« 2月10日(木) | トップページ | 2月12日(土)松山→東京 »

2月11日(金・祝)東京→松山

NEC_0005NEC_0004NEC_0003NEC_0001 連休初日の朝は早い6時起床、羽田空港へと向かう。首都高環状線はガラガラなのだが、湾岸東海から空港中央までがなんと工事渋滞している、すかさず大井南から平行する357へ迂回する。空港行きのリムジンバスも皆当たり前のように迂回している。以前伊丹から神戸へバスに乗ったときも思ったのだが、リムジンバスは無線を駆使してドライバー同士が連絡を取り合い、かなりフシキシブルに対応しているようだ。
 3連休ということで混雑している店を知らぬ顔をして通り過ぎようとしたところで2人から声がかかるが、早々に逃げ出す。今回は伊丹乗り継ぎ松山行きである。伊丹までは当然のごとく熟睡し、久しぶりにお飲み物も頂戴できなかった。乗り継ぎの伊丹空港では鹿児島行きのカウンターの前で怒号が飛び交う、オーヴァーブックで3人あぶれているようだ、1万円で振り替えを募っているが、いかんせん次の便まで3時間以上ある。最終的なことは確認できなかったが、悲惨な結末が待っていたのだろう。
 松山行き767は5割程度、ゆっくり日経を読む。昨日の小泉氏の行程はJAL1033便クラスJにて千歳入り、しかし首相はがクラスJとは。。。これではスーパープレミアムシートをつくったANAの面目丸つぶれ。ちなみに読売の竹鼻オーナーは専用ジェットで宮崎入りしているらしい。千歳からは快速エアポートUシートで札幌入り。晩御飯は、ジンギスカンだるまでもなければ、味の時計台でもなく、「北のランプ亭」とのこと、誰が選んだどんな店なのか大いに気になるところ、同行した石崎議員の秘書あたりか?選挙区でないと、幹事長や中川氏は同行しないようである。ちなみに宿泊は、裏をかかれプリンスホテルだった模様。
 機は、わずか40分程度で松山空港に到着。瀬戸内の島々がよく見え、久しぶりに窓際に陣取った甲斐があった。
空港からは、15分程度で松山市駅に到着、今回の遠征はほとんど準備もなく急遽決定したので、イマイチ行程が定まっていない。地方の大都市というと、JRの駅と繁華街が離れている、これは明治時代に鉄道を引く際、繁華街から蒸気が嫌われたのと、当然街中では土地を買収するのも大変だったことに起因する。札幌、仙台、名古屋、福岡、熊本、鹿児島みな同じ。この松山も典型的なパターン、JRの駅前は閑散としているが、どうやら市の中心は一番町らしい。まあ、一番町と名づけるくらいなのだから、一番の町なのだろう。仙台も繁華街は一番町。千代田区一番町は繁華街ではないが、もっともっと格を感じる。
 松山市駅は伊予鉄の起点であり、高島屋さんがある。高島屋さんの屋上には大観覧車があり、そこから街を眺めれば大体のことはつかめると思い、早速乗り込む。こういう場合、ランドマークを探すにつきる、オフィス街でいえば、中心には赤い野村證券の看板があり、繁華街にはこれまたワシントンホテルの看板、最近では東横インの青い看板も目立っててきている、観覧車は15分足らずで1周するのだが、後続のゴンドラでは中学生と思われるカップルが甘酸っぱい青春を謳歌していた、一瞬撮影しようかと思ったが、個人情報に思いっきりひっかかるので断念する。
 松山の食べ物を事前にるいさんからリサーチしたのだが、決め手がなくなぜか高島屋内の陳健一さんでおなじみの赤坂四川飯店さんにてマーボー豆腐セットを頂く、意味もなく固形燃料がついているのに思わず引かれてしまった。辛さを激辛にしてしまったのは失敗だが、とても美味しかった。流石は鉄人ということなのだろう。
 坊ちゃん列車にて目的地である道後温泉へ向かう。坊ちゃんに登場した汽車を再現した観光用だが、大変楽しい。蒸気をディーゼルにしたようだが、あまりの遅さと乗り心地の悪さに衝撃を受けた。道後温泉へはわずか15分程度、まあこのくらいが限界だ。昔ながらの温泉街を抜けて早速1時過ぎに大和屋本店さんにチェックイン、シングル朝食付で12000円、納得である。道後温泉では街をあげてEdyが導入されている、商店街の入り口では即発行キャムペーンも行なわれて、全ての店にEdyのノボリが上がっている。首都圏、空港周辺以外では、鹿児島と札幌と道後温泉を重点的に攻めているようだ。まったくもって合理的な戦略と思える。 松山市内では影も形もなかっただけに衝撃を受けた。我々の行くところ皆Edyが待ち受けている。スイカ、JALICでは少なくともないようである。
 早速、道後温泉本館に入場する。当然一番安い300円の神の湯である、流石に温まるが塩素入りと思うと有難さも半減してしまう、ちなみに残念ながらここではEdyは使えないようであった。一服してから市電で市内へと戻る。先ほど観覧車でバンクを近くに確認出来たので競輪場へ行ってみると、どうやら郊外の坊ちゃんスタジアムの隣へ移設されてしまったようだ、市の中心地にあっただけに残念。松山市駅から一番町へと続く銀天街を散策、相当に活気がある。地方都市のアーケード街は見たまんま銀天街と名づけているところが多い、小倉にも魚町銀天街がある。道中吉野家があり、思わず吸い込まれる。1日限りの復活とのこと、小生先日も東京競馬場で食べたばかりなので全く懐かしくもないのだが、まあお祭りみたいなものだろう、店は満席で大いににぎわっている。お味のほうは、久しぶりの混雑にオペレーションがついていっておらず、ご飯がよく蒸されていなかったのが残念。しかし、なにもこんな日に吉野家に車が突っ込まなくても、と思う。。。意味不明なラフォーレ原宿松山を冷やかしホテルへ戻って疲れたので一旦就寝。
 6時に起床、ホテルの温泉に入浴、清潔感があって好感が持てる。松山ということで、坂の上の雲を読みつつ部屋でくつろぐ、とても贅沢な時間のすごし方だ。ブログを更新、画像の貼り付ける場所を変更出来ず苦戦。どうしたら文章中盤とかに持って来れるのだろうか?

