大いに気になる。。。。
 ホテルからのタクシーに、しんちゃんさんが「マリオットホテル」と行き先を告げるがなかなか通じない。他に言い方があるとも思えないが、繰り返すうちに「オー メェリオットォ」と素晴らしい発音と共にようやく通じたようだ。小生に音声をブログ上にアップするスキルがないことが非常に残念。日本では「橋」と「箸」の発音が違ってもなんとかなると思うのだけれども、やはり英語圏ではそうはいかないようだ。ここでも、現代英語教育がいかに実践に結びつかないかが図らずも実証されてしまった。massagi 
 一休みしたあとは、おなじみスターフェリーで九龍サイドのマッサージ店へ。ここは、しんちゃんさんが唯一の情報源「るるぶ香港2005」で選んだだけあって、ほとんど客が日本人のうえ、まったくだめなマッサージの典型だった。honnkonnyakei夕飯も、しんちゃんさんの唯一の情報源である">「るるぶ香港2005」で選んだ中華料理を頂く。四川と北京料理が同居している、意味不明な店はお味も意味不明だった。マッサージも中華料理店もそれこそ、いくらでも店はあるのに、わざわざこんな店を選ぶとは、さすがとしかいいようがない。まあ唯一の情報源が「るるぶ香港2005」なのだからいたし方がないだろう。いよいよ明日は帰国である。たかが3泊なのだけれど、とても永く感じるのが不思議だ。
chuuka

|

« 2月19日(土)マカオ | トップページ | 2月21日(月)香港→成田→東京 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/3016408

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日(日)マカオ→香港:

» 2/20:香港・マカオ(3) [しんちゃん日記]
CLUB・ANAで行く香港・マカオの旅(3日目) ◆マカオ→香港:くもり  8時 [続きを読む]

受信: 2005/02/21 08:34

« 2月19日(土)マカオ | トップページ | 2月21日(月)香港→成田→東京 »