« 2月17日(木)東京→成田 | トップページ | 2月19日(土)マカオ »

2月18日(金)成田→香港→マカオ

naritageto  ヒルトン成田の朝は、まあまあ早い。自宅からだと5時には起きて移動してければならないので、とっても楽。7時起床、速やかに支度をすませチェックアウト、朝食ヴァイキングを軽く頂く。アイテム数はそんなでもないが、オムレツを焼いていただいたので、最低限はクリア。7時47分のバスに乗って、空港へと向かう。8時過ぎにチェックイン、しんちゃんさんと最近日本中の空港でよく見る青木功さん夫妻の巨大なバナー広告の下で合流無事。とりあえず出国手続きを済ませる。この時点で出発時刻までは1時間30分ほどある。国内線というのは、明確に15分前で手続き打ち切りとなっているが、国際線は実際のところ何分前まで許していただけるのだろうか?恐らく空席待ちの方っていないと思われるのだけれど。手荷物検査させすいていれば30分前は楽勝なような気がする。国内線だと時間がない方の優先レーンがあるが、国際線は流石に存在しない。 しんちゃんさんと軽食をすませ、各々のラウンジへ入場する。我々の遠征は現地集合、現地解散が多いのだがついに海外遠征も現地集合、現地解散となってしまった。しんちゃんさんはANAビジネスクラス、小生はなんと無料航空券利用による「JALファーストクラス」ということになってしまった。2月前に予約をしたのだが何故かビジネスクラスは満席、ファーストクラスは空席だった。まあお金を払って乗ることは一生ないだろうがこういう機会もそうそうないだろう、ということでファーストクラスに乗り込む。比較的古いジャンボということもあって、感激するほど素晴らしいものではない気がした。前後は確かに物凄く広いが、2-2のシートは国内線スーパーシート並みの横幅。実際小生は寝るときも180度倒さなかったので、実際ビジネスクラスで十分だろう。お食事は、フルコースなのだけれど、メインの肉の焼き方をウエルダンと指定したら、思いっきり真っ黒に焦げてとても食べられなかった。CAさんの接客もちょっとしつこいくらいに感じられた。例によって離陸前から寝込んでしまい、出発が40分ほど遅れたのも気づかなかった。遅れた理由は2人のお客様が手荷物検査場の混雑による遅延ということらしい、2人遅刻のために500人を待たせる、まさに護送船団方式にふさわしい、自己責任という言葉の意味を知らない国のフラッグシップらしい対応だ。
naritaJAL
 いかんせん3年振りの海外遠征しかもファーストクラスということで、嫌が上にも興奮してしまう。周囲のお客さんは皆いかにも旅慣れている、隣の方なども離陸前から熟睡してお食事も、カレーライスを指定してさっとすませ、再び熟睡してしまい、起きたのは着陸20分前だった。一方の小生はお食事以降は眠れなくなってしまい、坂の上の雲他の読書に励む。実質4時間30分ほどのフライトだが、前半の鹿児島あたりを通過するくらいまでがとても遅く感じられたが、それ以降は割りとよいペースでのフライトだったと思う。
 出発時刻に遅刻したお二人のおかげで、香港到着はしんちゃんさん率いるANAさんより17分遅れをとってしまった。ファーストは降りるのは最初なのだが、なんとカートに乗せてもらって入国手続きまで連れていってもらえる。距離として500メートルは楽にあったと思うので、意外なサービスに結構うれしくなってしまった。ところで、今日の最終目的地はマカオである。マカオといえば、香港島からターボジェットで1時間程度なのだがネットで調べると、香港空港からマカオへ直行するフェリーが就航したという情報があり是非とも利用したく乗船方法を探していただが、入国手続き前に乗り場を発見してしまった。ところが、しんちゃんさんとは羽田でいうところの出会いの広場、つまり入国手続きの後の待ち合わせだったので、スルーしてしまった。インフォメーションで乗船方法を尋ねても、結局一度香港へ入国してしまうと乗れないとの答えが返ってきた。何故だかさっぱり分からずに快速エアポートに乗り込む、この電車は12分間隔で運行されていて香港島まで30分ととても便利だ。成田エクスプレスとは大きな違いである。中環駅で地下鉄に乗り換え上環へ向かう、ここからは15分間隔で運行されている高速フェリーで1時間無事マカオに到着した。
jet2 
 3年振りのマカオ、ホテルは前回同様マンダリンオリエンタル、前回は訳あってスイートにアップグレードしていただいたこともあって物凄くよい印象だった。一応、今回も事前にあるルートからお願いしてあったのだが、たいして特別な扱いにはならなかったようだ。ただ、小生はオーシャンビュールーム、しんちゃんさんは逆側の部屋だった。しんちゃんさんはネット接続に無事成功したようだが、小生の力ではどうやら無理のようだった。一休み後、ホテル内のレストランにて中華を頂く、お味はさすがというか、無謀な料理は登場しなかった。夕飯の後は、当然カジノである。マカオでカジノといえばなんといってもリスボアであった。正直、あまり楽しいカジノではない。しかしながら、ミニマムが高いマカオでは比較的低いレートで楽しめるので皆仕方がなくリスボアへ行っていた。しかしながら、昨年からアメリカ資本のカジノが続々とオープンして状況は一変したようだ。ホテルに隣接するサンズは、物凄く大きく、ゴージャスな造り。場内もあまり殺伐とした雰囲気ではない。時代は変わったようだ。喜び勇んで入場、取り急ぎ約3万円をチップに代え、雰囲気のよさそうな台を探し、席に着く。前回の反省から今回は予習十分で望む、ダブルなどの技も駆使するが約3時間プレイしたところで代えたチップは見事になくなり、今日のところは撤退、疲れきったところで海外一日目を無事終了する。

|

« 2月17日(木)東京→成田 | トップページ | 2月19日(土)マカオ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/3007880

この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日(金)成田→香港→マカオ:

» 2/18:香港・マカオ(1) [しんちゃん日記]
CLUB・ANAで行く香港・マカオの旅 ◆横浜→成田→香港→マカオ:くもり時々あ [続きを読む]

受信: 2005/02/20 18:17

« 2月17日(木)東京→成田 | トップページ | 2月19日(土)マカオ »