|

« 2月10日(木) | トップページ | 2月12日(土)松山→東京 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こちらには初めての書き込みです。こんばんは。
事前情報提供、お役に立てずに失礼いたしました。でも、まさか東京でも食べられる陳建一さんのお店に参戦とは。。。
ま、東京で食べられないものを探すのは大変ですが。
ちなみに、あの高島屋さんは、以前は「いよてつそごう」さんでした。観覧車も、高島屋さんになってから登場したものです。

投稿: るい | 2005/02/11 23:33

 はじめまして、るいさん書き込みありがとうございます。お好み焼き店が多数あったので心動かされたのですが、固形燃料とかの演出に弱いのです。

投稿: うし | 2005/02/11 23:43

トラックバックをうけつけるようになってますかね?

投稿: しんちゃん | 2005/02/12 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80774/2889008

この記事へのトラックバック一覧です: 2月11日(金・祝)東京→松山:

» トラックバック [しんちゃん日記]
道後温泉に坂の上の雲とは、マネばかりですね。。。 [続きを読む]

受信: 2005/02/12 23:03

» 2/12:新宿にいむらさん [しんちゃん日記]
◆横浜・東京:はれ  3連休。うしさんは、松山へ、るいさんは、かぐらみつまたへ、 [続きを読む]

受信: 2005/02/12 23:05

« 2月10日(木) | トップページ | 2月12日(土)松山→東京 »